人工膝関節の構造、構成、機能の基礎科学| エルパソ、テキサス州カイロプラクティック医師
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

人間の膝半月板の構造、構成、機能の基礎科学

挽き目 大腿骨、大腿骨、脛骨または脛骨、および膝蓋骨または膝蓋骨を他の軟組織の中から構成する、人体における最も複雑な関節の1つである。 腱は骨を筋に接続し、靭帯は膝関節の骨を接続する。 メニスカスとして知られている2つのくさび形の軟骨片は、膝関節の安定性を提供する。 以下の記事の目的は、膝関節およびその周囲の柔らかい組織の解剖学的構造を説明することと同様に説明することです。

抽象

コンテキスト: 膝メニスカスの構造、構成、および機能に関する情報は、複数のソースおよびフィールドにわたって散在している。 この解説は、解剖学、語源論、系統発生学、超構造と生化学、血管解剖学と神経解剖学、生体力学的機能、成熟と老化、イメージング様式を含む膝半月板の簡潔で詳細な説明を含んでいます。

証拠収集: 文献検索は、1858から2011に公開されたPubMedとOVIDの記事のレビューによって行われました。

結果について この研究は、臨床像、診断、および外科的修復に関連し得る、半月板の構造的、構成的および機能的特徴を強調する。

結論: 半月板の正常な解剖学および生体力学の理解は、膝を含む障害の病因を理解するために必要な前提条件である。

キーワード: 膝、半月板、解剖学、機能

概要

いったん機能不全の胚の残骸として記述されると、162は現在、膝関節の正常な機能および長期間の健康に不可欠であることが知られている。メニスカスは、大腿脛骨関節の安定性を高め、軸方向荷重を分散し、衝撃を吸収し、膝関節に栄養を与えます.4,91,152,153

メニスカスに対する傷害は、重大な筋骨格罹患の原因として認識されている。 メニスカスのユニークで複雑な構造は、患者、外科医、理学療法士の治療と修復を困難にします。 さらに、長期間にわたる損傷は、骨棘形成、関節軟骨変性、関節腔の狭窄、および症候性変形性関節症などの退行性関節変化を引き起こし得る.36,45,92メニスカスの保存は、それらの特徴的な組成および組織を維持することに依存する。

メニスカスの解剖学

Meniscalの語源

メニスカスという言葉は、ギリシャ語の「mēniskos」(「三日月」を意味する)から来ており、「月」を意味する。

精油所系統学と比較解剖学

ホミニドは、両側大腿遠位大腿骨、関節内十字靭帯、メニスカス、および非対称側副靭帯を含む同様の解剖学的および機能的特徴を示す.40,66これらの類似の形態学的特徴は、300万年以上前に追跡できる共通の遺伝的系譜を反映する.40,66,119

ヒトに至る霊長類の系統では、ホミニは数百万年前に3〜4に二足歩行に進化し、1.3は何百年も前に現代の膝蓋大腿関節(より長い側方膝蓋面と一致する外側大腿骨滑車)を確立した.164 Tardieu時折二足歩行から永続二足歩行への移行を調査し、霊長類が内側および外側の線維軟骨性半月板を含み、すべての霊長類(2脛骨挿入で三日月形)で形態的に類似していることが観察された。形状がより多様である。 ホモサピエンスでユニークなのは、163脛骨挿入の存在であり、2は前方にあり、1は後方にあり、二足歩行の姿勢および旋回段階の間に膝関節の全伸展運動の常習的な練習を示す.1

発生学および開発

横隔膜および内側の半月板の特徴的な形状は、妊娠の8thおよび10th週の間に達成される.53,60それらは、間葉組織の中間層の凝縮から生じ、周囲の関節包への付着物を形成する.31,87,110発達中の半月板は、末梢から入り、メニスカスの全幅にわたって延びる血液供給を伴う。胎児が発達し続けると、メニスカスの細胞性が徐々に低下し、円周のコラーゲン含量が付随して増加するコラーゲン線維の配向を決定する重要な要素である。 成人期までには、末梢31%〜30,31%にのみ血液供給があります.10

これらの組織学的変化にもかかわらず、対応するメニスカスによって覆われた脛骨プラトーの割合は、胎児の発達を通じて比較的一定であり、内側および外側メニスカスは、それぞれ表面領域のおよそ60%および80%をカバーする.31

肉眼解剖学

膝半月板の肉眼検査は、滑らかで潤滑された組織を示す(図1)。 それらは、膝関節の内側および外側の側面に位置する線維軟骨の三日月形のくさび形である(図2A)。 各半月板の末梢血管境界(赤色領域としても知られている)は、厚くて凸状であり、関節包に取り付けられている。 最も内側の境界線(ホワイトゾーンとも呼ばれます)は、細い自由端に向かって先細になります。 メニスカスの上表面は凹状であり、それぞれの凸状の大腿骨顆との効果的な関節接合を可能にする。 ザ 劣る 表面は、脛骨プラトー(図1)を収容するために平らである.28,175

内側半月板。 半円形の内側メニスカスは直径が約35 mm(前部から後部)であり、前側よりもかなり後側に広がっている.175前角は、前十字靭帯(ACL)の前の顆間窩近くの脛骨プラトーに取り付けられている。 内側半月板の前角の取り付け位置には大きなばらつきがある。 後部ホーンは、外側半月板と後十字靭帯(PCL;図1および2B).2Bとの間の脛骨の後顆間窩に取り付けられる。 Johnsonらは、半月板の脛骨挿入部位およびそれらの周囲の地形関係を膝の周囲の解剖学的ランドマークと再検討した.82彼らは、内側半月板の前および後ホーン挿入部位が外側半月板のものよりも大きいことを見出した。 内側メニスカスの前方ホーン挿入部位の面積は、61.4 mm2を測定して最大であり、外側メニスカスの後方ホーンは最小であった.28.5 mm2.82

莢膜付着の脛骨部分は、冠状靱帯である。 その中間点では、内側メニスカスは、より深く内側の側副靭帯として知られている関節包中の結露により、よりしっかりと大腿骨に取り付けられている.175横断すなわち「腱間」の靭帯は、前角を結ぶ組織の繊維帯である(図1および2A2A)の内側角膜への内側メニスカスの分布を示す。

横メニスカス。 側方半月板は、ほぼ円形であり、前方から後方へほぼ均一な幅を有する(図1および2A).2A)。 これは、内側メニスカス(〜80%)よりも関節面のより大きな部分(〜60%)を占め、より可動性が高い.10,31,165外側半月板の両方の角が脛骨に取り付けられる。 外側半月板の前角の挿入は、顆間隆起の前方で、ACLの幅広い取り付け部位に隣接している(図2B).9,83外側半月板の後角は、外側脛骨背部の後ろにあり、内側半月板の後角の挿入(図2B).83外側半月板は莢膜靭帯に緩く取り付けられている。 しかしながら、これらの繊維は側副靭帯に付着しない。 外側半月板の後角は、PCL(図1および22)の由来に近い、それぞれHumphreyおよびWrisbergの前部および後部の地盤靭帯を介して、内側大腿顆の内面に付着する(図75およびXNUMX).XNUMX

男性大腿靱帯。 文献には、存在およびサイズの重大な不一致が報告されている 半大麻 外側半月板の靭帯。 1、2、または4は存在しない可能性があります。存在する場合、これらの補助靭帯は、外側半月板の後角から内側大腿顆の外側面に横断します。 それらは、PCLの大腿骨アタッチメントのすぐ隣に挿入される(図1および22)。

一連の研究でHarnerらは靭帯の断面積を測定し、全大腿靱帯がPCLの大きさの20%を平均した(範囲7%-35%)ことを見出した。挿入角度またはコラーゲン密度の知識がなくても挿入領域のみがそれらの相対的強度を示さない.69,70これらの靭帯の機能は未知のままである。 彼らは、前脛骨窩と後脛骨を前後方向に引っ張って、前脛骨窩と両側大腿骨顆を一致させることができます.115

超微細構造と生化学

細胞外マトリックス

メニスカスは、主に水(72%)とコラーゲン(22%)で構成された密度の高い細胞外マトリックス(ECM)で、細胞に挟まれています.9,55,56,77プロテオグリカン、非コラーゲンタンパク質、糖タンパク質が残りの乾燥重量を占めます。 ECMは、組織の材料特性を決定する。

