El Paso、TXにおける片頭痛のためのカイロプラクティック治療
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

El Paso、TXにおける片頭痛のためのカイロプラクティック治療

片頭痛 頭痛 疼痛は、激しい痛みまたは変化する強度の脈打つ感覚として特徴付けることができ、これは一般に悪心ならびに光および音に対する極度の感受性を伴う。 アメリカ片頭痛協会によると、片頭痛は米国で約36人のアメリカ人、またはアメリカの人口の約12%に影響します。 症状はしばしば非常に衰弱することがあるので、多くの片頭痛患者は、トリガーを避け、薬物および/または薬物を使用して症状を軽減することを含む、頭痛の痛みを緩和しようと試みるためにすべてを試みた。 しかし、研究の研究によれば、片頭痛の治療法として、カイロプラクティックケア(片頭痛治療)が効果的であることが分かっています。

片頭痛を治療するカイロプラクティック

カイロプラクティックケアは、筋骨格系および神経系に関連する様々な傷害および/または状態の診断、治療および予防に焦点を当てた、安全かつ効果的な代替治療選択肢である。 カイロプラクティックまたはカイロプラクティックの医師は、背骨の長さに沿って位置する脊椎の不整列または亜脱臼を注意深く矯正するために、脊柱調節および手動操作を含む一連のカイロプラクティック方法および技法を一般に利用する。 医療従事者は、頸椎の芯ずれが片頭痛の症状を引き起こす可能性があると考えています。 脊柱の整列を矯正することによって、カイロプラクターは脊柱にかかる圧力を解放することができ、これは脊柱を取り囲む複雑な構造を刺激し、および/または圧縮し、よく知られた片頭痛の症状を示す。 さらに、カイロプラクティックケアは筋肉の緊張を低下させ、循環を増加させ、片頭痛の原因であることが知られている身体のストレスを排除し、さらなる救済を促進することができる。

片頭痛を治療するアレックス・ヒメネスのカイロプラクティック。

患者の首に圧力をかけるためにカイロプラクティック治療を使用しているジメネス博士

片頭痛の治療におけるカイロプラクティック脊髄操作療法(SMT)の有効性

抽象

  • 目的: 片頭痛の治療におけるカイロプラクティック脊髄手术療法(SMT)の有効性を試験するため、コントロールされていない臨床試験を使用する。
  • デザイン: 6ヶ月間の臨床試験。 この試験は、3の段階から成っていた:2ヶ月の前治療、2ヶ月の治療、および2ヶ月後の治療。 SMTの開始に先立つ偏頭痛の初期ベースラインエピソードとの比較を行った。
  • 設定: マッコーリー大学カイロプラクティック研究センター
  • 参加者:23から60までの32名のボランティアが、メディア広告を通じてリクルートされました。 1ヶ月にオーラがある片頭痛が最小で、自己報告された症状または兆候に関する詳細なアンケートに基づいた片頭痛の診断。
  • 介入: 大学の診療所で経験豊富なカイロプラクティックが提供するSMTの2ヶ月。
  • 主なアウトカム指標: 参加者は、各片頭痛発作の頻度、強度、持続時間、障害、関連症状および投薬の使用を指摘しながら、全試験中に日記を完了した。 さらに、診療記録を片頭痛エピソードの日記項目と比較した。
  • 結果について 合計で59人の参加者が広告に回答し、25人が除外されたか、試行中に続行しないことを決定しました。 2人の参加者(5.9%)が試験中に退去した.1人は作業状況の変化によるものであり、もう1人はSMT後の痛みに続くものである。 カイロプラクティックSMT群は、初期ベースラインレベルと比較して片頭痛頻度および持続時間において統計的に有意な改善(p <0.05)を示した。 片頭痛エピソードはSMTの2ヶ月後に悪化したと報告したのは1人の参加者(3.1%)のみであり、治療後2カ月の追跡調査期間では維持されなかった。
  • 結論: この研究の結果は、カイロプラクティックSMTがオーラを伴う片頭痛の有効な治療であることを示唆している。 しかし、気分の悪い片頭痛の周期的な性質と、介入後にエピソードが通常減少するという知見のために、さらなる研究が必要である。 離調したEPT(干渉性)、偽手術操作群およびSMT群を利用する予定の無作為化比較試験は、結論に近づいている。 この試験では、気管支喘息治療薬のカイロプラクティックSMTの有効性に関するさらなる情報を提供することが期待されています。
  • Key Indexing Terms(MeSH): 片頭痛、カイロプラクティック、脊髄操作、臨床試験。

