片頭痛の頭痛痛みのカイロプラクティック療法エルパソ、テキサス州
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

片頭痛の頭痛痛みのカイロプラクティック療法エルパソ、テキサス州

片頭痛の頭痛は、他の一般的な健康問題と比較して、最も不快な病気の1つであると考えられています。 一般にストレスによって引き起こされる頭痛の衰弱、光と音に対する感受性、悪心などの片頭痛の症状は、片頭痛者の生活の質に大きな影響を与える可能性があります。 しかし、研究調査では、カイロプラクティックケアが片頭痛の頻度と重症度を軽減するのに役立つことが分かっています。 多くの医療従事者は、脊柱のミスアライメントまたは亜脱臼症が片頭痛の片頭痛の原因となる可能性があることを実証しています。 以下の記事の目的は、片頭痛のためのカイロプラクティック脊髄操作療法のアウトカム指標を実証することです。

片頭痛のためのカイロプラクティック脊髄操作療法:3腕、単一盲検、プラセボ、ランダム化比較試験

抽象

  • 背景と目的: 片頭痛のためのカイロプラクティック脊髄手术療法(CSMT)の有効性を調査する。
  • メソッド: これは、17片頭痛を含む104月間の予定された3武装、片盲検、プラセボ、無作為化比較試験(RCT)であり、月に少なくとも1回の片頭痛発作を伴う。 RCTはノルウェーのオスロにあるAkershus University Hospitalで行われました。 能動的治療はCSMTから成っていたが、プラセボは肩甲骨および/または臀部領域の側縁の模擬プッシュ操作であった。 対照群は、通常の薬理学的管理を継続した。 RCTは、介入終了時の1月ランイン、3月介入および結果尺度、および3、6および12月間フォローアップで構成されていた。 主要エンドポイントは月あたりの片頭痛日数であり、副次的エンドポイントは片頭痛期間、片頭痛強度および頭痛インデックス、および薬物消費であった。
  • 結果について 片頭痛日数は、ベースラインから治療後(P <0.001)の3つのグループすべてにおいて有意に減少した。 この効果は、すべての経過観察時点でCSMTおよびプラセボ群で継続したが、対照群はベースラインに戻った。 片頭痛日数の減少は、群間で有意に異ならなかった(相互作用についてのP> 0.025)。 片頭痛期間および頭痛指数は、フォローアップの終わりに向かって対照群よりもCSMTにおいて有意に低下した(それぞれ、相互作用についてP = 0.02およびP = 0.04)。 有害事象は軽度かつ一時的であった。 失明はRCTを通じて強く持続した。
  • 結論: 隠れたプラセボを用いた手動療法RCTを行うことが可能である。 我々の研究で観察されたCSMTの効果はおそらくプラセボの応答によるものである。
  • キーワード: カイロプラクティック、頭痛、片頭痛、無作為化比較試験、脊髄手技療法

Dr Jimenez White Coat

アレックス・ヒメネスの洞察

頚部の痛みと頭痛は、人々がカイロプラクティックケアを求める第3の最も一般的な理由です。 多くの研究研究は、カイロプラクティック脊髄操作療法が片頭痛の安全かつ有効な代替治療選択肢であることを実証している。 カイロプラクティックケアは、片頭痛の原因であることが示されている背骨の長さに沿って見出される脊椎の不整列または亜脱臼症を注意深く矯正することができます。 さらに、脊柱調節および手動操作は、脊柱のミスアライメントまたは亜脱臼の結果として、脊柱の複雑な構造に対して置かれる圧力の量を減少させることによって、ストレスおよび筋肉の緊張を軽減するのに役立ち得る。 背骨を再調整するだけでなく、ストレスや筋肉の緊張を緩和することで、カイロプラクティックケアは片頭痛症状を改善し、頻度を減少させることができます。

概要

片頭痛の社会経済的コストは、攻撃の際のその有病率と障害のために莫大である[1、2、3]。 急性薬理学的治療は、通常、成人における片頭痛の第1治療選択肢である。 頻繁な発作、不十分な効果および/または急性の投薬に対する禁忌を伴う片頭痛患者は、予防的治療の潜在的な候補である。 片頭痛予防治療は薬理学的であることが多いが、特に薬理学的治療が失敗した場合や、患者が薬を避けたい場合には、手動療法は珍しいことではない[4]。 研究は、脊髄操作療法が様々な中下降抑制経路[5、6、7、8、9、10]を活性化する可能性があるため、異なる脊髄レベルで神経抑制系を刺激し得ることを示唆している。