メニスカスの細胞は、線維芽細胞と軟骨細胞の混合物であると思われるため、線維軟骨細胞と呼ばれます.111,177半月板のより表面的な層の細胞は、紡錘形または紡錘形(線維芽細胞様)であり、一方、メニスカスは卵形または多角形(より軟骨細胞性)である.55,56,178細胞形態は、メニスカスの末梢および中枢の位置で異ならない.56

両方の細胞タイプは、豊富な小胞体およびゴルジ複合体を含む。 ミトコンドリアは時折のみ視覚化され、無血管環境における線維軟骨細胞のエネルギー産生の主要な経路はおそらく嫌気的解糖であることを示唆している.112


正常な健康な半月板では、組織液は総重量の65%〜70%を表す。 大部分の水は、プロテオグリカンの溶媒ドメイン中の組織内に保持される。 半月板組織の水分含量は、後部領域では中央領域または前部領域よりも高く、 表面および深層からの組織サンプルは同様の含量を有した.135

半月板組織を通る流体流を強制する摩擦抵抗の抵抗を克服するには、大きな油圧圧力が必要である。 したがって、水とマトリックス高分子骨格との間の相互作用は、組織の粘弾性に大きく影響する。

コラゲンス

コラーゲンは、主にメニスカスの引張強さに関与する。 それらは、ECM.75の乾燥重量の77%に寄与する.ECMは、II型、III型、V型およびVI.90の可変量を有する主としてI型コラーゲン(43,44,80,112,181%乾燥重量)から構成される.I型の優性コラーゲンは、半月板の線維軟骨を関節軟骨(硝子)軟骨と区別する。 コラーゲンは、 ヒドロキシルピリジニウム アルデヒド.44

コラーゲン繊維の配列は、垂直方向の圧縮荷重を円周の「フープ」応力に伝達するのに理想的です(図3).57タイプIコラーゲン繊維は、周縁部に平行なメニスカスのより深い層で円周方向に配向しています。 これらの繊維は、半月板の角の靱帯を脛骨関節面に結びつけています(図3).10,27,49,156半月板の最も浅い領域では、I型繊維はより径方向に配向しています。 半径方向に配向した「タイ」繊維もまた、深部ゾーンに存在し、構造的完全性を提供するために円周繊維の間に散在または織り込まれている(図3)。 is ヒトメニスカンのECMにおける脂質残渣および石灰化体54石灰化体には、電子プローブレントゲン分析によるリン、カルシウム、マグネシウムの細長い結晶が含まれています.54これらの結晶の機能 in 完全には理解されていないが、それらは急性関節炎症および破壊的関節症において役割を果たす可能性があると考えられている。

フィブロネクチンなどの非コラーゲンマトリックスタンパク質は、有機乾燥重量の8%に13%を与えます。 フィブロネクチンは、組織修復、胚発生、血液凝固、および細胞遊走/接着を含む多くの細胞プロセスに関与する。 エラスチンはメニスカス乾燥重量の0.6%未満を形成する。 その超微細構造の局在化は明らかではない。 コラーゲンと直接作用して組織に弾力性を与える可能性があります。**

プロテオグリカン

コラーゲン線維の細かい網の中にあるプロテオグリカンは、負に荷電した大きな親水性分子であり、乾燥重量の1%に2%を与えます.58 1以上の共有結合したグリコサミノグリカン鎖を持つコアタンパク質(図4).122これらの分子のサイズは、ヒアルロン酸との特異的相互作用によってさらに増加する.67,72メニスカス中のプロテオグリカンの量は、関節軟骨の2,3の8分の1であり、サンプルの部位および年齢によってかなり異なる患者.49

ECM中のプロテオグリカンは、その特殊な構造、高い固定電荷密度、電荷充電反発力により、水分補給の原因となり、組織に圧縮負荷に耐える高い能力を与えます。•正常な成人のグリコサミノグリカンプロファイルメニスカスは、コンドロイチン-6硫酸塩(40%)、コンドロイチン4硫酸塩(10%〜20%)、デルマタン硫酸(20%〜30%)、およびケラチン硫酸塩(15%;図4).65,77,99,159グリコサミノグリカンの濃度は、半月板の角および一次肥大領域の半月板の内側半分に認められる.58,77

アグリカンは、ヒトメニスカスで見出される主要なプロテオグリカンであり、粘弾性圧縮特性に大きく関与している(図5)。 デコリン、ビグリカンおよびフィブロモジュリンのようなより小さいプロテオグリカンは、より少ない量で見出される.124,151ヘキソサミンは、ECM.1の乾燥重量に対して57,74%を与える。メニスカス上のこれらの小プロテオグリカンの正確な機能は、完全に解明されていない。

マトリックス糖タンパク質

半月板軟骨は、ある範囲のマトリックス糖タンパク質を含有し、アイデンティティ その機能はまだ決定されていない。 電気泳動およびその後のポリアクリルアミドゲルの染色 明らかに これらのマトリックス分子は、プロテオグリカン - ヒアルロン酸凝集体を安定化させる結合タンパク質および未知の機能を有する200-kDaタンパク質を含む。このタンパク質は、マトリックス中の形態で存在する。このタンパク質は、数キロダルトンから数十キロダルトンまでの分子量を有する。の ジスルフィド結合 分子量の高い複合体である.46免疫局在研究は、それが主に間質マトリックス中のコラーゲン束の周りに位置することを示唆している.47

接着性糖タンパク質は、マトリックス糖タンパク質のサブグループを構成する。 これらの巨大分子は、他のマトリックス分子および/または細胞との結合に部分的に関与する。 したがって、このような分子間接着分子は、メニスカスの細胞外分子の超分子構成において重要な成分である.150メニスカス内で3つの分子、VI型コラーゲン、フィブロネクチン、およびトロンボスポンジン.112,118,181

血管解剖学

メニスカスは、限られた末梢血供給を伴う比較的無血管の構造である。 内側、外側、および中位の細動脈(どの分枝 オフ (図5).9,12,33-35,148中胚葉動脈は、脛骨大腿骨関節の後縁の斜膝窩靭帯を穿孔する小さな後枝である。膝窩動脈は、各半月板の下位および上位の側面に主要な血管形成をもたらす。 A premeniscal これらの動脈の枝から生じる毛細血管網は、半月板の周辺に沿った膝の滑膜および莢膜組織内に生じる。 内側メニスカス境界の周辺10%〜30%および外側メニスカスの10%〜25%は比較的良好に血管新生しており、メニスカスの治癒に重要な意味を有する(図6).12,33,68前角および後角からの内顆粒血管は、 33各半月板の残りの部分(65%〜75%)は、拡散または機械的ポンピング(すなわち、関節運動)を介して滑液から栄養を受け取り、栄養物の直接的経路を提供する。 .116,120

Bird and Sweetは、走査型電子顕微鏡と光学顕微鏡を用いて、動物と人間の半月板を調べました.23,24彼らは、半月板の表面に深く入っている管状構造を観察しました。 これらの管は、半月板内の流体の輸送において役割を果たすことがあり、滑液および血管から半月板の無血管部分への栄養素を運ぶ可能性がある.23,24しかし、機械的運動供給メニスカスの無血管部分への栄養。

神経解剖学

膝関節は、後脛骨神経の後部関節枝および閉鎖筋および大腿神経の末端枝によって神経支配される。 カプセルの外側部分は、共通の腓骨神経の反復腓骨枝によって神経支配される。 これらの神経線維は、カプセルに浸透し、メニスカスの末梢部および前部および後部ホーンへの血管供給に続き、神経線維のほとんどが濃縮される。メニスカスの体の外側3分の1は、 52,90膝の屈曲および伸展の極端な時に、半月板の角が強調され、求心性の入力は、これらの極端な位置で最大である可能性が高い.183,184

メニスカス内の機械受容体は、張力および圧縮の物理的刺激を特定の電気的神経インパルスに変換するトランスデューサとして機能する。 ヒトメニスカスの研究では、3の形態学的に異なる機械受容体であるRuffiniエンディング、Pacinian corpuscles、ゴルジ腱の器官が同定されている。Type I(Ruffini)のメカニカルレセプターは、閾値が低く、関節の変形や圧力の変化にゆっくりと適応する。 タイプIII(ゴルジ)は、膝関節が末端運動範囲に近づき、神経筋抑制に関連するときに信号を送る、高閾値機械受容体である。 これらの神経要素は、半月板の角、特に後角の中に集中して見出された。

