片頭痛および頸椎椎間板ヘルニア治療| エルパソテキサス州カイロプラクティック
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

片頭痛と子宮頸椎椎間板ヘルニア治療でエルパソ、テキサス州カイロプラクティック

片頭痛 様々な強さの頭痛を特徴とする衰弱状態であり、しばしば吐き気と光と音に対する感受性を伴う。 今日の研究者は、この原発性頭痛障害の背後にある真の理由をまだ理解していないが、多くの医療従事者は、頚椎のミスアライメントが片頭痛につながると信じている。 しかし、新たなエビデンスベースの研究では、上部脊椎の椎間板に関連する健康問題である頸椎椎間板ヘルニアも頭痛を引き起こす可能性があることが判明しました。 次の記事の目的は、患者を教育し、症状の原因を理解するのを助けるとともに、片頭痛および頸椎椎間板ヘルニアに有効ないくつかのタイプの治療法を実証することです。

原発性慢性頭痛の手技療法:無作為化比較試験の系統的レビュー

抽象

これは、原発性慢性頭痛のための手動療法ランダム化臨床試験(RCT)の有効性に関する最初の体系的レビューである。 CINHAL、Cochrane、Medline、OvidおよびPubMedに関する包括的な英語の文献検索では、すべて6 RCTが慢性緊張型頭痛(CTTH)を調査しています。 1つの研究はマッサージ療法を、5つの研究は理学療法を適用した。 4つの研究は、PEDroスケールによって良好な方法論的品質であると考えられた。 すべての研究は実用的であり、対照群としては治療を使用せず、2つの研究のみが共同介入を回避し、偏りの可能性があり、結果の解釈をより困難にする可能性がある。 RCTはマッサージと理学療法がCTTHの管理において効果的な治療選択肢であることを示唆している。 RCTの1つは、理学療法が一般開業医による通常のケアよりも頭痛の頻度および強度統計的に有意な改善を示したことを示した。 治療後および6月間のフォローアップでの理学療法の有効性は、三環系抗うつ薬の有効性と同等である。 理学療法の効果サイズは0.62までであった。 将来の手動療法RCTは、薬物乱用の有無にかかわらず、慢性片頭痛の有効性に対処することが求められている。 今後の頭痛のRCTは、国際頭痛学会の臨床試験のガイドライン、すなわち、一次エンドポイントとしての頻度、二次エンドポイントでなければならない、共同介入を避け、十分なサンプルサイズとフォローアップ期間少なくとも6ヶ月。

キーワード: 無作為化臨床試験、原発性慢性頭痛、手技療法、マッサージ、理学療法、カイロプラクティック

賃貸システムの概要

原発性慢性頭痛(すなわち、慢性片頭痛(CM)、慢性緊張型頭痛(CTTH)および慢性クラスター頭痛は、健康、経済および社会的に重大なコストを伴う。 一般市民の3については、女性優勢の慢性頭痛を患っています[1]。 国際的な頭痛障害分類III(ICDH-IIIβ)は、少なくとも15月間に3頭痛日数/月としてCMを定義し、8日/月以上の片頭痛の特徴を有し、CTTHは平均≧15日/月少なくとも3月間は緊張型頭痛があり、寛解することなく1年以上、または<1月[2]の間の寛解を少なくとも1日おきに慢性群発頭痛が発症する。

80について原発性慢性頭痛(3)の主治医に相談し、薬理学的管理は治療の第一線と考えられています。 しかし、頻繁な頭痛のために急性頭痛薬を過剰に使用する危険性があります。 ノルウェーの全般的な人口における原発性慢性頭痛の患者の47%は急性頭痛薬[1,4]を濫用した。 急性薬の使用率が高いことを考慮すると、管理薬[5,6]では、予防薬と非薬理学的管理の両方を考慮する必要があります。 予防薬は、一般的なノルウェー人口の3%だけが使用し、52%は理学療法を試み、28%はカイロプラクティック脊髄操作療法[3]を試みました。 非薬理学的管理は、少数の、通常は軽度の一過性有害事象であり、薬理学的相互作用/有害事象はない[7]という利点を有する。

以前の系統的レビューでは、緊張型頭痛、片頭痛および/または頸動脈性頭痛のRCTに焦点を絞ったが、原発性慢性頭痛[5,6,8-11]の有効性には焦点を当てていない。 手動療法は、理学療法士、カイロプラクター、オステオパス、およびその他の実務家が筋骨格痛および障害を治療するために使用する物理的治療であり、マッサージ療法、関節動員および操作[12]が含まれる。

これは、頭痛の頻度を第1のエンドポイントとして、頭痛の持続時間および強度を第2のエンドポイントとして使用して、原発性慢性頭痛の手技療法ランダム化比較試験(RCT)の有効性を評価する最初の体系的レビューである。

レビュー

メソッド

英文文献検索は、CINHAL、Cochrane、Medline、Ovid、PubMedで行った。 検索語は、 片頭痛、慢性片頭痛、緊張型頭痛、慢性緊張型頭痛、クラスター頭痛、言葉と組み合わせた慢性群発頭痛; マッサージ療法、理学療法、脊髄動員、手技療法、脊髄操作療法、骨粗鬆症治療またはカイロプラクティックが挙げられる。 私たちは包括的なコンピュータ検索によって研究を特定しました。 関連するレビューは関連する追加のRCTについてスクリーニングされた。 記事の選択は著者が行った。 CM、CTTHおよび/または慢性群発頭痛のための手動療法のいずれかを用いて英語で書かれたすべてのRCTを評価した。 CM、CTTHおよび/または慢性群発頭痛の特異的な結果を伴わない頭痛の合併症を含む研究は除外した。 レビューには、以下の有効性パラメータの少なくとも1つを提示するRCTが含まれていた。 国際頭痛学会の臨床試験ガイドライン[13,14]で推奨されているように、CM、CTTHおよび/または慢性クラスター頭痛の頻度、持続時間および痛みの強さ。 頭痛の頻度は主要エンドポイントであり、持続時間および疼痛強度は副次的エンドポイントである。 頭痛の診断は、ICHD-IIIβまたは以前の版[2,15-17]の基準に従って優先的に分類された。 含まれるRCTの方法論的品質は、PEDroスケール、表1 [18]を用いて評価した。 PEDroスコアが6の最大スコアの10以上であれば、RCTは高品質であるとみなされた。 RCTの方法論的品質は、ACによって評価した。 PRISMA 2009チェックリストはこの体系的なレビューに適用されました。 可能な場合、効果の大きさを計算した。 0.2のエフェクトサイズは小さく、0.5は中程度、0.8は大きい[19]とみなされました。

表1 PEDroスコアはいまたはいいえ項目
表1: PEDroスコア "はい"または "いいえ"項目。

この体系的レビューは、利用可能な確認されたRCTに基づいて直接実行され、レビュープロトコルとして登録されていない。

成果

文献検索では、私たちの包含基準を満たした6つのRCTが同定された。 1つの研究ではマッサージ療法(MT)を、5つの研究では理学療法(PT)[20-25]を適用しました。 すべての試験でCTTHを評価したが、CMまたは慢性群発頭痛を評価する研究はなかった。

方法論的品質 表2は、含まれるRCTの方法論的PEDroスコアが1ポイントから8ポイントまでの範囲であったことを示しています。 2つのRCTはスコアが低かったが、4つのRCTは良好な方法論的品質と考えられた。

表2含まれるRCTの方法論的PEDroスコア
表2: 含まれているランダム化比較試験(RCT)の方法論的PEDroスコア。

ランダム化比較試験(RCT) 表3は、6つのRCTの研究集団、介入および有効性を示す。

表3 CTTの手作業によるRCTの結果
表3: 慢性緊張型頭痛(CTTH)の手動治療の結果無作為化比較試験(RCT)。

マッサージ スペインの理学療法士は、ペアワイズ比較と盲検結果測定[2]を用いて20武装の前向きクロスオーバーRCTを実施した。 研究には、神経科医によって診断されたCTTHの参加者が含まれていた。 CTTHのICHD-II基準はわずかに変更された。すなわち、5-0数値疼痛評価尺度で疼痛強度≦10と定義され、付随症状である光恐怖症、phonophobiaまたは軽い悪心は認められなかった[16]。 プライマリとセカンダリのエンドポイントは指定されていません。 結果を表3に示す。

理学療法 米国3武装の遡及的RCTには、盲目的な結果測定値[21]があった。 診断基準は、吐き気、嘔吐、光および嫌悪感と関連した症状を伴わずに> 25月間の6頭痛日/月であったが、柔らかい筋肉、すなわち頭蓋周囲の圧痛を伴うCTTHであった。 子宮頸部性頭痛または神経学的所見を有する参加者は除外した。 プライマリとセカンダリのエンドポイントはあらかじめ指定されていませんでしたが、ここで頭痛頻度×重症度と定義される頭痛インデックスが評価されたエンドポイントでした。

トルコの研究では、盲目的なアウトカム指標[2]を持つ22武装の前向きRCTが実施されました。 参加者は、ICHD-I [15]に従ってCTTHと診断された。 混合頭痛、神経学的および全身的栄養素、または研究前の6月間に理学療法を受けた参加者の参加者は除外した。 主要エンドポイントは、頻度×重症度として定義される頭痛指標であった。

デンマークの研究では、盲目的アウトカム測定値[2]を持つ23武装前向きRCTを実施した。 参加者は、ICHD-I [15]の基準に従って、神経科医によってCTTHと診断された。 > 100鎮痛錠剤または> 2用量のtriptanおよび月1回のエルゴタミンを含む他の原発性頭痛、神経痛、神経学的、全身的または精神医学的障害または投薬過剰使用の参加者は除外した。 主要なエンドポイントは頭痛の頻度であり、副次的なエンドポイントは頭痛の持続時間および強度であった。 表3に示す結果は、頭蓋周囲の筋肉の圧痛の影響を受けなかった。

オランダの研究では、2武装の前向き多施設RCTで盲検結果測定法[24]が実施されました。 参加者は、ICHD-I [15]に従って、医師によってCTTHと診断された。 最後の6月間に複数の頭痛のタイプまたは理学療法を受けた参加者は除外した。 一次エンドポイントは頭痛の頻度であり、持続時間および強度は二次エンドポイントであった。

