テキサス州エルパソの慢性疼痛管理のための心理療法
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

テキサス州エルパソの慢性疼痛管理のための心理療法

心理療法は、 心理療法個人の思考方法を変えるだけでなく、自分の対処スキルを向上させて、ストレスに的確に対処する方法を学ぶための心理的方法の使用を指しています。 心理療法は、慢性疼痛の多分野管理の一部として広く利用されてきた。 一般的な心理療法には、認知行動療法、マインドフルネスに基づくストレス軽減、さらにはカイロプラクティックケアが含まれます。 病気や病気に関連する心と身体との関係は、多くの研究研究で長い間議論されてきました。

エビデンスベースの調査研究では、精神療法とマインドフルネス介入の使用による適切なストレス管理が慢性疼痛の患者に効果的に役立つことが示されています。 例として、カイロプラクティックケアは、脊椎の不整列または亜脱臼を修正することによって、ストレス、不安およびうつ病を安全かつ効果的に軽減するのに役立ちます。 バランスの取れた背骨は、気分や精神的健康を改善することができます。 カイロプラクティックケアは、栄養アドバイス、身体活動および運動推奨などのライフスタイルの変更を含み、より良い睡眠習慣を促進し、治療の利益をさらに高めることができる。 次の記事の目的は、心理療法が慢性疼痛の管理にどのように影響するかを実証することです。

ジメネズ博士は患者の背中で働く

慢性疼痛の管理のための心理療法

抽象

痛みは、機能のほとんどの側面に重大な挑戦を提示し、特に慢性的な形態で、実質的な身体的、心理的、職業的、および財政的費用に寄与する複雑なストレス要因である。 医学的介入はしばしば痛みを完全に解決できないため、心理的介入を含む慢性疼痛に対する管理アプローチが必要である。 慢性疼痛の精神療法は、主に痛みそのものの解決に焦点を当てるのではなく、身体的、感情的、社会的、職業的機能の改善を目標としています。 しかし、慢性疼痛の心理療法は、その範囲、期間、および目標が異なり、したがって異なる治療効果のパターンを示す。 これらの治療法は、オペラント行動療法、認知行動療法、マインドフルネスに基づく療法、受容およびコミットメント療法の4つのカテゴリーに分類される。 現在の記事では、これらのアプローチの理論的な独特性、治療標的、有効性、ならびに治療応答および疼痛関連の機能不全および苦痛をもたらすメカニズムおよび個体差異について検討する。 将来の研究への示唆、治療の普及、心理学的原則と他の治療法との統合についても議論されている。

キーワード: 疼痛管理、多分野疼痛治療、心理療法

Dr Jimenez White Coat

アレックス・ヒメネスの洞察

カイロプラクティックケアは、筋骨格系および神経系に関連する傷害および/または状態を治療するための脊椎調節および手動操作を利用する代替治療選択肢である。 カイロプラクティック治療は主に脊髄の健康に重点を置いていますが、背骨が神経系の根元であるため、カイロプラクティックケアは精神的健康問題のさまざまな治療に効果的に使用できます。 私は、カイロプラクターとして、単一の傷害および/または状態の症状を治療するのではなく、身体全体に集中するようにします。 問題の真実は、カイロプラクティック治療は、全体的な救済を提供するために、各健康問題の感情的な要素にも対処しなければならないということです。 心身症は、ストレスのような精神的要因によって引き起こされるかまたは悪化する身体疾患を指す。 カイロプラクティックケアは、精神的健康問題に関連する症状を軽減するための脊椎調節および手動操作と一緒に、ストレス、不安およびうつ病を軽減するのに役立つ一連のライフスタイルの変更を推奨する心理療法として利用することができる。 さらに、全体的な健康と健康のためのカイロプラクティック治療では、心と身体のつながりを理解することが不可欠です。

痛みの非薬理学的治療の紹介

痛みは身体の障害や損傷を伝える重要な生物学的機能であり、患部の過度使用によるさらなる害を防ぎ、生理的ホメオスタシスを促進する[1]異常な治癒、追加的な身体の損傷、慢性の。 慢性的な痛みは、もはや身体への損傷を知らせることはなく、代わりに被害者の身体的および心理的幸福に害を与える。 残念なことに、医学的介入はしばしば慢性疼痛を解決することができず、慢性疼痛に対する管理アプローチの必要性が高まる一方で、他の慢性的な医学的状態へのアプローチもそうである[2]近年、バイオ心理社会的モデルは痛み心理学の研究および介入現在、慢性疼痛に対する心理的介入は、身体機能、鎮痛薬使用、気分、認知パターン、および生活の質を含む様々な領域を対象としているが、痛みの強さの変化は二次的なものかもしれない[2]そういうわけで、痛みに対する心理的介入は理想的には治療に対する相補的治療として適している[3]各心理的介入の明確な哲学と効果を明確にするためには、痛みが心理的機能に影響する様々な方法を検討してください。

痛みに対する心理的反応

再発性疼痛は、毎日の機能を悪化させ、精神的苦痛を増大させ、または痛みの経験を延ばす、不適応性の認知および行動の発達に寄与し得る[5]慢性疼痛を患う個体は、抑うつ障害を含む様々な精神状態[6]不安障害、[7]、外傷後ストレス障害[7]しかし、うつ病と痛みの関係は、大うつ病の存在が重要なリスク要因であると認識されているため、慢性疼痛に対する急性疼痛[8]また、疼痛を有する個人は、臨床診断の重症度に達しない重大な不安および抑うつ症状に苦しむ可能性がある[9]さらに、慢性疼痛は生活の質[10]慢性的な疼痛を有する個体はまた、より高い肥満率にも脆弱であり、 [10]睡眠障害、[11]と疲労、[12]は医療利用率が高く、[13]問題のある鎮痛薬の使用に脆弱です[10]慢性痛の負の心理的影響を考えると、介入のための適切な標的であると判明した疼痛に関連する苦痛に関する3つの心理的メカニズム、すなわち痛みの破局、痛みの恐怖、および痛みの受容を考慮する。

痛みの破局は、期待されるか実際の痛みの経験に関連する否定的な認知的および感情的な精神的なセットと定義される[15]痛みの悲惨さは、痛みに対抗する痛みの逆効果、痛みに対する反抗および痛みに対処する無力感を拡大することによって特徴付けられる。 16]疼痛の悲惨さは、うつ病の増加[17]や不安、[16]痛みによる機能障害や障害の増大、[17]、全体的なQOLの低下など、様々な機能障害と関連しています。 [18]貧弱な情緒的および社会的機能、[19]、医学的介入に対する貧弱な反応[20]痛みの悲惨さは、痛みを和らげ、全体的な機能を損ない、痛みを与える心理的介入の実行可能なターゲットを壊滅させる。 痛みに対する悲惨な思考に取り組むことで、短期間で身体的および心理的機能が改善され[21]、持続的な痛みの存在にもかかわらず仕事に復帰する可能性が高まる[22]

