テキサス州エルパソの頸部形成頭痛に対する脊髄操作対動員
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

テキサス州エルパソの頸部形成頭痛に対する脊髄操作対動員

原発性頭痛は、頭痛障害自体によって引き起こされる頭痛として特徴付けられる。 3つのタイプの原発性頭痛障害には、 片頭痛、緊張型頭痛および群発性頭痛が含まれる。 頭痛は、別の根底にある原因の結果としても起こり得る痛みを伴い、衰弱させる症状である。 二次性頭痛は、傷害および/または状態のために生じる頭痛として特徴付けられる。 頸椎または頸部に沿った脊椎の不整列または亜脱臼は、一般に、様々な頭痛症状と関連している。

子宮頸管性頭痛は、頸椎または頸部の周囲の構造に影響を与える傷害および/または状態によって引き起こされる続発性頭痛です。 多くの医療専門家は、頭痛を改善するのを助けるために薬/薬の使用を推薦するでしょう、しかし、いくつかの代替治療法の選択肢は安全にそして効果的に二次的頭痛を治療するために使用できます。 以下の記事の目的は、子宮頸管形成性頭痛患者における動員および運動に対する上部頸部および上部胸部操作の影響を実証することです。

子宮頸管原発性頭痛患者における上部頸部および上部胸部操作対動員および運動:多施設無作為化臨床試験

抽象

  • 背景: 一般的に利用されている介入ではあるが、子宮頸管性頭痛(CH)患者の頸部および胸部の操作と動員および運動を直接比較した研究はない。 本研究の目的は、CHを有する個人における動員および運動に対する操作の効果を比較することであった。
  • メソッド: CHを有する110人の参加者(n = XNUMX)は、頸部および胸部の両方の操作(n = XNUMX)または動員および運動(n = XNUMX)を受けるように無作為化された。 主な結果は、数値疼痛評価尺度(NPRS)によって測定された頭痛強度であった。 副次的転帰には、頭痛頻度、頭痛期間、首の障害指数(NDI)で測定される障害、投薬量、および総合的変化率(GRC)が含まれます。 治療期間は110週であり、初回治療セッションの58週、52週、および4月に追跡評価が行われた。 主な目的は、被験者群間の変数および時間(ベースライン、1週、4週および3月)として治療群(操作対動員および運動)を2法分散モデル分散分析(ANOVA)で調べた。被験者内変数
  • 結果について 2X4 ANOVAは、子宮頸部および胸部の両方の操作を受けたCHを有する個体が、0.001月の追跡調査で動員および運動を受けた個体よりも頭痛強度(p <0.001)および身体障害(p <3)の有意な減少を経験したことを示した。 上部頸部および上部胸部マニピュレーショングループの個体もまた、各追跡調査期間において頭痛の頻度がより少なく、頭痛の期間がより短かった(全てについてp <XNUMX)。 さらに、0.001および1週の追跡調査期間で、マニピュレーション群を支持して患者の改善が有意に大きいと認められた(p <4)。
  • 結論: 6〜8セッションの上部頸部および上部胸部操作は、CH患者において動員および運動より効果的であることが示され、その効果は3ヶ月で維持された。
  • トライアル登録: NCT01580280 4月16、2012。
  • キーワード: 子宮頸管性頭痛、脊椎マニピュレーション、動員、高速低振幅推力

Dr Jimenez White Coat

アレックス・ヒメネスの洞察

一次頭痛と比較すると、 片頭痛、群発性頭痛および緊張型頭痛、二次性頭痛は他の病気または身体的問題によって引き起こされる頭痛として特徴付けられる。 子宮頸管性頭痛の場合、頭痛の原因は、頸椎およびその周囲の構造(椎骨、椎間板および軟組織を含む)に沿った傷害および/または状態によるものである。 さらに、多くの医療従事者は、一次頭痛が頸椎または首の健康問題に関連している可能性があると考えています。 子宮頸管炎性頭痛治療は症状の原因を標的とするべきであり、それは患者によって異なります。 カイロプラクティックケアは、脊椎の元の構造と機能を慎重に回復させるために脊椎調整と手動操作を利用して、他の種類の頭痛の中でも特に子宮頸管性頭痛症状を改善するためにストレスと圧力を軽減します。 カイロプラクティックケアは、片頭痛などの一次頭痛の治療にも役立ちます。

背景

国際頭痛障害分類では、子宮頸管性頭痛(CH)は、「頸椎およびその構成要素の骨、椎間板、軟部組織の要素に起因する頭痛、通常は首の痛みを伴うわけではない」と定義されている。 ](p.1)CHの有病率は頭痛集団の760と0.4%の間であり[20、2]、むち打ち症後の頭痛患者の3%と同じくらい高いと報告されています[53]。 CHの主な特徴としては、通常、横ずれのない頭痛の片側性、同側上頸部への外圧による疼痛の誘発、頸部の限られた可動域、およびさまざまなぎこちないまたは持続的な首の動きによる発作の誘発がある[4、 4]。

CHのある人は、動員と操作の両方を含む脊椎操作療法で治療されることが多い[6]。 脊椎動員はゆっくりとした、リズミカルな、振動するテクニックから成りますが、操作は高速で低振幅のスラストテクニックから成ります。 [7]最近の系統的レビューで、Bronfortらは脊髄操作療法(動員と操作の両方)がCHの成人の管理に有効であると報告した[8]。 しかし、彼らは、この集団の管理のための動員と比較して、操作が優れた結果をもたらすかどうかを報告していない。

いくつかの研究で、CHの管理における脊椎操作の影響が調べられている[9 – 13]。 ハース等。 [10]は、CHのある被験者における頸部操作の有効性を調査した。 Jullら。 [11]は、CHの管理における手技療法および/または運動に対する治療効果を実証した。 しかしながら、操作療法群は操作と動員を含んでいたので、有益な効果が操作、動員または組み合わせの結果であったかどうかを決定することはできない。

運動を伴うまたは伴わない機械的頸部痛の管理における、操作と動員の利点を比較した研究がいくつかある[14 – 16]。 しかし、CHの患者を対象にした操作と動員および運動の影響を直接比較した研究はない。 想定される操作のリスク[17]を考慮して、CHを有する患者の管理のための操作が動員と比較して改善された結果をもたらすかどうかを決定することは不可欠である。 したがって、この無作為化臨床試験の目的は、CH患者における操作と動員および運動の効果を比較することでした。 4週の治療期間にわたって操作を受けた患者は、運動と組み合わせた頸部および胸部動員を受けた患者よりも、3月の追跡調査で頭痛強度、頭痛頻度、頭痛期間、身体障害および投薬量の大幅な減少を経験すると仮定した。 。

メソッド

一般

この多施設無作為化臨床試験では、さまざまな地理的場所(アリゾナ、ジョージア、ニューヨーク、オハイオ、ペンシルバニア、サウスカロライナ)から1外来理学療法クリニックの8を呈しているCHの連続患者が29月にわたって募集された期間(4月から8月まで) 適格であるためには、彼らは、子宮頸部頭痛国際研究グループ(CHISG)[2012、2014、5]によって開発された改訂診断基準[5]に従ってCHの診断を提示しなければならなかった。 CHは、CHISGの「主要基準」(診断用麻酔薬遮断による確証的証拠を含まない)に従って分類された。 したがって、この研究に含まれるためには、患者は以下の基準の全てを示さなければならなかった:(18)後部上部頸部または後頭部領域から始まり、最終的には眼球前頭側頭領域に広がる、横ずれなしの頭痛の片側性症状側、(19)頸部の動きおよび/またはぎこちない位置による疼痛、(1)頸椎の可動域の減少[2](すなわち、右または左の受動回転の3°以下)屈曲回転試験[20 - 32]、(21)上頸部関節の少なくとも1つ(C23 - 4)、および(0)にかかる外圧によって誘発される疼痛は、中等度から重度の、ズキズキしない、抜群の痛み。さらに、参加者は最低3ヶ月間最低週当たり5の頭痛頻度、2点の最低頭痛強度疼痛スコア(NPRS尺度で1〜3)、最低障害スコア0%またはより大きい(すなわち、10ポイント 20 – 10 NDIスケールでts以上、および0から50歳までの年齢。