大腿骨、脛骨、膝蓋骨、大腿骨に沿って負荷を受け入れ、移動し、散逸させる一種の生物学的伝達として、膝の非対称構成要素が協調して働きます.41靭帯は可動軸受けを代表するメニスカスと適応的リンケージとして機能します。 いくつかの研究では、膝の様々な関節内構成要素が感覚的であり、脊髄、小脳、およびより高い中枢神経系レベルに達する神経感覚シグナルを生成することができることが報告されている」。これらの神経感覚シグナルは意識的知覚をもたらし、正常な膝関節機能および組織ホメオスタシスの維持のために使用される.42

Dr Jimenez White Coat

半月板は、膝に構造的かつ機能的な完全性をもたらす軟骨である。 メニスカスは、脛骨の間に張力および捻転を受ける際に膝関節に摩擦を分散させる線維軟骨組織の2つのパッドである 骨、 または脛骨、および大腿骨、または大腿骨を含む。 膝関節の解剖学および生体力学の理解は、膝の損傷および/または状態の理解に不可欠である。

Dr. Alex Jimenez DC、CCST Insight

生体力学的機能

メニスカスの生体力学的機能は、肉眼的および超微細構造の解剖学的構造ならびに周囲の関節内構造および関節外構造に対するその関係の反映である。 メニスカスは、多くの重要な生体力学的機能を果たす。 それらは荷重伝達、衝撃吸収、10,49,94,96,170安定性、51,100,101,109,155栄養、23,24,84,141関節潤滑、102-104,141および固有受容.5,15,81,88,115,147にも寄与します。接触応力を減少させ、接触面積と膝の合同性を向上させます.91,172

メニスカス運動学

靭帯機能に関する研究で、BrantiganとVoshellは、 平均 2 mmであったのに対し、側頭メニスカスは屈曲時に10 mm前後の25 mmであった。同様にDePalmaは、前後メニスカスが3 mm .9 37死体膝を用いた研究では、Thompsonらは、5 mm(前角および後角の平均)および5.1 mmの平均内反動を報告し、 沿って 脛骨関節面(図7).165これらの研究から得られた知見は、内側および外側の半月板間の部分運動の有意差を確認する。 前方および後方ホーンの外側メニスカス比はより小さく、メニスカスが単一の単位としてより多く移動することを示す.165あるいは、内側メニスカス(全体として)は、外側メニスカスよりも小さく動いて、より大きな前側から後角差動を示す。 Thompsonらは、少なくとも半月板運動の領域は後頭部角であり、半月板は脛骨プラトーへのその取り付けによって拘束されている 半相麻痺 143,165内側半月板の後角の動きの減少は、半月板裂傷の可能性のある機構であり、結果として、間に線維軟骨の「捕捉」が生じる大腿顆および脛骨プラトーの全屈曲中に起こる。 前方および後方ホーンエクスカーションの差が大きいほど、内側メニスカスがより大きな怪我の危険にさらされる可能性がある.165

前方ホーンと後方ホーンの動きの差は、メニスカスが屈曲とともに減少する半径をとることを可能にし、後方大腿骨顆の曲率半径の減少に相関する.165この半径の変化は、メニスカスが関節面との接触を維持することを可能にする。大腿骨と脛骨の両方が屈曲している。

ロードトランスミッション

メニスカスの機能は、その除去に伴う変性変化によって臨床的に推測されている。 フェアバンクは、完全にメニスカムを形成した膝の関節表面の増加した発生率および変性可能な変化を記述している.45この初期の研究以来、多数の研究がこれらの知見を確認し、メニスカスの重要な役割を保護的な耐荷重構造として確立した。

ウェイトベアリングは、メニスカスを圧縮​​する膝を横切る軸力を生成し、その結果、「フープ」(円周)応力を生じる.170フープ応力は、軸力として生成され、メニスカスの円周コラーゲン線維に沿った引張応力に変換される(図8)。 SeedhomとHargreavesによる94の研究では、側方区画の荷重の70%と内区画の荷重の50%が、腹腔内の負荷の153% menisci.50メニスカスは、85°屈曲での90%伝送で、後部ホーンを通る圧縮荷重の172%を伝達します.137 Radinらは、メニスカスが損なわれていない場合、これらの荷重が良好に分布することを実証しました.50しかし、大腿顆の接触面積が70%減少し、接触応力が100%増加する.4,50,91総横メニスカドミーは、40%〜50%の接触面積の減少をもたらし、 normal.200の300%〜18,50,76,91%これは、単位面積あたりの負荷を大幅に増加させ、関節軟骨の加速に寄与する可能性があります 損傷と退化.45,85

衝撃吸収

メニスカスは、膝の衝動負荷によって発生する断続的な衝撃波を減衰させるのに不可欠な役割を果たす 通常の gait.94,96,153 VoloshinとWoskは、正常な膝はメニスカム切除を受けた膝よりも20%高いショック吸収能力を有することを示した.170関節系がショックを吸収できないことが変形性関節症の発症に関与していることから、膝関節の健康を維持する上で重要な役割を果たすようである.138

共同安定性

メニスカスの幾何学的構造は、関節の一致と安定性を維持する上で重要な役割を果たします。##各半月板の上面は凹面であり、凸大腿骨顆と平滑な脛骨プラトーとの間の効果的な関節接合を可能にする。 半月板が損傷していない場合、膝の軸方向荷重は多方向安定機能を有し、あらゆる方向の過剰運動を制限する.9

Markolfらは、メニスカム切除術の効果を、前後膝および膝の回転弛緩に対処しました。 ACL無傷の膝の内側メニスカム切除術は、前方 - 後方の動きにほとんど影響しないが、ACL欠損の膝では、屈曲の58oで90%までの前方 - 後方脛骨の並進が増加する.109 Shoemaker and Markolf内側半月板の後角は、ACL欠損膝の前脛骨力に抵抗する最も重要な構造であることを示した.155 Allenらは、ACL欠損膝の内側メニスカスの合力は、52% 197-N前脛骨負荷下での60°屈曲時の134%である.7 ACL欠損膝の内側半月板切除による運動学の大きな変化は、膝の安定性における内側メニスカスの重要な役割を確認する。 最近、Musahlらは、外側半月板が旋回シフト操作中に前側脛骨の並進に役割を果たすことを報告した.123

ジョイント栄養と潤滑

メニスカスは、膝関節の栄養および潤滑においても役割を果たすことができる。 この潤滑の仕組みは不明のままです。 メニスカスは滑液を関節軟骨に圧迫し、関節軟骨の中の摩擦力を減少させる 体重負荷.13

滑膜腔と連絡している、血管の近くに位置する半月板内の微小カニューレシステムがある。 これらは、栄養および関節潤滑のための流体輸送を提供し得る.23,24

固有感覚

関節運動および位置(固有受容)の知覚は、機械的変形を電気的神経信号に変換する機械受容体によって媒介される。 メカニック受容器は、半月板の前角および後角で同定されている*** Pacinian小体などの迅速適応機械受容器は、関節運動の感覚を媒介すると考えられており、Ruffiniエンディングやゴルジ腱などの緩徐適応レセプター臓器は、関節の位置の感覚を仲介すると信じられている.140これらの神経要素(半月板の中央と外側の3分の1に主に位置する)の同定は、半月板が膝関節における固有受容情報を検出することができることを示し、膝の感覚フィードバック機構における重要な求心性役割.61,88,90,158,169

メニスカスの成熟と老化

メニスカスの微細構造は複雑であり、確かに老化の変化を示している。 年齢が進むにつれて、半月板はより硬くなり、弾力性が失われ、黄色になる.78,95顕微鏡的には、空隙を有する細胞要素が徐々に失われ、弾性組織と比較して繊維組織が増加する.74これらの嚢胞領域は、大腿顆によるねじり力では、嚢胞性退行変化の界面でメニスカスの表層が深層から剪断され、水平方向の裂け目が生じる。 これらの層の間のせん断は痛みを引き起こす可能性があり 引き裂かれた半月板は、上の関節軟骨を直接傷つけることがある.74,95