Dr Jimenez White Coat

アレックス・ヒメネスの洞察

米国のカイロプラクティック協会によると、Journal of Manipulative and Physiological Therapeutics(JMPT)に掲載された2011レポートによれば、脊髄調節および手動操作を含むカイロプラクティックケアが片頭痛および頸動脈性頭痛症状を改善することができることが分かった。 医療従事者はストレスや筋肉の緊張を伴う主な頭痛を伴います。 カイロプラクティックケアは、脊柱に沿って見つかった脊柱のミスアライメントまたは亜脱臼症を注意深く修正することによって、片頭痛の頻度を減らし、症状を管理するのに役立ちます。 カイロプラクティックケアは、背骨の適切な整列を回復させることによって、神経系への圧力を緩和し、循環を高め、筋肉の緊張を軽減し、片頭痛を引き起こすストレスを軽減することによって、

概要

いくつかの研究は、カイロプラクティック介入(1-8)後の偏頭痛の有意な減少を示したようである。 しかし、この減少は部分的には不正確な診断や重複症状(4,9,10)によるものかもしれません。 機械的および関節病変を含む頸椎の多くの異なる状態が、頭痛(10-16)を引き起こすことが報告されている。 Sjaastad(17)は、自律神経症状を伴い、頭頸部の動きによって誘発される慢性発作性片頭痛の1つのタイプを記述するために、「頸動脈性頭痛」という用語を使用した。 Sjaastadは、後頭神経の包み込みやC2-C3の根底的な病理がこの頭痛(18)を引き起こすかもしれないと提唱しました。

文献に提案されている偏頭痛の病因はいくつかあります。 これらには、血管(19-21); 自律(22); 生化学/細胞/免疫学(23-27); 精神生理学(28,29); 神経原性(9,15,25,30)および体細胞性(1-9,31,32)である。 これにより、共通の治療法が難しくなっています。 1つの初期の医学的モデルは、片頭痛段階(19,20)中の頭蓋外血管拡張によって特徴付けられる片頭痛の血管原因であり、片頭痛発作は脳血管系または脳血管攣縮への血流の減少によって開始される。 しかしながら、後の病因学的モデルは、関連する神経学的変化(9)により、より複雑な血管変化を実証している。

しかし、片頭痛の治療に携わる多くの医師は、多くの病因学的要因が関与しており、病因学または診断(9,15,26,33,34)の両方に重大な重複があることを承知している。 さらに、片頭痛に関連するすべての可能な症状を説明する単一のモデルはないようである。

可能性のある病因の1つは、頚部疼痛および硬直(34)を伴った子宮頸部脊柱症である。 アンソニー氏は、「これが認められれば、適切な治療が印象的な結果をもたらすことができます...頭の痛みの中心である三叉神経の脊髄路の活性化を減少させる上頸部の神経根に対する圧力を軽減することが目的ですと首 "(34)。 Ghavamian(36)によって行われた下頸部神経根の外科的減圧は片頭痛症状の緩和を示した。 彼は、深い交感神経線維の刺激と圧迫がこのような症状を誘発することを提案した。