2ndオランダの研究では、自己報告された一次エンドポイントおよび二次エンドポイント、すなわち頭痛の頻度、持続時間および強度[2]を有する25武装の将来的実用的多施設RCTを実施した。 参加者は、ICHD-II [16]の基準に従って医師によって診断された。 慢性関節リウマチ、悪性腫瘍疑い、妊娠、オランダ語以外の話し、最後の2月間に理学療法を受けた人々、トリプタン、エルゴタミンまたはオピオイドの使用者は除外した。

議論

原発性慢性頭痛のためのRCTにおける手作業療法の有効性を評価する現在の体系的レビューは、CTTHを治療するRCTのみを同定した。 したがって、CMおよび慢性クラスター頭痛の有効性はこのレビューでは評価できなかった。

方法論的考察 頭痛のための手動療法を評価する研究の方法論的品質は、低すぎると批判されることが多い。 時には正しいことがありますが、方法論的デザインは、薬理学的RCTでのゴールドスタンダードと見なされるものに手動療法研究が及ばないようにしばしば行います。 例えば、プラセボ治療を確立することは困難であるが、治験責任医師は、適用された介入のために盲検化することはできない。 含まれている試験の平均スコアは5.8(SD 2.6)ポイントであり、4つの試験は良質であると考えられた。 すべてのRCTは、最小のグループに≥50のサンプルサイズを含めることができなかった。 2型のエラーを制限するには、事前に計算した十分なサンプルサイズが重要です。 3つの研究では、エフェクトサイズの計算を混乱させる第1および第2のエンドポイント、および複数の指標[2-20]から推定されるタイプ22エラーのリスクは示されていませんでした。 手動療法RCTを実施することは、時間と費用の両方を要するが、現時点で対照群として使用することができる単一の有効な標準化された擬似治療が存在しないので、しばしば盲検が困難である。 したがって、含まれているすべての研究は、実用的であったか、または対照群として治療を使用しなかった。

後ろ向き研究[21]の参加者とは別に、すべての参加者は医師または神経科医によって診断された。 診断インタビューはゴールデンスタンダードですが、アンケートやレイインタビューは頭痛障害[26]に関する診断ツールとしてはあまり正確ではありません。

共同介入は、2つの研究[22,20]においてのみ避けられた。 2つの研究では、奇妙な結果値から保護し、ベースラインの比較可能性[24,25,27]を維持するために推奨される意図に対する治療の分析が行われました。

成果 マッサージ療法の研究には11参加者のみが含まれていましたが、マッサージグループは、離調した超音波グループ[20]よりも頭痛の強度が大幅に低下しました。

3つの理学療法RCTの参加者の54%、82%、85%は、治療後の頭痛頻度が50%減少した[23-25]、その効果は6月後の2つの研究で維持されたアップ[24,25]。 これは、三環系抗うつ薬[40]を用いた同様の効果を有する参加者の70-28,29%に匹敵する。 三環系の効果も、時間の経過とともに、すなわち6月以上の治療後に改善するようである[29]。 しかしながら、三環系抗うつ薬は、物理療法とは対照的に一連の副作用を有するが、手動療法はより多くの相談を必要とする。 2件の研究で、頭痛頻度×強度[21,22]と定義される頭痛指標が評価された。 両研究とも治療後および1月および6月間の追跡調査において有意な改善を示した。

研究のうちの4つは頭痛の10.1平均年を報告したので、観察された効果は、自発的な改善または平均[21-23,25]への退行ではなく、治療効果によるものと思われる。

急性頭痛薬は原発性頭痛のために頻繁に使用され、頭痛の頻度が増すと、頭痛の治療過度のリスクが高まります。 したがって、原発性慢性頭痛[3]の管理において、予防薬の使用の増加が示唆されている。 手動療法は、薬理学的副作用なしに予防薬[28,29]の効果に等しい有益な効果を有するようであるため、手動療法は薬理管理戦略と同等のレベルで考慮されるべきである。

効果サイズは、6つのRCTのうち3つで計算することができます。 頭痛指数(頻度×強度)は0.62(表0.37)までであったが、頭痛頻度の効果サイズは3までであったが、持続時間と強度に関しては少なかった。 12 / 14の日数が頭痛の頻度の3%減少に等しい14 / 25日を意味するように減少したことを考慮すると、特に、個人の実質的な大きさが小さいことがあります。 CTUSは治療が困難であることを考慮すると、一部の研究者はプラセボ[75]と比較して一次有効性パラメーターの≧50%改善で動作する。

制限事項 本研究では可能性のあるバイアスがあるかもしれない。 著者らは未発表のRCTを特定しようとしなかったため、それらの1つは出版バイアスである。 私たちは包括的な検索を行っていましたが、1つまたはいくつかのRCT、特に英語以外のRCTが欠落する可能性があることを認識しています。

結論

手動療法は、三環系抗うつ薬による予防薬に等しいCTTHの管理において有効性を有する。 現時点では、 慢性片頭痛または慢性クラスター頭痛。 将来の手動療法原発性慢性頭痛のRCTは、国際頭痛学会の勧告に従うべきである。すなわち、一次エンドポイントは頭痛頻度であり、二次エンドポイントは持続時間および強度である。 そのような研究は今日存在しないので、薬物乱用の有無にかかわらず、CMに関する将来の手動療法研究も正当である。

競合する利益

著者らは競合する利益がないと宣言している。

著者の貢献

ACは最初の草案を作成し、含まれている研究の方法論的評価を実施した。 MBRはこの研究の元々の考え方を持ち、全体的なデザインを計画し、起草された原稿を改訂しました。 両方の著者は最終的な原稿を読み、承認した。

著者情報

Aleksander ChaibiはBPT、MChiro、PhDの学生で、MichaelBjørnRussellはMD、PhD、DrMedSciの教授です。

謝辞

ノルウェーのAkershus大学病院は親切に研究施設を提供しました。

資金調達: 研究は、Extrastiftelsen、ノルウェーのノルウェーカイロプラクティック協会、オスロ大学からの資金提供を受けました。

Dr Jimenez White Coat

アレックス・ヒメネスの洞察

子宮頸椎椎間板ヘルニアは、首や頸椎の椎間板が破裂し、柔らかくゲル状の中心が脊柱管に漏出し、神経根に圧力を加えたときに生じる一般的な状態である。 子宮頸部椎間板ヘルニアは、首、肩、胸、腕および手の痛み、しびれおよび衰弱の症状を引き起こし、下肢に沿って徴候を発することがある。 片頭痛はまた、首のヘルニア化した椎間板に関連する症状でもあり得る。 私たちが年をとるにつれて、椎間板は自然に変性し始め、損傷やけがをより受けやすくなります。 子宮頸部椎間板ヘルニアの一般的な原因には、磨耗および裂傷、反復運動、不適切な持ち上げ、損傷、肥満および遺伝が含まれる。

統合補完代替医療で治療された患者における子宮頸椎椎間板ヘルニアの長期フォローアップ:前向きケースシリーズ観察研究

抽象

背景

頸部痛を伴う頸部椎間板ヘルニア(IDH)は、疼痛を伴う頚部痛であり、その罹患率は上昇し続けており、補完代替医療(CAM)を使用した統合入院治療が頻繁に行われている。 しかし、その長期的影響に関する研究は乏しい。

メソッド

前向き観察研究では、1月165と9月2011の間に入院した全2014患者が、従来のCAMと韓国医学の統合治療を提供する病院に入院しました。 患者は、入院期間およびKMDが参照する医師(MD)による追加の従来の治療法に従って、韓国医師(KMD)によってCAM治療を受けた。 退院時に短期アウトカムを評価し、退院後の電話インタビューを通じて長期フォローアップを実施した。 頚部および放射性疼痛の尺度(NRS)、頸部障害指数(NDI)、5ポイント患者のグローバルな印象変化(PGIC)、およびPGICの長期満足度に影響を及ぼす要因を評価した。

成果

入院治療165±20.8日を受けた11.2患者のうち、117は入院後625.36±196.7日に長期フォローアップを完了した。 117(2.71%CI、95、2.33)、3.09(2.33%CI、95、1.9)は、頸部痛に対するXRSの差であり、 2.77(14.6%CI、95、11.89)、17.32(48)、2.83(95%CI、2.22、3.45)、2.48 %CI、95、1.84)であり、NDIは3.12(14.86%CI、95、10.41)であった。 長期間の差ベースラインからの頸部痛および腕痛のNRSは、それぞれ19.3(3.15%CI、95、2.67)および3.64(2.64%CI、95、1.99)であった。 PGICは、長期間にわたる追跡調査の患者の3.29%において「満足」またはそれ以上であると報告された。

結論

この研究の観察的性質はより決定的な結論を導くことを制限するが、これらの結果は、子宮頸部IDH入院患者のCAMに焦点を当てた統合治療が疼痛および機能改善において好ましい結果を達成し得ることを示唆する。

トライアル登録

ClinicalTrials.gov識別子:NCT02257723。 10月2、2014を登録しました。

キーワード: 子宮頸椎椎間板ヘルニア、補完代替医療、統合治療、入院治療

背景

頸部の痛みは、ポイント罹患率が10-18%で推定され、生涯有病率が30-50%に達する一般的な準拠です。 40以上の人口における頸部痛の有病率は、およそ20%[1、2]です。 頸部の痛みは、首の動きが制限された[3]、頻繁に頭痛、めまい、視覚障害、耳鳴り、自律神経系の機能不全[4、5]が伴う。 頻繁な合併症には、上肢の痛みおよび神経障害[6]があり、頸部の痛みの症状も多くの場合、不快感[7]による仕事の損失につながる。 頸部に関連する障害は、一般に頸部領域に限定される疼痛(8、9)よりも放射性疼痛を有する患者においてより深刻であり、頚椎椎間板ヘルニア(IDH)の主な特徴は、椎間板ヘルニアおよび/または圧縮された神経根[10、11]である。