薬理学的ランダム化比較試験(RCT)は、通常、二重盲検であるが、介入療法士を盲検することができないため、手動療法RCTでは可能ではない。 現時点では、薬理学的RCT [11]においてプラセボを模倣する手動療法RCTにおける擬似手技に関するコンセンサスはない。 適切な擬似手技の欠如は、以前のすべての手動療法RCT [12、13]の大きな制限である。 最近、私たちは片頭痛の参加者が12の各介入後に評価された実際のCSMTと擬似CSMTを3月間に区別することができなかった擬似カイロプラクティック脊髄操作療法(CSMT)を開発した[14]。

この研究の第1の目的は、薬理学的RCTと同様の方法論的基準を有する片頭痛患者のための手動治療三腕単盲検プラセボRCTを行うことであった。

第2の目的は、偽手術(プラセボ)対CSMT対CSMT対対照、すなわち通常の薬理学的管理を続けた参加者のCSMTの有効性を評価することであった。

メソッド

研究デザイン

この研究は、17ヶ月間の3武装、一重盲検プラセボRCTであった。 RCTは、1月間ベースライン、12月間の3治療セッション、介入終了時のフォローアップ措置、3、6および12月後に構成された。

参加者は、ベースライン前に、CSMT、プラセボ(偽手術)およびコントロール(通常の薬理学的管理を続けた)の3つのグループに均等に無作為化した。

この研究のデザインは、国際頭痛学会(IHS)およびコンソート(付録S1)[1、15、16]の勧告に適合していた。 ノルウェーの医療研究倫理委員会とノルウェーの社会科学データサービスがこのプロジェクトを承認しました。 RCTはClinicalTrials.gov(ID番号:NCT01741714)に登録されています。 完全なトライアルプロトコルは以前に公開されました[17]。

一般

参加者は、Akershus大学病院神経学科を中心に、1月から9月の2013に募集されました。 一部の参加者は、AkershusとOslo CountiesのGeneral Practitioners、またはメディア広告を通じて募集されました。 参加者全員がプロジェクトに関する情報を受け取り、続いて電話インタビューを受けました。

対象となる参加者は、18-70年齢の片頭痛で、月に少なくとも1回の片頭痛発作を伴い、緊張型頭痛を併発するが、他の主要な頭痛は認められなかった。 すべての参加者は、インタビュー中の頭痛診断の経験を有するカイロプラクターおよび頭痛障害II(ICHD-II)2の国際分類に従って診断された。 神経科医は、Akershus大学病院のすべての片頭痛患者を診断しました。

除外基準は、以前の12月間に脊髄手术療法、脊髄神経根障害、妊娠、うつ病およびCSMTに対する禁忌であった。 RCT中に手動療法[18]を受け、予防的片頭痛薬を変更したり、妊娠した参加者は、その時点で研究から離脱し、脱落として認識されました。 参加者は、試験期間中、継続して急性片頭痛薬を変更することが認められた。

適格な参加者は、カイロプラクティック(AC)による細心の脊柱調査を含む面接と身体的評価に招待された。 CSMTまたはプラセボ群に無作為に割り付けられた参加者は、完全な脊柱X線検査を行った。

ランダム化とマスキング

書面による同意が得られた後、参加者は、1つのロットを描くことによって、3つの研究アームのうちの1つに同様に無作為化された。 3つの研究腕を有する番号付きの密封されたロットは、それぞれ年齢および性別、すなわち18-39または40-70年齢、および男性または女性によって4つのサブグループに細分された。

各治療セッションの後、CSMTおよびプラセボ群の参加者は、CSMT治療が受け入れられたかどうか、0が絶対確実性を示す10-10数値評価尺度でどのように積極的な治療を受けたかについてのアンケートを完了した[14]。

ブロックの無作為化と盲目的なアンケートは、単一の外部当事者によって排他的に管理されていた。

介入

CSMTグループは、標準的に診断された脊柱の生体力学的機能障害(全脊椎アプローチ)に向けられた調整後の反動を伴わない特定の接触、高速、低振幅、短レバー脊髄のGonstead法を用いて脊髄の手技療法を受けた個々の治療セッション[19]でのカイロプラクティックテスト。

