腰椎椎間板の命名法:バージョン2.0 | テキサス州エルパソ
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

腰椎椎間板命名法:バージョン2.0

Herniated Discとは何ですか?

背骨は、互いの上に積み重ねられた椎骨と呼ばれる24の骨で構成されています。 これらの脊椎骨は最終的に結ばれ、脊髄を保護するための管が形成される。 各椎骨の間には、脊椎のためのショックアブソーバとして機能する流体充填椎間板がある。 しかし、時間の経過とともに、これらの フレキシブルなゼリードーナツ様のディスクがヘルニアになり始めるそこでは、椎間板の核がその外側リングを押して腰痛を引き起こす。 以下では、様々なタイプのヘルニアの椎間板を実証し、その原因、症状および治療の選択肢について議論する。

抽象

背景Cオンテックス

論文「腰椎椎間板病理の命名法と分類、北米脊椎学会、米国脊椎放射線学会、米国神経放射線学会の合同タスクフォースの推奨事項」は、2001年に脊椎に掲載されました(©Lippincott、ウィリアムズ&ウィルキンス)。 これは、David Fardon、MD、およびPierre Milette、MDによって作成され、American Society of Spine Radiology(ASSR)、American Society of Neuroradiology(ASNR)、およびNorth American Spine Society(NASS)によって正式に承認されました。 その目的は、脊椎用語の使用法のより明確で一貫性を促進することであり、2001年以上にわたってこの目的を十分に果たしてきました。 XNUMX年以来、腰椎椎間板ヘルニアの理解は十分に進化しており、元の文書の改訂と更新の必要性を示唆しています。 改訂された文書はここに提示されており、ASSR、ASNR、およびNASSの現代の合同任務部隊のコンセンサス推奨を表しています。 この記事は、放射線および臨床ケアの現在の概念と一致する変更を反映しています。

目的

臨床医、放射線科医、研究者の間で腰椎椎間板専門用語の明確な理解を促進するリソースを提供する。 すべての関係者は、椎間板障害の患者に最も良く役立つ、正確かつ一貫して使用できる腰椎椎間板の正常および病理学的状態の標準用語を必要とする。

研究DESIGN

この記事は、文献のレビューで構成されています。

メソッド

腰椎椎間板に関する文献のPubMed検索を行った。 タスクフォースメンバーは個別にまとめて文献をレビューし、2001文書を改訂しました。 改訂された文書は、ASSR、ASNR、NASSの運営委員会に審査のために提出された。 理事会からのフィードバックに基づいてさらに改訂された後、論文は、社会のコンセンサス勧告を代表する3つの社会の管理委員会による公表のために承認された。

成果

この記事では、腰椎椎間板に関連する推奨される診断カテゴリについて議論しています:正常; 先天性/発達性の変異; 退化; トラウマ; 感染症/炎症; 新形成; および/または不確定な有意性の形態的変異体である。 記事では、腰椎椎間板に関する用語集、これらの用語の詳細な説明、推奨される使用法について説明します。 用語は、優先、非推奨、非標準、および口語として記述されています。 更新されたイラストは、特定の重要な用語を絵で描いています。 タスクフォースの推奨事項の基礎を提供する文献参照が含まれています。

結論

2001が広く提供している文書を改訂して更新しました。 ことができます。 正常および異常な腰椎の解剖学的および生理学的特性の記述における一貫性および正確さを維持するのに役立ち、その命名法に基づいて分類および報告するためのシステムとして機能する命名法。

キーワード

環状裂傷、環状裂傷、椎間板膨らみ(椎間板膨らんだもの)、椎間板変性、椎間板押出、椎間板ヘルニア、椎間板術、椎間板突出、高輝度ゾーン、腰椎椎間板

序文

北米脊椎学会(NASS)、米国脊椎放射線学会(ASSR)および米国神経細胞学会(ASNR)の共同努力により、2001で発表された腰椎椎間板病理学的コンセンサスの命名法および分類は、放射線科医、臨床家、そして10年以上の関心のある公衆[1]。 この文書は時間のテストに合格しています。 ASSRのイニシアチブに対応して、ASSR、ASNR、およびNASSの脊椎医師のタスクフォースが、この文書をレビューおよび修正しました。 この改訂された文書は、放射線学的および臨床的ケアにおける現在の概念と一致する変化を伴って、原形の形式およびほとんどの言語を保存する。 この変更は主に次の点を対象としています。現代のニーズを満たすテキスト、用語集、および参考文献の更新と拡張。 より明確にするための図の改訂。 「環状裂け目」の代わりに「環状裂け目」という用語の強調。 「急性」および「慢性」椎間板ヘルニアの定義の改良。 椎間板ヘルニアと非対称に隆起する椎間板との区別の改訂; 修正されたテキストと図からより明確になるように表を削除する。 これらのプラクティスが頻繁に変更されるため、Reporting and Codingのセクションを削除する必要があります。 その他いくつかの小さな改正がなされている。 この改訂版は、イメージング医師および臨床医師によって普遍的に受け入れられ使用されている実行可能な標準命名法を更新する。

紹介とHアイツリー

医師は、腰椎の正常および病的状態[2、3、4、5]の標準用語を必要とする。 臨床診断および治療上の意思決定のためにイメージングから得られた印象を伝達するためには、正確、一貫性、合理的な精度で解釈できる用語が特に重要です。 しかし、 クリア 患者、家族、雇用者、保険会社、法律家、社会計画者、研究者にとっても、このような理解は非常に重要なことであると、放射線専門医と臨床医の間のディスク用語の理解がこの作業の焦点です。

1995では、NASSの多分野のタスクフォースが、腰椎椎間板の状態を定義するよく使われる用語の欠点に対処しました。 それは問題[6、7、8、9、10、11]のいくつかの文書を引用し、標準化のための詳細な勧告を行った。 その作業は、NASSと米国整形外科医のアカデミー[9]の共著に掲載されました。 この作品は、主要な団体から支持されておらず、放射線科の機関によって認可されていませんでした。 多くの以前の[3、7、9、10、11、12、13、14、15、16、17、18、19]とその後の[20、21、22、23、24、25]より限定された範囲のものであり、広く受け入れられていなかった。

NASS 1995の取り組みは当時最も包括的でしたが、いくつかの論点を明確にすることに欠けており、いくつかの問題の扱いに欠けており、分類と報告の標準化に関する勧告も行っていませんでした。 残りのニーズに対応し、普遍的な標準化をもたらすために十分な保証を得るために、NASS、ASNR、ASSRが共同タスクフォース(共同議長David Fardon、MD、Pierre Milette、MD)を結成し、 「腰椎椎間板病変の分類と分類」[1]の最初の版です。 それ以来、時間と経験は、元の文書の改訂と更新の必要性を示唆していました。 改訂された文書がここに表示されます。

元の文書を導く一般的な原則はこの改訂版では変更されません。 定義は解剖学および病理に基づいており、主にイメージング研究で視覚化されています。 状況によっては、観察者に認識されない基準があることを認識して、用語の定義は特定のテストの価値に依存したり、その意味を暗示するものではありません。 診断の定義は、外傷などの外的病因を示唆するものではなく、症状との関係を示唆するものではなく、特定の治療の必要性を定義したり暗示したりするものでもありません。

タスクフォースは、現在と以前の両方で、イメージング研究の報告の理解を提供することを第一の目的とするモデルから発展しました。 結果は、診断用語の単純な分類を提供し、矛盾することなく、より正確なサブ分類に拡張することができる。 病理を報告するとき、不確実性の程度は、用語の定義を妥協するのではなく、そのように分類される。

分類および下位分類で使用されているすべての用語が定義され、それらの定義はモデル全体に​​適用されます。 実用的な目的のために、いくつかの現存する英語の用語には、いくつかの現代の辞書に見られる意味とは異なる意味が与えられる。 タスクフォースは推奨される用語のリストと分類を提供するが、言語習慣の性質を認識し、用語集に論議し、一般的に使用されている誤用されていない用語と非標準的な定義を含む。

この文書の原則と定義のほとんどは、頚椎と背骨に容易に外挿することができますが、焦点は腰椎にあります。 後部要素、脊柱管の寸法、および神経組織の状態に関連する用語の明確化が必要であるが、この作業は円板の議論に限定される。 症状や病因を何ら言及せずに、解剖学的および病理学的用語の定義を完全に議論することは必ずしも可能ではないが、定義自体は病因、症状または治療からの独立性の試験である。 解剖学および病理学に焦点が当てられているため、この研究では、腰椎椎間板病理学[26]に関連する特定の臨床的症候群は定義されていない。

これらの原則に基づいて、私たちは2001が輪郭、内容、完全性、組織、および腰椎の空間的関係に対処するすべての形式の観察に有効な命名法を提供している文書を改訂し、更新しました。 その命名法に基づいて分類および報告システムを提供するものである。

診断カテゴリとサブカテゴリの推奨事項

これらの勧告は、イメージング研究の分類および報告を目的とした診断カテゴリおよびサブカテゴリを提示する。 これらの推奨されたカテゴリとサブカテゴリで使用される用語は、ディスカッションに記載されている詳細な説明と、用語集に示されている好ましい定義と一致しています。

診断カテゴリーは病理学に基づいている。 各腰椎椎間板は、以下の診断カテゴリーのうちの1つ、時には2つ以上のものに分類することができる:正常; 先天性/発達性の変異; 退化; トラウマ; 感染症/炎症; 新形成; および/または不確定な有意性の形態的変異体である。 各診断カテゴリーは、利用可能な情報および提供される目的に応じて、様々な程度の特異性にサブカテゴリー化することができる。 分類のために利用可能なデータは、レポーターに解釈を「可能な」、「可能性のある」、または「明確な」と特徴付けるよう導く可能性がある。

以下で説明する用語および定義は、推奨用語として推奨されていませんが、用語の解釈を容易にするために、場合によっては不適切な使用のために含まれています。 用語は、優先、非優先、非標準と定義することができます。 組織タスクフォースの合意による非標準的な用語は、記述された方法で使用すべきではない。

ノーマル

正常は形態学的に正常であり、臨床状況を考慮することなく、ある状況(例えば、正常な老化、脊柱側弯症、脊柱すべり症)において臨床的に正常とみなされ得る退行性、発達性、または適応性の変化を含まないディスクを定義する。 1)。

図1:正常な腰椎のディスク。 (上部左)アキシアル、(右上)サジタル、および(ボトム)コロナル画像は、中心NPおよび周辺AFで構成される通常のディスクが、ディスクスペースの境界内に完全に存在することを示します。椎体のエンドプレートの周囲に、骨棘を除いて椎骨の骨端の外縁の平面によって周辺に配置される。 NP、髄核; AF、線維輪。