子宮頸部IDHの利用可能な治療の範囲は広範であり、様々な手術様式に対する保存的治療にまたがっている。 保守的治療には、NSAIDs、経口ステロイド、ステロイド注射、患者教育、休息、トーマス襟、および理学療法[12-14]が含まれる。 保存的治療が失敗した場合には、外科的処置を考慮してもよい。 脊髄圧迫による神経障害は手術の絶対的な指標です。 他の適応症には、神経根圧迫兆候および関連する運動および感覚喪失が含まれる。 相対的適応症には、長期にわたる慢性疼痛[15]による生活の質の低下が含まれる場合がある。 外科的治療は重度の神経学的症状を訴える患者にとって有益かもしれないが、長期的な影響は重要ではないという背骨状態の神経因性疼痛に関するほとんどの研究[16-20]。 子宮頸部IDH患者における保存的治療の効果に関する研究が時々報告されているが、それが有効かどうかは議論の余地があり、補完代替医療(CAM)治療の効果に関する研究は不十分である。

2013の国民健康保険統計年鑑[21]の疾患データの頻度別の便益によると、5585患者は、99,582日間の国民健康保険が適用された外来患者の100,205日の子宮頸椎椎間板疾患の治療を受けた5,370,217韓国ウォンに払い戻しの対象となる治療費が上乗せされ、4,004,731韓国ウォンは払い戻された。 子宮頸部椎間板疾患は、韓国の医学病院入院の12番目の理由であり、子宮頸部IDHの入院治療を受けることは珍しくないことを示しています。

このような鍼治療、薬力学、漢方薬、および手動療法などのCAM治療は、侵襲性の低い非手術的治療法の確保を目指して韓国でよく求められています。 韓国のJaseng病院は、厚生労働省が脊髄疾患の専門医として認定した韓国の病院で、900,000脊髄疾患の外来患者を年間治療している。 この病院は、在来の医師と韓国医師が協力して最善の治療結果を得るための、従来の医学と韓国医学を利用した統合システムで患者を管理する。 従来の医師は、X線やMRIなどのイメージング技術を使用した診断や、より集中治療が必要な患者のほんの一部を世話することによる治療に参加しています。 KMDは、すべての患者の主な治療を監督および管理し、患者が従来の医師から追加の診断および治療を必要とするかどうかを決定する。 頚部痛または外来治療を受けることができない放射性疼痛を患っている子宮頸部IDH患者は、入院中に集中した非外科的統合治療を受ける。

多くの治療法を含む子宮頸部IDHの入院治療の普及にもかかわらず、子宮頸部IDH入院患者の治療効果に関する研究は稀である。 CAMに焦点を当てた総合的な入院治療アプローチは、患者にとって広く利用できない可能性があり、この研究の目的は、実践的な研究デザインを用いて子宮頸部IDHを有する入院患者におけるこの統合治療モデルの実現可能性および長期効果を紹介し評価することである。

メソッド

研究デザイン

この研究は前向きの観察研究である。 我々は、頚部痛または頸部IDHと診断された腕の痛みを主訴とし、1月の2011から韓国のJaseng病院の9月2014にCAMを主なモダリティとして統合した在韓漢方サービスを提供する患者を観察した。 著者らは、3月の2015の電話インタビューで長期追跡調査を行った。 アウトカム指標は、数値評価スケール(NRS)、首の障害指数(NDI)、患者のグローバルな印象変化(PGIC)、退院後の手術、および現在の治療の5の部分をカバーした。

本研究は、筋骨格障害患者(ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02257723)の統合治療に関する将来のデータを収集する登録簿の一部に関する報告である。 この治験プロトコールは、朝鮮医学部のJaseng Hospitalの治験審査委員会によって承認された。 すべての参加者は、参加する前に書面によるインフォームドコンセントを行った。

一般

以下の基準を満たす患者が含まれていた。

  1. 頸部痛または腕の痛みの治療のための入院
  2. MRIで確認された子宮頸部IDH
  3. 主訴の主な原因(首の痛みまたは痛みを放射する)が子宮頸部IDHであることをKMDが診断

以下の基準を満たす患者は除外した。

  1. 頸部痛または放射性疼痛以外の主な愁訴
  2. 付随する筋骨格愁訴(例えば、腰痛、膝痛)
  3. 子宮頸部IDHとは無関係の頸部痛の原因(例えば、脊髄腫瘍、妊娠、関節リウマチ)
  4. 勉強のための個人情報の収集と開示に対する研究または非協議への参加の拒否

KMDは、神経学的検査結果(感覚喪失、運動衰弱、および腱反射)および放射線専門家によるMRI測定値を参照して、現在の首の痛みまたは腕の痛みの症状の原因を評価した。 入院基準案に合致した患者は入院初日に入院病棟でKMDの評価のため訪問され、退院時に同様の面接調査が行われた。 試験期間中に患者が複数回入院した場合、最初の入院記録のみが評価され、含まれていた。

介入

治療プロトコールは、頸部IDH患者のための最も頻繁な治療で構成されていたが、治療プロトコールに含まれていないすべての治療方法がすべての医師および患者に許可され、利用可能であり、これらの治療(タイプおよび頻度)実用的に記録する。 鎮痛薬や硬膜外注射(リドカイン、ステロイド、癒着防止アジュバントなどの局所麻酔薬を使用)などの従来の治療法は、KMDリフェラルを通じて従来のリハビリテーション専門家によって実施されました。 入院時に非手術治療のみが許可された。

相補的かつ代替的な薬物治療プロトコル

(3 g)および水ベースの煎じ薬形態(2 ml)(オステリコム・コリアナム、トウガラシ、オオムギ、セイシリフロールス、アキヤレンザ・ビデタータ、ソラレア・コリフォリア、サポシニコビア・ディバイカリカ、シボチウム・バロメッツ、ライキウム・チネンス、ボシニャキアロッシカ(rossica)、クスチャチョウセンニンジン(Cuscuta chinensis)、グリシンマックス(Glycine max)、およびアトラクチデス(Atractylodes japonica) これらのハーブは、伝統的な中国医学と韓国医学[120]でIDH治療のために頻繁に処方されたハーブから注意深く選択され、処方箋は臨床実践[22]によってさらに開発されました。 本研究で使用した漢方薬の主成分(Acanthopanax sessiliflorus Seem、Achyranthes japonica Nakai、Saposhnikovia divaricata Schischk、Cibotium barometz J. Smith、Glycine max Merrill、Eucommia ulmoides Oliver)は、インビボおよびインビトロでGCSB-変形性関節症の治療でセレコキシブ[23]と比較して、抗炎症性[5]、神経[24]および関節保護効果[25]の26、安全性および有効性の非劣性を臨床的に示しています。

頚部のAh-shi点および頸部痛に関連する鍼治療点で、鍼治療を1-2セッション/日投与した。 アシシポイント鍼灸とは、痛みや病的部位の針刺しニッティングを指します。 アシシートのポイントは、柔らかいポイントや肩掛けのポイントには必ずしも一致しませんが、一般に触診で緩和や痛みを引き起こすポイントに対応します[28]。

(Ostericum koreanum、Eucommiaulmoides、Acanthopanax sessiliflorus、Achyranthes bidentata、Psoralea corylifolia、Saposhnikovia divaricata、Cibotium barometz、Lycium chinense、Boschniakia rossica、Cuscuta chinensis、Glycine maxおよびAtractylodesに類似した成分を用いて薬服用溶液を調製した。ジャポニカ)に浸漬し、凍結乾燥した後、調製した粉末を生理食塩水と混合し、酸性度とpHを調整することにより調製する。 子宮頸部癒着(Huatuo Jiaji、EX B1)で2セッションを1日1回投与し、Ah-shiは使い捨て注射針(CPL、1 cc、1G x 26注射器、Shinchang medical co。Korea)を使用して1.5 ccを指す。

蜂毒に対する皮膚反応試験が陰性であった場合、蜂毒薬局方を適用した。 1000-1子宮頸部ヒョプチョク(Huatuo Jiaji、EX B4)で希釈したハチ毒溶液(5:2比の生理食塩水と混合)を注射し、医師の判断でAh-Shiが指摘する。 各点に、使い捨て注射針(CPL、0.2 cc、0.5G x 1注射器、Shinchang medical co。Korea)を使用して、約1-cnの全26-1.5 ccまで注入した。

従来の操作技術と高速・低振幅推力を受動的な運動範囲をわずかに越える関節と受動的な範囲内の手動力とを組み合わせた韓国の操作方法である脊髄操作[29、30]は、3- 5セッション/週。

結果の尺度

事前のトレーニングと教育を受けたKMDは、すべての結果を評価しました。 現在の疼痛レベルおよび神経学的検査に関する短い調査を用いて、入院初日に人口統計学および健康行動特性(性別、年齢、職業、喫煙、アルコール消費および基礎疾患)を収集した。 フォローアップは、入院後または退院時および退院後2週に行われた。

NRS [31]は11点スケールを使用して、現在の首の痛みを評価し、疼痛が「0」によって示されない場合には痛みを放射し、「10」によって想像できる最悪の痛みを評価する。 入院、退院、長期フォローアップ時にNRSを評価した。 頸部痛の最小限の臨床的に重要な差異(MCID)またはNRSの輻射痛についての参照がないため、NRSのさらなる評価に視覚アナログスケール(VAS)のMCIDを使用した。

NDI [32]は、10から0への日常的な活動の障害の程度を評価する5項目調査です。 合計は50で除算され、100で乗算されます。 入院と退院時にNDIを評価した。

PGIC [33]は、入院後の現状の患者満足度を評価するために用いられた。 満足感は、5点スケールで非常に満足し、満足しており、やや満足していて、不満足で、退院時および長期経過観察時に非常に不満足であった。

参加者は、入院時に身体的および神経学的検査を受け、客観的な運動および頸部の官能評価のために退院した。 頸部の屈曲および伸展、伸延、圧迫、バルサルバ、スパーリング、アドソンズ、および嚥下テストの運動範囲(ROM)、ならびに上肢運動強度および感覚テストおよび深部腱反射テストを実施した。

