El Paso、TXのカイロプラクティック頭痛治療ガイドライン
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

El Paso、TXのカイロプラクティック頭痛治療ガイドライン

頭痛の痛みは、医者の診察のための最も一般的な理由の1つです。 大部分の人は人生のある時点でそれらを経験し、年齢、人種、性別にかかわらず誰にでも影響を与えることができます。 国際頭痛協会(International Headache Society、IHS)は、背後に根本的な原因がある場合に、頭痛が別の傷害および/または状態によって引き起こされない場合、または二次的であると分類します。 から 偏頭痛 頭痛や頭痛の頭痛に悩まされると、頭痛の痛みに苦しんでいる人は、毎日の活動に参加することが難しいかもしれません。 多くの医療従事者は頭痛の痛みを治療しますが、カイロプラクティックケアはさまざまな健康問題のための一般的な代替治療オプションになっています。 次の記事の目的は、頭痛のある成人のカイロプラクティック治療の根拠に基づくガイドラインを示すことです。

頭痛のある大人のカイロプラクティック治療のためのエビデンスベースのガイドライン

抽象

  • 目的: この原稿の目的は、成人の頭痛のカイロプラクティック治療のための証拠に基づいた練習の推奨事項を提供することです。
  • メソッド: カイロプラクティックプラクティスに関連する8月2009に掲載された制御された臨床試験の体系的な文献検索は、MEDLINEデータベースを使用して実施された。 EMBASE; 同盟および補完医学; 看護学と連合健康文学の累積指数; 手動、代替、および自然療法インデックスシステム; Alt HealthWatch; カイロプラクティック文献への索引; コクラン・ライブラリ。 知見の数、質、一貫性は、全体的な証拠の強さ(強い、中程度、限定的、または矛盾する)を割り当て、練習の推奨を定めると考えられた。
  • 結果について 21の記事は、包含基準を満たし、勧告を作成するために使用された。 証拠は中程度のレベルを超えていませんでした。 片頭痛では、脊柱操作とマルチモーダルの多施設介入(マッサージを含む)が、片頭痛または慢性片頭痛の患者の管理に推奨されている。 緊張型頭痛の場合、脊髄操作は、エピソード緊張型頭痛の管理には推奨できません。 慢性緊張型頭痛患者の脊髄操作の使用については推奨できません。 低負荷の頭蓋頸部動員は、エピソードまたは慢性緊張型頭痛を有する患者の長期間の管理に有益であり得る。 頸動脈性頭痛の場合、脊髄操作が推奨される。 関節可動動または深頸部屈筋運動は症状を改善する可能性がある。 頸動脈性頭痛の患者のために、関節動員と深頸部屈筋訓練を組み合わせることで、一貫して相加的な利点はありません。 有害事象は、ほとんどの臨床試験では対処されていませんでした。 もしそうであれば、何もなかったか、または彼らがマイナーであった。
  • 結論: 脊髄の操作を含むカイロプラクティックケアが片頭痛を改善することが示唆されている
    子宮頸部の頭痛。 治療のタイプ、頻度、投与量、および期間は、ガイドラインの推奨、臨床経験、および所見に基づいているべきである。 緊張型頭痛患者の孤立した介入としての脊椎操作の使用に関する証拠は、依然として不明確である。 (J操作性Physiol Ther 2011; 34:274-289)
  • キーインデックス作成の用語: 脊椎の操作; 片頭痛の障害; 緊張型頭痛; 外傷後の頭痛; 練習ガイドライン; カイロプラクティック

Dr Jimenez White Coat

アレックス・ヒメネスの洞察

頭痛、または頭痛(片頭痛および他のタイプの頭痛を含む)は、一般集団の中で報告される最も一般的な種類の疼痛の1つである。 これらは、頭部の片側または両側で起こることがあり、特定の場所に隔離することができ、または1つの点から頭部を横切って放射することができる。 頭痛の症状は、頭痛のタイプおよび健康問題の原因により異なるが、頭痛は、その重症度および形態にかかわらず、一般的な愁訴であると考えられる。 頭痛、または頭痛は、背骨の長さに沿った脊柱のミスアライメントまたは亜脱臼の結果として起こり得る。 脊椎の調整と手作業を使用することで、カイロプラクティックケアは安全かつ効果的に脊柱を再編成し、脊柱の周囲構造にかかるストレスと圧力を軽減し、最終的に片頭痛の痛みの症状や全体的な健康と健康を改善するのに役立ちます。

頭痛は大人の共通の経験です。 再発する頭痛は、家族の生活、社会活動、仕事の能力に悪影響を及ぼします。[1,2]世界保健機関(WHO)によると、片頭痛だけでも、障害を持つすべての年齢のうち19thです。 頭痛は、北アメリカでカイロプラクティックケアを求める理由の3番目です。[3]

正確な診断は管理と治療の鍵であり、頭痛の種類の分類2(International Headache Society [IHS])[4]カテゴリーは、臨床的および研究的使用を目的としています。 緊張型および片頭痛の最も一般的な頭痛は、本質的にエピソード的または慢性の主要な頭痛であると考えられている。 一過性の片頭痛または緊張型頭痛は15日未満の月に発生しますが、慢性頭痛は少なくとも15(片頭痛)または3月(緊張型頭痛)の月に6日以上発生します。エピソードまたは慢性でもある頭部または頸部における基礎的な臨床的問題。 頸部原発性頭痛は、一般にカイロプラクターによって治療される二次的な頭痛であり、頸部の源から痛みを受け、4または頭のより多くの領域で知覚される痛みを伴う。 IHSは、頸部原発性頭痛を明確な障害[1]と認識し、頭痛は歴史および臨床的特徴(頸部外傷の病歴、疼痛の機械的悪化、頚部の運動範囲の減少、および4]筋筋膜痛のみが原因である場合、患者は緊張型頭痛のように管理されるべきである[4,5]