Vernon(7)は、先に述べた様々なカテゴリーの成分を含む脊椎動物モデルを提案した。 1つの部分は、低頸部/上部胸椎および上部頸椎に病変を伴う。 低頸椎/上胸椎(C7-T4)モデルは、これらの椎骨レベルでの機能不全(すなわち身体機能不全)が関節固定および痛みを引き起こすことを提案した。 この痛みは、中枢神経系(CNS)によって受信され、したがって送信される神経メッセージを変更する。 他の機能の中で血液供給を制御する自律神経系もこのように影響を受ける。 一時的な脳虚血の閾値レベル(上記機構によって引き起こされる血管収縮のため)に達すると、症状の片頭痛カスケードが沈静化することが提案される。

第2の部分は、上部頸椎(Occiput-C2)の体細胞機能障害であり、CNSへの神経入力の増加をもたらす局所疼痛および固定を生じる。 これは、CNSからの疼痛抑制インパルスの減少をもたらし、その結果、脊柱三叉神経路(これは、大部分の知覚求心性神経および頸部上部領域から脳への疼痛シグナルを伝達する)内の活性を増加させる。 閾値レベルを超えると、CNSへのこの過剰な求心性入力は、大脳内脈管構造内の集中的な血管拡張を引き起こし、血管収縮を広げる。 これは、同側三叉神経(7)によって媒介される頚動脈外血管拡張および頭痛を促進する。

別のモデルは、子宮頸部病変による椎骨神経の刺激は、交感神経症候群を引き起こし、頭痛、めまい、視覚障害および耳鳴りの症状をもたらすと主張している。 しかしながら、このモデルは十分に立証されておらず、片頭痛(11)とは対照的に血管性頭痛の原因と思われる。 片頭痛の痛みの原因は、頭蓋内および頭蓋外の血管に見られる。 血管壁は、膨張、牽引または変位に痛みを感じる。 特発性の頭蓋血管の拡張は、疼痛閾値を低下させる物質とともに、片頭痛型(26)の頭痛を引き起こす。

片頭痛は、様々な研究(4,12,15)で概説されている確立された症状を有する。 頭痛、吐き気、嘔吐、phonophobia、および光恐怖症を含む症状の衰弱して頻繁な性質は、私たちの社会を社会的および経済的に(4,12,15,20)費用がかかる。 このように、効果的な治療が長い間求められてきたので、この分野の研究を正当化する。 しかし、片頭痛と頸動脈性頭痛の間には症状の重複があり、片頭痛の連続性の要素には頚部頭痛(9,10)が関与していると考えている研究者もいる。

国際頭痛協会の頭痛分類委員会は、前の用語古典的な片頭痛および共通の片頭痛を、心地よいオーラおよび片頭痛を伴う片頭痛に捨てました。 気管支麻痺(MA)を伴う片頭痛では、この状態は、一時的な視覚、感覚、運動、または大脳皮質または脳幹に局在する他の局所的な神経学的症状が先行するか、または伴われる、再発性の周期的な片頭痛として定義される。 気道のない片頭痛(MWA)は、脳機能障害の前兆または関連症状(37)を訴えることなく、血管の頭痛として定義される。

オーストラリアの片頭痛発症率は12%と推定され、業界への費用は推定$ 250(38)と推定されています。 米国では、医療従事者によって診断された頭痛の約8%が片頭痛(39)と呼ばれています。 片頭痛は、さまざまな形で、世界中の人々の推定5-20%(40)に影響します。

文献のレビューは、片頭痛が子宮頸部機能不全の関連する特徴であることを示すようである。 本稿では、脊髄機能の改善に向けたカイロプラクティック脊髄操作療法と、片頭痛の管理における役割を評価する。

方法論

カイロプラクティック脊髄操作療法(SMT)は、3つの関節複合体が解剖学的完全性の境界(41)を超えずに正常な生理学的運動範囲を超えて運ばれる受動的手動操作として定義される。 SMTは、減少した椎骨の動きまたは位置の欠陥の問題を修正するために、通常は短い振幅を有する特定の方向の力を必要とする。