先天性/発達性Vアリア

先天性/発達性の変化のカテゴリーには、先天的に異常であるか、または脊柱側弯症または脊椎すべり症などの異常な脊柱の成長の適応として形態が変化した椎間板が含まれる。

変性

椎間板の退行性変化は、輪状裂溝、変性およびヘルニアのサブカテゴリを含む広いカテゴリーに含まれる。

環状亀裂は、環状繊維間の分離または環状繊維のそれらの付着物から椎骨への分離である。 裂け目は、その方向によって分類されることがあります。 「同心円状の裂け目」は、円板の周辺輪郭に平行な環状繊維の分離または剥離である(図2)。 「径方向裂溝」は、円環の周縁部または周縁部を通って核から延びる環状ファイバーの垂直方向、水平方向、または斜め方向の分離である。 「横断裂」は水平に方向付けられた放射状の亀裂であるが、この用語は、輪状の繊維が橈骨の骨から分離することを含む、周縁の輪に限定された水平に配向された裂け目を指すために狭い意味で使用されることがある。 相対的に広い環状亀裂は、環状の裂け目を含む時には、環状の隙間と呼ばれ、比較的新しいものであり、標準として受け入れられない用語である[27]。 用語「亀裂」は、これらの病変のスペクトルを表し、病変が傷害の結果であることを意味するものではない。

図2:線維輪の裂け目。 線維輪の裂け目は、輪の繊維の半径方向(R)、横方向(T)および/または同心円状(C)の分離として生じる。 示された横裂は、完全に発達した、水平方向の放射状裂溝である。 「横裂」という用語は、末梢輪およびその骨付着に限定されたあまり広範でない分離に適用されることが多い。

「涙」という用語の使用は、他の涙との類推がこの文脈では不適切な傷害の意味を有するため、誤解される可能性がある。 「亀裂」という用語は正しい用語です。 「涙」という言葉の使用は避けてください。そして現れたら、それは通常「裂傷」と同義であり、傷害の結果を反映しないことを意味することを認識すべきです。 この文書の原版は、用語「亀裂」に対する優先権を述べていたが、2つの用語はほぼ同義であるとみなした。 しかし、この改訂版では、「涙」という用語を非標準的な使用法とみなしています。

変性は、乾燥、線維症、椎間板空間の狭小化、椎間板空間を越える輪の広がった膨隆、亀裂(すなわち、環状亀裂)、輪の粘液変性、鼻内ガス[28]脊椎骨棘の骨棘、欠陥、炎症性変化、およびエンドプレートの硬化症[15、29、30、31、32、33、34]が含まれる。

ヘルニア化は、椎間板腔の限界を超えた椎間板材料の局所的または局所的な変位として広く定義される。 椎間板材料は、核、軟骨、断片化されたアポジアシー骨、環状組織、またはそれらの任意の組み合わせであってもよい。 椎間板空間は、椎体端部プレートによって頭蓋骨および尾部に画定され、周辺部には、骨棘を除いた椎骨の骨の外側エッジによって画定される。 用語「局所化された」または「焦点」は、軸平面で見たときの円板の周囲の25%(90°)未満の円板材料の延長を指す。

円板の周縁部を越えて伸びる円板の組織の存在は、「膨らむ」と呼ばれ、ヘルニアの一形態とはみなされない(図3、右上)。 しばしば隣接する奇形への適応として見られる円板の円周の25%(図3、Bottom)より大きい円板組織の非対称な膨らみも、ヘルニア形態ではない。 軸方向平面でのヘルニア形成のために椎間板の形状を評価するには、隣接する2つの椎骨の形状を[15、35]と考える必要があります。

図3:ディスクが詰まっています。 (左上)通常のディスク(比較のため); ディスク材料は、ここでは破線で描かれている椎間板空間の周辺部を越えて延びていない。 (右上)対称な膨らみディスク。 環状組織は、ディスクの円周全体にわたって対称的に、脊椎骨端の縁部を越えて、通常は3 mm未満だけ伸長する。 (底部)非対称膨らんだ円板; 環状組織は、円板の円周の25%よりも非対称に大きく、椎骨の辺縁の縁部を越えて延びる。

ヘルニア化したディスクは、移動した材料の形状に基づいて、突出部または押し出し部として分類することができる。

突出部は、椎間板空間の外側に存在するディスク材料の縁部間の最大距離が、椎間板空間の外側に延びるそのディスク材料の基部の縁部間の距離よりも小さい場合に存在する。 基部は、椎間板空間を越えて変位した椎間板材料が椎間板空​​間内の椎間板材料と連続している(図4)原点の椎間板空間の外側縁部における椎間板材料の幅として定義される。 押出は、少なくとも1つの平面において、椎間板空間の外側の椎間板材料の縁部間の任意の1つの距離が、椎間板空間を越えた椎間板材料の基部の縁部間の距離よりも大きい場合、または、ディスクスペースを超えたディスク素材とディスクスペース内のディスク素材(図5)。 変位したディスク材料が親ディスクと完全に連続性を失っている場合は、押出しの後者の形態をさらに特定するか、または隔離として細分する(図6)。 「移動」という用語は、ディスク材料が押し出しの部位から離れて移動することを意味するために使用されてもよい。 椎体端板の隙間を通した頭蓋骨(垂直)方向の椎間板ヘルニアは、椎間板ヘルニア(Schmorl節)と呼ばれる(図7)。

図4:椎間板ヘルニア:突起。 (左)アキシャルおよび(右)サジタル画像は、ディスク空間の25%未満を超えて変位したディスク材料を示し、変位されたディスク材料のいずれの面においても、変位したディスクの基部の尺度同じ平面内で測定された原点のディスクスペースの材料。
図5:椎間板ヘルニア:押出。 (左)アキシャルおよび(右)サジタル画像は、同じ平面内で測定した場合、原点のディスク空間で、置換されたディスク素材の最大の尺度が、置換された椎間板素材の基底よりも大きいことを示しています。
図6:ヘルニアディスク:隔離。 (左)アキシャルおよび(右)サジタル画像は、隔離されたディスクが、押されたディスクであり、変位したディスク材料が原点のディスクとのすべての接続を失ったことを示しています。
図7:椎骨内ヘルニア(シュモール結節)。 ここに矢状投影で示されているように、椎間板材料は椎間板腔を越えて椎骨終板を通って椎体に移動します。

椎間板ヘルニア形成は、変位された部分が外環繊維および/または後縦靱帯によって覆われている場合、またはそのような被覆が存在しない場合には収容されていない場合に、さらに具体的に分類することができる。 軸方向コンピュータ断層撮影法(CT)または磁気共鳴画像法(MRI)で円板突起の縁が滑らかであれば、変位した円板材料は後縦靭帯およびおそらくいくつかの表在後部環状繊維[21、35、 36、37]。 椎間板突起の後縁が不規則である場合、ヘルニア形成は不可能である可能性が高い。 置き換えられたディスクティッシュは、通常、このドキュメントの後半で説明するように、場所、ボリューム、およびコンテンツによって記述されます。

突出部と押出部を区別する別の方法については、ディスカッションセクションで説明します。

外傷

外傷のカテゴリーには、激しい骨折および/または転位の物理的および/または画像的証拠に関連する椎間板の破壊が含まれ、反復傷害、退行性プロセスに対する激しい外傷の寄与、リングアポシシスの断片化椎間板ヘルニア、または椎間板の異常を引き起こす可能性があります。 「暴力的ではない」傷害が退行性変化に寄与しているか重複しているかどうかは、画像のみに基づいて行うことができない臨床的判断である。 したがって、画像の記述の観点から、このような椎間板は、関連する激しい傷害の顕著な画像化の証拠がない場合、外傷ではなく変性として分類されるべきである。

炎症/感染

炎症/感染のカテゴリーには、感染、感染様炎症性椎間板炎、および脊椎関節症に対する炎症反応が含まれる。 これは、軟骨下エンドプレートの炎症性脊椎炎およびModic Type I MRI変化[29、30、38]によって示され、通常は椎間板の変性病理変化に関連する骨髄も含む。 分類スキームを単純化するために、カテゴリには異なる条件が含まれています。 したがって、データが許可される場合、診断は適切な特異性のためにサブカテゴリー化されるべきである。

新生組織形成

悪性腫瘍によって引き起こされる椎間板組織の原発性または転移性の形態学的変化は、適切な特異性のための下位分類を伴う新生物として分類される。

不確実な起源のその他のパラダイアリティの質量

ほとんどの髄腔内嚢胞は髄膜または滑膜由来であるが、椎間板から少数が生じ、 パラダイ 核物質を含まない質量。 硬膜外出血および/または外傷、外傷または その他の既知の起源 あなたは パラダイ または椎間板ヘルニアのサイズを増大させることがある。 そのような嚢腫および血腫は、他の病理によって急性および随伴性に見られ得るか、または慢性椎間板病理の成分であり得る。

形態学的 不明なSの亜種知覚

データがディスクの異常な形態を示唆するが、データが診断分類をサポートするのに十分ではないインスタンスは、未知の重要性の形態的変形として分類することができる。

Dの命名法の議論エテイル

この文書は、手術所見、内視鏡検査、または死体発見所見ならびに画像所見の記述を容易にする命名法を提供する。 また、椎間板の形態のみを扱うよう注意することで、患者、家族、雇用主、保険会社、法的および社会的当局のためのコミュニケーションを容易にし、研究のためのより信頼性の高いデータの蓄積を可能にする。

ノーマルDisc

ディスクを「正常」と分類すると、ディスクが完全かつ正常に開発され、疾患、外傷または加齢の変化がないことを意味する。 臨床形態ではなく形態学のみが考慮される。 臨床的に「正常」(無症候性)の人々は、椎間板の先天性または発達性の変化、環の軽度の隆起、年齢関連の乾燥、前部および側縁部の椎体の骨棘、椎間板材料の隆起を含む様々な有害な画像所見を有する可能性がある隣接する椎体(特にL5-S1で共通)に対する1つの椎体の脱臼の結果として1つのエンドプレートを超え、[39]などである。 しかし、この記事の形態学的分類と分類により、このような個々のディスクは、「正常」とはみなされませんが、別段の指定がない限り、臨床的インポートとは無関係にその形態的特徴によって記述されます。

円環の裂け目のあるディスク

半径方向、横方向および同心円状の亀裂など、輪の完全性の損失の様々な形態についての一般的な合意が存在する。 Yuら [40]は、ほぼ全ての縮退円盤[41]に、放射状、同心円状、および横断方向のタイプを含む環状亀裂が存在することを示している。 ディスクがMRIスキャンで脱水される場合、輪に少なくとも1つ以上の小さな裂け目が存在する可能性が高い。 相対的に幅広く、半径方向に向けられた環状の亀裂は、環状の裂け目を伴う時には、環状の隙間と呼ばれることもあり、比較的新しいものであり、標準として受け入れられていない[27 ]。

2、30、42、43]内の局所高強度領域(HIZ)のT44加重MRIスキャンの所見には、「輪状裂溝」および「環状裂け目」という用語が適用されています。 高強度ゾーンは、流体および/または肉芽組織を表し、ガドリニウムで強化することができる。 亀裂はすべての退行性椎間板に発生するが、すべてがHIZとして視覚化されるわけではない。 ディスコグラフィーでは、MRIでは見られない亀裂がいくつか示されていますが、すべての亀裂がディスコグラフィーで視覚化されるわけではありません。 HIZ、ディスコグラム画像、および解剖学的に観察された亀裂との不完全な一致があるという理解された注意で、HIZまたはディスコグラフィーで実証された亀裂の観察に限定されるとき、画像所見の記述は最も正確である。

1995 NASSの文書と同じくらい、著者らは、主に「涙」という言葉が心的外傷病因であると誤解される可能性があることを懸念して、「涙」ではなく「裂傷」と呼ばれることを推奨しています[9、30、45、46]。 用語「環状裂け目」の潜在的誤解のため、環状裂け目の発見は損傷があったことを示すという結果的に推定されることから、「環状裂け目」という用語は非標準的および「環状亀裂」とみなされるべきであり、 'が好ましい用語である。 輪状亀裂の画像化観察は、傷害または関連する症状を意味するものではなく、単に輪の形態変化を定義するだけである。