疼痛関連の恐怖は、慢性疼痛における身体的および心理的機能に重大な影響を及ぼす別の心理的メカニズムである。 痛みに関連する恐怖は、痛みを引き起こす可能性のある活動を通じて、怪我や身体状態の悪化の恐怖を反映している[24]痛みに関連する恐怖は、痛みの強さ[25]の増加と関連している[26]痛みの恐怖が物理的なリハビリ設定の利益を損なう可能性があることを示唆している[27]痛みの災害が痛みに関連する恐怖に先行することを示唆する証拠、[28]しかし、これらのメカニズムの両方がユニークに痛みや身体障害に寄与する[24]

最近、慢性疼痛の恐怖回避モデルを拡張し、疼痛に対する態度を受容することを促進することによって治療成果を改善することを提案する心理的柔軟性モデルへの関心が高まっている[30]心理的柔軟性は、現時点では、個人が内部的に保持されている目標や価値観に最も合致した方法で、自分の行動を維持または調整できるようにする; [31]この考えは、より大きな痛みの時に特に重要である苦痛の時によく見られる焦点の狭小化[32]思考や感情を苦しめる非審判的アプローチを促進する心理的受容と同様に、痛み受容は、痛みを非自覚的に認め、痛みを抑えるための不適応な試みを止めるプロセスとして定義されている。痛みにもかかわらず、より豊かな生活を送ることを学ぶ[33]痛みの受け入れは、2つの領域を通じて感情的機能に影響を及ぼします ctメカニズム:痛みを経験する意欲、痛みへの否定的な感情的反応を緩衝する、肯定的な感情を助長する痛みの存在にもかかわらず、価値のある活動への継続的な関与[34]痛みの受容は、致命的な考えの発生を切り離すために理論化されるその後の感情的苦痛[35]からの痛みについて、そして制御または回避に基づく対処[36]への依存を減らし、より意味のある追跡のために認知的および情緒的資源を解放する[33]痛みの受け入れは、認知的、感情的、慢性的な疼痛集団における職業機能の喪失[36]疼痛の受け入れは、疼痛の壊死[37]の低レベルおよび肯定的影響のレベルの上昇を予測し、疼痛強度と否定的な感情との間の関連を低下させる。慢性的なpのためのマインドfulnessおよび受容ベースの療法への介入のための特に顕著な標的 (後述の表38参照)。

痛みに対する心理療法の表1の記述
表1: 痛みの心理療法の説明。

疼痛管理へのアプローチとしての心理的介入

オペラの行動的アプローチ

Fordyce [39]は、疼痛に対する不適応行動反応が、疼痛または痛みに関連する恐怖からの偶発的な軽減によって生じる疼痛適応の行動モデルを提案した。 この理論によれば、痛みを避けるための行動駆動は、苦痛であるが身体的および感情的な健康を維持する行動を避けるように導く。 慢性疼痛の奏功療法は、疼痛関連行動を軽減し、活動の段階的パターン、活動ペーシングを含むより適応性のある行動を養うための補強および罰則偶発事象を利用する、慢性的な薬物管理[40]疼痛の行動療法は、痛みの経験、気分、否定的認知の評価、社会的役割の機能など、さまざまな領域にプラスの効果を示しています。

慢性疼痛に対する学習理論の最近の応用は、身体活動の知覚される有害性を減少させることに焦点を当てた、痛みに関連した恐怖のインビボ暴露治療を含む。[41]学習理論は、痛みの嫌悪感が中立刺激物理的な動きのような行動)、回避行動に寄与する。 インビボでの暴露治療は、致命的な結果がない場合に痛みを伴う行動の関与が次第に増加することにより、脅威、恐怖および行動回避を消滅させる。 これらの行動が重大な悪影響を及ぼすことなく行われた場合、患者は身体の動きや痛みの結果に対する期待が非現実的であることを認識することがあります[24,42]恐怖症やその他の不安障害の暴露治療と同様に、痛み、恐怖、行動に関連する心理教育、そして最終的には個人の恐怖階層に関連する活動へのゆっくりと体系的な曝露をもたらす、個人化された段階的な階層構造の開発[41]疼痛、痛みの破局、機能障害(41)の改善、疼痛に関連する恐怖や不安、うつ病、不安の軽減に効果があることが実証されている[43]近年、疼痛に対する排他的行動アプローチはあまり普及していないとりわけ、腰痛のサンプルで有効性を実証しています(表2参照)。 機能障害に対するインビボ曝露の影響は、低下した壊死および活性の有害感[41]によって媒介されるようであるが、異なるベースラインレベルの機能性の患者には差異的に有効である可能性がある[40]

表2心理的介入の実証された有効性
表2: 痛みの人口による心理的介入の実証された有効性。

認知行動療法

認知行動療法(CBT)は、疼痛への不適応行動および認知反応、および痛みに対する反応を変化させる社会的および環境的偶発事象を標的とすることによって、慢性疼痛の治療に対する生態心理社会的アプローチを採択している[44] CBT原則は様々な精神医学痛みに加えて、障害、身体的疾患、痛みに加えて、痛みを管理し、心理的機能を改善するための対処スキルを開発しています(構造緩和、行動活性化と楽しい出来事のスケジューリング、断言的コミュニケーション、痛みの発赤の延長または悪化を避ける。 疼痛に対するCBTは、疼痛についての不適応な信念と、認知的再構成の形式的使用による痛みと痛みの悲惨さに対処する:適応行動と肯定的機能に向けられた思考との非現実的または無益な思考の特定と置き換え[45]疼痛に対するCBTは、疼痛に対する標準的な治療として広く実施されており、痛みに対する心理的介入のための現在の「金標準」を構成している[44]

