証拠カイロプラクティックは本当に英国のレポートで成長する| エルパソ、テキサス州
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

証明カイロプラクティックは実際には英国のレポートで成長します

臨床的および実験的証拠の証明と理解、 手動療法、または手技療法は、様々な筋骨格系および非筋骨格系を診断および治療するために、他の医療従事者の中で理学療法士によって使用される、操作および/または動員などの熟練した実地技術を利用する物理的治療である傷害および状態。 脊髄の操作/動員は、背中の痛み、首の痛み、頭痛および偏頭痛、ならびに成人の様々な他の障害を含むいくつかのタイプの関節痛に対して有効であると決定されている。

追加の通知については、 以下の研究研究は、患者のための手動療法の有効性に関する科学的証拠の包括的な要約である さまざまな筋骨格系および非筋系の傷害および状態の管理。 結論は、広く受け入れられ、主に英国および米国のエビデンスベースのガイドラインおよびまだ含まれていない他の無作為化臨床試験の結果を基にしたランダム化臨床試験の結果に基づいています。

背景

この報告書の原動力は、カイロプラクティックケアの範囲を取り巻く英国(英国)のメディア討論と、特に非筋骨格状況に対するその有効性に関する主張である。

証拠合成の領域は、常に社会価値の構造内に埋め込まれている。 具体的な主張の証拠を構成するものは、コミュニティの経験、知識、基準によって構成されています。 これは、国や地域による管轄制限によって大きく異なります。 しかしながら、過去数十年にわたり、標準化された合成臨床研究の証拠を医療意思決定に体系的に組み入れることを促進するための強力な国際的努力がなされてきた。

エビデンスベースのヘルスケア(EBH)

EBHは、適切な人たちが適切なタイミングで適切なことをすることについてです。 これは、最高品質の証拠が入手可能な場合に、意思決定の優先プロセスとして最良の利用可能な臨床研究の証拠の検討を促進することによってそうする。 これは、非組織的な臨床経験と病態生理学的根拠のみに重点を置く一方で、臨床転帰の改善の可能性を高める。 集団研究における潜在的に有効な介入の証拠を与えた無作為臨床試験(RCT)が個々の症例の管理に直接的に変換できないという事実は広く認識されている。 しかし、RCTは、ケア提供の恩恵を主張するための既存基準を最もよく満たすことができる情報体系を構成している。 RCTによって提供された証拠は、患者のための推奨行動の第一線を構成し、情報提供された患者の好みとともに、介護指導に貢献する。 実践は、主張とは対照的に、患者の価値観と勧告の倫理的な防御性という文脈の中で、本質的に解釈的である。 確かに、本当に情報に基づいた意思決定のために、研究証拠、またはその欠如を患者に伝える必要性は、ヘルスケア研究および臨床実践の重要な領域となっています。

EBHは芸術よりも科学であると主張する人もいるが、臨床医が研究の証拠、臨床観察、患者の状況や嗜好を統合するために必要なスキルは確かに巧みである。 個々の患者や状況に応じて、それぞれの部分がより大きな役割を果たすように、さまざまな種類の情報とエビデンスのバランスを取るためには、創造的でありながらインフォームド・インプロビジョニングと専門知識が必要です。

エビデンスベースのヘルスケアを提供すると、非エビデンスベースのヘルスケアよりも患者のアウトカムが改善されることが一般的に受け入れられています。 臨床医がエビデンスに基づくアプローチを採用すべきかどうかについての議論は黙っている。 「EBHの信憑性に欠けている今日の医学の誰かが間違ったビジネスをしている」EBHの批判の多くは、良い証拠が得られたときと対処しなければならないときの対処の混乱に根ざしていた証拠は弱いか存在しない。 このことから、EBHが患者の価値観や好みを無視し、料理帳のアプローチを促進するという懸念など、誤解や誤解が生じました。 適切に適用されると、EBHは臨床医に力を入れて、医療の主張と論争に関する事実に基づく独立した見解を立てることを目指す。 重要なのは、意思決定に科学的証拠のみを用いることの限界を認め、臨床的意思決定における患者の価値観や嗜好の重要性を強調する。

問題はもはやEBHを取り入れるべきではなく、「どのように」するべきか? EBHには、効率的な文献検索戦略と、臨床文献を評価する際の正式な規則の適用を含む新しいスキルの必要性がある。 情報提供された患者の決定に権限を与えるアドバイザーとして、医療提供者の役割を識別することが重要です。 これには、使用する科学文献や使用方法について、健全な尊敬が必要です。 質問をするのに適切でない研究デザインに頼ったり、自分の意見を支持する研究だけを「チェリーピッキング」しても、適切な人に適切なタイミングで適切なことを促すことはできません。

おそらく最も重要なのは、質の高い科学的証拠が入手可能になったときに、臨床家が練習する方法を変えたいという意欲です。 現行の臨床実践が認知されていないことを認識する知的正直から生まれた柔軟性が必要です 本当に 患者の利益に最善を尽くす。 いくつかのケースでは、これはかつて有益であると考えられていた治療法や診断法の放棄を必要とするであろう。 それ以外の場合には、新しい方法で受け入れ、訓練する必要があります。 絶え間なく進化する科学知識ベースは、今日の「正しい」ものが明日「正しく」ないかもしれないという可能性を臨床医が受け入れることを要求している。 EBHは臨床医の行動が証拠の影響を受けることを要求している。 重要なことに、変化する意欲は、新たな科学的証拠の絶え間ない弾圧を最新の状態に保つ能力に付随しなければならない。

目的

この報告書の目的は、証拠の量と質に基づいて、様々な筋骨格系および非筋骨格系の管理のための治療的選択肢としての手動治療の有効性に関する科学的証拠の簡潔かつ簡潔な要約を提供することである。 この証拠を臨床実習設定内で適用するためのガイダンスが提示されている。

メソッド

この報告書の目的のために、手動治療には、脊椎および四肢関節の操作または動員、マッサージおよび様々な軟組織技術が含まれる。 麻酔下の操作/動員は、手順の侵襲的性質のため報告書には含まれていなかった。 報告書の結論は、RCTの最新の最新の結果(過去5〜10年間)、広く受け入れられているエビデンスベースの臨床ガイドラインおよび/または技術評価レポート(主に英国および利用可能であればUS)、最初の3つのカテゴリにまだ含まれていないすべてのRCT。 含まれているレビューとガイドラインの批判的評価は理想的であるが、それは本報告書の範囲外である。 系統的レビューの結論間の不一致の存在が探究され、記述される。 有効性に関する結論は、プラセボ対照(有効性)との比較、または有効であると示されているかどうか(相対的有効性)を示す一般的に使用される治療法、および無治療との比較に基づく。 手作業による治療の有効性/有効性に関連する証拠の強さ/質は、米国予防サービスタスクフォースによって開発された最新の採点システムの適合バージョンに従って等級分けされる http://www.ahrq.gov/clinic/uspstf/grades.htm)。 この報告書で使用された証拠採点システムは、American College of PhysiciansおよびAmerican Pain Societyからの腰痛に関する2007共同臨床プラクティスガイドラインに使用されているシステムのわずかな変更です。

データベースMEDLINE(PubMed)、Ovid、Mantis、Index to Chiropractic Literature、CINAHL、専門データベースCochrane Airways Group治験レジストリ、Cochrane Complementary Medicine Field、Cochrane Rehabilitation Field、体系的レビュー、RCT、および証拠を使用した検索戦略ベースの臨床ガイドラインが特定された。 検索制限は、10月2009の前に、人物、英語、ピアレビューと索引付けされたジャーナル、および出版物でした。 さらに、我々は、レビューされた刊行物に記載された検索引用文献をスクリーニングし、手渡した。 検索戦略の説明は、追加ファイル 1 (Medline検索戦略)。

このレポートの主な目的は、無作為化されたデザイン(例えば、観察研究、コホート研究、前臨床シリーズおよび症例報告)を用いた研究からの重要な予備的証拠を得ることができるが、有効性、相対効力または相対的な有効性を示しているため、証拠ベースはRCTに限定されていた。 有効性を評価するために設計されたパイロットRCT、個々の治療セッションの即時効果をテストするために設計されたRCTは、この報告書のエビデンスベースの一部ではなかった。

系統的レビューやエビデンスに基づくガイドラインの中で正式に品質評価されていないRCTの質は、RCTの体系的レビューであるCochraneの使用に推奨されるバイアスのリスクを評価する2人の査読者によって評価された。 Cochrane Collaborationハンドブック http://www.cochrane.org/resources/handbook/ バイアスツールのリスクにスコアリングを適用することを躊躇し、試行の要約方法を提案します。 私たちはその提案に導かれており、このレポートで使用されている適応された証拠採点システムは最新の試行証拠の有効性と影響を評価することを要求します。 これらの追加の試験は、バイアスの原因となるリスクによって決定されるように、より高い、中程度、または低品質に分類されます。 詳細については、「追加ファイル」を参照してください。 2 (バイアスのリスクを評価するためのCochrane Collaborationツールとこのレポートの目的のバイアスの評価)。

全体的な証拠採点システムは、証拠の強さを3つのカテゴリーの1つに分類することを可能にする: 高品質のエビデンス、適度な品質のエビデンス、決定的ではない(低品質の)エビデンス。 これらの3つのカテゴリの運用上の定義は、以下のとおりです。

高品質の証拠

入手可能なエビデンスには、通常、健康成果への影響を評価する代表的な集団におけるうまく設計され、よく実施された研究の一貫した結果が含まれている。

証拠は、少なくとも2つの一貫した高品質(偏見のリスクが低い)ランダム化試験。 したがって、この結論は将来の研究結果に強く影響されることはまずありません。

適度な質の証拠

入手可能な証拠は 十分な 健康成果に関連する有効性を判断するために使用されるが、推定値に対する信頼性は以下のような要因によって制約される。

•個々の研究の数、サイズ、または質。

•個々の研究の所見の不一致。

•日常的な調査結果の一般性が限られている。

•一連の証拠における一貫性の欠如。

証拠は、少なくとも1つの高品質のランダム化試験(偏見のリスクが低い)、十分な統計力で2つ以上の高品質(偏見のリスクが低い)いくつかの矛盾したランダム化試験; 少なくとも2つの一貫した低品質ランダム化試験(バイアスの中程度のリスク)。 より多くの情報が入手可能になるにつれて、観察された効果の大きさまたは方向が変化し、この変化は結論を変えるほど十分に大きくなる可能性がある。

不確実な(低品質の)証拠

入手可能な証拠は 不十分 健康成果に対する有効性を判断する。 証拠は不十分です:

•限られた研究数または力。

•研究デザインや方法の重要な欠陥(バイアス研究のリスクが高い).

