片頭痛治療:アトラス椎骨再編成| エルパソ、テキサス州カイロプラクティック医師
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

片頭痛治療:アトラス椎骨再編成

いくつかのタイプの頭痛が平均個体に影響を及ぼし、様々な傷害および/または状態のために生じることがあるが、片頭痛はしばしばそれらの背後にはるかに複雑な理由を有することがある。 多くの医療従事者と数多くのエビデンスに基づく研究では、首の脱臼や頚椎の脊椎のミスアライメントが片頭痛の最も一般的な原因であると結論しています。 片頭痛は、吐き気や視力障害を伴う典型的な頭部の片側に影響する重度の頭痛を特徴とする。 片頭痛は衰弱させることがあります。 以下の情報は、片頭痛患者に対するアトラス椎骨再編成の効果に関するケーススタディを記載しています。

片頭痛患者のアトラス椎体再編成の効果:観察的パイロット研究

抽象

はじめに。 片頭痛の症例研究では、アトラス椎骨の再編成に伴う頭蓋内コンプライアンス指標の増加に伴い、頭痛症状が有意に減少した。 この観察的パイロット研究では、11人の神経学者が片頭痛患者と診断し、全米子宮頸部カイロプラクティック協会の介入後、症例所見がベースライン、4週目、8週目で再現可能かどうかを判断した。 副次的アウトカムは、片頭痛特有のQOL(Quality of Life)測定から成っていた。 メソッド。 神経科医による試験の後、ボランティアは同意書に署名し、ベースラインの片頭痛特有の転帰を完了した。 アトラスミスアライメントの存在は、研究の包含を可能にし、ベースラインMRIデータ収集を可能にする。 カイロプラクティックケアは8週間続いた。 介入後の再造影は、片頭痛特異的転帰測定と併せて第4週および第8週に発生した。 結果。 11人の被験者のうちの5人は、主要結果、すなわち頭蓋内コンプライアンスの増加を示した。 しかし、全体的な平均変化は統計的有意性を示さなかった。 研究の終了は、副作用である片頭痛特異的アウトカム評価の変化が、頭痛の日数の減少を伴う症状の臨床的に有意な改善を明らかにした。 討論。 コンプライアンスの堅固な増加の欠如は、頭蓋内の血行力学的および流体力学的流れの対数的および動的な性質によって理解され、コンプライアンスを含む個々の成分が全体的に変化しない間に変化することを可能にする。 研究結果は、アトラスの再調整介入が片頭痛頻度の減少と関連し、生活の質の著しい改善が、このコホートで観察される頭痛関連障害の有意な減少をもたらすことを示唆している。 しかし、これらの知見を確認するために、対照を用いた今後の研究が必要である。 Clinicaltrials.gov登録番号はNCT01980927です。

概要

整列していないアトラス脊椎骨が、正常な生理学を妨害する髄腹部の脳幹核の神経交通を妨害する脊髄歪みを生成することが提案されている[1-4]。

National Upper Cervical Chiropractic Association(NUCCA)のアトラス矯正処置の目的は、垂直軸または重力線に対するミスアラインメントの脊柱構造の復元である。 「復元原理」として説明されているように、再編成は、患者の頸椎の垂直軸(重力線)に対する正常な生体力学的関係を再確立することを目的としています。 復元は、構造的にバランスが取れており、動きの制限が無制限で、重力ストレス[3]が大幅に減少するという特徴があります。 訂正は、理論的には、アトラスの不整列またはアトラス亜脱臼複合体(ASC)によって生成されたコード歪みを、NUCCAによって具体的に定義されるように除去する。 神経機能は、脳脊髄液(CSF)[3、4]を含む脳血管系に影響を及ぼす脳幹自律神経核にあると特に考えられている。

頭蓋内コンプライアンス指数(ICCI)は、CSF流速および脊髄変位測定[5]の局所的な流体力学的パラメータよりも症候性患者の頭蓋奇形生体力学的性質における変化のより敏感な評価であるようである。 その情報に基づいて、以前に観察された頭蓋内コンプライアンスの増加とアトラスの再編成後の片頭痛症状の顕著な減少との関係は、ICCIを試験目的の主要アウトカムとして使用するインセンティブを提供した。

ICCIは、発生する生理学的容積の変動に対応するために中枢神経系(CNS)の能力に影響を及ぼし、それにより基礎をなす神経構造[5、6]の虚血を回避する。 高い頭蓋内コンプライアンスの状態は、主に収縮期[5、6]中の動脈流入で起こる頭蓋内圧上昇を引き起こすことなく、髄腔内CNS空間内で任意の容積増加が起こることを可能にする。 流出は、頸静脈を介して仰臥位に、または傍脊椎または二次静脈の排液を介して直立して起こる。 この広範な静脈叢は弁のない吻合であり、血液が姿勢の変化[7、8]を介して逆行方向にCNSに流れることを可能にする。 静脈排液は、頭蓋内液システム[9]を調節する上で重要な役割を果たす。 適合性は機能的であり、これらの頭蓋外静脈排液経路[10]を通る血液の自由放出に依存するようである。

頭頸部損傷は、おそらく脊髄虚血[11]に続発する自律神経機能障害のために、脊髄静脈排液を損なうおそれのある脊髄静脈叢の異常な機能を引き起こす可能性がある。 これは頭​​蓋内の容積変動の調節を減少させ、頭蓋内コンプライアンスの低下状態を作り出す。

DamadianおよびChuは、C-2中部で測定された正常なCSF流出の戻りを説明し、アトラスが最適に再調整された患者におけるCSF圧勾配の28.6%の低下を示した[12]。 患者は、整列して残っているアトラスと一致する症状(めまいと腹が立ったときの嘔吐)からの自由を報告した。

NUCCA介入を用いた高血圧研究は、アトラス椎骨の位置[13]に関連した脳循環の変化から生じる血圧低下の根底にある可能性のあるメカニズムを示唆している。 Kumada et al。 脳幹血圧コントロール[14、15]における三叉神経 - 血管メカニズムを調べた。 Goadsby et al。 片頭痛は脳幹と上部頚椎[16-19]を通した三叉神経 - 血管系を介して起きるという説得力のある証拠を示している。 経験則的観察により、アトラス矯正の適用後の片頭痛患者の頭痛障害の有意な減少が明らかになる。 片頭痛診断された被験者を使用することは、元々高血圧研究の結論で理論化されたアトラス再編成の後に提案された大脳循環変化を調査するのに理想的であり、脳幹三叉神経 - 血管接続の可能性を支持したようである。 これは、アトラスの不整列の作業上の病態生理学的仮説の開発をさらに進めるであろう。

最初の症例研究の結果は、NUCCAアトラス矯正後の片頭痛症状の減少に伴うICCIの大幅な増加を示した。 神経学者が慢性的な片頭痛と診断した62年齢の男性は、介入前の介入の事例研究を志願した。 位相コントラスト-MRI(PC-MRI)を用いて、ベースライン、72時間、およびアトラス介入の4週間後に脳血行動態および流体力学的流れパラメータの変化を測定した。 高血圧研究で用いたのと同じアトラス矯正処置を続けた[13]。 研究後の72時間は、介入後の第4週までに、9.4から11.5への17.5への頭蓋内コンプライアンス指数(ICCI)の顕著な変化を明らかにした。 静脈流出性拍動性および仰臥位での主な二次静脈排液の変化を観察した結果、このケースでは片頭痛患者の研究をさらに刺激した。

アトラスミスアライメントまたはASCが静脈排液に及ぼす可能性のある影響は不明である。 アトラスの不整列介入の影響と関連した頭蓋内コンプライアンスの注意深い検査により、矯正がどのようにして片頭痛に影響するかについての洞察が得られる。

PC-MRIを使用して、この現在の研究の主な目的および主な結果は、神経学者が選択した片頭痛患者のコホートへのNUCCA介入後、ベースラインから4週間および8週間までのICCI変化を測定した。 事例研究で観察されたように、仮説は、被験者のICCIがNUCCA介入後に増加し、それに対応して片頭痛症状が減少すると考えた。 存在する場合、さらなる比較のために、静脈の拍動性および排液経路における観察された変化が記録されなければならない。 片頭痛症状の反応をモニターするために、副次的結果には、片頭痛研究で同様に使用される健康関連QOL(HRQoL)の関連変化を測定する患者報告の結果が含まれていました。 研究を通して、被験者は、頭痛日数、強さ、および使用された薬物の数の減少(または増加)を記録する頭痛日記を維持した。