頭痛のある患者を治療するためにカイロプラクティックが典型的に使用する治療法には、脊椎の操作、動員、デバイス支援の脊柱操作、変更可能なライフスタイル因子、物理療法様式、熱/氷、マッサージ、トリガーポイント療法、強化とストレッチ練習。 臨床実務に情報を提供するために利用可能な研究証拠の質を十分に考慮して、研究ベースの知識を採用し使用する、カイロプラクティックを含む医療従事者への期待が高まっている。 その結果、カナダカイロプラクティック協会(CCA)とカイロプラクティック・カイロプラクティック・レギュレーション・教育連盟(Federation Federation)臨床実践ガイドラインプロジェクトの目的は、入手可能な証拠に基づいて練習のガイドラインを作成することです。 この原稿の目的は、成人の頭痛のカイロプラクティック治療のための証拠に基づいた練習の推奨事項を提供することです。

メソッド

ガイドライン開発委員会(GDC)は、文献検索、スクリーニング、レビュー、分析、および解釈のための体系的なプロセスを計画し、調整しました。 方法は、「ガイドラインの研究と評価の評価」コラボレーション(http://www.agreecollaboration.org)によって提案された基準と一致しています。 このガイドラインは実務家のための支援ツールです。 それは標準的なケアとして意図されていません。 ガイドラインは、利用可能な公表された証拠を臨床診療にリンクさせており、そして患者ケアへの証拠に基づいたアプローチの1構成要素にすぎない。

データソースと検索

コクラン・コラボレーション・バック・レビュー・グループ[6]およびオックスマン・ガイアット[7]が推奨する方法を用いて治療文献の体系的な検索と評価を行った[XNUMX]カイロプラクティックおよび特定の介入に関連するMeSH用語を探究し、他のデータベース用に変更されました。 文献検索戦略は意図的に幅広いものでした。 カイロプラクティック治療は、開業医によって使用される最も一般的な治療法を含むものとして定義され、カイロプラクターのみが提供する治療法に限定されなかった。 広範囲のネットには、カイロプラクティックケアに加えて、特定の調査研究(付録A)の他のヘルスケア専門家によるケアのコンテキストで提供される可能性があるものも含まれています。 脊柱操作は、脊柱に送達される高速の低振幅推力として定義された。 除外された治療には、侵襲的鎮痛処置または神経刺激処置、薬物療法、ボツリヌス毒素の注射、認知または行動療法、および鍼治療が含まれる。

文学検索は4月から5月の2006まで完了し、2007(段階1)で更新され、8月の2009(段階2)に再び更新されました。 検索されたデータベースにはMEDLINEが含まれていました。 EMBASE; 同盟および補完医学; 看護学と連合健康文学の累積指数; 手動、代替、および自然療法インデックスシステム; Alt HealthWatch; カイロプラクティック文献への索引; コクラン図書館(付録A)。 検索には、英語または英語の抄録を掲載した記事が含まれています。 検索戦略は成人(≥18年)に限られていた。 大人や青年のような幅広い年齢層を対象とする主題の包含基準に関する調査研究は、検索戦略を用いて検索された。 関連記事が見逃されることを最小限に抑えるために、系統的レビュー(SR)で提供される参照リストもGDCによってレビューされた。

証拠選択基準

検索結果は電子的にスクリーニングされ、多段階スクリーニングが適用された(付録B):病期1A(タイトル)、1B(要約)。 ステージ2A(フルテキスト)、2B(フルテキスト方法論、関連性)。 ステージ3(臨床内容の専門家としての全文最終GDCスクリーニング)。 重複した引用は削除され、関連する記事は詳細な分析のために電子および/またはハードコピーとして検索されました。 同じ評価基準を使用した異なる評価者は、検索間の時間間隔のために2007と2009の文献スクリーニングを完了しました。

制御された臨床試験(CCT)のみ。 無作為化比較試験(RCT); 臨床的所見を解釈するための現行基準と一致して、このガイドラインの根拠として選択された。 GDCは、その制御されていない性質とCCTsとの可能性の低い方法論的品質のために、観察研究、症例シリーズ、または症例報告を評価しなかった。 このアプローチは、Cochrane Back Review Groupが発行したSRの最新の方法と一致しています。[8]特定のトピックで同じ著者によって複数のSRが発行された場合、最新の出版物のみがカウントされ、 SRの体系的なレビューは、研究成果の二重計算を避けるために除外された。

文学の評価と解釈

CCTまたはRCTの品質評価には、「はい(スコア11)」または「いいえ(スコア1)/わからない(スコア0)」(表0)によって回答された1基準が含まれていました。 GDCは2の追加基準を文書化しました。(1)被験者の登録と2による副作用評価のためのIHS診断基準の使用(表1、列LとMの列)。 IHS基準[4]の使用は、この臨床プラクティスガイドライン(CPG)プロセスと関連して、研究の中およびその間で診断の特異性を確認しました。 研究への被験者の包含のためにIHS診断基準が研究者によって適用されなかった場合、研究は除外された(付録C)。 子宮頸がんの頭痛がIHS分類に含まれる前に2004の前に診断された場合、頸脳頭痛国際研究グループ[9]の診断基準は使用されなかった。 副作用は、治療による潜在的なリスクの代理として検討された。 個々の基準に加重係数は適用されておらず、可能な品質格付けは0から11までの範囲であった。 これらの項目は品質評価ツールに記載されているので、被験者とケア提供者の盲検化は、GDCの研究論文で評価された。[6] GDCの方法は、評価ツールを改変しなかった。 このアプローチの根拠は、特定の治療法(経皮的電気神経刺激[TENS]、超音波など)と試験設計が患者や開業医の目をくらませる可能性があるということでした。[10] GDCは、これらの品質のベンチマークの評価を制限しませんでした確かに頭痛の治療のための臨床研究で報告されている場合。 GDCは、臨床文献を評価するために広く使用されている評価ツールを修正するために、専門知識の範囲外であるとも考えていた[6]しかし、手動療法文献の分析と評価のための新しい研究ツールが緊急に必要とされている下記のディスカッションセクションで将来の研究のための領域として注目されています。