•高品質の試験間の不明瞭な不一致。

•証拠の連鎖のギャップ。

•ルーチンの練習に一般化できない発見。

•重要な健康成果に関する情報の欠如

この報告書の目的上、決定的な証拠が好ましいか否か、あるいは方向性が確立されているかどうか(不明確な証拠)が決定された。

さらに、カイロプラクティックのエビデンスベース治療管理または共同管理戦略に組み込むことができる効果的であることが示されている、他の非薬理学的、非侵襲的な物理的治療(例えば、運動)および患者の教育的介入についての簡単な証拠が記載されている実践。 これらの声明は、無作為化臨床試験および広く受け入れられているエビデンスに基づいた臨床ガイドライン(主に英国および米国から入手可能)について、最新の最新の(過去5〜10年以内に)体系的なレビューの結論に基づいています。

行動の証拠の翻訳

証拠を翻訳するには、ユーザのアプリケーションのコンテキストで顕著なテイク・ホーム・メッセージの通信が必要です。 この作業から得られた情報には、2つのメッセージアプリケーションがあります。 第一に、十分な証拠の基準は、考慮される行動の文脈によって異なる。 有効性の主張を証明するための十分な証拠は、倫理および規制の社会政治的文脈の中で定義されている。 個々の患者の意思決定に情報を与えるための証拠の第2の適用である。 証拠力がありバイアスのリスクが小さい場合、好ましい選択肢はほとんど臨床的判断を必要としない。 あるいは、証拠が不確実である場合や偏見のリスクが高い場合、積極的な参加者として患者に重点が置かれます。 これは、臨床医が、情報を得た意思決定を支援しながら、研究証拠を患者に効果的に伝達することを必要とする。

要約すると、この報告書で得られた情報は、2つのアプリケーションに向けられている。1)社会的価値観の範囲内でカイロプラクティックケアの治療効果の支持可能な公的主張の決定。 2)証拠情報を使用して、証拠の階層を用いた個別化された医療勧告の基礎となる(図1)。

アレックス・ヒメネスの洞察

研究調査の目的は、手動療法または手技療法の有効性に関する臨床的および実験的な証拠を提供することであった。 ランダム化臨床試験(RCTS)の体系的なレビューは、操作や動員など、これらの有効性に関する証拠の強さと質を実証するのに役立った。 研究調査の結果には、2つの追加的な目的があります。 カイロプラクティックケア 社会的価値観の中で、 エビデンスの階層を使用して、個別化された医療勧告の基礎としてエビデンスからの情報を利用すること。 脊椎操作および/または動員を含む手動療法の有効性に関して、各研究の研究方法および決定的な結果の詳細な結果を以下に記録する。

成果

9月の2009では、26の筋骨格疾患、4種類の慢性頭痛、9種類の非筋骨格症状(図13)という手動療法のRCT証拠が含まれていました。 2の最近の関連する体系的レビューと49エビデンスに基づく臨床ガイドラインと、特定された体系的レビューおよびガイドラインにはまだ含まれていない追加の16 RCTを特定した。 運動、ヨガ、矯正、中括弧、鍼灸、熱、電磁場治療、TENS、レーザー療法、認知行動療法および弛緩を含む、他の多くの非侵襲的な物理的治療および有効性の証拠による患者教育が同定された。 この報告書は、手動療法の有効性または非有効性のエビデンスを、各条件のセクションの終わりの証拠概要陳述と、図46、3、4、5および6の簡潔な要約形式として提示する。 さらに、レビューされた条件の定義および簡単な診断基準が提供される。 多くの病状の診断イメージングは​​、重篤な病理を示唆する「赤い旗」の存在によって示される。 レッドフラッグは、考慮すべき状態によって異なるが、典型的には、骨折、外傷、代謝障害、感染症、転移性疾患、および手動療法に禁忌である他の病理学的疾患プロセスを含む。

図2このレポートに含まれる条件のカテゴリ
図2 このレポートに含まれる条件のカテゴリ。

大人の脊髄状態の図3エビデンスサマリー
図3 成人の脊髄状態の証拠概要。

大人のエクストリーム状態の図4エビデンスサマリー
図4 成人における四肢状態の証拠概要。

大人の図5エビデンスサマリーや頭痛やその他の症状
図5 成人の頭痛やその他の症状の証拠概要。

成人の非筋骨格状態の図6証拠の要約
図6 成人の非筋骨格状態の証拠概要。

小児科における非筋骨格状態の図7証拠の要約
図7 小児科における非筋骨格状態の証拠概要。

非特異的腰痛(LBP)

定義

非特異的LBPは、痛みの特定の原因を特定することができない腰部領域の痛み、緊張および/または硬さとして定義される。

診断

非特異的LBPの診断は、顕著な神経学的検査および潜在的に重篤な病理の指標のない患者の病歴に由来する。 イメージングは​​、陽性の神経学的検査または「赤旗」の存在を示す患者にのみ示される。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

2004以来、5つの系統的レビューは、非特異的LBPに対する脊髄操作の利益の包括的な評価を行った。 およそ70 RCTが要約されました。 このレビューでは、脊髄操作は偽介入よりも優れており、通常のケア、運動、またはバックスクールなどの一般的に使用される有効な療法と効果的であることが判明した。 坐骨神経痛/脚の痛みの場合、3つのレビューでは、限られた証拠を有する操作が見出された。 Furlanらは、13 RCTのレビューに基づいて、亜急性および慢性の非特異的な腰痛を有する患者にとって有用であると結論付けた。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

2006以来、4つのガイドラインが、NICE、米国医師会/米国疼痛協会、慢性LBPの欧州ガイドライン、および急性LBPの欧州ガイドラインのLBPの手入れのための手技療法の利点に関する勧告を行っている。 さまざまなガイドラインに含まれるRCTの数は、その範囲に基づいてかなり変化しました.NICEのガイドラインには、70試験を含む8つの試験と米国医師会/アメリカ疼痛協会のガイドラインが含まれていました。 これらのガイドラインは、急性、亜急性および慢性のLBPに対する有効な治療法として、脊髄操作/動員を推奨しています。 亜急性および慢性LBPの治療にもマッサージが推奨されています。

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

Hallegraeffらは、脊髄操作のレジメンと標準的な物理療法を、急性LBPの標準的な理学療法と比較した。 全体的に、治療後の疼痛および障害について群間に差はなかった。 予測ルールは影響を受ける可能性があります。 この研究は偏見のリスクが高かった。

Rasmussenらは、エクササイズエクササイズやエクササイズエクササイズと脊髄操作を受けた患者が慢性LBPの減少を経験したが、グループ間で違いは認められなかった。 この研究は偏見のリスクが高かった。

リトルらは、アレキサンダーのテクニック、運動、マッサージが、慢性的なLBPと障害のために3カ月でコントロール(通常のケア)よりも優れていることを発見しました。 この研究は、偏見のリスクが中程度であった。

Wilkeyらは、カイロプラクティック管理は、疼痛および障害の転帰について8週間で慢性LBPのNHS疼痛クリニック管理よりも優れていることを見出した。 この研究は偏見のリスクが高かった。

Bogefeldtらは、手動療法と積極的なアドバイスが、病気休暇を減らし、急性のLBPの10週に仕事への復帰を改善するために単独で活動するアドバイスよりも効果的であることを発見しました。 2年間で群間の差は認められなかった。 この研究は偏見のリスクが低かった。

Hancockらは、急性期のLBPの完全回復までの日数を減らすことで、医療だけでなく脊髄動員も医療よりも効果的ではないことを発見しました。 この研究は偏見のリスクが低かった。

Ferreiraらは、慢性LBP患者では、脊髄操作が一般運動よりも優れており、8週間で機能と知覚効果が優れていたが、6群と12群では差は認められなかった。 この研究は、偏見のリスクが中程度であった。

Eisenbergらは、通常の治療に加えて相補的治療法(カイロプラクティックケアを含む)の選択は、急性LBPの治療のための不都合および障害における通常の治療と変わらないことを見出した。 この試験では、個々の手動療法についての所見は報告されなかった。 この研究は偏見のリスクが低かった。

Hondrasらは、3,6,9,12での最小限の医療よりも腰部の屈曲伸延が優れており、亜急性または慢性のLBPに関連する障害については24週を見出したが、脊柱操作は3週間で最小の医療よりも優れていた。 報告された転帰については、脊柱操作と屈曲伸延との間に差は認められなかった。 両方の手動療法が最小限の医療と比較して、12および24週で全体的な知覚改善が優れていた。 この研究は偏見のリスクが低かった。

Mohseni-Bandpeiらは、慢性LBPの操作/運動を受けている患者は、治療期間の終わりと6月のフォローアップ時に、超音波/運動を受けた患者と比較してより大きな改善を報告した。 この研究は偏見のリスクが高かった。

Beyermanらは、変形性関節症(OA)からの混合期間のLBPを湿熱単独と比較して治療するために、カイロプラクティック脊髄操作、手動屈曲/伸延、およびホットパック適用の有効性を評価した。 脊柱操作群は、疼痛および運動範囲の短期的な改善をより迅速に報告した。 この研究は偏見のリスクが高かった。

Pooleらは、慢性的なLBP患者の足のリフレクソロジーまたはリラクゼーション訓練のいずれかを通常の医療に追加することは、短期間または長期間の通常の医療単独よりも効果的ではないことを示した。 この研究では、偏見のリスクが中程度であった。

Zaproudinaらは、疼痛または障害の1ヶ月または1年で、群間の差異(骨形成と運動とマッサージの違い)がないことを見出した。 改善の全体的な評価スコアは、1ヶ月で骨形成群で優れていた。 この研究は偏見のリスクが高かった。

証拠概要(図3参照)

◦脊髄操作/動員が成人の亜急性および慢性LBPの有効な治療選択肢であるという高品質の証拠。

◦脊髄操作/動員が高齢者の亜急性および慢性LBPの有効な治療選択肢であることを示す適度な質の証拠。

◦脊髄の操作/動員が成人の急性LBPの有効な治療選択肢であるという適度な品質の証拠。

◦脊髄動員を医療に加えることは、成人の急性LBPの転帰を改善しないという穏当な証拠。

◦マッサージは、成人の亜急性および慢性LBPに対する有効な治療法であることを示す適度な品質の証拠。

◦坐骨神経痛/脚の痛みに対する操作の使用に関する好意的な方向での非確定的な証拠。

◦慢性LBPの通常の医療へのフットリフレクソロジーの追加に関する非好意的な方向での妥当な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

慢性LBPおよび急性LBPのための能動的、学際的リハビリテーション、運動療法、鍼灸、ヨガ、認知行動療法、または進行性弛緩のためのアドバイス。

非特異的中腰痛

定義

非特異的胸椎痛は、痛みの特定の原因を特定することができない胸部背部領域の痛み、緊張および/または硬さとして定義される。

診断

非特異的胸椎疼痛の診断は、顕著な神経学的検査を伴う患者の病歴および潜在的に重篤な病理の指標に由来しない。 イメージングは​​、陽性の神経学的検査または「赤旗」の存在を示す患者にのみ示される。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

無作為化臨床試験を含む胸部脊柱痛における手作業療法の役割に取り組む体系的なレビューはなかった。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

オーストラリアの急性筋骨格疼痛ガイドライングループは、小規模なパイロット研究から、脊椎操作がプラセボと比較して胸部脊柱痛に対して有効であるという証拠があると結論づけている。

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

胸部脊柱操作の使用を調査した複数のランダム化臨床試験があった。 しかし、ほとんどの試験では、頸部または肩の痛みに対する胸部操作の有効性が評価された。

証拠概要(図3参照)

