脊髄バンド症候群と距離ランナー| エルパソ、テキサス州カイロプラクティック医師
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

虹彩腱帯症候群と距離ランナー

遠隔ランナーにおけるITB症候群の生体力学的原因

カイロプラクター、アレクサンダー・ヒメネス博士は、この共通の傷害が現れている様子を見ています。

賃貸システムの概要

脊髄症候群(ITBS) スポーツ傷害診療所で頻繁に診断されています。 ほとんどの下肢ランニング関連傷害(22)で発生率が1%前後であるITBSは、距離ランナー(2)の中で第2位の苦情とも言われています。 ITBSには「走者の膝」という表現が与えられています。

屈曲や伸展を行う持久力ランナーのようなトレーナーは、この病気にさらされます。 ITBSは最初の2〜3マイルの走行中に負傷のメカニズムがないため、原因を特定するのがより面白くなります。 多くの要因が文献の中で考慮されているため、変化はITBSの原因となることが多いと言われています。 しかし、いくつかの生体力学的要因が研究されており、ITBSの開始にほとんどあるいは全く影響を及ぼさないことが判明している。 したがって、このテキストのポイントは、個人をITBSの始まりに誘導する可能性のある生体力学的変化を調べることです。 レビューされた研究は、主に2014(3)のスポーツにおける物理療法で発表された現在の体系的なレビューに基づいています。

解剖学と機能

iliotibial band(ITB)は、骨盤(4)に深部および表在の両方のファイバーアタッチメントを提示するテンソル筋膜(TFL)をカプセル化する。 TFLに取り付けることに加えて、大臀筋の腱の約4分の3もITB(4)と結合する。 ITBは、股関節の側面に沿ってコースし、大転子を通過する。 ITBは、大腿骨の後隆起部にアタッチメントを維持し、一方、筋膜にそれ自体を取り付ける。 ITBは外側の大腿顆に固定された取り付け部を有し、次いで3つの部分に分割され、第1の部分は外側膝蓋骨(3)である。 残りの2つの部分は膝関節を横切って腓骨の頭に挿入され、最も遠位には脛骨上の塊茎結節(3)としても知られる膝蓋結節に挿入される。 図1はITBの位置を示しています。

イチジクITBは、骨盤、大腿骨および脛骨(3)の付属物に従って、股関節の内転、股関節の内部回転および膝の内部回転に抵抗するように受動的に機能する。 大臀筋は、ITB(4)の緊張を高めて股関節および膝の複合体を通る安定性を高めるために、その取り付けによって機能する。 膝と股関節の両方の付属物に基づいて、どのように変化がITBSの発症をもたらすかを見ることができます。

研究は、膝が屈曲し、膝の外側の大腿顆にITBのスライドまたはフリックを伸ばして、下の刺激を引き起こすと提案している。 この概念は、Falveyら(5)によって議論されました。彼らは、ゆるい構造ではないため、膝屈曲中にITBが跳ね返ったり滑ったりする可能性は非常に低いと述べました。 しかし、著者らは、豊富に神経支配された脂肪パッドに対する圧迫の影響は、痛みの原因ではなく、痛みが側方大腿顆を横切るITBの緊張によって合意した。 ひずみ速度およびひずみの大きさは、女性ランナー(6)を含む前向き研究で測定した。 結果は、外側大腿顆のITBのひずみ頻度がひずみの大きさより大きかったことを示した。 これは、ランナーが短期間走る能力を有するが、ITBへの負担のために側膝の痛みを引き起こす可能性があることを意味する。

MRIスキャンでは、30°の膝屈曲角がかかと打撃点でのITBの最大圧縮を引き出したが、他の人は20-30°(2,6)間で最大圧縮が起こっていると述べている。 ヒール打撃点における膝屈曲角は、コントロール(20.6)の15.3°と比較して、ITBS患者の7°と有意に異なることが見出されている。 ダウンヒル走行は、ヒールストライキのポイントでより大きな膝屈曲角を生じ、ITBに対するより大きな歪み荷重を引き出すので、これはしばしばITBS(6)の主な前駆物質である。 踵の打撃点における膝の屈曲角がITBSに寄与すると考えられているが、矢状面(2)だけではなく、前肢および横断面からも下肢を検査することが不可欠である。

反逆爆撃

後足の勃起がどのようにITBSに寄与して、ITBのより大きな歪みの遠位の取り付けに起因する脛骨の内部回転を引き起こすかを想定することは可能である。 対照的に、Ferberら(2)は、対照群と比較して以前はITBSと診断されていたが現在は症状がない女性被験者のピーク偏向角に有意差がなかったことを示した。 同様の研究では、現在の症候性のITBS患者と後足脱力(8)の対照との間に有意差は見られなかった。

Louw&Deary(3)は、ITBS患者が、踵の打撃点で膝の内部回転の減少を伴って、減少した逸脱角を示すことがあることを発見した。 Ferberら(2)は、反発モーメントを制御し制限することが示唆されたITBSグループの逆転瞬間の増加を指摘した。 比較すると、現在症状のあるITBS患者は、走行中の後足運動(9)の2倍の対照群と比較して、実質的な差を示した。

膝内回転

ヒールストライクポイント(2)のコントロールと比較した場合、膝のピーク内回転角度はITBS患者において有意に大きいことが判明した。 この研究は、適度な強度の身体疲れ(7)に続いて膝の内部回転の増加に対して有意な効果をも見出した他の研究によっても支持された。 過度の回転は、アタッチメントにおけるITBの増加した歪みのために圧縮をもたらす。

