片頭痛の教育は、エルパソ、テキサス州の頭痛の治療を改善
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

片頭痛の教育は、エルパソ、テキサス州の頭痛の治療を改善

片頭痛の症状は痛みを伴い、衰弱し、世界中の多くの片頭痛患者の生活の質に影響を及ぼすことが多い。 頭痛の痛みは毎年医師の診察を受ける最も一般的な理由の1つですが、片頭痛は医療分野で最も診断されておらず治療されていない疾患の1つであると考えられています。 さらに、片頭痛の未解決の身体的症状によって引き起こされる感情的苦痛は、悪化した症状につながる多くの精神的健康問題を引き起こす可能性がある。 その結果、片頭痛教育の取り組みは、カイロプラクティックケアを含む多くの頭痛治療オプションの一部として実施されています。 次の記事の目的は、頭痛の影響と生活の質について、Mercy偏頭痛管理プログラムまたはMMMPと呼ばれる一次ケア片頭痛教育プログラムの利点を実証することです。

プライマリケア片頭痛教育プログラムは、頭痛の影響と生活の質にメリットをもたらす:Mercy片頭痛管理プログラムの結果

抽象

  • 目的: この研究の目的は、医師および患者のための教育プログラムであるMercy偏頭痛管理プログラム(MMMP)の有効性を評価することでした。 主な結果は、3、6、および12月のベースラインからの頭痛の日の変化であった。 副次的アウトカムは、片頭痛関連障害および生活の質の変化、頭痛の心配、片頭痛の管理のための自己効力感、頭痛のER訪問、および頭痛の治療の満足度であった。
  • 背景: 片頭痛の病態生理学の理解の進歩と有効な治療薬の開発にもかかわらず、多くの施術者および患者は、片頭痛を効果的に管理するための知識および技能が不足し続けている。 片頭痛患者のケアの質と生活の質を向上させるために、教育的努力が役立っています。 しかしながら、これらの変化をより長期にわたって評価するための研究はほとんど行われていない。 また、片頭痛の管理に関する認知感情や感情的要因(例えば、頭痛の管理のための自己効力感、頭痛の心配)に関する教育の影響を評価する公表された研究は不十分である。
  • メソッド: このオープンラベルの前向き研究では、284の片頭痛患者(92%女性、平均年齢= 41.6)が、教育およびスキルベースのプログラムであるMMMPに参加しました。 このプログラムに参加した284のうち、228(80%)は、頭痛頻度、頭痛関連障害(頭痛衝撃試験-6(HIT-6)、片頭痛特有のQOL(MSQ) 12ヶ月(ベースライン、3月、6月、12月)以上の4つの時点での頭痛、頭痛の管理、頭痛の管理のための自己効力感、頭痛のER訪問、ケア満足度。
  • 結果について 全体として、被験者の46%(106)は、50%以上の頭痛頻度の減少を報告した。 12月間に、患者はHIT-6およびMSQ(すべてp <.001)の頭痛および改善を報告した。 頭痛の影響と生活の質の改善は、ベースライン時の頭痛の心配がさらに深まった人の方が大きかった。 「頭痛の心配」、「頭痛の管理のための自己効力感」、「頭痛ケアの満足度」においても有意な改善がみられた。
  • 結論: この知見は、MMMPに参加している患者が、頭痛の頻度および頭痛管理の認知的および感情的な側面の改善を報告していることを示しています。 このプログラムは、プログラムの開始時に頭痛の心配が非常に多い人に特に役立ちました。 この研究から得られた知見は、頭痛だけでなく感情的および認知的影響の教育および技能開発の効果を評価することにより、より明確になる、さらなる研究の原動力である。

Dr Jimenez White Coat

アレックス・ヒメネスの洞察

片頭痛の片頭痛は、個人の生活の質に大きな影響を及ぼす可能性のある症状として特徴付けられる。 さらに、差し迫った片頭痛の心配によって生じるストレスは、さまざまな精神的健康問題を引き起こす可能性があります。 多くの医療専門家や片頭痛患者は、片頭痛症状を効果的に管理するための適切な知識とスキルが欠けています。 幸い、偏頭痛管理プログラム(Mercy Migranine Management Program)(MMMP)のような片頭痛教育プログラムは、患者にケアの質と生活の質を向上させる方法を教えるように設計されています。 このような片頭痛教育プログラムは、より高いストレスの片頭痛者に特に有益であることが実証されている。 カイロプラクティックケアは、背骨の整列を矯正するために脊椎の調整と手作業を行う以外に、身体全体の治療に重点を置いて、患者が片頭痛症状に関して教育を受けていることを確認します。

賃貸システムの概要

片頭痛は非常に一般的で、痛みを伴い、不能で高価な病気です。 片頭痛の評価、治療、管理には、米国内のプライマリケア医に年間5から9のオフィス訪問が必要であると推定されている[1,2]片頭痛は外来診察の最も一般的な理由の1つである[3]多くの研究では、片頭痛のある患者は片頭痛のない患者よりも薬学的および医学的な主張が有意に高いことが報告されています[4-7] 17と20億ドルの間の米国の雇用主には、労働生産性の低下のために毎年かかると見積もられている[8,9]

片頭痛の治療薬の入手可能性を考えると、医師は片頭痛を正確に診断することが不可欠です。 さらに、医師にとっては、片頭痛を単に「頭痛」とは対照的に、特定の状態として扱うことの利点を認識することが重要です。 残念なことに、片頭痛の正確な診断および治療に関する最近の知見は、偏頭痛を有する大部分の患者が正確に診断または治療されていないことを示唆している[10-14]