◦中腰痛に対する脊髄操作の使用に関して好意的な方向での明確な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

なし

機械的な首の痛み

定義

機械的首痛は、痛みの特定の病理学的原因を特定することができない頸部の解剖学的領域における痛みとして定義される。 それには、一般に、日常生活の活動を妨害したり妨げたりしない上肢の痛みの有無にかかわらず、首痛が含まれる(グレードIおよびII)。 重大な神経学的妥協(グレードIII)または主要な構造病理(骨折、椎骨脱臼、新生物などを含むグレードIV)を示す徴候および症状は含まれていません。

診断

機械的な首の痛みの診断は、患者の病歴に由来する。 イメージングは​​、陽性の神経学的検査または「赤旗」の存在を示す患者にのみ示される。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

最近発表された骨および関節十年の2000-2010タスクフォースによる頸部痛およびそれに関連する障害に関する最もよく知られた証拠合成は、頚部痛のための手動治療を含む非侵襲的介入に関する文献の最新かつ包括的な系統的レビューである。 鞭打ちに関連する障害については、彼らは動員と練習が通常のケアや身体的な様式よりも有益であると結論づけた。 グレードIおよびIIの頸部痛については、手動治療(操作および動員を含む)および運動介入、低レベルのレーザー療法およびおそらく鍼治療は、無治療、疑似または代替介入より効果的であることを示唆していると結論付けた。 いずれの治療法よりも明らかに優れた治療法は見出されなかった。 彼らはまた、操作と動員が同等の結果をもたらすことに気づいた。 証拠の欠如のためにマッサージに関する結論を下すことはできなかった。

2003以来、5つの他の体系的なレビューがあった。 脊髄操作は、非特異的な頸部痛単独および運動と組み合わせて効果的であり、2つは脊髄操作と運動の組み合わせに対してのみ有効であることが判明した。 レビュー結論間の相違が予想される。 包括基準、方法論的品質スコアリング、および証拠決定を含む、レビュー戦略における追加の主要研究と多様性に起因する可能性が高い。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

米国物理療法士協会の頸部痛のガイドラインでは、強い証拠に基づいて頚部の痛みを軽減するために、頚椎の操作と動員の手順を使用することを推奨しています。 彼らは、頚部の痛みや障害を軽減するために、頸部の操作と動員が運動を伴うことが、操作と動員だけよりも効果的であることを発見しました。 弱いエビデンスに基づく頸部および頸部に関連する腕の痛みを伴う患者の痛みおよび障害を軽減するためにも、胸部の脊柱の操作が推奨される。

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

Häkkinenらは、慢性頸部痛のための手動療法とストレッチングを比較するためにクロスオーバーデザインを使用しました。 手動療法は4週間でのストレッチより効果的でしたが、12週には2つの治療法の違いは認められませんでした。 この研究は偏見のリスクが高かった。

González-Iglesiasらは、急性頸部痛のための電気療法/温熱療法に一般的な胸部背骨操作を加える有効性を検討した。 2つの別々の試験で、彼らは疼痛および障害に関して操作群にとって利点を見出した。 この試験では中等度から低度のバイアスのリスクがあった。

Walkerらは、能動的およびプラセボ超音波を維持するためのアドバイスに対する運動療法による手動療法と比較した。 手動療法群では、プラセボ群よりも(短期間で)痛みが少なく、改善され、障害が少ない(長期間)ことが報告されている。 この研究は偏見のリスクが低かった。

Clelandらは、主に亜急性頚部痛を呈した人々の胸部非スラスト動員/操作よりも、胸部の脊柱推進力の動員/操作が疼痛および障害の有意により短期的な減少をもたらすことを示した。 この研究は偏見のリスクが低かった。

Fernandezらは、物理的治療プログラムに胸部操作を加えることは、むち打ち傷害による頸部痛の治療に有効であることを発見した。 この研究は偏見のリスクが高かった。

Savolainenらは、胸部操作の有効性を、産業保健医療における首の痛みの治療のための理学療法術の指導と比較した。 操作の効果は、より激しい痛みの段階を治療する際の個人的な運動プログラムよりも有利であった。 この研究では、偏見のリスクが中程度であった。

Zaproudinaらは、従来の理学療法またはマッサージと比較して、慢性頸部痛に対する四肢および脊柱の関節の伝統的な骨固定(動員)の有効性を評価した。 伝統的な骨の設定は、短期および長期の両方における他の2つの治療よりも優れていた。 この研究では、偏見のリスクが中程度であった。

Shermanらは、慢性頸部痛の自己治療に対するマッサージ療法を比較した。 マッサージは、首の障害と痛みの両方に対して、4週の自己ケアよりも優れていました。 マッサージ患者の大部分は、4週間で自己ケア患者よりも臨床的に有意な障害改善を報告し、より多くのマッサージ患者は、4週間および10週間で臨床的に有意な疼痛の改善を報告した。 26週に群間に統計的に有意な差は認められなかった。 この研究は偏見のリスクが低かった。

証拠概要(図3参照)

◦運動と組み合わせた動員が急性の鞭打ち病に効果的であることを示す適度な質の証拠。

◦運動と組み合わせた脊髄操作/動員が慢性の非特異的頸部痛に対して有効であることを示す適度な品質の証拠。

◦胸部脊髄の操作/動員が急性/亜急性非特異的頸部痛に対して有効であることを示す適度な質の証拠。

◦脊髄操作が慢性の非特異的頸部痛の動員と類似しているという適度な品質の証拠。

◦マッサージ療法が非特異的な慢性頸部痛に対して有効であることを示す適度な品質の証拠。

◦頚部の痛みに対する頸椎の操作/動員単独のための有利な方向での非確定的な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

エクササイズ、低レベルレーザー治療、鍼治療

コクシニア

定義

コクシニアは、尾骨の領域における痛みの症状として定義される。

診断

コクシニア症の診断は、潜在的に重篤な病理の指標がない患者の病歴および検査に由来する。 イメージングは​​、「赤い旗」がある患者にのみ示される。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

見つからない

エビデンスベースの臨床ガイドライン

見つからない

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

Maigneらは、1ヵ月後の尾骨神経症の治療における疼痛緩和および障害のプラセボより効果的であることを見出した。 この研究は、偏見のリスクが中程度であった。

証拠概要(図3参照)

◦尾骨神経突起の治療において脊髄操作の使用に有利な方向性を示す曖昧な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

なし

肩の痛み

定義

肩の痛みは、肩の解剖学的領域における痛み、張力および/または硬さとして定義され、回転腱板カフ疾患および癒着性嚢炎を含むがこれに限定されない複数の状態に続発する可能性がある。

診断

肩の痛みの診断は、主に患者の病歴および潜在的に重篤な病理の指標のない身体検査から得られる。 イメージング研究は、回旋腱板障害、変形性関節症、肩甲骨静脈不安定性、および肩の痛みの他の病理学的原因の診断について確認されている。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

2つの系統的レビューにより、肩痛に対する手作業による治療の利点が評価された。 肩痛の治療のための手動療法の有効性を評価する6つのRCTが含まれていた。 この試験のうち5件は動員を評価し、一方の試験では肩痛に対する操作と動員の使用を評価した。 このレビューでは、動員が回旋腱板疾患の運動に有益であるという脆弱な証拠があると結論付けられた。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

フィラデルフィアパネルのエビデンスベースの臨床練習ガイドラインは、肩の痛みに対する治療的なマッサージの使用に関する不十分な証拠があると結論した。

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

Vermeulenらは、能動的な運動範囲(ROM)、受動的ROM、および12 3ヶ月間の癒着嚢炎の肩の障害について、高品位動員技法が低悪性動員技法よりも効果的であることを発見した。 痛みや精神的、肉体的な一般的な健康状態に差は認められなかった。 両方のグループとも、すべてのアウトカム指標が改善しました。 この研究は偏見のリスクが低かった。

van den DolderとRobertsは、肩の痛みのある患者では、マッサージが2週間にわたって痛み、機能、ROMの治療より効果的であることを発見しました。 この研究は、偏見のリスクが中程度であった。

Bergmanらは、治療期間(6週)の間に群間に差異がないことを見出した。 通常のケアだけでなく、12と52週の通常のケアプラス操作/動員グループでは、より多くの患者が「回復」したと報告されています。 この研究は偏見のリスクが低かった。

Johnsonらは、癒着嚢炎の治療のための前動脈と後動脈との間の痛みまたは障害に差異がないことを見出した。 この研究は偏見のリスクが高かった。

Guler-Uysalらは、深い摩擦マッサージと動員練習が、短期間に、接着性嚢炎のジアテルミーを含む理学療法に優れていると結論した。 この研究は偏見のリスクが高かった。

証拠概要(図を参照) ​,war4)

◦高品質の動員は、敗血症の軽減のための低悪性動員よりも優れているが、痛みのためのものではなく、癒着嚢炎であるという妥当な品質の証拠。

◦接着性嚢胞炎の前動脈と後動脈の比較のための不明瞭な方向での明確な証拠。

◦中等度の証拠は、肩甲骨痛および機能不全のための医療への操作/動員の追加を支持する。

◦肩の痛みの治療において、マッサージに有利な方向性を示す明確な証拠。

◦回転腱板の痛みの治療における動員/操作の好都合な方向での非確定的な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

エクササイズセラピー

側頭上顆炎

定義

外側上顆炎は、前腕の伸筋の活動的および抵抗的な動きによって悪化する外側上顆の領域における疼痛と定義される。

診断

診断は、患者の病歴および臨床検査のみから行われる。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

横隔膜上顆炎に対する手作業療法の利点を評価する3つの系統的レビューが確認されている。 8つのRCTが、肘と手首の操作、頸椎と肘の動員、および交差摩擦マッサージを含む様々な手動療法の効果を調べる体系的レビューに含まれていた。 Bissetらは、外側上顆炎に対する手技(マッサージ/動員)の初期効果があるという証拠があるが、長期的な証拠はないと結論づけている。 Smidtらは、外側上顆炎の動員技術の有効性について結論を下す証拠は不十分であると結論付けた。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

見つからない

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

Verhaarらは、コルチコステロイド注射は6週間で痛みのない被験者の数についてCyriax理学療法より優れていることを示した。 1年間で群間の差は認められなかった。 この研究は偏見のリスクが高かった。

Bissetらは、コルチコステロイド注射が、痛みのない握り強さ、痛みの強さ、機能、および6週間での全身改善のためのアプローチを待つことよりも優れている運動を伴う肘の動員よりも優れていることを見出した。 しかし、運動を伴う肘の動員と待機と接近のアプローチの両方が、以前に報告された転帰のすべてについて6カ月目および1年目のコルチコステロイド注射より優れていた。 この研究は偏見のリスクが低かった。

NourbakhshとFearonは、震動強度と機​​能のために、振動エネルギーの手動療法(柔らかい点マッサージ)がプラセボの手動療法より優れていることを発見しました。 この研究では、サンプルサイズのためバイアスのリスクが高かった(そうでなければ偏見のリスクは低い)。

証拠概要(図4参照)