研究デザインは、カイロプラクティックSMT、理学療法操作、または医療動員の制御治療(82)のいずれかを受けた1被験者に関連する以前の研究に基づいていた。 Parkerらは、操作は動員よりも有効であるとは認められず、カイロプラクティック治療は他の2つの群(3)より効果的ではないと結論付けた。 しかし、この研究では多くの批判があり、特に統計分析(42)を受けています。

片頭痛のある人は、シドニーの地方のラジオや新聞を通じて調査に参加するよう広告されました。 すべての応募者は、初期の履歴、頻度、重症度、痛みへの反応、関連症状、沈降または悪化因子、緩和因子、過去の治療の詳細を含む12切片を含むVernon(25)から開発されたアンケートを完了した片頭痛、投薬やその他の診断テストを含む病歴。

試験に参加する参加者は、特定の症状に関するアンケートの回答に従って選択された。 片頭痛診断の基準は、少なくとも以下の指標のうち5に適合していることであった:活動の停止を必要とする疼痛への反応または静かな暗い領域を求める必要性。 寺院の周りにある痛み。 痛いと痛みを感じる。 吐き気、嘔吐、オーラ、光恐怖症またはphonophobiaの関連症状; 天候の変化によって片頭痛が起こる。 頭痛または首の動きによって悪化する片頭痛; 専門医による片頭痛の以前の診断; 片頭痛の家族歴がある。

参加者はまた、少なくとも月に1回は片頭痛を経験しなければならず、毎日ではなく、片頭痛は外傷によって開始できなかった。 髄膜炎や大脳動脈瘤などのSMTに対する禁忌がある場合、参加者は研究から除外された。 加えて、側頭動脈炎、良性頭蓋内圧または空間占有病変を有する参加者もまた、安全性の面から除外された。

参加者には、片頭痛のための手技療法の試験に参加しており、プラセボ(非有効)治療を受ける対照群、またはカイロプラクティックSMTを受ける介入群に無作為に割り付けることができるとの情報が得られた。 しかし、試験に参加した参加者の数が少ないため、対照群は使用されなかった。 参加者はまた、SMTを受けていない身体的な問題を評価するために、治療の開始前に徹底した身体検査が行われることにも気づいた。 患者は、効果的な治療を受けても受けられなくてもよいと信じて、盲検化された。 さらに、開業医は進行中の治療結果を意識していなかったため、患者の状態や治療に対する反応の進行段階に「盲目的に」なった。

この試験は6ヶ月間にわたって実施され、3段階:2ヶ月の前処置、2ヶ月の処置、および2ヶ月の処置から成った。 参加者は、各片頭痛発作の頻度、強度、持続時間、障害、関連症状および投薬の使用を指摘しながら、全試験中に日記を完了した。 さらに、診療記録を片頭痛エピソードの日記項目と比較した。 同時に、被験者は毎月著者によって電話で連絡を受け、日記との比較のために片頭痛のエピソードを記述するように求められた。

患者は、試験の開始時に日記の使用について指示され、治験の経過中に使用するための指示書が与えられた。 日記は、それぞれのアウトカム指標のエントリのためのテーブルで構成されていました。 これには、各エピソードの日付、視覚的アナログスコアを表す数字、関連する症状を示す文字、各片頭痛の長さ(時間)、正常な職務に戻るまでの時間(時間)、タイプおよび使用薬物療法の全面的な救済などが含まれます。 日記は、オーストラリアの脳基金が使用した標準日記から変更されました。

患者の主観的な痛みの特徴の詳細な履歴は、最初の相談の際に取られた。 これには、痛みのタイプ、期間、発症、重症度、放射線、悪化および緩和要因が含まれていました。 この病歴には、医療上の特徴、潜在的病理のシステムレビュー、以前の治療法およびその効果も含まれていました。

整形外科および神経学的検査、部分的なバネリング、動作範囲の視覚的評価、以前の放射線写真の評価、特定のカイロプラクティック脊椎試験手順、ならびにSMTに対する患者の応答を含む、脱臼を評価するための要因が含まれた。