最近のメタアナリシス研究によると、[45]痛みのCBTは、さまざまな領域で小中規模の効果サイズを示し、痛みに対する標準的な医療に匹敵する疼痛および機能に対する効果を示す[3] CBTは、治療後の悲惨な痛み、通常の医療[3]の効果以上の長期的な障害の改善、さらには無治療と比較したときの痛み、壊滅、気分に及ぼす影響がより小さくなります。無力感や壊死の変化は、痛みの強度の変化と日常の機能における痛みに関連した干渉を唯一に予測しています[3] CBTは身体的リハビリテーションプログラムの貴重な補助療法です。[22]痛みに対するCBTの利点が注目されています多くの慢性疼痛集団において(表46参照)、線維筋痛症を含むいくつかの集団では頑強ではないかもしれない。[2]さらに、CBTの効果 慢性的な痛みの扱いにくい性質は、痛みを制御しようとする試みが効果を発揮しない可能性があるため、適応を困難にする可能性があり、最終的には心理的苦痛を大きくすることになる[47]。 (MBSR)と受け入れとコミットメントセラピー(ACT)の2つの新しい治療法をもたらしたこれらの問題に対処するための疼痛介入の認知行動モデル。 CBTとは違って、これらのアプローチは、痛みを制御する戦略を強調するのではなく、慢性疼痛の受容を促進することに焦点を当て、それによって感情的な幸福と非臓器関連の追跡におけるより大きな関与を改善する。 これらの介入は痛みの受容を目的としているが、療法の実施および瞑想と日常練習へのアプローチが異なる。

マインドフルネスに基づくストレス軽減

心理に基づく介入アプローチは、痛みの感情的側面を痛みの評価的および感情的側面から切り離すことを目指し、身体内の身体的および心理的感覚の分離された認識を促進する[48]。この解離は、慢性的な痛みに対する個々の反応を高めることができる[48]注意深い認識と瞑想を通じて、痛みに関する考えは、即座の、そしておそらく不適応の反応を必要とする根本的な問題の徴候ではなく、個人は、これらの感覚または思考を、痛みに対する感情的または不適応的行動反応を改善するのに役立つかもしれないものとして認識することができる。

MBSRは東洋哲学で開発された瞑想の一形態であり、後に西洋の介入に適応し、身体的、認知的、感情的な状態の認識と受容を高め、心理的反応を痛みの制御不能な経験から切り離す[44] MBSRの介入は、 (2)MBSRはマインドフルネスを促進する10週間以上の48時間のセッションとして、身体と固有感覚信号の認識、息切れや身体感覚の認識、思いやりのある活動の発達効果的なMBSRの介入の根底にあるメカニズムは、瞑想に参加者を悲惨な感情にさらし、致命的な結果に遭遇しないようにする動きのない練習を伴うため、痛みに対する脱感作と類似している可能性があります。[50] 48,50]このようにして、MBSRの介入はsimil [50] MBSRは、反芻[51]や苦痛を伴う身体的信号[52]のインターオーケーションを減らし、気になる意識を高めます。 [51] MBSRは毎日のマインドフルネスプラクティスの養成を必要としていますが、53はMBSRの遵守率が行動苦痛管理技術に匹敵することが判明しています[48]しかし、日々の重要性に関する証拠練習は混在している。 これらの注意深い活動に費やされる時間は、いくつかの研究で症状の改善と相関する[54]しかし、遵守率は他者の改善とわずかに相関するように見える[55]思考をゆがんで変化の必要性を識別するCBTとは異なり、マインドフルネスの実践者は、思考からの感情的距離を促す「離散事象」としての思考に対する非評価的アプローチを採用する[54]さらに、CBTは、リラクセーション反応の増加または行動や思考反応の変化をターゲットにした、さらに、注意力のあるインストラクターは日々のマインドフル・プラクティスを実践することが期待されていますが、CBTの実務者はCBTの実践を必ずしも効果的に教える必要はありません[44,50]

MBSRは、医学的症状および心理的症状の重症度、[48]疼痛強度、[56]およびストレスおよび痛みに対処する効果を実証した[54]これらの治療効果は、多くの領域での介入後4年まで続く可能性がある[ 54]、48,54,56]、[52]線維筋痛、[57]、および慢性的な筋骨格系疼痛を有する個体において、[57]およびMNSRは、様々な疼痛サンプル[58]および過敏性腸症候群、 MBSRは線維筋痛症[59]のような慢性疼痛症状を有する個体のうつ病の併発症状に対処し、障害、不安、うつ病、および壊死に対する多面的治療の効果を高める[60]慢性疼痛におけるMBSRのメタアナリシス研究61]などの慢性疾患患者の不安、うつ病、心理的苦痛へのMBSRの影響を小〜中程度に示しており、これらの利点は研究を通じて強くなる傾向があります。 CBTと同様に、MBSRは人口全体で差別的に効果的である可能性があります。 最近の縦断研究では、線維筋痛、慢性片頭痛、または頭痛の場合よりも、痛み、健康関連の生活の質の向上、および背部または首の痛みに対する心理的な幸福の改善が注目された[62]

受け入れと約束治療

ACTは、思考を目標とする必要や変更する必要のない理論的アプローチを採用しています。 代わりに、思考への反応が悪影響を最小限に抑えるように変更される可能性があります。[31] ACT介入は、精神的事象(思考や感情)の非自発的かつ意図的な承認、これらの出来事の受け入れ促進、個体が存在し続け、個人的に関連する心理的および環境的要因を認識する能力; そうすることで、思考や感情からの即時の救済に焦点を当てるのではなく、目標や価値観に合った行動を自分で調整することができます。[31]痛みの治療では、ACTは意識的な意識と受容を促進します。痛みや思考内容を減らすことに重点を置くことを最小限に抑え、代わりに行動の機能を果たすための努力を指示する[44] ACTは、MBSRとは異なり、心の痛みの覚醒と受け入れの目標を共有しているため、 ACTベースの介入は、精神的健康の質を含む慢性的な疼痛集団における精神的健康の様々な側面に利点を実証している[64]。 、自己効力感、うつ病、および不安が含まれる[65]慢性疼痛に対するACT介入のいくつかの研究では、 痛みに関連する不安や苦痛、障害、医学的訪問数、現在の作業状況、身体的能力の改善のための効果サイズ[66,67]、痛みやうつ病についてのこの介入の影響が小さい[64]しかし、メタアナリティック受け入れに基づく疼痛治療の研究は、ACTが慢性疼痛に対する他の確立された心理療法と比較して漸進的に大きな有効性を示さないことを明らかにした[64]

将来の方向性と残りの質問

現存する文献は、以前にレビューされた心理的介入のそれぞれが、慢性疼痛の治療の価値を保持していることを示唆している。 現在のところ、CBTは、行動療法の効果よりも多くの領域で漸進的に大きな利益を示しているが、治療アプローチの優位性の証拠はほとんどない。[3]しかし、前述のように、オペラント行動原理は[41]最近のレビューでは、MBSRとACTは有望であるが、一般にCBTに匹敵する効果をもたらすと結論づけている。明確な介入方法[64]より優れたCBT文献と比較して、ACTまたはMBSRの高品質研究の数が少ないことによって、治療優位性に関する結論を引き出す能力はさらに制限される[64]