GhoshとTaylorは、コラーゲン濃度が出生時から30年に増加し、80年齢まで一定であったが、その後減少が見られた.58非コラーゲンマトリックスタンパク質は、21.9%±1.0%(乾燥重量) 8.1年齢から0.8年齢の間の30%±70%までの新生児における80年齢の後、非コラーゲンマトリックスタンパク質レベルは70%±11.6%に増加した。 PetersおよびSmillieは、年齢とともにヘキソサミンおよびウロン酸の増加を観察した.1.3

McNicolとRoughleyは、老化113における半月板プロテオグリカンの変異を研究した。 抽出性および流体力学的サイズのわずかな差異が観察された。 コンドロイチン-6-硫酸塩に対するケラチン硫酸の割合は、老化とともに増加した.146

PetersenおよびTillmannは、22ヒト死体における血管およびリンパ管の分化を観察して、ヒト半月板(妊娠80週から20年まで)を免疫組織化学的に調べた。 出生時に、ほぼ半月板全体が血管新生した。 人生の2年目で、内周に無血管領域が発生しました。 第二十年では、血管は末梢の3分の1に存在していた。 50年齢の後、半月板基部の末梢四半分のみが血管新生した。 挿入の高密度結合組織は血管新生したが、挿入の線維軟骨組織ではなかった。 血管はすべての領域でリンパ管を伴った。†††

Arnoczkyは、体重と膝関節運動がメニスカスの内側と中間の側面で血管を排除する可能性があることを示唆しました.9半月板組織の栄養は、血管からの灌流および滑液からの拡散を介して起こります。 拡散による栄養の必要条件は、体重と筋肉の力によって強調される関節表面の間欠的な負荷と解放である.130この機構は関節軟骨の栄養と同等である.22

メニスカスの磁気共鳴イメージング

磁気共鳴イメージング(MRI)は、半月板の評価、診断、およびモニタリングに使用される非侵襲的診断ツールである。 優れた軟部組織のコントラストのため、MRIは最適なイメージングモダリティとして広く受け入れられています。

横断面MRIでは、正常メニスカスは均一な低信号(暗い)三角構造(図9)として現れる。 半月板の裂傷は、増加した 授乳中 この構造の表面に及ぶ信号である。

半月板裂傷に対するMRIの臨床的有用性を評価したいくつかの研究がある。 一般に、MRIは高感度であり、半月板の涙に特異的である。 70%から98%までの74%から98%までの半月板裂傷を検出する際のMRIの感度は、48,62,105,107,117%から1014%までです.89関節鏡検査前の88患者のMRIは、内側メニスカスの病変について48% 2000%88 94患者のMRIおよび関節鏡検査のメタアナリシスにより、半月板の裂傷に対する105,107%の感度およびXNUMX%の精度が得られました.XNUMX

66患者の561診断における矛盾と12の86患者の研究では、MRIとMRIとの間に差異があることが報告されています。 92(22%)症例の349で関節鏡検査が行われました.6 Millerは、106膝検査で臨床検査とMRIを比較した、単一盲検の前向き研究を実施しました.57臨床検査とMRI(117 %および80.7%)。 Shepardらは、73.7連続膝MRI947における半月板の前角の臨床的に有意な病変を検出する際のMRIの正確性を評価し、154%の偽陽性率を見出した。 前角における信号強度の増加は、必ずしも臨床的に有意な病変を示すとは限らない.74

結論

膝関節のメニスカスは、大腿骨関節への安定性を高める、三日月形の線維軟骨のくさび形であり、 軸方向の 荷重を吸収し、ショックを吸収し、膝関節に潤滑を提供する。 メニスカスに対する傷害は、重大な筋骨格罹患の原因として認識されている。 メニスカスの保存は、その独特の組成および組織を維持することに大きく依存する。

謝辞

Ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3435920/

脚注

Ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3435920/

結論として、膝は人体の中で最も大きく複雑な関節です。 しかし、膝は一般に傷害および/または状態の結果として損傷を受けることがあるので、患者が適切な治療を受けるためには膝関節の解剖学的構造を理解することが不可欠である。 私たちの情報の範囲は、カイロプラクティックと脊髄の健康問題に限られています。 主題について話し合うには、ジェメネス博士にお気軽にお問い合わせください。 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