この観測事例シリーズを実施するパイロットスタディは、アトラスの不整列の病態生理学への作業仮説のさらなる発展のために、前述の生理学的効果のさらなる調査を可能にした。 統計的に有意な対象サンプルサイズの推定および手続き上の課題の解決に必要なデータは、NUCCA修正介入を用いて盲検プラセボ対照片頭痛試験を実施するための洗練されたプロトコールの開発に必要な情報を提供する。

メソッド

この研究は、人間の被験者に関するヘルシンキ宣言の遵守を維持した。 カルガリー大学およびアルバータ健康サービス共同健康研究倫理委員会は、研究プロトコルおよび被験者のインフォームドコンセントフォーム、倫理ID:E-24116を承認しました。 ClinicalTrials.govは、この調査(https://clinicaltrials.gov/ct01980927/show/NCT2)の登録後に番号NCT01980927を割り当てました。

被験者の募集とスクリーニングは、神経学を基礎とした専門の紹介診療所(図1、表1参照)のカルガリー頭痛評価管理プログラム(CHAMP)で行われました。 CHAMPは、もはや片頭痛症状軽減を提供しない片頭痛の標準的な薬物療法および治療に抵抗性の患者を評価する。 家族および一次ケアの医師は、潜在的な研究対象をCHAMPに紹介し、広告を不要にした。

図1科目の処分と研究の流れ
図1: 対象の処分および研究の流れ(n = 11)。 GSA:重力ストレス分析装置。 ヒット - 6:頭痛の衝撃テスト - 6。 HRQoL:健康関連の生活の質。 MIDAS:片頭痛障害アセスメントスケール。 MSQL:片頭痛特異的な生活の質の測定。 NUCCA:国立上頚部カイロプラクティック協会。 PC-MRI:位相コントラスト磁気共鳴イメージング。 VAS:ビジュアルアナログスケール。

表1サブジェクト包含および除外基準
表1: サブジェクトの包含/除外基準。 潜在的な被験者は、頸部のカイロプラクティックケアに対する未経験者であり、前の4ヶ月間に自己報告した月に10〜26頭の頭痛の日数を示した。 必要量は、0〜10視覚アナログスケール(VAS)の疼痛スケールで、強度が少なくとも4に達した月に少なくとも8頭の頭痛の日であった。

21と65年の間に、片頭痛の特定の診断基準を満たすボランティアが必要でした。 数十年の片頭痛経験を持つ神経科医が、研究のための国際的な頭痛障害分類(ICHD-2)[20]を利用した応募者を上映しました。 潜在的な被験者は、頸部カイロプラクティックケアには未経験であり、前の4ヶ月間に月に10〜26頭の頭痛の日数を自己報告することによって証明されているに違いありません。 片頭痛特異的薬剤でうまく治療されない限り、1ヶ月あたり少なくとも8頭の頭痛の日は、0から10のVAS疼痛尺度で少なくとも4の強さに達しなければならなかった。 毎月少なくとも4回の別々の頭痛エピソードが少なくとも24時間の痛みのない間隔で分離されていなければならなかった。

試験に入る前の1年以内に発生した重大な頭頸部外傷は、候補者を除外した。 さらなる除外基準には、急性薬物過多、閉塞性恐怖症、心臓血管または脳血管疾患の病歴、または片頭痛以外のCNS障害が含まれた。 表1は、考慮する完全な包含基準と除外基準を示しています。 経験豊富なボード認定神経科医を使用してICHD-2を遵守している間に潜在的な被験者をスクリーニングし、包含/排除基準に基づいて、筋緊張や投薬過度の頭痛のような他の頭痛の対象を除外することは、被験者募集

最初の基準を満たしている者はインフォームドコンセントに署名し、その後ベースラインの片頭痛障害評価尺度(MIDAS)を完成した。 MIDASは、臨床的に重要な変化[21]を実証するのに12週間必要です。 これにより、可能な変更を識別するのに十分な時間が経過しました。 次の28日の間に、候補者は、頭痛の日と強要の数を確認しながらベースラインデータを提供する頭痛日記を記録した。 4週間後、日記検査診断実証では、残りのベースラインHRQoL測定値の管理が許可されました:

  1. 片頭痛特有の生活習慣指標(MSQL)[22]、
  2. 頭痛のテスト - 6(HIT-6)[23]、
  3. 現在、頭痛(VAS)のグローバルな評価が行われています。

アトラスミスアライメントの存在を判断するためのNUCCA開業医への紹介は、被験者の研究の包含・排除を確定する介入の必要性を確認した。 アトラス不整合指標がない場合、候補者は除外される。 NUCCAの介入とケアの予定を決めた後、資格のある被験者はベースラインのPC-MRI測定値を得た。 図1は研究中の被験者の処分をまとめたものです。

最初のNUCCAの介入では、3回連続して訪問が必要でした:(1)1日目、アトラス不整合評価、補正前の放射線写真、 (2)第2日、放射線写真による補正後の評価を伴うNUCCA補正; (3)3日目、修正後の再評価。 フォローアップケアは、週に4週間、次に研究期間の残りの期間に2週間ごとに行われた。 各NUCCA来院時に、被験者は100 mmライン(VAS)をマーキングする際に真っ直ぐなエッジと鉛筆を使用して、頭痛の痛みの現在の評価を完了した(過去1週間の平均で頭痛の痛みを評価してください)。 最初の介入から1週間後に、被験者は、「ケアする可能性のある反応」アンケートを完了した。 この評価は過去様々な上頸部矯正処置[24]に関連した有害事象を首尾よく監視するために用いられてきた。

4週目に、PC-MRIデータが得られ、被験者はMSQLおよびHIT-6を完了した。 研究の終了PC-MRIデータを第8週に収集し、その後神経学者出口面接を行った。 ここで、被験者は最終的なMSQOL、HIT-6、MIDAS、およびVAS転帰を完了し、頭痛の日記を収集した。

週8の神経学者の来院時には、2人の志願者に、24週の総試験期間中の長期フォローアップの機会が提供された。 これは、最初の16-week試験の終了後、8週間毎月のNUCCA再評価をさらに含む。 このフォローアップの目的は、頭痛の改善がアトラス整列の維持に依存し続けているかどうかを判断し、NUCCAのICCIに対する長期的な影響を観察するのを助けることでした。 参加を希望する被験者は、このフェーズの研究のための第2のインフォームド・コンセントを署名し、毎月のNUCCAケアを継続した。 元のアトラスの介入から24週の終わりに、4回目のPC-MRI画像検査が行われた。 神経学者出口面接では、最終的なMSQOL、HIT-6、MIDAS、およびVASの結果および頭痛の日記を収集した。

以前に報告されたのと同じNUCCA手順が、ASCの評価とアトラスの再調整または修正のためにNUCCA認証によって開発されたケアの確立されたプロトコルと基準を用いて追跡された(図図22-5参照)[2、13、25]。 ASCの評価には、重力ストレス分析装置(Upper Cervical Store、Inc。、1641 17 Avenue、Campbell River、BC、カナダ)を用いて、Supine Leg Check(SLC)による機能的脚長不等のスクリーニングおよび姿勢の対称性の検査が含まれる。V9W 4L5 )(図22および3(a)-3(c)の図を参照)[26-28] SLCおよび姿勢の不均衡が検出された場合、三次元のX線撮影検査が指示され、多次元の向きおよび頭蓋冠の不整列の程度が決定される[29、30]。 徹底的なX線撮影分析は、被験者固有の最適なアトラス矯正戦略を決定するための情報を提供する。 臨床医は、確立された直交標準から逸脱した構造角度および機能角度を測定して、3視点シリーズから解剖学的ランドマークを探し出す。 ミスアライメントとアトラスの向きの度合いは、3次元で明らかになる(図4(a)〜4(c)参照)[2、29、30]。 放射線撮影装置の位置合わせ、コリメータポートサイズの縮小、高速フィルムスクリーンの組み合わせ、特別なフィルタ、特殊なグリッド、鉛の遮蔽が被曝線量を最小限に抑えます。 この研究では、補正後のX線撮影シリーズからの被験者への平均全入院皮膚暴露量は、352ミリラジアン(3.52ミリシーベルト)であった。