片頭痛は現在、急性疼痛の断続的なエピソードを特徴とする慢性神経疾患として概念化されている[15-17]自己管理の重要性を強調している慢性疾患管理の現行ガイドライン[18-22]自己管理では、患者とプロバイダーの両方が積極的に病気を治療し、患者は臨床外の病気を管理する。 自己管理(または自己ケア)では、適切な時期に適切な投薬を受ける機会を患者に与え、片頭痛およびその管理について教育を受け、頻度および頻度を最小限に抑えるためのツールを備えている必要があります。片頭痛発作の有害な影響。

ほとんどの片頭痛患者は、頭痛の痛みおよび片頭痛の関連する症状からいくらかの障害を経験する[23-26]片頭痛を痛みの問題と人生の問​​題の両方とするのは、生活の質を損なう片頭痛発作による障害です。 多くの患者にとって、反復性障害と効果的な対処ツールや薬物療法の効果が必ずしも有効ではないことが相まって、攻撃間の不安、心配および不安が発生し、差し迫った攻撃が差し迫っているように見える場合があります。 この心配と不安は、自己効力感が低く、状況をうまく管理できるという個人の信念を伴う認知変数と関連している可能性がある[27-29]自己効力感は、よくある片頭痛を管理する[29-33]最近の新しい治療薬の開発と教育努力の改善は、片頭痛の有効性を確認し、片頭痛患者のケアの質を向上させるのに役立っています。 しかし、片頭痛治療プログラムの全体的価値を示すことは困難である。 しかし、これらのプログラムでは主に、専門医や教育者の指導のために専門の診療所や教育施設に患者を紹介し、入学後に患者の転帰を追跡することが含まれていました[34-39] 。 残念ながら、このような頭痛専門診療所にアクセスできるコミュニティはほとんどありません。 従って、ほとんどの患者は、頭痛のケアに関する教育内容およびカウンセリングのために、プライマリケア臨床医に頼っている。 これらのコンセプトを念頭に置いて、複数のセンターを対象とした入学試験であるMercy Migraine Management Program(MMMP)は、プロバイダーグループ設定による片頭痛教育プログラムの全体的価値を実証するために行われました。 医師と参加者に1回限りの教育プログラムが提供されるプログラムが不足していることを考えると、このようなプログラムが実現可能であり、有効性を示唆しているかどうかを判断することが決定された。 そうであれば、これにより、より洗練されたデザインを使用したさらなる調査が可能になります。

現在の研究は、MMMPの効果を見るオープントライアルでした。 頭痛の頻度、頭痛関連QOL、頭痛関連心配、自己効力感、治療満足度、および頭痛の救急室訪問に関する教育プログラムへの参加の効果を評価した。

メソッド

一般

この研究は、120の臨床医のプライマリケアグループのプラクティスで行われ、200,000患者(セント・ジョンズ・マーシー・メディカル・グループ、セントルイス、ミズーリ州)を対象としています。 31の医師と14の3人の看護師が参加することに合意しました。 これらのサイトから、偏頭痛を有する284患者の総数を特定し、臨床医によって募集し、参加することに同意した。 参加者の中で、92%(n = 260)は女性であり、平均年齢は42(SD = 12.45)であった。 適格になるためには、患者は以下のうちの1つ以上を有する必要があった:(a)過去6ヶ月間の片頭痛/頭痛診断のためのICD-9-CMコード; (b)過去6ヶ月における急性片頭痛/頭痛治療のための1つ以上の主張; (c)片頭痛/頭痛または頭痛NOSおよび少なくとも片頭痛薬をコード化した過去6ヶ月間の1回以上のERまたは緊急ケアセンター訪問患者。 さらに、頭痛の評価のためにプライマリケアオフィスに提出した患者は、その時点で片頭痛/頭痛の診断のためのICD-9-CMコードを与えられた場合、プログラムに登録する資格があった。

手順

プロバイダの教育とトレーニング

参加に関心を示した臨床医は、片頭痛に関する2時間の継続的な医学教育プログラムに参加した。 プログラムは4つの主要概念をカバーしました。(1)頭痛の影響認識診断(頭痛の重症度と障害に基づく片頭痛のオフィス認識)、(2)早期中絶介入、特に片頭痛特有の効果(3)有効予防レジメン、および(4)非薬理学的管理を含むが、これらに限定されない。 このプログラムの最も重要な目標は、日常的に片頭痛を管理するために使用できるツールを患者にどのように装備させるかについて、プロバイダに教育することでした。 参加した臨床医およびそのスタッフには印刷された教材が提供された。 材料の大部分は、第1著者が使用するために開発または選択されたものです。 これらには以下を含む標準化された教材が補足された。(a)偏頭痛の効果的管理のための患者中心の戦略[40]; (b)片頭痛の片頭痛ガイド[41]; (c)プロバイダーのための包括的な片頭痛管理プログラムである片頭痛マトリックス®教育プログラム[41]の提供者と患者のヒントシート。