1。 Adams ME、Hukins DWL。 メニスカスの細胞外マトリックス。 In:Mow VC、Arnoczky SP、Jackson DW、編集者。 eds。 膝半月板:基本的および臨床的基礎。 ニューヨーク、NY:Raven Press; 1992:15-282016
2。 アダムス、マクデビット、CA、ホーA、ミュアH.半月板からの高浮遊密度のプロテオグリカンの単離と特徴付け。 J Bone Joint Surg Am。 1986; 68:55 [PubMed]
3。 Adams ME、Muir H.イヌメニスカスのグリコサミノグリカン。 Biochem J.1981; 197:385-389 [PMC自由記事] [PubMed]
4。 Ahmed AM、Burke DL。 滑膜関節における静圧分布のインビトロ測定:第1部膝の脛骨表面 J Biomech Eng。 1983; 185:290 [PubMed]
5。 Akgun U、Kogaoglu B、Orhan EK、Baslo MB、Karahan M.内側半月板と半膜筋の間の可能な反射経路:ウサギの実験的研究。 膝SurgスポーツTraumatol Arthrosc。 2008; 16(9):809-814 [PubMed]
6。 Alberts B、Johnson A、Lewis J、Raff M、Roberts K、Walter P.細胞の分子生物学。 4th ed。 Bethesda、MD:国立バイオテクノロジー情報センター 2002
7。 Allen CR、Wong EK、Livesay GA、Sakane M、Fu FH、Woo SL。 前十字靭帯欠損膝の内側メニスカスの重要性。 J Orthop Res。 2000; 18(1):109-115 [PubMed]
8。 Arnoczky SP。 メニスカスの構築:生物学的考察。 Clin Orthop Relat Res。 1999:367-244 [PubMed]
9。 Arnoczky SP。 メニスカスの肉眼的および血管的解剖学および半月板治癒、再生およびリモデリングにおけるその役割。 In:Mow VC、Arnoczky SP、Jackson DW、編集者。 、eds。 膝半月板:基本的および臨床的基礎。 ニューヨーク、NY:Raven Press; 1992:1-14
10。 Arnoczky SP、Adams ME、DeHaven KE、Eyre DR、Mow VC。 メニスカス。 In:Woo SL-Y、Buckwalter J、編集者。 、eds。 筋骨格軟部組織の損傷および修復。 パークリッジ、IL:整形外科医のアメリカのアカデミー; 1987:487-537
11。 Arnoczky SP、Warren RF。 十字靭帯の解剖学。 In:Feagin JA、編集者 、ed。 重大な靭帯。 ニューヨーク、ニューヨーク:Churchill Livingstone; 1988:179-195
12。 Arnoczky SP、Warren RF。 ヒト半月板の微小血管系。 Am J Sports Med。 1982; 10:90 [PubMed]
13。 Arnoczky SP、Warren RF、Spivak JM。 外因性フィブリン凝塊を用いた半月板修復:イヌの実験的研究。 J Bone Joint Surg Am。 1988; 70:1209 [PubMed]
14。 Aspden RM、Yarker YE、Hukins DWL。 膝関節の半月板におけるコラーゲン配向。 J Anat。 1985; 140:371。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
15。 Assimakopoulos AP、Katonis PG、Agapitos MV、Exarchou EI。 人間の半月板の中枢。 Clin Orthop Relat Res。 1992; 275:232 [PubMed]
16。 Atencia LJ、McDevitt CA、Nile WB、Sokoloff L.未熟な犬の軟骨内容。 Tissue Resを接続します。 1989; 18:235 [PubMed]
17。 Athanasiou KA、Sanchez-Adams J. Engineeringの膝半月板。 San Rafael、CA:Morgan&Claypool Publishers; 2009
18。 男性の涙、関節内の接触部位およびヒトの膝のストレスに対するメニエスコムミーおよび修復の効果。 予備的な報告書。 Am J Sports Med。 1986; 14:270 [PubMed]
19。 Barrack RL、Skinner HB、Buckley SL。 前十字欠損膝の固有感覚誘発 Am J Sports Med。 1989; 17:1 [PubMed]
20。 Beaufils P、Verdonk R、編集者。 、eds。 メニスカス。 ハイデルベルク、ドイツ:Springer-Verlag; 2010
21。 Beaupre A、Choukroun R、Guidouin R、Carneau R、Gerardin H. Knee menisci:微細構造と生体力学の相関。 Clin Orthop Relat Res。 1986; 208:72 [PubMed]
22。 Benninghoff A. Form und und Gelenkknorpelは、ファンキーである。 エルステイ・メイシリン:モデル・エンデンデン・アンド・フォルメントゥン・ファクトリー・アンド・ノール・ペリレーフス Z Anat Entwickl Gesch。 1925; 76:4263
23。 バードMDT、スウィートMBE 半月板のメニスカス:簡単な報告。 J Bone Joint Surg Br。 1988; 70:839。 [PubMed]
24。 バードMDT、スウィートMBE 半月板の水路のシステム。 Ann Rheum Dis。 1987:46:670 [PMCフリー記事] [PubMed]
25。 Brantigan OC、Voshell AF。 膝関節の靱帯および半月板の機構。 J Bone Joint Surg Am。 1941; 23:44-66
26。 Brindle T、Nyland J、Johnson DL。 メニスカス:手術とリハビリテーションへの応用に関する基本原則のレビュー。 J Athl Train。 2001; 32(2):160-169 [PMC自由記事] [PubMed]
27。 Bullough PG、Munuera L、Murphy J、et al。 膝のメニスカスの強さは、その微細構造に関係しています。 J Bone Joint Surg Br。 1979; 52:564 [PubMed]
28。 Bullough PG、Vosburgh F、Arnoczky SP、et al。 膝の半月板 In:Insall JN、エディタ。 、ed。 膝の手術。 ニューヨーク、ニューヨーク:Churchill Livingstone; 1984:135-149
29。 Burr DB、Radin EL。 遅い内側コンパートメント骨関節症の予防における半月板機能および半月板再生の重要性。 Clin Orthop Relat Res。 1982; 171:121 [PubMed]
30。 Carney SL、Muir H.軟骨プロテオグリカンの構造と機能。 Physiol Rev. 1988; 68:858-910 [PubMed]
31。 Clark CR、Ogden JA。 人間の膝関節の半月板の発達。 J Bone Joint Surg Am。 1983; 65:530 [PubMed]
32。 クラークFJ、ホースKW、バッハSM、ラーソンGF。 人間の静的な膝位置感覚への皮膚受容器および関節受容器の寄与 J Neurophysiol。 1979; 42:877 [PubMed]
33。 Danzig L、Resnik D、Gonsalves M、Akeson WH。 人間の膝の正常および異常メニスカスへの血液供給。 Clin Orthop Relat Res。 1983; 172:271 [PubMed]
34。 Davies D、Edwards D.ヒト半月板の血管および神経供給。 Am R Coll Surg Engl。 1948; 2:142-156
35。 Day B、Mackenzie WG、Shim SS、Leung G.ヒト半月板の血管および神経供給。 関節鏡検査。 1985; 1:58 [PubMed]
36。 DeHaven KE。 メニスツムミー対修復:臨床経験。 In:Mow VC、Arnoczky SP、Jackson DW、編集者。 、eds。 膝半月板:基本的および臨床的基礎。 ニューヨーク、NY:Raven Press; 1992:131-139
37。 デパルマAF。 膝の病気。 フィラデルフィア、PA:JB Lippincott Co; 1954
38。 De Smet AA、Graf BK。 MRイメージングで半月板の涙が見逃された:半月板の涙パターンと前十字靭帯の涙との関係。 AJR Am J Roentgenol。 1994; 162:905 [PubMed]
39。 De Smet AA、Norris MA、Yandow DR、et al。 膝の半月板の涙のMR診断:表面に広がる半月板の高信号の重要性。 AJR Am J Roentgenol。 1993; 161:101 [PubMed]
40。 色素SF。 人間の膝の機能的形態的特徴:進化的視点。 Clin Orthop Relat Res。 2003; 410:19 [PubMed]
41。 色素SF。 機能の包絡線を持つ生物学的伝達としての膝:理論。 Clin Orthop Relat Res。 1996; 325:10 [PubMed]
42。 Dye SF、Vaupel GL、Dye CC。 関節内麻酔を伴わない人間の膝の内部構造の意識的な神経感覚マッピング。 Am J Sports Med。 1998; 26(6):773-777 [PubMed]
43。 Eyre DR、Koob TJ、Chun LE。 メニスカスの生化学:コラーゲンタイプの独特なプロファイルおよび組成における部位依存性変異。 Orthop Trans。 1983; 8:56
44。 Eyre DR、Wu JJ。 線維軟骨のコラーゲン:ウシ半月板における特徴的な分子表現型。 FEBS Lett。 1983; 158:265。 [PubMed]
45。 フェアバンクTJ。 meniscectomy後の膝関節の変化 J Bone Joint Surg Br。 1948; 30:664 [PubMed]
46。 ファイフRS。 イヌメニスカスにおけるリンクタンパク質および116,000-ダルトンマトリックスタンパク質の同定。 Arch Biochem Biophys。 1985; 240:682。 [PubMed]