これらの介入の比較有効性に関して、いくつかの重大な疑問が残っている。 第一に、CBTの影響は短期間では重要であるが、時間の経過とともに一貫して維持されるわけではない可能性がある(遵守率の低下による可能性がある)[3]メカニズムベースの対処戦略にはあまり拘束されず、痛みに対する態度は、CBTよりも長期の遵守率および長期的便益を示す可能性があるが、今後の検討が必要である。 さらに、いくつかの研究では、線維筋痛などのいくつかの疼痛障害は、他の疼痛障害よりもCBTに対する治療反応が比較的低いことが示されており、そのような集団における代替的介入の可能性を強調している。 実際、ACTとMBSRは、線維筋痛症集団においても有効性を示しているが、差別的治療反応の予測因子を同定する必要性は依然として残っている[65]

心理療法の安全性と忍容性

痛みの心理療法は、レシピエントへの悪影響のリスクが低いと推定される。 その結果、心理的介入のリスクに関する経験的証拠が不足している[68]心理的治療を受ける患者は、誤った心理的診断、心理的依存、患者自身の意思決定能力の低下治療法の目的を達成するためのセラピストによる操作[69,70]しかし、これらの懸念は、医師の適切な臨床的、倫理的な訓練を通じて緩和され、適切に管理されると、典型的に心理療法の顕著なリスクとはみなされない。心理療法に関連した有害事象のモニタリングと特定のためのより体系的な方法と同様に、有害な精神療法効果[70]の可能性に取り組むための追加的研究の要請であった[71] 、最近の研究が具体的に担当し始めていることが奨励されている 有害事象の発生率を直接測定する。[68]

心理的介入のアウトカムに影響を及ぼす要因

[69,71] Turk [73]は、同等のレベルの痛みに対処している個人は、クラスタリングされる可能性のある明確な反応パターンを示していると提唱しています高いレベルの痛みに関連する干渉や苦痛を報告する「機能不全」患者、 彼らの痛みに対処するために愛する人の支持が欠けていると報告している "個人的に苦しんでいる"患者。 著しく機能レベルが高く、社会的支援が認められ、痛みに関連した機能不全が低いことを報告している「適応性のあるコピア」などがあります。 「機能不全」患者は、心理的ケアを伴う学際的治療に対して、「個人的に苦しんでいる」患者よりも大きな反応を示している[74]患者サブグループの特定は、以下のようなものであってもよい。さらに、慢性疼痛インベントリー[75]や慢性疼痛強度と障害の詳細な評価などのツールを使用して達成されました[76]さらに、患者自身の慢性疼痛に対する自己管理アプローチを採用する準備ができていることは、 ; [77]治療準備段階の予診段階にある患者は、リラクゼーションに基づいたその他の能動的対処戦略を確立することにより多くの利益を得ることができる、アクション段階の患者と比較して、洞察に焦点を当てた治療からより多くの利益を得ることができる。自己管理の痛みは私たちを評価することができます [77]さらに、治療反応は、介入特有の行動の重要性と、これらの行動を実行する自分自身の能力についての患者の信念に左右される可能性がある[77]

さらに、疼痛状態、社会経済的状態、および文化的および民族的背景の病因を含む治療反応に関連する患者間の人口統計的、心理的および医学的差異が存在し得る。 これらの要因は、臨床転帰を最適化するためにさらなる経験的研究を必要とするが、臨床文献では十分な注意を払っていない[79]例えば、物理的機能のベースラインレベルは、恐怖のためのインビボ暴露のような特定の心理的治療様式[40]さらに、一部のサンプル[80,81]では、これらの影響はすべてのサンプルでは明白ではありませんが、痛み、うつ、不安のベースラインレベルが予測されています[3]疼痛の恐怖のベースラインレベルも差別的治療応答を予測する可能性があるという証拠がある。 多分野にわたる疼痛治療プログラムの開始時に痛みを恐れている個人は、この問題に対するインビボ暴露に対してより大きな反応を示した。[28]将来の機能に影響を与える可能性のある医療合併症の存在も考慮することが重要である。 最近、慢性疼痛に伴う可能性のある睡眠の合併症、[82]肥満、[29]および疲労[83]に対処する心理的介入が開発されている。 ハイブリッド治療は、独立した臨床診療においてより重要であり、合併症がより一般的である。特に、パーソナリティ変数が治療応答に有意に影響するという証拠はほとんどない。 人格特性と痛みに対する心理的介入に関連する変数との間の結びつきのほとんどは理論的なものであり、実証的研究では一貫して出現していない[82]

患者の年齢は、疼痛に対する介入に対する反応を調べる際の重要な考慮事項でもある。 高齢者は、関節炎および骨粗鬆症を含む疼痛に関連する様々な病気の危険性が高まっているが、これらの状態のための薬物耐性が低い可能性がある[86]さらに、年齢は疼痛に対する心理的反応を変える可能性がある。 痛みの感情的側面は、高齢者よりも若年成人の痛みの破局とより強く相関し、痛みの感覚的側面は、高齢者の痛みの破局とより強く関係しているように見えます。[87]さらに、治療プロトコルには高齢者の宿泊施設が必要です。 高齢患者の運動に対する恐怖に対処することは、より若い集団には存在しない落ちる恐れによって複雑になる可能性がある[88]記憶障害は高齢の成人でより一般的であるため、 89]一般的に、心理的介入は高齢者のリスクが低いと推定されており[86]、痛みのCBTは高齢者のために比較的大きな経験的支援を受けている[90]高齢者の特定の心理的介入には研究が欠けている。 [88]全体的に、高齢者の痛みに対する心理的介入の有効性は、今後さらなる研究が必要な領域である。

治療の可用性は心理的介入の重要な考慮事項であり、特に貧困や遠隔地に住む患者の場合は重要です。 健康への民族的および社会経済的貢献者を見直すことはこのペーパーの範囲を超えていますが、低い社会経済的地位は慢性的な痛みの発症の重大な危険因子であり、健康成果の人種格差に大きく左右されます。伝統的な心理的介入へのアクセス、慢性疼痛に対する精神的健康介入の提供のための代替的な様式の重要性が最重要である。 テレインターアクション[91]とインターネットベースの介入[92]は、慢性疼痛の心理的治療に有効であるかもしれない。 ACT、[93] CBT、[94]、マインドフルネス介入[46]を提供するインターネットベースのプログラムは、心理社会的機能、気分、痛み対処にメリットを示しています。 しかし、多くの介入が適度な効果と比較的高い脱落率を示しているため、方法論的に厳格な臨床試験と、これらのプログラムを最大限に効果的かつ効率的に実施するための証拠が必要である[95]

