慢性頸部痛| 子宮頸部不安定性の理解| エルパソ、テキサス州カイロプラクティック医師
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

慢性頸部痛| 子宮頸部不安定性の理解

自動車の事故に巻き込まれると、頚椎の複雑な構造が損傷したり損傷したりすることがあります。これは未治療のまま放置すると何ヶ月も気付かないことがあります。 医学的には、むち打ち傷害関連障害または鞭打ちと呼ばれ、自動車事故の後に生じる症状は、しばしば数週間から数ヶ月かかることがあります。 3月以上持続する持続的な頸部痛は、慢性頸部痛になり、それに応じて治療しなければ管理が困難になることがあります。 慢性的な首の痛みは、他の根本的な問題のために生じることもある。 次の記事では、どのタイプの治療法が、慢性頸部痛の症状およびそれに関連する合併症(莢膜靭帯の弛緩および頚部の不安定性を含む)を緩和するのに役立つかを示す。

慢性頸部痛:嚢胞性靭帯と頸部不安定性との関連付け

抽象

主に殆どの治療法が成功していないため、慢性頸部痛に対する従来の様式の使用は議論の余地がある。 我々は、慢性頸部痛に関連する障害の診断および治療法に関するDecember 2013までに発表された文献のレビューを行い、一時的な症状緩和にもかかわらず、これらの治療は治癒の特定の問題に対処せず、長期の治癒を提供する。 この叙述レビューの目的は、頚部の不安定性に関連する慢性頸部痛の概要、頚部の脊柱の解剖学的特徴および莢膜靱帯の弛緩の影響を記述し、慢性頸部痛およびその現在の原因となる障害を論じることである最後に、怪我をした靭帯を治癒し、脊柱への安定性を回復させ、慢性頸部痛を解決する実行可能な治療選択肢としてプロラセラピーを提示する。

嚢状靭帯は、頸椎における椎間関節の主要な安定化構造であり、慢性頸部痛の主な原因として関与している。 慢性頸部の痛みは、しばしば、頚椎の不安定状態を反映し、椎間板ヘルニア、頚部脊椎症、鞭打ち傷害および鞭打ち関連障害、麻痺後症候群、脊椎炎の不全およびBarré-Liéouを含む、本明細書に記載された多数の状態に共通する症状である症候群。

嚢状靭帯が損傷すると、それらは伸長し、弛緩を示し、これが頚椎の過度の動きを引き起こす。 上部頸椎(C0-C2)では、これに限定されるものではないが、神経性刺激および関連するめまい、耳鳴り、めまい、顔面痛、腕の痛みおよび偏頭痛による脊椎炎の不全が挙げられる。 下部頚椎(C3-C7)では、これが慢性頸部痛に加え筋肉痙攣、痙攣および/または感覚異常を引き起こす可能性がある。 いずれの場合も、隣接する2つの頚椎の間に過剰な動きが存在し、これらの関連症状は、頚部の不安定性として説明される。

したがって、慢性頸部痛の多くの症例において、嚢状靱帯の弛緩に起因する関節の不安定性の原因となる可能性があることを提案する。 現在、このタイプの子宮頸部不安定性の治癒的治療の選択肢は決定的ではなく、不十分である。 慢性疼痛診療所に慢性頸部痛の愁訴がある患者を対象とした臨床研究および経験に基づき、慢性頸部痛の治療法として潜在的治療法が提案されています。

キーワード: C1-C2椎間板関節、嚢状靭帯の弛緩、頸部不安定、頸部神経根障害、慢性頸部痛、椎間関節、後脳震盪症候群、プロラセラピー、脊椎症、脊椎動物の不全、鞭打ち。

概要

疼痛管理の分野では、慢性疼痛症状を効果的かつ永久に緩和する比較的少数の従来の治療選択肢で、ますます多くの治療抵抗性患者が残されている。 慢性的な頚椎の痛みは特に治療が困難であり、伝統的な治療法の長期的な有効性に関するデータは、[1]を極端に抑止しています。 一般人口における頸部痛の有病率は、30%〜50%の範囲で報告されており、50以上の女性はより大きな部分[1-3]を構成しています。 これらの症例の多くは時間とともに解決され、最小限の介入を必要としますが、頚部痛の再発率は高く、6%以上続く慢性頸部痛(5月より長く持続する痛み)重大な障害や生活の質の低下をもたらすであろう[2、4]。 この群の慢性疼痛患者にとって、現代医学は長期回復のための選択肢をほとんど提供しない。

急性および亜急性頚部痛の治療プロトコールは標準的であり、広く[1、2]で合意されている。 しかし、慢性頸部痛に対する従来の治療法は議論の余地があり、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)および麻薬の疼痛管理、頚部襟、安静、理学療法、手動療法、強化練習および神経ブロックのための介入を含む。 さらに、長期治療成果に関する文献は最高の[5-9]では決して確定していない。 鞭打ち傷害または鞭打ち関連障害(WAD)に起因する慢性頸部痛は、特に長期治療に耐性がある。 これらの状態に対する従来の治療は一時的な軽減をもたらすが、長期の結果は失望している[10]。

慢性頸部痛の治療の選択肢や結果が乏しいことを考慮して、我々は、これらの症例の多くにおいて、根底にある状態が嚢状靭帯の弛緩およびそれに続く頸椎の関節不安定性に関連する可能性があると提案する。 これが事実であり、関節の不安定性が慢性頸部痛を引き起こす根本的な問題である場合、新たな治療法が正当化される可能性がある。

頚部の不安定性による慢性頸部痛の診断は、特に困難である。 ほとんどの場合、子宮頸部の不安定性を検出するための診断ツールは一貫性がなく、特異性[11-15]が不足しているため不十分です。 子宮頸部の不安定性の病因のより良い理解は、開業医が症状をより効果的に認識して治療することを可能にする。 例えば、子宮頸部の不安定性が、軟部組織(例えば、靭帯)の損傷のみに関連し、骨折ではない場合、治療様式は、軟部組織を刺激して再生および修復するものでなければならない。

ジェメネス博士はレスラーの首に働く

この文脈において、包括的デキストロースプロラセラピーは、子宮頸部の不安定性およびその後起こる疼痛および障害を解決するための有望な治療選択肢を提供する。 本明細書に記載されている頸椎の明確な解剖学的構造および子宮頸部不安定性の病理は、治療法による状態の治療の根拠となる。

解剖学

頚椎は、脊柱の最初の7つの椎骨からなり、上部頚部(C0-C2)と下部頚部(C3-C7)の2つの部分に分けられます。 最小の椎体を有するにもかかわらず、頸椎は脊椎全体の中で最も可動性のセグメントであり、高度の運動をサポートしなければならない。 その結果、頚部および脊柱を安定させるため、ならびに正常な関節運動を制御するために、それは結紮組織に強く依存する。 その結果、頸椎は損傷を非常に受けやすい。

上部頸椎は、後頭と呼ばれるC0と、最初の2つの子宮頸椎、C1とC2、またはアトラスと軸からそれぞれ構成されます。 C1とC2は他の頚椎よりも専門的です。 C1はリング状であり、椎体が欠けています。 C2には、歯状突起と呼ばれる著しい椎体があり、C1リング[16]のピボットポイントとして機能します。 この枢動運動(図1)は、上部頚椎の椎間板が欠如しているため、関節の運動と回転をより多くすることができ、安定性よりも移動性を促進します[17]。 総称して、上部頸椎は、アトサント - 後頭部(C50-C0)関節における総頚部屈曲および伸展の1%ならびにアトランタ軸関節(C50-C1)で生じる全首回旋の2% )[16]。 この動作は、アトラス(C1)がアトラスの前歯と前歯を介して軸(C2)を中心に回転するため可能です。

Figure 1 Atlanto-Axial回転不安定性
図1: アトランソ軸回転不安定性。 アトラスは軸の回転した位置に表示されます。 ピボットは、偏心して配置された歯状突起である。 回転すると、Clの椎間孔の壁はClとC2との間の脊柱管の開口を減少させる。 これは、潜在的に片頭痛、C2神経根の衝突、めまい、脊椎動物の不全、「ドロップ攻撃」を引き起こす可能性があります。 頸部舌症候群、バレーリエウ症候群、重度の頸部痛および耳鳴が挙げられる。

背骨の本質的な受動的な安定性は、椎間板および周囲の靱帯構造によってもたらされる。 上部頚椎は、横方向、翼状、および莢膜靭帯を含む靭帯によってのみ安定化される。 横靱帯は、アトラスの側方塊の内側の小さな結節に由来し、反対側の同一の結節に挿入されて、腔の後ろを走る。 したがって、横方向の靱帯は、頭部の屈曲およびアトラスの前方変位を制限する。 左右の翼靭帯は後腔から生じ、同側の後頭顆に付着する。 それらは軸方向の回転を制限するように働き、回転および屈曲において最大の張力下にある。 C1とC2を適切な位置に保持することにより、横靭帯と脊麻靭帯が、頚椎の上部脊髄[18]の過剰な動きから脊髄、脳幹、および神経系を保護するのに役立ちます。

下部頸椎は、あまり専門的ではないが、首の屈曲、伸展および回転の残りの50%を許容する。 この領域(C3-C7)の各椎骨は椎体を有し、その間に体の最大無血管構造である椎間板がある。 この円板は、関節をクッションするのを助け、より安定性を与え、外側の繊維性線維輪に囲まれた内側のゼラチン状の髄核からなる線維軟骨片である。 髄核は、緊張、せん断およびねじれ[19]に抵抗するために、圧縮負荷および線維輪を維持するように設計されている。 線維輪は、椎間板全体[20]の適切な機能を決定すると考えられ、十字線維マトリックス[15]を構成する26-19別個の同心円状線維軟骨層からなる層状構造として記載されている。 しかし、この構造の形式は論じられている。 死体を用いた顕微解剖研究では、頸椎繊維線維は腰椎椎間板と同様にコラーゲン線維の同心円状層から構成されないことが報告されている。 代わりに、著者らは、頸部の線維輪の三次元構造が、髄核を取り囲む三日月状の前骨間靭帯の構造に似ていると主張している[21]。

椎間板に加えて、複数の靭帯および隣接する椎骨(椎間関節)の各対上の2つの滑膜関節は、制御された完全な三次元運動を可能にする。 嚢の靭帯は、各椎間関節の周りを包み、首の回転中の安定性を維持するのに役立つ。 下部頚椎(C2に加えて)の各椎骨は、棘間靭帯のための付着部位として働く棘突起を含む。 これらの組織は、隣接する棘状突起を接続し、頚椎の屈曲を制限する。 前に、彼らは黄色靭帯と会う。

3つの他の靭帯、黄色靭帯、前縦靱帯(ALL)、後縦靭帯(PLL)は、運動中に頸椎を安定させ、頚椎の過剰な屈曲および伸長を防ぐのに役立つ。 C1-C2から仙骨まで、黄色靭帯は脊柱管の後部を流れ落ち、適切な首の姿勢を維持しながら隣接する椎骨の薄層に接合する。 ALLとPLLは両方とも椎体と並んでいる。 ALLは後頭部から始まり、前仙骨に前方に走り、脊椎および椎間板を安定させ、脊髄の伸展を制限するのを助ける。 PLLはまた、脊椎屈曲を制限するだけでなく、椎骨および椎間板の安定化を助ける。 それは、軸の本体から後仙骨まで延び、黄色靭帯の向こう側の脊柱管の前方の面内を走る。

棘突起および2つの横断プロセスは、頚椎の後部にある神経弓(または椎骨弓)から発散する。 横断プロセスは、横方向に突き出て、様々な筋肉および靭帯のための付着部位として役立つ骨の突出部である。 C7を除いて、これらのプロセスの各々は、椎骨動脈が脳に向かうことを可能にする穿孔を有する。 C7横断プロセスは、椎骨静脈および交感神経[22]の通過を可能にする孔を有する。 頸椎の​​横方向のプロセスは、絡み合った靭帯を介して接続される。 それぞれ横方向のプロセスを下のプロセスに取り付け、頸椎の側屈を制限するのに役立ちます。

ファセットジョイント

C0-C1を除く上頚椎の劣った関節プロセスと、下頸椎の優れた関節突起が接合して頸椎の椎間関節を形成する。 C0-C1の場合、C1の下位関節プロセスが後頭顆に加わります。 関節接合部(図2)とも呼ばれる椎間関節は、下垂体であり、滑膜細胞および関節液を含み、カプセルによって取り囲まれている点で膝関節と同様に機能することを意味する。 それらはまた、関節をさらにクッションするのに役立つメニスカスを含み、膝のように、関節軟骨によって裏打ちされ、関節を安定させる嚢状靭帯に囲まれる。 これらの嚢状靭帯は、隣接する椎骨を互いに保持し、その中の関節軟骨は、その対向する組織表面が低摩擦環境[23]を提供するように整列される。

Figure 2典型的なZジョイント
図2: 典型的なZ(巨大結節/椎間関節)関節。 各椎間関節は、関節軟骨、滑液が生成される滑膜、および半月板を有する。

上頚椎と下頚椎との間の椎間関節の解剖学的構造にはいくつかの相違点がある。 上部子宮頸部領域においてさえ、C0-C1およびC1-C2椎間関節は解剖学的に異なる。 C0-C1では、後頭部顆の凸形が下関節の凹面にフィットすることができます。 C1-C2関節接合部は頭蓋骨に向けられています。つまり、横方向のプロセスと並行して動作します。 そのようなものとして、それらの嚢状靭帯は、通常、比較的弛緩しており、従って、本質的に安定性が低く、運動性(すなわち回転)を促進することを意味する[23、24]。