縮退したDisc

椎間板内の病理学的変性過程の変化を、正常な老化[17、31、47、48、49]のものと区別することに混乱があるため、分類「変性椎間板」にはこのような変化がすべて含まれているため、老化の正常な結果から病理学者を区別するように観察者に強制する。

脊椎の正常な老化過程を構成するものの知覚は、未知の過去の病歴および腰部症状のないと推定される、異なる年齢群の死体から採取された限られた数の標本を含む死後の解剖学的研究によって大きく影響された[23、 50、51、52、53、54、55、56、57]。 このような方法では、病的変化は、正常な老化の結果と容易に混同される。 ResnickとNiwayama [31]は以前にSchmorlとJunghanns [58]によって記述されていた椎間板を含む2つの退行性プロセスの差別的特徴を強調した。 主に髄核および椎体の終板に影響を及ぼし、本質的に線維輪および隣接する骨棘(図8、左)および「椎間板骨軟骨症」に本質的に影響する「脊椎症変形症」であり、線維輪に続いて萎縮が起こりうる(図8、右)。 ResnickとNiwayamaは2つの実体の原因が不明であると述べたが、他の研究では、脊椎症の変形症は正常な老化の結果であることが示唆されているが、椎間板の骨軟骨症プロセス[29、31、42、59、60]が必要です。

図8:X線撮影基準による椎間板変性のタイプ。 (左)脊椎症の変形は、椎間板腔の相対的な保存を伴う、アポフィシール骨棘によって現れます。 (右)椎間骨軟骨症は、椎間板腔の狭小化、重度の裂傷、および終板軟骨の侵食に代表されます。

椎間板変性の程度は、腰椎の脊髄節の全体形態(Thompson体系)[19]に基づいて等級付けされている。 椎間板内部の完全性のCT(Dallas classification)(図9)[42]のCT観察。 椎体骨髄のMRI観察は、椎間板に隣接して変化する(Modic分類)[30](図10)。 MRIで明らかになった核の変化(Pfirrmann分類)[61]。 特定の臨床的および研究的ニーズ[17、35、62、63]に適合させるために、これらのスキームの様々な改変が提案されている。

図9:内部ディスクの整合性。 示されているように、修正ダラスディスコグラム分類によって0から5に等級付けされた、椎間板造影後のCTで視覚化された放射状の裂け目の程度。
図10:反応性の椎体骨髄の変化。 これらの骨髄信号は、磁気共鳴画像法で変性した椎間板に隣接して変化します。 T1およびT2加重シーケンスは、(左上)Modic I、(右上)Modic II、または(下)ModicIIIとして分類されることがよくあります。

ヘルニアDisc

一般的なプラクティスの必要性は、椎間板の椎間板領域を越えて椎間板材料を説明する診断用語を必要にしている。 椎間板ヘルニア、ヘルニア髄核(HNP)、破裂椎間板、脱出椎間板(非特異的使用)、突き出た椎間板(非特異的使用)、および隆起椎間板(非特異的使用)はすべて、ディスク材料は、間隙を超えている。 これらの用語の意味の明確な理解の欠如と、理想的な一般用語に置かれるべき限界の定義の欠如は、臨床実践および研究研究の有意義な比較を試みる際に大きな混乱を招いた。

椎間板材料の変位の一般的な診断では、最も一般的に使用され、混乱を最小限に抑える単一の用語は、「ヘルニア型椎間板」である。「核以外の材料(軟骨、断片化された骨関節骨、および断片化環)は、変位した円板材料[64]の共通成分である。 「破裂」は、裂けるイメージを投げかけ、したがって、「ヘルニア」よりも外傷病因のより深刻な意味を持ちます。これは、崩壊ではなく変位のイメージを伝えます。

「突出」は、非特有の一般的な意味で一部の著者によって使用されており、いかなる変位をも意味するものであるが、この用語は、最もよく使用される特定の意味をもっている。 一般用語として使用されている「プルロラーゼ」は、突起の特定の意味と同義であるか、または押出されたディスク材料のマイグレーションを悪化させることを示すために、特定の意味を与えるために頻繁に使用されるものではなく、より具体的な用語である「突出」および「押し出し」に鑑みて、非標準的である。

他の用語を除外することによって、そして単純さと一般的な使用法の理由により、「ヘルニア化椎間板」は、椎間板材料の置換を表す最も一般的な用語である。 この用語は、特定のディスクを参照するときの一般的な診断カテゴリを示すのに適しており、ディスクのグループについて言及するときには様々なタイプの変位を含むものとする。 この用語は、「突出ディスク」または「押出ディスク」のような、より特定の用語によって適切に特徴づけられるディスクを含む。核、軟骨、断片化されたアポジアシー骨、または椎間板隙間を越えて断片化された環状組織である。 「ローカライズされた」は、ディスク円周の25%未満として定義されます。 椎間板空間は、椎体の端部プレートによって、頭蓋骨と尾部に、骨質の形成を除いて、椎骨の外側の椎骨の縁部によって、末梢に画定される。 この定義は、環状欠陥を介して正常な位置から強制的に外れた円板材料の同定を必要とする病理学的定義よりも、特にイメージング研究の解釈に関して、より実用的であると考えられた。 骨端板の骨折または欠損を介して、または椎体の骨折した壁の変位した断片と関連して、ディスク材料の変位は、「ヘルニア」の椎間板として説明することができるが、そのような記述は骨折椎間板ヘルニアの原発ヘルニアとの混同を避けるためである。 内部空間を越えて変位することなく核が腔内に移動するのと同様に、腔内のある場所から別の場所への椎間板材料の置換は、ヘルニアとはみなされない。

結合組織が骨棘間の隙間に発生する場合、または環状組織が置換される場合のように、椎間板材料は、正常な位置からずらされ、単純に末梢の端部を超えて獲得された成長を表さなくてはならない亜脱臼への適応として1つの椎骨の背後にある。 したがって、ヘルニア化は、正常な環の破壊または椎骨内ヘルニア(Schmorl節)の場合のように、椎体端部プレートの欠陥に関連してのみ起こり得る。

環の内部構造の詳細は、最高品質のMRI [21]でさえほとんどの場合視覚化されません。 ヘルニア化の区別は、円錐体の縁部を越えた円板状材料の変位(「焦点」または「局在化」)の観察によって行われ、円板の円周の25%未満を意味する。 25%カットオフラインは、用語の精度を上げるために条約によって確立されており、病因、症状との関係、または治療適応を指定していません。

「バルジ」または「膨らむ」という用語は、アポフィーズ[65]の縁を越えるディスク組織の一般化された拡張を指す。 このような膨らみは、円板の円周の25%よりも大きく、典型的には3 mm未満の比較的短い距離を、体節の縁部を超えて拡張する(図3)。 「バルジ(Bulge)」または「膨らむ(bulging)」は、様々な考えられる原因の形態学的特徴を記述する。 拡張は椎間板の変性や椎体のリモデリング(骨粗しょう症、外傷、隣接構造の変形など)の結果として生じることがありますが、負荷に応じて靭帯の弛緩が起こる可能性があります(通常はL5-S1です)または角運動は、後部中心の副甲状腺の椎間板突出によって引き起こされる錯覚であり得るか、または容積平均化(特にCT軸像による)による幻影であり得る。

膨らみは定義上、ヘルニアではありません。 椎間板への「隆起」という用語の使用は、病因、予後、または治療の必要性の知識を暗示するものではなく、症状の存在を暗示するものでもありません。

ディスクには、同時に複数のヘルニアがある場合があります。 椎間板ヘルニアは、他の退行性変化、骨折、または椎間板の異常とともに存在し得る。 「ヘルニア化椎間板」という用語は、病因、症状との関係、予後、または治療の必要性に関する知識を意味するものではありません。

データを区別するのに十分な場合、ヘルニア化した椎間板は、より具体的には、「突出した」または「押し出された」と特徴付けられ得る。これらの区別は、置換された材料の形状に基づく。 それらは、変化が起こったメカニズムの知識を暗示するものではありません。

突出したディスク

椎間板突出は、椎間板縁の25%未満を含む椎間板縁の局所的または局所的な異常である。 ディスク空間を越えて現れるディスク材料の縁部の間の最大寸法が、ディスクスペースの外側に延在するディスク材料のベースの縁部間の距離よりも小さい場合、ディスクは「突出」する。 基部は、椎間板空間を越えて変位した椎間板材料が椎間板空​​間内の椎間板材料と連続している、原点の椎間板空間の外側縁部における椎間板材料の幅として定義される(図4)。 「突出部」という用語は、前述したようにヘルニア状の椎間板材料を記述するためにのみ適切である。

押し出されたディスク

用語「押し出された」は、アパーチャ[37、64]を介してあるドメインから別のドメインに強制された素材のレイアウトの意味と一致しています。 ディスクに関して、押出試験は、少なくとも1つの平面において、椎間板空間を越えて椎間板材料の縁部間の任意の1つの距離が、椎間板空間を越えて測定される基部の縁部間の距離よりも大きいという判断であるディスクスペースを超えたディスク材料とディスクスペース内のディスク材料との間に連続性がない場合(図5) 原産地のディスクとの連続性を持たない押出されたディスク材料は、「隔離された」[53、66](図6)として特徴付けることができる。 隔離されたディスクは、押出されたディスクのサブタイプであるが、定義上、決して突出したディスクではない。イメージング研究の解釈に有用な用語であり、連続性が存在するかどうかを画像から判断することは不可能であることが多いため、「マイグレーション」と呼ばれる。

突出と押し出しの間、および包含と非包含との間の前述の区別は、この文書の元のバージョンにおける定義の一般的な実践と広く受け入れられている。 いくつかの熟練した従業者によって提唱されている別の基準は、ディスク材料のベース部分の相対的な寸法にかかわらず、封じ込めの持続としての非保持および突出としての押し出しを定義する。 これらの基準により、椎間板ヘルニアを取り囲む低信号強度の連続的なラインの存在によって椎間板押出を識別することができる。 彼らは、現在の進歩したイメージングは​​、この区別の基礎を可能にし、封じ込めの有無は、追放された材料[35]の形態よりも臨床的に関連性があると述べている。

彼らの方法が現在推奨されている方法よりも優れているかどうかは、今後の研究によって決定される。 「突出」と「押し出し」の区別は任意であり、一部のオブザーバーは、すべての場合において、より一般的な用語「ヘルニア」を使用することを好むかもしれない。」封じ込めに関しては、連続性、体積、組成、および位置を含むことができる。

封じ込め、連続性、およびMigration

椎間板ヘルニアの材料は、含まれていてもいなくてもよい。封じ込めのテストは、椎間板組織が完全に内部に保持されているかどうかである インタクト 外環および/または後縦靭帯繊維を含む。 ヘルニア形成を伴う椎間板に注入された液体やコントラストは、脊柱管に漏出するとは考えられません。 後縦靱帯および/または腹膜は、押し出された椎間板組織を部分的に覆うことがあるが、後縦靭帯が損傷していない限り、そのような椎間板は「含まれている」とはみなされない。 現在利用可能な非侵襲的イメージング様式(CTおよびMRI)の技術的限界により、多くの場合、 含まれている 未収録の椎間板ヘルニアから。 CT-ディスコグラフィーは、椎間板ヘルニア構成要素が含まれているかどうかを区別することを常に可能にするのではなく、椎間板空間と脊柱管との間の通信があるかどうかのみを区別することを可能にする。