心理的治療法を相互に、そして他の医療介入と組み合わせることは、治療成果を高めるための次の論理的段階を構成するかもしれない。 さらに、ACTに類似した柔軟性のある目標指向のアプローチは、CBTにおけるエンゲージメントと遵守を強化する可能性がある[97]さらに、インビボでの曝露とACTの組み合わせは、痛みに関連する恐れや不安に対処する際に、 98] CBTの効果は、バイオフィードバック[99]や催眠などの治療と併せて強化される可能性があります[100]治療アプローチが適切に調整されない限り、非伝統的医師による心理療法の提示は、しかし、適切に訓練されていれば、理学療法士、理学療法士、理学療法士、101看護師、作業療法士によって、適切に設計された認知行動介入を効果的に実施することができる[102]

結論

心理療法は、自己管理戦略の強化を通じて、疼痛に関連する機能不全および苦痛に起因し、それに寄与する行動、認知、感情および社会的要因に対処するための貴重なモダリティを構成する。 CBT、ACT、MBSR、疼痛に対するオペラントの行動アプローチは、理論的アプローチ、治療目標、有効性の分野で異なるいくつかの異なる心理的介入がありますが、慢性の個人の自己管理能力を高めるためには、痛み。 しかし、治療成果を最適化するために、差別的治療反応の予測因子と顕著な患者サブグループの予測因子、ならびに伝統的な心理療法に関与したくないまたはできない人々に対する心理的サービスの提供のための追加的および代替的手段を特定する必要がある。 差別的治療反応の寄与因子および疼痛に対する心理的治療の普及に関するより多くの経験的研究は、慢性疼痛の身体的、感情的および財政的費用を大幅に節約することができる。

脚注

情報開示: 著者は、この作品に関心がないことを報告しています。

結論として、 研究研究によれば、認知行動療法、マインドフルネスに基づくストレス軽減、カイロプラクティックケアなどの心理療法が効果的に慢性疼痛の治療に役立つことが実証されています。 心と身体とのつながりは、以前は慢性疼痛を含む様々な健康問題の原因として参照されてきました。 最後に、上記の記事では、慢性疼痛管理のための心理療法の効果を実証しました。 National Center for Biotechnology Information(NCBI)から参照される情報。 私たちの情報の範囲は、カイロプラクティックならびに脊髄損傷および状態に限られています。 主題について話し合うには、ジェメネス博士にお気軽にお問い合わせください。 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