対照的に、下部頚椎の椎間関節はより多くの角度に位置決めされる。 横断面では、左右のC2-C3面関節の角度は、それぞれ32°〜65ºと32º〜60ºと推定されますが、C6-C7面関節の角度は通常45º〜75º50º 78 [25]。 頚椎が下方に伸びると、椎間関節の角度が大きくなり、関節が上下に倒れる。 したがって、下部頚椎の椎間関節は、上部頚椎の椎間関節よりも漸進的に回転が小さい。 さらに、椎間板の存在は、より低い頸椎をより安定させるのに役立つ。

それにもかかわらず、椎間関節のいずれかへの損傷は、頸椎に不安定を引き起こす可能性がある。 研究者らは、外傷の量と頚部ファセットに対する不安定性の程度との間に連続性があり、より大きな外傷がファセット不安定性のより高い程度を引き起こすことを見出した[26-28]。

子宮頸管靭帯

莢膜靱帯は非常に強く、脊柱の主要な安定化組織として役立つ。 それらは椎間回転中心に近く、首回り、特に軸回転時に有意な安定性を提供する[29]。 その結果、これらは首の安定性を確実にするための必須の構成要素として働く。 嚢状靭帯は、高いピーク力および伸びの可能性を有し、破裂する前に大きな力に耐えることができることを意味する。 これは、莢膜靭帯および黄色靭帯がそれぞれ220 Nおよび244 Nまでの最高平均ピーク力を有することが示された動的機械的研究において実証された[30]。 これは、前縦靭帯および中位の第3椎間板に示される力よりもかなり大きいと報告されている。

頚部の安定性に関連して莢膜靭帯の強度について多く報告されているが、損傷を受けた場合、これらの靭帯は強度を失い、頸椎を適切に支持することができない。 例えば、動物研究では、羊膜嚢状靭帯および頚部ファセットの連続的除去が、特に尾側進行を伴う軸回転、屈曲および伸展において、運動範囲の過度の増加を引き起こすことが示された[31]。 ヒトの死体研究は、関節嚢の靱帯の切除または損傷が、軸回転および側屈を有意に増加させることも示している[32、33]。 具体的には、片側椎間関節への損傷を伴う軸回転の最大増加は、294%[33]であった。

莢膜靭帯の弛緩は、鞭打ち傷害のような単一のマクロスラウマとして瞬間的に生じ得るか、または反復的な前方または屈曲頭部姿勢からのものなど、累積的な微小外傷として徐々に発生し得る。 いずれの場合も、傷害の原因は類似の機構によって起こり、嚢状靱帯の弛緩および椎間関節の過剰運動をもたらし、しばしば頚部の不安定性をもたらす。 靭帯の弛緩が経時的に発現する場合、それは「クリープ」(図3)と定義され、一定または反復的なストレス[34]下での靭帯の伸びを指す。 これは低レベルの亜破損靱帯損傷を構成するが、頚部不安定症例の大部分を占める可能性があり、痛み、めまい、耳鳴り、または子宮頸部不安の他の付随症状を無効にすることにより潜在的に人を無力化する可能性がある。 そのような症状は、莢膜靭帯の伸長誘発株によって引き起こされ得る; これらの菌株は、靱帯繊維における後続の亜破損裂傷または莢膜靱帯における弛緩に進行し、頸椎椎間関節のレベルで不安定になることがある[35]。 これは、首が回転している(すなわち、左または右を見ている)ときに最も顕著であり、動きが「ひび割れ」または「ポップ」音を引き起こす。 臨床的不安定性は、正常な生理学的負荷下で脊椎間の正常な運動および機能を維持することができず、神経への刺激を誘発し、構造的変形を引き起こし、および/または痛みを無力化することを示している。

図3靭帯の弛緩とクリープ
図3: 靭帯の弛緩およびクリープ。 靭帯が一定のストレス下にあるとき、靭帯はクリープ挙動を示す。 クリープとは、時間に依存したひずみの増加を指し、靭帯を経時的に「引き伸ばす」ようにします。

さらに、椎間関節を囲む嚢状靭帯は、機械受容性および侵害受容性の自由な神経終末によって高度に神経支配される。 したがって、椎間関節は長い間、慢性的な脊椎痛[36-38]の主な原因と考えられてきました。 さらに、これらの神経への損傷は、椎間関節の全体的な関節機能[39]に影響を及ぼすことが示されている。 したがって、莢膜靭帯およびその後の神経終末への損傷は、頸椎の椎間関節における慢性疼痛および関節の不安定性の有病率を説明することができる。

子宮頸部不安定

臨床的不安定性は過運動性と混同されるべきではない。 一般に、不安定性は、結果として生じる症状を伴う病的状態を意味し、一方、関節の移動は単独では起こらない(図4)。 臨床的不安定性とは、特定の脊柱セグメントに力を加えると、通常の構造で見られるよりも大きな変位を生じるときの特定の脊柱セグメントの運動剛性の喪失を指す。 臨床的不安定性では、痛みや筋痙攣のような症状は、その最も遠い延長点だけでなく、人の動作範囲内で経験することができる。 これらの筋肉痙攣は激しい痛みを引き起こすことがあり、靭帯が靭帯反射に関与する感覚器官として働くという点で、頸部不安定に対する身体の反応である。 靭帯 - 筋反射は、靭帯の機械受容体(すなわち、パキスタンの小体、ゴルジ腱の器官、およびruffiniエンディング)から発せられ、筋肉に伝達される保護反射である。 これらの筋肉のその後の活性化は、関節を横断する筋肉によって直接的に、または関節を横断せず関節運動を制限する筋肉によって間接的に関節の安定性を維持するのに役立つ[40]。

図4子宮頸部脊髄運動連続体およびプロラセラピーの役割
図4: 子宮頸部脊髄運動の連続体およびプロラセラピーの役割。 軽度または中等度の脊椎不安定性が起こる場合、症状の緩和および正常な頚部関節機能の回復には、プロラセラピーによる治療が有効である可能性がある。

神経学的傷害が存在する臨床的に不安定な関節では、脊椎そのものを含む可能性がある安定化構造において関節がより深刻な損傷を受けたと推定される。 対照的に、超可動である関節は、分節運動性が増加することを実証するが、生理学的負荷[41]下では、その安定性を維持し正常に機能することができる。

臨床的不安定性は軽度、中等度または重度に分類することができ、後に壊滅的傷害と関連する。 頸椎の​​軽度の損傷は、骨折の証拠のない軟部組織のみを伴うものであり、子宮頸部の不安定性の最も一般的な原因である。 軽度または中程度の臨床的不安定性は、神経性(身体的)傷害がなく、典型的には累積微小トラウマによるものである。

頸椎不安の診断

子宮頸部の不安定性を診断することができる標準化された機能的なX線または画像化がまだ存在しないか、または骨病変の存在なしに破裂した靭帯組織を検出することができるため、子宮頸部不安定性は主として患者の病歴(すなわち症状)および身体検査に基づく診断である[24 ]。 例えば、頸椎の凍結切片標本の1回の剖検研究では、[42]は10本の巨大な靱帯破壊の1つだけがX線で明らかであった。 さらに、放射線学的検査および臨床症状[43-45]に示される不安定性の程度または過運動性の間には、しばしば相関がほとんどない。 重度の鞭打ち傷害の後でさえ、軟部組織損傷の存在を示す臨床所見にもかかわらず、単純な放射線写真は通常通常は正常である。

しかし、機能的コンピュータ断層撮影(fCT)および磁気共鳴画像(fMRI)スキャンおよびデジタル運動X線(DMX)は、子宮頸部不安定病変[46、47]を適切に描写することができる。 軟部組織靭帯または鞭打った傷害を診断するためのfCTを用いた研究は、この技術が軸回転中に過度のアトサントまたはアトランス軸方向運動を示す能力を示している[48、49]。 これは特に、患者が頚部の不安定性の徴候および症状を有しているが、正常なMRIを中立位置に有する場合に適切である。

静的標準フィルムとは対照的に、機能イメージング技術は、頸椎の不安定性の適切な放射線描出のために必要である。なぜなら、それらは移動中の首の動的イメージングを提供し、頸部不安定性の存在および程度を評価するのに役立つからである(図5 )。 シャープ・パーサー試験、上頚部屈曲試験、および頸部屈曲回転試験のような、上部頸部不安定性に特化した特殊な身体検査検査もある。

図5 3D上頸椎のCTスキャン
図5: 3D上頸椎のCTスキャン。 C1-C2の不安定性は、C70関節面の1%が、患者が頭を回転させたとき(C2ファセットの頭を左に、次に右に回す)CXNUMXファセット上で後方に(矢印)脱落するので、患者で容易に見ることができます。

上部頸部病理および不安定性

放射線学的には明らかではないが、頭部または頸部の外傷によるC0-C2の靭帯および軟部組織への損傷は、子宮頸部骨折または骨の亜脱臼よりも起こりやすい[50、51]。 C0-C1-C2複合体にわたる靭帯の弛緩は、回転運動、特に横方向の曲がりおよび軸方向の回転を伴う回転運動[52-54]によって主に引き起こされる。 重度の頚部の外傷、特に回転を伴う頸部の外傷では、全病変の25%までがC0-C2単独の靭帯損傷に起因する可能性がある。 C0-C2領域のいくつかの靭帯損傷は重度の神経学的障害を引き起こす可能性があるが、大部分は頚部後の外傷における最も慢性的な痛みの主な原因である椎間関節および莢膜靱帯に副次的な負荷を伴う[26、55] 。

骨関節の安定性の欠如のために、上部頸椎はまた、高速操作によって傷害を受けやすい。 アトランス・アキシャル・ジョイントの嚢状靭帯は、特に回転スラストによる損傷を受け易いため、機械的に操作する際に危険にさらされる可能性があります。 後頭部関節の嚢状靱帯は、関節安定剤として機能し、過剰または異常な力[46]によっても傷ついてしまう可能性がある。

嚢状靭帯に過剰な張力が加わると、上部頸部不安定性および関連する頚部痛[56]を引き起こすことがある。 正常な[70]の57%まで増加した大きさで、嚢状靱帯の張力が異常な姿勢の間に増加し、莢膜靱帯の伸長を引き起こす。 このような過剰な靭帯の伸長は、椎間関節への弛緩を誘発し、それにより、頚椎を更なる変性変化及び不安定の危険にさらす。 したがって、椎間板靱帯損傷は、椎間関節の安定化構造[58]における弛緩のために、上部頚部不安定性を引き起こすようである。

子宮頸部疼痛対子宮頸部放射性疾患

国際疼痛学会(IASP)によると、子宮頸部脊髄痛は、頸椎の後部のどこかで知覚される痛みであり、「痛み」と定義されています。第1の胸部棘突起の先端を通る想像上の横断線によって、および側頭の横側境界に接する矢状面によって横方向の線によって下側に優れた髄腔ラインが形成される」[59]。 同様に、頸部痛は、仮想的な横断面によって等しく、上部頸部痛およびより低い頸部痛に分けられる。 子宮頸部痛は、第2の子宮頸部棘突起の先端を通る上向きの鼻骨線と仮想の横断線との間に位置する痛みである。 同様に、子宮頸部 - 後頭部痛は、子宮頸部領域で発生し、頭蓋骨の後頭領域に及ぶと認識される。 これらの痛みの原因は、根底にある頚部の不安定性の結果である可能性があります。

IASPは、脊髄神経またはその根の侵害受容性の求心性線維の異所的活性化または他の神経障害性機構のいずれかによって引き起こされる四肢または幹壁で生じるものとしての根尖痛を定義し、エピソード的、再発性または突発的であり得る[59] 。 臨床的に、回転子の不安定性を有する患者では、軸回転中の30%の脊髄症状の割合がある[60]。 したがって、根治的痛みはまた、根底にある子宮頸部の不安定性の結果であり得る。

嚢状靱帯の弛緩では、子宮頸部の変性が進行するにつれて肥厚性の椎間関節の変化が起こり、頚部の神経根に侵入し、神経孔を通って脊椎を出るときに侵入する。 この状態は、頚部根神経障害と呼ばれ、痛み、しびれ、および/または冒された神経根の領域の上肢を刺すようなものとして現れる。

神経孔は、椎間板と、前側のLuschka(椎体無し関節)と後側の椎間関節との間にある。 それらの上下縁は隣接する椎体の茎である。 頚部神経根は、椎間関節の後方またはLuschkaと椎間板の関節の前方または前方への圧迫または傷害に脆弱である。

死体研究は、頸部神経根が神経孔(72)の空間の61%を占めることを実証しています。 通常、これは神経が最適に機能するための十分な余裕を提供する。 しかし、頚椎および莢膜靱帯が損傷すると、椎間関節肥大および頸椎椎間板の変性が起こり得る。 時間が経つと、これは神経孔の狭窄(図6)および神経根のための空間の減少を引き起こす。 別の靭帯損傷の場合、肥大した骨の不安定性が起こり、神経孔の開存性をさらに低下させる可能性がある。

マルチレベル子宮頸部不安定性を示す6デジタルモーションX線
図6: マルチレベルの子宮頸部不安定性を示すデジタルモーションX線。 神経腔の狭窄は、側方屈曲対側屈の2つのレベルで示される。

嚢状靱帯損傷による子宮頸部根神経障害は、典型的には、回転、屈曲または伸展中など、首が特定の方向に動かされたときにより顕著になる断続的な根本症状を生じる。 これらの動きは、頚部神経根の侵食を引き起こし、その後、冒された神経の経路に沿って感覚異常を引き起こし、頚部根神経障害の証拠が標準的なMRIまたはCTスキャンに現れないことがあります。