患者が他の原発性頭痛(片頭痛、TTH)、両側性頭痛を患っている、または何らかの赤い旗(すなわち腫瘍、骨折、代謝性疾患、関節リウマチ、骨粗鬆症、安静時血圧が140 / 90)を示した患者は除外したmmHg、長期にわたるステロイド使用歴など)、神経根の圧迫(上肢の主要な筋肉群を含む筋力低下、上肢深部腱反射の減少、または感覚の減少もしくは欠如)と一致する2つ以上の陽性神経学的徴候を呈する頸部脊柱管狭窄症と診断され、両側性の上肢症状を呈したこと(過反射、手の感覚障害、手の内的筋肉の消耗、歩行中の不安定性) 、眼振、視力喪失、顔面感覚障害、味覚の変化、病的反射の存在 前の6週間以内にむち打ち症の既往歴があり、前の頭頸部手術を受け、前月中に任意の施術者から頭頸部痛の治療を受けた、頭のための理学療法またはカイロプラクティック治療を受けた、または前の3ヶ月以内に首の痛み、または彼らの頭や首の痛みに関する係争中の訴訟がありました。

最新の文献は、術前頸動脈検査では子宮頸管術による血管合併症の危険性がある個人を特定できないことを示唆しており[24、25]、術前検査中に検出される症状は血流の変化と無関係かもしれない椎骨動脈[26、27] そのため、この研究では術前の頸動脈検査は実施されなかった。 しかしながら、頸動脈疾患に対するスクリーニングの質問は陰性でなければならなかった[24、28、29]。 この研究は、ニューヨーク州ブルックリンのロングアイランド大学の施設内審査委員会によって承認された。 この試験はwww.clinicaltrials.govにトライアルID NCT01580280で登録されています。 すべての患者は、彼らが操作または動員および運動のいずれかを受けるであろうと知らされ、そしてその後研究への登録の前にインフォームド・コンセントを与えられた。

セラピストを治療する

この研究では、12人の理学療法士(平均年齢36.6歳、SD 5.62)が患者への治療の提供に参加した。 彼らは平均10.3(SD 5.66、範囲3 – 20年)年の臨床経験を持ち、そして全員が頸部および胸部の操作の使用を含む手動技術の実地訓練を含む60 h大学院認定プログラムを修了した。 すべての検査、結果の評価、および治療手順が標準化されていることを確認するために、参加しているすべての理学療法士は、標準手術手順のマニュアルを研究し、主任研究者との4 hトレーニングセッションに参加する必要がありました。

審査手順

全患者が人口統計学的情報を提供し、頸部疼痛医学的スクリーニング質問票を完成し、そして自己報告措置をいくつか完了し、続いて標準化された病歴および身体検査をベースラインで行った。 自己申告の尺度には、NPRS(0 - 10)で測定した頭痛の強度、NDI(0 - 50)、頭痛の頻度(先週の頭痛のある日数)、頭痛の期間(最後の頭痛の合計時間)が含まれます。そして、薬の摂取(過去1週間に患者が麻薬または店頭での鎮痛薬を服用した回数)。

標準化された身体検査は、屈曲回転試験(FRT)を用いたCXNUMX − XNUMX(環軸関節)受動的左右回転ROMの測定に限定されなかった。 FRTの評価者間信頼性は優れていることがわかっている(ICC:1; 2%CI:0.93、95)[0.87]。

結果の尺度

この研究で使用された主な結果の尺度は、NPRSによって測定された患者の頭痛強度でした。 ベースライン時の11(「痛みなし」)から0(「考えられる最悪の痛み」)までの範囲の10ポイントスケールを使用して、患者に過去1週間にわたる頭痛の痛みの平均強度を示すよう依頼した。 1 - 最初の治療セッションの翌月[1]。 NPRSは、疼痛強度を評価するための信頼性の高い有効な手段です[3 – 31]。 CH患者にデータは存在しないが、NPRSのMCIDは、機械的頸部痛のある患者では32 [34]、さまざまな慢性疼痛のある患者では1.3であることが示されている[32]。 したがって、NPRSスコアが1.74ポイント(34%)以上の患者のみを含めることを選択しました。

副次的評価項目には、NDI、世界的な変化評価(GRC)、頭痛の頻度、頭痛の期間、および投薬量が含まれていました。 NDIは、首の痛みのある患者の自己評価障害を評価するために最も広く使用されている手段です[35 – 37]。 NDIは、10(障害なし)から5(完全な障害)[0]までの評価が付けられた38項目を含む自己申告アンケートです。 各項目の数値回答は、0と50の間の合計スコアで合計されます。 ただし、評価者の中には、生のスコアに2を掛けてから、NDIを0 – 100%の尺度で報告することを選択した[36、39]。 より高いスコアは障害のレベルの増加を表します。 NDIは、優れた再試験信頼性、強力な構造妥当性、強力な内的一貫性、および機械的頸部痛患者における障害の評価における良好な反応性[36、33]、むち打ち症関連障害[40、 38、41]、および混合非特異的頸部痛[42、43]。 CH患者におけるNDIの心理測定特性を調べた研究はないが、我々はこのカットオフスコアがNDIのMCIDを捕捉するので、NDIスコアが10ポイント(44%)以上の患者のみを含めることを選んだ。混合非特異的頸部痛[20]、機械的頸部痛[0]、および頸部神経根障害[50]の患者では、それぞれ約4、8、および9ポイント(44〜45)と報告されています。 頭痛頻度は、先週の頭痛を伴う日数として測定され、33から0日までの範囲であった。 頭痛期間は、6つの可能な範囲で、先週の頭痛の合計時間として測定されました。 h、(7)X NUMX - X NUM X h、または(X NUM X)X NUM X以上の時間。 過去5週間に患者が頭痛のために処方薬または市販の鎮痛薬または抗炎症薬を服用した回数として、薬の摂取量を測定した。(1)まったくしない、(0)1回、週、(5)数日に1回、(2)1日に1回または2回、または(6)1日に3回以上。

患者は1週、4週、および3月の追跡調査のために戻り、そこで上記の転帰測定値が再度収集された。 さらに、1週、4週および3月の追跡調査で、患者は、Jaeschkeらによって記載された尺度に基づいて15点のGRC質問を完成した。 [46]改善された機能に対する彼ら自身の認識を評価するため。 スケールは-7(非常に悪い)からゼロ(ほぼ同じ)から+ 7(非常に大きい)の範囲です。 悪化または改善する断続的な記述子には、それぞれ-1から-6および+ 1から+ 6の値が割り当てられます。 GRCのMCIDは特に報告されていませんが、+ 4と+ 5のスコアは通常、患者の状態の中程度の変化を示しています[46]。 しかしながら、最近のSchmittとAbbottは、GRCが股関節と足首の損傷を伴う集団の機能の変化と相関しないかもしれないと報告したことに注意すべきである[47]。 すべての結果の測定値は、グループの割り当てに盲目の評価者によって収集されました。

最初の来診時に、患者はすべての転帰測定を完了してから最初の治療セッションを受けた。 患者は、6週にわたる運動と組み合わせた、操作または動員のいずれかの8-4治療セッションを完了した。 さらに、各フォローアップ期間に「主要な」有害事象[48、49](脳卒中または恒久的な神経学的障害)を経験したかどうかを被験者に尋ねました。

ランダム化

ベースライン検査の後、患者は無作為に操作または動員と運動のいずれかを受けるように割り当てられた。 隠れた割り振りは、研究の開始前に患者の募集に関与していない個人によって作成されたコンピュータ生成の無作為化された番号表を使用することによって行われた。 各8データ収集サイトについて、ランダムに割り当てられた個々の連続番号の付いたインデックスカードを用意した。 インデックスカードは折り畳まれ、密封された不透明な封筒に入れられた。 ベースライン検査に盲目的に、治療療法士は封筒を開け、グループ割り当てに従って治療を進めた。 患者は検査を受けているセラピストと受けた特定の治療手順について話し合わないように指示された。 診察しているセラピストは、常に患者の治療グループ割り当てを盲目にしていました。 しかし、介入の性質に基づいて、患者を盲目にしたり、療法士を治療することは不可能でした。