◦運動による肘の動員が短期間にコルチコステロイド注射より劣り、長期的には上顆上外側上顆炎よりも優れているという適度な質の証拠。

◦外側上顆炎に対する肘の手動振動性の優位点治療の使用に関する好意的な方向での明確な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

レーザー療法、鍼治療

手根管症候群

定義

手根管症候群は、手首の手根管を通過する際の正中神経の圧迫と定義される。

診断

手根管症候群の診断は、患者の病歴、身体検査、および確かな電気診断検査から行われる。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

2003以来、4つの体系的レビューにより、手根管症候群に対する手作業療法の利点が評価された。 手動療法の有効性を評価する2つのRCTが含まれていた。 この試験の1つは、脊髄および上肢の操作の使用を検査し、他の試験は、手根管症候群のための手首操作の使用を検査した。 レビューは、操作/動員の不確実性または限定的な証拠を結論づけた。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

手根管症候群の治療に関する整形外科医の臨床実践ガイドラインのアメリカアカデミーは、不十分な証拠のために、操作またはマッサージ療法の使用に対する推奨もしなかった。

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

なし

証拠概要(図4参照)

◦手根管症候群の治療における操作/動員の好意的な方向性の明確な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

副子

股関節痛

定義

股関節痛は、股関節の解剖学的部位における痛み、緊張および/または硬さとして定義され、股関節変形性関節症を含む複数の状態に続発することができる。

診断

股関節の痛みの診断は、患者の病歴および物理的検査から、目に見えない神経学的検査および潜在的に重篤な病理の指標なしに由来する。 イメージング研究は、中等度または重度の変形性関節症の診断について確証的である。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

股関節の痛みに対する手作業による治療を評価する1つの体系的レビューが出版されている。 ヒップ・変形性関節症の治療のための股関節操作の有効性を評価する1つのRCTが、公表された体系的レビューに含まれていた。 このレビューでは、股関節の変形性関節症のための多峰性または運動療法と組み合わせた手技療法についての限られた証拠があると結論付けられた。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

骨関節炎を患う成人のケアおよび管理のためのNICEの全国的な臨床ガイドラインは、特に股関節の骨関節炎のための中枢治療の補助として考慮されるべきである。 この勧告は、1つのRCTの結果に基づいています。

米国理学療法士協会の股関節痛および運動障害に関するガイドラインの整形外科セクションでは、中等度の証拠に基づいて軽度の股関節症の患者の短期間の痛みを軽減し、股関節の可動性および機能を改善するために、

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

Licciardoneらは、股関節形成術後の偽OMTと比較して、オステオパシーによる手技療法(OMT)によるリハビリ効率の低下を発見した。 2つの群の間に他の有意差は見られなかった。 この研究は偏見のリスクが高かった。

証拠概要(図4参照)

◦変形性股関節症の症状の治療のために、股関節操作が運動より優れているという適度な品質の証拠。

◦人工股関節置換術後のリハビリテーションのための骨粗しょう症治療療法に関する非好意的な方向での妥当な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

エクササイズセラピー、体重減少に関するアドバイス、適切な履物

膝関節痛

定義

膝の痛みは、膝の解剖学的領域における痛み、緊張および/または硬さとして定義され、変形性膝関節症または膝蓋大腿痛症候群を含む複数の状態に続発する可能性がある。

診断

膝の痛みの診断は、患者の病歴および物理的検査から、目に見えない神経学的検査および潜在的に重篤な病理の指標なしに由来する。 イメージング研究は、中等度または重度の変形性関節症の診断について確証的である。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

9月2009では、膝痛に対する手作業による治療の利点を評価する1つの体系的レビューが確認されています。 膝の痛みの治療のための手動治療の有効性を評価した10のRCTが、公表された体系的レビューに含まれていた。 変形性関節症膝痛および膝蓋大腿痛症候群の両方が、検討された状態に含められた。 このレビューでは、脊髄動員、脊髄操作、膝動員、および膝操作を含む様々な手動療法が検査された。 このレビューは、膝関節症および膝蓋大動脈痛症候群のための多峰性または運動療法と組み合わせた、膝および/または完全運動鎖(Sacro-iliac to foot)の手技療法についての公正な証拠があると結論付けている。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

変形性関節症の成人のケアおよび管理に関するNICEの全国的な臨床ガイドラインは、操作とストレッチを推奨します。これは中核治療の補助として考慮されるべきです。

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

Pollardらは、非強制的な手動接触(対照)と比較して、手動療法プロトコールを評価した。 彼らは、短時間の手作業による治療では、対照群と比較して痛みを有意に軽減すると結論付けた。 この研究は偏見のリスクが高かった。

Perlmanらは、変形性関節症に関連した膝の痛み、剛性および機能のために、マッサージ療法が待機リスト対照よりも有効であることを見出した。 この研究は偏見のリスクが高かった。

Licciardoneらは、膝関節形成術後の骨粗鬆症の治療的処置を評価した。 この研究では、偽OMTと比較してOMTのリハビリ効率が低下していることが判明した。 そうでなければ、2つの群の間に有意差は見られなかった。 この研究は偏見のリスクが高かった。

証拠概要(図を参照) ​,war4)

◦変形性膝関節症の症状に対して、膝および/または完全運動鎖(SIから足)の手動治療がマルチモーダルまたは運動療法と組み合わせて有効であるという適度な品質の証拠。

◦膝蓋大動脈疼痛症候群に対して、膝および/または完全運動鎖(SIから足)の手動治療がマルチモーダルまたは運動療法と組み合わせて有効であることを示す適度な品質の証拠。

◦変形性膝関節症の症状に対して、マッサージ療法が効果的であるという肯定的な証拠がある。

◦股関節または膝関節全置換術後のリハビリテーションのための骨粗しょう症治療の有効性についての好ましくない方向での決定的ではないエビデンス。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

エクササイズセラピー、体重減少、適切な靴、パルス電磁場治療、鍼灸、およびTENSに関するアドバイス

足首と足の状態

定義

足首の捻挫、足底の筋膜炎、モルソンの神経腫、hallux limitus / rigidus、およびhallux abducto valgusを含む足首および足の条件下では、様々な状態が含まれる。

診断

足首/足の状態の診断は、主に患者の病歴および身体検査に依存する。 イメージング研究は、モルソンの神経腫または潜在的病理の存在下で示される。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

9月の2009では、足関節と足の状態の手動療法の利点を評価する2つの体系的レビューが公開されています。 検討された足首および足の状態には、足首の捻挫、足底の筋膜炎、モルモットの神経腫、hallux limitusおよびhallux abducto valgusが含まれた。 様々な足首および足の状態の治療のための手動治療の有効性を評価する13のRCTが、公表された体系的レビューに含まれていた。 13回の試行のうち6回は足首/足の操作の使用を検討し、6回は足首/足の動員の使用を検討し、1回の試行では操作と動員の併用を検討した。

Brantinghamらのレビューでは、足首反転捻挫のための多峰性または運動療法と組み合わせた足首および/または足の操作療法についての公正な証拠があると結論付けられている。 同じ著者らは、足底筋膜炎、中足痛、および外反母趾のための多峰性または運動療法と組み合わせた手技療法の限られた証拠、および外反拉致外趾の手動療法の使用に関する不十分な証拠を見出した。

van der Weesらのレビューは、手動動動は足関節の捻挫後の背屈筋範囲に最初の影響を与える可能性が高いと結論付けた。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

RCTに基づく勧告を作成していない

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

Wynneらは、オステオパシーの操作療法群がプラセボ対照と比較して足底筋膜炎症状の改善が大きいことを見出した。 この研究は偏見のリスクが高かった。

Clelandらは、足底踵の痛みのある患者のための運動による電気療法への運動による手動療法と比較した。 彼らは手動療法プラスエクササイズが優れていた。 この研究は偏見のリスクが低かった。

Linらは、標準的な理学療法プログラムに手動療法(動員)を追加することで、足首骨折後のリハビリテーションのための標準的な理学療法プログラム単独と比較して追加の利益は得られないことを発見しました。 この研究は偏見のリスクが低かった。

証拠概要(図4参照)

◦足首骨折後のリハビリテーションにおいて、動員が運動に追加の有益性がないという適度な質の証拠。

◦運動療法と組み合わせた足および/または完全運動鎖(SIから足)の手動療法が足底筋膜炎に有効であるという適度な品質の証拠。

◦マルチモーダル療法または足関節捻挫のための運動療法による手技療法の有効性についての好意的な方向での明確な証拠。

◦モルモットの神経腫、hallux limitus、hallux abducto valgusに対する手動療法の有効性に関する好意的な方向性の明確ではない証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

足底筋膜炎のためのストレッチと足装具、足首捻挫のための足首サポート

顎下顎骨障害

定義

顎関節障害は、咀嚼筋、顎関節および関連する構造に影響を及ぼす病理の群からなる。

診断

顎関節症の診断は、潜在的に重篤な病理の指標のない患者の病歴および身体検査から導き出される。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

9月2009の時点で、顎関節症のための手動療法の利点を評価する2つの体系的レビューが発表されました。 手技療法の有効性を評価する3つのRCTが、公表された体系的レビューに含まれていた。 2件の試験で動員の有効性が検討され、1件の試験でマッサージが評価された。 このレビューでは、顎関節症の治療における手技療法の使用に関する限られた証拠があると結論づけられている。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

見つからない

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

モナコ(Monaco)らは、無処置対照群と比較して、下顎運動学に対する骨粗鬆症治療処置の効果を調べた; しかし、グループ分析の間には何も行われなかった。 この研究は偏見のリスクが高かった。

Ismailらは、副木療法に加えて動員も含めた理学療法が、能動的口腔治療のための3ヶ月の治療後に副子療法単独よりも優れていることを見出した。 グループ間で痛みの相違は見られなかった。 この研究は、偏見のリスクが中程度であった。

証拠概要(図を参照) ​,war5)

◦顎関節機能不全の動員とマッサージに関する好意的な方向性の明確な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

なし

線維筋痛

定義

線維筋痛症候群(FMS)は、慢性的な広範囲の疼痛および痛覚閾値の低下、痛覚過敏および異痛症を特徴とする一般的なリウマチ学的状態である。

診断

線維筋痛症の診断は、主に患者の病歴および身体検査から行われる。 米国リウマチ学会は、体の両側、少なくとも3ヶ月間ウエストの上下に広範囲に及ぶ疼痛、11の可能性のある事前指定された優しい点の存在を含む線維筋痛の分類基準を作成しました。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

2004以来、線維筋痛のための手動療法の利点を評価する3つの体系的レビューが発表されている。 線維筋痛症の治療のための手作業療法の有効性を評価する6つのRCTが、公表された体系的レビューに含まれていた。 5件の研究では、線維筋痛に対する脊髄操作の有効性を評価し、一方、マッサージの有効性を評価した。

Schneiderらは、いくつかのRCTからの適度なレベルの証拠があり、マッサージが睡眠改善と慢性疼痛の不安の軽減に役立つという体系的レビューがあると結論している。 しかしながら、系統的レビューには、線維筋痛を特異的に調査した研究はほとんどなかった。