プラセボ群は、肩甲骨の側縁および/または臀部領域の非意図的かつ非治療的指向性ラインにおける偽手術、広範な非特異的接触、低速、低振幅のシャムプッシュ操作を受けた[14 ]。 すべての非治療的接触は、十分な関節緩みを伴い、軟部組織の予備張力を伴わずに脊柱の外側で行われ、関節の空洞化が生じなかった。 研究の妥当性を強化するために、12週の治療期間中のプロトコルに従って、偽手術操作の選択肢を事前設定し、プラセボ参加者間で等しく交換した。 プラセボ手順は、利用可能な試行プロトコル[17]に詳細に記載されている。

各介入セッションは15分継続し、両群は各介入の前後に同じ構造的および運動的評価を受けた。 トライアル期間中に参加者に他の介入やアドバイスは与えられなかった。 どちらのグループも、経験豊富な単一のカイロプラクティック(AC)によってAkershus大学病院で介入を受けました。

対照群は、通常の薬理学的管理を、臨床研究者による手動の介入を受けずに続けた。

成果

参加者は、試験中に確認された診断的な頭痛の日記を記入し、月単位で戻した[20]。 返却されていない日記や欠落したデータの場合、参加者は電話で連絡を取り、コンプライアンスを確保しました。

主要エンドポイントは月あたりの片頭痛日数(30日/月)であった。 ベースラインから介入の終了までの25%の減少は、3、6および12の追跡期間と同じレベルで維持され、CSMTグループでのフォローアップが予想された。

副次的エンドポイントは、片頭痛期間、偏頭痛強度および頭痛指標(HI)、および薬物消費であった。 期間、強度およびHIの少なくとも25%の低下、ならびに少なくとも50%の薬剤消費の減少が、介入の終了時から予想され、CSMT群の3、6および12月間のフォローアップで維持されたレベルと同じレベルであった。

プラセボおよび対照群における第1および第2エンドポイントの変化は見込まれなかった。

片頭痛の日は、気分の悪い片頭痛、気分のない片頭痛、またはおそらく片頭痛が発生した日と定義された。 ≧24 hの疼痛のない間隔[48]が発生していない限り、> 21時間続く片頭痛発作は1回の攻撃として計算された。 片頭痛発作時に患者が眠りにつき、片頭痛なしで目が覚めた場合、ICHD-IIIβに従って、覚醒時まで持続すると記録された[22]。 片頭痛発作の最短期間は、エルゴタミンを含むトリプタンまたは薬剤を使用しない限り、4であった。この場合、最小期間は指定しなかった。 HIは平均片頭痛日数(30日)×平均片頭痛期間(h /日)×平均強度(0-10数値評価スケール)として算出した。

第1次および第2次エンドポイントは、IHS臨床試験小委員会の臨床試験ガイドライン[1、15]のタスクフォースに基づいて選択された。 片頭痛に関する以前のレビューに基づいて、25%の減少は控えめな推定値であると考えられた[12、13]。

結果分析は、最後の介入セッションの後の30日およびフォローアップ時点後の30日(すなわち、3、6および12月)でそれぞれ計算された。

片頭痛試験(16、23)のAEに関するCONSORTとIHSタスクフォースの推奨に従って各介入後にすべての有害事象(AE)が記録された。

統計分析

私たちは、片頭痛者のトピラメートに関する最近の研究[24]に基づいて力の計算を行いました。 我々は、活性とプラセボとの間、および2.5日の活性群と対照群との間の月あたりの片頭痛日数の減少の平均差を、各群の減少のための2.5のSDで仮定した。 一次解析は二つの群比較を含むので、有意水準は0.025で設定した。 80%の力では、20日の減少における有意差を検出するために、各群において2.5患者のサンプルサイズが必要であった。

ベースライン時の患者の特徴は、各群の平均およびSDまたは頻度およびパーセンテージとして提示され、独立したサンプルのt検定およびχ2検定によって比較された。

すべてのエンドポイントの時間プロファイルをグループ間で比較した。 各患者の反復測定のために、個人内変動を説明する線形混合モデルをすべてのエンドポイントについて推定した。 (非線形の)時間に対する固定効果、グループ間の相互作用および相互作用が含まれていました。 モデルには、患者と斜面のランダム効果が入力されました。 残差が歪んでいるので、1000クラスターサンプルに基づくブートストラップ推論が使用されました。 ペアワイズ比較は、対応するP値および95%信頼区間で、各時点における各群内の個々の時点対照を導出することによって行った。 群内の薬物消費はSDでの平均用量によって報告され、群は独立した試料の中央値試験によって比較された。 用量は、トリプタンまたはエルゴタミンの単回投与として定義された。 パラセタモール1000 mg±コデイン; 非ステロイド性抗炎症薬(トルフェナミン酸、200 mg;ジクロフェナク、50 mg;アスピリン、1000 mg;イブプロフェン、600 mg;ナプロキセン、500 mg); およびモルヒネ模倣薬(トラマドール、50 mg)。 研究から離脱した後の患者のうち、研究群を変更した患者も、頭痛の日記に記入された脱落者もなかった。 したがって、プロトコル分析ごとにのみ関連性がありました。