操作グループ

左右のC1-2関節および両側のT1-2関節を対象とした操作は、少なくとも1回の6-8治療セッションで実施した(図1および2)。 他の治療セッションでは、セラピストはC2-1および/またはT2-1操作を繰り返すか、または他の対象となる脊椎関節(C2-0、C1-2、C3-3、T7-2、肋骨9-XNXX)を繰り返した。 。 標的とする脊椎分節の選択は治療療法士の裁量に任されており、それは患者報告と手動検査の組み合わせに基づいていた。 上部頸部および上部胸部の両方の操作について、最初の試みでポップ音または割れ音が聞こえなかった場合、セラピストは患者の位置を変え、2回目の操作を行いました。 他の研究[1、9-2]と同様に、各患者に対して最大14の試行が行われました。 臨床医は、この操作には複数の可聴ポップ音[50 - 53]が伴う可能性が高いとの指示を受けました。 患者は疼痛の範囲内で通常の活動を維持するよう奨励された。 しかし、動員と運動の処方、または他の様相の使用は、このグループには提供されませんでした。

図1 HVLAの推力操作は右に向いています テキサス州エルパソカイロプラクター

図2 HVLA上部胸椎への両側スラスト操作 テキサス州エルパソカイロプラクター

CXNUMX − XNUMXを標的とする操作は、仰向けに患者と共に行われた。 この技術では、「クレードルホールド」を使用して、アトラスの患者の左後弓をセラピストの左第2指の基節骨の外側面に接触させました。 力を左側のCXNUMX − XNUMX関節に集中させるために、患者は、伸張、後方 - 前方(PA)シフト、同側性側方屈曲および反対側性側方シフトを使用して位置決めされた。 この位置を維持しながら、セラピストは、下側の目に向かって円弧状に右回転し、テーブルに向かって並進運動を用いて、左の環軸椎間関節に対して単一の高速、低振幅スラスト操作を行った(図1)。 これを同じ手順を使用して、しかし右側のCXNUMX − XNUMX関節に向けて繰り返した。

T1-2を標的とした操作は、仰向けに患者と共に行われた。 この技術のために、患者は、肘を超下方方向に整列させた状態で、彼女の腕および前腕を胸部にわたって保持した。 セラピストは、目標運動セグメントの下椎骨の横突起を、第3指の隆起および中指骨と接触させた。 上側のレバーは、セラピストに向かって回転とサイドベンドを加えることによって目標の運動セグメントにローカライズされ、一方、下側の手はそれぞれ回内と半径方向の偏位を使用してそれぞれ回転とサイドベンドのモーメントを達成しました。 両側のTXNUMX − XNUMXを標的とする前後方向の操作を送達するために、剣状突起およびセラピストの肋軟骨縁に劣る空間を患者の肘に対する接触点として使用した(図XNUMX)。

動員運動グループ

左右のC1-2関節と両側のT1-2関節を対象とした動員は、少なくとも1回の6-8治療セッションで行われました。 他の治療セッションでは、セラピストはC1-2および/またはT1-2動員を繰り返すか、または他の脊椎関節を対象とした(すなわち、C0-1、C2 / 3、C3-7、T2-9、肋骨1-XNXX-mNXX-mNXX-mNXX -XNXX-mNXX -NNXX-XNXX -XNXX-XNXX -NNXX-XNXX-XNXを使用する) 。 標的とする脊椎分節の選択は治療療法士の裁量に任されており、それは患者報告と手動検査の組み合わせに基づいていた。 しかしながら、マニピュレーショングループと比較したときの「接触」または「注意効果」を回避するために、セラピストは各治療セッションにおいて一つの頸部分節(すなわち左右)および一つの胸部分節または肋骨関節を動員するように指示された。

CXNUMX − XNUMX関節を標的とする動員は腹臥位で行われた。 このテクニックのために、療法士はMaitland [1]によって記述されているようにC2-30モーションセグメントへの片側性片側グレードIV PA動員の1回の1の実行を行った。 これと同じ手順を、右環軸関節の1つの2について繰り返した。 さらに、少なくとも1回のセッションで、患者の腹臥位で上胸部(T7-30)の脊椎に向けられた動員が行われた。 このテクニックのために、療法士はMaitland [1]によって記述されているようにT2-30モーションセグメントへの中央グレードIV PA動員の1回の1 sの運動を実行した。 したがって、動員治療のために各被験者について合計でXNUMX(すなわち、約XNUMX Hzで3回のXNUMX発作)末端振動を使用した。 特に、より長い期間の動員がより短い期間または用量の動員よりも大きな疼痛軽減をもたらすことを示唆するための今日までの高品質な証拠はない[2、7]。

頭頸椎屈曲運動[11、61 - 63]は仰向けにして行い、頭頸部と頸椎を中間位置に配置することで頭の位置を標準化した。対象の額とあごは水平であり、耳の耳珠からの水平線は縦方向に首を二等分した。 空気で満たされた圧力バイオフィードバックユニット(Chattanooga Group、Inc.、Hixson、TN)を患者の首の後ろ側の後ろ側に置き、そして20 mmHg [63]のベースラインまで予め膨張させた。 段階的な運動では、患者は頭頸部の屈曲動作(「頭のうなずき、イエスを示すのと同じ」)[63]を実行し、22、24、26、28、および30 mmHgの圧力を視覚的に目標とするよう試みられました20 mmHgの静止ベースラインで、10 s [61、62]に対して位置を固定します。 うなずきの動作は穏やかでゆっくりした方法で行われました。 試験間に10の安静を認めた。 圧力が目標圧力を下回った場合、圧力が安定に保たれなかった、表在性の屈筋(胸骨鞘腫または前斜角筋)で置換された、または10の等尺性保持が完了する前に首の収縮が認められた。 [63] 最後に成功した目標圧力を使用して、XNUMXの等尺性保持を伴うXNUMXセットのXNUMXの繰り返しが実行された各患者の運動レベルを決定した。 動員および頭頸部の屈曲運動に加えて、患者は、各治療セッションの間に、肩帯の筋肉に対して3分の漸進的抵抗運動(すなわち、Therabands(登録商標)または自由体重)を許容範囲内で行う必要があった。特に下部僧帽筋と前部鋸歯[10]に焦点を当てています。

サンプルサイズ

サンプルサイズおよび検出力の計算は、MGH Biostatistics Center(Boston、MA)のオンラインソフトウェアを使用して行った。 計算は、3ポイントの標準偏差、2テール検定、およびアルファレベルが等しいと仮定して、20ヶ月の追跡調査でのNPRS(頭痛強度)における3ポイント(または2%)の差の検出に基づいていた0.05に。 これにより、1群あたり49患者のサンプルサイズが得られた。 保守的なドロップアウト率10%を見込んで、我々は少なくとも108患者を試験に採用することを計画した。 このサンプルサイズは、NPRSスコアの統計的に有意な変化を検出するために90%を超える検出力をもたらした。

データ解析

カテゴリー変数の頻度数、連続変数の中心傾向および分散の尺度などの記述統計量を計算してデータを要約しました。 頭痛の激しさおよび身体障害に対する治療の効果はそれぞれ、被験者間の変数および時間としてベースライン群として、治療群(操作対動員および運動)を用いて、分散の2×4混合モデル分析(ANOVA)で調べた。被験者内変数として1週、4週、および3月フォローアップ)。 従属変数としてNPRS(頭痛強度)とNDI(障害)を用いて別々のANOVAを行った。 各分散分析について、関心のある仮説は2方向の相互作用(時間ごとのグループ化)でした。

独立したt検定を使用して、頭痛の激しさと身体障害の両方におけるベースラインから3ヶ月の追跡調査への変化率についてグループ間の差異を決定した。 従属変数として頭痛頻度、GRC、頭痛期間および投薬量を用いて別々のマン - ホイットニーU検定を行った。 私たちは、ドロップアウトに関連した欠測データ点が無作為に欠落しているのか、体系的な理由で欠落しているのかを判断するために、MCAR(Little's Missing Completely At Random)検定[64]を行いました。 治療意図分析は期待値最大化を用いて行い、それによって欠損データは回帰式を用いて計算される。 計画的な対比較は、アルファレベルの.05でのBonferroni補正を使用して、グループ間のベースライン期間と追跡期間との間の差異を調べることで行った。