安全性評価

皮膚および局所反応から全身反応に至るまで、および疼痛パターンの変化または悪化を含む治療に関する潜在的な有害事象は全て入院時に注意深く観察、記録および報告された。 ハチ毒療法に関連する有害事象は、皮膚反応から重度の免疫学的反応に及ぶことが知られているため、追加の治療を必要とする全身免疫反応(例えば、抗ヒスタミン剤)を含む有害反応を注意深く監視した。 。 入院時にすべての患者において血液細胞数、肝臓および腎臓機能検査および炎症活性検査を実施し、KMDおよび従来の医師が評価したフォローアップが必要な異常所見があれば、関連マーカーを再確認した。 総46患者は、KMDおよび従来の医師の入院時にフォローアップが必要と判断され、入院時に9患者が肝機能に異常な所見を示した入院中に追跡された。 肝機能はこれらの9人の患者において追跡された。 (a)ALNまたはDBの2×増加または正常上限(ULN)または(b)の上限の定義を用いて、漢方または従来の薬剤摂取による薬物誘発肝障害の可能性を評価するために、そのうちの1つが2×ULNを上回っていれば、AST、ALP、TBの合計が増加する。

統計的方法

すべての分析は、統計パッケージSASバージョン9.3(SAS Institute、Cary、NC、USA)を用いて実施し、p <0.05は統計的に有意であるとみなされた。 連続データは、平均および標準偏差として、およびカテゴリデータは頻度およびパーセント(%)として提示される。 頸部痛のNRS、放射線痛のNRS、および入院(ベースライン)、退院および長期経過観察の間のNDIの平均差を95%信頼区間(CI)で有意性について分析した。 長期フォローアップ時の5ポイントリカートスケールで評価した満足度は、満足できる(非常に満足または満足)および不満足な(わずかに満足している、不満足な、そして非常に不満足な)バイナリ値に分類された。 オッズ比(OR)と95%CIを計算し、予測因子が満足度に及ぼす影響を推定するため、多変量ロジスティック回帰分析を行った。 単変量解析でp <0.10と一致するベースライン因子を年齢および性別の最終モデルに含め、因子を段階的方法(p <0.05)を用いて選択した。

成果

研究期間中、頚部障害を有する784患者が入院し、これらのうち234患者は、他の主要な筋骨格愁訴を伴わずに頸部IDHと診断された。 234頸部IDH患者のうち、175患者は、入院時および入院後または退院時(短期フォローアップ)の2週に、NRSおよびNDIに欠損値を有していなかった。 10人の患者が再入院し、初期入院が試験期間中であった場合に初期入院データを含めると、165患者はそのままであった。 長期追跡調査は117患者で実施された。 非長期的フォローアップ群(n = 48)において、23患者は電話に応答せず、10は長期フォローアップに参加することを拒否し、15は番号を変更して以来、または着信呼を禁止していた。 1)。 長期フォローアップ群および非長期フォローアップ群によるベースライン特性を表1に示す。 2群の間には顕著な違いはなかったが、長期追跡群の29患者は外科手術(24.8%)が推奨されたが、非長期間フォローアップ群(1%)の0.02患者のみがお勧めしました。

図1研究のフロー図
図1: 研究の流れ図

表1ベースライン人口統計的特徴
表1: ベースライン人口統計学的特徴。

入院期間の平均は20.8±11.2日であった。 大部分の参加者は、韓国薬とCAMに焦点を当てた入院治療を受けた。 薬草は、患者の81.8%によって86.1%の服薬形態で服薬プロトコールに従って採取され、他の患者は、KMDの裁量で他の漢方薬を処方された。 CAM治療プロトコールで特定されていない従来の治療法を使用する場合、18.2患者は鎮痛薬または筋肉内注射を平均2.7±2.3回、4.8%患者は入院時に1.6±0.5硬膜外注射を投与した(表2)。 我々は研究目的で薬理学的治療に制限を設けておらず、従来の医師が医師が患者にとって必要と考えるように従来の医学を評価し処方することを完全に自由にすることができた。 NSAIDs、抗うつ薬、筋弛緩薬が主な医薬品であり、短期間にオピオイドを2患者に投与した。

表2入院期間および入院中の介入
表2: 入院期間と滞在中の介入。

頸部疼痛のNRS、輻射痛のNRS、およびNDIはすべて、退院時およびベースライン(入院)と比較して長期間の追跡で有意に減少した(表3)。 頸部の痛みおよび腕痛の主要部位は、MCID(NNRSの減少または頸部痛または痛みの痛み)よりも大きく減少し、2.5 [7.5、34]のMCIDスコアよりもNDIスコアも改善した。 35(117%CI、2.71、95)は頸部痛であり、2.33(3.09%CI、2.33、95)は腕の痛みであり、長期経過観察群(n = NDI、1.9(2.77%CI、14.6、95)。 ベースラインからの頸部痛および腕痛の長期経過観察におけるNRSの差は、それぞれ11.89(17.32%CI、3.15、95)および2.67(3.64%CI、2.64、95)であった。 (n = 1.99)は、頸部痛に対する3.29(48%CI、2.83、95)、腕の痛みに対する2.22(3.45%CI、2.48、95)であった。 NDIのそれは1.84(3.12%CI、14.86、95)でした。 長期フォローアップおよび非長期フォローアップ患者における入院と退院の間の群間の差は有意ではなかった(頸部痛のNRS:p値= 10.41;放射腕の痛み:値= 19.3;ネック障害指数:p値= 0.741)。

数値格付け尺度、輻射腕疼痛およびネック障害指数スコアの表3比較
表3: 長期フォローアップ群および非長期フォローアップ群における頸部および放射性疼痛および首障害指数の数値評価尺度の比較。

入院から長期フォローアップまでの平均期間は625.36±196.7日であった。 全ての165患者は退院時にPGICに回答し、これらの患者の84.2%は彼らの状態が「満足」以上であると回答した。 総117患者は長期追跡調査でPGICに回答し、79.5%は現在の状態を「満足」以上に評価した。 PGNは48患者(41.0%)、45(38.5%)、18(15.4%)で不十分、6(5.1%)で不満足で満足できると報告されている。 9人の患者は手術(7.6%)を受けていたが、21患者は現在治療を受けていると答えた。 現在治療中の患者のうち、10患者(8.5%)はCAMを受け続け、12患者(10.3%)は従来の治療法を選択し、1患者は両方を受けていた(表4)。

表4入学日から長期にわたるフォローアップと患者グローバル変化の印象
表4: 入院日から長期フォローアップまでの期間、長期的なフォローアップ群における患者の変化の世界的な印象、常時手術および現在の治療状況。

性別、年齢および片側放射痛は、ベースライン特性の単変量解析においてp <0.10を満足した。 多変量解析で高齢化すると満足度が上昇した。 片側放射腕痛の患者は、痛みを訴えることなく治療した方がより満足度が高い傾向があった。 また、CAM治療を受けている患者は、治療を受けていない患者よりも高い満足率を示した(表5)。

予測ベースライン係数の表5評価
表5: 満足感率に関連する予測ベースライン要因の評価。

肝機能は入院時の全患者において測定され、入院時の肝酵素異常を有する9人の患者は、退院時にフォローアップ血液検査を受けた。 6は肝臓の酵素異常を維持し、2患者は肝臓の損傷を受けており、さらに評価するとHbs抗原陽性およびHbs抗体陰性を示す活動性肝炎と診断された。 蜂毒の薬力学への全身免疫学的反応が追加治療を必要とする例はなく、他の有害事象は報告されていない。

議論

これらの結果は、主にCAMに焦点を当てた入院治療が、頚部痛または橈骨痛を伴う子宮頸部IDH患者における長期的な疼痛緩和および機能改善の効果を維持することを示している。 退院時および長期経過観察時のNRSおよびNDIスコアはすべて有意に低下した。 また、統計的有意性および臨床的意義が異なる可能性があるので、我々はMCIDを調べ、NRSおよびNDIスコアの両方がMCIDを上回って改善したことを確認した。 MCIDは、頸部の痛みおよび腕の痛みを放射するためのVASの2.5、およびNDIスコア[7.5、34]の35で報告されている。 疼痛および機能尺度の平均改善はすべてMCIDを超えており、これらの結果は患者満足度に反映される可能性が高い。 165患者のうち、128患者(84.2%)は、退院時に現在の状態を「満足」またはそれ以上と評価した。 長期フォローアップでは、9患者の7.6(117%)が頚部手術を受けたことが確認され、ほとんどの患者はNRSおよびNDIの減少が続いていました。 さらに、96患者(82.1%)は現在、頸部痛の症状の治療を受けておらず、93患者(79.5%)は、その状態が「満足」以上であると回答した。 長期フォローアップ群と非長期フォローアップ群の群間の差異を先験的に比較していないため、このデータは事後データ分析と見なすことができる。 長期フォローアップおよび非長期フォローアップ患者における入院と退院の間の群間の差は有意ではなく、より臨床的手段であると考えられるMCIDにおいて、2群は同等の結果を生じた。

入院期間中にすべての患者が集中的に韓国医学治療を受けたにもかかわらず、治療に関連する有害事象は報告されず、CAMを中心とした統合医療の安全性が実証された。 著者らは以前、韓国の医学病院に入院した6894入院患者の肝機能検査結果における漢方薬の安全性と漢方医学と慣習薬の併用摂取を評価するための回顧的研究を行い、 頸椎椎間板ヘルニア 本研究に含まれる患者も[36]と記載されている。

この研究の大きな強みは、それが臨床実践を描写することであり、その結果は、CAMに焦点を当てた在来医学および韓国医学の統合治療設定において韓国で実際に行われている治療法を反映している。 プロトコル治療は標準化されており、パイロット研究で有効性が確認され、臨床診療で頻繁に使用される介入で構成されていたが、KMDが必要とする患者の特徴や症状に応じて個々の調整が可能であり、偏差が記録された。 退院時に査定された満足度は、治療効果に対する患者の態度だけでなく、様々な治療の包含に伴う医療費の増加も反映する。 この研究の参加者は広告を通じて募集された患者ではなく、研究参加に経済的補償を受けていない個人の選択から韓病院を訪れた患者を考えると、ほとんどの患者の満足度が高いという事実は特に注目に値する。 この研究の結果は、子宮頸部IDHと診断された患者における個々の治療より優れた複合治療の有効性に関する証拠ベースに貢献し、複合治療コストの増加を考慮した臨床実施の可能性を検証する。