「自由な断片」は、「隔離された断片」と同義ですが、「包含されていない」と同義ではありません。「ディスク断片は無料です''または ''隔離されている ''のいずれかを意味する。 椎間板は、後縦靱帯および外環の完全性の喪失とともに、「収縮しない」ことができるが、ヘルニア/置換された椎間板材料と原発椎間板との間には依然として連続性がある。

用語「移動した」ディスクまたは断片は、材料が押し出された環の開口部から離れた大部分の変位したディスク材料の変位を指す。 一部の移行されたフラグメントは隔離されますが、「移行された」という用語は位置にのみ関連し、連続性には関連しません。

用語「カプセル」および「嚢下」は、環と靱帯の不特定の組合せによる封じ込めを指すために使用されている。 これらの用語は好ましいことではない。

後縦靱帯を特に参照すると、一部の著者は、「硬直性」、「硬直性」、「変形性」、「穿孔性」などの区別された椎間板材料を有している。「副靭帯」という用語は好ましい''が含まれています。

変位したMの体積と組成aterial

ディスク変位によってもたらされる管の妥協の程度を定義する計画は、実用的で、客観的で、合理的に正確で、臨床的に適切でなければならない。 この基準を満たす簡単なスキームは、最も重大な妥協の部位での軸断面から取られた2次元測定値を使用する。 そのセクションの運河の3分の1未満の運河の妥協は、「軽度」、1〜2/3の間は「中等度」、3/2以上は「重度」である。公的介入に適用される。

このような体積の特徴付けは、1つのセクションにおける断面積のみを記述し、変位された材料の総体積を考慮しない。 神経構造の近接、圧縮、および歪み; または観察者が物語の記述によってさらに詳述する可能性がある他の潜在的に重要な特徴を含む。

置換された物質の組成は、核、軟骨、骨、石灰化、石灰化、膠原性、傷跡、乾燥、気体、または液状などの用語によって特徴づけることができる。

量および組成の観察に関連する臨床的意義は、臨床データとの相関に依存し、形態学的データのみから推測することはできない。

ロケーション

Bonnevilleは、水平または矢状面[6、13]で移動したディスク断片の位置を、場所に応じて分類するための有用でシンプルな英数字システムを提案しました。 外科医によく知られた解剖学的境界を用いて、Wiltseは別のシステム[14、67]を提案した。 解剖学的な「領域」と「レベル」は、以下のランドマークを使用して定義されます。 ペディクルの内側、外側、上側、下側の境界; 円盤の中心に冠状および矢状面があります。 水平(軸)平面上で、これらのランドマークは、それぞれ、中心ゾーン、小関節ゾーン(側方陥凹)、寛骨臼ゾーン、寛骨臼ゾーンおよび前部ゾーンの境界を決定する(図11)。 矢状(craniocaudal)面では、ディスクレベルの境界、 手足の レベル、ペディキュラレベル、および 大腿四頭筋 レベルであった(図12)。 ファセットの内側エッジおよびペディクルの壁のような境界線が湾曲しているので、この方法は図面の描写ほど正確ではないが、その方法は単純で実用的であり、一般的な使用法である。

図11:軸方向および冠状投影で描かれた解剖学的ゾーン。
図12:矢状および冠状の投影で描かれた解剖学的レベル。

軸方向(水平)平面内の中央から右側に移動すると、位置は中央、右中央、右小関節、右穿孔、または右穿孔と定義することができる。 「中枢」という用語は、「右中央」または「左中央」を定義するよりも正確ではありませんが、側面が重要でないときに、非公式会話の両方を含むディスクのグループを説明するのに役立ちます。 特定の椎間板の画像観察を報告するために、「右中央」または「左中央」は、「仙骨」という用語の使用に代わるものでなければならない。「遠方」という用語は、 'extraforaminal'。

矢状面において、位置は、椎間板、針状突起、顆粒状、または椎弓根と定義され得る。 冠状面において、前部は椎間板との関係で中枢の中冠面に腹側を意味する。

用語解説

 この用語集に含まれるいくつかの用語および定義は、好ましい用語として推奨されていませんが、用語の解釈を容易にするために、場合によっては不適切な使用のために含まれています。 好ましい定義が最初に列挙される。 非標準的な定義は括弧内に記載されており、組織タスクフォースの合意によって、記述された方法で使用すべきではない。 一部の用語には口語としても表示され、非優先または非標準とみなされるかどうかの指定があります。

急性椎間板ヘルニア: 比較的最近発生した椎間板ヘルニア。 注意:paradiscalの炎症反応と、T2加重画像上のディスク材料の比較的明るい信号は、相対的な鋭さを示唆しています。 しかし、そのような変化は数ヶ月間続くかもしれない。 したがって、臨床的相関および/または逐次研究がなければ、ヘルニア化が起こったときに正確に画像化することは不可能である。 急性ヘルニア化した椎間板材料は、椎間板材料が由来する椎間板よりもT2加重MRIシーケンスでより明るい信号を有することがある[46596468]。 比較的急性のヘルニアは、以前に存在したヘルニアに重ね合わせることができることに留意されたい。 急性椎間板ヘルニアは、特別な治療をしなければ自発的に退行することがあります。 参照:慢性椎間板ヘルニア。

エージングディスク: ディスク上のエージングの様々な影響のいずれかを示すディスク。 MRIが変化する前に核からの水分の損失が起こり、続いてMRIの進行は、水分の漸進的減少およびコラーゲンおよび凝集プロテオグリカンの増加と一致する変化を示す。 Pfirrmannの分類を参照してください。

環状亀裂: 環状の繊維間の分離、椎体挿入部からの繊維の分離、または環状の薄片の1つまたは複数の層を含む半径方向、横方向、または同心円状に延びる繊維の分離を含む。 用語「亀裂」と「涙」は、しばしば過去に同義語として使用されていることに注意してください。 「涙」という用語は、画像所見の記述には不適切であり、使用しないでください(涙:非標準)。 どちらの用語も傷害を示唆するものでも病因の知識もないことを意味するものではなく、症状との関連性を示唆するものでもなく、 環状間隙、環状破裂、環状裂、同心裂、HIZ、放射状裂孔、横裂をも参照されたい。

環状ギャップ (非標準的):円板の後部の面ではしばしば三角形の焦点減衰(CT)または信号(MRI)異常であり、おそらく半径方向に向けられた環状亀裂、中間環状断片の裂け目を伴う両側環状亀裂、または弛緩した環の焦点ゾーンの裂け目である。

環状破裂: 突然の激しい傷害による輪の繊維の破壊。 これは臨床診断です。 この用語の使用は純粋なイメージング記述には不適切です。代わりに、結果の詳細な説明に焦点を当てる必要があります。 破裂した環は Studio上ではサポートされていません。 「環状亀裂」または「破裂椎間板」と同義語である。

環状裂傷引き裂かれた輪 (非標準):輪の裂け目と輪の破裂を参照してください。

前方変位: 椎間板空間を越えて前方領域への椎間板組織の移動。

前方ゾーン: 椎体の中冠面の前方にある腹周域。

Anulus、annulus(略して線維輪の形態): 頭蓋骨および尾蓋骨を終板軟骨およびリングのアポシアーサル骨に付着させ、髄核と中心的に混合することにより、椎間板の椎間板の髄腔内への浸透を促進する。 注:anulusまたはannulusのどちらかが正しいスペルです。 Nomina Anatomicaは両方の型を使用していますが、Terminologia Anatomicaは「anulus fibrosus」[22]。 線維症には正しい代替スペルはありません。 線維化は異なる意味を持ち、この文脈では間違っている。

非対称バルジ: 隣接する椎骨の周囲を越えて25%以上の外環が存在すること、ディスクの周辺の他の部分よりも明らかであるが、突起として特徴づけるのに十分に焦点が合っていないこと。 注:非対称椎間板膨隆は、様々な原因を有する形態学的観察であり、病因または症状との関連を意味しない。 バルジを参照してください。

バルーンディスク(口語、非標準): 重度の骨粗鬆症のような骨の弱化による椎骨終板の湾曲のために、椎間板の見かけ上の拡大を卓越して広げる。

ベース(移動したディスクの): ディスクスペースを越えたディスク材料がディスクスペース内のディスク材料と連続している原点のディスクスペースの外側縁部におけるディスク材料の断面積。 頭蓋骨の方向では、基部の長さは、定義上、椎間腔の高さを超えてはならない。 軸方向のイメージングでは、ベースとは、椎間板空間の外側縁部で、椎間板空間を越えて延びる任意の椎間板材料の起点の幅をいう。

ブラックディスク (口語、非標準):ダークディスクを参照してください。

膨らんだディスク、バルジ(名詞[n])、バルジ(動詞[v])

  1. 外環の輪郭が、ディスクスペースの縁を越えて水平(軸)平面内に伸びる、または伸びているように見えるディスク、通常はディスクの円周の25%(90°)より大きく、 3 mmよりも椎体の辺縁の縁を超えている。
  2. (Nonstandard)外側マージンがディスクスペースの端を越えて広範なベースに広がるディスク。
  3. (非標準)軽度、拡散性、滑らかな ディスク.
  4. (Nonstandard)ディスクレベルでのディスクのずれ。

 膨れは外椎間板の輪郭の観察であり、特定の診断ではない。 膨脹は、椎間板空間の高さの低下、靱帯の弛緩、負荷または角運動に対する応答、隣接する病理に応答するリモデリング、認識不能かつ異型のヘルニア、およびCTアキシャルにおける容積平均化による錯覚に起因する、画像。 L5-S1では、軽度の左右対称の後椎間板の隆起が正常な所見である可能性がある。 肥大化は、病的変化、生理学的変異、または正常性を表す場合もあるし、そうでない場合もある。 隆起はヘルニアの一形態ではない。 ヘルニアになったことが分かっている椎間板は、ヘルニアとして診断されるべきであり、適切な場合には、ヘルニアの特定の種類として診断されるべきである。 参照:ヘルニアディスク、突出ディスク、押出ディスク。

石灰化ディスク: 椎間板空間内の石灰化、椎間板空間の周辺における骨棘を含まない。

キャビテーション: 核内に形成された腔、嚢胞、裂け目、または空洞、および椎間板変性による内環である。

真空ディスクを参照してください。

中央ゾーン: 各切子面の内側縁部を通る矢状面間の脊柱管内の領域である。 注:中心ゾーンの中心は、椎体の中心を通る矢状面である。 中央平面のいずれかの側のゾーンは、 右中央 , 左中央特定のディスクのイメージング結果を報告するときのように、側面がわかっているときの好ましい用語である。 辺が指定されていない場合、または左右が表現されている場合は、 傍中心 適切である。