NPRSによって測定された頭痛強度の3ポイント改善のカットスコアを使用して2月の追跡調査でレスポンダーとして患者を二分した。 治療に必要な数(NNT)およびXNUMX%信頼区間(CI)もまた、成功した結果のためにこれらの定義のそれぞれを使用してXNUMXヶ月の追跡期間で計算した。 データ分析はSPSS XNUMXを用いて行った。

成果

頭痛を主訴とした251人の患者が、可能性のある適格性についてスクリーニングされた。 不適格性の理由は、図3、患者の勧誘と保持のフロー図に見出すことができます。 スクリーニングされた251患者のうち、平均年齢110歳(SD 35.16)および平均症状期間11.48歳(SD 4.56)の6.27患者は、適格基準を満たし、参加することに同意し、無作為に操作した(n)。 = 58)と動員と運動(n = 52)グループ。 各グループのベースライン変数は、表1にあります。 8外来理学療法クリニックの12人のセラピストが、それぞれ25、23、20、14、13、7、6、または2患者を治療した。 さらに、各12セラピストは、各グループの患者のほぼ等しい割合を治療しました。 操作群(0.227、SD 7.17)および動員および運動群(0.96、SD 6.90)についての完了した治療セッションの平均数の間に有意差はなかった(p = 1.35)。 さらに、CXNUMX − XNUMX関節を目標とした治療セッションの平均数は、操作群についてはXNUMX(SD XNUMX)であり、動員および運動群についてはXNUMX(SD XNUMX)であり、これは有意差はなかった(p = XNUMX)。 。 1患者のうちの177人は、2月までにすべての転帰測定を完了しました(6.41%追跡調査)。 Littleの完全無作為無作為検定(MCAR)検定は統計的に有意ではありませんでした(p = 1.63)。 したがって、欠損値を欠損した6.52月の結果の予測値で置き換えるために、期待値最大化代入手法を使用しました。

図3患者募集と維持のフロー図 テキサス州エルパソカイロプラクター

表1ベースライン変数、人口統計および結果の尺度 テキサス州エルパソカイロプラクター

頭痛強度の主な結果についての時間相互作用による全体的な群は、NPRSについて統計的に有意であった(F(3,106)= 11.196; p <0.001;部分η二乗= 0.24)。 群間の差異は、1週(2.1、95、1.2)、2.9週(4、2.3、%CI:95、1.5)および3.1週の両方で、操作群がNPRSにおいて統計的に有意に大きな改善を経験したことを明らかにした。 3月(2.1、95%CI:1.2、3.0)のフォローアップ期間(表2)。 さらに、独立したサンプルのt検定により、ベースラインから36.58月の追跡調査までの頭痛強度の変化率(95%、22.52%CI:50.64、3)の群間差が統計的に有意であることが明らかにされた(t(108) = 5.156; p <0.001)操作を優先します。 3月における頭痛強度の50、75、および100%減少を得た被験者の割合については表3を参照のこと。

頭痛の激しさおよび身体障害の表2の変化 テキサス州エルパソカイロプラクター

表3 50、75、および100減少率を得た被験者の割合。 テキサス州エルパソカイロプラクター

二次転帰については、NDIについて時間相互作用による有意な群が存在した(F(XNUMX)= XNUMX; p <XNUMX;部分η2乗= XNUMX)。 各追跡調査期間において、操作群は、動員および運動群と比較して、障害の軽減において優れた転帰を示した。 独立したサンプルのt検定により、ベースラインから3,106ヶ月の追跡調査の間のグループ内平均での障害の平均変化率(8.57%、0.001%CI:0.20、35.56)が統計的に有意であることが明らかになりました(t(95)= 24.95、p <46.17) ; マニピュレーショングループが障害の減少において有意に高いパーセンテージを経験したことを示す(表3)。

Mann-Whitney U検定では、1週(p <0.001;中央値2.0対3.0)、4週(p <0.001;中央値1.0対3.0)および3ヶ月で、上部頸部および上部胸部マニピュレーショングループの患者の頭痛の頻度が低いことが明らかになりました。 (p <XNUMX;中央値XNUMX対XNUMX)動員および運動群の患者より。 頭痛持続期間は、操作群の0.001週(p = 1.0;中央値2.5対1、0.005週(中央値2.0対3.0)および4月数(p <0.001;中央値1.0対2.0)で有意に低かった。 GRCによって測定された患者の知覚改善は3週(p <0.001、1.0対2.0)、1週(p <0.001、4.0対1.0)および4月(p <0.001、6.0対3.0)で有意に大きかった。 3月に、上部頸部および上部胸部の操作を受けた患者は、動員および運動群と比較して、薬物摂取量の有意な(p <0.001)大幅な減少を経験したNPRS上の6.0点のカットオフスコアに基づく。 XNUMX月の追跡調査で、NNTはXNUMX(XNUMX%CI:XNUMX、XNUMX)であった。

「軽微な」有害事象[48、49](一過性の神経学的症状、硬直性の増加、疼痛、疲労など)の発生に関するデータは収集されていません。 しかしながら、いずれの群についても「主要な」有害事象[48、49](脳卒中または永続的な神経学的障害)は報告されていない。

議論

主な調査結果

我々の知る限りでは、この研究は、CH患者における頸部および胸部の両方の操作の有効性を動員および運動と直接比較する最初の無作為化臨床試験である。 結果は、主に上頸椎(C6-8)と上胸椎(T4-1)の両方の脊椎に向けられた2週にわたる1-2操作のセッションを示唆し、頭痛強度、身体障害、頭痛頻度、頭痛期間のより大きな改善をもたらしたそして、運動と組み合わせた動員よりも薬の摂取量。 グループ間の頭痛強度の変化(2.1ポイント)と障害(6.0ポイントまたは12.0%)の推定値は、両方の測定で報告されたMCIDを超えました。 CH患者におけるNDIのMCIDはまだ調査されていないが、障害に対する95%CIの下限推定値(3.5ポイント)は、以下のMCIDよりわずかに低い(または2つのケースで近似される)ことに注意すべきである。機械的頸部痛を有する患者では3.5 [65]、5 [66]、および7.5 [45]点であり、頸部神経根症患者では8.5 [33]点であり、混合患者では3.5 [44]点であることが判明した。非特異的な首の痛み。 しかしながら、両方のグループが臨床的改善をしたことが認識されるべきである。 さらに、NNTは、動員ではなく、手技で治療された4人の患者ごとに、1人の追加患者が3ヶ月の追跡調査で臨床的に重要な疼痛軽減を達成することを示唆している。

研究の強みと弱み

12の異なる地理的状態にある8私立診療所の6治療理学療法士を含めることは、我々の調査結果の全体的な一般化可能性を高める。 3ヶ月までに有意差が認められたが、これらの利点が長期的に持続されるかどうかは知られていない。 加えて、我々は、回転と並進に同時に双方向推力を用いた高速低振幅操作技術とメイトランドに基づくグレードIVのPA動員技術を使用した。 したがって、我々はこれらの結果が他の種類の手動療法技術に一般化可能であることを確信できない。 比較グループが適切な介入を受けていなかった可能性があると主張する人もいるかもしれません。 我々は両方のグループのために内部と外部の妥当性のように標準化された取り扱いのバランスをとることを模索し、そしてまた複製を可能にするであろう使用される技術の非常に明白な説明を提供した。 さらに、我々は軽微な有害事象を測定せず、2つの潜在的な重大な有害事象についてのみ尋ねた。 もう1つの制限は、複数の二次的な結果が含まれていることです。 どのテクニックが優れていると思うかについてのセラピストの好みは収集されておらず、結果に影響を与える可能性があります。