図2仰臥位検査スクリーニング検査SLC
図2: Supine Leg Checkスクリーニング検査(SLC)。 明らかな「短い脚」の観察は、アトラスのずれの可能性を示している。 これらは均等に見える。

図3 Gravity Stress Analyzer GSA
図3: 重力ストレス分析装置(GSA)。 (a)装置は、姿勢の非対称性を、アトラスのずれのさらなる指標として決定する。 SLCおよびGSAの陽性所見は、NUCCAのX線写真シリーズの必要性を示している。 (b)姿勢の非対称性のないバランスのとれた患者。 (c)骨盤の非対称性を測定するために使用されるヒップキャリパー。

図4 NUCCAラジオグラフシリーズ
図4: NUCCAラジオグラフシリーズ。 これらのフィルムは、アトラスの不整列を決定し、補正戦略を開発するために使用される。 補正後の放射線写真またはポストフィルムは、その被写体に対して最良の補正が行われたことを保証する。

図5 NUCCA補正を行う
図5: NUCCA補正を行う。 NUCCA開業医は三頭筋のプル調整を行います。 施術者の身体および手は、放射線写真から得られた情報を用いて最適な力ベクトルに沿ってアトラス補正を行うように調整される。

NUCCAの介入は、頭蓋骨、アトラス椎骨、および頚椎の間の解剖学的構造における放射線学的に測定された不整列の手動修正を含む。 レバーシステムに基づく生体力学的原理を利用して、医師は適切な戦略

  1. 対象の位置付け、
  2. 開業医の立場、
  3. アトラスの位置ずれを補正するための力ベクトル。

被験者は、乳頭支持システムを用いて具体的に支えられた頭部を備えた側方姿勢テーブル上に置かれる。 補正のための所定の制御された力ベクトルの適用は、頭蓋骨を脊柱の垂直軸または重心までアトラスおよびネックに再整列させる。 これらの補正力は、深さ、方向、速度、および振幅で制御され、ASCの正確で正確な低減をもたらす。

NUCCA開業医は、接触手の魚の骨を使用して、アトラス横断プロセスに接触する。 もう一方の手は接触手の手首を取り囲み、 "三頭筋プル"手順(図5参照)[3]の適用で発生する力の深さを維持しながらベクトルを制御する。 脊柱の生体力学を理解することによって、施術者の身体と手を整列させ、最適な力ベクトルに沿ってアトラス補正を行う。 制御された非スラスト力は、所定の減少経路に沿って加えられる。 生体力学的変化に応答して頚部筋肉の反作用力の活性化を保証しないASC低下を最適化するのは、その方向と深さに特有である。 ミスアライメントの最適な低減は、脊柱整列の長期間の維持および安定性を促進することが理解される。

短い休憩期間の後、初期評価と同一の評価後手順が実行される。 後矯正放射線写真検査では、頭と頸椎の最適な直交バランスへの復帰を検証するために2つのビューが使用されます。 被験者は矯正を保存する方法で教育され、別のミスアライメントを防止する。

その後のNUCCA訪問は、頭痛の日記検査と頭痛(VAS)の現在の評価からなっていた。 脚の長さの不平等と姿勢の非対称性が過剰になったため、別のアトラス介入の必要性が判断されました。 最適な改善の目的は、アトラス介入の数を最小限に抑えながら、被験者ができるだけ長くリオーダーメントを維持することです。

PC-MRIシーケンスでは、造影剤は使用されない。 PC-MRI法は、勾配対を関連づけることによって得られた異なる量の流動感受性を有する2つのデータセットを収集した。勾配対は、シーケンス中にスピンを順次位相外しおよび再位相化する。 2つのセットからの生データを差し引いて流量を計算する。

MRIの物理学者による現地訪問は、MRI技術者のためのトレーニングを提供し、データ転送手順が確立された。 いくつかの練習スキャンとデータ転送が行われ、データ収集が困難なく成功したことが確認されました。 研究イメージングセンター(EFW Radiology、Calgary、Alberta、Canada)の1.5-tesla GE 360 Optima MRスキャナー(ウィスコンシン州ミルウォーキー)をイメージングおよびデータ収集に使用した。 解剖学的スキャンでは、12要素のフェイズドアレイヘッドコイルである3D磁化が作成した迅速取得グラジエントエコー(MP-RAGE)シーケンスを使用しました。 フロー感受性データは、パラレル獲得技術(iPAT)、加速因子2を用いて取得した。

頭蓋骨基部へ及びそこからの血流を測定するために、心臓周期に亘って32個の画像を収集し、個々の心拍数によって決定されるように、後ろ向きにゲート制御された速度エンコードされたシネ位相コントラストスキャンを実施した。 内頚動脈(ICA)、椎骨動脈(VA)、および内頸静脈(IJV)を含む、C-70椎骨レベルでの血管に垂直な高速度化された高速血液流(2 cm / s) 。 低速エンコーディング(7-9 cm / s)シーケンスを使用して、同じ高さで椎骨静脈(VV)、硬膜外静脈(EV)および深部子宮頸静脈(DCV)の二次静脈流データを取得した。

被験者データは、被験者研究IDおよび画像化研究日によって同定された。 研究神経放射線学者は、排除病理学的状態を除外するためにMR-RAGE配列を検討した。 その後、サブジェクト識別子が削除され、セキュリティー保護されたトンネルIPプロトコルを介して分析のための物理学者への転送を可能にするコード化IDが割り当てられた。 独自のソフトウェア容積血液を用いて、脳脊髄液(CSF)流速波形および誘導パラメータを決定した(MRICPバージョン1.4.35 Alperin Noninvasive Diagnostics、フロリダ州マイアミ)。

拍動性に基づくルーメンのセグメント化を使用して、時間依存性容積流速を、全32画像にわたる管腔断面領域内の流速を積分することによって計算した。 頸動脈、一次静脈排液および二次静脈排液経路について平均流量を得た。 これらの平均流量を合計することにより総脳血流を得た。

コンプライアンスの簡単な定義は、容積と圧力の変化の比率です。 頭蓋内コンプライアンスは、最大(収縮期)頭蓋内容積変化(ICVC)と心周期中の圧力変動(PTP-PG)との比から計算される。 ICVCの変化は、頭蓋内に出入りする血液とCSFの量の瞬時の差異から得られる[5、31]。 心周期中の圧力変化は、CSF流量の速度コード化されたMR画像から計算されるCSF圧力勾配の変化から導出され、速度の導関数と圧力勾配との間のナビエ・ストークス関係を使用する[5、32 ]。 ICVCと圧力変化の比[5、31-33]から頭蓋内コンプライアンス指数(ICCI)を算出する。

統計分析はいくつかの要素を考慮した。 ICCIデータ分析には、ICCIデータの正規分布の欠如を明らかにする1標本Kolmogorov-Smirnov検定が含まれていたため、中央値および四分位範囲(IQR)を使用して記述した。 対ベースのt検定を用いてベースラインとフォローアップの差を調べた。

NUCCAの評価データは、平均、中央値、および四分位範囲(IQR)を用いて記述した。 対ベースのt検定を用いてベースラインとフォローアップの差を調べた。

結果の尺度に応じて、ベースライン、4週目、8週目、および12週目(MIDASのみ)のフォローアップ値を平均および標準偏差を用いて記載した。 最初の神経科医スクリーニングで収集されたMIDASデータは、12週間の終わりに1つのフォローアップスコアを有した。

ベースラインから各フォローアップ訪問までの差異をペアt検定を用いて試験した。 これにより、MIDASを除く各結果について2回のフォローアップ訪問から多数のp値が得られた。 このパイロットの目的の1つは将来の研究の見積もりを提供することであるため、一方的なANOVAを使用して各測定値の単一のp値に到達するのではなく、差異の発生場所を記述することが重要でした。 そのような多重比較の懸念は、タイプIエラー率の増加である。

VASデータを分析するために、各被験者のスコアを個別に調べ、次いで、データに適切に適合する線形回帰線を用いて調べた。 ランダム切片とランダム傾きの両方を有する多レベル回帰モデルの使用は、各患者に適合した個々の回帰直線を提供した。 これは、すべての被験者について共通の傾きを有する線形回帰直線に適合するランダム切片のみのモデルに対して試験されたが、切片の項は変化することが可能である。 ランダム勾配がデータへの適合を有意に改善したという証拠はなかったので(尤度比統計を使用して)、ランダム係数モデルが採用された。 切片の変化を説明するために傾きではなく、個々の回帰直線を各患者についてグラフ化し、上に平均回帰直線を課した。