教育セッションに参加した医師は、練習サイトの医師から、潜在的に適格な患者にIRB承認の通知を送付し、請求データから特定し、頭痛治療のために定期的に診察を受ける際に研究を知らせたり、 郵送された招待状に応えた興味のある人は、現地IRBの承認を得て、片頭痛の診断が確認され、参加のインフォームドコンセントが提供された練習サイトに来た。 被験者はその後、研究関連のアンケートを完了した。 オフィス遭遇時に募集された被験者は、上記の訪問時に参加するように招待され、上記と同様のインフォームド・コンセントを提供し、ベースライン・クエストノアを完了した。

アンケートが完了した後、臨床医は、以前に提供された教育セミナーおよび印刷資料から得られた知識に基づいて投薬または他の治療推奨を提供した。 プロバイダーの側では、強制介入は必要ありませんでした。 彼らは自分の知識、理解、好みに応じて個々の参加者に適しているように投薬やその他の管理上の決定を下すことでした。 しかし、彼らは、研究の教育情報を試験に登録された個々の被験者に提供する必要がありました。 臨床医または医療チームのメンバーは、患者に教材を提供し、教材をどのように使用するかを指示した。 患者は、個々の状況に最も適した材料を使用することが奨励された。 これらの資料は、ヘルスケアチームの継続的なケアと併せて、片頭痛を自己管理するためのツールを患者に提供するように設計されています。 これらの資料には次のものが含まれています:(a)片頭痛の片頭痛ガイド[41]; (b)頭痛の日記。 (c)偏頭痛マトリックス教育プログラム[42]の患者ヒントシート; (d)National Headache Foundationの食事推奨に関する教育資料。 (e)セントジョンズ・マーシー・メディカル・グループに関連する理学療法部門からの運動およびストレッチ練習の子宮頸部を行う方法に関する書面による視覚的指示。 (f)プライマリケアネットワークによって開発されたバイオフィードバックテープ。 (g)偏頭痛の管理。

患者は教材を家に持ち帰って、教育用パケットで禁止されているコンセプトを遵守しながら、可能な限り一貫性を持たせるように指示を出しました。 3ヶ月後、自己評価された封筒で記者会に郵送し、返却しました。 同じ評価はベースライン後の6月および12月に郵送された。

措置

以下の尺度は、ベースライン、3-月、6-月、およびベースライン後の12-月で自己投与した。

頭痛の日。 個人は、以前の90日に頭痛を経験した日数を報告した。 これは興味深い主な結果でした。

障害/生活の質

頭痛の影響テスト-6(HIT-6)。 HIT-6は、頭痛が患者の生活に及ぼす影響を評価する、信頼できる有効な尺度である6項目の数値です。[43-44] HIT-6のスコアは、すべての項目に対する応答を合計することによって得られます。 より高いスコアは、頭痛の影響のレベルが高い(すなわち、生活の質が低い)ことを反映する。 これは興味深い主な結果でした。

片頭痛特定の生活の質(MSQ)。 MSQは、片頭痛が個人の生活の質に及ぼす影響を評価するために設計された14項目尺度である[45-46] MSQサブスクリプションには、感情的(MSQ-E)、制限的(MSQ-R) MSQ-P)。 MSQは、内部的に一貫性のある有効な手段であることが示されています。 MSQは3月に行われませんでした。 これは興味深い主な結果でした。

頭痛の心配。 個人は、 "めったに"、 "時には"、 "しばしば"、そして "ほとんどいつも"のオプションで、4点スケールを使用して頭痛が頭痛を心配する程度を示しました。 現在の研究のために、2つのグループが作成された。 「稀に」または「時には」と答えた人は、低心配と表示されました。 「しばしば」または「ほとんどいつも」と答えた人は、高懸念と呼ばれました。

頭痛をコントロールするための自己効力。 個人は、「自信がない」、「少し自信がある」、「かなり自信がある」、「非常に自信がある」という選択肢を持つ4点スケールを使用して頭痛をコントロールするための行動を自信を持って示しています。 「自信がない」または「少し自信がある」と回答した個人には、低自己効力感というラベルが付けられました。 「かなり自信がある」または「非常に自信がある」と答えた人には、高自己効力というラベルが付けられました。

頭痛のケアに対する満足度。 個人は、彼らが受けていた頭痛のケアに満足しているかどうか(はい/いいえ)を示しました。

ER訪問。 個人は、以前の3月間に頭痛のためにERに行った回数を示した。 現在の研究の目的のために、以前の90日の間にERを訪問した人のパーセンテージを作成するために、二重のyes / no変数が作成されました。

統計分析

すべての分析は、SPSS v。15を使用して実施した。[47]分析に先立って、スケール分布と正常性の仮定との間の適合性についてデータを検査した。 頭痛の頻度は正常性の仮定に違反し、変形された(変形された変数はモデルで使用されているが、元のデータは読者の理解を容易にするために数字で使用されている)。

12月(ベースライン、3月、6月、12月)を超える4つの時点での頭痛頻度の変化をモデル化するために、線形ランダム混合モデル(ランダム効果として被験者を治療する)を使用した。 HIT-6(ベースライン、3-月、6-月および12-月)およびMSQサブスケール(ベースラインで測定、6-月および12-月)で同じことが行われた。 ベースラインの心配と信頼が頭痛や生活の質の変化に影響を与えるかどうかを判断するために、これらの変数がモデルに含まれていました。 3-way相互作用(time×worry×confidence)を調べる可能性はありましたが、nを非常に小さくした細胞を作成したので、2-way相互作用は高次の相互作用解析でした。 すべての比較のために、ボンフェローニの調整が行われた。