さらに、椎骨動脈検査、術中誘発試験、血圧評価、および腹部大動脈瘤のスクリーニングを含むいくつかの血管検査が示された場合に実施された。

治療期間中、被験者は片頭痛のエピソードを日記に記録し続け、著者から電話を受けた。 治療は、身体検査によって決定された短振幅、高速脊髄操作スラスト、または固定領域からなっていた。 患者には最大16の治療が許され、治療の頻度は臨床医の椎骨機能障害の重症度の意見に依存していた。 大部分の患者は最低12回の治療を受けた。

SMTの開始に先立つ偏頭痛の初期ベースラインエピソードとの比較を行った。 統計分析は、試験中の偏頭痛の発生率、強度および持続時間に対する異なる治療レジメンの効果を比較することを含んでいた。 使用された統計学的検定は、各群の有意差を試験する生徒t検定と、全群の変化を試験するための一方向分散分析(ANOVA)であった。 統計的計算は、コンピュータソフトウェアMinitab for Macintoshを介して行った。

成果

全部で59人の参加者が広告に回答し、25人が除外された、または試行中に続行しないことを決定した。 これらには以下のものが含まれています:偏頭痛の再発の頻度が低い6例(月1件未満)。 SMTに対する禁忌の2つのケース; クラスター頭痛の1例; 前処理中の自動車事故の1件; SMTの恐怖の1例; 大学の診療所が不便であったり、時間的制約があったりした14例は参加者にとっては難しかった。 2人の参加者(5.9%)が試験中に退去した.1人は作業状況の変化によるものであり、もう1人はSMT後の痛みに続くものである。

23と60の間に32人の参加者が14男性と18女性がいる研究に参加しました。 表1は、グループの比較記述統計を示します。

表1比較記述統計量

カイロプラクティックSMT群は、初期ベースラインレベルと比較した場合、片頭痛重症度(図0.05)、期間(図1)および障害(図2)において統計的に有意な改善(p <3)を示した。 1人の参加者(3.1%)のみが、片頭痛のエピソードがSMTの2ヶ月後に悪化したと報告したが、これは治療後2カ月の追跡調査期間では持続しなかった。 表2は、試験の3つの段階について、6つの日記カテゴリのそれぞれの変量スコアを示しています。

試験の3つの段階の表2バリアントスコア

改善の最大の領域は障害者のスコア(p <0.01)であり、参加者は通常の活動(表3)に戻る前に経過した時間を評価するよう求められた。 さらに、片頭痛の持続期間および投薬の使用は、SMT介入後に有意に減少した(p <0.05)。 表3は、試験の3つの段階についての平均変量得点および分散分析(ANOVA)による統計的有意性を示す。

表3 Mean Variation Scores

関連する症状の数および各片頭痛エピソードの緩和に治療に要した時間に明らかな差はなかった(表3)。 さらに、自己報告された可能性のある誘因因子は、主に小さな試料サイズのために、有意な所見を示さなかった。 言及された共通の誘発要因には、ストレス、睡眠不足、仕事の変化、または家族の状況が含まれた。 ほとんどの参加者は特定のトリガ要因を述べることができなかった。

議論

この試験に参加した人々の大半は、重度で衰弱性の慢性的な片頭痛を有していた。 しかしながら、その結果は、片頭痛発作およびそれに伴う障害の有意な(p <0.05)減少を実証している。 1か月あたりの片頭痛の平均数は、7.6エピソードから4.9エピソードまで減少した。

この試験は、カイロプラクティックSMT(1,3)に続く片頭痛の有意な改善を示した以前の研究と同様の設計を用いて行った。 最初の試験では、不適切な対照群による制限があり、これもこの試験(2)の限界である可能性がある。 しかし、自己報告された非治療期間を対照として使用することにより、投薬中の薬物使用および任意の変更に関する柔軟性が可能になる。