成果

初期の神経学的スクリーニングから、18人のボランティアが包含の対象となった。 ベースラインの頭痛の日記の完了後、5人の候補者は包含基準に合致しなかった。 3人は、ベースラインの日記を含めるのに必要な頭痛の日がなかった。片方は持続的な片麻痺で異常な神経症状を呈し、もう1人はカルシウムチャンネル遮断薬を服用していた。 NUCCA開業医は、アトラスの不整列を欠いていた人とウルフ・パーキンソン・ホワイトの状態と重度の姿勢の歪み(39°)を持つ2つの候補者が不適格であることを発見しました(図1参照) 。

11人の被験者、8人の女性および3人の男性、平均年齢41歳(範囲21-61年)。 6人の被験者は月に15頭以上の頭痛の日を報告する慢性片頭痛を呈し、月に14.5の頭痛の日の合計11対象の平均を示した。 片頭痛症状の持続期間は2〜35年(平均23年)であった。 試験期間中、すべての投薬は変更されず、規定通りの片頭痛予防レジメンを含むように維持された。

除外基準では、頭頸部の外傷、脳震盪、または鞭打ちに起因する持続的な頭痛に起因する頭痛の診断を受けた被験者はなかった。 9人の被験者は、神経学者のスクリーニングの前に5年以上(平均9年)の非常に遠隔の過去の病歴を報告した。 これには、スポーツ関連の頭部外傷、脳震盪、および/または鞭打ちが含まれた。 2人の被験者は、頭部または頚部の以前の負傷を示さなかった(表2参照)。

表2被験者の頭蓋内準拠指数ICCIデータ
表2: 対象となる頭蓋内コンプライアンス指標(ICCI)データ(n = 11)。 PC-MRI6は、NUCCA1介入後、ベースライン、第4週および第8週に報告されたICCI5データを取得した。 太い列は、二次静脈排液経路を有する対象を意味する。 MVAまたはmTBIは、研究開始前に少なくとも5年、平均10年に発生した。

個別に、5人の被験者がICCIの増加を示し、3人の被験者の値は本質的に同じままであり、3人は試験の測定のベースラインから終了まで減少した。 頭蓋内コンプライアンスの全体的な変化は、表2および図8に示されている。 ICCIの中央値(IQR)値は、ベースライン時の5.6(4.8、5.9)、第4週の5.6(4.9、8.2)、第8週の5.6(4.6、10.0)であった。 差は統計的に異ならなかった。 ベースラインと第4週の平均差は、-0.14(95%CI -1.56、1.28)、p = 0.834、およびベースラインと第8週の間の平均差は0.93(95%CI -0.99、2.84)、p = 0.307であった。 これらの2つの被験者の24週ICCI研究結果は、表6に示されている。 被験者01は、ベースライン時の5.02から6.69週までのICCIにおいて増加傾向を示したが、24週では、結果は一貫していると解釈されたか、または同じままであった。 被験者8は、02のベースラインから15.17までのICNの減少傾向を示した。

Figure 8 Study ICCIデータと以前に報告された文献データとの比較
図8: ICCIデータを文献で以前に報告されたデータと比較して調べる。 MRI時間値は、介入後のベースライン、週4および週8で固定される。 この研究のベースライン値は、mTBIのみを提示する被験者についてポムスチャルによって報告されたデータと同様である。

表6 24週頭蓋内準拠指数ICCIデータ
表6: 24週の被験者01における増加傾向を示すICCI所見、試験終了時(8週)の結果は、一貫していると解釈されたか、または同じままであった。 被験者02は、ICCIにおいて減少傾向を示し続けた。

表3は、NUCCA評価の変化を報告します。 介入後の平均差は以下のとおりである。(1)SLC:0.73インチ、95%CI(0.61、0.84)(p <0.001); (2)GSA:28.36スケールポイント、95%CI(26.01、30.72)(p <0.001); (3)アトラス・ラテラリティ:2.36度、95%CI(1.68、3.05)(p <0.001); (4)アトラス回転:2.00度、95%CI(1.12、2.88)(p <0.001)。 これは、被験者の評価に基づいてアトラス介入後に起こりうる変化が起こったことを示している。

表3 NUCCA評価の記述統計量
表3: 初期介入前のNUCCA2評価(n = 1)の記述統計値[平均、標準偏差、中央値、および四分位範囲(IQR11)]。

頭痛の日記の結果は テーブル4 図6。 ベースライン被験者では、14.5日の月あたり平均5.7(SD = 28)頭痛日数があった。 NUCCA修正後の最初の1ヶ月間の平均頭痛日数は、ベースライン、3.1%CI(95、0.19)、p = 6.0から0.039まで11.4日減少した。 2ヵ月目の頭痛の日数は、ベースラインから5.7%CI(95、2.0)、p = 9.4、0.006日まで8.7日減少した。 8週目に、11人の被験者のうち6人が頭痛の日数が月に> 30%減少しました。 24週の被験者01被験者は頭痛の日に本質的に変化はないと報告されたが、被験者02は、7日の研究基準から6日間の研究報告の終了まで月に1頭の頭痛を軽減した。

図6の頭痛の日と頭痛の日記からの痛みの強さ
図6: 日中の頭痛の日と頭痛の痛みの強さ(n = 11)。 (a)1ヶ月あたりの頭痛の日数。 (b)平均頭痛の強さ(頭痛の日)。 円は平均値を示し、バーは95%CIを示します。 サークルは個別の主題点です。 月に頭痛の日数が大幅に減少したのは、4週間で気づき、8週間でほぼ倍増しました。 4人の被験者(#4、5、7、および8)は、頭痛の強さが20%よりも低下した。 同時に投薬を使用すると、頭痛の強度のわずかな低下を説明することができる。

ベースライン時、頭痛のある日の平均頭痛強度は、0〜10のスケールで、2.8(SD = 0.96)であった。 平均の頭痛の強さは、4週間(p = 0.604)および8日(p = 0.158)で統計学的に有意な変化を示さなかった。 4人の被験者(#4、5、7、および8)は、頭痛の強さが20%よりも低下した。

生活の質と頭痛の障害の尺度は表4にあります。 ベースライン時の平均HIT-6スコアは64.2(SD = 3.8)であった。 NUCCA修正後の第4週で、スコアの平均減少は8.9、95%CI(4.7、13.1)、p = 0.001であった。 ベースラインと比較して週8のスコアは、10.4、95%CI(6.8、13.9)、p = 0.001による平均減少を示した。 24-weekグループでは、01被験者は、10週の58から8週の48への24ポイントの減少を示し、被験者02は、7週の55から8週の48までの24ポイントを減少させた(図9参照)。

図9 24週長期間にわたる追跡調査のヒット数6スコア
図9: 24週の長期フォローアップ被験者のHIT-6スコア。 最初の調査が終了した月8以降、月間スコアは減少を続けた。 Smelt et al。 8週と24週の間に最小限の重要な変化が生じたと解釈することができる。 ヒット - 6:頭痛の衝撃テスト - 6。

MSQL平均ベースラインスコアは38.4(SD = 17.4)であった。 矯正後4週目に、全11人の被験者の平均スコアは、30.7、95%CI(22.1、39.2)、p <0.001で増加(改善)した。 第8週までに、平均MSQLスコアは、ベースラインから35.1、95%CI(23.1、50.0)、p <0.001、73.5まで増加していた。 フォローアップ被験者は、スコアの上昇に伴って改善を示し続けた。 しかし、多くの得点は、週8(図10(a)-10(c)を参照)以来同じまま残りました。

図10 24週間MSQLスコア(長期間)
図10: ((a) - (c))長期フォローアップ被験者の24週MSQLスコア。 (a)被験者01は、8週後に第2試験終了まで本質的に停滞していた。 被験者02は、Coleらに基づく最小の重要な差異を示す、時間とともに増加するスコアを示す。 週24による基準。 (b)被験者のスコアは8週にピークを迎えるように見え、両方の被験者が24週に報告された同様のスコアを示した。 (c)被験者2のスコアは試験中一貫したままであったが、被験者01はベースラインから週24の終わりまで着実に改善を示した。 MSQL:片頭痛特異的な生活の質の測定。