他の研究との関連における強みと弱み:結果における重要な違い

Jullら。 [11] CHの管理における手技療法および運動の治療効果を実証した。 しかし、この治療パッケージは動員と操作の両方を含みました。 現在の研究では、重篤な有害事象の危険性があるため、子宮頸部の操作は避けるべきであることがしばしば示唆されているにもかかわらず、CH患者の管理に何らかの操作が含まれるべきであるという証拠を提供するかもしれない[67、68]。 さらに、頸部痛や頭痛のために脊椎操作を受けた個人は、医師による治療を受けた場合よりも椎骨脳卒中を経験する可能性が低いことが示されています[69]。 さらに、134の症例報告をレビューした後、Puenteduraら。 レッドフラッグの慎重なスクリーニングと禁忌によって患者を適切に選択することで、子宮頸部の操作に関連する有害事象の大部分は予防された可能性があると結論した[70]。

研究の意味:臨床医および政策立案者にとっての可能性のある説明および意味

現在の研究の結果に基づいて、臨床医はCHのある人に脊椎操作を組み込むことを検討すべきです。 最近の系統的レビューでは、動員と操作の両方がCH患者の管理に効果的であることがわかったが、どの技術が優れているかを決定することはできなかった[8]。 さらに、臨床ガイドラインでは、操作、動員、運動はすべてCH患者の管理に有効であると報告されています。 しかし、このガイドラインでは、どちらの手法の優位性についても提案されていません。 [71]現在の結果は、この集団における脊椎操作の使用に関するより具体的な推奨事項を提供する際に、将来の系統的レビューおよび臨床ガイドラインの著者を支援する可能性があります。

未回答の質問と今後の研究

なぜ操作がより大きな改善をもたらしたのかについての根本的なメカニズムは未だ解明されていない。 インパルス持続時間が200 ms未満の椎骨の高速変位は、機械受容体および固有受容体を刺激することによって求心性放電速度を変化させ、それによってα運動ニューロンの興奮性レベルおよびその後の筋活動を変化させる可能性がある[72 – 72]。 操作はまた、深い傍脊髄筋系の受容体を刺激する可能性があり、動員は表在筋の受容体を促進する可能性が高い可能性がある[74]。 生体力学的[75、76]、脊椎または分節状[77、78]および中枢性下行抑制性疼痛経路[79 – 80]モデルは、手術後に観察される鎮痛効果のもっともらしい説明です。 最近、手技の生体力学的効果が科学的な精査の下に行われており[83]、我々の研究で見いだされた臨床的利益が脊髄後角での一時的感覚合計を含む神経生理学的反応に関連していることはもっともらしい[84]。 しかしながら、この提案されたモデルは現在、CHの患者ではなく、健康な被験者[78、85]における実験的に誘発された一過性の疼痛からの所見のみで支持されている。 今後の研究では、さまざまな投与量のさまざまな手動療法テクニックを検討し、86年の追跡調査を含めるべきです。 さらに、操作と動員の両方の神経生理学的効果を調べる将来の研究は、これら2つの治療法の間に臨床効果に違いがあるのか​​どうかを判断するために重要になるでしょう。

結論

本研究の結果は、頸部および胸部の操作を受けたCH患者は、動員および運動を受けた群と比較して、頭痛強度、身体障害、頭痛頻度、頭痛期間、および薬物摂取量の有意な減少を経験した。 さらに、効果は3ヶ月の追跡調査で維持されました。 今後の研究では、さまざまな種類や投与量の操作の有効性を検討し、長期にわたる追跡調査を行う必要があります。

謝辞

著者らの誰もこの研究のための資金を受け取っていなかった。 著者は研究のすべての参加者に感謝します。

脚注

  • 競合する利益: James Dunning博士は、アメリカのマニピュレーションセラピー学会(AAMT)の会長です。 AAMTは、脊椎手術、脊椎動員、ドライニードリング、四肢手術、四肢動員、器具補助軟組織動員、および認可された理学療法士、整骨院および医師への治療的運動に関する大学院研修プログラムを提供しています。 博士 James Dunning、Raymond Butts、Thomas Perreault、およびFiras MouradがAAMTの上級講師です。 他の作者は彼らが競合する利益を持っていないと宣言します。
  • 著者の貢献: JRDは原稿の構想、デザイン、データ収集、統計分析および起草に参加しました。 RBとIYは、原稿のデザイン、データ収集、統計分析、および改訂に参加しました。 FMは、原稿のデザイン、統計分析、データの解釈、および改訂に参加しました。 MHは原稿の構想、デザイン、および改訂に参加しました。 CFとJCは、重要な知的内容に関する統計分析、データの解釈、および原稿の批判的な改訂に関わっていました。 TS、JD、DB、THはデータの収集と原稿の修正に関わった。 著者全員が最終原稿を読み、承認しました。

寄稿者情報

Ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4744384/

結論として、 頸椎、または首の周囲の構造に沿った健康問題による二次的頭痛によって引き起こされる頭痛は、患者の生活の質に影響を及ぼし得る痛みを伴う衰弱性の症状を引き起こし得る。 脊椎の操作と動員は、子宮頸管性頭痛の症状を改善するために安全かつ効果的に利用することができます。 国立バイオテクノロジー情報センター(NCBI)から参照される情報。 私たちの情報の範囲は、カイロプラクティックだけでなく、脊髄損傷や症状に限定されています。 主題について議論するために、Jimenez博士に尋ねるか、または私達に連絡すること自由に感じなさい 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