視覚的なアナログスコアの図1比較
図1: 前処置、処置および後処置群の視覚的アナログスコアの比較。

片頭痛時間の持続時間の図2比較
図2: 片頭痛の持続時間の比較(時間)は、治療前、治療後および治療後の群平均を意味する。

片頭痛時の障害時間の図3比較
図3: 片頭痛の障害時間の比較(時間)は、前治療、治療、および治療後群の平均を意味する。

この研究の同様の設計は、頭痛およびSMT(14)の研究にも用いられている。 ボリンの研究は、2週間のベースライン、6週間の治療期間および4週間の治療期間の2つの平行したグループを用いたランダム化比較試験であった。 この研究の結果は、SMTが緊張型頭痛の治療の有効な方法であり、利益が治療の中止後4週間持続したことを示している。

本研究は6ヶ月の期間にわたって実施され、結果の有意性を示している。初期の批判は、試験の長さが短すぎて片頭痛の周期的な性質を考慮していないためである。 しかし、この試験はサンプルサイズに制限があり、この試験はカイロプラクティックSMTのどの側面が片頭痛エピソードの改善に寄与したのかを考慮しなかった実用的な試験であったという事実が限られている。

さらに、この研究は対照群がないために限られている。 しかし、この試験が2ヶ月の前処理で6ヶ月の期間にわたって実施されたという事実は、参加者が彼ら自身の制御の形態として行動したと主張することができる。

この研究のさらなる制限は、片頭痛または頭痛の他の研究と同様に、片頭痛の診断および分類に実質的な重複があることである。 この研究で使用されたアンケートは信頼性が高いことが判明しましたが、多くの頭痛患者には複数のタイプの頭痛(12)がある可能性があるという強い示唆があります。 この研究の設計上の利点は、片頭痛の正確な「診断」にかかわらず、自己報告された非治療対照は依然として問題の治療の評価を可能にすることである。

救済得点の測定値は貧弱であることが判明しました。これはおそらく、参加者が与えられた反応の小規模なものに起因するものでした。 将来の研究はこの問題に取り組むべきである。 さらに、関連する症状は、関連する症状の総数を測定しただけであり、有意な割合の内訳に対してはサンプルサイズが小さすぎたため、明確な結果は得られなかった。 将来の研究でもこの問題に取り組むべきである。

結論

この研究の結果は、カイロプラクティックSMTが片頭痛の有効な治療法である可能性があることを示唆している。 しかしながら、片頭痛の周期的な性質および任意の介入後にエピソードが通常減少するという知見のために、さらなる研究が必要とされる。 離調したEPT(干渉性)、偽手術操作群およびSMT群を利用する予定の無作為化比較試験は、結論に近づいている。 この試験は、片頭痛の治療におけるカイロプラクティックSMTの有効性に関するさらなる情報を提供すると予想される。

結論として、 カイロプラクティックケアは、片頭痛の症状を改善し、頻度を減少させるために使用することができる安全かつ効果的な代替治療選択肢である。 カイロプラクターは、脊椎の調整や手動操作を利用して脊柱のミスアライメントや亜脱臼を修正し、背骨を取り巻く複雑な構造に対して圧力をかけ、筋肉の緊張を緩和し、循環を改善し、最終的に片頭痛患者に利益をもたらす。 最後に、上記の記事の目的は、片頭痛治療におけるカイロプラクティック脊髄操作療法(SMT)の有効性を実証することでした。 National Center for Biotechnology Information(NCBI)から参照される情報。 私たちの情報の範囲は、カイロプラクティックならびに脊髄損傷および状態に限定されています。 主題について話し合うには、ジェメネス博士にお気軽にお問い合わせください。 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