ベースライン時の平均MIDASスコアは46.7(SD = 27.7)であった。 NUCCA矯正(ベースラインの3ヶ月後)後2ヶ月で、被験者のMIDASスコアの平均減少は、32.1、95%CI(13.2、51.0)、p = 0.004であった。 フォローアップ被験者は、強度が最小限の改善を示してスコアが減少するにつれて改善を示し続けた(図11(a)-11(c)参照)。

図11 24週間MIDASスコアの長期フォローアップ科目
図11: 24-week MIDASは長期フォローアップ対象者のスコアです。 (a)総MIDASスコアは、24週の調査期間より減少傾向を続けた。 (b)強度スコアは継続的改善であった。 (c)24週の頻度は8週よりも高かったが、ベースラインと比較して改善が観察された。 MIDAS:片頭痛障害アセスメントスケール。

VASのスケールデータから現在の頭痛の痛みの評価が図7に示されています。 多レベルの線形回帰モデルは、切片(p <0.001)についてのランダム効果の証拠を示したが、傾き(p = 0.916)では見られなかった。 したがって、採用されたランダム切片モデルは、各患者について異なる切片を推定したが、共通の傾きを推定した。 このラインの推定勾配は、ベースライン後の0.044日あたりの95のVASスコア(p <0.055)が有意に低下したことを示す、-0.0326、0.001%CI(-0.44、-10)、p <0.001であった。 平均ベースラインスコアは、5.34、95%CI(4.47、6.22)であった。 ランダム効果分析は、ベースラインスコア(SD = 1.09)において実質的な変動を示した。 ランダム切片が正常に分布しているので、これは、そのような切片の95%が3.16と7.52の間にあり、患者全体のベースライン値に大きな変動があるという証拠を示しています。 VASのスコアは、24週2名のフォローアップ群(図12参照)の改善を示し続けた。

図7主題頭痛VASのグローバルアセスメント
図7: 対象となる頭痛(VAS)の全身評価(n = 11)。 これらの患者のベースラインスコアにはかなりの変動があった。 これらの線は、11人の患者のそれぞれに対して線形適合を示す。 太い点線の黒い線は、全11例の患者の平均線形適合を表す。 VAS:ビジュアルアナログスケール。

図12 24週フォローアップグループ頭痛VASのグローバルアセスメント
図12: 24週フォローアップ群の頭痛(VAS)の全身評価。 被験者に質問されたときに、「過去1週間に頭痛の痛みを平均で評価してください」VASのスコアは、24週2人のフォローアップグループで改善を示し続けました。

10人の被験者によって報告されたNUCCAの介入およびケアに対する最も明白な反応は、軽度の首の不快感であり、疼痛評価において10人中3人が平均と評価された。 6人の被験者では、アトラスの矯正から24時間以上が始まり、24時間以上持続した。 どの被験者も日常活動に有意な影響を及ぼさなかった。 全ての被験者は、1週間後にNUCCAケアに満足したことを報告し、0〜10の評価尺度で中央値10を示した。

Dr Jimenez White Coat

アレックス・ヒメネスの洞察

「私は数年間、片頭痛を経験してきました。 頭痛の理由はありますか? 私の症状を減らすか、または取り除くために私は何ができますか? " 片頭痛は頭痛の複雑な形態であると考えられているが、他の頭痛とほとんど同じである。 自動車事故やスポーツ傷害による鞭打ちのような頸椎への外傷は、首や背中のミスアライメントを引き起こし、片頭痛を引き起こす可能性があります。 不適切な姿勢はまた、首や頸部の痛みを引き起こす可能性のある首の問題を引き起こす可能性があります。 脊髄の健康問題を専門とする医療専門家が、片頭痛の原因を診断できます。 さらに、経験を積んだ経験豊富な専門家が、脊柱の不調和を修正するのに役立つように、脊椎の調整と手動による操作を行うことができます。 次の記事では、片頭痛患者のアトラス椎骨再編成後の症状の改善に基づくケーススタディを要約しています。

議論

この限られた11の片頭痛患者集団では、NUCCA介入後のICCI(主要アウトカム)に統計的に有意な変化はなかった。 しかし、表5に要約されているように、二次転帰の有意な変化が起こった。 これらのHRQoL測定値全体にわたる改善の大きさおよび方向性の一貫性は、28日のベースライン期間後の2ヶ月の研究での頭痛の健康増進の信頼を示しています。

表5まとめ測定結果の比較
表5: 測定された結果の要約の比較

ケーススタディ結果に基づいて、この調査は、 アトラス介入 それは観察されなかった。 PC-MRIの使用は、頭蓋骨と脊柱管[33]との間の動脈流入、静脈流出、およびCSF流の動的関係の定量化を可能にする。 頭蓋内コンプライアンス指数(ICCI)は、収縮期に入ってくる動脈血に応答する脳の能力を測定する。 この動的流れの解釈は、CSF容積とCSF圧との間に存在する一意の関係によって表される。 良好な補償予備としても定義された増加またはより高い頭蓋内コンプライアンスでは、入院動脈血は、頭蓋内圧のより小さい変化で頭蓋内内容物によって適応させることができる。 容積 - 圧力関係の指数関数的性質に基づいて、頭蓋内容積または圧力の変化が起こり得るが、介入後ICCIの変化は実現されない可能性がある。 アトラス矯正後の生理学的変化を記録するための客観的転帰として使用するための実用的な定量可能なパラメータを正確に特定するために、MRIデータの高度な分析およびさらなる研究が必要である。

Koerte et al。 慢性片頭痛患者の報告では、年齢および性別が一致した対照[34]と比較して、仰臥位の相対的二次静脈排液(傍脊髄叢)が有意に高いことが示されている。 4人の被験者は、介入後にコンプライアンスが顕著に増加していることを示す被験者3人を対象とした二次静脈排液を示した。 重要性は、今後の研究がなければ未知である。 同様に、Pomschar et al。 軽度の外傷性脳傷害(mTBI)を有する被験者は、二次静脈脊髄路[35]を介して排液を増加させることを実証した。 平均頭蓋内コンプライアンス指数は、コントロールと比較した場合、mTBIコホートにおいて有意に低く見える。

この研究のICCIデータと以前に報告された正常被験者との比較、および図8 [5、35]に見られるmTBIを持つ被験者と比較して、いくつかの視点が得られるかもしれない。 少数の被験体によって制限されているが、これらの研究の所見はPomschar et al。 未知のままであり、将来の探査の可能性を推測するだけである。 これは、24週間後に2人の被験者に観察されたICCIの変化の不一致によりさらに複雑になる。 二次排水パターンを有する被験者2は、介入後のICCIの減少を示した。 統計学的に有意な対象サンプルサイズを有するより大きなプラセボ対照試験は、NUCCA補正手順の適用後に決定的に客観的に測定された生理学的変化を示す可能性がある。

HRQoL測定は、片頭痛に関連する疼痛および障害を減少させる治療戦略の有効性を評価するために臨床的に使用されている。 効果的な治療は、これらの器具によって測定される患者の知覚される疼痛および障害を改善することが期待される。 この研究における全HRQoL測定値は、NUCCA介入後の第4週までに有意かつ実質的な改善を示した。 第4週から第8週にかけて、わずかな改善しか見られなかった。 ここでも、24週間後の2人の被験者ではわずかな改善しか認められなかった。 この研究はNUCCAの介入による因果関係を実証することを目的としたものではないが、HRQoLの結果はさらなる研究のために魅力的な興味を生む。

頭痛の日記から、1週間に頭痛の日数の大幅な減少が4週間で認められ、8週間でほぼ倍増した。 しかし、この日記のデータから、時間の経過とともに頭痛の重大度に有意差は認められなかった(図5参照)。 頭痛の数は減少したが、被験者は依然として投薬を使用して頭痛の強さを許容できるレベルに維持した。 したがって、頭痛の強さの統計的に有意な差は決定できないと考えられる。 フォローアップ被験者の8週に発生する頭痛の一日の一貫性は、片頭痛治療のNUCCA基準を確立する際に最大限の改善がいつ生じるかを決定する際の将来の研究焦点を導くことができます。

