膝関節炎:診断イメージングアプローチII | エルパソ、TX。
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

膝関節炎:診断イメージングアプローチII | エルパソ、TX。

サジタル流体感度

膝関節炎カイロプラクティックケアエルパソtx。
  • 大動脈瘤(Baker's)嚢胞(上部画像)および大型滑液滲出液(下部画像の上)を示す矢状液体感受性MRスライス
  • フィブリノイド炎症性脱斑症を代表する両方の画像上の複数の斑状の暗いシグナル領域が、「米体」RAの特徴的なMRI特徴であることに留意する

リウマチ学的リサーチ&DMARM

敗血症性関節炎(SA)

  • 敗血症性関節炎 - 関節の細菌性または真菌性の汚染。 SAは 原因 急速な関節破壊を引き起こし、迅速なDxおよび抗生物質投与が必要
  • 影響を受ける関節:豊富な血液供給を伴う大きな関節(膝50%>股関節>肩)。
  • 感染経路:
  • 1)血行性はm / c
  • 2)隣接サイトからの広がり
  • 3)直接移植(例えば外傷、医原的)
  • リスクのある患者:小児、糖尿病患者、免疫不全、既存の関節損傷/炎症、例えばRAなど
  • IVの薬物使用者は特にリスクが高く、 添加 非定型関節 "S関節" SIJ、SCJ、Symphysis pubis、ACJなどを汚染する可能性がある
  • 臨床的に: 宿主の免疫応答および細菌の病原性に依存する。 既存の関節痛、腫脹、ROMの制限の急速な発症または悪化を示すことがある。 倦怠感、発熱、疲労およびESR上昇、CRP、白血球増加症の一般的な兆候が存在する可能性があります。
  • 糖尿病患者および免疫無防備状態は、免疫応答が低下する発熱および発熱の欠如が少ない
  • Dx:臨床、放射線および実験室。 関節症は、培養、細胞数および膿胸滑膜検査に必要であり得る
  • 管理:IV抗生物質
  • イメージングDx: ラジオグラフィーから始まりますが、初期の段階ではほとんど目立たないでしょう。 MRIは敏感であり、関節滲出液、骨浮腫などの早期発見に役立ちます。USは、表面関節および小児において有用であり得る。 米国は、針のガイダンスに役立ちます。 骨シンチグラフィーは、MRIが禁忌である場合には時折使用することができる

共同汚染のルート

膝関節炎カイロプラクティックケアエルパソtx。
  • 1。 Hematogenous(M / C)
  • 2。 隣接地から広がる
  • 3。 直接接種
  • M / C生物 - 黄色ブドウ球菌
  • NB淋菌感染症はいくつかのケースではトップディファレンシャルであるかもしれない
  • IV薬物使用者:シュードモナス、カンジダ
  • 鎌状赤血球:サルモネラ
  • 動物(猫/犬)の咬傷:パスツレラ
  • 事実上真菌汚染が起こることがある
膝関節炎カイロプラクティックケアエルパソtx。

ラジオグラフィー

膝関節炎カイロプラクティックケアエルパソtx。
  • 最初は非特異的なST /関節滲出液、脂肪面のぼけ/歪み。 X線で見られる前に30%のコンパクトサイズと50-75%の骨梁が破壊されるため、X線撮影は初期の変化の一部に影響されません。 MRイメージングは​​好ましいモダリティである
  • MRIが利用できない、または禁忌である場合。 Tc-99 MDTを使った骨シンチグラフィーが役に立ちます
  • 子どもたちは、電離放射線を避けることを好む。 子供の場合、骨の成熟がないため、米国は成人よりも敏感である可能性があります

放射線写真Dx

膝関節炎カイロプラクティックケアエルパソtx。
  • 初期の発見は報われていない。 初期の特徴としては、関節拡張d / t effusionが挙げられる。 軟組織腫脹および脂肪平面の不明瞭化/置換
  • 1-2週:軟骨組織の腫脹が増加して骨端の「白皮質線」の斑状脱ミネラル化、多少食べられ、浸透性の骨破壊、喪失および不明瞭として現れる関節周囲および隣接骨変化。 MRIは初期のDxに役立つかもしれません。
  • 遅い特徴:完全な関節破壊と強直症
  • NB敗血症性関節炎は数日以内に急速に進行し、主要な関節破壊を防ぐために早期IV抗菌薬を必要とする