1。 Parker GB、Tupling H、Pryor DS。 片頭痛のための子宮頸部操作の制御試験。 Aust NZ J Med 1978; 8:585-93。
2。 Parker GB、Tupling H、Pryor DS。 エディターへの手紙:片頭痛のための頸部操作。 Aust NZ J Med 1979; 9:341-2。
3。 Parker GB、Tupling H、Pryor DS。 なぜ臨床試験中に片頭痛が改善するのですか? 片頭痛のための頸部操作の試験からのさらなる結果。 Aust NZ J Med 1980; 10:192-8。
4。 Tuchin PJ、Bonello R. Classicの片頭痛か古典的な片頭痛か、それは疑問です。 Aust Chiro&Osteo 1996; 5:66-74。
5。 Whittingham W、Ellis WS、Molyneux TP。 上頚部関節機能不全を伴う頭痛に対する操作(トール反動技術):事例研究 J操作性Physiol Ther 1994; 17(6):369-75。
6。 ワイトJS。 片頭痛:カイロプラクティック治療の統計分析。 J Am Chiro Assoc 1978; 12:363-7。
7。 Vernon H、Steiman I、Hagino C.筋収縮性頭痛および片頭痛における頚部形成障害:記述的研究。 J操作性Physiol Ther 1992; 15:418-29
8。 Lenhart LJ。 オーラがない片頭痛のカイロプラクティック管理:事例研究。 JNMS 1995; 3:20-6。
9。 ネルソンCF。 緊張の頭痛、片頭痛の連続体:仮説。 J操作性Physiol Ther 1994; 17(3):157-67。
10。 Jull GA。 子宮頸部の頭痛:レビュー。 In:Greive GP、ed。 脊柱の近代的な手動療法。 2nd ed。 エジンバラ:チャーチル・リヴィングストン、1994:333-46
11。 Bogduk N.頭痛とめまいの子宮頸がん原因:Greive GP、ed。 脊柱の近代的な手動療法。 2nd ed。 エジンバラ:チャーチル・リヴィングストン、1994:317-31。
12。 Vernon H. ed。 上頸部症候群:子宮頸部の診断と治療。 In:頭痛の鑑別診断。 ボルチモア:ウィリアムズ&ウィルキンズ。 1988:l46
13。 ヴァーノンHT。 脊椎の操作と子宮頸起源の頭痛。 J操作性Physiol Ther 1989; 12:455-68
14。 ボリンPD、Kassak K、Bronfort G、Nelson C、Anderson AV。 慢性緊張型頭痛の治療のための脊髄操作対アミトリプチリン:無作為化臨床試験。 J操作性Physiol Ther 1995; 18(3):148-54。
15。 片頭痛およびその他の子宮頸部および姿勢の機能不全のメカニズムおよび治療。 Cephalgia 1989; 9(suppl 10):381-2。
16。 ヤングK、Dharmi M.片頭痛患者の治療における薬理学的治療とは対照的に、子宮頸管の操作の有効性。 カイロプラクティック研究コンソーシアムの取引カイロプラクティック研究コンソーシアムの取引。 1987
17。 Sjaastad O、Saunte C、Hovdahl H、Breivok H、Gronback E.子宮頸部頭痛:仮説。 Cephalgia 1983; 3:249-56。
18。 Sajastad O、Fredricksen TA、Stolt-Nielsen A.頚動脈性頭痛、C2鼻炎、および後頭神経痛:接続。 Cephalgia 1986; 6:189-95。
19。 ウルフの頭痛や他の頭痛。 Dalessio DJによって改訂されました。 3rd ed。 ニューヨーク:Oxford University Press。 1972。
20。 セルビーG、ランスJW。 500症例の片頭痛および同種血管炎の頭痛の観察。 J Neurol Neurosurg Psychiatry 1960; 23:23-32。
21。 Anderson A、Friberg L、Olsen T、Olsen J.古典的片頭痛における低灌流後の充血を遅延させる。 アーチNeurol 1988; 45:154-9。
22。 Appel S、Kiritzky A、Zahavi I、et al。 片頭痛の患者における自律神経系の不安定性の証拠。 頭痛1992; 32:10-7。