観察された結果を完全に理解するためには、HIT-6の臨床的に関連する変化が重要である。 個々の患者の臨床的に意味のある変化は、HIT-6ユーザーガイドで≥5[36]と定義されています。 Coeytauxらは、4つの異なる分析方法を用いて、時間の経過とともに6単位のHIT-2.3スコアの群間の差異が臨床的に有意であると考えられることを示唆している[37]。 Smelt et al。 臨床管理および研究[6]のためにHIT-38スコア変更を使用して推奨される推奨事項を開発する際に、一次ケア片頭痛患者集団を研究した。 偽陽性または陰性による結果に依存して、「平均変化アプローチ」を用いた人内最小重要変化(MIC)は2.5ポイントと推定された。 「受信機動作特性(ROC)曲線解析」を使用する場合は、6点の変更が必要です。 グループ間の最小重要度差(MID)には、1.5 [38]が推奨されます。

「平均変化アプローチ」を用いて、1人を除くすべての被験者が-2.5よりも大きな変化(減少)を報告した。 「ROC分析」はまた、すべての被験者による改善を示したが、1つではなかった。 この「1つの主題」は、各比較分析において異なる人であった。 Smelt et al。 フォローアップ被験者は、図10に見られるように、人内で最小限に重要な改善を示し続けた。

2人を除くすべての被験者は、ベースラインと3ヶ月の結果の間にMIDASスコアの改善を示した。 変化の大きさはベースラインのMIDASスコアに比例し、3人を除くすべての被験者が全体の50パーセント以上の変化を報告した。 フォローアップ被験者は、24週までのスコアの継続的な低下に見られるように改善を示し続けた。 図11(a)〜11(c)を参照してください。

臨床結果としてのHIT-6およびMIDASの併用は、頭痛関連障害因子[39]のより完全な評価を提供し得る。 2つのスケールの違いは、報告された変化に関連する要因について単独で使用された結果より多くの情報を提供することによって、頭痛の痛みの強さおよび頭痛の頻度から障害を予測することができる。 MIDASは頭痛の頻度により多く変化するようであるが、頭痛の強さはMIDAS [6]よりもHIT-39スコアに影響を与えるようである。

MSQL-R、ロール予防(MSQL-P)、および感情機能(MSQL-E)の3つの2.1ドメインでMSQL対3によって報告されています。 スコアの増加は、0(不良)から100(最高)までの値を持つこれらの領域の改善を示します。

MSQLは、Bagley et al。 結果はHIT-6(r = -0.60〜-0.71)[40]と中程度から高度に相関していると報告しています。 Coleらによる研究 MSQL-R = 3.2、MSQL-P = 4.6、およびMSQL-E = 7.5 [41]の各ドメインの臨床的変化の最小重要度(MID)を報告します。 トピラメート試験の結果は、MSQL-R = 10.9、MSQL-P = 8.3、およびMSQL-E = 12.2 [42]の個々の最小限重要な臨床(MIC)の変化を報告しています。

1人を除くすべての被験者は、MSQL-Rの週8回のフォローアップにより10.9を超えるMSQL-Rの個々の最小限の重要な臨床的変化を経験した。 2人を除くすべての被験者が、MSQL-Eの12.2ポイント以上の変化を報告した。 MSQL-Pスコアの改善は全被験者で10ポイント以上増加した。

経時的なVAS評価の回帰分析は、3月の期間に比して大幅な線形改善を示した。 これらの患者のベースラインスコアにはかなりの変動があった。 改善率はほとんど変化しなかった。 この傾向は、図24に見られるように12週間調査した被験者でも同じように見える。

ジェメネス博士はレスラーの首に働く

薬学的介入を用いた多くの研究では、偏頭播種集団患者からのプラセボ効果が顕著である[43]。 他の介入および介入なしで6カ月以上にわたる可能性のある片頭痛改善を決定することは、結果の比較に重要である。 プラセボ効果の検討は、プラセボの介入が症状の軽減をもたらすが、状態[44]の根底にある病態生理学的プロセスを変更しないことを一般に受け入れている。 客観的なMRI測定は、プラセボの介入後に起こる血流パラメータの生理学的測定値の変化を実証することによって、そのようなプラセボ効果を明らかにするのに役立ち得る。

MRIデータ収集に3テスラ磁石を使用すると、フローおよびICCI計算に使用されるデータ量を増加させることによって測定の信頼性が向上します。 これは、介入を評価する結果としてのICCIの変化を用いた最初の調査の1つである。 これは、MRIデータを解釈して結論を​​導き、さらに仮説を立てるのに困難を引き起こす。 これらの被験者に特有のパラメータの脳へのおよび脳からの血流、CSF流量および心拍数の関係の変動が報告されている[45]。 小規模な3人の反復測定研究で観察された変化は、個々の症例から集められた情報が注意深く解釈されるという結論に至った[46]。

文献はさらに、これらのMRIによって得られた容積測定データを収集する際の大きな信頼性についての大きな信頼性を報告している。 Wentland et al。 ヒトボランティアのCSF速度および正弦波状に変動するファントム速度の測定値は、[47]を使用した2つのMRI技術の間で大きく異ならないことが報告されている。 Koerte et al。 異なる装置を備えた2つの別々の施設で撮像された2つのコホートを研究した。 彼らは、クラス内相関係数(ICC)が、使用された機器および操作者のスキルレベル[48]とは無関係に残ったPC-MRI容積流量測定値の高い内部および中間体の信頼性を示したと報告した。 被験者間に解剖学的変異が存在するが、可能な「正常な」流出パラメータ[49、50]を記述する際に、より大きな患者集団の研究を妨げていない。

患者の主観的知覚のみに基づいているため、患者が報告した結果[51]の使用には限界があります。 被験者の生活の質の認識に影響する側面は、使用された評価の結果に影響を与える可能性が高い。 症状、感情、障害の報告におけるアウトカムの特異性の欠如は結果の解釈を制限する[51]。

画像化およびMRIデータ分析の費用は、対照群の使用を排除し、これらの結果の一般性を制限する。 より大きな標本サイズは、統計力に基づく結論とタイプIの誤差の減少を可能にする。 可能性のある傾向を明らかにしながら、これらの結果の意味の解釈は、最高でも推測のままです。 大きな未知なるものは、これらの変化が介入や研究者に知られていない何か他の影響に関連している可能性を残している。 これらの結果は、NUCCA介入後の血行力学的および水力学的変化、およびこのコホートで観察された片頭痛HRQoL患者の報告された転帰の変化について以前に報告されていない知識体系に加わる。

収集されたデータおよび分析の値は、さらなる研究において統計的に有意な被験者サンプルサイズの推定に必要な情報を提供している。 パイロットを実施することによる解決された手続き上の課題は、高度に洗練されたプロトコルがこのタスクを首尾よく達成することを可能にする。

この研究では、コンプライアンスの堅固な増加の欠如は、頭蓋内の血行力学的および流体力学的流れの対数的および動的な性質によって理解され、コンプライアンスを含む個々の成分が全体的に変化しない間に変化することを可能にする。 有効な介入は、使用されるこれらのHRQoL機器によって測定される片頭痛に関連する被験者の知覚される痛みおよび障害を改善するはずである。 これらの研究結果は、アトラスの再調整介入が片頭痛頻度の低下と関連し、このコホートで観察される頭痛関連障害の有意な減少をもたらす生活の質の顕著な改善を示唆している。 HRQoLの結果の改善は、特に対象集団が大きく、プラセボ群では、これらの知見を確認するために、さらなる研究のための魅力的な関心事を生む。

謝辞

著者らは、フロリダ州マイアミのAlperin Diagnostics、Inc.のNoam Alperin博士、 キャシーウォーターズ、研究コーディネーター、ヨルダンAusmus、放射線撮影コーディネーター、ブリタニアクリニック、カルガリー、AB; スー・カーティス、MRI技術者、Elliot Fong Wallace Radiology、カルガリー、AB; Calgary頭痛評価管理プログラム(CHAMP)、カルガリー、AB。の研究コーディネーター、RN、Brenda Kelly-Besler 財政的支援は(1)Hecht Foundation、Vancouver、BCによって提供されています。 (2)Tao Foundation、Calgary、AB; (3)Ralph R.グレゴリー記念財団(カナダ)、カルガリー、AB; (4)Upper Cervical Research Foundation(UCRF)、ミネアポリス、ミネソタ州。