分析は、治療配分を知らされず、SPSS v22(IBM Corporation、Armonk、NY、USA)およびSTATA v14(JSB)(StataCorp LP、College Station、TX、USA)で実施された。 0.025の有意水準を主エンドポイントに適用したのに対して、他のレベルでは0.05を使用した。

倫理

良好な臨床実践ガイドライン[25]に従った。 プロジェクトに関する口頭および書面による情報は、インクルードおよびグループ割り当てに先立って提供された。 すべての参加者から書面による同意が得られた。 積極的介入が効果的であると判明した場合、プラセボおよび対照群の参加者はRCTの後にCSMT治療を約束された。 保険は、ノルウェーの保健サービスによって提供される治療によって傷ついた患者を補償する独立した国家機関である、患者に対するノルウェー補償制度(患者負傷補償)を通じて提供された。 Harms [Better Reporting of Harms]のCONSORT拡張の勧告に従って、この研究から参加者を撤退させるための停止規則が定義された。 すべてのAEは、介入期間中に監視され、片頭痛試験[26、16]のAEに関するCONSORTおよびIHSタスクフォースの推奨に従って発生したように作用した。 重度のAEの場合、参加者は研究から撤回され、イベントに応じて一般開業医または病院の救急部に紹介される。 治験責任医師(AC)は、治験期間を通していつでも携帯電話で利用可能でした。

成果

図1は、研究に含まれる104片頭痛患者のフローチャートを示しています。 ベースラインおよび人口統計学的特徴は、3つのグループにわたって類似していた(表1)。

図1の研究フローチャート
図1: 研究のフローチャート。

表1ベースラインの人口統計学的および臨床的特徴

結果の尺度

すべてのエンドポイントの結果は、図2a-dおよび表2、3、4に示されている。

図2
図2: (a)頭痛の日; (b)頭痛の持続時間; (c)頭痛の強さ; (d)頭痛指標。 1次および2次エンドポイントの時間プロファイル、平均および誤差バーは95%信頼区間を表します。 BL、ベースライン; コントロール、コントロールグループ(×)。 CSMT、カイロプラクティック脊髄操作療法(●); プラセボ、偽手術(□); PT、後処理; 3 m、3月フォローアップ; 6 m、6月フォローアップ; 12 m、12月フォローアップ; VAS、視覚的アナログスケール。

表2回帰係数とSE

表3手段とSD

薬物の表4平均SD用量

プライマリエンドポイント。 片頭痛の日数は、ベースラインから治療後まですべての群で有意に減少した(P <0.001)。 この影響は、3、6、および12のフォローアップ時にCSMT群およびプラセボ群で継続したが、片頭痛日数は対照群のベースラインレベルに戻った(図2a)。 線形混合モデルは、CSMTとプラセボ群(P = 0.04)またはCSMTと対照群(P = 0.06;表2)との間に片頭痛日数の変化に全体的な有意差は認められなかった。 しかし、個々の時点でのペアワイズ比較は、治療後(表3)から始まるすべての時点で、CSMTと対照群との間に有意差を示した。

二次エンドポイント。 (P = 0.003、P = 0.002およびP <0.001)およびプラセボ(P <0.001、P = 0.001およびP = 0.001)における片頭痛期間、強度およびHIのベースラインから治療後までの有意な減少があった3)群であり、効果は6、12およびXNUMXの追跡調査期間に継続した。

CSMTと対照群との間の唯一の有意差は、片頭痛期間(P = 0.02)およびHI(P = 0.04;表2)の変化であった。

プラセボ群(P = 12)および対照群(P = 0.04)(表0.03)と比較して、4月間のフォローアップで、パラセタモールの消費量の変化はCSMT群で有意に低かった。

ブラインド。 各12介入セッションの後、参加者の> 80%は、グループ配分に関係なくCSMTを受けたと信じていました。 CSMT治療が受けられたと信じるオッズ比は、両群のすべての治療セッションで> 10であった(すべてP <0.001)。