1。 頭痛障害の国際分類:3rdエディション。 頭痛。 2013; 33(9):629-808。 [PubMed]
2。 アンソニー・M.子宮頸部痛:有病率と局所ステロイド療法への反応。 臨床経験リウマチ。 2000; 18(2 Suppl 19):S59–64。 [PubMed]
3。 Nilsson N. 20-59歳の無作為母集団サンプルにおける子宮頸管性頭痛の有病率。 背骨(フィラパー1976)1995; 20(17):1884–8。 doi:10.1097 / 00007632-199509000-00008。 [PubMed] [Cross Ref]
4。 Bogduk N、Govind J.子宮頸部痛:臨床診断、侵襲的検査、および治療に関する証拠の評価。 ランセットニューロン。 2009; 8(10):959–68。 doi:10.1016 / S1474-4422(09)70209-1。 [PubMed] [Cross Ref]
5。 Sjaastad O、Fredriksen TA、Pfaffenrath V.子宮頸性頭痛:診断基準。 子宮頸性頭痛国際研究グループ。 頭痛。 1998; 38(6):442–5。 doi:10.1046 / j.1526-4610.1998.3806442.x。 [PubMed] [Cross Ref]
6。 フェルナンデスデラスペナスC、アロンソブランコC、クアドラドML、パレハJA 子宮頸性頭痛の管理における脊椎操作療法。 頭痛。 2005; 45(9):1260–3。 doi:10.1111 / j.1526-4610.2005.00253_1.x。 [PubMed] [Cross Ref]
7。 メイトランドGD。 脊椎操作。 5。 オックスフォード:Butterworth-Heinemann; 1986。
8。 Bronfort G、Haas M、Evans R、Leininger B、Triano J.手動療法の有効性:英国の証拠報告。 Chiropr Osteopat。 2010; 18:3。 doi:10.1186 / 1746-1340-18-3。 [PMC無料記事] [PubMed] [相互参照]
9。 Haas M、Groupp E、Aickin M、Fairweather A、Ganger B、Attwood Mなど 慢性子宮頸部の頭痛と関連する首の痛みのカイロプラクティックケアの用量反応:無作為化パイロット研究。 Jマニピュレイティブフィジオテル 2004; 27(9):547–53。 doi:10.1016 / j.jmpt.2004.10.007。 [PubMed] [Cross Ref]
10。 Haas M、Spegman A、Peterson D、Aickin M、Vavrek D.慢性子宮頸部頭痛に対する脊椎操作の用量反応と有効性:パイロットランダム化比較試験。 Spine J. 2010; 10(2):117–28。 doi:10.1016 / j.spinee.2009.09.002。 [PMC無料記事] [PubMed] [相互参照]
11。 Jull G、Trott P、Potter H、Zito G、Niere K、Shirley Dなど 子宮頸性頭痛に対する運動と整体療法のランダム化比較試験。 背骨(フィラパー1976)2002; 27(17):1835–43。 doi:10.1097 / 00007632-200209010-00004。 [PubMed] [Cross Ref]
12。 Nilsson N.子宮頸性頭痛の治療における脊椎操作の効果のランダム化比較試験。 Jマニピュレイティブフィジオテル 1995; 18(7):435–40。 [PubMed]
13。 Nilsson N、Chrissensen HW、Hartvigsen J.子宮頸部頭痛の治療における脊椎操作の効果。 Jマニピュレイティブフィジオテル 1997; 20(5):326–30。 [PubMed]
14。 Dunning JR、Cleland JA、Waldrop MA、Arnot CF、Young IA、Turner Mなど 機械的頸部痛患者における上部頸部および上部胸部のスラスト操作対非スラスト動員:多施設無作為化臨床試験。 J Orthopスポーツ物理学 2012; 42(1):5–18。 doi:10.2519 / jospt.2012.3894。 [PubMed] [Cross Ref]
15。 Hurwitz EL、Morgenstern H、Harber P、Kominski GF、Yu F、Adams AH。 首の痛みのある患者に対するカイロプラクティック操作と動員のランダム化試験:UCLAの首の痛みの研究からの臨床結果。 アムJパブリックヘルス。 2002; 92(10):1634–41。 doi:10.2105 / AJPH.92.10.1634。 [PMC無料記事] [PubMed] [相互参照]
16。 Leaver AM、Maher CG、Herbert RD、Latimer J、McAuley JH、Jull Gなど 最近の発症した首の痛みに対する操作と動員を比較するランダム化比較試験。 Arch Phys Med Rehabil。 2010; 91(9):1313–8。 doi:10.1016 / j.apmr.2010.06.006。 [PubMed] [Cross Ref]
17。 ワンドBM、ハイネPJ、オコネルNE。 機械的な首の痛みのために頸椎の操作を放棄すべきですか? はい。 BMJ。 2012; 344:e3679。 doi:10.1136 / bmj.e3679。 [PubMed] [Cross Ref]
18。 Sjaastad O、Fredriksen TA。 子宮頸性頭痛:基準、分類および疫学。 臨床経験リウマチ。 2000; 18(2 Suppl 19):S3–6。 [PubMed]
19。 ビンセントMB、ルナRA。 子宮頸性頭痛:片頭痛および緊張型頭痛との比較。 頭痛。 1999; 19(Suppl 25):11–6。 doi:10.1177 / 0333102499019S2503。 [PubMed] [Cross Ref]
20。 Zwart JA。 さまざまな頭痛障害における首の可動性。 頭痛。 1997; 37(1):6–11。 doi:10.1046 / j.1526-4610.1997.3701006.x。 [PubMed] [Cross Ref]
21。 ホールT、ロビンソンK。屈曲-回転テストとアクティブな頸部可動性-子宮頸性頭痛の比較測定研究。 マン・サー。 2004; 9(4):197–202。 doi:10.1016 / j.math.2004.04.004。 [PubMed] [Cross Ref]
22。 ホールTM、ブリッファK、ホッパーD、ロビンソンKW。 頸椎性頭痛と屈曲回転試験により決定される障害との関係。 Jマニピュレイティブフィジオテル 2010; 33(9):666–71。 doi:10.1016 / j.jmpt.2010.09.002。 [PubMed] [Cross Ref]
23。 オギンスM、ホールT、ロビンソンK、ブラックモアAM。 C1 / 2関連の子宮頸部頭痛における頸部屈曲回転試験の診断的妥当性。 マン・サー。 2007; 12(3):256–62。 doi:10.1016 / j.math.2006.06.016。 [PubMed] [Cross Ref]
24。 Hutting N、Verhagen AP、Vijverman V、Keesenberg MD、Dixon G、Scholten-Peeters GG。 手術前の椎骨脳底不全検査の診断精度:系統的レビュー。 マン・サー。 2013; 18(3):177–82。 doi:10.1016 / j.math.2012.09.009。 [PubMed] [Cross Ref]
25。 ケリー・R、テイラー・A・J、ミッチェル・J、マッカーシー・C。頸動脈機能障害および手作業療法:専門的実践を知らせるための重要な文献レビュー。 マン・サー。 2008; 13(4):278–88。 doi:10.1016 / j.math.2007.10.006。 [PubMed] [Cross Ref]
26。 トーマスLC、リベットDA、ベイトマンG、スタンウェルP、レヴィCR。 脊椎頸部および内頸動脈の血流および脳流入に対する機械的頸部痛に対する選択された手動療法介入の効果。 Phys Ther。 2013; 93(11):1563–74。 doi:10.2522 / ptj.20120477。 [PubMed] [Cross Ref]
27。 Quesnele JJ、Triano JJ、Noseworthy MD、Wells GD。 さまざまな頭部位置と頸椎操作後の椎骨動脈血流量の変化。 Jマニピュレイティブフィジオテル 2014; 37(1):22–31。 doi:10.1016 / j.jmpt.2013.07.008。 [PubMed] [Cross Ref]
28。 テイラーAJ、ケリーR.「椎骨動脈検査」。 マン・サー。 2005; 10(4):297。 doi:10.1016 / j.math.2005.02.005。 [PubMed] [Cross Ref]
29。 ケリー・R、テイラー・A・J、ミッチェル・J、マッカーシー・C、ブリュー・J。手技療法と頸動脈機能障害、将来の方向:臨床的展望。 J Man Manip Ther。 2008; 16(1):39–48。 doi:10.1179 / 106698108790818620。 [PMC無料記事] [PubMed] [相互参照]
30。 ホールTM、ロビンソンKW、藤輪O、赤坂K、パインEA。 頸部屈曲-回転試験の検査者間の信頼性と診断の妥当性。 Jマニピュレイティブフィジオテル 2008; 31(4):293–300。 doi:10.1016 / j.jmpt.2008.03.012。 [PubMed] [Cross Ref]
31。 ジェンセンMP、カロリーP、ブレイバーS. 疼痛。 1986; 27(1):117–26。 doi:10.1016 / 0304-3959(86)90228-9。 [PubMed] [Cross Ref]