頭痛の管理のための理学療法のコントロールされた試験の表1定性的評価

文学評価者はGDCとは別のプロジェクト寄稿者であり、研究著者、機関、および情報源ジャーナルに関して盲目的ではありませんでした。 GDCの3名のメンバー(MD、RR、およびLS)は、10記事のランダムなサブセットに関する品質評価を完了することによって品質評価方法を確証しました。 11試験についてはすべての項目について完全に一致した。20試験については5項目の10、残りの11試験については4項目の8項目。 すべての矛盾は、GDCによる討議および合意によって容易に解決された(表11)。 試験間での研究方法の不均一性のために、試験結果のメタアナリシスまたは統計的プーリングは行われなかった。 可能な総評価の半分以上(すなわち、≧1)を採点する試験は、高品質と見なされた。 1から6までのスコアの試験は低品質と見なされました。 主要な方法論的欠陥に関する研究または特別な治療技術の調査は除外された(例えば、頭痛患者のカイロプラクティックケアにGDCによって関連性があるとみなされない治療;付録表0)。

SRNの品質評価には、イエス(スコア9)またはノー(スコア1)/分からない(スコア0)とアイテムJの定性的な応答である0基準が含まれていました(「欠陥なし」「軽微な欠陥」または「重大な欠陥」) (表2)。 可能な格付けは、0から9までの範囲であった。 J列(表2)に列挙されているように、重大な欠陥、軽微な欠陥、または欠陥のないSRの全体的な科学的品質の決定は、以前の9項目に対する文献評定者の回答に基づいていた。 SRの全体的な科学的品質を導き出すために、以下のパラメータを使用した。ノー・ノウ・ノウ・レスポンスが使用された場合、SRはせいぜい軽微な欠陥を有する可能性が高い。 しかし、項目B、D、F、またはHに「いいえ」が使用された場合、レビューに重大な欠陥がある可能性があります。[21]可能な総合評価の半分以上(すなわち、≧5)軽微な欠陥が高品質と評価された。 4以下の得点および/または重大な欠陥を含む体系的なレビューは除外された。

頭痛の管理のための理学療法の体系的レビューの表2定性的評価

レビューが文献を検索および分析するための明示的かつ反復可能な方法を含み、かつ研究の包含および除外基準が記載されている場合、レビューは系統的であると定義された。 方法、選択基準、研究の質を評価する方法、含まれる研究の特徴、データを合成する方法、および結果を評価した。 評価者は、7 SR [22-28]および7追加SRの9項目のすべての評価項目について完全に合意した[2]矛盾は軽微であり、GDCの見直しと合意によって容易に解決された(表29,30)。

練習のための提言の開発

GDCは、頭痛患者のカイロプラクティック治療に関連する証拠を解釈した。 関連記事の詳細な要約は、CCA / Federation Clinical Practice Guidelines ProjectのWebサイトに掲載されます。

無作為化された、コントロールされた試験およびそれらの発見は、処置の推奨を知らせるために評価された。 全体的な証拠の強さ(強い、中程度、限定的、矛盾する、または証拠なし)を割り当てるために、[6] GDCは研究成果の数、質、および一貫性を考慮した(表3)。 強力な証拠は、複数の高品質RCTが他の環境で他の研究者の所見を裏付けした場合にのみ考慮された。 エビデンスの本体に関して高品質のSRのみが評価され、治療の推奨を通知した。 GDCは、最低限の中程度の証拠によって支持された場合、治療法が有効であると考えた。

表3の証拠の強さ

練習のための提言は、共同作業部会会議で開発された。

成果

表4文献オーラの有無にかかわらず片頭痛の介入の証拠の評価

テンションタイプの頭痛のための介入のための証拠の表5文献概要および品質評価

子宮頸部頭痛の介入のための証拠の表6文献概要および品質評価

頭痛障害管理のための理学療法の体系的レビューの表7文献概要および品質評価

カタログ請求

文献検索から、最初に6206の引用が同定された。 21件の論文が最終的な包含基準を満たしており、実際の推奨事項(16 CCT / RCT [11-20,31-36]および5 SR [24-27,29])を開発する際に考慮された。 含まれる記事の品質評価は、表1および2に示されています。 付録表3には、GDCによる最終審査で除外された論文と除外理由がリストされています。 被験者および開業医の不在は、盲検化および不十分な共同療法の記述は、一般に、治験の方法論的限界であると同定された。 これらの試験で評価された頭痛の種類には、片頭痛(表4)、緊張型頭痛(表5)、および頸部頭痛(表6)が含まれた。 結果として、これらの頭痛の種類のみが、このCPGの証拠および練習の勧告によって表される。 SRの証拠サマリーは表7に記載されています。