1。 クレイグAD。 恒常的な感情としての痛みの新しい見方。 トレンドニューロサイエンス。 2003; 26(6):303-307。 [PubMed]
2。 Gatchel RJ。 慢性疼痛および精神障害の合併症:生物心理社会的視点。 アムサイコル。 2004; 59(8):795-805。 [PubMed]
3。 Williams AC、Eccleston C、Morley S.成人の慢性疼痛(頭痛を除く)の管理のための心理療法。 Cochrane Database Syst Rev. 2012; 11:CD007407。 [PubMed]
4。 神経因性疼痛患者の心理社会的合併症の評価と治療。 Mayo Clin Proc。 2010; 85(Suppl 3):S42-S50。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
5。 Thibault P、Loisel P、Durand MJ、Catchlove R、Sullivan MJ。 慢性疼痛患者における疼痛発現および活動不耐性の心理学的予測因子。 痛み。 2008; 139(1):47-54。 [PubMed]
6。 Bair MJ、Robinson RL、Katon W、Kroenke K.鬱病および疼痛合併症:文献レビュー。 Arch intern Med。 2003; 163(20):2433-2445。 [PubMed]
7。 McWilliams LA、Cox BJ、Enns MW。 慢性疼痛に関連する気分および不安障害:全国的に代表的なサンプルの検査。 痛み。 2003; 106(1-2):127-133。 [PubMed]
8。 若いケーシーC、グリーンバーグMA、ニカッソーPM、ハルピンRE、ハバードD.急性から慢性の痛みおよび障害への移行:認知的、感情的、および外傷的要因を含むモデル。 痛み。 2008; 134(1-2):69-79。 [PubMed]
9。 Geenen R、Newman S、Bossema ER、Vriezekolk JE、Boelen PA。 リウマチ性疾患および不安またはうつ病の患者に対する心理的介入。 ベストプラクティスクリスリウマタール。 2012; 26(3):305-319。 [PubMed]
10。 Winkelmann A、Perrot S、Schaefer C、et al。 線維筋痛の重症度が健康経済コストに及ぼす影響:欧州横断研究の結果。 Appl Health Econ健康方針。 2011; 9(2):125-136。 [PubMed]
11。 Wright LJ、Schur E、Noonan C、Ahumada S、Buchwald D、Afari N.慢性疼痛、過体重および肥満:コミュニティベースの双子レジストリからの所見。 J痛み。 2010; 11(7):628-635。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
12。 Smith MT、Haythornthwaite JA。 どのように睡眠障害と慢性痛は相互に関連していますか? 縦断的及び認知行動的臨床試験文献からの洞察 睡眠Med Rev. 2004; 8(2):119-132。 [PubMed]
13。 Kato K、Sullivan PF、EvengårdB、Pedersen NL。 慢性的な広範な疼痛およびその合併症:集団ベースの研究。 Arch intern Med。 2006; 166(15):1649-1654。 [PubMed]
14。 Richardson LP、Russo JE、Katon W、et al。 慢性疼痛を有する青年および若年成人における精神障害および長期オピオイド使用。 J Adolesc Health。 2012; 50(6):553-558。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
15。 Sullivan MJ、Thorn B、Haythornthwaite JA、et al。 壊死と痛みの関係に関する理論的視点。 Clin J Pain。 2001; 17(1):52-64。 [PubMed]
16。 Sullivan MJL、SR司教、Pivik J.痛みの悲惨さのスケール:開発と検証。 Psychol Assess。 1995; 7(4):524-532。
17。 Keefe FJ、Brown GK、Wallston KA、Caldwell DS。 関節リウマチの痛みに対処する:不適応戦略としての悲惨さ。 痛み。 1989; 37(1):51-56。 [PubMed]
18。 Wollaars MM、Post MW、van Asbeck FW、Brand N.脊髄損傷痛:心理的要因の影響と生活の質への影響。 Clin J Pain。 2007; 23(5):383-391。 [PubMed]
19。 Crisson JE、Keefe FJ。 慢性疼痛患者における疼痛対処法と精神的苦痛との関係 痛み。 1988; 35(2):147-154。 [PubMed]
20。 Hamilton NA、Karoly P、Zautra AJ。 線維筋痛症の女性における健康目標の認知と調整。 J Behav Med。 2005; 28(5):455-466。 [PubMed]
21。 Mankovsky T、Lynch M、Clark A、Sawynok J、Sullivan MJ。 疼痛の壊死は、神経因性疼痛を有する患者の局所鎮痛薬に対する貧弱な反応を予測する。 Pain Res Manag。 2012; 17(1):10-14。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
22。 Burns JW、Glenn B、Bruehl S、Harden RN、Lofland K.認知的要因は、学際的な慢性疼痛治療​​後の結果に影響する:クロスラグパネル分析の複製および延長。 Behav Res Ther。 2003; 41(10):1163-1182。 [PubMed]
23。 Sullivan MJL、Adams H、Ellis T.線維筋痛症を患う個人のリターンを促進する致命的な思考を対象とする。 Jコグのサイコロ。 2012; 26(2):130-142。
24。 Leeuw M、Goossens ME、Linton SJ、Crombez G、Boersma K、Vlaeyen JW。 筋骨格痛の恐怖回避モデル:科学的証拠の現状 J Behav Med。 2007; 30(1):77-94。 [PubMed]
25。 デメルマイエ1世、アゼノフ・P、リンドバーグ・P、デニソンE.第1話と長期の腰痛における疼痛、障害、医療費、病欠の生物心理社会的予測因子:一般集団における縦断研究。 Int J Behav Med。 2010; 17(2):79-89。 [PubMed]
26。 Zale EL、Lange KL、Fields SA、Ditre JW。 痛み関連の恐怖と障害の関係:メタ分析。 J痛み。 2013; 14(10):1019-1030。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
27。 Samwel HJ、Evers AW、Crul BJ、Kraaimaat FW。 慢性疼痛患者における無力感、痛みの恐怖、および受動痛に対処する役割。 Clin J Pain。 2006; 22(3):245-251。 [PubMed]
28。 恐怖回避の信念と集中化現象によって分類された患者の臨床成果について、Werneke MW、Hart DL、George SZ、Stratford PW、Matheson JW、Reyes A. Arch Phys Med Rehabil。 2009; 90(5):768-777。 [PubMed]
29。 Somers TJ、Keefe FJ、Pells JJ、et al。 変形性関節症患者の痛みや痛みに関連する恐怖の痛み:痛みや障害との関係。 J痛み症状管理。 2009; 37(5):863-872。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
30。 Pincus T、McCracken LM。 腰痛の心理的要因と治療機会 ベストプラクティスクリスリウマタール。 2013; 27(5):625-635。 [PubMed]
31。 Hayes SC、Luoma JB、Bond FW、Masuda A、Lillis J.受容およびコミットメントセラピー:モデル、プロセスおよびアウトカム Behav Res Ther。 2006; 44(1):1-25。 [PubMed]
32。 Eccleston C、Crombez G、Aldrich S、Stannard C. Worryと慢性疼痛患者:個体差の記述と分析。 Eur J Pain。 2001; 5(3):309-318。 [PubMed]
33。 McCracken LM。 痛みと一緒に暮らすことを学ぶ:痛みの受容は、慢性的な痛みのある人の適応を予測する。 痛み。 1998; 74(1):21-27。 [PubMed]
34。 Kranz D、Bollinger A、Nilges P.慢性疼痛受診と情緒的幸福:対処の視点。 Eur J Pain。 2010; 14(10):1021-1025。 [PubMed]
35。 Vowles KE、McCracken LM、Eccleston C.慢性疼痛における患者の機能および壊死:受容の仲介効果。 健康Psychol。 2008; 27(Suppl 2):S136-S143。 [PubMed]
36。 McCracken LM、Eccleston C.慢性疼痛を伴う痛みおよび患者機能の受容に関する前向き研究。 痛み。 2005; 118(1-2):164-169。 [PubMed]
37。 Vowles KE、McCracken LM、Eccleston C.慢性疼痛の治療における変化のプロセス:疼痛、受容および壊死の寄与。 Eur J Pain。 2007; 11(7):779-787。 [PubMed]