心配、有効性、患者の頭痛治療への満足度、またはER訪問に時間の経過とともに有意な変化があったかどうかを評価するために、McNemarの検査を行った。 複数の比較を説明するために、各比較セットの有意水準をp <.008に調整した。

この研究の手順と手順は、地方機関の審査委員会によって承認された。

成果

頭痛の周波数変化

結果から、3%(n = 34 / 77)の228%では、少なくともベースラインからの頭痛頻度の50%の低下が報告されました。 38月に86%(N = 6)、46月に106%(N = 12)に増加しました。

結果は、頭痛頻度の減少の主な効果が有意であることを示した(F [3、691] = 27.89、p <.001)。 図1は、各時点での月ごとの頭痛頻度を示しています。 表1は、ベースラインからその後の各時点までの頭痛頻度の有意な減少があったことを示している(p <.001)。 また、12月の頭痛頻度は3および6(p <.001)月より有意に低かった。 心配の主な効果も有意であった(F [1、308] = 12.03、p <.001)。 高懸念を訴える人は、低心配(M = 8.00、SE = .63)(5.89%CID)と分類された人よりも、頭痛(M = 46、SE = .95) = .62-3.68)。 信頼の主な効果、時間Xの相互作用の心配、および時間Xの信頼はすべて重要ではなかった。

ベースライン、1月、3月、および6月の図12頭痛日数
図1: ベースライン、3月、6月、および12月の月あたりの頭痛の日数。

頭痛頻度の変化の表1比較

生活の質の障害

ヒット6。 結果は、時間Xが相互作用を心配することが有意であることを示す(F [2、464] = 4.54、p <.01)。 図2は、各時点のHIT-6スコアを心配度で示しています。 シンプルエフェクト解析では、高懸念のある人のうち3月の頭痛の影響の程度が、低心配の人よりも大きかったことが示されました。 また、低心配患者では、ベースラインから3月と6月、3月から6月までの頭痛の影響が有意に減少したが、高懸念の患者は頭痛の影響がベースラインから3 3ヶ月6ヶ月。 高自己効力(M = 1、SE = .292)の患者が低自己寛容の患者よりも頭痛の影響が少ないように、自信の主な効果は有意であった(F [4.54、001] = 59.60、p <.52)有効性(M = 61.72、SD = .70)(CID = .79-3.45)。 時間X自己効力感または心配X自己効力感相互作用は有意ではなかった。

心配して各時点での図2ヒット -  6
図2: それぞれの時点でHIT-6を心配してください。

MSQ-E。 結果は、時間Xが相互作用を心配することが有意であることを示す(F [2、468] = 5.18、p <.01)。 図3は、各時点のMSQ-Eスコアを心配度で示しています。 シンプルエフェクト解析では、MSQ-Eの改善の程度は、高懸念者のうち3月が低心配者のものよりも大きかったことが示されました。 高自己効力(M = 1、SD = 292)を有する者が低自己自己効力を有する者よりも生活の質が高いように、自信の主な効果は有意であった(F [4.54、001] = 59.60、p <.1.74)有効性(M = 61.72、SD = 1.87)(CID = .79-3.45)。 自己効力感、時間X自己効力感相互作用、および心配X自己効力感相互作用の主効果は有意ではなかった。

図3 MSQ-E各時刻での心配
図3: 各時点でMSQ-Eを心配してください。

MSQ-R。 結果は、時間に対する主な効果が有意であることを示している(F [2、472] = 47.60、p <.001)。 図4は、MSQ-Rを心配度ごとに各時点で示しています。 MSQ-Rは、53.67月(M = 1.23、SD = 6)(CID = 66.02-1.35)および8.96月(M = 13.75、SD = 12)で有意に改善された(M = 68.05、SD = 1.38) )(CID = 10.34-18.42)。 6月と12月のMSQ-Rスコアの差は認められなかった。 高懸念者が低心配者(M = 1、SD = 281)よりも有意に低いQOL(M = 34.86、001)= 56.75、p <.1.17) = 68.41、SD = 1.60)(CID = 7.78-15.57)。 自己効力感の主効果は、自己効力の低い人が有意に低かった(M = 1、SD = 281)低心配(M = 7.89、SD = 01)(CID = 59.81-1.35)。 自己効力感に対する主要な効果または時間的信頼性相互作用のいずれも有意ではなかった。

図4 MSQ-Rの各時点での心配
図4: MSQ-Rを各時点で心配してください。

MSQ-P。 結果は、時間Xが相互作用を心配することが有意であることを示す(F [2、449] = 4.01、p <.05)。 図5は、心配度によって各時点のMSQ-P得点を示しています。 シンプルなエフェクト解析では、ベースラインから6月および12月、6月から12月までの大幅な改善が見られましたが、低心配者ではベースラインと6月および12月との間に有意な改善が見られましたが、 6月から12月まで 自己効力の低い者(M = 1、SD = 272)の方が高自己寛容の者よりも生活の質が低いように、自信の主な効果は有意であった(F [4.11、05] = 75.08、p <.1.48)有効性(M = 79.47、SD = 1.58)(CID = .13-8.65)。 時間X自己効力感相互作用および心配X自己効力感相互作用は有意ではなかった。

各時点での図5 MSQ-P
図5: MSQ-Pを各時点で投与する。

頭痛の心配。 図6は、ベースライン、3月、6月、および12月の高懸念者の割合を示しています。 結果は、ベースラインと比較した場合、3月(χ2[223] = 20.42、p <.001)、6月(χ2[223] = 29.98、p <.001)で有意に低かった。 、および12月(χ2[223] = 29.82、p <.001)です。 その他の有意差は認められなかった。