慢性椎間板ヘルニア: 椎間板ヘルニアが長期間持続する臨床的な区別。 急性、亜急性および慢性椎間板ヘルニアを区別する間隔の普遍的に受け入れられた定義はない。 時間の経過とともに外観が変化しない椎間板ヘルニアを明らかにする連続的MRIは、慢性的であると特徴付けられ得る。 石灰化またはCT上のガスに関連する椎間板ヘルニアは、慢性であると示唆され得る。 それでも、石灰化やガスの存在は、激しくヘルニア化した椎間板を除外しません。 急性椎間板ヘルニアは、慢性椎間板ヘルニアに重なることがあることに注意してください。 まれに、磁気共鳴イメージングの信号特性が、急性および慢性の椎間板ヘルニアの分化を可能にする可能性がある[165964]。 そのような場合、急性ヘルニア化したディスク材料は、T2加重シーケンスで原点のディスクよりも明るく見える場合があります[465961]。 また、円板 - 骨棘複合体も参照のこと。

クローズオステオファイト: 椎体の辺縁から椎間板マージンに非常に近接して発生する骨の伸長は、劇的な形態で、椎間板の反対側の椎体の対応する部分に向けられる。

コラーゲン化された椎間板または核: 核のムコ多糖類が繊維状組織に置換された円板である。

通信ディスク、通信(n)、通信(v) (非標準):通信は、円板輪の周囲の中断を指し、円盤の内部で観察されるように、円板の内部に注入された流体が円盤の外部に自由に流れることを可能にする。 「含まれていない」と同義ではありません。「ディスクが入っています」と「ディスクが入っていません」と表示されます。

同心円裂溝: 円環の亀裂は、円板の周囲の曲線とほぼ平行な平面内の環状繊維の分離によって特徴付けられ、隣接する環状薄層の間に流体充填空間を形成する。 参照:放射状裂傷、横断裂傷、HIZ。

包括(n)、包含(v)

  1. 外側の円周内に完全に存在する変位した円板組織 中断されない 外環または後縦靱帯を含む。
  2. (Nonstandard)環またはカプセルの中に、その内容がほとんどではなく完全にはないディスク。
  3. (非標準)脊柱管の任意の装填内に含まれる置換された要素を含むディスク。

環に完全に含まれているのではなく、別個の後縦の靭帯の下にある円板が含まれています。 「含有する」または「含有しない」とは、椎間板を取り囲む靱帯構造の完全性を定義するものであり、高度なイメージングによって可能であるとは限らないが、しばしば可能である。 CTおよびMRIスキャンでは、含まれるヘルニアは通常滑らかなマージンを有し、一方、包含されないヘルニアは、多くはしばしば不規則なマージンを有するが、これは、外側環および後方縦靱帯が円板材料3537]。 CTのディスコグラフィーでは、椎間板のヘルニア構成要素が含まれているかどうかを区別することは必ずしもできませんが、椎間板空間と脊柱管との間に通信があるかどうかだけを区別することはできません。

連続: 元のディスク内の組織に薄いが、ディスク組織のブリッジによる変位したディスク組織の接続。

ダラス分類 (術後イメージングの):ディスクログラフィ後のディスクのCTイメージングで見られる輪状裂傷の程度のために一般的に使用される格付けシステム。 ダラスグレード0は正常です。 グレード1:輪の内側3分の1へのコントラストの漏れ。 グレード2:輪の内側の3分の2へのコントラストの漏れ; 等級3:輪の厚さ全体にわたる漏れ; グレード4:コントラストは円周方向に拡張します。 グレード5:硬膜外腔への溢出をコントラストする(ディスコグラム、ディスコグラフィーを参照)。

ダークディスク (口語、非標準):通常は核変性のためにT2加重画像(暗)でシグナル強度が低下した核を有する円板。 また:黒いディスク(口語、非標準)。 参照:椎間板変性、パーマーマン分類。

縮退椎間板、変性(n)、変性(v)

  1. 以下の1つまたは複数によって特徴づけられる椎間板の変化:乾燥、裂け目形成、線維症、および核の気体分解; 粘液質の分解、亀裂、および輪の完全性の喪失; エンドプレートの欠陥および/または硬化症; および脊椎骨の骨棘での骨棘が含まれる。
  2. このような変化の画像化は、35]ディスクスペースの狭小化などの標準的なレントゲン写真の所見 peridiscal 骨棘、MRIの椎間板所見(Pfirrmann分類[61])、CT椎間板所見(ディスコグラム/ディスコグラフィーおよびDallas分類[42])、および/または椎骨のMRI所見 エンドプレート ディスクに隣接する骨髄反応性変化(Modic classification [38])。

退行性椎間板疾患 (イメージング記述として使用されるときの非標準的な用語):椎間板変性の症状および変性変化の症状に関連すると思われる症状を特徴とする症状。 注:変性変化と症状との因果関係は、しばしば臨床的な区別が難しい。 「退行性椎間板疾患」という用語は、疾患の唯一または主要な指標がイメージング研究からのものである場合には適切ではないかもしれない病気の意味を有しているため、画像診断所見を記述する際にこの用語を使用すべきではない。 画像化症状の記述の好ましい用語は、「変性椎間板疾患」ではなく、「変性椎間板」または「椎間板変性」である。

はく離: 円環の同心裂を特徴付ける、円板の外周に平行な面に沿った円周環状繊維の分離。

乾燥したディスク

  1. 水分含量が減少したディスク、通常は主として核組織である。
  2. イメージングの症状 減少 ディスクの含水率、例えばT2強調画像上の暗い信号強度の減少、または 見かけ上 親水性グリコサミノグリカンの濃度の変化のように、含水量が減少する。 参照:暗いディ​​スク(口語、非標準)。

ディスク(ディスク): 髄核、線維輪、軟骨終板、および環状体の椎体リングのアポトーシスアタッチメントからなる複雑な構造を有する。 注:ほとんどの英語の出版物は、「ディスク」よりも頻繁にスペルの「ディスク」を使用します[120226970]。 Nomina Anatomicaは構造を「disci intervertebrales」、Terminologia Anatomicaを「discus intervertebralis / intervertebral disc」と命名している[2270]。 (特定のディスクの命名と番号付けについては、「ディスクレベル」を参照してください)。

ディスクの高さ: 椎体の端板の平面間の距離は、椎間板への頭蓋骨および尾状部の距離である。 椎間板の高さは、椎間板の中心で測定し、椎間板の周辺では測定しないでください。 脊椎の矢状画像上の椎間板の後縁または前縁において測定される場合、これはそのように明確に特定されるべきである。

ディスクレベル: 記載されているディスクへの椎骨の頭蓋および尾の骨端板を通る軸平面間の椎間板および椎骨のレベル。

  1. 特定のディスクは、脊椎の領域とその上下の椎骨の名前を付けることによって最もよく名付けられます。 例えば、第4腰椎と第5腰椎との間の椎間板は、一般にL4-L5と略記される「腰椎4-5」と呼ばれ、第5腰椎体と第1仙椎との間の椎間板は、 「腰椎椎間板」または「L5-S1」である。一般的な異常には、腰仙接合部に6つの腰椎または移行椎骨を有する患者が含まれ、 物語 ディスクの命名の説明。
  2. (非標準)ディスクは、その上にある椎体によってラベル付けされることがあります。 例えば、L4とL5との間のディスクには、「L4ディスク」というラベルを付けることができます。
  3. 注:同じ方法で番号が付けられた「モーションセグメント」は、上下の椎体、椎間板、椎間関節、および接続軟組織からなる脊椎の機能的単位であり、最も頻繁に参照されます背骨の安定性に関して。

原産地: ディスクは、置換されたフラグメントが由来する。 同義語:親ディスク。 注意:置換された断片はしばしば核以外の組織を含むので、原点の核が原核核よりも好ましい。 親ディスクは同義ですが、より口述的で非優先です。

ディスク容量: 椎骨の端板によって、そして椎体リングの骨端部の周縁部によって、骨棘を除いて、限定された空間、頭蓋骨および尾部を有する。 同義語:椎間板腔。 ディスクのネーミングとナンバリングについては、「ディスク」のレベルを参照してください。

椎間板形成性脊髄硬化症: 椎間骨軟骨症に関連することもある、変性した椎間板に至る、椎骨、頭蓋骨および尾側の終板に隣接する骨密度および石灰化の増加。 Modic TypeIIIとしてMRIで示されます。

ディスコグラフィー、ディスコグラフィー: 造影剤をX線撮影の指導および観察と共に、椎間板の核に注入し、しばしばCT /ディスコグラムを続ける診断手順。 この手順は、しばしば圧力測定と疼痛反応の評価(挑発的なディスコグラフィー)を伴う。 ディスコグラフィーによって識別される環状亀裂の程度は、Dallas分類およびその修正(Dallas分類を参照)によって定義され得る。

円板 - 骨棘複合体: 石灰化隆起または骨化に関連する隆起、突出、または押出に関わらず、椎間板の変位。 時には、ハードディスクまたは慢性椎間板ヘルニアと呼ばれる(非推奨)。 「椎間板ヘルニア化」または「石灰化椎間板ヘルニア化」(非推奨)、古い椎間板ヘルニアの残存を区別する必要があります。 おそらく慢性膨隆椎間板に関連する幅広い骨の隆起である「脊柱不全隆起椎間板」である。

退位したディスク (非標準的):椎間板ヘルニアの場合のように、頭蓋骨および尾側椎骨の椎体リング骨端(骨棘を除く)の外縁を越えているディスク、または椎体端部を貫通しているディスクプレート。

注意:転置された椎間板は、根底にある病理、原因、症状との関係、または治療の必要性を知らない一般用語です。 この用語には、椎間板ヘルニアおよび椎間板の移動が含まれるが、これに限定されない。 参照:ヘルニア化されたディスク、移行されたディスク。

硬膜外膜: 膜周辺膜を参照してください。

義足: ペディクルの側縁の矢状面を越えて、明確に規定された横方向境界を有さないが、前部領域の後ろ側にはっきりとしている。 同義語:「遠い側方ゾーン」、「遠く離れたゾーン」(非標準)。

胸骨外: 後縦靱帯の後方または側方に位置する。 注:椎間板外椎間板とは、後縦靱帯の後方または側方に位置する変位した椎間板組織をいう。 椎間板が後縦靱帯を通って押し出された場合、それは時には "translousamentous"または "perforated"と呼ばれ、膜周膜を通ると時には膜透過性に洗練される。

押出ディスク、押出(n)、押し出し(v): 少なくとも1つの平面において、椎間板空間を越えて椎間板材料の縁部間の任意の1つの距離が、同一平面内の椎間板空間を越えて椎間板材料の基部の縁部間の距離よりも大きくなるか、または、ディスクスペースを越えるディスク材料とディスクスペース内のディスク材料との間に連続性が存在しない場合には、 注:好ましい定義は、コンテナからアパーチャを越えた物質の排出としての、押し出しの一般的なイメージと一致しています。 ディスク材料の外環を越えた変位は、その縁部間の距離が基部の縁部間の距離よりも大きいと、押し出しと突出とが区別される。 イメージングによる突起からの押し出しの区別は、変位された材料のエッジおよび原点のディスクの残りの連続性を測定することによって最もよく行われるが、変位した部分と通過したアパーチャとの関係は外科的に容易に観察される。 突起と押し出しの特性が共存することがあります。その場合、ディスクは押出成形されたものとして分類する必要があります。 原盤との連続性が失われた押出ディスクは、「隔離された」とさらに特徴づけることができます。押出の場所から離れたディスク素材は、「移送された」と特徴付けられます。参照:ヘルニアディスク、 、突き出たディスク。