椎間板ヘルニアが子宮頸部神経根症の原因である場合、通常、頸部神経根の侵食を招く重大な首や腕の痛みが急性に発症し、しばしば頸部神経根の侵食を引き起こします。 椎間板ヘルニアはルーチン(機能しない)MRIまたはCTスキャンで容易に見ることができますが、子宮頸部の不安定性による根尖症の証拠は得られません。 椎間板ヘルニアによる急性神経根症の症例の多くは、非外科的な能動的または受動的治療で解決されるが、一部の患者では臨床的に重要な症状が継続しており、その場合には前部頸部の減圧または後部頸部椎弓切開術]。 子宮頸部神経根障害はまた、頸椎の全体的な変性を伴う老化に起因する疾患である脊柱症と強く関連している。 この障害は、椎間板の退化性変化、椎体の骨棘症、および椎間関節および層状アーチの肥大を特徴とする。 2つ以上の子宮頸部脊柱セグメントが通常脊柱症に罹患するので、根尖症の症状は片側性軟椎間板ヘルニアの典型的なものよりも拡散し、頸部、中腰背部、および痛み感を伴う腕の痛みとして現れる。

Dr Jimenez White Coat

アレックス・ヒメネスの洞察

「私は自動車事故に巻き込まれ、慢性頸部の痛みを残しました。 私の痛みを伴い続ける首の痛みの症状を引き起こす原因は何ですか? 自動車事故に巻き込まれることは、精神的および肉体的害をもたらす恐れのある経験になります。 自動車事故後の慢性頸部痛の報告例の背後には、鞭打ち傷害が最も一般的な診断のいくつかである。 自動車衝突時には、衝撃の力が突然頭を前後に揺らすことがあり、複雑な構造が頸椎の自然な範囲を超えて伸び、損傷やけがの原因となります。次の記事では、頚部の痛みのための傷害のメカニズムと効果的な治療方法。

子宮頸部脊柱症:不安定性のつながり

脊椎症は、以前は機能不全段階、不安定段階、および安定化段階(図7)[63]の3段階で起こると記載されている。 脊椎症は、回転ひずみや脊柱への圧縮力などの反復的な外傷で始まります。 これは、莢膜靭帯を危険にさらす可能性のある椎間関節の損傷を引き起こす。 機能不全期は、莢膜靱帯傷害およびその後の軟骨変性および滑膜炎を特徴とし、最終的に頸椎における異常運動をもたらす。 時間とともに、椎間板の弛緩が起こるにつれて椎間関節の機能不全が激化する。 この伸張応答は、頚部の不安定性を引き起こし、不安定な段階を示す。 この進行中、進行中の変性が、頚椎の他の部分とともに、椎間板内で起こっている。 不安定な頸椎部では、強直(関節の硬直化)も起こることがあり、まれに近くの脊髄神経の挟み込みを引き起こします。 身体が脊椎を治癒しようとすると、安定化段階が限界骨棘の形成とともに起こる。 これらの橋渡しする骨の沈着物は、罹患した椎骨[64]の自然な融合をもたらす可能性がある。

図7子宮頸部OA退縮カスケードの3段階
図7: 子宮頸部OA:変性カスケードの3期。 Kramer WCらの許可を得て使用。 外傷後骨関節炎の病因メカニズム:早期介入の機会。 Int J Clin Exp Me d。 2011; 4(4):285-298。

しかしながら、変性カスケードは、症状が顕著になるずっと前から始まっている。 最初は、脊柱症は静かに発症し、無症候性である[65]。 子宮頸部脊椎症の症状が発現するとき、それらは一般に非特異的であり、首の痛みおよび硬直[66]を含む。 まれにしか神経学的症状が発症しない(すなわち、神経根障害または脊髄障害)、先天性に狭窄した脊柱管腔[67]を有する人々で最も頻繁に起こる。 身体検査の所見は、しばしば、首の動きの制限された範囲および局所的な圧痛の不十分に限定される。 臨床症状は、新しい子宮頸管靱帯損傷が根底にある変性に重なるときに一般的に現れる。 脊椎症および下層の莢膜靭帯の弛緩の患者では、神経孔が椎間関節肥大および椎間板変性から既に狭窄している可能性があり、新たな傷害が既存の神経根をより容易に挟むことができるため、

したがって、頚椎における椎間関節/莢膜靱帯傷害は、頸部脊椎症における変性カスケードの病因の根拠となり、付随する頚部の不安定性の原因となる可能性があると確信する理由がある。 研究の研究で椎間板変性を開始するために使用される動物モデルは、椎間関節の損傷[68、69]による脊椎不安定性の誘発を示している。 同様のモデルにおいて、椎間関節の嚢状靱帯損傷は、頸椎の多方向の不安定性を引き起こし、頸椎椎間板損傷[31、28、70、71]と相関する軸回転運動を大きく増加させた。 ヒト検体を使用して、椎間板切除術などの外科的処置は、関与するセグメントの運動の即時増加を引き起こすことが示されている[72]。 頸部癒合などの安定化処置は、隣接する頚椎脊髄セグメントに圧力を増加させることが知られている。 これは隣接セグメント疾患と呼ばれる。 これは、子宮頸部の融合からの運動の喪失が、椎間関節[73-75]における隣接する椎骨に大きな剪断および増加した回転および牽引応力を生じさせる場合に生じることがある。 したがって、不安定性は、融合セグメントから「上へ」または「下降」することができ、椎間板変性を促進する。 これらの知見は、隣接する脊椎セグメントにおける医原性導入ストレスおよび不安定性が、頸部脊椎症[74]の病因に寄与するという理論を裏付けている。

ふらふらトラウマ

ウサギの外傷による頸部靭帯の損傷は十分に研究されているが、これらの傷害は依然としてしばしば診断および治療が困難である。 標準的なX線は、しばしば現在の頚部損傷を明らかにしておらず、その結果、これらの傷害は報告されず、患者は状態[76]に対して適切な治療を受けずに残される。 難しさの一部は、頚椎への重大な傷害は一部の患者では軽度の症状しか引き起こさないという事実にありますが、軽い傷害は他の人に重度の症状を引き起こす可能性があります[77]。 これらの症状には、上肢の急性および/または慢性頸部痛、頭痛、めまい、めまいおよび感覚異常が含まれる[78、79]。

MRIと剖検の研究では、鞭打ち患者の慢性症状と、頸椎椎間板、靱帯および椎間関節の損傷との間の関連が示されている[42、80]。 ウサギの患者の首の痛みを和らげることの成功は、嚢状靭帯神経を含む椎間関節求心路の神経ブロックおよびラジオ波焼灼を用いた多数の臨床研究によって立証されており、椎間関節の損傷と莢膜靭帯との関係に関する関心が高まり、鞭打ち後の機能不全および関連症状[36、81]。

複数の研究は、頸部への鞭打ち[55、57、82、83]の傷害の主要な解剖学的部位として子宮頸部椎間関節およびそのカプセルを関与させている。 他の人は、頸椎後面関節および莢膜靭帯の損傷が、鞭打ち後の患者の痛みの最も一般的な原因であることを示している[84-86]。 死体およびヒト被験者の両方のCinephotographicおよびcineradiographic研究は、鞭打ちの状態で結果として生じる高い衝撃力が頚部脊柱不安定性[84]の可能性と怪我につながる頚椎椎間板関節に発生することを示している。

むち打ち傷跡では、10倍までの椎間板靱帯対椎間板[30]に対してより多くの力が吸収される。 椎間板とは異なり、椎間関節は、この力を分散させる領域がはるかに小さい。 最終的に、莢膜靭帯は伸長し、影響を受けた脊髄セグメントに異常な動きをもたらす[30、87]。 このシーケンスは、ねじり荷重および結果として生じる椎間板変性[88-90]後のセグメント運動特性のin vitroおよびin vivo研究の両方で文書化されている。

椎間関節および莢膜靭帯に対する損傷は、模擬鞭打ち傷跡[91]中にさらに確認されている。 頭が回転している間に力が加えられたとき(軸回転)など、せん断力の間に最大の莢膜靭帯のひずみが生じる。 上部頸椎部の髄膜靭帯損傷は圧縮力のみで起こりうるが、せん断力、圧縮力および曲げ力の組み合わせによる運動がより起こりやすく、通常負傷を引き起こす負荷がはるかに小さい[92]。 しかし、鞭打ち傷害の際に頭を回すと、頚部椎間関節および莢膜靱帯のピークひずみが34%[93]だけ増加する可能性があります。 自動車後部衝突シミュレーションで報告された1件の研究では、衝撃時にヘッドを47°回転させた場合の196%〜60% 。 その衝撃は同側の椎間関節において最大であり、左頭部の回転が左椎間関節包に高い靭帯ひずみを生じた。

他のシミュレーションでは、鞭打ち傷害は、対照または計算モデル[30、87]と比較して、頚部靱帯強度(すなわち、破壊力および平均エネルギー吸収能力)を低下させることが示されている。 このような外傷は莢膜靭帯の弛緩を引き起こすので、これは莢膜靱帯の場合に特に当てはまる。 1つの研究は、莢膜靭帯の鞭打ち損傷が、対照[85]のそれと比較して、靱帯伸長(すなわち弛緩)の275%〜30%増加をもたらしたことを決定的に示した。 この研究はまた、嚢状靭帯の張力が椎間関節から痛みを生じるために必要であるという証拠を報告した。

脳卒中後症候群

米国では毎年約1.7人が外傷性脳傷害(TBI)と診断されていますが、多くの人が診察を受けていないため未診断です[95]。 これらのうち約75% - 90%は脳震盪と診断されます。 脳震盪は軽度のTBIと考えられ、生体力学的な力から生じる一時的な神経機能不全として定義され、通常、意識の喪失を引き起こす可能性のある、または引き起こさない頭部への突然のまたは強力な打撃。 脳震盪は、イオン性、代謝性、および生理学的事象[96]の弾幕を誘発し、患者の身体的、認知的および感情的状態に影響を与える症状と、睡眠サイクルに影響を及ぼす症状の複合体に現れ、期間[97]の期間。 脳震盪の診断は、以下のいずれかの存在によって行われる:(1)意識の喪失; (2)傷害の直前または直後の事象に対する記憶喪失; (3)事故時の精神状態の変化; (4)一過性であるかもしれないし、そうでないかもしれない局所神経学的欠損[98]。

ほとんどの人は1回の脳震盪から回復しますが、損傷の1年後に頭痛、頸部痛、めまい、記憶障害などの残留効果が残り1/3になります[99]。 このような症状は、脳震盪後症候群(PCS)として知られている障害を特徴づけ、WADの症状に非常によく似ている。 両方の疾患はおそらく頸部の不安定性によるものである。 国際疾病分類(10th Revision:ICD-10)によると、PCSの診断は、頭部外傷を患って意識消失を起こし、次の症状のうち少なくとも3つ4週間:頭痛、めまい、疲労、倦怠感、睡眠障害、集中困難、記憶問題、ストレスに耐える問題[100、101] 軽度の頭部外傷を有するPCSの治療を受けた患者のうち、80は慢性の毎日の頭痛を有すると報告している。 驚くべきことに、中等度から重度の頭部外傷を有する患者のうち、27%のみが慢性の毎日の頭痛[102]を有すると報告した。 脳の頭蓋骨への影響は、脳組織損傷の根底にある特定のメカニズムがまだ研究されているにもかかわらず、脳震盪とPCSの両方の症状の原因であると考えられている。

PCS関連症状は、WADに共通する多くの症状と重複する。 この症候群の重複は、首に近い頸椎に影響を及ぼす根底にある頚部の不安定性の共通の病因に起因する可能性がある。 データは、鞭打ち傷害から上部頸椎を損傷した患者の半数以上が同時に頭部外傷[103]の徴候を有することが明らかになった。 このような急激な首の動きで脳と頭蓋骨の衝突が起こると、鞭打ちが脳震盪のような軽度の脳損傷を引き起こすことが示された。 したがって、脳震盪は首に鞭打ち型の傷害を伴うと推測することができる。

脳震盪と鞭打ちの生体力学には独自の違いがあるにもかかわらず、両タイプの外傷には頭頸部の加減速が含まれます。 頭部へのこの衝撃は、脳および頭蓋骨に損傷を与えるだけでなく、これらの組織が同じ加速 - 減速力を受けるので、頸部の周囲の靭帯を損傷する可能性がある。 鞭打ち傷害の際に生じる加速 - 減速力は驚異的です。 直接頭部外傷は、物体が頭部[10,000、15,000]に当たる角度に応じて、頭部の1,000と1,500 Nの間、および首の104と105 Nの間の力を生成することが示されている。 子宮頸管靭帯は、5 N程度の力で弛緩することがありますが、ほとんどの研究では100 N [30、55、91、106]を中心に頸部靭帯の破損が報告されています。 7 mphから8 mphまでの低速の後部衝突衝突でさえも、ヘッドが4分の1秒未満で18 Gほど大きな力で7インチほど移動することがあります[107]。 数多くの実験的研究は、加速および減速の方向および程度、並進および回転力、頭および首の位置および姿勢、さらには座席構造を含む傷害メカニズムの特定の特徴が、頸椎損傷の程度および実際の構造が損傷した[23、27、35、50、61]。

PCSまたはWADの症状の真実性に関する議論は依然として続いている。 しかし、症状の発症および持続時間は個体間で大きく異なる可能性があるため、これらの疾患の病因に関する単一の説明はない。 PCSおよびWADの症状の多くは、特に被験者が身体活動または認知活動に従事しているときに、時間と共に増加する傾向がある。 慢性頸部痛は、しばしば、脳震盪および鞭打ちの両方の長期間の結果として記述され、これらの外傷の間に最も怪我をする可能性のある構造が、頚部椎間関節の嚢状靭帯であることを示している。 このことを考慮して、我々は、最良の科学的解剖学的説明は、靭帯損傷(弛緩)に起因する上部頸椎の頸部不安定性であることを提案する。