38。 Kratz AL、Davis MC、Zautra AJ。 痛み受容は、女性の変形性関節症および線維筋痛患者における痛みと負の影響との関係を緩和する。 Ann Behav Med。 2007; 33(3):291-301。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
39。 Fordyce WE。 慢性疼痛および病気のための行動方法。 St Louis、MO:Mosby; 1976。 p。 1。
40。 Gatzounis R、Schrooten MG、Crombez G、Vlaeyen JW。 疼痛および慢性疼痛リハビリにおける術者学習理論。 Curr Pain頭痛患者の2012; 16(2):117-126。 [PubMed]
41。 Leeuw M、Goossens ME、van Breukelen GJ、et al。 慢性腰痛患者におけるインビボ曝露対オペラント漸増活性:ランダム化比較試験の結果。 痛み。 2008; 138(1):192-207。 [PubMed]
42。 デン・ホーランダーM、デ・J・JR、ボルダーズS、ゴーセンス・ミー、スミッツRJ、Vlaeyen JW。 慢性疼痛の患者における恐怖の減少:学習理論の視点。 エキスパートレヴ・ニューロザー。 2010; 10(11):1733-1745。 [PubMed]
43。 Woods MP、Asmundson GJ。 慢性的な背部痛の患者における恐怖の治療のための段階的インビボ曝露の有効性の評価:無作為化比較臨床試験。 痛み。 2008; 136(3):271-280。 [PubMed]
44。 Day MA、Thorn BE、Burns JW。 慢性疼痛に対する生物心理社会的介入の継続的進化。 Jコグのサイコロ。 2012; 26(2):114-129。
45。 Hofmann SG、Asnaani A、Vonk IJ、Sawyer AT、Fang A.認知行動療法の有効性:メタアナリシスのレビュー。 Cognit Ther Res。 2012; 36(5):427-440。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
46。 Buhrman M、Fredriksson A、EdströmG、et al。 リハビリテーション治療後の残存症状を有する慢性疼痛患者のためのガイド付きインターネット提供の認知行動療法:ランダム化比較試験。 Eur J Pain。 2013; 17(5):753-765。 [PubMed]
47。 Bennett R、Nelson D.線維筋痛の認知行動療法。 Nat Clin Pract Rheumatol。 2006; 2(8):416-424。 [PubMed]
48。 Kabat-Zinn J.マインドフルネス瞑想の実践に基づく慢性疼痛患者の行動療法における外来プログラム:理論的考察と予備的結果。 Gen Hosp Psychiatry。 1982; 4(1):33-47。 [PubMed]
49。 Lauwerier E、Van Damme S、Goubert L、Paemeleire K、Devulder J、Crombez G.制御するかしないか? 痛みに対処するための動機づけの視点。 Acta Neurol Belg。 2012; 112(1):3-7。 [PubMed]
50。 Baer RA。 臨床介入としてのマインドフルネストレーニング:概念的かつ実証的なレビュー。 Clin Psychol:Sci Pract。 2003; 10(2):125-143。
51。 Campbell TS、Labelle LE、Bacon SL、Faris P、Carlson LE。 がん患者の注意力、反芻老化、安静時血圧に対するマインドフルネスに基づくストレス軽減(MBSR)の影響:待機リスト管理研究。 J Behav Med。 2012; 35(3):262-271。 [PubMed]
52。 Garland EL、Gaylord SA、Palsson O、Faurot K、Douglas Mann J、Whitehead WE。 IBSのマインドフルネスに基づく治療の治療メカニズム:内臓感受性、壊死、疼痛感情の感情的処理に及ぼす影響。 J Behav Med。 2012; 35(6):591-602。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
53。 Kabat-Zinn J.完全大災害生活:マサチューセッツ州メディカルセンターのストレス軽減クリニックプログラム。 New York、NY:Delta; 1990。
54。 Kabat-Zinn J、Lipworth L、Burney R、Sellers W.慢性疼痛の自己制御のための瞑想に基づくプログラムの4年間のフォローアップ:治療成果とコンプライアンス。 Clin J Pain。 1986; 2(3):159-173。
55。 Carmody J、Baer RA。 マインドフルネスの実践とマインドフルネスのレベル、医学的および心理的な症状とマインドフルネスに基づくストレス軽減プログラムにおける幸福との関係。 J Behav Med。 2008; 31(1):23-33。 [PubMed]
56。 Randolph P、Caldera YM、Tacone AM、Greak BL。 ウエストテキサス州の慢性疼痛の総合的管理のための医療と心神喪失に基づく行動プログラムの長期的な複合効果。 痛みのダイジェスト 1999; 9:103-112。
57。 慢性疼痛状態に対するMindfulnessに基づくストレス軽減:治療成果の変動および家庭瞑想の役割。 J Psychosom Res。 2010; 68(1):29-36。 [PubMed]
58。 Grossman P、Tiefenthaler-Gilmer U、Raysz A、Kesper U.線維筋痛の介入としての心構え訓練:術後介入と3年の福利厚生のフォローアップの利点。 サイコサイコソム。 2007; 76(4):226-233。 [PubMed]
59。 Plews-Ogan M、Owens JE、Goodman M、Wolfe P、Schorling J.慢性疼痛の管理のためのマインドフルネスベースのストレス軽減とマッサージを評価するパイロット研究。 J Gen Intern Med。 2005; 20(12):1136-1138。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
60。 Sephton SE、Salmon P、Weissbecker I、et al。 マインドフルネス瞑想は、線維筋痛症の女性のうつ症状を緩和する:無作為化臨床試験の結果。 関節炎のRheum。 2007; 57(1):77-85。 [PubMed]
61。 Cassidy EL、Atherton RJ、Robertson N、Walsh DA、Gillett R.慢性腰痛の多分野疼痛管理後の心構え、機能および破局。 痛み。 2012; 153(3):644-650。 [PubMed]
62。 Bohlmeijer E、Prenger R、Taal E、Cuijpers P.慢性の病気の成人の精神的健康へのマインドフルネスに基づくストレス軽減療法の効果:メタアナリシス。 J Psychosom Res。 2010; 68(6):539-544。 [PubMed]
63。 Merkes M.慢性疾患を持つ人々の注意力に基づくストレス軽減。 Aust J Prim Health。 2010; 16(3):200-210。 [PubMed]
64。 Veehof MM、Oskam MJ、Schreurs KM、Bohlmeijer ET。 慢性疼痛の治療のための受容ベースの介入:系統的レビューおよびメタ分析。 痛み。 2011; 152(3):533-542。 [PubMed]
65。 Wicksell RK、Kemani M、Jensen K、et al。 線維筋痛の合意と治療:ランダム化比較試験。 Eur J Pain。 2013; 17(4):599-611。 [PubMed]
66。 McCracken LM、MacKichan F、Eccleston C.重度障害慢性疼痛患者に対する文脈的認知行動療法:有効性および臨床的に有意な変化。 Eur J Pain。 2007; 11(3):314-322。 [PubMed]
67。 Vowles KE、McCracken LM。 慢性疼痛における受容と価値に基づく行動:治療効果とプロセスの研究。 J Clin Psycholに相談する。 2008; 76(3):397-407。 [PubMed]
68。 Dimidjian S、Hollon SD。 心理療法が有害であるかどうかは、どのようにわかりますか? アムサイコル。 2010; 65(1):21-33。 [PubMed]
69。 バークM、パーカーG.ソファの象:心理療法の副作用。 Aust NZJ精神医学。 2009; 43(9):787-794。 [PubMed]
70。 緑B.心理療法の副作用。 精神医学的治療の進歩。 2011; 17(6):476。
71。 Barlow DH。 心理的治療からの否定的な影響:視点。 アムサイコル。 2010; 65(1):13-20。 [PubMed]
72。 Shadick NA、Sowell NF、Frits ML、et al。 慢性関節リウマチにおける転帰に対する内的家族システムに基づく心理療法的介入のランダム化比較試験:概念実証試験。 J Rheumatol。 2013; 40(11):1831-1841。 [PubMed]
73。 タークDC。 慢性疼痛患者のサブグループの治療マッチングの可能性: Clin J Pain。 2005; 21(1):44-55。 ディスカッション69-72。 [PubMed]