我々の研究の最大限の制限は、おそらく制御を欠いている前向きの観察研究の本質的な質であろう。 提案されたCAM統合治療が能動的な制御(例えば手術、従来の非外科的介入)または疾患の自然経過よりも優れているかどうかに関する結論を導き出すことはできない。 別の制限は、患者群および治療組成物の異質性である。 参加者は、症状が異なる頸動脈IDH患者、重症度および慢性の進行が一般的に異なることが知られており、介入には、硬膜外注射または鎮痛薬などの従来の治療が含まれることもあった。 したがって、これらの結果を、従来のCAM統合治療だけではなく、従来の韓薬統合治療システムの効果と解釈することは、より正確であろう。 74%(n = 175)のコンプライアンス率は入院後2週、または234入院患者からの退院率は低く、特に短いフォローアップ期間を考慮すると低い。 このコンプライアンスは、研究参加への患者の態度と関連している可能性がある。 参加者が試練参加の直接補償を受けていないため、参加を継続するインセンティブが不足している可能性があり、フォローアップ評価を拒否した患者が入院治療に不満を抱く可能性が考慮されるべきである。 117ベースライン参加者のうち70患者(165%)の電話インタビューにより、時間の経過のために部分的に行われ、長期情報の量と質が制限され、失われた患者のさらなる損失に導かれた接触。

もう一つの限界は、より包括的な医療評価を行うことができなかったことです。 例えば、参加者は、KMDによるMRI読み取りおよび神経学的症状に基づく主な病理であると椎間板ヘルニアとして診断されたが、病理学的椎間板レベルおよびヘルニアの重症度などの追加画像情報は収集されなかった。 また、その後の再発に関するデータ、全エピソードの期間および一部が完全に治癒したかどうかは、長期フォローアップ評価には含まれず、多次元評価が制限されていました。 さらに、これらの子宮頸部IDH患者は、重度の頸部および腕の痛みおよびその結果としての機能障害のために入院する必要があったが、これが多くの人の首の痛みの最初の攻撃であったという事実が、より好ましい結果をもたらす原因となり得る。

しかしながら、長期フォローアップコンプライアンスの影響は利用可能性に限定されず、潜在的に長期的な治療有効性に関連する可能性がある。 長期追跡調査および非長期追跡調査の患者の特徴の差異が、退院時に評価された短期アウトカムおよび追加の従来治療のタイプおよび量に反映され得るため、本研究ではこれらの可能性を考慮しなかったさらなる分析による影響は、この研究のさらなる限界である。

論争は依然として頸椎IDHの治療法の有効性を取り巻いている。 硬膜外ステロイド注射は米国で用いられている保守的治療法の中で最も一般的なものである[37]。様々な系統的レビューにより、影響は非常に可変で決定的ではないことが示されている[38-44]。 硬膜外注射には、2つのアプローチが広く使用されている:層間および経腔的アプローチ。 transforaminalアプローチは安全性リスク[45-50]に対して批判されており、transforaminalアプローチよりも安全であるが、潜在的リスク[51-56]も潜在的リスクと考えている。 神経因性疼痛に対する従来の医学の有効性に関する報告は、相反する結果[57-61]を示し、理学療法に関する研究結果も矛盾している[62-64]。

Gebremariam et al。 [65]は、最近のレビューで、様々な子宮頸部IDH治療の有効性を評価し、保存的治療対手術に関する単一の公開された研究は、手術が群間分析を欠く保守的治療より良好な結果をもたらすことを示したが、 1つの治療がより優れている。 最初の保守的治療と管理の推奨にもかかわらず、一部の患者は、神経障害における放射性疼痛を和らげ、骨髄疾患における神経学的損傷の進行を予防することを主眼に、子宮頸部IDH手術を選択する可能性がある[66]。 子宮頸部IDHの恩恵と害を計るための従来の保存的および外科的治療法の根拠はいくぶん不十分であるが、CAMについての相関研究がはっきりしていないのに対し、その領域は広範に研究されている。

Manchikanti et al。 [67]リドカインとリドカインとリドカインとリドカインとステロイドの併用による硬膜外注射とリドカイン群のNRSがベースライン時の2±7.9と1.0±3.8の1.6年のフォローアップ研究で示されたリドカインおよびステロイド群のNRSはベースライン時の2±7.9であり、0.9年後のフォローアップ時の3.8±1.7であった。 リドカイン群のNDIはベースライン時の2±29.6であり、5.3年後のフォローアップ時の13.7±5.7であり、リドカインおよびステロイド群のNDIはベースライン時の2±29.2であり、6.1年後のフォローアップ時の14.3±6.9であった。 我々の研究と比較すると、Manchikantiらの研究ではNRSの改善はやや大きかったが、NDIの改善は似ている。 この前回の研究ではベースラインのNRSは2で高く、NRS評価では頸部の痛みと痛みを区別しなかった。

PDD群(n = 1)において65.73が減少し、VASスコアが16.7を減少させた一方で、VASスコアは61を減少させたことを示す、保存的治療および血漿ディスク減圧(PDD)を比較する36.45年追跡調査結果NDIは保存的治療群(n = 12.40)で57を減少させた[68]。 しかし、被験者は子宮頸部IDHに限定され、痛みの結果の尺度は直接比較を妨げるVASであり、経過観察期間は我々の研究よりも短かった。

韓病院で使用されている統合治療のモデルは、西側諸国で使用されているCAM治療モデルと大きく異なる可能性があります。 CAM療法は西洋で広く普及しているが、CAMは通常、「代替療法」ではなく「補完的」療法に限定されており、鍼治療や自然療法などの教育を受けて従来の治療法の補助として一般的に行われている。 またはCAM専門家への紹介を通じて、個々の練習権を持たない人もいる。 一方、韓国は、KMDが従来の開業医と同等の実践的権利を保有し、家族慣習に基づく医療システムを採用せず、従来の治療法や韓国医学治療の一次治療の選択を自由にする二重医療システムを採用する。 この研究の参加者は、韓国子宮頸部IDHの韓病院に入院して入院した患者であり、この韓国病院で実施されている統合治療モデルはCAMを補完的に使用していない。 したがって、ほとんどの患者において鍼治療、漢方薬、朱中操作、および蜂毒薬服用などのCAM治療からなる治療および従来の治療は、選択された少数の患者の紹介によって従来の医師によって実施された。 患者の総18.2%は2.7日の平均入院期間(20.8回/日として計算)に相当する1日の鎮痛薬処方2回を受け、硬膜外注射は2%にのみ投与され、これらの患者が入院を必要とすることを考慮すると、それは低い。 ほとんどの子宮頸部IDH患者の保守的治療における入院の主な目的は痛みの緩和であると推測される。 この研究で多くの入院患者が重大な疼痛および機能回復を示したという事実は、手術よりも保守的な治療のために韓病院を選択することを検討している患者にとって重要である。 また、患者は長期追跡調査で改善された状態を維持したことが確認され、4.8のみが長期的に評価された9患者の外科手術を受けた。

患者はPGICの長期追跡調査で評価された満足感率で2群に分けられ、満足度および不満の予測因子を評価するためにベースライン特性について多変数ロジスティック回帰分析が実施された。 高齢者は満足度が高いと関連し、片側性放射痛は放射性疼痛よりも高い満足率と関連していることが示された。 さらに、CAM治療を受けている患者は、治療を受けていない患者と比較して、より高い満足率に関連していた。 これは、より高齢の患者がより高いレベルの疼痛を有し、退行のより進んだ段階にあり、より良好で満足できる治療結果をもたらすという事実によって部分的に説明され得る。 同様に、片側性放射性疼痛を有する患者は、放射性疼痛を伴わないものよりも重症である可能性が高い神経学的症状を患う。 さらに、CAM治療を受け続けている患者は、CAMに対してより好感度が高く、結果として満足度が高くなる可能性がある。

注射治療または外科的処置については、多くの有望な長期間の研究が行われているが、CAM治療および入院治療に関するものはほとんどない。 この研究の結果は、注射治療の将来の長期的な結果と同等である。 主な頸部IDHの愁訴を有する患者の入院治療については、一般的な医療制度の違いと関連する可能性のある研究はほとんど行われていない。

結論

結論として、この研究の観察の性質は、コントロールがないより決定的な結論を導き出すことから私たちを制限するものの、実際の臨床設定に適用されるCAMを主体とする3週の統合入院治療は、満足のいく結果をもたらし、頸部痛または頸部IDHと診断された放射性疼痛患者の長期間。

謝辞

この作品はJaseng Medical Foundationの支援を受けました。

略語

  • HDI 椎間板ヘルニア
  • CAM 補完代替医療
  • KMD 韓国医師
  • NRS 数値評価スケール
  • NDI ネック障害指数
  • PGIC 患者のグローバルな変化の印象
  • MCID 臨床的に重要な差異の最小値
  • VAS 視覚的アナログスケール
  • ROM 関節可動域
  • ULN 正常上限
  • CI 信頼区間
  • OR オッズ比
  • PDD プラズマディスク減圧

脚注

競合する利益: 著者らは競合する利益がないと宣言している。

著者の貢献: SHB、JWO、JSS、JHLとIHHはこの研究を想起し、原稿を作成し、SHB、MRKとIHHは最終原稿を執筆した。 SHB、JWO、YJA、ARCがデータ収集に参加し、KBPが統計分析を行った。 YJL、M​​RK、YJA、IHHはデータの分析と解釈に貢献した。 SHB、JWO、JSS、JHL、YJL、M​​RK、YJA、ARC、KBP、BCS、MSLおよびIHHは研究デザインに貢献し、重要な改訂を行った。 すべての著者が最終的な原稿を読み、承認した。

寄稿者情報: Ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4744400/

結論として、片頭痛および頸椎椎間板ヘルニア治療(手動療法および統合補完代替医療など)は、症状の改善および管理に効果的である可能性がある。 National Center for Biotechnology Information(NCBI)から参照される情報。 上記の研究研究は、最終結果を結論づけるために様々な方法を利用した。 この発見は効果的な片頭痛および頸椎椎間板ヘルニア治療であることが示されたが、その真の有効性を決定するためにさらなる研究が必要である。 私たちの情報の範囲は、カイロプラクティックだけでなく、脊髄の怪我や状態に限られています。 主題について話し合うには、ジェメネス博士にお気軽にお問い合わせください。 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