真剣に 現在の裁判の証拠は、カイロプラクティックが線維筋痛の有効な治療であると結論づけるには不十分であると述べている。

Goldenbergらは、線維筋痛症の治療におけるカイロプラクティック、マニュアル、およびマッサージ療法の有効性の弱い証拠があると結論づけている。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

2007ヨーロッパ諸国のメンバーとの学際的なタスクフォースである11は、FMSに関する証拠ベースの推奨を公開しました。 タスクフォースは、手動療法の臨床試験の証拠に欠けていると指摘する。

上記に含まれていない無作為臨床試験

Ekiciらは、線維筋痛インパクトアンケートの結合組織マッサージと比較して、手動リンパ排液群で改善が高かったが、疼痛、疼痛圧閾値、または健康関連QOLについて群間で差は認められなかった。 この研究は、偏見のリスクが中程度であった。

証拠概要(図5参照)

◦線維筋痛症の治療のためのマッサージと手作業によるリンパ排液の有効性に関する好意的な方向での明確な証拠。

◦線維筋痛症の治療のための脊柱操作の有効性に関する不明確な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

運動を伴うまたは伴わない温水プール治療、監督された有酸素運動

筋筋膜痛症候群

定義

筋筋膜傷害症候群は、筋筋膜トリガーポイントの存在を必要とする不十分に定義された状態である。

診断

筋筋膜痛症候群の診断は、専ら患者の病歴および身体検査から行われる。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

9月2009として、筋筋膜疼痛症候群の手技療法の利点を評価する1つの体系的レビューが確認された。これは、筋筋膜トリガーポイントでの長期疼痛緩和のためのいくつかの手動療法の使用を支持する限られた証拠があると結論づけた。 筋膜痛症候群の治療のための手技療法の有効性を評価する15のRCTが、公表された体系的レビューに含まれていた。 真に無作為化された試験のうち2つのみが、治療直後の期間を超えて手動療法の有効性を評価した。 1件の試験ではマッサージの有効性を他の治療と組み合わせて評価し、もう1件の試験では虚血性圧縮による自己治療の有効性を評価しました。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

なし

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

なし

証拠概要(図5参照)

◦筋筋膜炎疼痛症候群の治療のためのマッサージの有効性に関して好都合な方向での非確定的な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

レーザー、鍼治療

片頭痛

定義

片頭痛は、通常は片側性であり、脈動性であり、日常的な身体活動によって悪化し、悪心、嘔吐、光恐怖症、または嫌悪感のいずれかと関連する、再発性/一時性の中等度または重度の頭痛として定義される。

診断

片頭痛の診断は、主に患者の病歴と神経学的検査から行われます。 神経イメージングは​​、陽性の神経学的検査または「赤旗」の存在を示す患者にのみ示される。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

2004以来、2つの体系的レビューにより、片頭痛に対する手作業療法の利点が評価された。 このレビューでは、3つの脊椎操作に関するRCTが評価された。 AstinとErnstは、RCTの方法論的限界のために、脊椎操作が頭痛障害の有効な治療法であるかどうかは不明であると結論付けた。 対照的に、コクランレビューからの結論は、脊髄操作は片頭痛の治療のための有効な選択肢であった。 2つのレビューの結論は、RCTの質を決定するための方法論と証拠の強さにおいて異なっていた。 AstinとErnstは、Cochrane Collaborationによって推奨されなくなったスケールを使用して研究の質を評価し、結論に証拠ルールを適用しなかった。 コクランレビューでは、RCTの質、量、結果からエビデンスを合成するための事前指定された詳細なプロトコルを使用しました。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

成人の頭痛の診断と管理のためのSIGNのガイドラインは、手動療法の有効性の証拠があまりにも限定され、勧告につながると結論付けている。

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

LawlerとCameronは、マッサージ療法が他の治療法を用いずに日記を記入するのと比較して、片頭痛頻度を短期間で有意に減少させることを見出した。 この研究は偏見のリスクが高かった。

証拠概要(図を参照) ​,war5)

◦脊髄操作が片頭痛の予防的処置のための第一選択予防処方薬(アミトリプチリン)と同様の有効性を有するという適度な品質の証拠。

◦脊椎の操作と偽の干渉を比較する好都合な方向での不確定な証拠。

◦単独のマッサージ療法の使用に関して有利な方向性を示す不確定な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

トリガー回避、ストレス管理、鍼灸、バイオフィードバック

緊張型頭痛

定義

緊張型頭痛は、質的、軽度/中等度の強さ、両側性の位置での加圧/締め付けであり、日常的な身体活動では悪化しない頭痛として定義される。

診断

緊張型頭痛の診断は主に患者の病歴と神経学的検査から行われます。 神経イメージングは​​、陽性の神経学的検査または「赤旗」の存在を示す患者にのみ示される。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

2002以来、5つの体系的レビューにより、緊張型頭痛に対する手作業療法の利点が評価された。 公表された体系的レビューには11のRCTが含まれていた。 RCTのうち3つは脊髄操作の有効性を評価し、6件は手動療法の1つの試験を含む併用療法の使用を評価し、残りの試験は結合組織操作を動員と比較した。 レビューは、一般に、緊張型頭痛の治療における手動療法の有効性を推論するには不十分な証拠があると結論づけている。 例外は、バイアスのリスクが低い2つの試験から脊柱操作に関するいくつかの推論を行うことができることを発見したコクランレビューである。 1件の試験では、慢性緊張型頭痛の予防的治療において、アミトリプチリン(有効薬物)が治療中の脊椎操作よりも効果的であることが示された。 しかし、両方の治療を中止した後、短期間で脊髄操作が優れているが、これは投薬中止のリバウンド効果によるものである可能性がある。 もう一つの試験では、マッサージに加えて脊柱の操作は、一過性の緊張型頭痛の治療のための単独のマッサージよりも効果的ではないことが示された。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

成人の頭痛の診断と管理のためのSIGNガイドラインは結論を導きません。

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

AndersonとSeniscalは、リラクゼーション療法に加えてオステオパシー操作を受ける参加者は、リラクゼーション療法単独に比べて頭痛頻度の有意な改善があることを見出した。 この研究は、偏見のリスクが中程度であった。

証拠概要(図5参照)

◦マッサージに加えて脊柱の操作が、一過性の緊張型頭痛の治療のための単独のマッサージよりも効果的ではないという適度な品質の証拠。

◦ほとんどの型の緊張型頭痛では、単独で、またはマッサージ以外の療法と組み合わせて、脊髄操作の使用に関する不明確な証拠がある。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

鍼治療、バイオフィードバック

頸部原発性頭痛

定義

頸部原発性頭痛は、首および後頭領域に局在する片側または両側の痛みとして定義され、頭および/または顔の領域に投影することができる。 頭部の痛みは、首の動き、厄介な頭部の位置の維持、または症候側の上部頸部または後頭部領域に対する外圧によって沈殿する。

診断

子宮頸部の頭痛の診断は、主に患者の病歴および神経学的検査から行われる。 神経イメージングは​​、陽性の神経学的検査または「赤旗」の存在を示す患者にのみ示される。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

2002以来、4つの系統的レビューが頸動脈性頭痛のための手動療法について発表されている。 このレビューでは、脊椎の操作、動員、摩擦マッサージなど、さまざまな手技療法を評価した6つのRCTに基づいて推論が行われました。 AstinとErnstは、RCTの方法論的限界のために、脊椎操作が頭痛障害の有効な治療法であるかどうかは不明であると結論付けた。 対照的に、コクランレビューは、脊髄操作が頸動脈性頭痛の治療のための有効な選択肢であると結論付けた。 2つのレビューの結論は、RCTの質を決定するための方法論と証拠の強さにおいて異なっていた。 Ernstは、Cochrane Collaborationによって推奨されなくなったスケールを使用して研究の質を評価し、結論に証拠ルールを適用しなかった。 コクランレビューでは、RCTの質、量、結果からエビデンスを合成するための事前指定された詳細なプロトコルを使用しました。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

成人における頭痛の診断と管理のためのSIGNのガイドラインは、頸動脈性頭痛を有する患者において考慮されるべきであると結論づけられた。

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

Hallらは、偽の対照と比較して、上部子宮頸部領域のアポジアシーグライドの有効性を評価した。 彼らは、臨床的に重要で統計的に有意な痛みの強さに対する偽りの介入の大きな利点を見出した。 この研究は偏見のリスクが低かった。

証拠概要(図を参照) ​,war5)

◦脊椎操作がプラセボ操作、摩擦マッサージ、無処置より効果的であることを示す適度な品質の証拠。

◦脊柱の操作が運動の有効性において類似しているという適度な品質の証拠。

◦自己動員する自然のアポパイシグライドがプラセボより有効であることを示す適度な品質の証拠。

◦トリガーポイント療法による深い摩擦のマッサージが脊椎の操作に劣るという包括的証拠。

◦動員の使用に関する不明確な方向での明確な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

ネックエクササイズ

その他の頭痛

定義

国際頭痛学会の2004診断基準に従って、緊張型、偏頭痛、または子宮頸部性に分類されない頭痛。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

1つの系統的レビュー(2004)は、他のタイプの慢性頭痛のための手動療法の利点を評価した。 外傷後(発作後)の頭痛の動員の使用を評価する1つのRCTが含まれていた。 このレビューでは、決定的ではないという証拠が見つかりました。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

なし

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

なし

証拠概要(図を参照) ​,war5)

◦外傷後の頭痛の動員に関する好意的な方向性を示す明確な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

なし

ぜんそく

定義

喘息は、変動性および再発性の症状、気流閉塞、気管支過敏症、および根底にある炎症によって特徴付けられる、気道の共通の複雑な慢性疾患である。

診断

診断は、患者の病歴、上気道検査、肺機能検査(肺活量測定)の組み合わせによって行われます。 患者の管理するピークフロー測定は、治療の効果を監視するためによく使用されます。

手動治療の根拠

体系的なレビュー

2002以来、喘息のための手動療法に関するコクランのレビューである4つの体系的レビューが出版されています。 検索された文献から入手可能な手動治療の有効性に関する5つのRCTのうち、2つは、慢性喘息(成人および小児の慢性喘息のためのカイロプラクティック脊髄操作)を調査した。 2件の試験では、子供の慢性喘息の有効性を評価し、1人は骨粗鬆症の治療/手動療法を検討し、他のマッサージは評価した。 5回目の試験では、足の手動反射療法が成人の喘息症状および肺機能の変化に対する効果を評価した。 4つの系統的レビューは、重篤度の軽減および肺機能の改善についての適切な偽手動制御よりも優れていると示されているが、活動的および偽治療。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

米国国立心臓、肺および血液検査機関および英国胸部学会による喘息ガイドラインは、喘息治療におけるカイロプラクティックまたは関連する手動技術の使用を推奨するには十分な証拠がないと結論づけている。

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

なし

証拠概要(図6と7を参照)

◦小児および成人の喘息治療において、脊髄操作が有効でないこと(偽手術と同様)が、肺機能および症状の重篤度についての適度な品質の証拠がある。

◦喘息症状の変化と成人の肺機能の変化に対する足の手動反射療法の有効性に関して、非好意的な方向では決定的な証拠はない。

◦小児の喘息症状や肺機能の変化に対する骨粗鬆症の治療法の有効性に関して、好意的な方向性を示している確定的な証拠はない。

◦子供の喘息症状や肺機能の変化に対するマッサージの有効性に関して、不明な方向では確証が得られていません。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