プラクティスの推奨事項:片頭痛の治療

  • 脊髄操作は、気管支痙攣を伴うまたは伴わない片頭痛または慢性片頭痛を有する患者の管理に推奨される。 この推奨は、1週(エビデンスレベル、中等度)の週2〜8回の治療頻度を使用した研究に基づいています。 エピソードまたは慢性片頭痛(表20および1)患者のための高品質RCT、[17] 1低品質RCT、[24]および4高品質SR [7]は、脊椎操作の使用をサポートします。
  • 週ごとのマッサージ療法は、片頭痛の頻度を減らし、潜在的に頭痛の痛み(証拠レベル、中等度)に関連する感情的症状を改善するために推奨されます。 1つの高品質RCT [16]は、この練習の推奨事項(表4)をサポートしています。 研究者は、背中、肩、首、頭の神経筋およびトリガーポイントの枠組みに焦点を当てた45分のマッサージを使用しました。
  • エピソードまたは慢性片頭痛を有する患者の管理には、マルチモーダルの多分野治療(運動、弛緩、ストレスおよび栄養相談、マッサージ療法)が推奨される。 必要に応じて参照してください(証拠レベル、中程度)。 1つの高品質RCT [32]は、片頭痛(表4)のマルチモーダル多分野介入の有効性をサポートします。 介入は、運動、教育、生活習慣の変化、自己管理からなる一般的な管理アプローチを優先させる。
  • エピソードまたは慢性片頭痛(有酸素運動、子宮頸部運動範囲[cROM]、または全身ストレッチ)を有する患者の管理のために、単独運動またはマルチモーダル物理療法と組み合わせた運動の使用または使用を推奨する臨床データは不十分である。 3つの低品質CCT [13,33,34]はこの結論に貢献します(表4)。

練習の推奨事項:緊張型頭痛

  • エピソード性または慢性的な緊張型頭痛患者の長期(例:6ヶ月)管理には、低負荷の頭頸部動員療法(例:Thera-Band、Resistive Exercise Systems、Hygenic Corporation、アクロン、オハイオ州)が推奨される(証拠レベル、中等度) ) 1つの高品質RCT [36]は、低負荷動員により、長期的に患者の緊張型頭痛の症状が有意に軽減されることを示しました(表5)。
  • 脊髄操作は、エピソードの緊張型頭痛(証拠レベル、中等度)を有する患者の管理には推奨できない。 術前軟部組織治療後の脊椎操作は、緊張型頭痛の患者にさらなる有益性を提供しないという中程度の証拠がある。 12 SR [5-4](表24)で報告された1つの高品質RCT [27](表7)および観察では、エピソードの緊張型頭痛患者の脊髄操作の利点はないことを示唆しています。
  • 慢性緊張型頭痛の患者では、脊髄操作(2週には6回)の使用を推奨することはできません。 品質評価ツール[1](表11)によって高品質と評価された6 RCT [1]の著者、および2 SR [24,26]におけるこの研究の要約は、脊髄操作が慢性緊張型頭痛に有効であることを示唆している。 しかし、GDCはRCT [11]の解釈が難しく、決定的ではないと考えている(表5)。 この試験は、研究グループ間の対象臨床医の遭遇の数の不均衡(例えば、軟組織療法の被験者の12訪問とアミトリプチリン群の被験者の脊髄操作グループ対2訪問)の不均衡によって不十分に制御される。 アミトリプチリン群の被験者に匹敵するレベルの個人的な注意が研究成果に影響を与えたかどうかを知る方法はない。 2他のSR [25,27]からのこれらの考察と解釈は、この結論に寄与する(表7)。
  • エピソードまたは慢性緊張型頭痛を有する患者のために手動牽引、結合組織操作、Cyriax's動員、または運動/身体訓練の使用を推奨する不十分な証拠がある。 19,31,35(Table 5)、1低品質陰性RCT、[14]、および1 SR [25]の3つの低品質の未確定研究がこの結論に寄与する(表7)。

練習の推奨事項:頸椎頭痛

  • 脊髄操作は、頸動脈性頭痛の患者の管理に推奨される。 この推奨は、1の週に2回の治療頻度(エビデンスレベル、中等度)を使用した3研究に基づいています。 高品質のRCTにおいて、Nilssonら[18](表6)は、頸動脈性頭痛の患者に対して、高速で低振幅の脊髄操作の有意な正の効果を示した。 2 SR [24,29](表7)からのエビデンス合成は、この練習の推奨事項をサポートしています。
  • 頸動脈性頭痛患者の管理には、合同動員が推奨される(証拠レベル、中等度)。 Jullら[15]は、高品質RCT(Table 8)で12治療の6治療に対するメイトランドの共同動員6の効果を調べた。 動員は典型的な臨床診療に続き、低速および高速の選択は患者の頚部関節機能不全の初期および進行性評価に基づいていた。 頭痛の頻度、強度、ならびに首の痛みおよび身体障害に関して有益な効果が報告された。 2 SR [24,29](表7)からのエビデンス合成は、この練習の推奨事項をサポートしています。
  • 深頸部屈筋運動は、頸動脈性頭痛患者の管理に推奨される(証拠レベル、中等度)。 この推奨は、2週の6回の調査に基づいています。 深部首の屈筋運動と頸動脈の頭痛の合同動員を組み合わせることで、一貫して相加的な利点はありません。 1つの高品質RCT [15](表6)と2 SR [24,29](表7)で提供された観察は、この練習の推奨事項をサポートしています。

安全性

施術者は、所与の患者について入手可能なすべての臨床情報と併せて治療法を選択する。 このCPGのエビデンスの本体に含まれている16 CCT / RCTS [11-20,31-36]のうち、6試験[11,12,15,20,32,36]のみが患者の副作用または安全性パラメーターを適切に評価または検討しています(表1、列M)。 全体として、報告されたリスクは低かった。 [11,12,20] Bolineら[11]は、最初の4.3週の治療後にすべての症例で消失した最初の脊椎操作後に2%の被験者が首のこわばりを経験したと報告した。 脊椎手術後の痛みや頭痛の増加(n = 2)がTuchinらによって引用された治療中止の理由であった[20]エピソード緊張型頭痛。 有効性の結果を評価するための治療試験では、まれな有害事象の発生率を評価するために十分な数の被験者を登録しない可能性があります。 利益とリスクのバランスを完全に理解するためには、他の研究方法が必要です。