有害な影響。 潜在的な703介入セッションの合計770をAE(CSMT群の355およびプラセボ群の348)について評価した。 AE評価を逃した理由は、脱落または介入セッションの欠如であった。 AEは、プラセボ介入セッション(83 / 355対32 / 348; P <0.001)よりもCSMTにおいて有意に高かった。 局所圧痛は、CSMT群で11.3%(95%CI、8.4-15.0)、プラセボ群で6.9%(95%CI、4.7-10.1)によって報告された最も一般的なAEであったが、介入日および頸部痛8.5%および2.0%(95%CI、6.0-11.8および1.0-4.0)、1.4%および0.3%(95%CI、0.6-3.3および0.1-1.9)によってそれぞれ報告されました。 その他のAE(腰痛、麻痺、悪心、誘発性片頭痛、疲労)はまれであった(<1%)。 重度または重度のAEは報告されていない。

議論

われわれの知る限りでは、これは最初の手動療法RCTであり、文書化された盲検の成功を裏付けている。 私たちの3つの武装した一重盲検プラセボRCTは、片頭痛対プラセボ(擬似カイロプラクティック)およびコントロール(通常の薬理学的治療)におけるCSMTの有効性を評価した。 その結果、片頭痛日数はベースラインから治療後の3つのグループ全てにおいて有意に減少したことが示された。 効果は、すべての経過観察時点でCSMTおよびプラセボ群で継続したが、対照群はベースラインに戻った。 AEは軽度かつ一時的であり、これは以前の研究と一致する。

研究デザインは、IHSおよびCONSORT [1、15、16]によって与えられた薬理学的RCTの推奨事項に従った。 手動療法RCTは薬理学的RCTと比較して3つの主要な障害を有する。 第一に、適用された治療に関して捜査官を失明させることは不可能である。 第二に、不活性プラセボ治療に関するコンセンサスには欠けている[11]。 第3に、プラセボ群を含む以前の試みでは、盲検化の有効性が検証されておらず、したがって、活性およびプラセボ治療が隠されているかどうかは不明である[27]。 これらの問題のために、私たちは、武器レスポンスの大きさの指標を得るために通常の薬理学的治療を継続する対照群も含む、3腕の一重盲検RCTを実施することに決めました。

薬理学的な二重盲検プラセボRCTでは、盲検が完璧であれば、各群において積極的な治療を受けると50%だけが信じるであろうことが示唆されている。 しかし、アクティブおよびプラセボの物理的刺激が錠剤[28]よりも説得力があるため、これは手動治療RCTでは当てはまらない可能性があります。 単一の治験責任医師は、すべての参加者に同様の情報を提供することによって治験実施者間のばらつきを減らし、プラセボの介入は、両方の群において同様の期待を可能にするために治験責任医師に費やされる手順、治療頻度および時間に関して能動的治療に似るべきである[28]。 私たちの成功した目に見えないことの重要性は、頭痛の以前のすべての手動療法RCTがプラセボを欠いているという事実によって強調されています。 したがって、以下に述べる我々の結果は、薬理学的RCT [14]と同じレベルで有効であると考えられる。

予想データは、リコールバイアスの観点から遡及データよりも信頼性が高い。 しかし、コンプライアンス違反は、特に研究の最後に挑戦になる可能性があります。 追跡期間中の毎月の連絡など、参加者と捜査官との頻繁な連絡は、私たちの調査を通じて高いコンプライアンスを維持していると考えられます。

我々の調査サンプルは、3つのグループの104参加者で終了しましたが、パワー計算の前提と高い完了率は、調査された人口に対して有効な達成データをサポートします。 Gonstead法はカイロプラクタ[59]の19%で使用されているため、結果は職業に一般化可能です。 ほとんどすべての参加者がICHD-II [2]に従って神経科医によって診断されたため、診断の確実性は我々の主要な強みの1つです。 新聞やラジオ広告[12]などのメディアを通して参加者を募集した以前のカイロプラクティック片頭痛RCTとは対照的に、参加者の大部分は、Akershus大学病院神経学科から募集され、片頭痛患者がより頻繁/重度の攻撃彼らは一般開業医や神経科医の診察を受けているため、一般集団より治療が困難である。 したがって、我々の研究は主に第三次診療所の人口を代表しており、参加者が一般人から募集された場合の結果は異なる可能性がある。 片頭痛患者では頸部痛の割合が高いことがわかっているため、本研究の非脊髄脊柱痛の割合が高いのは、片頭痛の日に効果が認められたものと考えられる。