Vertebrobasilar Insufficiency

後頭部 - アトランソ - アキシャル複合体は、椎骨動脈との独特の解剖学的関係を有する。 下部頚椎では、脊柱動脈は、C3-C6からの横行孔を通って移動するとき、比較的直進的な経路にある。 しかし、上部頚椎では、動脈はより蛇行状の経路をとる。 椎骨動脈はC2の横断過程から出現し、横方向に掃引してC1(アトラス)の横孔を通過する。 そこから、それはC1 [1、108]のレベルで正中線平面から最も遠い、C109の側方塊の後ろ境界を通過する。 この経路は、椎骨動脈の血流を損なうことなく正常な頭部回転を可能にする余分な空間を作り出す。

頚椎における横断プロセスの管内の椎骨動脈の位置を考慮すると、頭部の位置決めが椎骨動脈の流れをどのように変化させるかを見ることが可能である。 正常な生理的首の動き(すなわち、首の回転)さえ、少なくとも1つの椎骨動脈[20]において30%または110%までの部分的な閉塞を引き起こすことが示されている。 研究では、反対側の首回旋は、主にアトラスと軸の間の椎骨動脈の血流変化に関連していることが示されている。 このような変化は、骨棘が頚椎[111、112]に存在する場合にも起こり得る。

これらの動脈が脳幹で基底動脈を形成し、脳の後半に循環を提供するために動くので、椎骨動脈における適切な血流が重要である。 この血液供給が不十分であると、頸部痛、頭痛/片頭痛、めまい、落下攻撃、めまい、嚥下困難や発声困難、聴覚障害や視覚障害などの脊髄脳波不全(VBI)が発症して発症することがあります。 VBIは通常、アテローム性動脈硬化症または頸部脊椎症の存在下で起こるが、頭部の極端な回転または伸長によって断続的な椎骨動脈閉塞が起こる場合にも症状が起こる可能性がある[113、114]。 椎体動脈の機械的圧迫は、頚部骨棘、線維帯および骨突出を含む他の異常と共に起こり得る[115、116]これらの異常は、頸動脈操作後の椎骨動脈損傷の約半分に見られた最近のレビュー[117]。

ウサギの傷害自体は、椎骨動脈の血流を低下させ、VBI [118、119]の症状を誘発することが示されている。 ある研究では、脊椎動脈瘤の動脈系[118]に循環障害を引き起こすほどの外傷を負っていれば、鞭打ったままのめまいやめまいを患っている患者にVBIがある可能性があるとの結論が出されました。 他の研究者らは、特に頚椎上部の過度の頸部不安定性が頚部回転中の椎骨動脈の閉塞を引き起こし、血流を傷つけ症状を引き起こすと推測している[120-122]。

バレーリエウ症候群

あまり知られていないが、比較的一般的な首の痛みの原因は、Barré-Liéou症候群です。 1925、Jean AlexandreBarré、および1928、Yong ChoenLiéouは、それぞれ頭痛、眼圧/痛み、めまい、および血管運動障害を呈する症候群を個別に記述し、これらの症状が後頸部交感神経鎖の変化に関係していると提唱し、子宮頸部脊椎関節炎または他の関節炎疾患[123、124]を有する患者の椎骨動脈血流。 Barré-Liéou症候群は、後頸部症候群または後部頸部交感神経症候群とも呼ばれ、その理由は、椎骨神経およびそれを取り囲む交感神経ネットワークからなる後部頸部交感神経系の崩壊によってより多く発達すると推定されるからである。 症状には、頸部の痛み、頭痛、めまい、めまい、視覚および聴覚障害、記憶および認知障害、および片頭痛が含まれる。 子宮頸部の関節炎または傷害は、椎骨および交感神経の両方の刺激を引き起こすと推測されている。 結果として、現在の治療法は、子宮頸部不安定性の解明と後交感神経への影響を中心にしている[124]。 他の研究では、Barré-Liéouの交感神経症状と子宮頸部の不安定性との間に関連性が認められ、不安定性がプロラセラピー[125]を含む様々な手段によって対処された場合の報告例で成功例が示されている。

Barré-Liéou症候群の症状もまた、外傷後に発症するようである。 ある研究では、Barré-Liéou症候群の診断を受けた患者の87%は、子宮頸部中央部の子宮頸部傷害を経験した後に症状を呈し始めたと報告している[126]。 関連する研究では、この同じ領域が他の脊髄分節よりも不安定であることが判明しました[127]Barré-Liéou症候群の特徴であるさまざまな症状は、PCSまたはWADの症状を模倣することができます。決定的な診断を下す(図128)。 Barré-Liéou症候群の診断は、交感神経系の刺激を記録するための最終的な試験がまだないため、臨床的根拠に基づいて行われます。

慢性徴候における図8の重複
図8: アトランタ不安定性、鞭打ち随伴障害、脳震盪後症候群、脊髄脳卒中の不全、およびBarré-Liéou症候群の間の慢性的な症状の重複。 これらの症状の間には、子宮頸部の不安定性に起因すると思われるため、症状に重大な重複があります。

その他の子宮頸部痛

種々の引張力は、靭帯、椎間板の環および核、および脊髄を含む種々の粘弾性脊柱構造に異なる変形を伴う歪みを呈する。 これに加えて、死体実験は、脊髄および椎間板コンポーネントが脊柱靱帯[129、130]よりもかなり低い引っ張り力を有することを示している。 カプセル化された機械的受容器および自由な神経終末は、脊椎のものおよび軟骨以外のすべての関節組織[131]を含む身体のすべての主要な関節の関節周囲組織において同定されている。 外傷によって負傷した神経支配構造は、潜在的な慢性疼痛発生因子である。 これには、椎間板、椎間関節、脊髄筋、腱および靱帯[132-134]が含まれる。

ヒト背骨の後部靱帯構造は、パキスタンの小体、ゴルジ腱の器官、およびルフィニ(ruffini)および自由な神経終末[40]の4種類の神経終末によって支配される。 これらの受容器は、関節の逸脱および莢膜の緊張を監視し、関節の変性および不安定性を防止する防御的筋反射を開始し得る(特に、前および後縦方向、黄色靭帯、嚢状、棘突起間および棘上などの靱帯が過度に緊張している場合)[131 、135]。 集合的に、脊柱の頸部はすべてのレベルおよびすべての成分において変形を持続する危険性があり、閾値が特定の成分で特定のレベルを横切るとき、相対的な増加した柔軟性または関節の弛緩のために傷害が差し迫っている。

他の外傷の原因

前述したように、髄核は、圧縮負荷およびそれを囲む線維輪を支持し、張力、剪断およびねじれに抵抗するように設計されている。 環系線維内の応力は、およそ4-5と核[136、137]に加わる応力との積である。 さらに、輪状線維は、ねじり負荷中に9%まで伸長するが、これは25%[138]以上の破壊時の極限伸びを依然としてはるかに下回っている。 核内の圧力は、ディスクの単位面積あたりの外部印加荷重の約1.5倍です。 このように、核は比較的非圧縮性であるため、椎間板が負荷下で膨らむことで椎間板が損傷を受けやすくなる - 生理学的負荷[1]あたり約139 mm。 椎間板が盛り上がっていくと(ヘニヤート)、弾力が失われ、圧迫する能力がさらに損なわれます。 衝撃吸収はもはや周囲の弁輪によって均一に広げられたり吸収されたりせず、椎間板および隣接する椎骨の剪断、回転、牽引力がより大きくなる。 椎間板ヘルニアの重篤度は、線維輪の破裂なしに椎間板の突出部および隆起部から椎間板の突出部に及ぶことがあり、その場合、輪が穿孔され、構造が裂ける。

Dr Jimenez White Coat

アレックス・ヒメネスの洞察

「どのようなタイプの治療法が、慢性頸部痛の症状を効果的に軽減できるか? 慢性頸部痛の症状は衰弱させる可能性があり、最終的には日々の活動を続ける個々人の能力に影響を与える可能性があります。 頚部痛は、様々な傷害および/または頸椎に影響を及ぼす症状において共通の症状であるが、首の痛みを改善するために利用可能な多数の治療方法もある。 しかし、いくつかの治療法は、頸椎の安定化および損傷または損傷した組織の治癒にも取り組んでいる。 カイロプラクティックケアは、いくつかの調査研究によると、院内感染の頸部痛の症状を治すのに役立つことが示されている、よく知られている代替治療法です。

治療オプション

注射療法、神経ブロック、動員、操作、代替医療、行動療法、融合、およびNSAIDSおよびアヘン剤などの薬理学的薬剤を含む、慢性頸部痛および子宮頸部不安定性の管理のための多数の治療法がある。 しかし、これらの治療法は、頚椎の安定化または靭帯損傷の治癒に対処しておらず、したがって、長期治癒の選択肢を提供していない。 実際、コルチゾンの注射は、治癒を促進するのではなく、阻害することが知られている。 この論文の前半で述べたように、ほとんどの治療法では、有効性に関する限られた証拠しか示されておらず、結果に一貫性がありません。 急性から慢性の頸部痛の物理的様式に関する1月2000から7月2012までの文献の系統的レビューでは、鍼治療、レーザー療法、および断続的牽引が中程度の利益[5]を提供することが判明した。

文献には、慢性頸部痛の治療のための注射療法に関する多くの報告が含まれている。 ステロイド有りまたは無しの子宮頸部硬膜外硬膜外注射は、頚椎椎間板ヘルニアおよび根髄炎[140]を有する患者の疼痛および機能の有意な改善をもたらし得る。 無作為化二重盲検対照試験では、1年の結果の追跡調査として、椎間関節痛の管理におけるステロイド有りまたは無しの治療用子宮頸部内側枝ブロックの臨床効果が、 2年の[141]。

しかし、他の多くの研究では、より不明瞭な結果が得られています。 治療的子宮頸部関節介入の系統的レビューでは、子宮頸部ラジオ波神経切開術と子宮頸部中央枝ブロックの両方の証拠は公平であり、局所麻酔薬とステロイドを伴う子宮頸管内注射の場合、証拠は限られている[142]。 後の対応する系統的レビューでは、同じグループの著者は、診断的椎間関節神経ブロックの証拠の強さは良好である(≧75%の疼痛緩和)が、二重ブロック(50%〜74%疼痛(50%から74%までの疼痛緩和)および(≥75%の疼痛緩和)[6]についても同様であった。 子宮頚部硬膜外硬膜外注射を評価する別の系統的レビューでは、注射療法が頸部起源の慢性難治性疼痛を軽減するのに有意な効果を示したことが示された。 長期救済に特有の証拠レベルは、レベルII-1 [143]であった。

手技療法の場合、ランダム化試験の結果は、無作為化慢性頸部痛の治療において、無作為化された家庭練習が、手動療法と併用される場合とされない場合があるという仮説に異議を唱えた[7]。 この研究では、3つのグループの間で第一次アウトカムと第二次アウトカムに差はなく、予防的フェーズに関連した健康関連クオリティーの変化はなかったことが分かった。 共同介入群の参加者は、痛みや障害を少なくしておらず、2つの他のグループの参加者よりも、治験の予防段階において、機能的にうまく機能しなかった。 慢性非特異的頸部痛の患者の症候性および無症候性の頸部レベルで関節可動動を適用する効果を比較する別の無作為化臨床試験は、安静時の群間の治療直後の疼痛強度に有意差がなく、痛みを伴う活動的運動、脊椎触診[8]。 マッサージ療法も同様の結果が得られなかった。 頚部痛に対するマッサージ治療を受けたグループとセルフケアブックを読んでいるグループとを比較した1つの無作為試験では、「強くない」[144]と報告されたが、慢性非喫煙者を減らす特有の首の痛み[9]。 鍼治療は頚部の痛みを軽減する上でより良い結果をもたらすと思われますが、自律神経系への影響については疑問が残るため、鍼治療そのものが場所によって異なる物理的効果を持つことを示唆しています[145]。

子宮頸椎椎間板ヘルニアは、慢性頸部および脊髄疼痛の主要な原因であり、一般に外科手術または硬膜外注射によって治療されるが、それらの有効性は引き続き議論の余地がある。 局所麻酔群の患者の72%およびステロイド群の局所麻酔薬の患者の68%は、少なくともベタメタゾンと混合したリドカインまたはリドカインと硬膜外注射による治療に患者を割り当てる無作為化二重盲検対照臨床試験において、いずれかのプロトコルが頸椎椎間板ヘルニア[50]からの慢性疼痛を緩和するのに有益であることを示す、2年の146年の疼痛および障害におけるXNUMX%の改善。

頸部痛に対する薬理学的介入の系統的レビューでは、Peloso、et al。 [147]は、向精神薬である塩酸エペリゾン(筋弛緩薬)の効果が小さいという証拠を除いて、ほとんどの研究では、低レベルから非常に質の低い方法論的証拠があると報告しています。 さらに、彼らは、ステロイドを伴う椎間関節の内枝ブロックに対する長期的な利益と、ほとんどの薬理学的介入についての証拠の欠如があると結論して、ボツリヌス毒素-Aに対する短期間の利益に対する証拠を見出した。

集合的に、慢性頸部痛の治療のためのこれらの介入は、それぞれ一時的な救済を提供することができるが、治癒には不十分なものが多い。 これらの従来の治療法以外にも、鎮痛薬や鎮痛薬がありますが、その回復にはほとんど価値がなく、しばしば依存症につながるため、その使用は議論の余地があります。 関節の不安定性が慢性頸部痛およびそれに伴う自律神経症状の原因となる根本的な問題である場合、プロラセラピーはこの課題を満たす処置アプローチである可能性があります。