1。 グランデRB、Aaseth K、Gulbrandsen P、Lundqvist C、Russell MB。 30〜44歳の人口ベースのサンプルにおける原発性慢性頭痛の有病率:Akershusの慢性頭痛研究。 神経疫学。 2008; 30(2):76-83。 doi:10.1159 / 000116244。 [PubMed] [クロスリファレンス]
2。 国際頭痛学会の頭痛分類委員会。 頭痛の国際分類、3rd版(ベータ版)頭痛。 2013; 33:629-808。 [PubMed]
3。 Kristoffersen ES、Grande RB、Aaseth K、Lundqvist C、Russell MB。 一般集団における原発性慢性頭痛の管理:慢性頭痛のAkershus研究。 J頭痛の痛み。 2012; 13(2):113-120。 doi:10.1007 / s10194-011-0391-8。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
4。 Aaseth K、Grande RB、Kvaerner KJ、Gulbrandsen P、Lundqvist C、Russell MB。 人口ベースの30-44歳のサンプルにおける二次的慢性頭痛の有病率:Akershusの慢性頭痛研究。 頭痛 2008; 28(7):705-713。 doi:10.1111 / j.1468-2982.2008.01577.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
5。 Bronfort G、Nilsson N、Haas M、Evans R、Goldsmith CH、Assendelft WJ、Bouter LM。 慢性/再発性頭痛のための非侵襲的な物理的治療。 Cochrane Database Syst Rev. 2004; 3:1-69。 [PubMed]
6。 Chaibi A、Tuchin PJ、Russell MB。 片頭痛のための手作業療法:系統的レビュー。 J頭痛の痛み。 2011; 12(2):127-133。 doi:10.1007 / s10194-011-0296-6。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
7。 Carnes D、Mars TS、Mullinger B、Froud R、Underwood M。有害事象および手動療法:系統的レビュー。 マン・サー。 2010; 15(4):355-363。 doi:10.1016 / j.math.2009.12.006。 [PubMed] [クロスリファレンス]
8。 Lenssinck ML、Damen L、Verhagen AP、Berger MY、Passchier J、Koes BW。 緊張型頭痛患者の理学療法と操作の有効性:系統的レビュー。 痛み。 2004; 112(3):381-388。 doi:10.1016 / j.pain.2004.09.026。 doi:10.1016 / j.pain.2004.09.026。 [PubMed] [クロスリファレンス]
9。 フェルナンデス・ド・ラス・ペナスC、アロンソ・ブランコC、Cuadrado ML、Miangolarra JC、Barriga FJ、Pareja JA。 緊張型頭痛からの痛みを軽減するには、手動療法が有効ですか?体系的なレビュー。 Clin J Pain。 2006; 22(3):278-285。 doi:10.1097 / 01.ajp.0000173017.64741.86。 doi:10.1097 / 01.ajp.0000173017.64741.86。 [PubMed] [クロスリファレンス]
10。 Chaibi A、Russell MB。 子宮頸部頭痛の手技療法:体系的なレビュー。 J頭痛の痛み。 2012; 13(5):351-359。 doi:10.1007 / s10194-012-0436-7。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
11。 Posadzki P、Ernst E.緊張型頭痛のための脊髄操作:無作為化比較試験の系統的レビュー。 The Medを補う 2012; 20(4):232-239。 doi:10.1016 / j.ctim.2011.12.001。 doi:10.1016 / j.ctim.2011.12.001。 [PubMed] [クロスリファレンス]
12。 フランスHP、Brennan A、White B、Cusack T.股関節または膝の骨関節炎のための手動療法 - 系統的レビュー。 マン・サー。 2011; 16(2):109-117。 doi:10.1016 / j.math.2010.10.011。 doi:10.1016 / j.math.2010.10.011。 [PubMed] [クロスリファレンス]
13。 Tfelt-Hansen P、Block G、Dahlof C、Diener HC、Ferrari MD、Goadsby PJ、Guidetti V、Jones B、Lipton RB、Massiou H、Meinert C、Sandrini G、Steiner T、Winter PB。 国際頭痛学会臨床試験小委員会。 片頭痛における薬物の試験的治験のガイドライン:第2版。 頭痛 2000; 20(9):765-786。 [PubMed]
14。 Silberstein S、Tfelt-Hansen P、Dodick DW、Limmroth V、Lipton RB、Pascual J、Wang SJ。 国際頭痛学会臨床試験小委員会のタスクフォース。 成人における慢性片頭痛の予防的治療のコントロール試験のガイドライン。 頭痛 2008; 28(5):484-495。 doi:10.1111 / j.1468-2982.2008.01555.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
15。 国際頭痛学会の頭痛分類委員会。 頭痛障害、頭蓋神経痛および顔面痛の分類および診断基準:国際頭痛学会の頭痛分類委員会。 頭痛 1988; 8(suppl 7):1-96。 [PubMed]
16。 国際社会の頭痛分類小委員会。 頭痛障害の国際分類:2nd版。 頭痛 2004; 24(Suppl 1):9-160。 [PubMed]
17。 Olesen J、Bousser MG、Diener HC、Dodick D、First M、Goadsby PJ、Gobel H、Lainez MJ、Lance JW、Lipton RB、Nappi G、Sakai F、Schoenen J、Silberstein SD、Steiner TJ。 国際的な頭痛の社会新しい虫垂の基準は、慢性的な片頭痛のより広い概念のために開きます。 頭痛 2006; 26(6):742-746。 [PubMed]
18。 Moseley AM、Herbert RD、Sherrington C、Maher CG。 理学療法練習の証拠:理学療法士証拠データベース(PEDro)Aust J Physiotherの調査。 2002; 48(1):43-49。 doi:10.1016 / S0004-9514(14)60281-6。 [PubMed] [クロスリファレンス]
19。 行動科学のためのCohen J.統計力解析。 2。 Routledge、USA; 1988。
20。 Toro-Velasco C、Arroyo-Morales M、Fernandez-de-las-Penas C、Cleland JA、Barrero-Hernandez FJ。 慢性緊張型頭痛患者の心拍変動、気分状態、および圧痛感受性に対する手作業による短期的影響:パイロット研究。 J操作性Physiol Ther。 2009; 32(7):527-535。 doi:10.1016 / j.jmpt.2009.08.011。 [PubMed] [クロスリファレンス]
21。 Jay GW、Brunson J、Branson SJ。 慢性の毎日の頭痛の治療における理学療法の有効性。 頭痛。 1989; 29(3):156-162。 doi:10.1111 / j.1526-4610.1989.hed2903156.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
22。 慢性緊張型頭痛における2つの異なる手動治療法の結果。 痛み止め 2002; 14(2):121-128。 doi:10.1163 / 156856902760196333。 [Cross Ref]
23。 Torelli P、Jensen R、Olesen J.テンション型頭痛のための理学療法:制御された研究。 頭痛 2004; 24(1):29-36。 doi:10.1111 / j.1468-2982.2004.00633.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
24。 緊張型頭痛のための頭蓋頸部訓練プログラムを含む理学療法の有効性; Ettekoven VH、Lucas C. ランダム化臨床試験。 頭痛 2006; 26(8):983-991。 doi:10.1111 / j.1468-2982.2006.01163.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
25。 慢性緊張型頭痛の手技療法の有効性:実用的で無作為化された臨床試験。 頭痛 2011; 31(2):133-143。 doi:10.1177 / 0333102410377362。 [PubMed] [クロスリファレンス]
26。 Rasmussen BK、Jensen R、Olesen J.アンケート対頭痛の診断における臨床的インタビュー。 頭痛。 1991; 31(5):290-295。 doi:10.1111 / j.1526-4610.1991.hed3105290.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
27。 Moher D、Hopewell S、Schulz KF、Montori V、Gotzsche PC、Devereaux PJ、Elbourne D、Egger M、Altman DG。 CONSORT 2010の説明と詳細:パラレルグループランダム化試験の報告に関するガイドラインの更新。 BMJ。 2010; 340:c869。 doi:10.1136 / bmj.c869。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
28。 セロトニン再取り込み阻害薬は、慢性緊張型頭痛の予防的治療に有効であるが、非選択的(アミトリプチリン)、選択的(シタロプラム)ではない。 J Neurol Neurosurg Psychiatry。 1996; 61(3):285-290。 doi:10.1136 / jnnp.61.3.285。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
29。 Jackson JL、Shimeall W、Sessums L、Dezee KJ、Becher D、Diemer M、Berbano E、O'Malley PG。 三環系抗うつ薬と頭痛:系統的レビューとメタアナリシス。 BMJ。 2010; 341:c5222。 doi:10.1136 / bmj.c5222。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
30。 テンションタイプの頭痛における薬物のコントロール試験のガイドライン:第2版、Bendtsen L、Bigal ME、Cerbo R、Diener HC、Holroyd K、Lampl C、Mitsikostas DD、Steiner TJ、Tfelt-Hansen 頭痛 2010; 30(1):1-16。 [PubMed]