図6それぞれの時点で高い心配と高い自己効力を持つ個体のパーセンテージ
図6: 各時点で高い心配と高い自己効力を持つ個人の割合。

頭痛を管理するための自己効力。 図6は、ベースライン、3月、6月、および12月に自己効力が高い個人の割合を示しています。 結果は、12月に高自己効力を有する個体の割合がベースライン(χ2[223] = 10.92、p <.001)および3月(χ2[223] = 8.02、p <.001) 。 その他の有意差は認められなかった。

満足。 図7は、頭痛のケアに満足した人の割合を示しています。 結果は、ベースラインと比較した場合、頭痛のケアに満足した個体の割合は、3月(χ2[223] = 66.39、p <.001)、6月(χ2[223] = 75.87、p <.001)、および12月(χ2[223] = 100.99、p <.001)。 また、12月間の頭痛のケアに満足していた人の割合は、3月(χ2[223] = 16.25、p <.001)および6月(χ2[223] = 9.80、p < 001)。 その他の有意差は認められなかった。

頭痛のケアによる図7の満足度
図7: 頭痛のケアに対する満足度。

ER訪問。 結果は、ベースライン時に、8.33%(n = 19)が、以前の3月間に頭痛のためにERに行ったことを示した。 3月(3.08%; n = 7)、6月(3.95%; n = 9)、および12月(5.26%; n = 12)でER訪問が減少したにもかかわらず、これらの減少は有意ではなかった。

議論

主な結果は、MMMPが頭痛の頻度に及ぼす影響でした。 すべての参加者のほぼ半分(46%)が、50月に頭痛頻度の12%以上の減少を報告しました。 頭痛の頻度が> 50%減少している参加者の割合が、12ヶ月にわたって着実に増加しており、教育的介入の永続的な効果を示していることは注目に値する。 高懸念または低懸念群のいずれにおいても、変化の程度は有意に大きかった。 しかし、HIT-6スコアの低下は、ベースライン後の3ヶ月で低心配の患者と比較して、高懸念者の方が有意に大きかった。 関連する知見では、低自己効力を有する参加者は、高自己効力を有する者よりも頭痛の影響の有意に大きな減少を報告した。 これは、参加者が、MMMPで提供される教育と頭痛の管理スキルを通じて、頭痛を管理する能力に自信を持っていることによるものと思われます。 この仮説は、高自己効力スコアを有する参加者の割合が増加し、12月の調査期間中に高懸念のある被験者の割合が減少することによって裏付けられている。

参加者は、頭痛関連障害が減少し、生活の質が研究の過程で改善されることを報告した。 これは、ほとんどの患者が障害および疾患の負担により頭痛の治療を求めていることを考えると、奨励的な発見である。 この改善は、低コストで管理しやすい教育プログラムによって達成されたことは注目に値する。 結果はまた、患者が頭痛についてあまり心配していないことを示した。 慢性疼痛患者の間では、痛みを抱えることに対する心配や心配は、痛みを有意に増加させ、鎮痛療法の有効性を阻害する可能性があることがよく確立されている[48-49]現在のところ、片頭痛を有する患者の中でこれらの現象はほとんど研究されていない。 どの研究が実施されているのか、心配と不安が片頭痛の重大な問題であることが分かっています[50-54]

心配と障害との相互作用や生活の質に注意することは興味深い。 現在の介入の焦点は教育だけに焦点を当てていた。 特に頭痛の痛みに関連して、疾患の転帰を変える際の教育の重要性を完全に確立するための十分な研究は公表されていない。 おそらく、教育プログラムで提供される教育と基本的な頭痛管理スキルは、頭痛に対する心配と不安が軽減された十分な知識と基本スキルを持つ患者を備えていた可能性があります。 この考え方は、研究の初期に心配していた人が、障害の格付けと生活の質について最も大きな改善を報告したという知見によって支持されています。

満足感がより高いという知見は、低コストで管理が容易な介入が患者のケアに対する認識に正の影響を及ぼすことを奨励するものである。 これがなぜ起こったのかについては、多くの可能性があります。 彼らの教育の結果として、医療提供者は、片頭痛とその管理に関する患者の質問に、より良く答え得るであろう。 患者に配布された教材が片頭痛の知識を深め、さらにケアに満足している可能性があります。 また、より多くの満足感が、頭痛や頭痛の程度がより少なくなったことから得られた可能性もあります。 現在の研究は、これらのメカニズム論的な問題に答えるようには設計されていないため、これらの変数のそれぞれが患者満足度に及ぼす影響を判断することは困難です。 ER訪問に関しては、 各時点でのER訪問の減少はあったものの、ベースライン時にERに行った人の割合(8.33%)は、有意に低下する可能性が低いほど低かった。

この研究の結果は、片頭痛および管理スキルについての知識の増加が疾患の負担を軽減できることを示唆している。 これは、疾患状態についての教育を受けている患者に疾患の負担を軽減し、心配や不安を軽減することが示されている他の慢性疾患領域(例えば、糖尿病、喘息、心臓血管疾患)の研究と一致する。