子宮頸部不安定性のためのプロラセラピー

今日まで、頸椎の不安定性の診断または慢性頸部痛を和らげる伝統的な治療法に関するコンセンサスはない。 このような場合、患者はしばしば痛みや症状の緩和のための代替治療法を模索しています。 プロラセラピーは、根底にある関節の不安定性や靭帯の弛緩に関連する慢性頸部痛を引き起こすものを含む、急性および慢性の筋骨格傷害を対象としたそのような治療の1つである(図9)。

靭帯と腱の9ストレス - 歪み曲線
図9: 靭帯および腱のための応力 - 歪み曲線。 靭帯は力に耐え、ポイントCまで元の位置に戻ることができます。この時点で、プロラセラピー治療は組織の締め付けに成功するかもしれません。 力が点Cを過ぎると、靭帯は恒久的に伸長または圧迫される。

慢性頸部痛および頸部不安定性は、靱帯軟骨が血液供給の不足のため治癒が遅いことが知られているため、莢膜靭帯の弛緩が原因である場合に治療することは特に困難である。 ほとんどの治療選択肢はこの特定の問題に対処していないため、長期治療を提供することには限界があります。

鞭打ちは、しばしば靭帯の弛緩を引き起こすため、代表的な例です。 WAD療法を支持する証拠の強さを評価する5部シリーズで、Teasell、et al。 [10、148-151]は、亜急性WADの治療を支持するエビデンスが十分ではなく、慢性WADの最も有効な治療法であると述べている。 さらに、柔らかい首輪を用いた不動化は回復を妨げる点では効果がなく、代わりに活性化に基づく療法が推奨されていると述べ、Hauser et al。 [40]慢性WADの場合、エクササイズプログラムは最も効果的な非侵襲的治療法であり、外科的または注射ベースの介入の最も効果的であったが、いずれの治療法[10]の有効性を証明するほど強力ではなかった。

再生療法/修復治療のプロセスは、炎症性、造粒と増殖、収縮によるリモデリング(図10)の3つの段階からなるという前提に基づいているため、Prolotherapyは再生注入技術(RIT)と呼ばれています[152 ]。 プロラセラピー技術は、痛みを伴う靭帯および腱の付着部位に刺激性の溶液(通常はデキストロース/糖溶液)を注入して軽度の炎症応答を生じることを含む。 このような反応は、血管組織の悪い組織(靭帯、腱、および軟骨)[40、153]の自然治癒過程を再現する治癒カスケードを開始する。 そうすることで、膠原性結合組織の引張強度、弾性、質量および耐荷重能力が増加する[152]。 これは、増加したグルコース濃度が、細胞タンパク質合成、DNA合成、細胞容積、および増殖を増加させ、これらはすべて、靭帯の大きさおよび質量および靱帯 - 骨接合強度ならびに増殖因子の産生を刺激する靭帯の修復と成長のために[154]。

図10プロラセラピーの生物学
図10: プロラセラピーの生物学。

最も研究されているタイプのプロラセラピーは、増殖因子としてデキストロースを使用するHackett-Hemwall法であるが、ポリドカノール、マンガン、ヒト成長ホルモンおよび亜鉛のような他の複数の選択肢が適している。 Hackett-Hemwall法に加えて、治癒を引き起こす増殖因子として血液、骨髄、または脂肪組織からの患者自身の細胞の使用を含む、細胞増殖療法と呼ばれる別の処置がある。

プロラセラピーは、関節の治療だけでなく、それを取り囲む関連する腱および靭帯の付着も含むことに留意することが重要です。 したがって、創傷治癒および疼痛解消の包括的で非常に有効な手段である。 Hackett-Hemwallプロラセラピー技術は、1950で開発され、肯定的結果[155-158]を報告する研究の数が増えているため、主流の薬に移行しています。

プロロセラピーは、首の鞭毛型軟部組織損傷のために使用されてきた長い歴史を有する。 別の研究では、早くからHackettらは靭帯損傷の治療において著しく成功した成果を挙げていた。 頭痛やWAD患者を含む子宮頸管靭帯傷害関連症状の患者の85%以上が、プロラセラピー[125、159、160]の後に痛みや関連症状が軽度でないことを報告した。 最近、Hauserらは、頸部痛を解決するための同様の好結果を報告している。 [161]。 Hooper、et al。 鞭打ち患者は各関節液(小胞)に関節内注射(プロラセラピー)を受けた症例シリーズ[162]

治療後の2、6および12月におけるネック障害指数(Neck Disability Index、NDI)のスコアが一貫して改善された。 ネック障害指数(NDI)の平均変化は、ベースライン対13.77月間で有意(0.001; p <12)であった。 子宮頸部不安定性に特異的である、Centeno、et al。 [163]は、フッ素スコープでガイドされたプロラセラピーを実施し、盲検の放射線撮影前および術後の読影で示されるように、プロラセラピーによる子宮頸部脊柱の安定化が症状緩和と相関することを報告した。 脊髄後弯症[164-166]やその他の末梢関節[167-169]ならびに先天性全身靭帯の弛緩状態[170]を含む他の靭帯損傷に対しても、プロラセラピーが有効であることが判明しました。

プロラセラピーが靭帯および他の軟組織構造の修復を誘導するという証拠は、動物およびヒトの両方の研究において報告されている。 Liuら[174]は、ウサギの靭帯へのプロラクティブ注射により、靱帯質量(175%)、厚さ(44%)、ならびに靱帯 - 靭帯の増加が見出されたが、Hackett [27]によって行われた動物研究は、骨接合強度(28%)を6週間にわたって測定した。 ヒト被験者に関する研究では、Klein et al。 [176]は電子顕微鏡法を用い、後仙石靭帯の靭帯の生検で示されるように、プロラセラピー後の0.055μmから0.087μmまでの靭帯直径の平均増加を見出した。 彼らはまた、正常な靭帯に見られるものと同様の線状の靭帯の向きを見出した。 事例研究では、Auburn、et al。 [177]は、超音波によるプロラセラピー後、腸骨柱靭帯のサイズが27%増加することを証明した。

慢性的な痛み[152、178、179]を解決するためのプロラセラピーの使用、ならびに頸椎の関節不安定に特に関係する病気に関する研究も発表されています[163、180]私たち自身の痛みクリニックでは、肩、肘、腰、股関節、膝の慢性痛を訴えた患者に対して、プロラクティブ療法を成功させた[181-186]。

結論

嚢状靭帯は、頸椎における椎間関節の主要な安定化構造であり、慢性頸部痛の主な原因として関与している。 このような痛みは、しばしば、頸椎の不安定状態を反映し、椎間板ヘルニア、頚部脊椎症、鞭打ち傷害および鞭打ち関連障害、麻痺後症候群、脊髄脳卒中の不全およびBarré-Liéou症候群のような多くの状態に共通する症状である。

嚢状靭帯が損傷すると、それらは伸長し、弛緩を示し、これが頚椎の過度の動きを引き起こす。 上部頸椎(C0-C2)では、神経刺激や眩暈、耳鳴り、めまい、顔面痛、腕の痛み、片頭痛などの神経刺激や脊椎炎のような症状を引き起こすことがあります。 下部頚椎(C3-C7)では、これが慢性頸部痛に加え筋肉痙攣、痙攣および/または感覚異常を引き起こす可能性がある。 いずれの場合も、隣接する2つの頚椎の間に過剰な動きが存在し、これらの関連症状は、頚部の不安定性として説明される。

したがって、慢性頸部痛の多くの症例において、嚢状靱帯の弛緩に起因する関節の不安定性の原因となる可能性があることを提案する。 さらに、我々は、包括的なハケット - ヘムウォールプロラセラピーの使用は、特に靭帯の弛緩のために、慢性頸部痛および子宮頸部不安定性のための有効な治療であると考えている。 この技術は安全かつ比較的非侵襲的であり、慢性頸部痛およびそれに関連する症状を緩和するのに有効である。 追加の無作為化臨床試験およびその使用に関するさらなる研究が、靱帯の弛緩を復帰させ、付随する頚部の不安定性を修正する可能性を検証するために必要である。

ジメネズ博士は患者の背中で働く

謝辞

誰も宣言していない。

利害の衝突

WoldinさんとSawyerさんは宣言することは何もありません。 Hauser博士とSteilen博士は、Caring Medical Rehabilitation Servicesでのプロラセラピーの実施を宣言しています。

Dr Jimenez White Coat

アレックス・ヒメネスの洞察

「自動車事故の後に慢性頸部痛の症状が報告された後、鞭打ち病と診断されました。 持続的な症状を管理するためには、どのようなケアが役立ちますか? 慢性頸部の痛みの症状を管理するためには、適切な医療専門家から即座に医療を受けることが不可欠であるだけでなく、持続性症状の後ろの怪我のメカニズムを理解することも重要です。 頚椎を取り囲む腱、靭帯および他の構造物(例えば、椎間関節)は、自動車事故の際に損傷または損傷を受ける可能性があり、その回復は全体的な回復を達成するためには一貫していなければならない。 多くの医療従事者は、患者にむち打ち関連障害および慢性頸部痛の管理に関する個別のガイドラインを提供することができる。

ファセットジョイントキネマティクスと模擬鞭打ち中の傷害メカニズム

抽象

研究デザイン: ファセット関節運動および莢膜靭帯のひずみは、筋力の複製を伴う全頸椎の標本の模擬鞭打ちの間に評価された。

目的: 椎間関節の圧縮と椎間関節摺動を含む椎間関節運動を記述し、擬似鞭打ち中にピーク嚢状靭帯のひずみを定量化すること。

背景データの概要: 臨床研究では、椎間板ヘルニア患者の慢性頸部痛の原因となる椎間関節が関与している。 インビボおよびインビトロの生体力学的研究の前に、椎間関節の圧迫および過剰な莢膜靭帯のひずみを潜在的な傷害メカニズムとして評価した。 複数の鞭打ちシミュレーション加速時に、すべての子宮頸部レベルで椎間関節の圧迫、椎間関節の摺動および莢膜靭帯の緊張を総合的に評価した研究はありません。

メソッド: 筋力複製モデルおよびベンチトップ外傷スレッドを備えた頚椎脊柱標本全体を、増加する重症度の鞭打ちをシミュレートするために、漸進的外傷プロトコールで使用した。 ピーク椎間関節圧迫(下側小面面に向かう上側ファセット面の変位)、椎間関節摺動(下側小面面に沿った上側小面面の変位)および莢膜靭帯ひずみを計算し、無傷の間に決定された生理学的限界と比較した柔軟性テスト。

結果について ピーク椎間関節の圧縮は、C4-C5で最大であり、2.6 gシミュレーション中に最大5 mmに達しました。 生理的限界(P <0.05)以上の増加は、3.5 gシミュレーション中に最初に観察された。 一般的に、椎間関節椎間関節滑走術および莢膜靭帯の緊張は、下部頸椎で最大であり、衝撃加速度で増加した。 C39.9-C6では、7 gシミュレーション中に嚢胞靭帯のひずみが最大8%に達しました。

結論: ファセットジョイントコンポーネントは、3.5 g以上のリアインパクト加速中のファセットジョイント圧縮による損傷の危険性があります。 莢膜靱帯は、より高い加速度で傷害の危険にさらされている。

頚部痛関連疾患および鞭打たれた障害の治療:臨床実践ガイドライン

抽象

目的: 目的は、頸部痛関連障害(NAD)および鞭打ち関連障害(WAD)の管理に関する臨床実践ガイドラインを作成することでした。 このガイドラインは、NADおよびWADに関するカイロプラクティックガイドラインの2を置き換えます。

メソッド: 6のトピック分野(教育、マルチモーダルケア、運動、仕事障害、手動療法、受動的モダリティ)に関する適切な体系的レビューは、AMSTAR(Assess System Evaluation)ツールと認可されたランダム化比較試験から抽出されたデータを用いて評価した。 我々は、勧告の評価、開発、および評価の格付けにバイアススコアのリスクを組み込んだ。 エビデンスプロファイルは、エビデンスの質、詳細な相対的および絶対的な影響、および支持する証拠へのリンクの推奨の判断を要約するために使用された。 ガイドラインパネルは、望ましい結果と望ましくない結果のバランスを考慮した。 修正されたDelphiを使用してコンセンサスが達成されました。 このガイドラインは、10メンバーの多分野(医療およびカイロプラクティック)外部委員会によってピアレビューされました。

結果について 最近の発症(0-3月)の頸部痛については、マルチモーダルケアを提供することをお勧めします。 操作または動員; 運動範囲の自宅練習、またはマルチモーダル手動療法(成績I〜II NAD); 監督された段階的強化運動(グレードIIIのNAD); マルチモーダルケア(グレードIII WAD)。 永続的な(> 3月)頸部の痛みに対しては、マルチモーダルケアやストレス自己管理の提供を推奨します。 軟組織療法による操作; 高用量マッサージ; 監督されたグループ演習; 監視されたヨガ; 指導強化運動または家庭練習(成績I〜II NAD); マルチモーダルケアまたは開業医のアドバイス(グレードI〜III NAD); アドバイスやアドバイスを単独で行う監督練習(グレードI〜II WAD)。 持続的な頸部と肩の痛みを伴う労働者の場合、証拠は、監督されていない監督されていない高強度ストレングス訓練または助言のみをサポートする(グレードI~III NAD)。