47。 Fife RS、Hook GL、Brandt KD。 軟骨における116,000ダルトンタンパク質のトポグラフィックローカライゼーション。 J Histochem Cytochem。 1985; 33:127。 [PubMed]
48。 Fischer SP、Fox JM、Del Pizzo W、et al。 膝の磁気共鳴イメージングによる診断の正確さ:1000人および14人の患者のマルチセンタ分析。 J Bone Joint Surg Am。 1991; 73:2 [PubMed]
49。 Fithian DC、Kelly MA、Mow VC。 メニスカスにおける材料特性および構造 - 機能関係。 Clin Orthop Relat Res。 1990; 252:19 [PubMed]
50。 Fukubayashi T、Kurosawa H.膝の接触面積と圧力分布パターン:正常および変形性関節症の膝関節の研究。 Acta Orthop Scand。 1980; 51:871 [PubMed]
51。 Fukubayashi T、Torzilli PA、Sherman MF、Warren RF。 膝の前後運動、脛骨変位回転およびトルクの生体内生体力学的解析。 J Bone Joint Surg Am。 1982; 64:258 [PubMed]
52。 ガードナーE.膝関節の支配。 Anat Rec。 1948; 101:109 [PubMed]
53。 Gardner E、O'Rahilly R.段階的ヒト胚における膝関節の初期発達。 J Anat。 1968:102:289 [PMCフリー記事] [PubMed]
54。 Ghadially FN、LaLonde JMA。 ヒト半月内軟骨における内膜性脂質残屑および石灰化胆汁。 J Anat。 1981; 132:481。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
55。 Ghadially FN、LaLonde JMA、ウェッジJH。 人間の膝関節の正常および破裂した半月板の超微細構造。 J Anat。 1983:136:773 [PMCフリー記事] [PubMed]
56。 Ghadially FN、Thomas I、Yong N、LaLonde JMA。 ウサギ半月軟骨の微細構造。 J Anat。 1978; 125:499。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
57。 Ghosh P、Ingman AM、Taylor TK。 骨関節炎および慢性関節リウマチに由来するメニスカスにおけるコラーゲン、非コラーゲン性タンパク質およびヘキソサミンの変異。 J Rheumatol。 1975; 2:100 [PubMed]
58。 Ghosh P、Taylor TKF。 膝関節半月板:いくつかの区別のfibacartilage。 Clin Orthop Relat Res。 1987; 224:52 [PubMed]
59。 Ghosh P、Taylor TKF、Pettit GD、Horsburgh BA、Bellenger CR。 膝関節半軟骨の再成長に対する術後固定の影響:実験的研究 J Orthop Res。 1983; 1:153。 [PubMed]
60。 灰色DJ、ガードナーE.人間の膝と上脛骨腓骨関節の胎内発達。 Am J Anat。 1950; 86:235 [PubMed]
61。 グレイJC。 人間の膝の半月板の神経および血管の解剖学。 J Orthop Sports Phys Ther。 1999; 29(1):23-30 [PubMed]
62。 Gray SD、Kaplan PA、Dussault RG。 膝のイメージング:現在の状態。 Orthop Clin North Am。 1997; 28:643 [PubMed]
63。 Greis PE、Bardana DD、Holmstrom MC、Burks RT。 Meniscal損傷:I.基本的な科学と評価。 J Am Acad Orthop Surg。 2002; 10:168 [PubMed]
64。 Gronblad M、Korkala O、Liesi P、Karaharju E.滑膜およびメニスカスの内在。 Acta Orthop Scand。 1985; 56:484 [PubMed]
65。 Habuchi H、Yamagata T、Iwata H、Suzuki S.繊維状軟骨におけるデルマタン硫酸 - コンドロイチン硫酸共重合体の多種多様の発生。 J Biol Chem。 1973; 248:6019 [PubMed]
66。 ヘインズRW。 四肢の膝関節。 J Anat。 1942:76:270 [PMCフリー記事] [PubMed]
67。 Hardingham TE、Muir H.ヒアルロン酸のオリゴ糖のプロテオグリカンへの結合。 Biochem J.1973; 135(4):905-908 [PMC自由記事] [PubMed]
68。 Harner CD、Janaushek MA、Kanamori A、Yagi AKM、Vogrin TM、Woo SL。 二重バンドル後十字靱帯再構成の生体力学的解析 Am J Sports Med。 2000; 28:144 [PubMed]
69。 Harner CD、Kusayama T、Carlin G、et al。 ヒト後十字靱帯および半大腿靱帯の構造的および機械的特性。 In:40th整形外科学会年次総会の取りまとめ; 1992
70。 Harner CD、Livesgay GA、Choi NY、et al。 ヒト前十字靭帯のサイズと形状の評価:比較研究。 Trans Orthop Res Soc。 1992; 17:123
71。 Hascall VC。 軟骨プロテオグリカンとヒアルロン酸との相互作用。 J Supramol Struct。 1977; 7:101 [PubMed]
72。 Hascall VC、HeinegårdD.軟骨プロテオグリカンの凝集:I.ヒアルロン酸の役割。 J Biol Chem。 1974; 249(13):4205-4256 [PubMed]
73。 Heinegard D、Oldberg A.軟骨および骨マトリクス非コラーゲン性高分子の構造および生物学。 FASEB J. 1989; 3:2042-2051 [PubMed]
74。 Helfet AJ。 膝の変形性関節症および早期逮捕。 Instrコースレクト 1971; 20:219-230
75。 Heller L、Langman J.人間の膝の半大腿靱帯。 J Bone Joing Surg Br。 1964; 46:307 [PubMed]
76。 ヘニングCE、リンチMA、クラークJR。 半月板修復の治癒のための血管性。 関節鏡検査。 1987; 3:13 [PubMed]
77。 Herwig J、Egner E、Buddecke E.変性の様々な段階におけるヒト膝関節メニスカスの化学変化。 Ann Rheum Dis。 1984:43:635 [PMCフリー記事] [PubMed]
78。 HöpkerWW、Angres G、Klingel K、Komitowksi D、Schuchardt E.ヒト半月板におけるエラスチンコンパートメントの変化。 Virchows Arch A Pathol Anat Histopathol。 1986; 408:575 [PubMed]
79。 ハンフリーGM。 ジョイントを含む人間の骨格に関する一考察ジョイントを含む人間の骨格に関する一考察。 ケンブリッジ、イギリス:マクミラン; 1858:545-546
80。 Ingman AM、Ghosh P、Taylor TKF。 年齢および変性を伴うヒト膝関節メニスカスのコラーゲン性および非コラーゲン性タンパク質の変異。 Gerontologia。 1974; 20:212 [PubMed]
81。 Jerosch J、Prymka M、Castro WH。 内側半月板の病変を伴う膝関節の自発的誘発。 Acta Orthop Belg。 1996; 62(1):41-45 [PubMed]
82。 ジョンソンDL、スウェンソンTD、ハーナーCD。 関節鏡下半月板移植:解剖学的および技術的考察。 第19回アメリカ整形外科学会スポーツ医学会 7月12-14、1993; サンバレー、ID
83。 Johnson DL、Swenson TM、Livesay GA、Aizawa H、Fu FH、Harner CD。 ヒト半月板の挿入部位の解剖学的構造:半月板移植の基礎としての肉眼的、関節鏡的および地形的解剖学。 関節鏡検査。 1995; 11:386 [PubMed]
84。 ジョンソンRJ、教皇MH。 メニスカスの機能的解剖学。 In:米国整形外科学会の膝の再建に関するシンポジウム。 St Louis、MO:Mosby; 1978:3
85。 Jones RE、Smith EC、Reisch JS。 40歳以上の患者における内科的メニスカム切除術の効果。 J Bone Joint Surg Am。 1978; 60:783 [PubMed]
86。 Justice WW、Quinn SF。 膝の半月板のMRイメージング評価におけるエラーパターン。 放射線科。 1995; 196:617 [PubMed]
87。 カプランEB。 膝関節の半月板の発生学。 Bull Hosp Joint Dis。 1955; 6:111 [PubMed]
88。 カラハンM、コカオグルB、カブコグルC、Akgun U、ヌランR.膝の固有受容機能に対する部分内半月板切除術の効果。 アーチOrthop Trauma Surg。 2010; 130:427 [PubMed]
89。 Kempson GE、Tuke MA、Dingle JT、Barrett AJ、Horsfield PH。 成人ヒト関節軟骨の機械的性質に及ぼすタンパク質分解酵素の影響。 Biochim Biophys Acta。 1976; 428(3):741-760 [PubMed]
90。 ケネディJC、アレキサンダーIJ、ヘイズKC。 人間の膝の神経供給とその機能的重要性。 Am J Sports Med。 1982; 10:329 [PubMed]
91。 Kettelkamp DB、Jacobs AW。 脛骨大腿部の接触面積:決定および影響。 J Bone Joint Surg Am。 1972; 54:349 [PubMed]
92。 キングD.半月軟骨の機能。 J Bone Joint Surg Br。 1936; 18:1069-1076
93。 Kohn D、Moreno B.メニスカス置換の基礎としてのメニスカス挿入解剖学:形態学的死体研究。 関節鏡検査。 1995; 11:96 [PubMed]
94。 Krause WR、Pope MH、Johnson RJ、Wilder DG。 meniscectomy後の膝の機械的変化。 J Bone Joint Surg Am。 1976; 58:599 [PubMed]