以前は、片頭痛患者[12、30、31、32]に対して多様な技術を用いた3つの実用的なカイロプラクティック手動療法RCTが実施されてきた。 オーストラリアのRCTは、40月のフォローアップ[43]において、片頭痛頻度、期間、および36%、2%および30%の群内減少をそれぞれ示した。 アメリカの研究では、33月間のフォローアップ[42]で、片頭痛の頻度と強度がグループ内でそれぞれ1%と31%減少することが判明しました。 対照群(detuned ultrasound)を含む唯一のRCTであった別のオーストラリアの研究では、CSMT群の35月間フォローアップ時に、片頭痛頻度および40%および2%対照群の17%および20%の群内減少と比較して、それぞれ[32]であった。 片頭痛日数の減少は、ベースラインから40月までのフォローアップまでのCSMT群における我々のもの(3%)と類似していたが、片頭痛期間および強度は、3月間のフォローアップ、すなわち21%および14% 以前の研究のいずれも十分なフォローアップ期間を含まなかったため、長期追跡調査は不可能である。 強力な内的妥当性を含む我々の研究デザインは、プラセボ反応として見られる影響を解釈することを可能にする。

私たちのRCTは、以前のマニュアル治療研究と比較してAEが少なかったが、一時的で軽度の特徴[33、34、35、36、37、38、39]と比較してAEが少なかった。 しかし、珍しい深刻な有害事象を検出するには十分な力がありませんでした。 対照的に、薬理学的な片頭痛予防プラセボRCTのAEは、軽度で非一時的なAE [40、41]を含む一般的である。

結論

盲検化はRCTを通じて強く持続したが、AEは数少ない軽度であり、CSMTおよびプラセボ群の効果は恐らくプラセボ応答であった。 一部の片頭痛患者は、AEまたは併発疾患のために投薬を容認しないので、他の治療法の選択肢が有効でないか許容範囲が狭い状況では、CSMTが考慮される可能性があります。

利害の衝突の開示

すべての著者は国際医学雑誌編集委員会の統一開示フォームを完成させ、金銭的または他の利益相反を宣言していない。

サポート情報

Ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5214068/#ene13166-tbl-0001

謝辞

著者は、研究施設を親切に提供したAkershus大学病院とすべてのX線評価を行ったノルウェーのOsloのChiropractor Clinic 1に感謝の意を表します。 この研究は、Extrastiftelsen、ノルウェーカイロプラクティック・アソシエーション、Akershus大学病院、ノルウェーのオスロ大学からの助成によって支えられました。

結論として、 激しい頭痛や光と音に対する感受性、さらには吐き気など、偏頭痛の衰弱性の症状は、個人の生活の質に影響を与えます。疼痛。 さらに、上記の記事は、片頭痛患者がカイロプラクティックケアの結果として症状の減少と片頭痛の日数を経験したことを証明した。 国立バイオテクノロジー情報センター(NCBI)から参照される情報。 私たちの情報の範囲は、カイロプラクティックだけでなく、脊髄損傷や症状に限定されています。 主題について議論するために、博士Jimenezに尋ねるか、または私達に連絡すること自由に感じなさい 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

