ランダム化制御試験| エルパソ、テキサス州カイロプラクティック医師
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J
ブラウズカテゴリ

無作為化比較試験

無作為化比較試験 または(RCT)デザインは、参加者を実験グループまたは対照グループにランダムに割り当てる。 研究が行われるように、ランダム化比較試験(RCT)における対照群と実験群との間の唯一の予想差が検討されて結果変数です。

無作為化比較試験

このタイプの研究では、参加者は偶然に異なる治療法や他の介入を比較する別々のグループに分けられます。 人々をグループに分ける機会を利用することは、グループが似通ったものになり、彼らが受ける治療の効果をより公平に比較​​することができることを意味します。 試験時には、どの治療法が最善かはわかりません。

メリット

  • 観察研究よりも目が見えない/マスクする方が簡単です
  • 任意の人口バイアスを洗い流す良い無作為化
  • 参加個体の個体群が明確に識別される
  • 結果は、よく知られた統計ツール

デメリット

  • 因果関係を明らかにしない
  • 時間とお金の高価
  • 処置に起因するフォローアップへの損失
  • ボランティア偏見:参加する人口は、全体を代表するものではないかもしれない

あなたが持っているかもしれない質問への回答については、Dr. Jimenezに電話してください。 915-850-0900