注:代替的な計画は、それがより良い臨床応用を有すると信じるいくつかの尊敬された放射線科医によって支持される。 このスキームでは、押し出されたディスクを「収納されていないディスク」と同義語として定義し、ベースと変位したマテリアルの比較測定は使用しません。 この定義により、椎間板ヘルニアを囲む低信号強度の連続的なラインの存在によって椎間板押出を識別することができる。 将来の研究は、この代替定義の妥当性をさらに決定するだろう。 See:ディスクが入っています。

遠方側ゾーン: ペディクルの側縁の矢状面を越えて、明確に定義された側方境界を有さないが、前方領域の明確な後方にある、ペニス内領域。 同義語: '' extraforaminal zone ''

アニュラスの裂け目: 環状亀裂を参照してください。

穿孔ゾーン: 平面間の領域は、茎の内側および外側の端を通過する。 注:穿孔ゾーンは時には「椎弓根ゾーン」(非標準)と呼ばれ、椎弓根ゾーンは、適切に呼ばれる所与の椎弓根の上面と下面との間の矢状面の測定値椎弓根ゾーンは時には「側方ゾーン」(非標準的)と呼ばれることもあり、「側方ゾーン」は「側方陥凹」と混同する可能性があるため混乱する可能性があります(副関節ゾーン)また、腔外ゾーンまたは穿孔ゾーンと腔外ゾーンの両方を含むエリアを意味することができる。

自由な断片

  1. 元のディスクから分離したディスクの断片で、元のディスク内のディスク組織を持つディスク組織の連続ブリッジはありません。 同義語:隔離されたディスク。
  2. (Nonstandard)環の外周に含まれていない断片。
  3. (Nonstandard)弁輪、後縦靱帯、または経膜膜に含まれていない断片。

注:「隔離ディスク」と「フリーフラグメント」は事実上同義語です。 椎間板の状態に言及するとき、隔離されたとして分類されて分類されるような分類が好ましいが、断片に特に言及するときは、遊離断片が好ましい。

環のギャップ: 環状ギャップを参照。

ハードディスク(口頭): 置換された部分が石灰化または骨化を受けており、骨関節の骨棘と密接に関連している可能性がある。 注:「ハードディスク」という用語は、椎間板の周辺の慢性的な肥大性および反応性の変化を、軟質の、主に核組織のより急激な押し出しから区別するために、頚椎に関して言及することが最も多い。 参照:慢性椎間板ヘルニア、椎間板 - 骨棘複合体。

ヘルニア椎間板、ヘルニア(n)、ヘルニア(v): 椎間板空間の正常なマージンを越えたディスク材料の局所的または局所的な変位を引き起こす。 注: "ローカライズ"または "フォーカル"は、慣例として、ディスクの円周の25%(90°)未満を意味します。

ヘルニア形成された円板材料は、髄核、軟骨、断片化されたアポシアシル骨、または線維輪組織を含み得る。 椎間板腔の正常なマージンは、椎体端部プレートによって、頭蓋骨および尾側に、および骨棘形成部を除いて、椎体リングの骨端部の周縁部によって規定される。 椎間板ヘルニア椎間板は、一般に、円板の崩壊による椎間板組織の変位を指し、変位は椎骨終板を通る椎間板ヘルニア(Schmorl節)である。 ヘルニア化されたディスクは、突出または押し出しとしてさらに分類することができる。 椎間板ヘルニアはHNPと呼ばれることもありますが、椎間板組織にはしばしば軟骨、骨片、環状組織が含まれるため、「ヘルニア椎間板」という用語が好まれます。 椎間板ヘルニアに言及する際の用語「脱出」および「破裂」は非標準的であり、それらの使用は中止すべきである。 注:「ヘルニア化椎間板」は、根底にある病理、原因、症状との関係、または治療の必要性を知らない用語です。

ヘルニア髄核 (HNP、非推奨):椎間板ヘルニアを参照してください。

高輝度ゾーン(HIZ): 一般に外環に位置する椎間板のT2加重MRI上の高強度領域。 注:後部環状物質内のHIZは、環内に環状裂溝が存在することを示し得るが、これらの用語は同義ではない。 HIZ自体は、実際の輪状裂溝を表してもよく、あるいは、裂溝に隣接する領域において、椎間板の物質内の血管化線維組織(肉芽組織)を示してもよい。 HIZの視覚化は、外傷性病因またはディスクが痛みの原因であることを意味するものではありません。

針状突起レベル: 問題の円板を支えている茎の下縁の軸方向平面と問題の円板の上の椎体の下端板との間の高さである。 同義語:上椎骨ノッチ。

内部ディスクの破壊: ディスク内の構造の混乱。 関節内変位を参照

インタースペース: ディスクスペースを参照してください。

椎間板軟骨症: 椎骨間骨軟骨症を参照のこと。

椎間板: ディスクを参照してください。

椎間板腔: ディスクスペースを参照してください。

椎間骨軟骨症: 椎間板スペース狭窄、真空現象、および椎体の反応性変化を特徴とする、椎間板および椎体の端部プレートの非退行性プロセスを含む。 同義語:osteochondrosis(非標準)。

腔内変位: 中枢の、主に核の組織の、椎間板空間内のより周辺の部位への、通常は輪の亀裂内への変位。 同義語:(非標準)髄腔内ヘルニア、椎間板ヘルニア。 注:椎間板内椎間板置換術は椎間板ヘルニアとは区別されます。つまり、椎間板ヘルニアとは、椎間板領域を越えて椎間板組織が移動することを指します。 腔内変位は内部破壊の一形態である。 椎間板内椎間板置換とは、椎間板ヘルニアとの混同を避けるために、「ヘルニア」という用語を使用しないことです。

髄腔内ヘルニア(非標準): 関節内変位を参照のこと。

椎間板ヘルニア(非標準): 関節内変位を参照のこと。

鼠径ヘルニア: 硬膜を貫通して、それが硬膜外髄内の位置にあるようにする。

椎間板ヘルニア: 椎間板の一部が椎骨終板を通って椎体の中心に突き出る椎間板の変位である。 同義語:Schmorlノード。

側面凹部: 椎弓根の内側境界に内側にある小関節領域の部分。 それは、椎弓根の内側に存在する頭側 - 尾側領域全体を指し、同じ番号の胸部または腰部の神経根は、茎の尾根の下の神経根窩孔を出る前に尾側を移動する。 それは、神経根孔を意味するものではありません。 小関節領域も参照のこと。

側面ゾーン (非標準的):公認のゾーンを参照してください。

ディスクが漏れている (非標準):通信中のディスクを参照してください。

リンパ脊椎: 椎骨の環窩のセグメントの分離。 注:輪部脊椎は、骨化棘部の椎体への統合の失敗によって引き起こされる発達異常であり得る; 骨の変位を伴うリングの一部の分離を伴う、融合性の網膜環状リングの接合部における椎体への椎間板の慢性ヘルニア(押し出し); または体内椎間板ヘルニアに関連するアポジアリ環を通る骨折が挙げられる。 これは、甲状軟骨リングが椎体に融合する前の小児において起こる。 成人では、輪部椎骨を急性骨折と混同してはいけません。 輪部椎骨は、椎間板または隣接する甲状腺エンドプレートに損傷があったことを意味するものではない。

縁辺の骨棘: 脊椎端板の隆起部の外周から突き出た骨棘である。

骨髄の変化(椎体): Modic分類を参照してください。

移行されたディスク、移行(n)、移行(v)

  • 押し出された円板状材料の一部が、それが矢状または軸方向のいずれかの面で押し出された外環の亀裂から離れて変位する虚脱円板。
  • 2。(Nonstandard)ディスクレベルを超える自由な断片または隔離を持つヘルニア化されたディスク。

注:マイグレーションとは、元のディスク内のディスクティッシュとの連続性ではなく、移動したディスクの位置を指します。 したがって、隔離と同義ではありません。

モディック分類(タイプI、II、およびIII) [30]:MRIで見られる椎間板の炎症および変性椎間板疾患に関連する椎骨終板および隣接する椎体を含む変性変化の分類。 タイプIは、T1強調スピンエコー画像上の信号強度の減少、T2強調画像上の信号強度の増加を指し、ファイバー血管組織によるエンドプレートの浸透、炎症性変化、およびおそらく浮腫を表す。 タイプIの変化は、慢性または急性であり得る。 タイプIIは、T1加重画像上の信号強度の増加、T2加重画像上の同種または高信号強度の増加を指し、正常骨髄の脂肪による置換を示す。 タイプIIIは、T1およびT2強調画像の両方で減少した信号強度を示し、反応性骨硬化症を示す(ディスコジェニック椎間板硬化症参照)。

モーションセグメント: 脊柱の機能単位。 ディスクレベルを参照してください。

非縁骨棘: 脊椎端板の隆起以外の部位で生じる骨棘である。 参照:周辺骨棘。

通常のディスク: 病気、変性、または加齢に起因する変化のない完全に正常に発達した椎間板。 注:多くの先天性および発達性の変化は臨床的に正常であり得る。 すなわち、それらは症状に関連しておらず、隣接する病理を考慮すると、椎間板内の特定の適応性の変化は正常であり得る。 このようなディスクが正常とみなされない場合、医療目的の分類と報告が最も効果的です。 しかし、正常ではないと考えられる椎間板所見は、必ずしも臨床的徴候または交感神経の原因を示唆するものではないことに注意してください。 ディスクの変形の記述は、所与の患者にとって何が正常であるかに関する臨床的判断とは無関係である。

起源核(非推奨): 参照ディスクの中心核部分は、通常、組織が置換されたディスクを参照するために使用される。 注意:置換された断片はしばしば核以外の組織を含むため、原点の核が原核核よりも好ましい。 同義語:原産地のディスク(優先)、親核(非推奨)。

骨軟骨症: 椎骨間骨軟骨症を参照のこと。

骨棘: 骨表面の焦点肥大および/または骨への軟組織の付着の骨化を含む。

Paracentral: 脊柱管の右または中央の中央領域にある。 中央ゾーンを参照してください。 注:「右中央」または「左中央」という用語は、撮影手順の結果を報告するときのように、側面を指定できるときに単一のサイトと呼ぶときには好ましい。 「Paracentral」は、側面が重要でない場合、または混合サイトの場合に適しています。

親ディスク (非推奨):原産地のディスクを参照してください。

親核 (推奨されない):起源の核、原産地のディスクを参照してください。

ペディキュラレベル: 椎弓根の上縁と下縁を通る軸方向平面の間の空間。 注意:ペディキュラのレベルは、問題のディスクを、そのディスク上の「ペディキュラ・レベル上」または「ペディキュラ・レベル下」としてさらに指定することができます。

穿孔(非標準): transligamentousを参照してください。

膜周辺膜: 後縦靭帯の深層の下面に付着し、左右に延びて硬膜外の骨脊柱管を取り囲む繊細で半透明な膜である。 バトソン叢の静脈は、膜周囲膜の背側表面にあり、それを腹側に突き刺す。 同義語:側膜、硬膜外膜。