自己管理、正常な活動レベルの維持、環境要因の管理および禁煙に関する教育と助言

肺炎

定義

肺炎は、感染によって引き起こされる肺の急性炎症として定義される。

診断

肺炎の診断は、主に患者の病歴、検査、および検査所見と併せて胸部X線検査に依存する。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

2007以来、肺炎のための手動療法の利点を評価する1つの体系的レビューが出版されている。 肺炎の治療のための手動治療の有効性を評価する1つのRCTが、公表された体系的レビューに含まれていた。 この試験では、入院した高齢者の急性肺炎に対する骨関節脊髄操作の有効性を評価した。 このレビューでは、入院した高齢の肺炎患者の手技の潜在的利益に関する有望な証拠があるとの結論が得られた。 バイアス査定のリスクは、この裁判をバイアス範疇の中程度のリスクに置きます。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

手動療法の使用に対処するものはありません

上記に含まれていない無作為臨床試験

なし

証拠概要(図を参照) ​,war6)

◦高齢の入院患者における急性肺炎の治療のためのオステオパシーによる手作業による治療の有効性に関して、好意的な方向性を示す決定的な証拠はない。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

公衆衛生上の懸念がある肺炎の場合は、直ちに現地の保健局に報告する必要があります。 外来では、呼吸器感染症の拡大を防ぐ手段として、咳嗽患者のための手指衛生やマスクや組織の使用を含む呼吸器衛生措置を使用すべきである。

めまい

定義

めまいは、自己または環境の動きの誤った感覚として定義されます。 めまきは感覚であり、必ずしも診断ではなく、めまいの原因となる複数の基礎病理があるためです。

診断

めまいの診断は、主に患者の病歴および臨床検査に依存する。 めまいの潜在的な原因としては、脊椎動物の不全または中枢神経系の病変のような病理学的障害ならびに頚椎性のめまいまたは良性の発作性のめまいのようなより良性の病気の両方が挙げられる。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

2004以来、めまいのための手動療法の利点を評価する2つの体系的レビューが出版されている。 子宮頸部のめまいの治療のための動員および軟組織マッサージの有効性を評価する1つのRCTが、公表された両方の系統的レビューに含まれていた。 あるレビューは有効性の限られた証拠を結論付けた。 他方は有効性を結論づけたが、推論は他のタイプの証拠を含めることにあった。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

手動療法の使用に対処するものはありません

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

Reidらは、セラピストによって手作業で供給された持続性の自然アポ物理グライド(SNAG)を、子宮頸部のめまいの治療のためのレーザー治療を調整するために比較した。 SNAGを受けた患者は、6週間後にめまい、障害および頸部の痛みを軽減したが、12週では報告しなかった。 この研究は偏見のリスクが低かった。

証拠概要(図を参照) ​,war5)

◦手動治療(具体的には持続性の自然紡錘滑走術)が、少なくとも短期間に、頸動脈のめまいの有効な治療法であることを示す適度な品質の証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

良性発作性のめまい、前庭リハビリテーションのための粒子再配置操作

小児疝痛

定義

疝痛は、幼児の過度の制御不能な泣き声を特徴とする、あまり定義されていない状態である。

診断

疝痛の診断は、患者の病歴と過度の泣きについての他の説明がないことのみに基づいている。 「3つのルール」は、疝痛の診断を行う際に使用される最も一般的な基準です。 3つのルールは、健全で十分に栄養を与えられた幼児で、泣き声や発作の発作があり、1日3時間、1週間に3日以上、少なくとも3週間続くと定義されています。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

2003以来、幼児疝痛のための手動療法の利点を評価する6つの体系的レビューが出版されている。 2つの系統的レビューでは、非筋骨格および小児の状態全体に対する手動療法の有効性が評価されたが、小児疝痛に対する手動療法の使用に関する特定の結論を導き出すことはできなかった。 疝痛治療のための手動治療の有効性を評価した8つのRCTのうち、5つは公表された体系的レビューに含まれていた。 5件の試験のすべてが、幼児疝痛に対するカイロプラクティック脊柱操作の有効性を評価した。 すべての4つの系統的レビューは、疝痛治療のための偽治療よりも手動療法が有効であるという証拠はないと結論付けた。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

臨床ガイドラインはありません

上記に含まれていない無作為臨床試験

ヘイデンらは、頭蓋骨のオステオパシーが、泣き続ける期間の治療より効果的であることを発見した。 この研究はバイアスのリスクが高い

Huhtalaらは、マッサージ療法で治療された群と、泣き声期間にベビーバイブレータを与えられた群との間に差異がないことを見出した。 この研究は偏見のリスクが高かった。

Arikanらは、4つの介入(マッサージ、スクロース溶液、ハーブティー、加水分解された処方)のすべてが、無処置対照群と比較して改善を示したことを見出した。 この研究は、偏見のリスクが中程度であった。

証拠概要(図7参照)

◦脊髄操作が幼児疝痛の治療のための偽脊椎操作よりも効果的ではないという適度な品質の証拠。

◦乳頭疝痛の治療のための頭蓋骨骨癒合マニュアル治療およびマッサージの有効性に関する好都合な方向での妥当な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

刺激、ハーブティー、低アレルギー用調合乳の試行を減らす

夜尿症

定義

夜間の夜尿症は、子どもが乾燥していると予想される年齢(典型的には5歳)で、夜間に有機性疾患がない場合の、尿の不随意的な喪失と定義される。

診断

夜間夜尿症の診断は、主に、中枢神経系の先天性または後天性の欠陥を含む他の有機的原因がないことを前提として、患者の病歴に由来する。 心理的要因は、適切な評価と治療を必要とする一部の子供に寄与する可能性があります。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

2005以来、2つの系統的レビュー、1つはコクランのレビューで、夜間夜尿症のための手動療法の利点を評価した。 系統的レビューには合計2件のランダム化臨床試験が含まれていた。 含まれた試験の両方とも、夜間の尿路に対する脊髄操作の使用を試験した。 両方のレビューは、夜尿症の治療のための脊髄操作の有効性について結論を下す証拠が不十分であると結論付けた。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

治療オプションとしての手動治療に対処するものはありません

上記に含まれていない無作為臨床試験

なし

証拠概要(図を参照) ​,war7)

◦夜尿症の治療のためのカイロプラクティックケアの有効性に関する好意的な方向での明確な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

教育、簡単な行動介入、警報治療

中耳炎

定義

中耳炎は中耳炎を特徴とし、急性または慢性状態で存在し、症状の有無にかかわらず発症する可能性がある。

診断

中耳炎の診断は、病気の全身兆候と関連して、中耳炎の膿瘍と一致する耳造の徴候および症状に依存する。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

Hawkらは、中耳炎の小児の脊髄操作/動員手技の潜在的利益に関する有望な証拠を見出した。 これは1回の試行に基づいていました。 その他の2件のレビューでは、特に、非筋骨格および小児の状態のためのカイロプラクターによる脊髄操作を扱った。 どちらも、手動治療の有効性や中耳炎の無効性についてコメントするには不十分な証拠がありました。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

米国小児科学会2004の急性中耳炎の診断と管理に関するガイドラインでは、限られたデータのために急性中耳炎の治療が補完代替医療に推奨されないとの結論に達しました。

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

Wahlらは、中耳炎の治療のための擬似薬およびプラセボと比較して、エキナセア有りおよび無しの骨粗鬆症治療薬の有効性を検討した。 この研究では、最大5件の骨粗鬆症治療法が、急性中耳炎のエピソードのリスクを有意に低下させないことが分かった。 この研究は偏見のリスクが高かった。

証拠概要(図を参照) ​,war7)

◦中耳炎のための骨粗鬆症治療薬の有効性に関する不明確な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

急性中耳炎の72時間に対する患者教育と「監視と待機」アプローチ

高血圧

定義

高血圧は、収縮期血圧が140 mmHg以上、拡張期血圧が90 mmHg以上、またはその両方の持続的上昇として定義される。

診断

高血圧の診断は、身体検査、特に血圧測定によって行われる。 患者の病歴、臨床検査、臨床検査は、潜在的な病因を特定するのに役立ちます。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

2007以来、高血圧のための手動療法の利点を評価する1つの体系的レビューが発表された(Hawkら)。 ステージIの高血圧の治療のための手動治療の有効性を評価する2つのRCTがこの体系的レビューに含まれていた。 含まれた試験の1つは脊柱操作の使用を評価し、他の試験は器具補助脊髄操作の使用を評価した。 このレビューでは、脊柱操作の有効性の証拠は見出されなかった。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

手動療法の使用に対処するものはありません

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

Bakrisらの研究は、ステージI高血圧の患者の血圧を下げるうえで、偽手術よりもNUCCA上部頸部操作が有効であることを発見しました。 この研究は偏見のリスクが高かった。

証拠概要(図6参照)

◦I期の高血圧症の治療において、多様な脊椎操作が食事に追加された場合に有効ではないという適度な品質の証拠。

◦ステージI高血圧症に対する上頸部NUCCA操作に関する好意的な方向での明確な証拠。

◦高血圧のための器具支援脊椎操作に関する不明確な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

食生活、運動、中程度のアルコール消費と禁煙を含む生活習慣介入に関するアドバイス

バイオフィードバック、瞑想、または筋肉弛緩を含む弛緩療法

月経困難症

定義

月経困難症は、子宮起源の痛い月経痙攣と定義される。 月経困難症は、原発性および続発性月経困難症の2つのカテゴリーに分類される。 続発性月経困難症は、子宮内膜症のような骨盤病変に関連する痛みを伴う月経であり、原発性月経困難症は骨盤疾患がない場合には苦しい月経である。

診断

原発性月経困難症の診断は、患者の病歴から行われる。 続発性月経困難症の診断には、骨盤検査および潜在的な超音波または腹腔鏡検査を含むさらなる調査が必要である。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

月経困難症の手技療法の利点を評価する2つの体系的レビューを確認した。 月経困難症の治療のための手動療法の有効性を評価する5つの研究が、系統的レビューに含まれていた。 含まれている試験のうち4つは脊髄操作の使用を検査し、1つは骨関節手術技術の使用を調べた。 これらの試験に基づいて、Proctorらによるコクランレビューは、脊髄操作が原発性および続発性月経困難症の治療に有効であると示唆する証拠はないと結論づけた。 Hawkらのレビューは、月経困難症のカイロプラクティックケアに関しては証拠が不確かであると結論付けた。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

我々は、原発性月経困難症の手技治療の評価を含む、2005で出版されたカナダの産科医および婦人科医協会(SOGC)からのコンセンサスガイドラインを確認した。 著者らは、原発性月経困難症の有効な治療法として脊髄操作をサポートする証拠はないと結論づけた。

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

なし

証拠概要(図7参照)

◦脊髄操作は、原発性月経困難症の治療における偽手術よりも効果的ではないという適度な品質の証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