T1&T2膝MRI

膝関節炎カイロプラクティックケアエルパソtx。
  • T1(左上)およびT2脂肪 - 座屈側膝MRIスライスは、T1上の正常な骨髄シグナルの喪失を示し、敗血症性浮腫に起因するT2上の増加を示す。 敗血症性関節炎に進行する骨隔離のd / t骨髄炎が注目される。 隣接する軟部組織浮腫を伴う顕著な関節滲出液が見られる。 Dx:OSMおよび敗血症性関節炎
  • イメージングは​​、 敗血症 ジョイント。 しかし、最終的なDxは、Hx、身体検査、血液検査、そして最も重要な滑液吸引(関節症)
  • グラム染色、培養、グルコース検査、白血球数、および微分測定のために滑液を送るべきである
  • ESR / CRPが上昇することがある
  • 滑液:WBCは、グルコースレベルが低下した50,000%好中球を有する60,000-80 / ulであり得る。グラム染色:75%グラム陽性球菌である。 グラム染色は、培養物の25%のみによる淋菌感染症の感受性が低い+
  • 症例の9%では、血液培養は病原体同定の唯一の原因であり、抗生物質治療の前に取得する必要があります
  • 記事: https://www.aafp.org/afp/2011/0915/p653.html
  • https://www.aafp.org/afp/2016/1115/p810.html

クリスタル誘導性膝関節炎

  • 結晶性関節炎(Crystalline Arthritis):関節内およびその周囲の結晶析出に起因する関節症群。
  • 2-m / c:尿酸一ナトリウム結晶(MSU)およびピロリン酸カルシウム脱水結晶(CPPD)関節症
  • 痛風:関節および軟部組織およびその周辺のMSU沈着。 尿酸の過剰産生または過小排泄によって引き起こされる漿尿酸(UA)の上昇したレベル(> 7mg / dL)
  • UAが7mg / dLに達する/超えると、末梢組織に沈着する。 原発性痛風:核酸の代謝およびプリンの分解が妨げられた。 二次痛風:細胞回転の増加:乾癬、白血病、多発性骨髄腫、溶血、化学療法など
  • 痛風は5特有の段階を提示する:
  • 1)無症候性高尿酸血症(年/数十年)
  • 痛風性関節炎(ワックスおよび衰弱および数年間続く)の急性発作
  • 攻撃の間隔の段階
  • 慢性の痛い痛風
  • 痛風性腎症
膝関節炎カイロプラクティックケアエルパソtx。

臨床所見

  • ステージによって異なります
  • 急性発作:急性関節痛は "最初と最悪"でも軽く触れると痛い
  • DDx:敗血症性関節(共に存在する可能性あり)滑液包炎など
  • 痛風性関節炎は、典型的にはモノ関節症
  • 慢性の厄介な段階: 関節の預金、耳の耳介、眼の構造および他の領域。 腎石症など男性>女性。 肥満、食事、および年齢> 50-60。
  • 放射線写真:初期の発作は目立たず、非特異的な関節滲出液として存在する可能性がある
  • 慢性の頑丈な痛風X線撮影:突き出た縁を有する穿孔された周囲周囲、傍脊柱および/または骨内びらん。 硬化症の特徴的な縁および石灰化、軟部組織tophi。 標的部位:下肢のm / c
  • Rx:アロプリノール、コルヒチン(特に急性症状の予防と予防)

滑液吸引

膝関節炎カイロプラクティックケアエルパソtx。
  • 偏光顕微鏡法を用いた滑膜吸引は、大きな炎症性PMN存在下で負の複屈折の針状MSU結晶を示す。 DDx:PseudogoutおよびCPPDに見られる正の複屈折の菱形形状のCPPD結晶(右下)
膝関節炎カイロプラクティックケアエルパソtx。

大規模なST

膝関節炎カイロプラクティックケアエルパソtx。
  • 密度と関節滲出液は、突出したマージン、骨密度の全面的な維持、内臓石灰化を伴う骨浸食を起こしたDx:慢性の痛い痛風

MRIの痛風の特徴

膝関節炎カイロプラクティックケアエルパソtx。
  • オーバーハングマージンのエロージョン、T1の低信号、T2の高信号、脂肪抑制画像。 歯状沈着物d / t造粒組織の末梢造影増強
  • Dx:最終Dx; 滑膜吸引および偏光顕微鏡法

その他の記事

膝関節炎