議論

カイロプラクティックで一般に使用される脊髄操作および他の手動療法は、被験者登録、デザインおよび全体的な質において異種であるいくつかのCCTにおいて研究されている。 証拠ベースに体系的に表される患者および頭痛の種類は、片頭痛、緊張型頭痛、および頸動脈性頭痛である。 報告される主な健康状態の結果は、典型的には、頭痛の頻度、強度、持続時間、および生活の質の指標である。 現時点では、証拠は中程度ではない。

この証拠は、片頭痛または頸動脈性頭痛の患者のカイロプラクティック管理のための脊柱操作の使用を支持するが、緊張型頭痛は支持しない。 片頭痛の場合、毎週45分のマッサージ療法とマルチモーダルケア(運動、リラクゼーション、ストレス、栄養相談)を併用した多分野ケアも有効です。 あるいは、頸動脈性頭痛の症状を改善するために、関節可動動または深頸部屈筋訓練が推奨される。 頸動脈性頭痛の患者のために、関節動員と深頸部屈筋訓練を組み合わせることで、一貫して相加的な利点はないようです。 中等度の証拠は、緊張型頭痛の長期間の管理のための低負荷の頭蓋頸部動員の使用を支援する。

制限事項

このガイドラインの欠点には、検索中に見つかった裏付証拠の量と質が含まれます。 頭痛患者のカイロプラクティックケアのための、再現性のある臨床所見を有する最新の適切に制御された高品質の研究研究は発表されていない。 片頭痛、緊張型頭痛、頸動脈性頭痛、または臨床医に提示される他の頭痛のタイプ(例えば、クラスター、外傷後頭痛)の治療のための、単独での特定の手動療法または十分に制御された組み合わせについてのさらなる理解が必要である。 この文献の合成のもう一つの欠点は、小さなサンプルサイズ(表4-6)、短期間の治療のパラダイム、およびフォローアップ期間を用いて公開された研究研究に依存することである。 頭痛の患者の管理のために、十分な数の被験者、長期間の治療、およびフォローアップ期間を備えたうまく設計された臨床試験は、カイロプラクティックケア、特に脊髄操作を進めるために資金提供する必要があります。 文献レビューや臨床実践ガイドラインと同様に、基礎情報や出版された文献も進化しています。 この研究の成果を発表したかもしれない研究は、この研究の終了後に発表されたかもしれません。[37-39]

将来の研究のための考察

GDCのコンセンサスは、頭痛の患者のさらなるカイロプラクティック研究の必要性があることである。

  • より質の高い臨床研究が必要です。 今後の研究では、患者のケアのための証拠基盤を強化するために、能動比較者および非治療群および/またはプラセボ群を用いた研究デザインが必要である。 期待結果を管理するための物理的介入を盲検化する患者が必要であり、他の疼痛状態のためのカイロプラクティック研究者によって検討されている[10]体系的に報告された研究の欠如は、 今後のすべての研究は、体系的に検証された方法(例えば、報告された試験の統合基準[CONSORT]および無作為設計による評価の透明な報告[TREND])を用いて構成されるべきである。
  • カイロプラクティック研究では、安全性データの体系的な報告が必要です。 すべての臨床試験は、観察されない副作用または有害性について収集し、報告しなければならない。
  • 手動療法の研究を評価するための新しい定量的ツールを開発する。 盲検化は、研究グループ間での主体とプロバイダーの相互作用の期待効果と非特異的影響を制御する役割を果たします。 手動療法の有効性試験において、被験者および提供者を盲検化することは、典型的には不可能である。 本質的な限界にもかかわらず、被験者とケア提供者の盲検化は、GDCによる研究論文で評価された。これらの項目は高品質の評価機器に含まれているためである[6]緊急要請。
  • 頭痛のカイロプラクティックケアにおける機能的アウトカムの研究を進める。 このガイドラインは、頭痛研究では、健康成果に対する治療の効果を評価する際に、さまざまな尺度を使用することを確認しました。 頭痛の頻度、強度および持続時間は、最も一貫して使用される結果である(表4-6)。 日常生活の改善および有意義なルーチンの再開と一致する、カイロプラクティック研究における検証された患者中心のアウトカム指標を含めるには、真剣な努力が必要である。
  • 費用対効果。 頭痛の治療のための脊髄操作の費用対効果について研究された研究はない。 今後の脊髄操作の臨床試験では、コスト効果を評価する必要があります。

利益とリスクのバランスを完全に理解するためには、他の研究方法が必要です。 このCPGはすべてのカイロプラクティック治療のレビューを提供していない。 いかなる省略も臨床文献のギャップを反映する。 治療のタイプ、頻度、投与量、および期間は、より高いレベルの証拠が入手可能になるまで、ガイドラインの推奨、臨床経験、および患者の知識に基づいているべきである。

結論

片頭痛および頸動脈性頭痛の管理のために、脊髄操作を含むカイロプラクティックケアを支援する証拠のベースラインがある。 治療の種類、頻度、投与量、期間は、ガイドラインの推奨、臨床経験、患者の知識に基づいていなければならない。 緊張型頭痛患者の孤立した介入としての脊椎操作の使用に関する証拠は、依然として不明確である。 さらなる研究が必要です。
練習ガイドラインは、最良の証拠を良い臨床実践に結びつけ、良い治療を提供するエビデンスに基づいたアプローチの1コンポーネントだけです。 このガイドラインは、頭痛のある患者にカイロプラクティックケアを提供するためのリソースであることを意図しています。 これは「生きた文書」であり、新しいデータの出現を改訂することが条件です。 さらに、それは開業医の臨床経験および専門知識の代用品ではない。 この文書は、ケアの基準となるものではありません。 むしろ、ガイドラインは、研究知識の実践への移行を支援するための知識交換と移転プロセスを行うことによって、証拠に基づく実践を進めるという職業のコミットメントを証明している。