23。 Takasha T、Shimomura T、Kazuro T.筋収縮性頭痛および片頭痛における血小板活性化。 Cephalgia 1987; 7:239-43。
24。 Lance J、Lambert G、Goadsby P、et al。 5-ヒドロキシトリプタミンおよび片頭痛におけるその病因論的推定。 Cephalgia 1989; 9(Suppl 9):7-13
25。 Ferrari M、Odink J、Tapparelli C、et al。 セロトニン代謝拮抗薬.Neurology1989; 39:1239-42。
26。 Dalassio D.片頭痛の病理学。 Clin J Pain 1990; 6:235-9。
27。 Stellar S、et al。 チモロールによる片頭痛予防。 JAMA 1984; 252(18):2576-80。
28。 Couch J、Hassanein R.片頭痛予防におけるアミトリプチリン。 アーチNeurol 1979; 36:695-9。
29。 Zeigler D、Hurwitz A、Hassanein R、et al。 片頭痛予防:プロプラノロールとアミトリプチリンの比較。 アーチNeurol 1987; 44:486-9。
30。 Anthony MN、Lance JW。 慢性緊張型頭痛の患者における血漿セロトニン。 J Neurol Neurosurg Psychiatry 1989; 52:182-4。
31。 Sjasstad 0、Fredricksen TA、Sand T.初期の痛みの局在:古典的な片頭痛と頸動脈の頭痛の比較。 機能性ニューロロジー1989; 4:73-8
32。 カイロプラクティックへの照会委員会。 ニュージーランドのカイロプラクティック。 1979 NZ PDハッセルバーグ。
33。 マーカスDA。 片頭痛および緊張型頭痛:現在の分類システムの疑わしい妥当性。 痛み1992; 8:28-36
34。 Anthony M.片頭痛とその管理。 Aust
Fam Phys 1986; 15(5):643-9。
35。 グレイハムJR。 片頭痛:診断と
管理。 頭痛1979; 19(3):133-41。
36。 Ghavamian T.子宮頸部の椎間板病および頸椎の交感神経における新しい概念
頭。 Jボーンジョイントサグ1971; 53A:1233。
37。 国際頭痛学会の頭痛分類委員会。 頭痛障害、頭蓋神経痛および顔面痛の分類および診断基準。 Cephalgia 1988; 9(Suppl
7):1-93。
38。 職場におけるKing J.片頭痛。 脳波。 オーストラリアの脳の基礎1995ホーソン、ビクトリア。
39。 Lipton RB、Stewart WE。 米国の片頭痛:疫学とヘルスケアの使用のレビュー。 神経学1993; 43(Suppl 3):S6-10。
40。 Stewart WE、Lipton RB、Celentous DD、et al。 米国における片頭痛の有病率。 JAMA 1992; 267:64-9。
41。 ブルナルスキDJ。 脊髄操作の臨床試験:文献の批判的評価とレビュー。 JMPT 1984; 7(4):243-7。
42。 Marosszeky JE。 エディターへの手紙:片頭痛のための頸部操作。 Aust NZ J Med 1979; 9:339。

Green-Call-Now-Button-24H-150x150-2-3.png

その他のトピック:背痛

統計によると、およそ80%の人々は、生涯を通じて少なくとも1回は腰痛の症状を経験するでしょう。 背中の痛み さまざまな傷害および/または状態のために生じることがある一般的な苦情である。 多くの場合、年齢とともに背骨の自然な変性が腰痛を引き起こす可能性があります。 ヘルニアディスク 椎間板の柔らかくゲル状の中心が、その周囲の軟骨の外側環の裂傷を押して、神経根を圧縮して刺激するときに起こる。 椎間板ヘルニア形成は、腰椎または腰椎に沿って最も一般的に起こるが、頸椎または頚部に沿って起こることもある。 負傷および/または悪化した状態のために腰部に見られる神経の衝突は、坐骨神経痛の症状につながる可能性がある。

漫画paperboyの大きなニュースのブログの画像

重要なトピック:頸部痛の治療El Paso、TX Chiropractor

その他のトピックス:エクストラエクストラ:El Paso、Tx | アスリート