結論: 手動療法、自己管理アドバイス、および運動を含むマルチモーダルアプローチは、最近発生した頸部痛および永続的な頸部疼痛の両方に対する効果的な治療戦略である。

著作権©2016。 エルゼビア社が公開

キーワード: カイロプラクティック; 病気の管理; 筋骨格系疾患; 首の痛み; 練習ガイドライン; 治療介入; 鞭打ち怪我

結論として、慢性頸部痛、特に鞭打ち随伴障害の結果である慢性頸部痛は、頸椎周囲の複雑な構造のリハビリに焦点を当てた治療法を用いて治療することができる。 さらに、頚部の不安定性および莢膜靱帯の弛緩に対するその影響に関連する慢性頸部痛を理解することによって、患者は鞭打ちを含む慢性頸部痛のタイプの適切な治療を求めることができる。 National Center for Biotechnology Information(NCBI)から参照される情報。 私たちの情報の範囲は、カイロプラクティックだけでなく、脊髄の怪我や状態に限られています。 主題について話し合うには、ジェメネス博士にお気軽にお問い合わせください。 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

1。 Childs J、Cleland J、Elliott J、et al。 頚部は、米国物理療法学会の整形外科部門からの機能、障害、および健康の国際分類に関連する臨床練習ガイドラインを痛めている。 J Orthop Sports Phys Ther。 2008; 38(9):A1-34。 [PubMed]
2。 CôtéP、Cassidy JD、Carroll LJ、Kristman V.一般集団における頸部痛の年間発生率および経過集団ベースのコホート研究。 痛み。 2004; 112(3):267-73。 [PubMed]
3。 Hogg-Johnson S、van der Velde G、Carroll LJ、et al。 一般人口における首の痛みの負担と決定要因。 Eur Spine J.2008; 17(Suppl 1):39-51。
4。 Childs JD、Fritz JM、Flynn TW、et al。 脊髄操作の恩恵を受ける可能性が最も低い腰痛患者を特定するための臨床予測ルール。 アンIntern Med。 2004; 141(12):920-8。 [PubMed]
5。 Graham N、Gross AR、Carlesso LC、et al。 アイコン。 頸部痛および関連障害のための身体的様式に関するICON概要。 Open Orthop J. 2013; 7(Suppl 4):440-60。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
6。 Onyewu O、Manchikanti L、Falco FJE、et al。 慢性頸部痛における子宮頸部記録の精度と有用性の評価の更新。 痛みの医師。 2012; 15:E777-806。 [PubMed]
7。 Martel J、Dugas C、Dubois JD、Descarreaux M.慢性頸部痛の患者のための自宅運動プログラムの有無にかかわらず、予防的脊椎操作のランダム化比較試験。 BMC Musculoskelet Disord。 2011; 12:41。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
8。 Aquino RL、Caires PM、Furtado FC、Loureiro AV、Ferreira PH、Ferreira ML。 異なる頚椎レベルで関節可動動を適用しても、慢性頸部痛患者の即時疼痛軽減に無作為化臨床試験は影響しない。 Jマニュアル操作Ther。 2009; 17(2):95-100。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
9。 Lauche R、Materdey S、Cramer H、et al。 慢性頸部痛患者の進行性筋弛緩と比較した家庭用カッピングマッサージの有効性 - ランダム化比較試験。 PLoS ONE。 2013; 8(6):e65378。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
10。 Teasell RW、McClure JA、Walton D、et al。 鞭打ち随伴障害(WAD)のための治療的介入の研究合成:1 - 概要と要約。 Pain Res管理。 2010; 15(5):287-94。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
11。 Murphy DR、Hurwitz EL。 頸部痛のある患者における診断ベースの臨床判断ガイドの適用 Chiropr Manual Ther。 2011; 19:19。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
12。 鈴木F、深海T、辻A、高木K、Matsuda M。腹腔鏡下腹腔鏡所見における臥位と直立位置のMRI所見の相違。 2件の報告。 Eur Spine J.2008; 17(Suppl 2):S304-7。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
13。 RöijezonU、DjupsjöbackaM、BjörklundM、Häger-Ross C、Grip H、Liebermann DG。 慢性頚部痛患者の早期頚椎回転の運動学は、断面および信頼性研究から得られた。 BMC Musculoskelet Disord。 2010; 11:22。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
14。 Gelalis ID、Christoforou G、Arnaoutoglou CM、Politis AN、Manoudis G、Xenakis TA。 C5-C6転位の誤診断により子宮頸部脊柱不安定を呈した1例を経験した。 事例J. 2009; 2:6149。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
15。 Taylor M、Hipp JA、Gertzbein SD、Gopinath S、Reitman CA。 頚椎運動の定量的測定を用いて、または用いずに、頸椎の屈曲 - 伸展X線を評価する観察者合意。 Spine J.2007; 7(6):654-8。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
16。 ウィンザーRE。 子宮頸部の背骨の解剖学。 http://emedicine.medscape。 com / article / 1948797-overview#a30 [April 14にアクセスしました。 2014。
17。 Driscoll DR。 上部頚部靱帯構造の解剖学的および生体力学的特性 J操作およびPhysiol Ther。 1987; 10(3):107-10。 [PubMed]
18。 Cusick JF、Yoganandan N.頸椎部の生体力学4:重大な怪我。 Clin Biomech。 2002; 17(1):1-20。 [PubMed]
19。 Nachemson A.腰椎内圧の脊髄運動が線維輪の引張応力に及ぼす影響。 Acta Orthop Scan。 1963; 33:183-207。 [PubMed]
20。 Zak M、Pezowicz C.引張り荷重を受けた線維輪の機械的性質の脊髄切片および局所的変化。 Acta Bioeng Biomech。 2013; 15(1):51-9。 [PubMed]
21。 Mercer S、Bogduk N.ヒト成人子宮頸椎椎間板の靭帯および線維輪。 スパイン(Phila Pa 1976)。 1999; 24(7):619-28。 [PubMed]
22。 Kuri J、Stapleton E.脊椎に関する実用的な医学的概念の試行での脊椎。 http://books.google.com/books?id=Gi6w jdftC7cC&PG = PA12・LPG = PA12&DQ =頸椎+背骨+横+プロセス&ソース= BL&OTS = tboGEQAnuB&SIG = Vi4bIDA24bLxGWWEivgAmmlETFo&HL = EN&SA = X&EI = YETZUteXHMTAyAGNkICIBQ&VED = 0CDYQ6AEwAjgK#V = 1ページ分&Q =子宮頸%の20spine %20transverse%20processes&f = false [アクセスされたApril 14。 2014。
23。 Jaumard N、Welch WC、Winkelstein BA。 正常、傷害、および変性状態における脊椎関節奇形および機械的伝達。 J Biomech Eng。 2011; 133(7):071010。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
24。 Volle E.脳神経外科関節および靱帯に対する軟組織外傷の機能的磁気共鳴画像診断ビデオ診断。 Int耳鳴りJ.2000; 6(2):134-9。 [PubMed]
25。 Pal GP、Routal RV、Saggu KG。 子宮頸部および上部胸部領域における頸動脈接合部の関節面の方向。 J Anat。 2001; 198(Pt 4):431-41。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
26。 Quinn KP、Lee KE、Ahaghotu CC、Winkelstein BA。 サブフェイレーシング負荷後の疼痛に対する頸部面嚢状靭帯電位の構造変化。 Stapp Car Crash J. 2007; 51:169-87。 [PubMed]
27。 Panjabi MM、Bibu K、Cholewicki J. Whiplashの傷害および機械的不安定性の可能性がある。 Eur Spine J.1998; 7:484-92。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
28。 Zdeblick TA、Abitbol JJ、Kunz DN、McCabe RP、Garfin S.連続カプセル切除後の子宮頸部安定性。 スパイン(Phila Pa 1976)。 1993; 18:2005-8。 [PubMed]
29。 Rasoulinejad P、McLachlin SD、Bailey SI、Gurr KR、Bailey CS、Dunning CE。 片側裂傷に関連する後軸骨梁複合体の副軸頚椎安定性に対する重要性。 Spine J.2012; 12(7):590-5。 [PubMed]
30。 Ivancic PC、Coe MP、Ndu AB、et al。 インタクトな人工頚椎靭帯の力学的性質。 Spine J.2007; 7(6):659-65。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
31。 DeVries NA、Gandhi AA、Fredericks DC、Grosland NM、Smucker JD。 インタクトおよび不安定化された羊の頚椎の生体力学的分析。 スパイン(Phila Pa 1976)。 2012; 37(16):E957-63。 [PubMed]
32。 Crison JJ、3rd、Oda T、Panjabi MM、Bueff HU、DvorákJ、Grob D.死体脊柱におけるC1-C2関節嚢の靭帯の切片。 スパイン(Phila Pa 1976)。 1991; 16:S474-9。 [PubMed]
33。 Nadeau M、McLachlin SD、Bailey SI、Gurr KR、Dunning CE、Bailey CS。 片側裂傷後の頸椎における軟組織損傷の生体力学的評価 J Bone Joint Surg。 2012; 94(21):e156。 [PubMed]
34。 フランクCB。 靭帯の構造、生理学、および機能。 J Musculoskeletニューロンの相互作用。 2004; 4(2):199-201。 [PubMed]
35。 Chen HB、Yang KH、Wang ZG。 鞭打ち傷害のバイオメカニクス Chin J Traumatol。 2009; 12(5):305-14。 [PubMed]
36。 Boswell MV、Colson JD、Sehgal N、Dunbar EE、Epter R.慢性的な脊椎痛における治療面関節の介入の系統的レビュー。 痛みの医師。 2007; 10(1):229-53。 [PubMed]
37。 Aprill C、Bogduk N.子宮頸部巨細胞性関節痛の有病率の第1近似。 スパイン(Phila Pa 1976)。 1992; 17:744-7。 [PubMed]
38。 Barnsley L、主SM、Wallis BJ、Bogduk N.ホイッポッシュ後の子宮頸部節関節痛の有病率。 スパイン(Phila Pa 1976)。 1995; 20:20-5。 [PubMed]
39。 McLain RF。 ヒトの頸椎椎間関節の機構レセプター終末。 Iowa Orthop J. 1993; 13:149-54。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
40。 Hauser RA、Dolan EE、Phillips HJ、Newlin AC、Moore RE Woldin BA。 靭帯傷害および治癒現在の臨床診断および治療法のレビュー。 オープンRehabil J. 2013; 6:1-20。
41。 Bergmann TF、Peterson DH。 カイロプラクティック技術の原理と手順、3rd ed。 ニューヨークMobby Inc. 1993
42。 Jonsson H、Jr、Bring G、Rauschning W、Sahlstedt B.頭蓋骨骨折の交通事故犠牲者の頸椎損傷を隠す。 J脊椎障害。 1991; 4(3):251-63。 [PubMed]
43。 (I)実際に行われた動きの動きの範囲、X線映画撮影の研究である。 Eur J Morphol。 1990; 28(1):47-68。 [PubMed]
44。 椎間板ヘルニア、椎間板ヘルニア、椎間板ヘルニア、椎間板ヘルニア、椎間板ヘルニア、椎間板ヘルニア、椎間板ヘルニア、 スパイン(Phila Pa 1976)。 1992; 17(5):467-74。 [PubMed]
45。 Bogduk N、Mercer S.頸椎の生体力学1:正常な運動学。 Clin Biomech。 2000; 15(9):633-48。 [PubMed]
46。 Radcliff K、Kepler C、Reitman C、Harrop J、Vaccaro A. CTおよび頭蓋頸部転位のMRIに基づく診断は後頭部靭帯の役割を担う。 Clin Orthop Rel Res。 2012; 70(6):1602-13。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
47。 Hino H、Abumi K、Kanayama M、Kaneda K.サイネグラフィグラフィーを用いた正常および不安定頸椎の動的運動解析in vivo研究。 スパイン(Phila Pa 1976)。 1999; 24(2):163-8。 [PubMed]
48。 Dvorak J、Penning L、Hayek J、Panjabi MM、Grob D、Zehnder R.コンピュータ断層撮影を用いた頸椎の機能的診断。 神経放射線学。 1988; 30:132-7。 [PubMed]
49。 頸部脊椎の軟組織損傷の評価における機能的コンピュータ断層撮影法の価値。 Eur Spine J.1994; 3:98-101。 [PubMed]
50。 Wilberger JE、Maroon JC。 潜在的な外傷後の子宮頸部の不安定性。 J脊椎障害。 1990;(2):156-61。 [PubMed]
51。 レヴァインA、エドワーズCC。 後頭部軸索複合体の外傷性病変。 Clin Orthop Rel Res。 1989; 239:53-68。 [PubMed]
52。 (C0-C1-C2):右軸回転における複合体のダイナミックな応答。 J Orthop Res。 1992; 10(3):446-53。 [PubMed]
53。 Goel VK、Winterbottom JM、Schulte KR、Chang H、et al。 C0-C1-C2複合体にわたる靱帯弛緩。故障までのトルク - 回転特性。 スパイン(Phila Pa 1976)。 1990; 5(10):990-6。 [PubMed]
54。 Goel VK、Clark CR、Gallaes K、Liu YK。 人工頭蓋 - アランタ - アキシャル複合体のモーメント - 回転関係。 J Biomech。 1988; 21(8):673-80。 [PubMed]
55。 Quinn KP、Winkelstein BA。 頸椎椎間板靱帯収量は、傷害および持続的な関節媒介頚部痛の閾値を定める。 J Biomech。 2007; 40(10):2299-306。 [PubMed]