実用化

  • このガイドラインは、頭痛のある患者にカイロプラクティックケアを提供するためのリソースです。
  • 片頭痛または頸動脈性頭痛の患者の管理には脊髄操作が推奨される。
  • マラソンを含むマルチモーダル多分野介入は片頭痛の患者に有益かもしれない。
  • 関節可動動または深頸部屈筋運動は、頸動脈性頭痛の症状を改善する可能性がある。
  • 低負荷の頭蓋頸部動員は、緊張型頭痛を改善する可能性がある。

謝辞

作者はこのガイドラインの入力のために以下に感謝します:ロンブレイディ、DC。 グレイデンブリッジ、DC。 Hジェームズダンカン; Wanda Lee MacPhee、DC。 キーストムソン、DC、ND。 ディーンライト、DC。 ピーターウェイト(臨床診療ガイドラインタスクフォースのメンバー)。 著者らは、フェーズIの文献検索評価の支援に関して以下のことに感謝します。Simon Dagenais、DC、PhD; およびThor Eglinton、MSc、RN。 著者らは、第II相追加文献検索および証拠評価の支援について以下のことに感謝している。Seema Bhatt、PhD; Mary-Doug Wright、MLS。 著者は、Karin Sorra、PhDに、文献検索、証拠の評価、および編集上の支援を提供していただきありがとうございます。

資金調達源と利益相反の可能性

資金調達は、CCA、カナダのカイロプラクティック保護協会、およびブリティッシュ・コロンビア州を除くすべての州の州カイロプラクティック寄稿によって行われました。 この作品は、CCAと連盟によって後援されました。 この調査では、利害の衝突は報告されていない。

結論として、 頭痛は、人々が医療を求める最も一般的な理由の一つです。 多くの医療従事者は頭痛を治療することができますが、カイロプラクティックケアは、いくつかのタイプの頭痛を含む様々な健康問題を治療するために頻繁に使用されるよく知られている代替治療オプションです。 上記の記事によれば、脊柱調節と手作業を含むカイロプラクティックケアが頭痛や片頭痛を改善する可能性があるという証拠がある。 National Center for Biotechnology Information(NCBI)から参照される情報。 私たちの情報の範囲は、カイロプラクティックだけでなく、脊髄の怪我や状態に限られています。 主題について話し合うには、ジェメネス博士にお気軽にお問い合わせください。 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