現在の研究では、その発見が奨励されており、片頭痛教育の疾病管理の利点についての将来の研究の謎が浮かび上がっているが、現在の研究には限界がある。 おそらく、この研究の最大限の制限は、平行条件の欠如であろう。 そのような状態を含まないことは、頭痛の減少が参加者の期待に応じて、結果が正のバイアスまたは「自己実現」の結果から出現する可能性を評価することを可能にしなかった。 しかし、現在の研究では、参加者が研究者と定期的な直接のやり取りをしていないという事実と、3以上の間隔で何が起こったかによって、正のバイアスの問題が軽減された可能性があります。 同時に、制御条件が不足しているため、この可能性を割り引くことはできません。 この研究は、一回の接触を伴うアプローチが頭痛および関連する転帰に何らかの影響を与えるかどうかを見るために行われた。 結果として、現在の研究から引き出される結論は限られている。

予防的処方パターンの正式な監視はなかったので、参加者に見られる改善は、片頭痛予防を規定する個体数の15%増加によるものであった可能性がある。 しかし、回帰分析を実施して、片頭痛予防の開始が各時点での様々な転帰(頭痛頻度、障害、生活の質、心配、ケア満足度)の改善を予測する可能性を評価した。 片頭痛予防の開始は、3月の頭痛頻度の低下を予測したが、いずれの時点でも他のどの領域にも有意な影響を及ぼさなかった。 もう一つの制限は、教育的介入を受けていない並行比較グループがないことでした。 これらすべての領域における報告された改善は、正の応答バイアスの結果である可能性があります。 懸念される別の領域は、スケールとアンケートが日記ではなく患者のリコールに基づいており、リコールバイアスを許容することです。 教育セミナーに参加した医師は、患者とのより対話的なコミュニケーションを取る傾向があり、患者管理に肯定的な影響を与える可能性があります。[50]

要約すると、現在の研究の目的は、片頭痛を有する医療従事者および片頭痛者に片頭痛およびその管理に関する教育を提供したMMMPの有効性を評価することであった。 線形ランダム混合モデルを使用して12月間の変化を評価したこのオープンラベル試験では、参加した患者は頭痛が少なく、障害が少なく、生活の質が改善されました。 また、患者のかなりの割合が、心配が少なく、自己効力感が増し、片頭痛治療に対する満足度が高いと報告した。 このプログラムで実証された満足度の向上、心配の減少、生活の質の向上は、低コストで管理しやすい教育プログラムを通じて達成されたことにも注目する価値があります。

謝辞

著者はSt. John's Mercy Health Research(プロジェクト管理)のMitzi CorzineさんとSally Kaneさん、セントジョンズ・マーシー・メディカル・グループのヘルスケア・プロバイダーとプラクティス、およびDr. Timothyに感謝します。 Houle(統計的支援)。 このプロジェクトは、プライマリケアネットワーク、グラクソスミスクラインファーマシューティカルズ、およびアボットラボラトリーズによって提供された小さな無制限助成金によって資金提供されました。 この原稿は、第2著者が国立衛生研究所(NINDS#K23NS048288)によって資金提供されている間に作成された。

結論として、 片頭痛が毎年医師の診察を受ける最も一般的な理由の1つであるにもかかわらず、片頭痛は依然として医療分野で最も未診断かつ治療の遅い疾患の1つであり、世界中の片頭痛患者の健康状態に影響を与えている。 上記の記事の所見によれば、Mercy片頭痛管理プログラム(MMMP)に参加した患者は、片頭痛症状の改善を報告している。 さらに、片頭痛患者は、他の様々な頭痛治療オプションの追加的な改善を実証した。 National Center for Biotechnology Information(NCBI)から参照される情報。 私たちの情報の範囲は、カイロプラクティックだけでなく、脊髄の怪我や状態に限られています。 主題について話し合うには、ジェメネス博士にお気軽にお問い合わせください。 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