略語

  • ASC:Atlas亜脱臼複合体
  • CHAMP:カルガリーの頭痛評価と管理プログラム
  • CSF:脳脊髄液
  • GSA:重力ストレス分析装置
  • ヒット - 6:頭痛の衝撃テスト - 6
  • HRQoL:健康関連の生活の質
  • ICCI:頭蓋内コンプライアンス指標
  • ICVC:頭蓋内容積変化
  • IQR:四分位範囲
  • マイダス:片頭痛障害アセスメントスケール
  • MSQL:片頭痛特有の生活習慣尺度
  • MSQL-E:片頭痛特有の生活習慣測定 - 感情的な
  • MSQL-P:片頭痛特異的な生活習慣 - 身体
  • MSQL-R:片頭痛特異的なQOL(Restrictive Life)
  • ヌッカ:国立上頚部カイロプラクティック協会
  • PC-MRI:位相コントラスト磁気共鳴イメージング
  • SLC:シュパインレッグチェック
  • VAS:ビジュアルアナログスケール。

利益相反

著者らは、この論文の発行に関する財政的または他の競合的利益はないと宣言している。

著者の貢献

H.チャールズ・ウッドフィールド(Charles Woodfield)3世はこの研究を想起し、その設計に役立ち、調整を助け、論文の草案作成に役立った。導入、研究方法、結果、議論、および結論。 ゴードン・ハシックは、被験者に研究の包含/除外のスクリーニングを行い、NUCCAの介入を行い、すべての被験者を追跡調査した。 彼は研究デザインと被験者の調整に参加し、はじめに、NUCCAの方法と論文の議論の草案を手助けしました。 Werner J. Beckerは、研究の包含/除外、研究デザインと調整に参加し、論文の草案策定、研究方法、結果と議論、および結論のために被験者をスクリーニングした。 Marianne S. Roseは、研究データの統計分析を行い、論文の草案作成に役立った:統計的方法、結果、および議論。 James N. Scottは研究デザインに参加し、病理学のスキャンをレビューする画像コンサルタントを務め、論文の草案作成に役立った。PC-MRIの方法、結果、および議論。 すべての著者が最終論文を読み、承認しました。

結論として、 アトラス椎骨の再編成後の片頭痛症状の改善に関する事例研究は、主要転帰の増加を示したが、この研究の平均結果も統計的有意性を示さなかった。 全体として、このケーススタディは、アトラス椎骨再整列治療を受けた患者は、頭痛の日数が減少した症状の著しい改善を経験したと結論付けた。 National Center for Biotechnology Information(NCBI)から参照される情報。 私たちの情報の範囲は、カイロプラクティックならびに脊髄損傷および状態に限定されています。 主題について話し合うには、ジェメネス博士にお気軽にお問い合わせください。 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