56。 Winkelstein BA、Santos DG。 インタクトファセット嚢状靭帯は、頸部椎間関節の張力によって生じる行動感受性および脊髄グリア活性化を調節する。 スパイン(Phila Pa 1976)。 2008; 33(8):856-62。 [PubMed]
57。 Stemper BD、Yoganandan N、Pintar FA。 まつ毛負荷を受けた計算モデルにおける異常な姿勢が莢膜靭帯の伸長に及ぼす影響。 J Biomech Eng。 2005; 38(6):1313-23。 [PubMed]
58。 Ivancic PC、Ito S、Tominaga Y、et al。 ウサギは頸部嚢胞靭帯の弛緩を増加させる。 Clin Biomech。 2008; 23(2):159-65。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
59。 IASP脊椎痛、セクション1:脊髄および脊髄疼痛症候群。 http://www.iasp-pain.org/AM/Template.cfm?Section=Classification _of_Chronic_Pain&Template = / CM / ContentDisplay.cfm&ContentID = 16268。 Nov 25にアクセスしました。 2013。
60。 Argenson C、Lovet J、Sanouiller JL、Peretti F.下頚椎の外傷性回転変位。 スパイン(Phila Pa 1976)。 1988; 3(7):767-73。 [PubMed]
61。 富永Y、Maak TG、Ivancic PC、Panjabi MM、Cunningham BW。 頭部回転後部衝撃は、神経節および神経根損傷に対する動的頸椎間窩の狭窄の影響を引き起こす。 J Neurosurg Spine。 2006; 4:380-7。 [PubMed]
62。 Caridi JM、Pumberger M、ヒューズAP。 子宮頸部神経根症についてのレビュー。 HSS J.2011; 7(3):265-72。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
63。 Kirkaldy-Willis HF、Farfan HF。 腰椎の不安定性。 Clin Orthop Rel Res。 1982;(165):110-23。 [PubMed]
64。 Voorhies RM。 子宮頸部脊椎症の認識、鑑別診断、および管理。 Ochsner J.2001; 3(2):78-84。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
65。 バインダーAI。 子宮頸部脊椎症および頸部痛。 BMJ。 2007; 334:527-31。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
66。 Aker PD、Gross AR、Goldsmith CH、Peloso P.機械的首痛の保守的管理システム概要とメタアナリシス。 BMJ。 1996; 313:1291-6。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
67。 McCormack BM、Weinstein PR。 子宮頸部脊椎症の最新情報 West J Med。 1996; 165:43-51。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
68。 Peng BG、Hou SX、Shi Q、Jia LS。 軟骨終板石灰化と椎間板変性との関係を実験的に検討した。 Chin Med J.2001; 114:308-12。 [PubMed]
69。 Mauro A、Eisenstein SM、Little C、et al。 動物モデルは、ヒトの椎間板疾患/変性症の研究に有用であるか? Eur Spine J.2008; 17:2-19。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
70。 Oxland TR、Panjabi MM、Southern EP、Duranceau JS。 脊椎不安定性の解剖学的基礎はブタの外傷モデルである。 J Orthop Res。 1991; 9(3):452-62。 [PubMed]
71。 Wang JY、Shi Q、Lu WW、et al。 新規なインビボラットモデルにおける不均衡な力学的および静的な力によって引き起こされる子宮頚部椎間板変性。 スパイン(Phila Pa 1976)2006; Jun 15; 31:1532-38。 [PubMed]
72。 Schulte K、Clark CR、Goel VK。 椎間板切除および安定化後の頚椎の運動学。 スパイン(Phila Pa 1976)。 1989;(10):1116-21。 [PubMed]
73。 Kelly MP、Mok JM、Frisch RF、Tay BK。 前頸部椎間板切除術と融合後の隣接セグメント運動と無作為化比較試験によるprodisc-c子宮頸部全椎間板形成術の解析 スパイン(Phila Pa 1976)2011; 36(15):1171-9。 [PubMed]
74。 Bydon M、Xu R、Macki M、et al。 前頸部椎間板切除および大型シリーズにおける融合後の隣接セグメント病。 脳神経外科。 2014; 74:139-46。 [PubMed]
75。 Song JS、Choi BW、Song KJ。 融合法間の変性子宮頸疾患の比較のための前頸部関節固定術に伴う隣接セグメント疾患の発症の危険因子。 J Clin Neurosci。 2014; 21(5):794-8。 [PubMed]
76。 ヨハンソンBH。 鞭打ち傷害は、機能的磁気共鳴画像法によって目視することができる。 Pain Res管理。 2006; 11(3):197-9。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
77。 Swinkels RA、Oostendorp RA。 上の子宮頸部の不安定な事実またはフィクション。 J Manip Physiol Ther。 1996; 19(3):185-94。 [PubMed]
78。 Barnsley L、Lord S、Bogduk N. Whiplashの負傷。 痛み。 1994; 58:283-307。 [PubMed]
79。 Spitzer WO、Skovron ML、Salmi LR、et al。 鞭打ちと関連する障害に対するケベックタスクフォースの科学モノグラフは、「鞭打ち」とその管理を再定義している。 スパイン(Phila Pa 1976)。 1995; 20(8)Suppl:1S-73。 [PubMed]
80。 Kaale BR、Krakenes J、Albrektsen G、Wester K。頸椎脊柱の靱帯および膜のMRIで確認された病変との間で、鞭打ち傷害の頭部位置および方向は関連している。 J Neurotrauma。 2005; 22(11):1294-302。 [PubMed]
81。 Falco FJ、Erhart S、Wargo BW、et al。 子宮頸部椎間関節介入の診断有用性および治療有効性の系統的レビュー。 痛みの医師。 2009; 12(2):323-44。 [PubMed]
82。 Winkelstein BA、ナイチンゲールRW、Richardson WJ、Myers BS、編集者。 43rd Stappカークラッシュ会議の議事録。 Saniego CA .: 1999。 頚椎椎間関節の力学は、鞭打ち傷害へのその応用。
83。 Lee DJ、Winkelstein BA。 椎間関節牽引時の頚椎椎弓靭帯の故障応答 J Biomech。 2012; 45(14):2325-9。 [PubMed]
84。 Bogduk N、Yoganandan N.頸椎部の生体力学3:軽傷。 Clin Biomech。 2001; 16(4):267-75。 [PubMed]
85。 主SM、Barnsley L、Wallis BJ、Bogduk N.鞭打ち後の慢性子宮頸部頚動脈関節痛の有病率。 スパイン(Phila Pa 1976)。 1995; 20(1):20-5。 [PubMed]
86。 Lee KE、Davis MB、Mejilla RM、Winkelstein BA。 頚部痛および頸部痛に対するインビボ子宮頸部ファセットカプセルの伸延機械的影響。 Stapp Car Crash J. 2004; 48:373-95。 [PubMed]
87。 Tominaga Y、Ndu AB、Coe MP、et al。 頚部靭帯の強度は、鞭打ち傷害後に減少する。 BMC Musculoskelet Disord。 2006; 7:103。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
88。 Stokes IA、Frymoyer JW。 分節運動および不安定性。 スパイン(Phila Pa 1976)。 1987; 7:688-91。 [PubMed]
89。 Stokes IA、Iatridis JC。 椎間板変性過負荷と固定化を促進する機械的条件。 スパイン(Phila Pa 1976)。 2004; 29:2724-32。 [PubMed]
90。 Veres SP、Robertson PA、Broom ND。 屈曲と組み合わせた椎間板ヘルニアに及ぼす捻転の影響。 Eur Spine J.2010; 19:1468-78。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
91。 Winkelstein BA、ナイチンゲールRW、Richardson WJ、Myers BS。 頚部ファセットカプセルとその鞭打ち傷害における役割は、生体力学的研究である。 スパイン(Phila Pa 1976)。 2000; 25(10):1238-46。 [PubMed]
92。 Siegmund GP、Myers BS、Davis MB、Bohnet HF、Winkelstein BA。 剪断、圧縮、および伸展負荷を併用した死体調査における頚椎椎間板嚢害の機械的証拠。 スパイン(Phila Pa 1976)。 2001; 26(19):2095-101。 [PubMed]
93。 Siegmund GP、Davis MB、Quinn KP、et al。 頭を回転させた姿勢は、鞭打ち中の頚椎椎間板嚢害のリスクを増加させる。 スパイン(Phila PA 1976)。 2008; 33(15):1643-9。 [PubMed]
94。 Storvik SG、Stemper BD。 軸方向の頭部の回転は、自動車後部衝撃時に椎間関節嚢状靭帯のひずみを増加させる。 Med Bio Eng Comput。 2011; 49(2):153-61。 [PubMed]
95。 疾病管理センター傷害予防と外傷性脳損傷の管理。 http://www.cdc.gov/TraumaticBrainInjury/statistics。 html [アクセスしたMarch 4。 2014。
96。 医師の小冊子のための病気のコントロールのためのセンターconcussion.facts。 http://www.cdc.gov/concussion/HeadsUp/physicians_too l_kit.html [アクセスしたMarch 4。 2014。
97。 Giza C、Hovda D.脳神経代謝カスケードの脳震盪。 J Athl Train。 2001; 36:228-35。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
98。 Cuccurullo S、Elovic E、Baerga E、Cuccurullo S、編集者。 デモスメディカルパブリッシング:ニューヨーク; 2004。 軽度の外傷性脳傷害および発作後症候群身体医学およびリハビリテーション委員会レビュー。
99。 Leddy J、Sandhu H、Sodhi V、Baker J、Willer B.脳震盪のリハビリテーションと脳震盪後症候群。 スポーツ健康。 2012; 4(2):147-54。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
100。 ICD-10、疾患および関連する健康問題の国際的な統計的分類10th改訂。 世界保健機関。 [PubMed]
101。 Boake C、McCauley SR、Levin HS、et al。 軽度から中等度の外傷性脳損傷後の発作後症候群の診断基準。 J Neuropsych Clin Neurosci。 2005; 17:350-6。 [PubMed]
102。 Couch Jr、Bears C.頭部外傷の程度に対する外傷後症候群における慢性の毎日の頭痛。 頭痛。 2001; 41:559-64。 [PubMed]
103。 Barkhoudarian G、Hovda DA、Giza CC。 脳震盪の脳損傷の分子病態学。 Clin Sports Med。 2011; 30:33-48。 [PubMed]
104。 Saari A、Dennison CR、Zhu Q、et al。 圧縮フォロワー荷重は、インビトロモデルでの頭部 - 頭部衝撃のシミュレート中に、頸椎の運動学および動力学に影響を及ぼす。 J Biomech Eng。 2013; 135(11):111003。 [PubMed]
105。 周SW、郭LX、張SQ、唐CY。 車両側面衝突時の頸椎傷害に関する研究 開かれたMech Eng J. 2010; 4:29-35。
106。 Yoganandan N、Kumaresan S、Pintar FA。 ヒト頚椎靭帯の幾何学的および機械的性質。 J Biomech Invest。 2000; 122:623-9。 [PubMed]
107。 Radanov BP、Sturzenegger M、Distefano G、Schnidrig A、Aljinovic M.一般的な鞭打ち後の頭痛からの回復に影響する要因。 BMJ。 1993; 307:652-5。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
108。 Martins J、Pratesi R、Bezerra A.脊椎動脈と頚椎との解剖学的関係コンピュータ断層撮影研究。 Int J Morph。 2003; 21:123-9。
109。 Cacciola F、Phalke U、Goel A.脊椎動脈とC1-C2椎骨との関係解剖学的研究。 神経学インド。 2004; 52:178-84。 [PubMed]
110。 Mitchell JA。 頚椎の正常な回転に伴う椎骨動脈血流の変化。 J Manip Physiol Ther。 2003; 26:347-51。 [PubMed]
111。 頸椎回転に関連するMitchell J. Vertebral動脈血流速度の変化は、プロの実践に影響を及ぼす証拠のメタ分析である。 J Man Manip Ther。 2009; 17:46-57。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
112。 ヘインズM、ハートR、McGeachie J.脊椎動脈および首回旋ドップラー速度計の中毒者信頼性。 Ultrasound Med Biol。 2000; 26:57-62。 [PubMed]
113。 Kuether TA、Nesbit GM、Clark VM、Barnwell SL。 回転椎骨動脈閉塞は脊椎動物の不全のメカニズムである。 脳神経外科。 1997; 41:427-32。 [PubMed]
114。 Yang PJ、Latack JT、Gabrielsen TO、Knake JE、Gebarski SS、Chandler WF。 C1-C2における回転椎骨動脈閉塞。 Am J Neuroradiol。 1985; 6:96-100。 [PubMed]
115。 Cape RT、Hogan DB。 脊椎 - 基底機能不全。 家族の医師はできますか? 1983; 29:305-8。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
116。 Go G、スンヒョンH、パークIS、パークH.回転椎骨動脈圧迫弓ハンター症候群。 J韓国ノイロスグルクSoc。 2013; 54:243-5。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
117。 Gordin K、Hauser R.過剰治療症候群のための有望なスタンドアローンまたは補助療法としてのプロラセラピーの利用事例。 J Applied Res。 2013; 13:1-28。
118。 遠藤克、一丸K、駒ヶ頭M、山本K。頚椎の眩暈と鞭打ち後のめまい。 Eur Spine J.2006; 15:886-90。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