1。 Tfelt-Hansen P、Block G、Dahlof C、その他国際頭痛学会臨床試験小委員会。 片頭痛の薬物の比較試験のガイドライン:第2版 頭痛2000; 20:765–786。 [PubMed]
2。 国際頭痛学会の頭痛分類小委員会。 頭痛障害の国際分類:2ndエディション。 頭痛2004; 24(Suppl。1):9–160。 [PubMed]
3。 Vos T、Flaxman AD、Naghavi Mなど1160疾患および損傷の289後遺症のための障害(YLD)とともに生きた年数1990–2010:疾病のグローバルな負担研究2010の体系的分析。 ランセット2012; 380:2163–2196。 [PubMed]
4。 Diener HC、Charles A、Goadsby PJ、Holl D.片頭痛の予防と治療のための新しい治療アプローチ。 ランセットニューロン2015; 14:1010–1022。 [PubMed]
5。 Mcarin RF、Pickar JG。 人間の胸部および腰椎の椎間関節における機械受容器終末。 背骨(フィラパー1976)1998; 23:168–173。 [PubMed]
6。 Vernon H.操作誘発痛覚過敏の研究の定性的レビュー。 J Manipulative Physiol Ther 2000; 23:134–138。 [PubMed]
7。 Vicenzino B、Paungmali A、Buratowski S、Wright A.慢性外側上顆痛に対する特定の操作療法治療は、独特の特徴的な痛覚過敏を引き起こします。 Man Ther 2001; 6:205–212。 [PubMed]
8。 Boal RW、Gillette RG。 中枢神経可塑性、腰痛、および脊椎の整体療法。 J Manipulative Physiol Ther 2004; 27:314–326。 [PubMed]
9。 ビアロスキーJE、ビショップMD、プライスDD、ロビンソンME、ジョージSZ。 筋骨格痛の治療における手動療法のメカニズム:包括的なモデル。 Man Ther 2009; 14:531–538。 [PubMed]
10。 De Camargo VM、Alburquerque-Sendin F、Berzin F、Stefanelli VC、de Souza DP、Fernandez-de-las-Penas C.機械的頸部痛での頸部操作後の筋電図活動および圧力痛閾値に対する即時効果:無作為化対照試験。 J Manipulative Physiol Ther 2011; 34:211–220。 [PubMed]
11。 ハンコックMJ、マーハーCG、ラティマーJ、マコーリーJH。 脊椎操作療法の試験に適したプラセボの選択。 Aust J Physiother 2006; 52:135–138。 [PubMed]
12。 チャイビーA、トゥチンPJ、ラッセルMB。 片頭痛の手動療法:系統的レビュー。 J頭痛の痛み2011; 12:127–133。 [PubMed]
13。 チャイビーA、ラッセルMB。 原発性慢性頭痛の手動療法:ランダム化比較試験の体系的レビュー。 J頭痛の痛み2014; 15:67。 [PubMed]
14。 Chaibi A、Saltyte Benth J、Bjorn Russell M.手動療法無作為化比較試験におけるプラセボの検証。 Sci Rep 2015; 5:11774。 [PubMed]
15。 Silberstein S、Tfelt-Hansen P、Dodick DW、他国際頭痛学会臨床試験小委員会のタスクフォース。 成人の慢性片頭痛の予防的治療の対照試験のガイドライン。 頭痛2008; 28:484–495。 [PubMed]
16。 Moher D、Hopewell S、Schulz KF、他CONSORT 2010の説明と詳細:並列グループランダム化試験の報告に関する更新されたガイドライン。 BMJ 2010; 340:c869。 [PubMed]
17。 Chaibi A、Saltyte Benth J、Tucin PJ、ラッセルMB。 片頭痛に対するカイロプラクティック脊椎操作療法:単一盲検プラセボ対照無作為化臨床試験の研究プロトコル。 BMJ Open 2015; 5:e008095。 [PMC無料記事] [PubMed]
18。 フランスのHP、ブレナンA、ホワイトB、キューザックT。股関節または膝の変形性関節症の手動療法-系統的レビュー。 Man Ther 2011; 16:109–117。 [PubMed]
19。 クーパースタインR.ゴンステッドカイロプラクティックテクニック(GCT)。 J Chiropr Med 2003; 2:16–24。 [PubMed]
20。 Russell MB、Rasmussen BK、Brennum J、Iversen HK、Jensen RA、Olesen J.新しい機器のプレゼンテーション:診断頭痛日記。 頭痛1992; 12:369–374。 [PubMed]
21。 Tfelt‐Hansen P、Pascual J、Ramadan N、et al片頭痛薬の比較試験のガイドライン:第3版。 調査員向けのガイド。 頭痛2012; 32:6–38。 [PubMed]
22。 国際頭痛学会の頭痛分類小委員会。 頭痛障害の国際分類、3rdエディション(ベータ版)。 頭痛2013; 33:629–808。 [PubMed]
23。 Tfelt‐Hansen P、Bjarnason NH、Dahlof C、Derry S、Loder E、Massiou H.片頭痛の臨床薬物試験における有害事象の評価と登録。 頭痛2008; 28:683–688。 [PubMed]
24。 片頭痛予防におけるシルバースタインSD、ネトW、シュミットJ、ジェイコブスD.トピラマート:大規模比較試験の結果。 Arch Neurol 2004; 61:490–495。 [PubMed]