1。 Bovim G、Schrader H、Sand T. Neckの一般的な人の痛み。 スパイン(Phila Pa 1976)1994; 19(12):1307-1309。 doi:10.1097 / 00007632-199406000-00001。 [PubMed] [クロスリファレンス]
2。 Brattberg G、Thorslund M、Wikman A.一般集団における疼痛の有病率。 スウェーデンの郡で郵便調査の結果。 痛み。 1989; 37(2):215-222。 doi:10.1016 / 0304-3959(89)90133-4。 [PubMed] [クロスリファレンス]
3。 男性の機械操作者の主観的な頸部障害と頚椎背部運動性および運動関連の痛みとの間の関係。Hagen、Harms-Ringdahl K、Enger NO、Hedenstad R、Morten H. スパイン(Phila Pa 1976)1997; 22(13):1501-1507。 doi:10.1097 / 00007632-199707010-00015。 [PubMed] [クロスリファレンス]
4。 Fricton JR、Kroening R、Haley D、Siegert R.頭頸部筋筋症候群:164患者の臨床的特徴の再検討。 口腔口腔口腔口腔口腔口腔口腔口腔口腔。 1985; 60(6):615-623。 doi:10.1016 / 0030-4220(85)90364-0。 [PubMed] [クロスリファレンス]
5。 Stovner LJ。 鞭打ち症候群の病理学的状態:方法論的アプローチに基づく批判的レビュー。 スパイン(Phila Pa 1976)1996; 21(23):2735-2746。 doi:10.1097 / 00007632-199612010-00006。 [PubMed] [クロスリファレンス]
6。 Frank AO、De Souza LH、Frank CA。 頸部の痛みおよび障害:リウマチクリニックで見られる頸部痛の人口統計的および臨床的特性の断面調査。 Int J Clin Pract。 2005; 59(2):173-182。 doi:10.1111 / j.1742-1241.2004.00237.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
7。 Andersson G.脊髄障害の疫学。 In:Frymoyer J、編集者 大人の背骨:原則と実践。 フィラデルフィア:Lippincott Raven; 1997。 pp。130-141。
8。 Rasmussen C、Leboeuf-Yde C、Hestbaek L、Manniche C.脊髄関連の脚または腕の疼痛を有する患者の賠償請求に関連する貧弱な転帰:第二次医療分野の患者の前向き研究。 Scand J Rheumatol。 2008; 37(6):462-468。 doi:10.1080 / 03009740802241709。 [PubMed] [クロスリファレンス]
9。 Daffner SD、Hilibrand AS、Hanscom BS、Brislin BT、Vaccaro AR、Albert TJ。 頸部および腕の痛みが全体の健康状態に与える影響。 スパイン(Phila Pa 1976)2003; 28(17):2030-2035。 doi:10.1097 / 01.BRS.0000083325.27357.39。 [PubMed] [クロスリファレンス]
10。 Abbed KM、Coumans JV。 子宮頸部神経根障害:病態生理、プレゼンテーション、および臨床評価。 脳神経外科。 2007; 60(1 Supp1 1):S28-34。 [PubMed]
11。 Lauerman W、Scherping S、Wiesel S.脊椎。 In:Wiesel S、Delahay J、編集者。 整形外科の要点。 3。 ニューヨーク:Springer; 2007。 pp。276-332。
12。 Carette S、Fehlings、MG。 臨床実践。 子宮頸部神経根症。 N Engl J Med。 2005; 353(4):392-399。 doi:10.1056 / NEJMcp043887。 [PubMed] [クロスリファレンス]
13。 Hurwitz EL、Carragee EJ、van der Velde G、Carroll LJ、Nordin M、Guzman J、et al。 頚部痛の治療:非侵襲的介入:骨および関節十年の結果2000-2010頸部痛およびその関連障害に関するタスクフォース。 スパイン(Phila Pa 1976)2008; 33(4 Suppl):S123-52。 doi:10.1097 / BRS.0b013e3181644b1d。 [PubMed] [クロスリファレンス]
14。 Saal JS、Saal JA、Yurth EF。 神経根症を伴うヘルニア性頚椎椎間板の非手術的管理。 スパイン(Phila Pa 1976)1996; 21(16):1877-1883。 doi:10.1097 / 00007632-199608150-00008。 [PubMed] [クロスリファレンス]
15。 クラークC.子宮頸椎。 4。 フィラデルフィア:Lippincott Williams&Wilkins; 2005。
16。 Engquist M、Lofgren H、Oberg B、Holtz A、Peolsson A、Soderlund A、et al。 子宮頸部神経根障害の手術と非外科的治療:外科的療法と理学療法とを単独療法と2年のフォローアップとを比較した前向き無作為試験。 スパイン(Phila Pa 1976)2013; 38(20):1715-1722。 [PubMed]
17。 Nikolaidis I、Fouyas IP、Sandercock PA、Statham PF:子宮頸部根尖症または骨髄疾患の手術。 Cochrane Database Syst Rev 2010、(1):CD001466。 doi(1):CD001466。 [PubMed]
18。 Weinstein JN、Tosteson TD、Lurie JD、Tosteson AN、Hanscom B、Skinner JS、et al。 腰椎椎間板ヘルニアに対する外科的処置と非手術的処置:脊髄患者アウトカム研究試験(SPORT):ランダム化試験。 JAMA。 2006; 296(20):2441-2450。 doi:10.1001 / jama.296.20.2441。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
19。 Peul WC、van Houwelingen HC、van den Hout WB、Brand R、Eekhof JA、Tans JT、et al。 坐骨神経痛の手術と長期間の保存的治療。 N Engl J Med。 2007; 356(22):2245-2256。 doi:10.1056 / NEJMoa064039。 [PubMed] [クロスリファレンス]
20。 ウェーバーH.腰椎椎間板ヘルニア。 10年間の観察で制御された前向き研究。 スパイン(Phila Pa 1976)1983; 8(2):131-140。 doi:10.1097 / 00007632-198303000-00003。 [PubMed] [クロスリファレンス]
21。 Kim JD、Son MS。 2013国民健康保険統計年鑑。 ソウル:健康保険レビューアセスメントサービスと国民健康保険サービス。 2014。
22。 Lin XJ、Chen CY。 漢方薬による腰椎ヘルニアの治療研究の進歩漢方薬による腰椎ヘルニアの治療研究の進歩。 Zhongguo Zhong Yao Za Zhi。 2007; 32(3):186-191。 [PubMed]
23。 Stevens L、Duarte H、Park J.背痛のための統合医療のための有望な影響:韓国の病院のプロフィール。 J Altern Complement Med。 2007; 13(5):481-484。 doi:10.1089 / acm.2007.6263。 [PubMed] [クロスリファレンス]
24。 Chung HJ、Lee HS、Shin JS、Lee SH、Park BM、Youn YS、et al。 インビトロおよびインビボ動物モデルの両方における伝統的な医薬品製剤GCSB-5による急性および慢性炎症プロセスの調節。 J Ethnopharmacol。 2010; 130(3):450-459。 doi:10.1016 / j.jep.2010.05.020。 [PubMed] [クロスリファレンス]
25。 Kim TH、Yoon SJ、Lee WC、Kim JK、Shin J、Lee S、et al。 ラットの末梢神経障害に対するハーブ調製物GCSB-5の保護効果。 J Ethnopharmacol。 2011; 136(2):297-304。 doi:10.1016 / j.jep.2011.04.037。 [PubMed] [クロスリファレンス]
26。 Kim JK、Park SW、Kang JW、Kim YJ、Lee SY、Shin J、et al。 ラットの変形性関節症1ナトリウムに及ぼす薬草製剤GCSB-5の影響 エビッドベース補完代替メディエーター。 2012; 2012:730907。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
27。 Park YG、Ha CW、Han CD、Bin SI、Kim HC、Jung YB、et al。 セレコキシブとGCSB-5の安全性と有効性に関する有望無作為化二重盲検多施設比較試験で、膝関節の変形性関節症の治療のための6つのハーブの乾燥抽出物。 J Ethnopharmacol。 2013; 149(3):816-824。 doi:10.1016 / j.jep.2013.08.008。 [PubMed] [クロスリファレンス]
28。 Xu RD、Li H. H. Ashiの概念。 Zhongguo Zhen Jiu。 2005; 25(4):281-283。 [PubMed]
29。 Assendelft WJ、Morton SC、Yu EI、Suttorp MJ、Shekelle PG。 腰痛のための脊髄操作療法。 他の療法と比較した有効性のメタ分析。 アンIntern Med。 2003; 138(11):871-881。 doi:10.7326 / 0003-4819-138-11-200306030-00008。 [PubMed] [クロスリファレンス]
30。 Bronfort G、Haas M、Evans R、Kawchuk G、Dagenais S.脊髄操作と動員による慢性腰痛のエビデンスに基づく管理。 Spine J.2008; 8(1):213-225。 doi:10.1016 / j.spinee.2007.10.023。 [PubMed] [クロスリファレンス]
31。 Turk DC、Rudy TE、Sorkin BA。 慢性疼痛治療​​成果研究における忌避されたトピック:成功の決定。 痛み。 1993; 53(1):3-16。 doi:10.1016 / 0304-3959(93)90049-U。 [PubMed] [クロスリファレンス]
32。 Ponce de Leon S、Lara-Munoz C、Feinstein AR、Wells CK。 臨床研究における主観的現象を測定するための3つの評価尺度の比較。 II。 実験的に制御された視覚刺激の使用。 Arch Med Res。 2004; 35(2):157-162。 doi:10.1016 / j.arcmed.2003.07.009。 [PubMed] [クロスリファレンス]
33。 Farrar JT、Young JP、Jr、LaMoreaux L、Werth JL、Poole RM。 慢性疼痛強度の変化の臨床的重要性は、11ポイント数値疼痛評価尺度で測定した。 痛み。 2001; 94(2):149-158。 doi:10.1016 / S0304-3959(01)00349-9。 [PubMed] [クロスリファレンス]
34。 Carreon LY、Glassman SD、Campbell MJ、Anderson PA。 ネック・ディスアビリティ・インデックス、ショートフォーム-36フィジカル・コンポーネント・サマリー、頸部と腕の痛みの痛みのスケール:頸椎の融合後の臨床的に重要な差異と臨床上の大きな利点。 Spine J.2010; 10(6):469-474。 doi:10.1016 / j.spinee.2010.02.007。 [PubMed] [クロスリファレンス]
35。 Parker SL、Godil SS、Shau DN、Mendenhall SK、McGirt MJ。 前頸部椎間板切除および融合後の痛み、障害および生活の質における臨床的に重要な最小限の差異の評価:臨床論文。 J Neurosurg Spine。 2013; 18(2):154-160。 doi:10.3171 / 2012.10.SPINE12312。 [PubMed] [クロスリファレンス]