74。 Turk DC、奥富士A、Sinclair JD、Starz TW。 線維筋痛症候群患者の心理社会的サブグループによる学際的治療への差異反応。 関節炎ケアRes。 1998; 11(5):397-404。 [PubMed]
75。 Kerns RD、Turk DC、Rudy TE。 ウエストヘブン - イェール多次元痛み目録(WHYMPI)痛み。 1985; 23(4):345-356。 [PubMed]
76。 Von Korff M、Ormel J、Keefe FJ、Dworkin SF。 慢性痛の重症度の評価。 痛み。 1992; 50(2):133-149。 [PubMed]
77。 Kerns RD、Rosenberg R、Jamison RN、Caudill MA、Haythornthwaite J.慢性疼痛に対する自己管理アプローチを採用する準備:変更苦痛調査票(PSOCQ)疼痛。 1997; 72(1-2):227-234。 [PubMed]
78。 Kratz AL、Molton IR、Jensen MP、Ehde DM、Nielson WR。 疼痛自己管理の動機づけモデルのさらなる評価:多発性硬化症の慢性疼痛に対処する。 Ann Behav Med。 2011; 41(3):391-400。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
79。 Reese C、Mittag O.慢性腰痛患者のリハビリにおける心理的介入:系統的レビューとガイドラインからの証拠と勧告。 Int J Rehabil Res。 2013; 36(1):6-12。 [PubMed]
80。 Kraaimaat F、Brons MR、Geenen R、Bijlsma JW。 関節リウマチ患者における認知行動療法の効果。 Behav Res Ther。 1995; 33(5):487-495。 [PubMed]
81。 Wetherell JL、Afari N、Rutledge T、et al。 慢性疼痛に対する認知およびコミットメント療法および認知行動療法のランダム化された、制御された試験。 痛み。 2011; 152(9):2098-2107。 [PubMed]
82。 Tang NK、Goodchild CE、Salkovskis PM。 不眠症および慢性疼痛を有する個人のためのハイブリッド認知行動療法:パイロットランダム化比較試験。 Behav Res Ther。 2012; 50(12):814-821。 [PubMed]
83。 慢性疲労症候群の認知行動療法は疼痛症状にも有効であるか? Behav Res Ther。 2007; 45(9):2034-2043。 [PubMed]
84。 司教SR。 マインドフルネスに基づいたストレス軽減について、私たちは本当に何を知っていますか? Psychosom Med。 2002; 64(1):71-83。 [PubMed]
85。 Turner JA、Holtzman S、Mancl L. Mediators、慢性疼痛の認知行動療法における治療変化のモデレーター、モデレーター、予測因子。 痛み。 2007; 127(3):276-286。 [PubMed]
86。 パークJ、ヒューズAK。 地域住居高齢者における慢性疼痛管理のための非薬理学的アプローチ:経験的証拠の再検討。 J Am Geriatr Soc。 2012; 60(3):555-568。 [PubMed]
87。 Kraaij V、Pruymboom E、Garnefski N.高齢者の認知的対処と抑うつ症状:縦断研究。 高齢化メンタルヘルス。 2002; 6(3):275-281。 [PubMed]
88。 Keefe FJ、Porter L、Somers T、Shelby R、Wren AV。 高齢者の疼痛管理のための心理社会的介入:アウトカムと臨床的意義。 Br J Anaesth。 2013; 111(1):89-94。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
89。 Nicholson NL、Blanchard EB。 高齢者における慢性頭痛の行動療法の制御評価。 Behav Ther。 1993; 24(3):395-408。
90。 Morone NE、Greco CM。 高齢者の慢性疼痛に対する心身の介入:構造化されたレビュー。 Pain Med。 2007; 8(4):359-375。 [PubMed]
91。 Fuentes M、Hart-Johnson T、Green CR。 黒人および白人の高齢者における近所の社会経済的地位、人種および慢性疼痛との関連。 J Natl Med Assoc。 2007; 99(10):1160-1169。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
92。 Naylor MR、Naud S、Keefe FJ、Helzer JE。 慢性疼痛管理のための鎮痛薬の使用を減らすための治療対話型音声応答(TIVR)。 J痛み。 2010; 11(12):1410-1419。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
93。 Hoch DB、Watson AJ、Linton DA、et al。 仮想世界における心身の介入を実現する実現可能性と影響。 PLoS One。 2012; 7(3):e33843。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
94。 Buhrman M、Skoglund A、Husell J、et al。 慢性疼痛患者のための案内された受け入れおよび約束治療:無作為化比較試験。 Behav Res Ther。 2013; 51(6):307-315。 [PubMed]
95。 Davis MC、Zautra AJ。 線維筋痛症における社会的精神的調節を目的としたオンラインマインドフルネス介入:ランダム化比較試験の結果。 Ann Behav Med。 2013; 46(3):273-284。 [PubMed]
96。 Macea DD、Gajos K、Daglia Calil YA、Fregni F.慢性疼痛に対するWebベースの認知行動介入の有効性:体系的なレビューとメタ分析。 J痛み。 2010; 11(10):917-929。 [PubMed]
97。 Schrooten MG、Vlaeyen JW、Morley S.慢性疼痛のための心理的介入:目標追求の文脈の中で検討された。 痛みの管理。 2012; 2(2):141-150。 [PubMed]
98。 Bailey KM、Carleton RN、Vlaeyen JW、Asmundson GJ。 慢性的な筋骨格痛を有する患者における疼痛関連の恐怖および不安に対処する治療:予備的検討。 Cogn Behav Ther。 2010; 39(1):46-63。 [PubMed]
99。 Glombiewski JA、Sawyer AT、Gutermann J、Koenig K、Rief W、Hofmann SG。 線維筋痛の心理学的治療法:メタアナリシス。 痛み。 2010; 151(2):280-295。 [PubMed]
100。 カスペルA、カスコR、パドロールA、サラJ、ラルM.線維筋痛症の治療のための催眠療法を伴う多成分認知行動群治療:長期結果。 J痛み。 2012; 13(3):255-265。 [PubMed]
101。 Gross AR、Kaplan F、Huang S、et al。 心理的ケア、患者教育、矯正、人間工学、頚部痛の予防戦略:ICONプロジェクトの一環としての体系的な概要の更新。 オープンOrthop J. 2013; 7:530-561。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
102。 Hunt MA、Keefe FJ、Bryant C、et al。 膝の骨関節炎を患っている人のための理学療法士が提供する、組み合わせた運動と痛みに対処する技術訓練の介入:パイロット研究。 膝。 2013; 20(2):106-112。 [PubMed]
103。 Bruflat AK、Balter JE、McGuire D、Fethke NB、Maluf KS。 慢性頸部痛に対する理学療法の補助としてのストレス管理。 Phys Ther。 2012; 92(10):1348-1359。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
104。 Lamb SE、Mistry D、Lall R、et al。 バックスキル訓練試行グループプライマリケアにおける腰痛のグループ認知行動介入:バックスキルトレーニング試験(ISRCTN54717854)疼痛の延長されたフォローアップ。 2012; 153(2):494-501。 [PubMed]

Green-Call-Now-Button-24H-150x150-2-3.png

その他のトピック:背痛

統計によると、およそ80%の人々は、生涯を通じて少なくとも1回は腰痛の症状を経験するでしょう。 背中の痛み さまざまな傷害および/または状態のために生じることがある一般的な苦情である。 多くの場合、年齢とともに背骨の自然な変性が腰痛を引き起こす可能性があります。 ヘルニアディスク 椎間板の柔らかくゲル状の中心が、その周囲の軟骨の外側環の裂傷を押して、神経根を圧縮して刺激するときに起こる。 椎間板ヘルニア形成は、腰椎または腰椎に沿って最も一般的に起こるが、頸椎または頚部に沿って起こることもある。 負傷および/または悪化した状態のために腰部に見られる神経の衝突は、坐骨神経痛の症状につながる可能性がある。

漫画paperboyの大きなニュースのブログの画像

重要なトピック:職場のストレス管理

もっと重要なトピック:エクストラエクストラ:自動車事故傷害治療エルパソ、テキサス州カイロプラクティック