1。 Magoun HW尾骨および脳幹網状形成の頭部の影響。 生理学的レビュー。 1950; 30(4):459-474。 [PubMed]
2。 Gregory R.上頚部分析のマニュアル。 モンロー、ミシガン、米国:国立上頚部カイロプラクティック協会; 1971。
3。 Thomas M.、エディター。 NUCCAの議論と議論。 1st。 モンロー、ミシガン、米国:国立上頚部カイロプラクティック協会; 2002。
4。 Grostic JD Dentate靭帯 - コード歪み仮説。 カイロプラクティックリサーチジャーナル。 1988; 1(1):47-55。
5。 脳脊髄液の磁気共鳴イメージングに基づく測定と血流は、Chiari奇形の患者の頭蓋内コンプライアンスの指標として、Alperin N.、Sivaramakrishnan A.、Lichtor T. 脳神経外科ジャーナル 2005; 103(1):46-52。 doi:10.3171 / jns.2005.103.1.0046。 [PubMed] [クロスリファレンス]
6。 Czosnyka M.、Pickard JD頭蓋内圧のモニタリングと解釈。 神経学、脳神経外科、精神医学のジャーナル。 2004; 75(6):813-821。 doi:10.1136 / jnnp.2003.033126。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
7。 Tobinick E.、Vega CP脳脊髄静脈系:解剖学、生理学、および臨床的意義。 MedGenMed:Medscape General Medicine。 2006; 8(1、記事153)[PubMed]
8。 Eckenhoff JE脊髄静脈叢の生理的意義。 外科婦人科および産科。 1970; 131(1):72-78。 [PubMed]
9。 神経学的障害におけるCB静脈血行動態のBeggs:流体力学的解析による分析的検討。 BMC医学 2013、11、記事142 doi:10.1186 / 1741-7015-11-142。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
10。 Beggs CB脳静脈流出および脳脊髄液動態。 静脈およびリンパ液。 2014; 3(3):81-88。 doi:10.4081 / vl.2014.1867。 [Cross Ref]
11。 Cassar-Pullicino VN、Colhoun E.、McLelland M.、McCall IW、El Masry W.脊髄損傷後の傍脊髄静脈叢の血行動態変化。 放射線科。 1995; 197(3):659-663。 doi:10.1148 / radiology.197.3.7480735。 [PubMed] [クロスリファレンス]
12。 Damadian RV、Chu D.多発性硬化症の発生における頭蓋頸部外傷およびCSF流体力学の異常の可能性。 生理学的化学および物理学および医療NMR。 2011; 41(1):1-17。 [PubMed]
13。 Bakris G.、Dickholtz M.、Meyer PM、et al。 高血圧患者におけるアトラス椎骨の再編成と動脈圧の達成:パイロット研究 ヒト高血圧のジャーナル。 2007; 21(5):347-352。 doi:10.1038 / sj.jhh.1002133。 [PubMed] [クロスリファレンス]
14。 Kumada M.、Dampney RAL、Reis DJ三叉神経抑制応答:三叉神経系に由来する心臓血管反射。 脳研究。 1975; 92(3):485-489。 doi:10.1016 / 0006-8993(75)90335-2。 [PubMed] [クロスリファレンス]
15。 Kumada M.、Dampney RAL、Whitnall MH、Reis DJ三叉神経と大動脈の血管収縮反応との血行力学的類似点。 アメリカン・ジャーナル・オブ・フィジオロジー - 心臓と循環器生理学 1978; 234(1):H67-H73。 [PubMed]
16。 Goadsby PJ、Edvinsson L.三叉血管系および片頭痛:ヒトおよびネコに見られる脳血管および神経ペプチドの変化を特徴付ける研究。 神経学の実体 1993; 33(1):48-56。 doi:10.1002 / ana.410330109。 [PubMed] [クロスリファレンス]
17。 Goadsby PJ、Fields HL片頭痛の機能的解剖学について。 神経学の実体 1998; 43(2、記事272)doi:10.1002 / ana.410430221。 [PubMed] [クロスリファレンス]
18。 ヒトの三叉神経血管系:脳循環に及ぼす神経の影響の原発性頭痛症候群に対する病態生理学的意義。 脳血流と代謝のジャーナル。 1999; 19(2):115-127。 [PubMed]
19。 Goadsby PJ、Hargreaves R.難治性片頭痛および慢性片頭痛:病態生理学的メカニズム。 頭痛。 2008; 48(6):799-804。 doi:10.1111 / j.1526-4610.2008.01157.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
20。 Olesen J.、Bousser M.-G.、Diener H.-C.、et al。 頭痛障害の国際分類、2nd版(ICHD-II) - 8.2投薬 - 過度の頭痛の基準の改訂。 頭痛 2005; 25(6):460-465。 doi:10.1111 / j.1468-2982.2005.00878.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
21。 Stewart WF、Lipton RB、Whyte J.、et al。 片頭痛障害アセスメント(MIDAS)スコアの信頼性を評価する国際的な調査。 神経学 1999; 53(5):988-994。 doi:10.1212 / wnl.53.5.988。 [PubMed] [クロスリファレンス]
22。 Wagner TH、Patrick DL、Galer BS、Berzon RA片頭痛による長期的な生活の質の影響を評価する新しい機器:MSQOLの開発と心理検査。 頭痛。 1996; 36(8):484-492。 doi:10.1046 / j.1526-4610.1996.3608484.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
23。 Kosinski M.、Bayliss MS、Bjorner JB、et al。 頭痛の影響を測定するための6項目のショートフォーム調査:HIT-6。 生活の質の研究。 2003; 12(8):963-974。 doi:10.1023 / a:1026119331193。 [PubMed] [クロスリファレンス]
24。 Eriksen K.、Rochester RP、Hurwitz EL上頸部カイロプラクティックケアに伴う症状反応、臨床転帰および患者満足度:前向き、多施設共同、コホート研究。 BMC筋骨格疾患。 2011、12、記事219 doi:10.1186 / 1471-2474-12-219。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
25。 国立上部頚部カイロプラクティック協会。 NUCCAの練習と患者ケアの基準。 1st。 モンロー、ミシガン、米国:国立上頚部カイロプラクティック協会; 1994。
26。 Gregory R.仰臥位チェックのモデル。 上頚部のモノグラフ。 1979; 2(6):1-5。
27。 Woodfield HC、Gerstman BB、Olaisen RH、Johnson DF脚の長さの不一致を識別するための仰臥位の脚の信頼性。 Journal of Manipulative and Physiological Therapeutics。 2011; 34(4):239-246。 doi:10.1016 / j.jmpt.2011.04.009。 [PubMed] [クロスリファレンス]
28。 Andersen RT、Winkler M.脊柱姿勢を測定する重力ストレス分析装置。 カナダカイロプラクティック協会のジャーナル。 1983; 2(27):55-58。
29。 Eriksen K. Subluxation X線分析。 In:Eriksen K.、編集者 頚椎下大静脈複合体 - カイロプラクティックと医学文献のレビュー 1st。 フィラデルフィア、PA、米国:Lippincott Williams&Wilkins; 2004。 pp。163-203。
30。 Zabelin M.X線分析。 In:Thomas M.、エディタ。 NUCCA:議定書と議論。 1st。 モンロー:国立上頚部カイロプラクティック協会; 2002。 pp 10-1-48。
31。 Miyati T.、Mase M.、Kasai H.、et al。 特発性正常圧水頭症における頭蓋内コンプライアンスの非侵襲的MRI評価 Journal of Magnetic Resonance Imaging。 2007; 26(2):274-278。 doi:10.1002 / jmri.20999。 [PubMed] [クロスリファレンス]
32。 Alperin N.、Lee SH、Loth F.、Raksin PB、Lichtor T MR-頭蓋内圧(ICP)。 MRイメージングを用いて非侵襲的に頭蓋内のエラスタンスと圧力を測定する方法:ヒヒとヒトの研究。 放射線科。 2000; 217(3):877-885。 doi:10.1148 / radiology.217.3.r00dc42877。 [PubMed] [クロスリファレンス]
33。 ラクシンPB、Alperin N.、Sivaramakrishnan A.、Surapaneni S.、Lichtor T.非侵襲的な頭蓋内コンプライアンスと血流と脳脊髄液流動の動的磁気共鳴イメージングに基づく圧力:原理、実施および他の非侵襲的アプローチの再検討。 脳神経外科の焦点。 2003; 14(4、記事E4)[PubMed]
34。 Koerte IK、Schankin CJ、Immler S.、et al。 位相差磁気共鳴イメージングによって評価された片頭痛患者の脳排泄を変化させた。 調査放射線科。 2011; 46(7):434-440。 doi:10.1097 / rli.0b013e318210ecf5。 [PubMed] [クロスリファレンス]
35。 Pomschar A.、Koerte I.、Lee S.、et al。 軽度の外傷性脳傷害における変化した静脈排液および頭蓋内コンプライアンスに関するMRIの証拠。 PLoS ONE。 2013、8(2)doi:10.1371 / journal.pone.0055447.e55447 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
36。 Bayliss MS、Batenhorst AS HIT-6 Aユーザーズガイド。 リンカーン、RI、USA:QualityMetric Incorporated; 2002。
37。 Coeytaux RR、Kaufman JS、Chao R.、Mann JD、DeVellis RF最小重大評価スコアを推定する4つの方法を比較し、頭痛の重大な影響を臨床的に有意に変化させた。 Journal of Clinical Epidemiology。 2006; 59(4):374-380。 doi:10.1016 / j.jclinepi.2005.05.010。 [PubMed] [クロスリファレンス]
38。 Smelt AFH、Assendelft WJJ、Terwee CB、Ferrari MD、Blom JW HIT-6アンケートの臨床的に適切な変更とは何ですか? 片頭痛患者の推定である。 頭痛 2014; 34(1):29-36。 doi:10.1177 / 0333102413497599。 [PubMed] [クロスリファレンス]
39。 Sauro KM、Rose MS、Becker WJ、et al。 HIT-6およびMIDASを、頭痛の紹介集団における頭痛障害の尺度として使用する。 頭痛。 2010; 50(3):383-395。 doi:10.1111 / j.1526-4610.2009.01544.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
40。 Bagley CL、Rendas-Baum R.、Maglinte GA、et al。 エピソードおよび慢性片頭痛における片頭痛特有の生活の質に関するアンケートv2.1を検証する。 頭痛。 2012; 52(3):409-421。 doi:10.1111 / j.1526-4610.2011.01997.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
41。 Cole JC、Lin P.、Rupnow MFT片頭痛特異的QOL(Life Quality Questionnaire)バージョン2.1の最小の重要な違い。 頭痛 2009; 29(11):1180-1187。 doi:10.1111 / j.1468-2982.2009.01852.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
42。 Dodick DW、Silberstein S.、Saper J.、et al。 慢性片頭痛における健康関連QOL(Quality of Life)指標へのトピラメートの影響。 頭痛。 2007; 47(10):1398-1408。 doi:10.1111 / j.1526-4610.2007.00950.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
43。 HróbjartssonA.、GøtzschePCプラセボの介入 システムレビューのコクランデータベース。 2010;(1)CD003974 [PubMed]
44。 Meissner K.プラセボ効果と自律神経系:密接な関係の証拠。 王立協会の哲学的な取引B:生物科学。 2011; 366(1572):1808-1817。 doi:10.1098 / rstb.2010.0403。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
45。 Marshall I.、MacCormick I.、Sellar R.、Whittle I.頭蓋内容積変化およびエラスタンス指数のMRI測定に影響を及ぼす因子の評価。 英国脳神経外科ジャーナル。 2008; 22(3):389-397。 doi:10.1080 / 02688690801911598。 [PubMed] [クロスリファレンス]
46。 Raboel PH、Bartek J.、Andresen M.、Bellander BM、Romner B.頭蓋内圧モニタリング:侵襲的方法と非侵襲的方法 - レビュー。 クリティカルケアの研究と実践。 2012; 2012:14。 doi:10.1155 / 2012 / 950393.950393 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
47。 Wentland AL、Wieben O.、Korosec FR、Haughton VM CSFフローの位相差MRイメージング測定の精度と再現性。 アメリカ神経内科学会雑誌。 2010; 31(7):1331-1336。 doi:10.3174 / ajnr.A2039。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
48。 Koerte I.、Haberl C.、Schmidt M.、et al。 位相コントラストMRIによる血液および脳脊髄液流定量の中間および中間信頼性。 Journal of Magnetic Resonance Imaging。 2013; 38(3):655-662。 doi:10.1002 / jmri.24013。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
49。 Stoquart-Elsankari S.、Lehmann P.、Villette A.、et al。 生理的脳静脈流の位相コントラストMRI研究。 脳血流と代謝のジャーナル。 2009; 29(6):1208-1215。 doi:10.1038 / jcbfm.2009.29。 [PubMed] [クロスリファレンス]
50。 Atsumi H.、Matsumae M.、Hirayama A.、Kuroda K. 1.5-T臨床MRI装置を用いた頭蓋内圧およびコンプライアンス指標の測定。 東海実験医学ジャーナル。 2014; 39(1):34-43。 [PubMed]
51。 Becker WJ片頭痛患者の健康関連クオリティオブライフを評価する。 カナダ神経科学雑誌。 2002; 29(補足2):S16-S22。 doi:10.1017 / s031716710000189x。 [PubMed] [クロスリファレンス]

Green-Call-Now-Button-24H-150x150-2-3.png

その他のトピック:頸部痛

頸部の痛みは、様々な傷害および/または状態のために生じることがある一般的な苦情である。 統計によると、自動車事故による傷害や鞭打ち傷害は、一般住民の中で最も多くみられる頸部痛の原因の1つです。 自動車事故では、事故による突発的な衝撃により、頭と首が急激に前後に揺れて、頸椎を取り囲む複雑な構造が損傷する可能性があります。 腱および靱帯ならびに頸部の他の組織の外傷は、人体全体に頸部痛および放射状症状を引き起こす可能性がある。

漫画paperboyの大きなニュースのブログの画像

重要なトピック:追加エキストラ:より健康的です!

その他の重要なトピック:エクストラ:スポーツ傷害? | ヴィンセントガルシア| 患者| エルパソ、テキサス州カイロプラクティック