36。 Lee J、Shin JS、Kim MR、Byun JH、Lee SY、Shin YS、et al。 韓国の伝統的な漢方薬を摂取する際の肝酵素異常:筋骨格障害患者の遡及的な大規模なサンプルコホート研究。 J Ethnopharmacol。 2015; 169:407-412。 doi:10.1016 / j.jep.2015.04.048。 [PubMed] [クロスリファレンス]
37。 Manchikanti L、Falco FJ、Singh V、Pampati V、Parr AT、Benyamin RM、et al。 メディケア人口における慢性疼痛管理における介入技術の利用:2000から2011への成長パターンの分析。 痛みの医師。 2012; 15(6):E969-82。 [PubMed]
38。 Chou R、Atlas SJ、Stanos SP、Rosenquist RW。 腰痛に対する外科的介入療法:米国疼痛学会の臨床実践ガイドラインの証拠の再検討。 スパイン(Phila Pa 1976)2009; 34(10):1078-1093。 doi:10.1097 / BRS.0b013e3181a103b1。 [PubMed] [クロスリファレンス]
39。 Airaksinen O、Brox JI、Cedraschi C、Hildebrandt J、Klaber-Moffett J、Kovacs F、et al。 4章。 慢性非特異的腰痛の管理に関するヨーロッパのガイドライン。 Eur Spine J.2006; 15(Suppl 2):S192-300。 doi:10.1007 / s00586-006-1072-1。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
40。 Staal JB、de Bie RA、de Vet HC、Hildebrandt J、Nelemans P.亜急性慢性腰痛のための注射療法:最新のコクランレビュー。 スパイン(Phila Pa 1976)2009; 34(1):49-59。 doi:10.1097 / BRS.0b013e3181909558。 [PubMed] [クロスリファレンス]
41。 Armon C、Argoff CE、Samuels J、Backonja MM、American Academy of Neurology Assessmentの治療学および技術評価小委員会:脊髄痛を治療する硬膜外ステロイド注射の使用:アメリカ神経学会の治療​​学および技術評価小委員会報告。 神経学 2007; 68(10):723-729。 doi:10.1212 / 01.wnl.0000256734.34238.e7。 [PubMed] [クロスリファレンス]
42。 Parr AT、Diwan S、Abdi S.腰椎間脊髄硬膜外注射による慢性腰痛および下肢痛の管理:系統的レビュー。 痛みの医師。 2009; 12(1):163-188。 [PubMed]
43。 DePalma MJ、Slipman CW。 硬膜外ステロイド注射による慢性腰痛の証拠に基づく管理。 Spine J.2008; 8(1):45-55。 doi:10.1016 / j.spinee.2007.09.009。 [PubMed] [クロスリファレンス]
44。 Cohen SP、Bicket MC、Jamison D、Wilkinson I、Rathmell JP。 硬膜外ステロイド:包括的でエビデンスベースのレビュー。 Reg Anesth Pain Med。 2013; 38(3):175-200。 doi:10.1097 / AAP.0b013e31828ea086。 [PubMed] [クロスリファレンス]
45。 Scanlon GC、Moeller-Bertram T、Romanowsky SM、Wallace MS。 子宮頸管硬膜外硬膜外ステロイド注射:私たちよりも危険ですか? スパイン(Phila Pa 1976)2007; 32(11):1249-1256。 doi:10.1097 / BRS.0b013e318053ec50。 [PubMed] [クロスリファレンス]
46。 Rathmell JP、Benzon HT。 ステロイドの経腔内注射:我々は続けるべきか? Reg Anesth Pain Med。 2004; 29(5):397-399。 [PubMed]
47。 Tiso RL、Cutler T、Catania JA、Whalen K.選択的経管腔ブロック後の有害中枢神経系後遺症:コルチコステロイドの役割。 Spine J.2004; 4(4):468-474。 doi:10.1016 / j.spinee.2003.10.007。 [PubMed] [クロスリファレンス]
48。 Brouwers PJ、Kottink EJ、Simon MA、Prevo RL。 右C6神経根の診断的遮断後の子宮頸部前脊椎動脈症候群。 痛み。 2001; 91(3):397-399。 doi:10.1016 / S0304-3959(00)00437-1。 [PubMed] [クロスリファレンス]
49。 頸部選択神経根ブロックの合併症は、透視誘導で行われた。 AJR Am J Roentgenol。 2007; 188(5):1218-1221。 doi:10.2214 / AJR.04.1541。 [PubMed] [クロスリファレンス]
50。 Rathmell JP、Aprill C、Bogduk N.ステロイドの子宮頸管移植。 麻酔科。 2004; 100(6):1595-1600。 doi:10.1097 / 00000542-200406000-00035。 [PubMed] [クロスリファレンス]
51。 10,000蛍光透視法による硬膜外注射の合併症の予見的評価。 痛みの医師。 2012; 15(2):131-140。 [PubMed]
52。 Abbasi A、Malhotra G、Malanga G、Elovic EP、Kahn S.頚椎硬膜外ステロイド注射の合併症:文献のレビュー。 スパイン(Phila Pa 1976)2007; 32(19):2144-2151。 doi:10.1097 / BRS.0b013e318145a360。 [PubMed] [クロスリファレンス]
53。 Hodges SD、Castleberg RL、Miller T、Ward R、Thornburg C.内因性脊髄損傷を伴う子宮頸硬膜外ステロイド注射。 2件の症例報告。 スパイン(Phila Pa 1976)1998; 23(19):2137-42。 doi:10.1097 / 00007632-199810010-00020。 [PubMed] [クロスリファレンス]
54。 Kaplan MS、Cunniff J、Cooke J、Collins JG。 C6-7におけるX線透視下子宮頚部間膜ステロイド注射中の血管内への取り込み:症例報告 Arch Phys Med Rehabil。 2008; 89(3):553-558。 doi:10.1016 / j.apmr.2007.08.165。 [PubMed] [クロスリファレンス]
55。 McGrath JM、Schaefer MP、Malkamaki DM。 硬膜外ステロイド注射による合併症の発生率および特徴。 Pain Med。 2011; 12(5):726-731。 doi:10.1111 / j.1526-4637.2011.01077.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
56。 Shanthanna H、Park J.脊髄狭窄症患者の硬膜外ステロイド注射後の急性硬膜外血腫。 麻酔。 2011; 66(9):837-839。 doi:10.1111 / j.1365-2044.2011.06770.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
57。 McCleane G.ガバペンチンは、背景、動き、痛みを鎮痛する効果がありますか? 無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験。 痛みクリニック。 2001; 13:103-107。 doi:10.1163 / 156856901753420945。 [Cross Ref]
58。 Yildirim K、Sisecioglu M、Karatay S、Erdal A、Levent A、Ugur M、et al。 慢性神経根障害の患者におけるガバペンチンの有効性。 痛みクリニック。 2003; 15:213-218。 doi:10.1163 / 156856903767650718。 [Cross Ref]
59。 Khoromi S、Cui L、Nackers L、Max MB。 慢性的な腰痛の患者におけるモルヒネ、ノルトリプチリンおよびそれらの組合せとプラセボとの比較。 痛み。 2007; 130(1-2):66-75。 doi:10.1016 / j.pain.2006.10.029。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
60。 Khoromi S、Patsalides A、Parada S、Salehi V、Meegan JM、Max MB。 慢性腰椎痛のトピラメート。 J痛み。 2005; 6(12):829-836。 doi:10.1016 / j.jpain.2005.08.002。 [PubMed] [クロスリファレンス]
61。 Baron R、Freynhagen R、Tolle TR、Cloutier C、Leon T、Murphy TK、et al。 慢性腰仙根神経根症に関連する神経因性疼痛の治療におけるプレガバリンの有効性と安全性。 痛み。 2010; 150(3):420-427。 doi:10.1016 / j.pain.2010.04.013。 [PubMed] [クロスリファレンス]
62。 Hahne AJ、Ford JJ、McMeeken JM。 腰椎椎間板ヘルニアの関連する根尖症に対する保守的管理:系統的レビュー。 スパイン(Phila Pa 1976)2010; 35(11):E488-504。 [PubMed]
63。 Salt E、Wright C、Kelly S、Dean A.子宮頸部痛の非侵襲的治療の有効性に関する体系的な文献レビュー。 マン・サー。 2011; 16(1):53-65。 doi:10.1016 / j.math.2010.09.005。 [PubMed] [クロスリファレンス]
64。 Kuijper B、Tans JT、Beelen A、Nollet F、de Visser M.子宮頸部の頸部または理学療法と最近の発症した子宮頸部神経根障害の方針を見る:無作為試験。 BMJ。 2009; 339:b3883。 doi:10.1136 / bmj.b3883。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
65。 Gebremariam L、Koes BW、Peul WC、Huisstede BM。 ヘルニア頸椎椎間板の治療有効性の評価:系統的レビュー。 スパイン(Phila Pa 1976)2012; 37(2):E109-18。 doi:10.1097 / BRS.0b013e318221b5af。 [PubMed] [クロスリファレンス]
66。 Boselie TF、Willems PC、van Mameren H、de Bie RA、Benzel EC、van Santbrink H.関節形成術と単一レベル頸部変性椎間板疾患の融合:コクランレビュー。 スパイン(Phila Pa 1976)2013; 38(17):E1096-107。 doi:10.1097 / BRS.0b013e3182994a32。 [PubMed] [クロスリファレンス]
67。 椎間板ヘルニアまたは根髄炎を伴わない慢性の椎間板性頚部痛における子宮頸硬膜外注射剤:無作為化二重盲検対照試験の予備的結果。 痛みの医師。 2010; 13(4):E265-78。 [PubMed]
68。 Cesaroni A、ナルディPV。 閉鎖型頸椎椎間板ヘルニアのためのプラズマディスク減圧:無作為化比較試験。 Eur Spine J.2010; 19(3):477-486。 doi:10.1007 / s00586-009-1189-0。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]

Green-Call-Now-Button-24H-150x150-2-3.png

その他のトピック:頸部痛

頸部の痛みは、様々な傷害および/または状態のために生じることがある一般的な苦情である。 統計によると、自動車事故による傷害や鞭打ち傷害は、一般住民の中で最も多くみられる頸部痛の原因の1つです。 自動車事故では、事故による突発的な衝撃により、頭と首が急激に前後に揺れて、頸椎を取り囲む複雑な構造が損傷する可能性があります。 腱および靱帯ならびに頸部の他の組織の外傷は、人体全体に頸部痛および放射状症状を引き起こす可能性がある。

漫画paperboyの大きなニュースのブログの画像

重要なトピック:追加エキストラ:より健康的です!

その他の重要なトピック:エクストラ:スポーツ傷害? | ヴィンセントガルシア| 患者| エルパソ、テキサス州カイロプラクティック