1。 ロビンズMS、リプトンRB。 原発性頭痛障害の疫学。 Semin Neurol 2010; 30:107-19。
2。 Stovner LJ、Andree C.ヨーロッパにおける頭痛の蔓延:Eurolightプロジェクトのレビュー。 J頭痛の痛み8月2010; 11:289-99。
3。 Coulter ID、Hurwitz EL、Adams AH、Genovese BJ、Hays R、Shekelle PG。 北アメリカでカイロプラクティックを使用している患者:彼らは誰ですか、そして彼らはなぜカイロプラクティックケアを受けていますか? スパイン(Phila Pa 1976)2002; 27(3):291-6 [discussion 297-98]
4。 国際頭痛学会。 国際的な頭痛の分類、2nd ed。 セファラルヤ2004; 24:9-160(Suppl 1)。
5。 Bogduk N、Govind J. Cervicogenic headache:臨床診断、侵襲的検査および治療に関するエビデンスの評価。 ランセットニューロール2009; 8:959-68。
6。 van Tulder M、Furlan A、Bombardier C、Bouter L.コクランコラボレーションバックレビューグループの体系的なレビューの方法ガイドラインを更新。 スパイン(Phila Pa 1976)2003; 28:1290-9。
7。 Oxman AD、Guyatt GH。 レビュー記事の質の指標の検証。 J Clin Epidemiol 1991; 44:1271-8。
8。 Furlan AD、Pennick V、Bombardier C、van Tulder M. 2009はCochrane Back Review Groupの体系的レビューのための方法ガイドラインを更新しました。 スパイン(Phila Pa 1976)2009; 34:1929-41。
9。 Sajastad O、Fredriksen TA、Pfaffenrath V.頸管頭痛:診断基準。 子宮頸部頭痛国際研究グループ。 頭痛1998; 38:442-5。
10。 ホークC、ロングCR、ライターR、デイヴィスCS、カンブロンJA、エバンスR.手動法のプラセボ対照試験の計画における問題:パイロット試験の結果。 J Altern補完Med 2002; 8:21-32。
11。 ボリンPD、Kassak K、Bronfort G、Nelson C、Anderson AV。 慢性緊張型頭痛の治療のための脊髄操作対アミトリプチリン:無作為化臨床試験。 J操作性Physiol Ther 1995; 18:148-54。
12。 Bove G、Nilsson N.エピソード緊張型頭痛の治療における脊髄操作:無作為化比較試験。 JAMA 1998; 280:1576-9。
13。 Dittrich SM、Gunther V、Franz G、Burtscher M、Holzner B、Kopp M.緩和を伴う有酸素運動:女性片頭痛患者の痛みおよび心理的幸福への影響。 Clin J Sport Med 2008; 18:363-5。
14。 Donkin RD、Parkin-Smith GF、Gomes N.カイロプラクティック操作と緊張型頭痛に対する手作業による牽引と操作の組み合わせの可能な効果:パイロット研究。 J Neuromusculoskeletal Systen 2002; 10:89-97。
15。 Jull G、Trott P、Potter H、et al。 子宮頸部の頭痛のための運動および手技療法のランダム化比較試験。 スパイン(Phila Pa 1976)2002; 27:1835-43 [discussion 1843]。
16。 ローラーSP、キャメロンLD。 片頭痛治療薬としてのマッサージ療法の無作為化比較試験。 アンBehav Med 2006; 32:50-9。
17。 ネルソンCF、ブロンフォルトG、エバンスR、ボリンP、ゴールドスミスC、アンダーソンAV。 片頭痛の予防のための脊髄操作、アミトリプチリンおよび両療法の併用の有効性。 J操作性Physiol Ther 1998; 21:511-9。
18。 Nilsson N、Christensen HW、Hartvigsen J.頸動脈性頭痛の治療における脊髄操作の効果。 J操作性Physiol Ther 1997; 20:326-30。
19。 Soderberg E、Carlsson J、Stener-Victorin E.慢性緊張型頭痛(鍼治療、身体トレーニング、リラクゼーショントレーニング)。 グループ間の違い。 頭痛2006; 26:1320-9。
20。 Tuchin PJ、Pollard H、Bonello R.片頭痛のためのカイロプラクティック脊髄操作療法のランダム化比較試験。 J操作性Physiol Ther 2000; 23:91-5。
21。 Chou R、Huffman LH。 急性および慢性腰痛に対する非薬理学的療法:米国疼痛協会/米国医科大学臨床実践ガイドラインの証拠の再検討。 Ann Intern Med 2007; 147:492-504。
22。 Astin JA、Ernst E.頭痛の治療のための脊椎操作の有効性:ランダム化臨床試験の体系的レビュー。 頭痛2002; 22:617-23。
23。 Biondi DM。 頭痛のための物理的治療法:構造化されたレビュー。 頭痛2005; 45:738-46。
24。 Bronfort G、Nilsson N、Haas M、et al。 慢性/再発性頭痛のための非侵襲的な物理的治療。 CochraneデータベースSyst Rev 2004:CD001878。
25。 フェルナンデス・ド・ラス・ペナスC、アロンソ・ブランコC、Cuadrado ML、Miangolarra JC、Barriga FJ、Pareja JA。 緊張型頭痛からの痛みを軽減するには、手動療法が効果的ですか?:体系的なレビュー。 Clin J Pain 2006; 22:278-85。
26。 Hurwitz EL、Aker PD、Adams AH、Meeker WC、Shekelle PG。 頸椎の​​操作と動員 文献の体系的レビュー スパイン(Phila Pa 1976)1996; 21:1746-59。
27。 Lenssinck ML、Damen L、Verhagen AP、Berger MY、Passchier J、Koes BW。 緊張型頭痛患者における理学療法と操作の有効性:系統的レビュー。 痛み2004; 112:381-8。
28。 Vernon H、McDermaid CS、Hagino C.テンション型および頸動脈性頭痛の治療における相補的/代替療法のランダム化臨床試験の体系的レビュー。 The Med 1999を補う; 7:142-55。
29。 フェルナンデス・ド・ラス・ペナスC、アロンソ・ブランコC、Cuadrado ML、Pareja JA。 子宮頸部の頭痛の管理における脊髄の操作療法。 頭痛2005; 45:1260-3。
30。 Maltby JK、Harrison DD、Harrison D、Betz J、Ferrantelli JR、Clum GW。 頭痛、頸部および腰部痛のカイロプラクティックケアの頻度および期間。 J Vertebr Subluxat Res 2008; 2008:1-12。
31。 慢性緊張型頭痛の2つの異なる手動治療法の結果。 Pain Clin 2002; 14:121-8。
32。 Lemstra M、Stewart B、Olszynski WP。 片頭痛の治療における多分野の介入の有効性:無作為化臨床試験。 頭痛2002; 42:845-54。
33。 Marcus DA、Scharff L、Mercer S、Turk DC。 片頭痛に対する非薬物療法:リラクゼーションと熱的バイオフィードバックを用いた理学療法の漸進的有用性。 頭痛1998; 18:266-72。