1。 ギブスTS、フライシャーAB、Jr、フェルドマンSR、サムMC、オドノヴァンCA 片頭痛患者のヘルスケア利用:外来環境における人口統計とケアのパターン。 頭痛。 2003; 43:330–335。 [PubMed]
2。 スミスR.慢性頭痛の管理。 医師を診ることができます。 1989; 35:1835–9。 [PMC無料記事] [PubMed]
3。 若いWB、シルバースタインSD。 片頭痛およびその他の頭痛。 ニューヨーク、ニューヨーク:Demos Medical; 2004。
4。 Clouse JC、Osterhaus JT。 管理されたヘルスケア環境における片頭痛に関連するヘルスケアリソースの使用とコスト。 アン・ファーマザー。 1994; 28:659–664。 [PubMed]
5。 エルストン・ラファタJ、ムーンC、レオッタC、コロドナーK、ポアソンL、リプトンRB。 片頭痛に伴う医療の利用と費用。 J GenインターンMed。 2004; 19:1005–1012。 [PMC無料記事] [PubMed]
6。 ペサJ、レイジMJ。 片頭痛と併存する不安とうつ病の医療費。 頭痛。 2004; 44:562–570。 [PubMed]
7。 エドミーズJ、マッケルJA 片頭痛の経済的影響:直接および間接コストの分析。 頭痛。 2002; 42:501–509。 [PubMed]
8。 胡XH、マークソンLE、リプトンRB、スチュワートWF、バーガーML。 米国の片頭痛の負担:障害と経済的コスト。 アーチインターンメッド。 1999; 159:813–818。 [PubMed]
9。 スチュワートWF、リッチJA、チーE、モーガンスタインD、リプトンR。米国労働者の一般的な痛みの状態のために生産的な時間とコストを失った。 JAMA。 2003; 290:2443–2454。 [PubMed]
10。 リプトンRB、スチュワートWF、ダイアモンドS、ダイアモンドML、リードM.米国における片頭痛の有病率と負担:米国片頭痛研究IIのデータ。 頭痛。 2001; 41:646–657。 [PubMed]
11。 リプトンRB、スチュワートWF、サイモンD.片頭痛の医療相談:アメリカ片頭痛研究の結果。 頭痛。 1998; 38:87–96。 [PubMed]
12。 リプトンRB、ダイヤモンドS、リードM、ダイヤモンドML、スチュワートWF。 片頭痛の診断と治療:アメリカの片頭痛研究IIの結果。 頭痛。 2001; 41:638–645。 [PubMed]
13。 Patel NV、Bigal ME、Kolodner KB、Leotta C、Lafata JE、Lipton RB。 健康計画における片頭痛および可能性のある片頭痛の有病率と影響。 神経学。 2004; 63:1432–1438。 [PubMed]
14。 ダイアモンドS、ビガルME、シルバースタインS、ローダーE、リードM、リプトンRB。 米国における片頭痛の診断と急性および予防的治療のパターン:アメリカの片頭痛有病率と予防研究の結果。 頭痛。 2007; 47:355–363。 [PubMed]
15。 ハザードE、宗像J、ビガルME、ルプノウMFT、リプトンRB。 米国における片頭痛の負担:疾病管理と経済分析に関する現在および将来の展望。 バリューヘルス[PubMed]
16。 リプトンRB、パンJ.片頭痛は進行性脳疾患ですか? JAMA。 2004; 291:493–494。 [PubMed]
17。 シェールAI、スチュワートWF、リッチJA、リプトンRB。 人口ベースの研究における慢性的な毎日の頭痛の発症と寛解に関連する要因。 疼痛。 2003; 106:81–89。 [PubMed]
18。 ボーデンハイマーT、ロリッグK、ホルマンH、Grumbach K.プライマリケアにおける慢性疾患の患者の自己管理。 JAMA。 2002; 288:2469–2475。 [PubMed]
19。 Chodosh J、モートンSC、モジカW.メタ分析:高齢者向けの慢性疾患自己管理プログラム。 アンインターン医学。 2005; 143:427–438。 [PubMed]
20。 Lorig KR、Holmon H.自己管理教育:歴史、定義、結果、およびメカニズム。 アンビーハフメッド。 2003 8月、26(1):1–7。 [PubMed]
21。 ロリグKR、マゾンソンPD、ホルマンHR。 慢性関節炎患者の自己管理のための健康教育は、医療費を削減しながら健康上の利点を維持していることを示唆する証拠。 関節炎のリューム。 1993; 36:439–446。 [PubMed]
22。 Lorig KR、Sobel DS、Stewart AL、Brown BW、Jr、Bandura Aなど 慢性疾患の自己管理プログラムが入院を減らしながら健康状態を改善できることを示唆する証拠:ランダム化試験。 メッドケア。 1999; 37:5–14。 [PubMed]
23。 フェラーリMD 社会に対する片頭痛の経済的負担。 薬経済学。 1998; 13:667–676。 [PubMed]
24。 フォードS、カルホーンA、カーンK、マンJ、フィンケルA. 頭痛。 2008; 48:523–528。 [PubMed]
25。 Jelinski SE、Becker WJ、Christie SN、Giammarco R、Mackie GF、Gawel MJ、Eloff AG、Magnusson JE。 患者の人口統計および臨床的特徴は、頭痛専門医に紹介されました。 J Neurol Sci。 2006; 33:228–234。 [PubMed]
26。 スチュワートWF、リプトンRB、サイモンD.仕事関連の障害:アメリカの片頭痛研究の結果。 頭痛。 1996; 16:231–238。 [PubMed]
27。 Bandura A、O'Leary A、Taylor C、Gauthier J、Gossard D.知覚された自己効力感および疼痛管理:オピオイドおよび非オピオイドのメカニズム。 J Personal Social Psychol。 1987; 53:563–571。 [PubMed]
28。 バンデュラA.自己効力感:コントロールの練習。 ニューヨーク:WH Freeman and Company; 1997。
29。 Nicholson RA、Houle TT、Rhudy JL、Norton PJ。 頭痛の心理的危険因子。 頭痛。 2007; 47:413–426。 [PMC無料記事] [PubMed]
30。 湖AI。 頭痛の行動的および非薬理学的治療。 Med Clin North Am。 2001; 85:1055–1075。 [PubMed]