25。 ディクソンJR ハーモナイゼーションに関する国際会議Good Clinical Practiceガイドライン。 Qual Assur 1998; 6:65–74。 [PubMed]
26。 Ioannidis JP、Evans SJ、Gotzsche PC、その他無作為化試験における有害性のより良い報告:CONSORTステートメントの延長。 Ann Intern Med 2004; 141:781–788。 [PubMed]
27。 Scholten-Peeters GG、Thoomes E、Konings S、他成人では偽手術よりも操作療法の方が効果的です:系統的レビューとメタ分析。 Chiropr Man Therap 2013; 21:34。 [PMC無料記事] [PubMed]
28。 Meissner K、Fassler M、Rucker G、他プラセボ治療の効果の差:片頭痛予防の系統的レビュー。 JAMA Intern Med 2013; 173:10。 [PubMed]
29。 Ashina S、Bendtsen L、Lyngberg AC、Lipton RB、Hajyeva N、Jensen R. 頭痛2015; 35:211–219。 [PubMed]
30。 パーカーGB、タプリングH、プライアーDS。 片頭痛の頸部操作の対照試験。 Aust NZ J Med 1978; 8:589–593。 [PubMed]
31。 ネルソンCF、ブロンフォートG、エバンスR、ボラインP、ゴールドスミスC、アンダーソンAV 片頭痛の予防のための脊椎操作、アミトリプチリンおよび両方の療法の組み合わせの有効性。 J Manipulative Physiol Ther 1998; 21:511–519。 [PubMed]
32。 Tuchin PJ、Pollard H、Bonello R.片頭痛に対するカイロプラクティック脊椎操作療法のランダム化比較試験。 J Manipulative Physiol Ther 2000; 23:91–95。 [PubMed]
33。 Cagnie B、Vinck E、Beernaert A、Cambier D.脊椎操作の副作用はどのくらい一般的で、これらの副作用は予測できますか? Man Ther 2004; 9:151–156。 [PubMed]
34。 Hurwitz EL、Morgenstern H、Vassilaki M、チェンLM。 UCLAの首の痛みの研究に登録された患者のカイロプラクティック治療に対する副作用と満足度および臨床転帰への影響。 J Manipulative Physiol Ther 2004; 27:16–25。 [PubMed]
35。 Thiel HW、Bolton JE、Docherty S、Portlock JC。 頸椎の​​カイロプラクティック操作の安全性:前向き全国調査。 背骨(フィラパー1976)2007; 32:2375–2378。 [PubMed]
36。 Rubinstein SM、Leboeuf‐Yde C、Knol DL、de Koekkoek TE、Pfeifle CE、van Tulder MW。 首の痛みのカイロプラクティック治療を受けている患者のリスクを上回る利益:前向き、多施設、コホート研究。 J Manipulative Physiol Ther 2007; 30:408–418。 [PubMed]
37。 エリクセンK、ロチェスターRP、ハーウィッツEL。 上部頸部カイロプラクティックケアに関連する症候性反応、臨床結果、患者満足度:前向き、多施設、コホート研究。 BMC Musculoskelet Disord 2011; 12:219。 [PubMed]
38。 Walker BF、Hebert JJ、Stomski NJ、その他通常のカイロプラクティックの結果。 OUCH有害事象のランダム化比較試験。 背骨2013; 38:1723–1729。 [PubMed]
39。 Maiers M、Evans R、Hartvigsen J、Schulz C、Bronfort G.ランダム化臨床試験で脊椎の操作と運動を受けている高齢者の有害事象。 Man Ther 2015; 20:335–341。 [PubMed]
40。 ジャクソンJL、コグビルE、サンタナダビラR、他片頭痛の予防のための薬物の有効性の比較メタ分析。 PLoS One 2015; 10:e0130733。 [PubMed]
41。 フェラーリMD、ルーンKI、リプトンRB、Goadsby PJ。 急性片頭痛治療における経口トリプタン(セロトニン5‐HT(1B / 1D)アゴニスト):53試験のメタ分析。 ランセット2001; 358:1668–1675。 [PubMed]

Green-Call-Now-Button-24H-150x150-2-3.png

その他のトピック:背痛

統計によると、およそ80%の人々は、生涯を通じて少なくとも1回は腰痛の症状を経験するでしょう。 背中の痛み さまざまな傷害および/または状態のために生じることがある一般的な苦情である。 多くの場合、年齢とともに背骨の自然な変性が腰痛を引き起こす可能性があります。 ヘルニアディスク 椎間板の柔らかくゲル状の中心が、その周囲の軟骨の外側環の裂傷を押して、神経根を圧縮して刺激するときに起こる。 椎間板ヘルニア形成は、腰椎または腰椎に沿って最も一般的に起こるが、頸椎または頚部に沿って起こることもある。 負傷および/または悪化した状態のために腰部に見られる神経の衝突は、坐骨神経痛の症状につながる可能性がある。

漫画paperboyの大きなニュースのブログの画像

重要なトピック:頸部痛の治療El Paso、TX Chiropractor

その他のトピックス:エクストラエクストラ:El Paso、Tx | アスリート