119。 非推力頚椎翻訳脊椎操作中の椎骨動脈の超音波分析。クレートンD、Kondratek M、Krauss J、Huijbregts P、 J Man Manip Ther。 2011; 19:84-90。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
120。 稲津J、中塚修M。後頭部同化、軸索脱臼および基底印象に伴う回転椎骨動脈閉塞。 Clin Neurol Neurosurg。 2013; 115:1520-3。 [PubMed]
121。 脊椎動物症候群における孤立しためまいの起源。 Neuro Sci。 2011; 32:1203-7。 [PubMed]
122。 Yacovino DA1、Hain TC。 子宮頸部関連のめまいとめまいの臨床的特徴。 Sem Neurol。 2013; 33:244-55。 [PubMed]
123。 リムーザン バレー・リエウのフォアメン・アーキュラエと症候群。 Int Orthop。 1980; 4(1):19-23。 [PubMed]
124。 Pearce J.Barré-Liéou「症候群」。 J Neurol Neurosurg Psychol。 2004; 75(2):319。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
125。 Hackett GS、Huang TC、Raferty A.頭痛のためのプロラセラピー; 頭頸部の痛み、および神経炎。 頭痛。 1962:3-11。 [PubMed]
126。 田村T.子宮頸部傷害後の頸動脈症状。Barr-Li ou症候群の病因と治療。 J Bone Joint Surg Br。 1989; 71B:282-7。 [PubMed]
127。 Qian J、Tian Y、Qiu GX、Hu JH。 交感神経性脊椎症の不安定性の動的X線写真分析。 Chin Med Sci J. 2009; 24:46-9。 [PubMed]
128。 Humphreys BK、Peterson C.カイロプラクティック治療を受けているめまいの有無にかかわらず、頚部の痛みの患者のアウトカムの比較6月フォローアップでの前向きコホート研究。 Chiropr Man Ther。 2013; 21(1):3。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
129。 Pintar FA、Yoganandan N、Myers T、Elhagediab A、Sances A。、Jrヒト腰椎靭帯の生体力学的性質。 J Biomech。 1992; 25:1351-6。 [PubMed]
130。 Yoganandan N、Pintar D、Maiman J、Cusick JF、Sances A、Jr、Walsh PR。 軸方向の張力下での人間の首 - 首の生体力学。 Med Eng Phys。 1996; 18:289-94。 [PubMed]
131。 Mc Lain R. Mechaniscceptorsは人間の頸椎椎間板関節で終わる。 Iowa Orthop J. 1993; 13:149-54。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
132。 Steindler A、Luck J.塩酸プロカイン法による疼痛源の逆配分が低い痛みの鑑別診断。 JAMA。 1938; 110:106-13。
133。 Donelson R、Aprill C、Medcalf R、Grant W.腰椎の集中と疼痛は症候性の椎間板の予測因子と匿名の能力の前向き研究である。 診断Ther。 1997; 22:1115-22。 [PubMed]
134。 Meleger AL、Krivickas LS。 頸部および背部の痛みの筋骨格障害。 Neurol Clin。 2007; 25:419-38。 [PubMed]
135。 シルバーP.男性の脊柱の屈曲および伸長中の棘上棘および棘突起間靭帯の張力の変化の直接観察。 J Anat。 1954:550-1。
136。 Nachemson A.腰椎内圧。死後物質に関する実験的研究。 Acta Orthop Scand。 1960; 43S:1-104。 [PubMed]
137。 ヒト腰椎線維症のGalante J.引張特性。 Acta Orthop Scand。 1967; 100S:1-91。 [PubMed]
138。 ストークスIA。 人間の椎間板の表面ひずみ J Orthop Res。 1987; 5:348-55。 [PubMed]
139。 ストークスIA。 解剖学的標本の非接触測定の腰椎椎間板の膨らみ。 J脊椎障害。 1988; 1:189-93。 [PubMed]
140。 子宮頸部術後症候群の慢性疼痛管理における蛍光透視子宮頸部椎間硬膜外硬膜外注射は、無作為化二重盲検能動的対照試験の予備的結果である。 痛みの医師。 2012; 15:13-26。 [PubMed]
141。 慢性頸部痛の管理における子宮頸部中央枝ブロックの2年追跡調査の比較結果は、無作為化二重盲検対照試験であった。 痛みの医師。 2010; 13:437-50。 [PubMed]
142。 Falco FJE、Manchikanti L、Datta S、et al。 子宮頸部椎間関節介入の治療有効性の系統的レビュー。 痛みの医師。 2012; 15:E839-68。 [PubMed]
143。 Benyamin R、Singh V、Parr AT、Conn A、Diwan S、Abdi S.慢性頸部痛の管理における子宮頸管表層の有効性の系統的レビュー。 痛みの医師。 2009; 12:137-57。 [PubMed]
144。 Sherman KJ、Cherkin DC、Hawkes RJ、Miglioretti DL、Deyo RA。 慢性頸部痛治療マッサージの無作為試験。 Clin J Pain。 2009; 25(3):233-8。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
145。 Matsubara T、Arai Y-CP、Shiro Y、et al。 慢性頚部痛を有する女性における疼痛状態および自律機能に関する局所および遠位鍼ポイントにおける指圧の比較効果。 エビデンスベースの相補的代替メディエーター。 2011; 2011:543921。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
146。 頚椎椎間板ヘルニアの慢性疼痛におけるX線透視下子宮頸部硬膜外硬膜外注射の無作為化二重盲検能動的対照試験であり、2年追跡調査の結果である。 痛みの医師。 2013; 16:465-78。 [PubMed]
147。 Peloso PM、Khan M、Gross AR、et al。 ICONプロジェクトの一環としての首の痛みのための医療注射を含む薬理学的介入。 Open Orthop J. 2013; 7(Suppl 4 M8):473-93。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
148。 Teasell RW、McClure JA、Walton D、Pretty J、et al。 鞭打ち随伴障害(WAD)の治療介入の研究合成:2 - 急性WADのための介入。 Pain Res管理。 2010; 15(5):295-304。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
149。 Teasell RW、McClure JA、Walton D、et al。 鞭打ち随伴障害(WAD)の治療介入の研究合成:第3 - 亜急性WADのための介入。 Pain Res Manag。 2010; 15(5):305-12。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
150。 Teasell RW、McClure JA、Walton D、et al。 鞭打ち随伴障害(WAD)のための治療的介入の研究合成:4 - 慢性WADのための非侵襲的介入。 Pain Res Manag。 2010; 15(5):313-22。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
151。 Teasell RW、McClure JA、Walton D、et al。 うつ病関連障害(WAD)の治療的介入の研究合成:5 - 慢性WADのための外科的および注射ベースの介入。 Pain Res Manag。 2010; 15(5):323-34。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
152。 Linetsky FS、Manchikanti L.軸性疼痛のための再生注射療法。 Tech Reg Anaesh Pain Manag。 2005; 9:40-9。
153。 編集者Hackett G オークパークIL。 5th ed。 1993。 プロラセラピーによって治療された靭帯および腱の弛緩; pp。94-6。
154。 ゴスワミA.プロラセラピー。 J痛み緩和ケアファーマシューター。 2012; 26:376-8。 [PubMed]
155。 Hauser RA、Maddela HS、Alderman D、et al。 Journal of Prolotherapy国際的な医学の編集委員会コンセンサス声明筋骨格痛のためのprolotherapyの使用について。 Jプロラセラピー。 2011; 3:744-6。
156。 キムJ.膝の変形性関節症に対するプロラセラピーの効果。 J韓国リハビリテーション医学会 2002; 26:445-8。
157。 Rabago D、Slattengren A、Zgierska A.プライマリケアのプラセボ治療。 プライマリケア。 2010; 37:65-80。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
158。 Distel LM、Best TM。 慢性的な筋骨格痛の治療における役割の臨床的検討。 PMR。 2011; 3(6)Suppl1:S78-81。 [PubMed]
159。 ヘルペットと腰痛のハケットG.プロラセラピー。 Postgrad Med。 1960:214-9。 [PubMed]
160。 Kafetz D. Whiplash傷害および他の靱帯性頭痛 - プロラセラピーによるその管理。 頭痛。 1963; 3:21-8。 [PubMed]
161。 Hauser RA、Hauser、MA。 イリノイ州の外来チャリティー病院でデキストロースプロラセラピー治療を受けた未解決の頸部痛の患者の観察研究で、未解決の頸部痛に対するデキストロースプロラセラピー。 実際の痛みの管理。 2007; 10:56-69。
162。 Hooper RA、Frizzell JB、Faris P.症例シリーズ関節内接合腔内再生注射療法で治療された慢性鞭打ち関連頸部痛。 痛みの医師。 2007; 10:313-8。 [PubMed]
163。 盲検前後のX線検査で不安定になった場合の蛍光透視法による子宮頚部プロラセラピー。 痛みの医師。 2005; 8(1):67-72。 [PubMed]
164。 Lee J、Lee HG、Jeong CW、Kim CM、Yoon MH。 仙腸関節痛に対する関節内プロラセラピーの効果。 韓国J痛み。 2009:229-33。
165。 Cusi M、Saunders J、Hungerford B、Wisbey-Roth T、Lucas P、Wilson S.仙腸関節におけるプロラセラピーの使用。 ブリットJスポーツメド。 2010; 44:100-4。 [PubMed]
166。 Naeim F、Froetscher L、Hirschberg GG。 腸骨靭帯の浸潤による慢性腸骨柱症候群の治療 West J Med。 1982; 136:372-4。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
167。 キムJ.靭帯の弛緩による膝関節痛に対するプロラセラピーの効果。 J韓国の痛みSoc。 2004; 17:47-5。
168。 リーブスK、ハッサネインKM。 前十字弛緩に対するデキストロースプロラセラピーの長期的影響。 オルタナティブテーラー。 2003; 9:58-62。 [PubMed]
169。 ジョーD.靭帯の弛緩に起因する膝関節痛に対するプロラセラピーの効果。 J韓国の痛みSoc。 2004; 17:47-50。
170。 Kim S.慢性的な筋骨格疾患に対するプロラセラピーの効果。 韓国J痛み。 2002; 15:121-5。
171。 Wheaton MT、Jensen N。靱帯損傷 - 骨関節炎は、靱帯修復における変形療法の役割と変形性関節症の予防とを結びつけている。 Jプロラセラピー。 2011; 3:790-812。
172。 顎関節過運動のためのデキストロースプロラセラピーの効能予備的無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験である。 J経口Maxillofac Surg。 2011; 69(12):2962-70。 [PubMed]
173。 Hauser R、Phillips HJ。 Ehlers-Danlos症候群を含む関節可動性症候群の治療、Hackett-Hemwallプロラセラピー。 Jプロラセラピー。 2011; 3:612-29。
174。 Hackett G.関節安定化は、靱帯増殖における臨床応用に関するコメントを用いた実験的、組織学的研究である。 Am J Surg。 1955; 89:967-73。 [PubMed]
175。 Liu Y、Tipton C、Matthes R、Bedford TG、Maynard JA、Walmer HC。 ウサギ内側側副靭帯における硬化溶液の影響とその接合強度のin situ研究。 Tissue Resを接続します。 1983; 11:95-102。 [PubMed]
176。 Klein R、Dorman T、Johnson C.注射された靭帯の腰痛の組織学的変化のための増殖剤注射および治療前後の腰椎運動性の客観的測定。 J Neuro Ortho Med Surg。 1989; 10:123-6。
177。 Auburn A、Benjamin S、Bechtel R、Matthews S.超音波による事例研究を用いた腹腔靱帯の断面積の増加。 Jプロラセラピー。 1999; 1:156-62。
178。 Linetsky FS、Miguel R、Torres F.頸部痛の治療と再生注射療法による頸動脈頭痛の治療。 Curr Pain頭痛患者の2004; 8(1):41-8。 [PubMed]
179。 Alderman D.膝の痛みのためのプロラセラピー。 実際の痛みの管理。 2007; 7(6):70-9。
180。 Hooper RA、Yelland M、Fonstad P、Southern D.デキストロースプロラセラピーで治療された慢性的な脊髄痛を伴う訴訟担当者および非訴訟担当者の事例シリーズ。 Int Musculoskelet Med。 2011; 33:15-20。
181。 Hauser RA。 イリノイ州農村部の外来慈善団体での慢性肩痛に対するハケット - ヘムウェルデキストロースプロラセラピーのレトロスペクティブ研究。 Jプロラセラピー。 2009; 4:205-16。
182。 Hauser RA、Hauser MA、Holian P. Hackett-Hemwall未解決の肘痛に対するデキストロースプロラセラピー。 実際の痛みの管理。 2009:14-26。
183。 Hauser RA。 未解決の腰痛に対するデキストロースプロラセラピー(遡及的症例シリーズ研究) Jプロラセラピー。 2009; 3:145-55。
184。 Hauser RA。 イリノイ州農村部の外来慈善病院での慢性股関節痛に対するハケット・ヘムウォールデキストロースプロラセラピーのレトロスペクティブ研究。 Jプロラセラピー。 2009;(2):76-88。
185。 Hauser RA。 イリノイ州農村部の外来慈善診療所で未解決の膝痛に対するデキストロースプロラセラピーのレトロスペクティブ研究。 Jプロラセラピー。 2009;(1):11-21。
186。 Hauser R、Woldin B.デキストロースプロラセラピーおよび直接骨髄吸引吸引療法を用いた変形性関節症の治療。 開放型関節炎J.2014; 7:1-9。

Green-Call-Now-Button-24H-150x150-2-3.png

その他のトピック:頸部痛

頸部の痛みは、様々な傷害および/または状態のために生じることがある一般的な苦情である。 統計によると、自動車事故による傷害や鞭打ち傷害は、一般住民の中で最も多くみられる頸部痛の原因の1つです。 自動車事故では、事故による突発的な衝撃により、頭と首が急激に前後に揺れて、頸椎を取り囲む複雑な構造が損傷する可能性があります。 腱および靱帯ならびに頸部の他の組織の外傷は、人体全体に頸部痛および放射状症状を引き起こす可能性がある。

漫画paperboyの大きなニュースのブログの画像

重要なトピック:追加エキストラ:より健康的です!