32。 クレランドJA、チャイルズJD、ホイットマンJM。 機械的頸部痛患者における頸部障害指数の心理測定特性と数値的疼痛評価尺度。 Arch Phys Med Rehabil。 2008; 89(1):69–74。 doi:10.1016 / j.apmr.2007.08.126。 [PubMed] [Cross Ref]
33。 Young IA、Cleland JA、Michener LA、Brown C.頸部神経根障害患者の頸部障害指数、患者固有の機能スケール、および数値疼痛評価スケールの信頼性、構造妥当性、および応答性。 Am J Phys Med Rehabil。 2010; 89(10):831–9。 doi:10.1097 / PHM.0b013e3181ec98e6。 [PubMed] [Cross Ref]
34。 Farrar JT、Young JP、Jr、LaMoreaux L、Werth JL、Poole RM。 慢性疼痛強度の変化の臨床的重要性は、11ポイント数値疼痛評価尺度で測定した。 痛み。 2001; 94(2):149-58。 doi:10.1016 / S0304-3959(01)00349-9。 [PubMed] [クロスリファレンス]
35。 Vernon H. The Neck Disability Index:最先端の1991-2008。 Jマニピュレイティブフィジオテル 2008; 31(7):491–502。 doi:10.1016 / j.jmpt.2008.08.006。 [PubMed] [Cross Ref]
36。 MacDermid JC、Walton DM、Avery S、Blanchard A、Etruw E、McAlpine Cなど 首障害指数の測定特性:系統的レビュー。 J Orthopスポーツ物理学 2009; 39(5):400–17。 doi:10.2519 / jospt.2009.2930。 [PubMed] [Cross Ref]
37。 Pietrobon R、Coeytaux RR、Carey TS、Richardson WJ、DeVellis RF。 子宮頸部の痛みまたは機能障害の機能的転帰を測定するための標準尺度:系統的レビュー。 背骨(フィラパー1976)2002; 27(5):515–22。 doi:10.1097 / 00007632-200203010-00012。 [PubMed] [Cross Ref]
38。 Vernon H、Mior S. The Neck Disability Index:信頼性と妥当性の研究。 Jマニピュレイティブフィジオテル 1991; 14(7):409–15。 [PubMed]
39。 ヴァーノンH.首障害指数の心理測定特性。 Arch Phys Med Rehabil。 2008; 89(7):1414–5。 doi:10.1016 / j.apmr.2008.05.003。 [PubMed] [Cross Ref]
40。 Cleland JA、Fritz JM、Whitman JM、Palmer JA。 頸部神経根障害患者の首障害指数と患者固有の機能スケールの信頼性と構成の妥当性。 背骨(フィラパー1976)2006; 31(5):598–602。 doi:10.1097 / 01.brs.0000201241.90914.22。 [PubMed] [Cross Ref]
41。 Hoving JL、O'Leary EF、Niere KR、Green S、Buchbinder R.首障害指数の有効性、Northwick Park首の痛みアンケート、およびむち打ち症に関連する障害を測定するための問題誘発技術。 疼痛。 2003; 102(3):273–81。 doi:10.1016 / S0304-3959(02)00406-2。 [PubMed] [Cross Ref]
42。 ミエッティネンT、レイノE、アイラクシネンO、リンドグレンKA。 むち打ち症後の長期的な健康問題を予測するために、単純な検証済みアンケートを使用する可能性。 背骨(フィラパー1976)2004; 29(3):E47–51。 doi:10.1097 / 01.BRS.0000106496.23202.60。 [PubMed] [Cross Ref]
43。 McCarthy MJ、Grevitt MP、Silcocks P、Hobbs G.VernonおよびMiorの頸部障害指数の信頼性、およびその妥当性を短い形式の36健康調査アンケートと比較。 Eur Spine J. 2007; 16(12):2111–7。 doi:10.1007 / s00586-007-0503-y。 [PMC無料記事] [PubMed] [相互参照]
44。 プールJJ、オステロRW、ホービングJL、ブーターLM、デベトHC。 首の痛みを伴う患者の首の障害指数と数値評価尺度の臨床的に重要な最小限の変化。 背骨(フィラパー1976)2007; 32(26):3047–51。 doi:10.1097 / BRS.0b013e31815cf75b。 [PubMed] [Cross Ref]
45。 ヤングBA、ウォーカーMJ、ストランセJB、ボイルズRE、ホイットマンJM、チャイルズJD 機械的頸部障害患者における頸部障害指数の応答性。 Spine J. 2009; 9(10):802–8。 doi:10.1016 / j.spinee.2009.06.002。 [PubMed] [Cross Ref]
46。 Jaeschke R、歌手J、Guyatt GH。 健康状態の測定。 臨床的に重要な最小限の違いを確認する。 コントロール臨床試験。 1989; 10(4):407–15。 doi:10.1016 / 0197-2456(89)90005-6。 [PubMed] [Cross Ref]
47。 シュミットJ、アボットJH。 変化のグローバルな評価は、臨床診療における経時的な機能変化を正確に反映していません。 J Orthopスポーツ物理学 2015; 45(2):106–11。 doi:10.2519 / jospt.2015.5247。 [PubMed] [Cross Ref]
48。 Carlesso L、Macdermid JC、Santaguida L.整形外科理学療法における有害事象用語と報告の標準化–頸椎への応用。 J Orthopスポーツ物理学 2010; 40:455–63。 doi:10.2519 / jospt.2010.3229。 [PubMed] [Cross Ref]
49。 Carlesso LC、Gross AR、Santaguida PL、Burnie S、Voth S、Sadi J.成人の頸部痛の治療のための頸部操作および動員の使用に関連する有害事象:系統的レビュー。 マン・サー。 2010; 15(5):434–44。 doi:10.1016 / j.math.2010.02.006。 [PubMed] [Cross Ref]
50。 クリーランドJA、グリンP、ホイットマンJM、エバーハートSL、マクドナルドC、チャイルズJD。 頸部痛患者の胸椎に向けられたスラスト対非スラスト動員/操作の短期効果:無作為化臨床試験。 Phys Ther。 2007; 87(4):431–40。 doi:10.2522 / ptj.20060217。 [PubMed] [Cross Ref]
51。 Gonzalez-Iglesias J、Fernandez-de-las-Penas C、Cleland JA、Alburquerque-Sendin F、Palomeque-del-Cerro L、Mendez-Sanchez R.急性の機械的頸部痛患者の管理:無作為化臨床試験。 マン・サー。 2009; 14(3):306–13。 doi:10.1016 / j.math.2008.04.006。 [PubMed] [Cross Ref]
52。 ゴンザレス・イグレシアスJ、フェルナンデス・デ・ラス・ペナスC、クレランドJA、グティエレス・ベガMR 頸部痛患者の管理のための胸椎操作:無作為化臨床試験。 J Orthopスポーツ物理学 2009; 39(1):20–7。 doi:10.2519 / jospt.2009.2914。 [PubMed] [Cross Ref]
53。 ラウHM、ウィングチウTT、ラムTH。 慢性機械的頸部痛患者に対する胸部操作の有効性–ランダム化比較試験。 マン・サー。 2011; 16(2):141–7。 doi:10.1016 / j.math.2010.08.003。 [PubMed] [Cross Ref]
54。 Beffa R、Mathews R.調整は対象関節を空洞化しますか? キャビテーション音の場所の調査。 Jマニピュレイティブフィジオテル 2004; 27(2):e2。 doi:10.1016 / j.jmpt.2003.12.014。 [PubMed] [Cross Ref]
55。 Dunning J、Mourad F、Barbero M、Leoni D、Cescon C、Butts R.上部頸部推力操作中の両側性および複数のキャビテーション音。 BMC Musculoskelet Disord。 2013; 14:24。 doi:10.1186 / 1471-2474-14-24。 [PMC無料記事] [PubMed] [相互参照]
56。 レガースJW。 操作上の亀裂。 周波数分析。 オーストララスチロプルオステオパシー。 1996; 5(2):39–44。 [PMC無料記事] [PubMed]
57。 ロスJK、ベレスニックDE、マギルSM。 腰椎と胸椎の操作中のキャビテーション位置の決定:脊椎の操作は正確で特異的ですか? 背骨(フィラパー1976)2004; 29(13):1452–7。 doi:10.1097 / 01.BRS.0000129024.95630.57。 [PubMed] [Cross Ref]
58。 エヴァンスDW、ルーカスN.「操作」とは何ですか? 再評価。 マン・サー。 2010; 15(3):286–91。 doi:10.1016 / j.math.2009.12.009。 [PubMed] [Cross Ref]
59。 グロスA、ミラーJ、D 'シルバJ、バーニーSJ、ゴールドスミスCH、グラハムN、他 首の痛みの操作または動員:コクランのレビュー。 マン・サー。 2010; 15(4):315–33。 doi:10.1016 / j.math.2010.04.002。 [PubMed] [Cross Ref]