高周波数

月経前症候群

定義

月経前症候群は、月経周期の黄体期に定期的に再発し、月経終了時に消失または著しく退行し、減損と関連する、有機的または基礎的な精神医学的疾患がない場合に、苦痛を伴う身体的、行動的および心理的症状として定義される毎日の機能や関係において

診断

月経前症候群の診断は、患者の病歴および2回の月経周期にわたる患者日誌の使用によって行われる。

手動治療の根拠

体系的なレビュー(最新)

2007以来、月経前症候群に対する手作業療法の利点を評価する3つの体系的レビューが発表されている。 月経前症候群の治療のための手技療法の有効性を評価する3つのRCTがレビューに含まれた。 含まれた試験は、脊髄操作、マッサージ療法、およびリフレクソロジーを含む様々な形態の手動療法を調べた。 全体として、このレビューは、証拠が「有望ではなく」、「不確か」であり、確固たる結論を引き出すためには質の高い研究が必要であると結論付けた。

エビデンスベースの臨床ガイドライン

手動療法については何も議論していない

上記に含まれていない最近のランダム化臨床試験

なし

証拠概要(図7参照)

◦リフレクソロジーの有効性についての好意的な証拠。 マッサージ療法 月経前症候群の治療に使用される。

◦月経前症候群の治療のための脊椎操作の有効性に関する不明確な証拠。

他の効果的な非侵襲的な理学療法または患者教育

認知行動療法

議論

クレームを作る

カイロプラクティックケアの範囲を取り巻く医療とメディアの議論の根底にある2つの重要な質問と、特に非筋骨格条件の有効性に関する主張:1)健康専門家は一般的に安全であるが証明されていない方法を使用することが許されるべきか? 2)証明されていない治療法の潜在的価値に関して何が主張されていますか?

最初の質問に答えると、今日知られていることが認められているEBHの文脈の中で専門家が活動することを考えると、合理的な答えは「はい」であり、明日は変わるかもしれない。 現行の臨床実践が認知されていないことを認識する知的正直から生まれた柔軟性が必要です 本当に より良い証拠が出現するにつれて、臨床医は変化する義務があります。 さらに、証拠がない場合には、適切な保健医療提供の理解を拡大する新しい知識の開発を促進するために、彼らは公開されている。

第2の質問に答えるために、十分な証拠がない有効性/有効性の主張は行われてはならない。 実証されていない主張は、患者の健康にとって危険です。 我々は、うまく設計されたRCTから社会の基準を満たす有効性/有効性に関する最良の証拠を維持している。 他の研究デザインや臨床観察では治療の妥当性と潜在的価値についての洞察が得られるが、妥当性の概念と有効性/有効性の証拠を主張する際に混乱させるべきではない。

臨床経験と臨床効果

なぜRCTの結果が臨床現場で観察された結果を確認しないのはなぜですか? いくつかの理由があります。 問題の1つは、提供者と患者の両方が、改善が介入が提供された結果であると解釈する可能性が高いことである。 しかし、これはまれです。 第1に、疾患の自然経過(例えば、急性LBP)は、治療とは無関係に部分的にまたは完全に解決することが期待される。 第二に、平均値への回帰現象は、観察された状態の改善のいくつかを説明することが多い。 平均値への回帰は、患者がしばしば重症度結果測定値が比較的高いスコアを有する時点で、臨床または臨床試験に頻繁に出席するという事実に関連する統計的現象である。 治療の開始前に繰り返し測定した場合、重症度スコアは通常、通常よりも低い平均値に向かって退行する。

さらに、患者開業医の相互作用の儀式は、適用される治療の特定の効果とは別個の治療効果を有することを示す実質的な証拠がある。 この現象をコンテキスト効果と呼ぶ。 文脈的または頻繁に呼び出されるように、治療的遭遇の非特異的効果は、提供者のタイプ、説明または診断、提供者の熱意、および患者の期待に応じてかなり異なる可能性がある。 一部の研究者は、RCTのエビデンスとRCTの体系的レビューに頼ることは、治療が有効かどうかを判断するのには不十分であると示唆しています。 彼らが主張している主な問題は、RCTで研究されたときの介入はあまりにも高度に議論されており、臨床現場で何が起こっているのかを反映していないということです。 臨床遭遇全体をより正確に表すシステム全体の研究アプローチを提唱しています。 この見解を使用し、非筋骨格状態のカイロプラクティック治療に関する文献を体系的に合成すると、この報告書では、カイロプラクティックが喘息患者および小児疝痛児の子供に有益であると結論づけている。 この結論は、この報告書にある証拠の要約とは異なる。 このケースでは、システム全体の研究アプローチは、クレームの作成に関連する有効性に関する文献の解釈が曖昧で、カイロプラクティックケアが両者に関連する文脈効果以上の効果を示すという誤った印象を消費者に与える上記の例。

プラセボ対照RCTでは、問題は:提供される治療が、文脈的または非特異的な効果以上の特定の効果を有するかどうかである。 そのような試行の結果、能動的介入と偽介入との間に重要な差異はないことが示されるかもしれない。 しかし、患者は両方の群でベースラインから臨床的に重要な変化を示す可能性があり、その結果は臨床医が実際に観察するものと一致するであろう。 その一例は、成人における慢性喘息のカイロプラクティック共同管理(実際の経験に基づいた経験豊富なカイロプラクタのケア提供)におけるプラセボプラセボ対照RCTの結果であり、アクティブおよび偽介入の両方で患者が等しく改善されたことを示した試験の段階。

エビデンスベースのヘルスケアパズルの部分

EBHパズルの各部分が提供するものを認識することは不可欠です。 患者の価値観や好みは、治療の有効性の妥当な証拠を提供せず、誤解を招く可能性があります。 患者は治療に満足することができるが、依然として有効ではない可能性がある。 臨床医の観察は、十分に文書化されていれば、治療中に患者の改善を証明し、治療の臨床的妥当性の認識を促すことができる。 しかしながら、練習経験に共通する非体系的観察の下での注意の狭い焦点は、症例の転帰に影響を与える他の要因を不明瞭にする傾向がある。 同様に、EBHには欠陥がある可能性があります。なぜなら、科学的ではなく、すべての科学と同様に、研究者や臨床医の偏見を取り込むからです。 しかし、十分に行われた臨床研究は、その結果が関連する患者に一貫して適用される場合、治療が有効であるという主張の証拠を提供する。 これは、体系的な観察のための方法やバイアスを最小限に抑える努力に依存しているためです。

他の著者の研究は、治療の有効性/有効性(症例シリーズなど)を評価する際に、一連の研究タイプを含めるべきであると主張するために使用されてきた。 我々は、有効性/有効性の主張を支持する社会的基準への上昇が、うまく設計されたRCTに由来するという最も良い証拠を維持している。 これは主にバイアスを最小限に抑えるための効果的なランダム化と設計要因によるものです(これらはすべて結果が介入によるものであり、他の既知または未知の要因によるものではありません)。 個々の患者の状態が最良の証拠と一致しない場合、またはより良い証拠が入手できない場合には、治療の選択肢を知らせるために、他の証拠が役立つ場合があります。 他のタイプの研究は、安全性や機械的な妥当性を含むがそれに限定されない、関連する質問に答えるためにより適切である。 これは、介入の洗練につながり、臨床試験の設計を知らせ、臨床観察の解釈を助けることができる。 同様に、疫学研究、症例報告、および症例シリーズの臨床データは、治療が 臨床的にもっともらしい。 すなわち、臨床的観察は、 可能です 介入が効果的であること。 しかし、生物学的または臨床的な妥当性の増加は、ヒト集団における治療効果の証拠とはならない。 反対に、証明の欠如(十分に実施された無作為化臨床試験によって示される)は、妥当性を排除するものではない。

系統的レビューの研究は、個々の研究が、利用可能なすべての研究の系統的分析とは非常に異なる結論につながることがあることを教えている。 さらに、科学的プロセスは、妥当性および/またはメカニズムを支持する観察および仮説から古典的に始まる自己修正調査の体系的手段である。 理想的には、これらは、しばしば有効性試験と呼ばれる明らかな結果をもたらす可能性が最も高い条件下でRCTの実施に先行して通知する。 それとは別に、一般的な練習条件を模倣する研究を用いて、有効性の理解を深めてもよい。 歴史的に、手動治療法の現代的な調査は、この過程における収差を表す。 20の終わりに社会的支援と研究のための資金提供の出現とともにth 世紀には、これらの方法の長期的な実践が機械的研究を迂回してRCTを接地する健全な臨床知見を提供したという根本的な前提があった。 臨床試験の早期の重点は、治療の適切な適応症、治療の投薬量および持続期間、治療適用の一貫性、および結果を監視するための適切な結果尺度の理解の隙間を明らかにしている。 これに対応して、北米の資金提供機関は、潜在的な効果メカニズムに重点を置いて研究を再開しました。 この研究から得られたデータは、今後の臨床研究の質問に役立つと期待され、適切かつ効果的なケアに関するより完全な証拠をもたらす可能性のある十分に基礎をなす研究につながる。

手動治療の安全性

介入の選択は、有害事象や害のリスクによって常に調整されるべきである。 手動治療に伴う有害事象は、1)良性、軽度または重篤ではない2)の2つのカテゴリーに分類することができます。 一般に、良性であるものは一過性であり、強度が軽度から中等度であり、活動にほとんど影響を及ぼさず、持続性が短い。 最も一般的には、これらは筋骨格系に苦痛または不快感を伴う。 あまり一般的ではないが、悪心、めまいまたは疲労が報告されている。 重篤な有害事象は無効であり、入院を必要とし、生命を脅かす可能性がある。 脊髄操作(特に頚椎への)に関連する最も深刻な有害事象は、脊椎動物脳動脈(VBA)脳卒中であることが最も文書化され議論されている。 あまり一般的に報告されていないのは、腰椎椎間板ヘルニアおよび馬尾症候群を含む腰椎操作に関連する重篤な有害事象である。

脊椎操作の結果としての重篤な有害事象の推定は不確実であり、様々であった。 まれな出来事の正確なリスク推定値を確立する際の挑戦のために、利用可能な証拠の多くは比較的貧弱であった。 そのような推定は、健全な母集団に基づく研究、好ましくは本質的に将来性のある研究から最も得られる。

頸椎の​​操作後のVBAストロークの推定値は、200,000治療の1つのイベントから数百万の1つのイベントまでの範囲です。 その後のランドマークの人口ベースの調査では、Cassidyらは、100万人年のデータを評価するために、ケースコントロールとケースクロスオーバーの設計を使用して問題を再検討しました。 著者らは、VBA脳卒中は一般的に非常にまれな事象であることを確認した。 彼らは、「プライマリケアと比較して、カイロプラクティックケアに関連したVBAストロークの過剰なリスクの証拠は見つかっていない」と述べた。さらに、「カイロプラクティックおよびPCP(プライマリケア医)訪問に伴うVBAストロークのリスク増加は、脳卒中前のケアを求めるVBA解剖による頭痛や頚部の痛みを伴う患者」である。良性の副作用に関して、頸椎の操作は動員と比較してリスクが増加することが示されている。