95。 Kulkarni VV、Chand K.老化メニスカスの病理解剖。 Acta Orthop Scand。 1975; 46:135 [PubMed]
96。 黒澤勇、福林康也、中島邦彦H.膝関節の負荷モード:メニスカス有り無しの膝関節の物理的挙動。 Clin Orthop Relat Res。 1980; 149:283 [PubMed]
97。 LaPrade RF、Burnett QM、II、Veenstra MA、et al。 無症候性膝における異常磁気共鳴画像所見の有病率:症候性膝における関節鏡検査所見との磁気共鳴画像法の相関性。 Am J Sports Med。 1994; 22:739 [PubMed]
98。 最後のRJ。 膝関節のいくつかの解剖学的詳細。 J Bone Joint Surg Br。 1948; 30:368 [PubMed]
99。 Lehtonen A、Viljanto J、KärkkäinenJ.ヘルニア化されたヒト椎間板および半月軟骨のムコ多糖類。 Acta Chir Scand。 1967; 133(4):303-306 [PubMed]
100。 Levy IM、Torzilli PA、Warren RF。 膝の動きに対する側頭部半月板切除術の効果。 J Bone Joint Surg Am。 1989; 71:401 [PubMed]
101。 Levy IM、Torzilli PA、Warren RF。 膝の前後運動に及ぼす内側メニスカム切除術の効果。 J Bone Joint Surg Am。 1982; 64:883 [PubMed]
102。 MacConaill MA。 膝関節および下橈骨 - 尺骨の関節を中心とした関節内線維軟骨の機能。 J Anat。 1932:6:210 [PMCフリー記事] [PubMed]
103。 MacConaill MA。 骨と関節の動き:III。 滑液およびその助手。 J Bone Joint Surg Br。 1950; 32:244。 [PubMed]
104。 MacConaill MA。 滑り関節の力学に関する研究:II。 関節表面の変位と鞍状関節の意義。 Ir J Med Sci。 1946; 6:223 [PubMed]
105。 Mackenzie R、Dixon AK、Keene GS、et al。 膝の磁気共鳴イメージング:有効性の評価。 Clin Radiol。 1996; 41:245 [PubMed]
106。 マッケンジーR、キーンGS、ロマDJ、ディクソンAK。 膝磁気共鳴イメージングにおけるエラー:真または偽? Br J Radiol。 1995; 68:1045 [PubMed]
107。 Mackenzie R、Palmer CR、Lomas DJ、et al。 膝の磁気共鳴イメージング:診断性能試験。 Clin Radiol。 1996; 51:251 [PubMed]
108。 Markolf KL、Bargar WL、Shoemaker SC、Amstutz HC。 膝の不安定性における関節負荷の役割。 J Bone Joint Surg Am。 1981; 63:570 [PubMed]
109。 Markolf KL、Mensch JS、Amstutz HC。 膝の剛性および弛緩:支持構造の寄与。 J Bone Joint Surg Am。 1976; 58:583 [PubMed]
110。 McDermott LJ。 人間の膝関節の開発。 アーチサーグ。 1943; 46:705-719
111。 McDevitt CA、Miller RR、Sprindler KP。 メニスカスの細胞および細胞マトリックス相互作用。 In:Mow VC、Arnoczky SP、Jackson DW、編集者。 、eds。 膝半月板:基本的および臨床的基礎。 ニューヨーク、NY:Raven Press; 1992:29-36
112。 McDevitt CA、Webber RJ。 半月板軟骨の微細構造と生化学 Clin Orthop Relat Res。 1990; 252:8 [PubMed]
113。 McNicol D、Roughley PJ。 ヒト半月板からのプロテオグリカンの抽出および特徴付け。 Biochem J.1980; 185:705。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
114。 メルケルKHH。 ヒト半月板の表面と加齢に伴う老化の変化:スキャンと透過電子顕微鏡検査(SEM、TEM)の組み合わせ。 アーチOrthop Trauma Surg。 1980; 97:185 [PubMed]
115。 Messner K、Gao J.膝関節のメニスカス:解剖学的および機能的特徴、および臨床的治療の根拠。 J Anat。 1998:193:161 [PMCフリー記事] [PubMed]
116。 Meyers E、Zhu W、Mow V.関節軟骨および半月板の粘弾性特性。 In:Nimni M、編集者 、ed。 コラーゲン:化学、生物学、バイオテクノロジー ボカラトン、フロリダ州:CRC; 1988
117。 ミラーGK。 半月板裂傷の臨床診断の精度を磁気共鳴映像法と比較し、臨床転帰に及ぼす影響についての前向き研究。 関節鏡検査。 1996; 12:406 [PubMed]
118。 Miller GK、McDevitt CA。 靱帯、半月板および椎間板におけるトロンボスポンジンの存在。 糖結合体J.1988; 5:312
119。 Mossman DJ、Sargeant WAS。 絶滅した動物の足跡。 Sci Am。 1983; 250:78-79
120。 Mow V、Fithian D、Kelly M.関節軟骨およびメニスカス生体力学の基礎。 In:Ewing JW、編集者 、ed。 関節軟骨および膝関節機能:基礎科学および関節鏡検査。 ニューヨーク、NY:Raven Press; 1989:1-18
121。 Mow VC、Holmes MH、Lai WM。 流体輸送と機械的特性または関節軟骨:レビュー。 J Biomech。 1984; 17:377。 [PubMed]
122。 Muir H.ムコ多糖(グリコサミノグリカン)の構造と代謝、およびムコ多糖症の問題。 Am J Med。 1969; 47(5):673-690 [PubMed]
123。 Musahl V、Citak M、O'Loughlin PF、Choi D、Bedi A、Pearle AD。 前十字靭帯欠損膝の安定性に及ぼす内側メニスカムと外側メニスカムの効果。 Am J Sports Med。 2010; 38(8):1591-1597 [PubMed]
124。 Nakano T、Dodd CM、Scott PG。 ブタの膝半月板の異なる領域からのグリコサミノグリカンおよびプロテオグリカン。 J Orthop Res。 1997; 15:213 [PubMed]
125。 ニュートンRA。 反射性およびキネティクス応答に対する共同受容体寄与。 Phys Ther。 1982; 62:22 [PubMed]
126。 O'Connor BL。 その可能性のある重要性についてのコメントをともなう犬の膝半月板の組織学的構造。 Am J Anat。 1976; 147:407 [PubMed]
127。 O'Connor BL、McConnaughey JS。 膝の半月板の構造と神経支配、および半月板機能の "感覚的仮説"との関係。 Am J Anat。 1978; 153:431 [PubMed]
128。 Oretorp N、Gillquist J、Liljedahl 膝の非急性前胸部不安定性のための手術の長期間の結果。 Acta Orthop Scand。 1979; 50:329 [PubMed]
129。 Pagnani MJ、Warren RF、Arnoczky SP、Wickiewicz TL。 膝の解剖学。 In:Nicholas JA、Hershman EB、編集者。 、eds。 スポーツ医学における下肢と脊椎。 2nd ed。 St Louis、MO:Mosby; 1995:581-614
130。 Pauwels F. [骨の機能的適応の発生効果]。 Anat Anz。 1976; 139:213 [PubMed]
131。 Peters TJ、Smillie IS。 膝関節の半月板の化学組成に関する研究(特に水平裂傷) Clin Orthop Relat Res。 1972; 86:245 [PubMed]
132。 Petersen W、Tillmann B.ヒト膝関節メニスカスのコラーゲン性フィブリル質感。 アナット胚芽(Berl)。 1998; 197:317 [PubMed]
133。 Poynton AR、Javadpour SM、Finegan PJ、O'Brien M.膝の半大腿靭帯。 J Bone Joint Surg Br。 1997; 79:327 [PubMed]
134。 Preuschoft H、Tardieu C.ホモノイドにおける膝関節および遠位骨端縫合の発散形態に関する生体力学的理由。 Folia Primatol(バーゼル)。 1996; 66:82 [PubMed]
135。 Proctor CS、Schmidt MB、Whipple RR、Kelly MA、Mow VC。 正常な内側ウシ半月板の材料特性。 J Orthop Res。 1989; 7:771 [PubMed]
136。 Proske U、Schaible H、Schmidt RF。 関節リセプターと運動感覚。 Exp Brain Res。 1988; 72:219 [PubMed]
137。 Radin EL、de Lamotte F、Maquet P.膝のストレス分布におけるメニスカスの役割。 Clin Orthop Relat Res。 1984; 185:290 [PubMed]
138。 Radin EL、Rose RM。 軟骨損傷の開始および進行における軟骨下骨の役割。 Clin Orthop Relat Res。 1986; 213:34 [PubMed]
139。 Raszeja F. Untersuchungen Bber Entstehung und Bene des Kniegelenkmeniskus。 Bruns Beitr Klin Chir。 1938; 167:371-387
140。 Reider B、Arcand MA、Diehl LH、et al。 前十字靱帯再建の前後の膝の固有受容。 関節鏡検査。 2003; 19(1):2-12 [PubMed]
141。 Renstrom P、Johnson RJ。 半月板の解剖学および生体力学。 Clin Sports Med。 1990; 9:523 [PubMed]