31。 Maizels M.なぜ医師は行動研究を気にしなければならないのですか? 頭痛。 2005; 45:411–413。 [PubMed]
32。 Nicholson RA、Hursey KG、Nash J.頭痛の行動療法のモデレーターおよびメディエーター。 頭痛。 2005; 45:513–519。 [PubMed]
33。 Penzien D、Rains J、Lipchik G、Nicholson R、Lake A、Hursey K.行動性頭痛研究の将来の方向性:進化するヘルスケア環境への応用。 頭痛。 2005; 45:526–534。 [PubMed]
34。 Blumenfeld A、Tischio M.頭痛ケアの卓越性センター:Kaiser Permanenteのグループモデル。 頭痛。 2003; 43:431–440。 [PubMed]
35。 Cady R、Farmer K、Beach ME、Tarrasch T.看護師ベースの教育:片頭痛患者の教育のためのオフィスベースの比較モデル。 頭痛。 2008; 48:564–569。 [PubMed]
36。 Kwong WJ、Landy SH、Braverman-Panza J、Rosen JH、Hutchinson S、Burch SP。 プライマリケア環境における片頭痛疾患管理プログラム:患者の生活の質と生産性の低下への影響。 J Clin Outcomes Manage。 2007 Jun; 14(6):332–338。
37。 Maizels M、Saenz V、Wirjo J.頭痛に対する疾病管理のグループベースのモデルの影響。 頭痛。 2003; 43:621–627。 [PubMed]
38。 ロスロックJF、パラダVA、シムズC、キーK、ウォルターズNS、ツヴァイフラーRM。 集中的な患者教育が診療所ベースの片頭痛集団の臨床結果に与える影響。 頭痛。 2006; 46:726–731。 [PubMed]
39。 Harpole L、Samsa G、Jurgelski A、他 頭痛管理プログラムは、慢性頭痛の結果を改善します。 頭痛。 2003; 43:715–724。 [PubMed]
40。 プライマリケアネットワーク。 片頭痛の効果的な管理のための患者中心の戦略。 2000。
41。 プライマリケアネットワーク。 片頭痛の片頭痛ガイド。 1998。
42。 GlaxoSmithKline。 片頭痛マトリックス®。 2001。
43。 コシンスキーM、ベイリスMS、ビョーナーJB、他 頭痛の影響を測定するための6項目の短い形式の調査:HIT-6。 Qual Life Res。 2003; 12:963–974。 [PubMed]
44。 Nachit-Ouinekh F、Dartigues JF、Henry P、et al。 一般診療における頭痛影響試験(HIT-6)の使用:生活の質と重症度との関係。 Eur J Neurol。 2005; 12:189–193。 [PubMed]
45。 Jhingran P、Osterhaus JT、Miller DWなど 片頭痛特有の生活の質に関するアンケートの開発と検証。 頭痛。 1998; 38:295–302。 [PubMed]
46。 Jhingran P、Davis SM、LaVange LMなど 片頭痛特有の生活の質に関するアンケート:因子構造のさらなる調査。 [PubMed]
47。 社会科学(SPSS)の統計パッケージ[コンピュータープログラム]。 バージョン14.0。 シカゴ:SPSS Inc; 2006。
48。 Asmundson GJG、ノートンPJ、ノートンGR。 痛みを超えて:慢性における恐怖と回避の役割。 Clin Psych Rev. 1999; 19:97–119。 [PubMed]
49。 McCracken LM、Gross RT。 不安は慢性疼痛への対処に影響しますか? クリンJペイン。 1993; 9:253–259。 [PubMed]
50。 司教KL、ホルムJA、ボロウィックDM、ウィルソンBA。 頭痛のある女性の痛みの認識:痛みに関連する不安と恐怖の影響に関する実験室調査。 頭痛。 2001; 41:494–9。 [PubMed]
51。 Lanteri-Minet M、Radat F、Chautard MH、Lucas C.片頭痛に関連する不安とうつ病:片頭痛患者の障害と生活の質、および急性片頭痛の管理に対する影響。 疼痛。 2005; 118:319–26。 [PubMed]
52。 Radat F、Mekies C、Geraud G、Valade D、Vives E、Lucas C.プライマリケア片頭痛患者の不安、ストレス、対処行動:SMILE研究の結果。 ケファラギア。 2008; 28:1115–25。 [PubMed]
53。 スミスT、ニコルソンR.頭痛の影響と生活の質を改善する上で認知的および感情的要因の変化は重要ですか? 頭痛。 2006; 46:878。
54。 ホワイトKD、ファレルAD。 都市部の青年期の頭痛と腹痛の予測因子としての不安と心理社会的ストレス。 J Ped Psych。 2006; 31:582–96。 [PubMed]
55。 ハーンSR、キャディRK、ネルソンMR。 医療専門家と患者のコミュニケーションを改善して、発作中および発作間の片頭痛障害のより効果的な評価を促進する:アメリカ片頭痛コミュニケーション研究(AMCS)フェーズIIの結果。 で提示:ダイヤモンド頭痛クリニックの20th年次の練習医師の困難な頭痛患者へのアプローチ。 2月12–15、2007; カリフォルニア:ランチョミラージュ;

Green-Call-Now-Button-24H-150x150-2-3.png

その他のトピック:背痛

統計によると、およそ80%の人々は、生涯を通じて少なくとも1回は腰痛の症状を経験するでしょう。 背中の痛み さまざまな傷害および/または状態のために生じることがある一般的な苦情である。 多くの場合、年齢とともに背骨の自然な変性が腰痛を引き起こす可能性があります。 ヘルニアディスク 椎間板の柔らかくゲル状の中心が、その周囲の軟骨の外側環の裂傷を押して、神経根を圧縮して刺激するときに起こる。 椎間板ヘルニア形成は、腰椎または腰椎に沿って最も一般的に起こるが、頸椎または頚部に沿って起こることもある。 負傷および/または悪化した状態のために腰部に見られる神経の衝突は、坐骨神経痛の症状につながる可能性がある。

漫画paperboyの大きなニュースのブログの画像

重要なトピック:片頭痛治療

その他のトピックス:エクストラエクストラ:El Paso、Tx | アスリート