60。 モスP、スルカK、ライトA.変形性関節症性痛覚過敏に対する膝関節可動化の初期効果。 マン・サー。 2007; 12(2):109–18。 doi:10.1016 / j.math.2006.02.009。 [PubMed] [Cross Ref]
61。 ファラD、ビレンキージG、ジュルG.慢性的な首の痛みのある患者は、機能的な上肢課題の遂行中に筋肉の活性化のパターンの変化を示します。 背骨(フィラパー1976)2004; 29(13):1436–40。 doi:10.1097 / 01.BRS.0000128759.02487.BF。 [PubMed] [Cross Ref]
62。 Falla D、Jull G、Dall'Alba P、Rainoldi A、Merletti R.頭頸部屈曲のパフォーマンスにおける深部頸屈筋の筋電図分析。 Phys Ther。 2003; 83(10):899–906。 [PubMed]
63。 Jull G.むち打ち症の深い頸部屈筋の機能障害。 筋骨格痛のジャーナル。 2000; 8:143–54。 doi:10.1300 / J094v08n01_12。 [相互参照]
64。 Rubin LH、Witkiewitz K、Andre JS、Reilly S.行動神経科学の欠落データを処理する方法:赤ちゃんラットを風呂の水で捨てないでください。 J Undergrad Neurosci Educ。 2007; 5(2):A71–7。 [PMC無料記事] [PubMed]
65。 Jorritsma W、Dijkstra PU、de Vries GE、Geertzen JH、Reneman MF。 首の痛みと障害スケールおよび首障害指数の関連する変化と反応性を検出します。 Eur Spine J. 2012; 21(12):2550–7。 doi:10.1007 / s00586-012-2407-8。 [PMC無料記事] [PubMed] [相互参照]
66。 Stratford PW、Riddle DL、Binkley JM、Spadoni G、Westaway MD、Padfield B.個々の患者に関する決定を行うための首障害指数の使用。 理学療法士 1999; 51:107–12。
67。 Ernst E.頸椎の操作:重大な有害事象の症例報告の系統的レビュー、1995-2001。 Med J Aust。 2002; 176(8):376–80。 [PubMed]
68。 オッペンハイムJS、スピッツァーDE、シーガルDH。 脊椎操作後の非血管合併症。 Spine J. 2005; 5(6):660–6。 doi:10.1016 / j.spinee.2005.08.006。 [PubMed] [Cross Ref]
69。 キャシディJD、ボイルE、コートP、He Y、ホッグジョンソンS、シルバーFL、他 椎骨脳底脳卒中およびカイロプラクティックケアのリスク:集団ベースの症例対照および症例クロスオーバー研究の結果。 背骨(フィラPa 1976)2008; 33(4 Suppl):S176–83。 doi:10.1097 / BRS.0b013e3181644600。 [PubMed] [Cross Ref]
70。 プエンテデューラEJ、マーチJ、アンダースJ、ペレスA、ランダースMR、ウォールマンHW、他 頸椎操作の安全性:有害事象は予防可能であり、操作は適切に実行されていますか? 134ケースレポートのレビュー。 J Man Manip Ther。 2012; 20(2):66–74。 doi:10.1179 / 2042618611Y.0000000022。 [PMC無料記事] [PubMed] [相互参照]
71。 チャイルズJD、クレランドJA、エリオットJM、テイヘンDS、ウェインナーRS、ホイットマンJMなど 首の痛み:米国理学療法協会の整形外科部門の機能、障害、および健康の国際分類にリンクされた臨床診療ガイドライン。 J Orthopスポーツ物理学 2008; 38(9):A1–A34。 doi:10.2519 / jospt.2008.0303。 [PubMed] [Cross Ref]
72。 Pickar JG、Kang YM。 力制御下の脊椎操作の持続時間に対する傍脊柱筋紡錘の反応 Jマニピュレイティブフィジオテル 2006; 29(1):22–31。 doi:10.1016 / j.jmpt.2005.11.014。 [PubMed] [Cross Ref]
73。 Herzog W、Scheele D、Conway PJ。 脊椎操作療法に伴う背筋および四肢筋の筋電図反応。 背骨(フィラパー1976)1999; 24(2):146–52。 doi:10.1097 / 00007632-199901150-00012。 [PubMed] [Cross Ref]
74。 インダールA、カイグルAM、レイケラスO、ホルムSH。 ブタ腰椎椎間板、頬骨関節、および傍脊椎筋間の相互作用。 背骨(フィラパー1976)1997; 22(24):2834–40。 doi:10.1097 / 00007632-199712150-00006。 [PubMed] [Cross Ref]
75。 ボルトンPS、バジェットBS。 脊椎の操作と脊椎の可動化は、異なる軸感覚ベッドに影響を与えます。 メッド仮説。 2006; 66(2):258–62。 doi:10.1016 / j.mehy.2005.08.054。 [PubMed] [Cross Ref]
76。 Cassidy JD、Lopes AA、Yong-Hing K.頸椎の痛みと可動域に対する操作対動員の即時効果:無作為化対照試験。 Jマニピュレイティブフィジオテル 1992; 15(9):570–5。 [PubMed]
77。 マルティネス・セグラR、フェルナンデス・デ・ラス・ペナスC、ルイス・サエズM、ロペス・ヒメネスC、ロドリゲス・ブランコC.1回の頸部高速低振幅操作後の首の痛みと活動範囲への即時効果機械的頸部痛を呈する被験者:ランダム化比較試験。 Jマニピュレイティブフィジオテル 2006; 29(7):511–7。 doi:10.1016 / j.jmpt.2006.06.022。 [PubMed] [Cross Ref]
78。 ビアロスキーJE、ビショップMD、プライスDD、ロビンソンME、ジョージSZ。 筋骨格痛の治療における手動療法のメカニズム:包括的なモデル。 マン・サー。 2009; 14(5):531–8。 doi:10.1016 / j.math.2008.09.001。 [PMC無料記事] [PubMed] [相互参照]
79。 Dunning J、Rushton A.上腕二頭筋の安静時の筋電図活動に対する頸部高速低振幅推力操作の効果。 マン・サー。 2009; 14(5):508–13。 doi:10.1016 / j.math.2008.09.003。 [PubMed] [Cross Ref]
80。 Haavik-Taylor H、Murphy B.頸椎操作は感覚運動統合を変化させる:体性感覚誘発電位研究。 臨床神経生理学。 2007; 118(2):391–402。 doi:10.1016 / j.clinph.2006.09.014。 [PubMed] [Cross Ref]
81。 ミランM.痛みの下降制御。 プログレ神経生物学。 2002; 66:355–74。 doi:10.1016 / S0301-0082(02)00009-6。 [PubMed] [Cross Ref]
82。 Skyba D、Radhakrishnan R、Rohlwing J、Wright A、Sluka K.共同操作は、脊髄のオピオイドまたはGABA受容体ではなくモノアミン受容体の活性化により痛覚過敏を軽減します。 疼痛。 2003; 106:159–68。 doi:10.1016 / S0304-3959(03)00320-8。 [PMC無料記事] [PubMed] [相互参照]
83。 Zusman M.前脳を介した中枢性疼痛経路の感作:「非特異的」疼痛と手治療の新しいイメージ。 マン・サー。 2002; 7:80–8。 doi:10.1054 / math.2002.0442。 [PubMed] [Cross Ref]
84。 ビアロスキーJE、ジョージSZ、ビショップMD。 脊椎操作療法の仕組み:なぜ尋ねるのですか? J Orthopスポーツ物理学 2008; 38(6):293–5。 doi:10.2519 / jospt.2008.0118。 [PubMed] [Cross Ref]
85。 司教MD、ベネチュクJM、ジョージSZ。 胸椎操作後の一時的な感覚総和の即時減少。 Spine J. 2011; 11(5):440–6。 doi:10.1016 / j.spinee.2011.03.001。 [PMC無料記事] [PubMed] [相互参照]
86。 ジョージSZ、ビショップMD、ビアロスキーJE、ゼッピエリG、Jr、ロビンソンME。 温熱性疼痛感受性に対する脊髄操作の即時効果:実験的研究。 BMC Musculoskelet Disord。 2006; 7:68。 doi:10.1186 / 1471-2474-7-68。 [PMC無料記事] [PubMed] [相互参照]

Green-Call-Now-Button-24H-150x150-2-3.png

その他のトピック:背痛

統計によると、およそ80%の人々は、生涯を通じて少なくとも1回は腰痛の症状を経験するでしょう。 背中の痛み さまざまな傷害および/または状態のために生じることがある一般的な苦情である。 多くの場合、年齢とともに背骨の自然な変性が腰痛を引き起こす可能性があります。 ヘルニアディスク 椎間板の柔らかくゲル状の中心が、その周囲の軟骨の外側環の裂傷を押して、神経根を圧縮して刺激するときに起こる。 椎間板ヘルニア形成は、腰椎または腰椎に沿って最も一般的に起こるが、頸椎または頚部に沿って起こることもある。 負傷および/または悪化した状態のために腰部に見られる神経の衝突は、坐骨神経痛の症状につながる可能性がある。

漫画paperboyの大きなニュースのブログの画像

重要なトピック:片頭痛治療

その他のトピックス:エクストラエクストラ:El Paso、Tx | アスリート