142。 Retterer E. De la forme et des connexionsは、線維軟骨連鎖球菌および軟骨軟骨細胞を提供する。 Cr Soc Biol。 1907; 63:20-25
143。 Ricklin P、Ruttimann A、Del Bouno MS。 診断、示差的診断および治療。 2nd ed。 シュツットガルト、ドイツ:Verlag Georg Thieme; 1983
144。 Rodkey WG。 半月板の基本的な生物学と怪我に対する応答。 In:Price CT、エディタ。 、ed。 インストラクショナルコース講座2000。 Rosemont、イリノイ:整形外科医のアメリカのアカデミー; 2000:189-193 [PubMed]
145。 ローゼンバーグLC、Buckwalter JA、Coutts R、Hunziker E、Mow VC。 関節軟骨。 In:Woo SLY、Buckwalter JA、編集者。 、eds。 筋骨格軟部組織の損傷および修復。 パークリッジ、IL:整形外科医のアメリカのアカデミー; 1988:401
146。 Roughley PJ。 老化中の軟骨プロテオグリカン構造の変化:起源と効果:レビュー。 エージェントアクション。 1986; 518:19 [PubMed]
147。 Saygi B、Yildirim Y、Berker N、Ofluoglu D、Karadag-Saygi E、Karahan M.ヒトにおける内側メニスカスの神経感覚機能の評価。 関節鏡検査。 2005; 21(12):1468-1472 [PubMed]
148。 Scapinelli R.ヒトの膝関節の脈管構造に関する研究。 Acta Anat。 1968; 70:305 [PubMed]
149。 Schutte MJ、Dabezius EJ、Zimny ML、Happe LT。 人間の前十字靱帯の神経解剖学。 J Bone Joint Surg Am。 1987; 69:243 [PubMed]
150。 Scott JE。 インビトロおよび組織における細胞外マトリックスグリコサミノグリカンの超分子機構。 FASEB J. 1992; 6:2639-2645 [PubMed]
151。 Scott PG、Nakano T、Dodd CM。 ブタの膝半月板の異なる領域からの小さなプロテオグリカンの単離および特徴付け。 Biochim Biophys Acta。 1997; 1336:254 [PubMed]
152。 Seedhom BB。 メニスカスの耐力機能。 理学療法。 1976; 62(7):223。 [PubMed]
153。 Seedhom BB、Hargreaves DJ。 膝関節における負荷の伝達とメニスカスの役割:特にII。 実験結果、議論および結論。 Eng Med。 1979; 8:220-228
154。 Shepard MF、Hunter DM、Davies MR、Shapiro MS、Seeger LL。 磁気共鳴映像で診断された前角ホーメニュス涙の臨床的意義。 Am J Sports Med。 2002; 30(2):189-192 [PubMed]
155。 Shoemaker SC、Markolf KL。 負荷された前十字十字欠損膝の前後安定性における半月板の役割:部分切除と全切除の効果。 J Bone Joint Surg Am。 1986; 68(1):71-79 [PubMed]
156。 Skaags DL、Mow VC。 メニスカスにおける放射状タイ繊維の機能。 Trans Orthop Res Soc。 1990; 15:248
157。 スキナーHB、Barrack RL。 正常および病理学的膝関節における関節の位置感覚。 J Electromyogr Kinesiol。 1991; 1(3):180-190 [PubMed]
158。 スキナーHB、Barrack RL、Cook SD。 固有感覚における年齢関連の低下。 Clin Orthop Relat Res。 1984; 184:208 [PubMed]
159。 ソルハイムK.グリコサミノグリカン、ヒドロキシプロリン、カルシウム、およびリンが治癒骨折に含まれる。 Acta Univ Lund。 1965; 28:1-22
160。 Spilker RL、Donzelli PS。 応力ひずみ解析のためのメニスカスの2相有限要素モデル。 In:Mow VC、Arnoczky SP、Jackson DW、編集者。 、eds。 膝半月板:基本的および臨床的基礎。 ニューヨーク、NY:Raven Press; 1992:91-106
161。 Spilker RL、Donzelli PS、Mow VC。 メニスカスの横等方性二相性有限要素モデル。 Jバイオメカニクス。 1992; 25:1027 [PubMed]
162。 サットンJB。 靭帯:その自然と形態学。 2nd ed。 ロンドン:HKルイス; 1897
163。 Tardieu C.オントゲノジーとヒトおよびホミニダの化石における大腿 - 脛骨文字の系統発生:機能的影響および遺伝的決定。 Am J Phys Anthropol。 1999; 110:365 [PubMed]
164。 Tardieu C、Dupont JY。 大腿套管窩形成異常の起源:膝蓋大腿関節の解剖学的構造、進化および成長の比較。 Rev Chir Orthop Reparatriceの書籍(すべての書籍を見る) 2001; 87:373 [PubMed]
165。 Thompson WO、Thaete FL、Fu FH、Dye SF。 磁気共鳴イメージングの3次元再構成を用いた脛半月板ダイナミクス Am J Sports Med。 1991; 19:210 [PubMed]
166。 Tissakht M、Ahmed AM。 ヒト半月板材料の引張応力 - 歪み特性。 J Biomech。 1995; 28:411 [PubMed]
167。 Tobler T. Zur正常および病理学的組織学的検査。 アーチ・クリン・チャール 1933; 177:483-495
168。 Vallois H.は、霊長類の関節腔の慣用句を継承しています。 モントピーリア、フランス:L'Abeille; 1914
169。 Verdonk R、Aagaard H.正常半月板の機能および半月板切除の結果。 Scand J Med Sciスポーツ。 1999; 9(3):134-140 [PubMed]
170。 Voloshin AS、Wosk J. Shockのメニスカドマイズされた痛みのある膝の吸収:比較インビボ研究。 J Biomed Eng。 1983; 5:157 [PubMed]
171。 Wagner HJ。 メラネシアのメガネを守るために、 Z Mikrosk Anat Forsch。 1976; 90:302。 [PubMed]
172。 Walker PS、Erkman MJ。 膝の力伝達におけるメニスカスの役割。 Clin Orthop Relat Res。 1975; 109:184 [PubMed]
173。 Wan ACT、Felle P.メニスコ - 大腿靱帯。 Clin Anat。 1995; 8:323 [PubMed]
174。 Warren PJ、Olanlokun TK、Cobb AG、Bentley G.膝関節形成術後の誘発:人工装具の影響。 Clin Orthop Relat Res。 1993; 297:182 [PubMed]
175。 Warren RF、Arnoczky SP、Wickiewiez TL。 膝の解剖学。 In:Nicholas JA、Hershman EB、編集者。 、eds。 スポーツ医学における下肢と脊椎。 セントルイス:モスビー; 1986:657-694
176。 Watanabe AT、Carter BC、Teitelbaum GP、et al。 膝の磁気共鳴イメージングにおける一般的な落とし穴。 J Bone Joint Surg Am。 1989; 71:857 [PubMed]
177。 Webber RJ、Norby DP、Malemud CJ、Goldberg VM、Moskowitz RW。 器官培養におけるウサギ半月板からの新規合成プロテオグリカンのキャラクタリゼーション。 Biochem J.1984; 221(3):875-884 [PMC自由記事] [PubMed]
178。 Webber RJ、York JL、Vanderschildren JL、Hough AJ。 線維軟骨性膝関節半月板の創傷修復をアッセイするための器官培養モデル。 Am J Sports Med。 1989; 17:393 [PubMed]
179。 Wilson AS、Legg PG、McNeu JC。 人間の膝関節における内側メニスカスの支配に関する研究人工膝関節における内側メニスカスの支配に関する研究。 Anat Rec。 1969; 165:485 [PubMed]
180。 Wirth CJ。 半月板:構造、形態学および機能。 膝。 1996; 3:57-58
181。 Wu JJ、Eyre DR、Slayter HS。 椎間板のVI型コラーゲン:天然タンパク質の生化学的および電子顕微鏡的特徴付け。 Biochem J.1987; 248:373。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
182。 Yasui K.正常なヒトメニスカスの三次元構造。 J Jpn Ortho Assoc。 1978; 52:391
183。 ジミーML。 関節組織におけるメカノレセプター。 Am J Anat。 1988; 64:883-888
184。 Zimny ML、Albright DJ、Dabezies E.ヒトメニスカスにおけるメカノレセプター。 Acta Anat。 1988; 133:35 [PubMed]
185。 Zivanovic S. Menisco - 人間の膝関節の半月板靭帯。 Anat Anz。 1974; 145:35 [PubMed]

グリーン電話ボタンH.png

追加の話題:外科手術なしの膝痛の緩和

膝の痛みは、様々な膝の損傷および/または状態のために起こり得るよく知られた症状であり、 スポーツ傷害。 膝は、4本の骨、4本の靭帯、様々な腱、2つの半月板、および軟骨の交差部から構成されているため、人体内で最も複雑な関節の1つです。 家族医のアメリカンアカデミーによると、膝の痛みの最も一般的な原因には、膝蓋亜脱臼、膝蓋腱炎または膝の膝、およびオズグッド - シュラッター病が含まれる。 膝の痛みは60歳以上の人々に最も発生する可能性がありますが、膝の痛みは小児および青年にも起こります。 膝の痛みはRICEの方法に従って自宅で治療することができますが、重度の膝の怪我はカイロプラクティックケアを含む即時の医療を必要とすることがあります。

漫画紙の少年のブログの画像

エキストラエキストラ| 重要なトピック:テキサス州エルパソ、カイロプラクティック推奨