34。 Narin SO、Pinar L、Erbas D、Ozturk V、Idiman F.片頭痛に対する運動性および運動関連の血中酸化窒素濃度の変化。 Clin Rehabil 2003; 17:624-30。
35。 Torelli P、Jensen R、Olesen J.テンションタイプの頭痛のための理学療法:制御された研究。 頭痛2004; 24:29-36。
36。 van Ettekoven H、Lucas C.理学療法の有効性
緊張型頭痛のための頭蓋頸部トレーニングプログラムを含む; ランダム化臨床試験。 頭痛2006; 26:983-91。
37。 Vavrek D、Haas M、Peterson D.慢性的な頸動脈性頭痛のランダム化試験による身体診察および自己報告の疼痛転帰。 J操作性Physiol Ther 2010; 33:338-48。
38。 Haas M、Aickin M、Vavrek D.頸動脈性頭痛のための脊髄操作のオープンラベルランダム化比較試験での予期および患者 - 供給者遭遇の予備経路分析。 J操作性Physiol Ther 2010; 33:5-13。
39。 Toro-Velasco C、Arroyo-Morales M、Fernandez-de-Las-PeñasC、Cleland JA、Barrero-HernándezFJ。 慢性緊張型頭痛患者の心拍変動、気分状態、および圧痛感受性に対する手作業による短期的影響:パイロット研究。 J操作性Physiol Ther 2009; 32:527-35。
40。 Allais G、De Lorenzo C、Quirico PE、et al。 慢性頭痛に対する非薬物学的アプローチ:変形性片頭痛治療における経皮電気神経刺激、レーザー治療および鍼治療。 Neurol Sci 2003; 24(Suppl 2):S138-42。
41。 Nilsson N.子宮頸部の頭痛の治療における脊髄操作の効果のランダム化比較試験。 J操作性Physiol Ther 1995; 18:435-40。
42。 Annal N、Soundappan SV、Palaniappan KMC、Chadrasekar S.片頭痛および慢性頭痛のための経皮、低電圧、非拍動性直流(DC)療法の紹介。 経皮電気神経刺激(TENS)との比較。 頭痛Q 1992; 3:434-7。
43。 Nilsson N、Christensen HW、Hartvigsen J.脊髄操作後の受動的範囲運動における永続的な変化:無作為化された盲検対照試験。 J操作性Physiol Ther 1996; 19:165-8。
44。 Anderson RE、Seniscal C.テンションタイプの頭痛に対する選択された骨粗鬆症治療と弛緩の比較。 頭痛2006; 46:1273-80。
45。 Ouseley BR、Parkin-Smith GF。 慢性緊張型頭痛の治療におけるカイロプラクティック脊髄操作および動員の可能な影響:パイロット研究。 Eur J Chiropr 2002; 50:3-13。
46。 フェルナンデス・デ・ラス・ペナスC、フェルナンデス・カルネロJ、プラザ・フェルナンデスA、ローマ・ベガR、ミャンガララJC。 鞭打ち傷害治療における背側操作:無作為化比較試験。 J Whiplash関連障害2004; 3:55-72。
47。 Parker GB、Pryor DS、Tupling H.臨床試験中に片頭痛が改善するのはなぜですか? 片頭痛のための頸部操作の試験からのさらなる結果。 Aust NZJ Med 1980; 10:192-8。
48。 Parker GB、Tupling H、Pryor DS。 片頭痛の子宮頸部操作の制御試験。 Aust NZJ Med 1978; 8:589-93。
49。 Foster KA、Liskin J、Cen S、et al。 慢性頭痛の治療におけるTragerのアプローチ:パイロット研究。 Altern Ther Health Med 2004; 10:40-6。
50。 Haas M、Groupp E、Aickin M、et al。 カイロプラクティックケアの慢性頭痛頭痛および関連する頸部痛に対する用量反応:無作為化試験研究。 J Manipulation Physiol Ther 2004; 27:547-53。
51。 Sjogren T、Nissinen KJ、Jarvenpaa SK、Ojanen MT、Vanharanta H、Malkia EA。 職場での身体運動介入が職場労働者の頭痛および頸部および肩の症状および上肢筋力の強さに及ぼす影響:クラスター無作為化対照クロスオーバー試験。 痛み2005; 116:119-28。
52。 Hanten WP、Olson SL、Hodson JL、Imler VL、Knab VM、Magee JL。 CV-4の有効性と緊張型頭痛を有する被験者に対する静止姿勢技術。 J手動操作Ther 1999; 7:64-70。
53。 Solomon S、Elkind A、Freitag F、Gallagher RM、Moore K、Swerdlow B、et al。 緊張性頭痛の治療における頭蓋電気療法の安全性と有効性。 頭痛1989; 29:445-50。
54。 C1-C2自己栄養性骨迷走神経滑走術(SNAG)の頸部頭痛の治療における有効性。 J Orthop Sports Phys Ther 2007; 37:100-7。
55。 Solomon S、Guglielmo KM。 経皮電気刺激による頭痛の治療。 頭痛1985; 25:12-5。
56。 Hoyt WH、Shaffer F、Bard DA、Benesler ES、Blankenhorn GD、Gray JH、et al。 筋収縮性頭痛の治療におけるオステオパシー操作。 J Am Osteopath Assoc 1979; 78:322-5。
57。 緊張型頭痛を有する成人のカイロプラクティックおよび医学的予防治療の無作為化プラセボ対照臨床試験:試験を中止した結果。 J操作性Physiol Ther 2009; 32:344-51。
58。 モンニニF、シコーンG、ロタE、フェレロL、ウゴリニA、エヴァンゲリスタA、その他。 頭痛、頸部および肩の痛みを軽減するための教育的および身体的プログラムの有効性:職場でコントロールされた試験。 頭痛2008; 28:541-52。
59。 フェルナンデス・ド・ラス・ペナスC、アロンソ・ブランコC、サン・ローマンJ、ミアンガララJC。 緊張型頭痛、偏頭痛、および頸動脈性頭痛における脊椎操作および動員のランダム化比較試験の方法論的品質。 J Orthop Sports Phys Ther 2006; 36:160-9。
60。 Lew HL、Lin PH、Fuh JL、Wang SJ、Clark DJ、Walker WC。 外傷性脳損傷後の頭痛の特徴と治療:重点レビュー。 Am J Phys Med Rehabil 2006; 85:619-27。

Green-Call-Now-Button-24H-150x150-2-3.png

その他のトピック:背痛

統計によると、およそ80%の人々は、生涯を通じて少なくとも1回は腰痛の症状を経験するでしょう。 背中の痛み さまざまな傷害および/または状態のために生じることがある一般的な苦情である。 多くの場合、年齢とともに背骨の自然な変性が腰痛を引き起こす可能性があります。 ヘルニアディスク 椎間板の柔らかくゲル状の中心が、その周囲の軟骨の外側環の裂傷を押して、神経根を圧縮して刺激するときに起こる。 椎間板ヘルニア形成は、腰椎または腰椎に沿って最も一般的に起こるが、頸椎または頚部に沿って起こることもある。 負傷および/または悪化した状態のために腰部に見られる神経の衝突は、坐骨神経痛の症状につながる可能性がある。

漫画paperboyの大きなニュースのブログの画像

重要なトピック:頸部痛の治療El Paso、TX Chiropractor

その他のトピックス:エクストラエクストラ:El Paso、Tx | アスリート