Pfirrmannの分類: 椎間板の核内の変性変化の重症度の評価システム。 Pfirrmann Grade I椎間板は、T2加重MRI上で核内に均一な高信号を有する。 グレードIIは、矢状画像上の低信号強度の中心水平線を示す。 グレードⅢは、核の周辺部においてより低い強度を有する核の中央部で高い強度を示す; グレードIVは、核と輪との区別の中心的な低信号強度およびぼけを示す。 グレードVは、核と環を区別しない均質な低信号を示す[61]

脱出した椎間板、脱出(n、v) (非標準):この用語は、ヘルニア化されたディスクを指すために様々に使用されている。 その使用法は標準化されておらず、この用語はディスク記述の精度を上げるものではないため、「突出」または「押し出し」を参考に非標準とみなされます。

突出ディスク、突出(n)、突出(v): 1。 椎間板組織が椎間板スペースの縁を越えて伸び、椎間板縁の円周の25%未満を含む、「ヘルニア椎間板」の2つのサブカテゴリのうちの1つ(椎間板組織が押出椎間板である)軸方向平面で見たときの断面図である。 突出部の試験は、ディスク組織の局部的な変位(ディスク円周の25%未満)が必要であり、変位された部分の対応するエッジ間の距離は、ベースのエッジ間の距離(変位したディスクの底面を参照)。 ヘルニア形成の一般的な用語として時々使用されるが、「突出」という用語の使用は、上記の基準を満たすヘルニア形成の下位分類に最も適している。 2。 (非標準的)椎間板ヘルニアの任意または不特定の種類。

放射状裂溝: 時には軸方向の水平(横方向)成分であるが、通常は頭蓋骨 - 尾(垂直)面内で環状体の外周から外側に向かって環状繊維が外れる。 「裂傷」は、非標準的な用語「涙」よりも好ましい用語である。いずれの用語も、傷害または他の病因の知識を意味しない。 注意:時には、半径方向の亀裂が横断面内に延びて、アポジアールリングからの輪の外側層の裂け目を含む。 同心裂、横裂を参照してください。

リム病変(非標準的):輪部椎骨を参照してください。

輪の破裂、破裂した輪: 環状破裂を参照のこと。

破裂した椎間板、破裂 (非標準):椎間板ヘルニア。 「破裂した椎間板」という用語は、ヘルニアの椎間板の不適切な同義語であり、傷害に関連する脈絡膜の激しい破壊と混同しないようにします。 その使用を中止する必要があります。

Schmorlノード: 椎間板ヘルニアを参照してください。

隔離されたディスク、隔離(n)、隔離(v); (変異体:隔離されたディスク): ディスク組織の一部が外環を越えて移動され、原点のディスクを有するディスク組織によって接続を維持しない押し出されたディスク。 注:押出されたディスクは、ディスク組織が変位した部分と元のディスクの組織とを橋渡ししない場合、「隔離された」と分類することができます。 変位した断片と原点のディスクとの間にディスク組織による僅かな結合が残っていても、ディスクは隔離されていない。 置換された断片が起源のディスクとは関連していないが、周膜または内方環状部に密接に結合していない後縦の靭帯の部分の下に含まれる場合、ディスクは隔離されているとみなされる。 隔離され隔離されたものは交換可能に使用される。 注:「隔離ディスク」と「フリーフラグメント」は事実上同義語です。 参照:フリー断片。 椎間板の状態に言及するときは、分類されたものとして分類されたものが好ましいが、特異的に断片を指す場合は、遊離断片が好ましい。 sequestrumを参照してください。

隔離(非推奨): 原点のディスク空間から変位し、原点のディスク空間内のディスク材料との連続性を欠くディスク組織を指す。 同義語:フリー・フラグメント(推奨)。 隔離ディスクを参照してください。 注意: "sequestrum"(非推奨)は分離されたフリーフラグメント自体を指しますが、隔離されたディスクはディスクの状態を定義します。

脊椎炎: 変性疾患以外の脊椎の炎症性疾患。 注:脊椎炎は、通常、非感染性の炎症性脊椎関節症を指す。

脊椎症: 1。 一般的な非特異的な用語は、一般に、脊椎の変性変化、特に、甲状軟骨末端プレートおよび巨木結節への肥大変化を伴うものに起因する。 2。 (非標準的)脊椎症の変形症であり、脊柱症は短縮型である。

変形性脊椎症: 脊椎骨の高さが正常またはわずかに減少している間に、椎体の骨格から生じる前縁および側縁の骨棘を特徴とする、線維輪および椎体の隆起を伴う脊柱の退行的な過程。 変性、脊柱症を参照してください。

小関節領域: 脊柱管の中の領域は、椎弓根の内側エッジの平面とファセットの内側エッジの平面との間で矢状に、椎体の後面の平面と上側ファセットの前面との間で冠状に。 注:ゾーンの平面を定義する構造が不規則であるため、小関節領域を2次元描画で正確に描写することはできません。 横方向凹部は、椎弓根の内壁によって画定された小関節領域の部分であり、髄腔の下壁を穿孔する前に同じ番号の神経根が横切る。

下垂体: 後縦靭帯の下にある。 注:外環と後縦靱帯の区別は必ずしも特定できない場合があるが、亜硬質のものは区別が可能な場合に亜垂涎とは異なる意味を有する。 区別ができない場合は、亜靭帯が適切である。 下顆粒は硬膜外、硬変、または穿孔と対照的である。 extraligamentous、transligamentousを参照してください。

下層: 膜周囲に閉じ込められている。 注意:変位した椎間板材料を参照すると、膜下のヘルニア化の特徴付けは、通常、回膜部分が環膜および後縦靱帯を越えて押し出され、それによって硬膜のみがそれを投資すると推測する。

虫垂レベル: 問題の椎間腔に対する椎骨尾部の上端板の軸方向平面と、その椎骨の椎弓根の上縁との間の椎骨管内の高さである。 同義語:下脊椎ノッチ。

Syndesmophytes: 1つの椎体から次の椎体に延び、輪状線維輪の外側部分の骨化を表す、薄くかつ垂直に配向された骨の派生物。

環の裂け目、裂けた輪 (非標準的):環状裂傷を参照のこと。

トムソン分類: 0(正常)から5(重度の変性)まで、ヒト椎間板の退行性変化の5点尺度尺度であり、腰椎の正中切片の肉眼的形態に基づいている。

牽引骨細胞: 2から椎間板の縁の上または下の3 mmまで、水平方向に突出している、請求項1に記載の方法。

訳語: 後縦靭帯を通る円板材料の変位、通常は押出 同義語:(非標準)(穿孔)。 また、胸膜下、transmembranousも参照してください。

膜貫通型: 硬膜外膜を通して押し出された円板材料の変位。

横裂: 軸方向(水平)平面における輪の亀裂。 軸平面内の大きな亀裂に言及するとき、この用語は、水平に向けられた放射状の亀裂と同義である。 しばしば「横断裂​​」は、アポフィシスへの付着を含む環状繊維のより限定された、周辺の分離を指す。 これらのより狭く定義された末梢裂溝は、放射線写真またはCT画像上に見えるガスを含むことがあり、変形性脊椎症の早期症状を表すことがある。 環状裂溝、同心裂溝、放射状裂溝を参照してください。

収録されていないディスク: 外環および/または後縦靱帯に含まれていない椎間板置換された椎間板材料である。 ディスクに収録されている説明を参照してください。

真空ディスク: 椎間板空間におけるガス(主に窒素)の特徴である画像所見の所見を有する椎間板、通常は椎間板変性の徴候である。

脊椎骨髄の変化: MRIで見られるように、椎間板の炎症および椎間板変性に関連する反応性椎体信号の変化。 Modic分類を参照してください。

脊椎ノッチ(下位): 椎弓板の下面に対応する椎弓根の上面の切痕(術前レベル)。

脊椎ノッチ(上): 椎弓根の上部に対応する椎弓根の下面の切痕(針状突起レベル)。

補足Appendix

付録

ヘルニア化した椎間板は、脊椎の加齢に関連した磨耗および涙または退化の結果として最も一般的に発症する。 小児および若年成人では、椎間板の含水量がはるかに高い。 しかし、年を取るにつれて、椎間板の含水量が減少し、椎骨間の空間が狭くなり、最終的に柔軟性が低くなり、椎間板ヘルニアになりやすくなります。 適切な診断と治療   腰痛のさらなる症状を避けるために不可欠です。 私たちの情報の範囲は、カイロプラクティックだけでなく、脊髄の怪我や状態に限られています。 主題について話し合うには、ジェメネス博士にお気軽にお問い合わせください。 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