膝の内部回転の増加についての説明は、おそらく梨状窩、下顎骨および上顎丘、および排尿筋外科(8)の短縮による大腿骨の過度の外転によるものであった。 著者らは、股関節の過度の回転は、股関節が中枢、最小およびテンソル筋膜である回転子の筋肉活動に起因する可能性があると付け加えた。 これらの試験(2,7)は、ITB疼痛の病歴を有する健康なランナーを試験し、(8)は、試験の時点でITBSを有する患者の前向き試験であったという点で、遡及的に設計された。

股関節誘導角とヒップアブダクターの強さ

スタンスフェーズ中の股関節内転角はより大きいと示唆されている。 Ferberら(2)は、ITBSコホートにおいてピーク股関節内転角が有意に大きく、95%信頼度でそれを述べていることを発見した。 角の増加は、ITBへのストレスの増加をもたらし、その結果、脛骨の内部回転の増加と組み合わせた場合、側方大腿顆での圧縮の増加をもたらす。

図2は、ピーク股関節内転と内転が組み合わされたときに、これがどのようにして外側大腿顆のITBの圧迫を増加させるかを示しています。 しかし、Louw and Deary(3)は、ピーク股関節内転角が重要な要素であるかどうかは決定的ではないと述べている。 この研究は、ITBSの歴史を持つ健康な女性ランナーを対象としたレトロスペクティブ研究であるため、Ferberおよび同僚(2)の初期知見を支持するためには、さらなる研究が必要である。

イチジクヒップアブダクターの強さ

増加したピーク股関節内転角は、この群の臀筋を含む股関節外転活性と一致し得ることが提案されている。 歩行のスタンス段階では、大臀筋は安定性を維持するように機能する。 研究によると、スタンスの間、内転力は、体重の3倍(3)を超えることができることが示されている。 さらに、これらの力は、筋肉のみ(3)を用いたスタンスフェーズ中の大腿骨の大腿骨の安定性に対する代謝能力を超えていると述べられている。

Louw and Deary(3)は、ピーク股関節内転角を有するITBS患者の股関節外転モーメントの増加を確認することができず、股関節アブダクターのサイズとは対照的にタイミングの問題であることが示唆された。 Louw and Deary(3)は、この研究はITBS患者の体幹および骨盤の動きをまだ調べていないと述べており、動力学的鎖の上からの生体力学的変化がITBS病因の寄与する要素である可能性を示唆している。

ITBSの24(14女性、10男性)患者の研究調査では、股関節アブダクター(10)の強度を高めるために6週間のリハビリプログラムが実施されました。 6週間のヒップ・アブダクターを走らせた22患者は、痛みのないことが報告され、戻ってきました。 女性患者は平均股関節外転トルクが34.9%増加し、男性患者は51.4%増加を示した。 しかし、この研究では等尺性強度を測定するためにハンドダイナミックメーターを使用していたため、Fedricson(10)の所見は慎重に検討する必要がありました。

より最近の研究では、健康なコントロールを固定した位置(11)で現在症状を有する患者の股関節外転筋力を評価した。 結果は、群間の静的および動的股関節アブダクター強度に実質的な差異が生じなかったことを示した。 さらなる研究は、ITBSの管理の役割における股関節アブダクターの筋電図および強さを調べるべきである。 表1は、このテキストで使用されている研究のいくつかの変数における有意性を示しています。

テーブルリハビリテーションプログラムは、固定化の期間およびその間に、脚に安定性をもたらす臀筋運動を含むべきである。 鈍筋の能動的な運動が安全で効果的な方法で提供される場合、これは非体重からの移行の期間に影響し得る。 ITBSの病因に及ぼす生体力学的影響については、質や量の面で研究が不足していますが、現在までに提供された研究に基づいて機能を開発することは賢明です。 これにより、負荷がかかり始めると、関連する脚がITBの負荷の開始を維持するのに有効な安定性と制御性を有することが保証される。

サマリー

LouwとDeary(3)の最近のレビューは、ITBSの病因に応じて文献に掲載された研究の多くが決定的ではないことを示しています。 研究のレベルは比較的低く、遡及的試験に基づいている。 この研究は、膝の生体力学および異常な股関節がITBSの発生に関与していることを示している。 著者らは筋力が異常な足の生体力学のように関与していることを確認している。 将来の研究では、ITBS発症の苦情であるため、下り坂走行中の股関節および膝の運動学的運動を測定することが推奨される。

実用的な意味合いリファレンス
スポーツメッドの1.Clini J、May 2006,16、(3)、261-268
2月、2、2010、40、2-52の58.J。
3.Phys Therap in Sport、2014、15、64 e75。
4.SurgicおよびRadiologic解剖学(12月)2004; 26、(6)、433 - 446
スポーツのMed&Sciの5.Scand J、Aug 2010、20(4)、580-587。
6.Clini Biomech、2008、23、1018-1025。
7.Gait姿勢。 2007 Sep、26(3)、407-13
8.Clini Biomech、Nov 2007、22(9)、951-956。
9.Med Sci in Sport&Ex、1995、27、951-960。
スポーツメッドの10.Clini J、2000、10:169-175。
11。 スポーツメッドのInt J、7月、2008、29(7)、579-583。