リファレンス

  1. Fardon、DF、Milette、PC 腰椎椎間板の病理学の分類と分類:北米脊椎学会、米国脊髄放射線学会、米国神経内科学会の合同タスクフォースの提言。 脊椎。 2001; 26:E93–E113
  2. Stadnik、TW、Lee、RR、Coen、HL et al。 環状裂傷および椎間板ヘルニア:腰痛または坐骨神経痛がない場合のMR画像の有病率およびコントラスト増強。 放射線学。 1998; 206:49–55
  3. ミンク、JH 腰椎疾患の用語、問題...そして解決策。 カリフォルニアマネージドイメージングメディカルグループパブリケーション、カリフォルニア州バーリンゲーム。 1993年
  4. ミュルタ、フランス Earnest-aboutディスクの命名法の重要性。 Am J Neuroradiol。 2007; 28:1–2
  5. で:EJノードビー、MDブラウン、EDドーソン、(編) 脊髄用語集。 American Academy of Orthopedic Surgeons、シカゴ; 1985:31–32
  6. Bonneville、JF and Dietemann、JL L'imagerie sciatiquesRev Prat(パリ)。 1992; 42:554–566
  7. Brant-Zawadzki、MNおよびJensen、MC 画像コーナー:脊髄命名法。 腰椎椎間板異常の解釈における観察者間および観察者間の変動性:2つの命名法の比較。 脊椎。 1995; 20:388–390
  8. Breton、G. それは、膨らんだ椎間板、小さなヘルニア、または適度な突起であるか? Can Assoc Radiol J。 1991; 42:318
  9. Fardon、DF、Herzog、RJ、およびMink、JH 腰椎椎間板疾患の命名法。 で:SR Garfin、AR Vaccaro(編) 整形外科の知識の更新:背骨。 American Academy of Orthopedic Surgeons、ローズモント、IL; 1997年:A3–A14
  10. Milette、PC 腰椎椎間板疾患を報告するための適切な用語。 Am J Neuroradiol。 1997; 18:1859–1866
  11. Fardon DF、White AH、WieselS。北米の脊椎外科医が腰椎障害に好む診断用語と保存療法。 1986年にニューヨーク州レイクジョージで開催された北米脊椎学会の最初の年次総会で発表されました。
  12. Arana、E.、Royuela、A.、Kovacs、FM et al。 腰椎:NordicModicコンセンサスグループ分類フォームを使用した1.5TMR画像の解釈の一致。 放射線学。 2010; 254:809–817
  13. JFボンネビル Plaidoyer pour 1 分類額 イメージ des hernies discales lombaires:la carte-image。 Rev Im Med。 1990; 2:557–560
  14. Fardon、DF、Pinkerton、S.、Balderston、R.et al。 英語を話す脊椎外科医による診断に使用される用語。 脊椎。 1993; 18:1–4
  15. Farfan、HF、Huberdeau、RM、およびDubow、HI 腰椎椎間板変性:幾何学的特徴が椎間板変性のパターンに及ぼす影響:死後研究。 Jボーンジョイントサグ[Am]。 1972; 54:492–510
  16. Milette、PC、Fontaine、S.、Lepanto、L.et al。 腰椎椎間板突起、椎間板膨らみ、および正常な輪郭を有するが異常な信号強度を有する椎間板を区別する。 脊椎。 1999; 24:44–53
  17. Milette、PC、Melancon、D.、Dupuis、P。 腰椎の異常の簡略化された用語。 Can Assoc Radiol J。 1991; 42:319–325
  18. Taveras、JM ヘルニア性椎間板。 より統一的な用語の嘆願。 Am J Neuroradiol。 1989; 10:1283–1284
  19. Thompson、JP、Pearce、RH、Schechter、MTら ヒトの椎間板のグロス形態を等級分けするための計画の予備評価。 脊椎。 1990; 15:411–415
  20. Fardon、DF、Balderston、RA、Garfin、SR et al。 診断のためのコーディングシステムである背骨の障害。 ハンリーとベルファス、フィラデルフィア; 1991:20–22
  21. ヘルツォーク、RJ 腰椎椎間板ヘルニアに対する放射線学的評価。 脊椎。 1996; 21:19S–38S
  22. 解剖学者の第11回国際会議で承認された国際解剖学的命名委員会。 ノミナ・アナトミカ。 第5版ウェイバリープレス、メリーランド州ボルチモア; 1983年:A23
  23. Jarvik、JG、Haynor、DR、Koepsell、TD et al。 腰椎椎間板異常の新しい分類のためのインターリーダー信頼性。 Acad Radiol。 1996; 3:537–544
  24. Ketler、A. and Wilke、HJ 子宮頚部または腰椎椎間板および椎間関節変性の既存の評価システムのレビュー (Eur Spine J 15(6); 729のエラッタムノート付き)Eur Spine J。 2006; 15:705–718
  25. Kieffer、SA、Stadlan、EM、Mohandas、A.、およびPeterson、HO 椎間板における年齢と発達的変化とのディスクグラフィ - 解剖学的相関。 Acta Radiol [Diagn](ストックホルム)。 1969; 9:733–739
  26. Bundschuh、CV 術後腰椎脊柱の画像化。 Neuroimaging Clin N Am。 1993; 3:499–516
  27. Bartynski、WS、Rothfus、WE、およびKurs-Lasky、M. リドカイン感受性およびリドカイン非感受性の重度に痛みを伴う椎間板のCT後の特徴。 AJNR。 2008; 29:1455–1460
  28. Ford、LT、Gilula、LA、Murphy、WA、およびGado、M. 真空腰椎椎間板のガス分析 AJR。 1977; 128:1056–1057
  29. モディック、MTおよびハーフェン、RJ 椎間板:正常な年齢に関連したMR信号強度の変化。 放射線学。 1990; 177:332–334
  30. Modic、MT、Masaryk、TJ、Ross、JS、およびCarter、JR 退行性椎間板病の画像化。放射線学。 1988; 168:177–186
  31. Resnick、D.およびNiwayama、G. 脊椎の変性疾患。 で:D。Resnick(Ed。) 骨および関節障害の診断。 第3版WB Saunders、フィラデルフィア; 1995:1372–1462
  32. Eckert、C.およびDecker、A. 椎間板の病理学的研究。 Jボーンジョイントサグ。 1947; 29:447–454
  33. Marinelli、NL、Haughton、VM、Anderson、PA T2緩和時間は、腰椎椎間板変性および患者年齢の段階と相関した。 AJNR。 2010; 31:1278–1282
  34. Yasuma、T.、Koh、S.、Okamura、T.et al。 腰椎椎間板老化における組織学的変化。 Jボーンジョイントサグ[Am]。 1990; 72:220–229
  35. Oh、K.-J.、Lee、JW、Kwon、ET et al。 腰椎における椎間板ヘルニアと硬膜下椎間板ヘルニアのMR画像所見の比較。 AJNR。 2013; 34:683–687
  36. アメリカ合衆国保健社会福祉省。 出版物番号(PHS)91-1260、国際疾病分類第1998版、臨床修正第1999版、ワシントンDC、XNUMX年。 XNUMX年にロサンゼルスのPracticeManagement Information Corporationと、バージニア州アレクサンドリアのSt. Anthony's PublishingCompanyによって改作および発行されました。
  37. Williams、AL、Haughton、VM、Daniels、DL、Grogan、JP 押出髄核の示差的CT診断 放射線学。 1983; 148:141–148
  38. モディック、MT 脊椎の変性疾患。 に: 背骨の磁気共鳴イメージング。 イヤーブックメディカル、ニューヨーク; 1989:83–95
  39. Boden、SD、Davis、DO、Dina、TS等。 無症状の被験者における腰椎の異常な磁気共鳴スキャン。 将来の調査。 Jボーンジョイントサグ。 1990; 72:403–408
  40. Yu、S.、Haughton、VM、Sether、LA、およびWagner、M. アヌス 線維症 椎間板の膨らみがある。放射線学。 1988; 169:761–763
  41. Yasuma、T.、Makino、E.、Saito、S.、Inui、M. 椎間板ヘルニアの組織学的発達。 Jボーンジョイントサグ。 1986; 68A:1066〜1073
  42. Sachs、BL、Vanharanta、H.、Spivey、MA et al。 ダラスのディスコグラムの説明。 低背障害におけるCT /ディスコグラフィーの新しい分類。 脊椎。 1987; 12:287–294
  43. Carragee、EJ、Paragioudakis、SJ、およびKhurana、S. 腰部高輝度ゾーンおよび低背の問題のない被験者のディスコグラフィー。 脊椎。 2000; 25:2987–2992
  44. Schellhas、KP、Pollei、SR、Gundry、CR等。 腰椎椎間板の高輝度ゾーン。 磁気共鳴イメージングとディスコグラフィーの相関。 脊椎。 1996; 21:79–86
  45. Munter、FM、Wasserman、BA、Wu、HM、およびYousem、DM 腰椎椎間板の環状涙の連続MRイメージング Am J Neuroradiol。 2002; 23:1105–1109
  46. クエンサー、RM 異常な線維輪:環状傷害の鋭さを推測できますか?Am J Neuroradiol。 2002; 23:1069
  47. Czervionke、LF 腰椎椎間板疾患。 Neuroimaging Clin N Am。 1993; :465–485
  48. Rothman、SLGおよびChafetz、NI 腰椎のMRIイメージング研究における椎間板ヘルニアのオーバーレイに関する解剖学的説明:ポスター発表。 アメリカ神経放射線学会、シカゴ、イリノイ; 1995年
  49. Twomey、LTおよびTaylor、JR 腰椎および椎間板の年齢変化。 Clin Orthop。 1987; 224:97–104
  50. Coventry、MB、Ghormley、RK、およびKernohan、JW 椎間板:その顕微鏡的解剖学および病理。 (233-7)Jボーンジョイントサグ。 1945; 27:105–112
  51. ファルファン、HF 腰の機械的障害。 リー&フェビガー、; 1973:141
  52. Hirsch、C.およびSchajowicz、F. 腰部線維輪の構造変化に関する研究。 Acta Orthop Scand。 1952; 22:184–231
  53. Ito、T.、Yamada、M.、Ikuta、F. et al。 隔離型椎間板ヘルニアの吸収の組織学的証拠。 脊椎。 1996; 21:230–234
  54. Liebscher、T.、Haefeli、M.、Wuertz、K. et al。 ヒト腰椎椎間板の細胞密度における年齢に関連した変動。 脊椎。 2011; 36:153–159
  55. Nathan、H. 脊柱の骨棘。 その病因と意義を考慮し、年齢、人種、性別による発達の解剖学的研究。 Jボーンジョイントサージャーアム。 1962; 44:243–268
  56. Sether、LA、Yu、S.、Haughton、VM、and Fischer、ME 椎間板:正常な年齢に関連したMR信号強度の変化。 放射線学。 1990; 177:385–388
  57. Twomey、LTおよびTaylor、JR 腰椎椎間板の年齢変化。 Acta Orthop Scand。 1985; 56:496–499
  58. Schmorl、G。and Junghanns、H。(American Ed、1971.Transl。byEFBesemann)(186–98)in: 健康と病気の人間の背骨。 2位。 グルーンとストラットン、ニューヨーク; 1971:141–148
  59. Pritzker、KPH 腰椎椎間板の加齢と変性。 オルソップ・クリン・ノース・アム。 1977; 8:65–77
  60. ロス、JS バベル2.0。 放射線学。 2010; 254:640–641
  61. Pfirrmann、CW、Metzdorf、A.、Zanetti、M.et al。 腰椎椎間板変性の磁気共鳴分類。 脊椎。 2001; 26:1873–1878
  62. グリフィス、JF、ワン、WX、アントニオ、GE 腰椎椎間板変性のための修正されたPfirrmannグレーディングシステム。 脊椎。 2007; 32:E708–E712
  63. Yu、S.、Haughton、VM、Sether、LA et al。 正常および変性腰椎椎間板を分類するための基準。 放射線学。 1989; 170:323–326
  64. Brock、M.、Patt、S.、およびMayer、HM 押し出されたディスクの形状と構造。 脊椎。 1992; 17:1457–1461
  65. ウィリアムズ、AL 変性椎間板病のCT診断。 膨らんだ輪。 Radiol Clin North Am。 1983; 21:289–300
  66. Masaryk、TJ、Ross、JS、Modic、MTら 隔離された腰椎椎間板の高分解能MR画像。 Am J Neuroradiol。 1988; 9:351–358
  67. Wiltse、LL、Berger、PE、およびMcCulloch、JA 脊椎の病変の大きさと位置を報告するシステム。 脊椎。 1997; 22:1534–1537
  68. Saal、JA、Saal、JS、およびHerzog、RJ 腰椎椎間板の押出の自然経過は手術を受けていない。 脊椎。 1990; 15:683–686
  69. ファードンDF。 ディスクの命名法:現在のジャーナルの慣行。 ポスター発表、アメリカ整形外科学会第110回年次総会、フロリダ州ボカラトン、1997年。
  70. 解剖学用語に関する連邦委員会。 用語 アナトミカ。 George Thieme Verlag,シュトゥットガルト; 1998:27
グリーン電話ボタンH.png

追加トピック:急性腰痛

背中の痛み 障害の最も一般的な原因の1つであり、世界中の仕事で欠場しています。 背部の痛みは、医者の診察の2番目に一般的な理由であり、上気道感染症の数だけ多い。 人口のおよそ80%は、一生を通して少なくとも1回は腰痛を経験するでしょう。 脊椎は、他の軟部組織の中で骨、関節、靭帯、および筋肉からなる複雑な構造である。 このため、怪我および/または悪化した状態、例えば 椎間板ヘルニア最終的には、背痛の症状につながる可能性があります。 スポーツ傷害または自動車事故による傷害は、多くの場合、背痛の最も頻繁な原因であるが、時には最も単純な運動は痛い結果をもたらすことがある。 幸運なことに、カイロプラクティックケアのような代替治療の選択肢は、脊柱調節と手作業による腰痛の緩和に役立ち、究極的には疼痛緩和を改善する。

漫画紙の少年のブログの画像

重要なトピック:坐骨神経痛疼痛カイロプラクティック療法

https://youtu.be/4axq8MnZskM