適切には、頸椎の操作のリスク利益が議論されている。 予期されたように、新しい研究は、頚部の痛みに対する手作業による治療の利点について知られているものを変えることができる。 現在のところ、証拠には何らかの利益があることが示唆されています。 動員と操作の選択は、患者の好みによって通知されるべきであることが示唆されている。

子宮頸部または腰椎椎間板ヘルニアの推定も不確実で、ケーススタディおよびケースシリーズに基づいています。 腰椎椎間板ヘルニアを含む重篤な有害事象のリスクは、患者の100万人の訪問当たり約1であると推定されている。 Cauda equina症候群は、数百万回の訪問ごとに1で頻繁に発生すると推定される。

小児における手作業による治療の安全性

脊髄操作の結果としての子供における重篤な有害事象の真の発生率は未だ不明である。 2007に掲載された体系的なレビューでは、14症例で神経性または筋骨格系の事象を伴う直接有害事象が確認され、そのうち9例は重篤とみなされた(例、クモ膜下出血、対麻痺など)。 間接有害事象の別の20症例が同定された(診断の遅延、重度の病状に対する脊椎操作の不適切な適用)。 レビューの著者は、症例報告および症例シリーズは「受動的」サーベイランスの一種であり、そのようなものとして発生率に関する情報を提供しないことに留意する。 さらに、有害事象のこのタイプの報告は、真のリスクを過小評価すると認識されている。

重要なことに、誤診断(例えば、遅れた診断、脊椎操作による不適切な治療)の可能性のある理由は、十分な小児訓練の欠如によるものであると主張している。 彼らは287のカイロプラクターと骨粗しょう症の調査で、78は1学期またはそれ以下の正式な小児科教育を報告し、72%は小児臨床訓練を受けていないことを明らかにした独自の調査を引用している。 これは特に注目に値する。

報告の結論の限界

有効性の有無の証拠の強さに関する本報告書の結論は、絶対的な基準がないために選択された規則に基づいている。 研究の質の影響に関してシステムとルールを等級化する異なる証拠は、異なる結論につながる可能性がある。 しかし、私たちは、エビデンス合成の基準を設定する権威ある組織の最新の推奨事項と一致する合成方法論を適用しました。 包括的な文献検索戦略を使用しましたが、関連するすべてのRCT、ガイドライン、および技術レポートを特定していない可能性があります。 この報告書が現時点で、手動治療が効果的か無効かを示す証拠があると結論づけられた状況は、適切な統計力と偏見のリスクの低い単一のRCTにあることが時々ある。 同じトピックに関する追加の高品質RCTは、結論を変える可能性が高い。 英語のレビューと試用版のみを含めると、言語バイアスにつながるこのレポートの別の制限と考えることができます。 しかし、英語以外の試験をメタアナリシスおよび系統的レビューから除外することの影響は相反しており、英語以外の雑誌に掲載されたランダム化試験の発生率は低下しています。 この報告書のもう一つの潜在的な限界は、報告書に含まれている体系的なレビューと臨床ガイドラインの批判的評価の欠如である。 体系的なレビューと臨床ガイドラインは、方法論的な質や偏見のリスクが大きく異なる場合があります。 含まれているレビューとガイドラインの批判的評価は理想的であるが、それは本報告書の範囲外であった。 異なる形式の手動治療の相対的有効性に関する結論を導き出す際には、介入の特定の効果を患者 - プロバイダー相互作用の非特異的(文脈的)効果から隔離または定量化することは通常不可能であることが認められている。 比較が行われた療法と比較して異なる手動療法の有効性の大きさを評価することは、この報告の範囲を超えていた。 しかし、中等度または高品質の有効性の証拠が確立された場合、治療は実行可能な治療選択肢として解釈されましたが、必ずしも最も有効な治療法ではありません。 我々は、無作為化されたデザイン(例えば、観察研究、コホート研究、前向き臨床シリーズおよび症例報告)を用いた研究から得られた知見が、治療効果の可能性のあるメカニズムおよび可能性についての重要な予備的証拠をもたらすことを認識している。 しかし、この報告書の第一の目的は、治療効果と有効性を具体的に扱うように設計された研究の結果を要約することであり、その文献と一致して臨床的有用性の主張は防御可能であると考えられる。 したがって、ケアの影響に関する根拠はRCTに限られていた。

結論

脊髄の操作/動員は、急性、亜急性および慢性腰痛の成人に有効である; 片頭痛および頚動脈性頭痛のために; 子宮頸部のめまい; いくつかの上肢および下肢の関節の状態が含まれる。 胸部脊髄の操作/動員は、急性/亜急性頚部痛に対して効果的であり、運動と組み合わせると、急性の鞭打ち疾患および慢性頸部痛に対して頸椎/術が有効である。 腰痛、坐骨神経痛、緊張型頭痛、尾骨状突起症、顎関節症、線維筋痛、月経前症候群、肺炎のいずれかのタイプの操作/動員については、頸部の痛みのためだけでなく、高齢者では 脊髄操作は、偽手術に比べて喘息や月経困難症には効果がなく、抗高血圧食に追加した場合は1高血圧症には効果がありません。 小児の場合、中耳炎および睡眠時無呼吸症に対する脊髄操作/動員の有効性に関しては決定的な証拠はないが、偽手術に比べて小児疝痛および喘息における肺機能の改善には有効でないことが示されている。

マッサージに関する証拠は、成人の場合、慢性LBPおよび慢性頸部痛に対する有効な治療選択肢であることを示している。 証拠は、変形性膝関節症、線維筋痛症、筋筋膜痛症候群、片頭痛、および月経前症候群には決定的ではない。 小児にとって、喘息および幼児疝痛に対して証拠は確定的ではない。

競合する利益

すべての著者はカイロプラクティックの医師として訓練されていますが、現在フルタイムのプロフェッショナルな研究者です。

著者の貢献

GBは、エビデンスの選択と要約、エビデンス分析の結成と参加、結論の作成と報告書の作成と最終化に使用された方法論を担当した。

MHは、筋骨格状態の大部分および異なるタイプの頭痛の証拠の分析および結論の定式化に参加した。

REは、筋骨格系および非筋骨格系の一部について証拠を分析し、結論を定式化し、背景および議論のセクションに相当な情報を提供することに参加した。

BLは、研究論文を検索し、すべての条件の要約草案を提出し、原稿の校正と校正に参加する責任を負いました。

JTは、研究の翻訳をアクションに変換し、背景や議論のセクションに多大なインプットを与えることについてのセクションを考案し、草案作成する責任がありました。 すべての著者は最終的な原稿を読み、承認した。

補足資料

追加ファイル1:

文献検索戦略

追加ファイル2:

体系的レビュー、エビデンスベースのガイドライン、または保健技術評価に含まれていないランダム化比較試験による偏りのリスクを評価するために使用される基準を含む。

謝辞

英国の一般カイロプラクティック評議会は、この科学的証拠報告のための資金を提供した。

NWHSUの図書館員であるDella Shupeは、このレポートに使用されている詳細な検索戦略の設計と実施を支援してくれたことで有名です。

結論として、 上記研究研究の結果は、急性、亜急性および慢性腰痛、片頭痛および頸動脈性頭痛、頸動脈性めまい、ならびにいくつかの四肢関節症および慢性疼痛の処置および/または動員などの手動療法が成人において有効であることを決定した。急性/亜急性頚部痛。 高齢者の頸部および背部痛、坐骨神経痛、緊張型頭痛、顎関節症、顎関節症、線維筋痛、月経前症候群および肺炎のいくつかの症例では、臨床的および実験的証拠だけでは決定的ではなかった。 操作および/または動員などの手動療法は、喘息および月経困難症、ならびに中耳炎および夜尿症または小児疝痛および喘息に対して有効ではなかった。

National Center for Biotechnology Information(NCBI)から参照される情報。 私たちの情報の範囲は カイロプラクティック ならびに脊髄の傷害および状態に関連する。 主題について話し合うには、ジェメネス博士にお気軽にお問い合わせください。 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

Green-Call-Now-Button-24H-150x150-2-3.png

その他のトピック:坐骨神経痛

坐骨神経痛は、単一のタイプの傷害または状態ではなく、徴候の集合と呼ばれる。 この症状は、背中の坐骨神経、臀部および大腿の下、片側または両側の脚および足に放射状の痛み、しびれ感およびうずき感を特徴とする。 坐骨神経痛は、一般に、ヘルニア化した椎間板または骨の拍動による、人体における最大の神経の炎症、炎症または圧迫の結果である。

漫画paperboyの大きなニュースのブログの画像

重要なトピック:その他の追加:坐骨神経痛の治療

ゴールドバーグM.証拠と証拠に基づく医学:科学の哲学からの教訓。 Soc Sci Med。 2006; 62:2621-2632。 doi:10.1016 / j.socscimed.2005.11.031。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Nelson LH。 In:フェミニストの認識論において。 Alcoff、Potter E、編集者。 1993。 認識のコミュニティ; pp。121-160。
Lavis JN、Robertson D、Woodside JM、McLeod CB、Abelson J.どのように研究機関が意思決定者に研究知識をより効果的に伝えることができますか? Milbank Q. 2003; 81:221-222。 doi:10.1111 / 1468-0009.t01-1-00052。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Straus SE、Tetroe J、Graham I.知識変換を定義する。 CMAJ。 2009:181:165-168。[PMCフリー記事] [PubMed]
Muir Gray JA エビデンスベースのヘルスケアヘルスポリシーとマネジメントの決定方法.2。 Harcourt Publishers Limited 2001。
Guyatt G、Cook D、Haynes B.エビデンスベースの医学は長い道のりを歩んできました。 BMJ。 2004; 329:990-991。 doi:10.1136 / bmj.329.7473.990。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Reilly BM。 EBMの本質。 BMJ。 2004; 329:991-992。 doi:10.1136 / bmj.329.7473.991。[PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Lambert H. EBMの会計:医学における証拠の概念。 Soc Sci Med。 2006; 62:2633-2645。 doi:10.1016 / j.socscimed.2005.11.023。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Davey Smith G、Egger M.伝えられない知識? 臨床試験とメタアナリシスの結果の解釈と適用。 J Clin Epidemiol。 1998; 51:289-295。 doi:10.1016 / S0895-4356(97)00293-X。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Schatter A、フレッチャーRH。 研究の証拠と個々の患者。 四半期医学雑誌。 2003; 96:1-5。 [PubMed]
Triano JJ。 ベストプラクティスの証拠となるものは何ですか? J操作性Physiol Ther。 2008; 31:637-643。 doi:10.1016 / j.jmpt.2008.10.009。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Greenhalgh T、Hurwitz B.ナラティブベースの医学; なぜ物語を勉強するのですか? BMJ。 1999:318:48-50。[PMCフリー記事] [PubMed]
Hope T.証拠に基づく患者の選択と精神医学。 エビデンスベースのメンターヘルス。 2002; 5:100-101。 doi:10.1136 / ebmh.5.4.100。 [PubMed] [クロスリファレンス]
証拠に基づく患者の選択:不可避か不可能か? Oxford University Press; 2001。
Shaughnessy AF、Slawson DC、Becker L. Clinical jazz:臨床経験とエビデンスベースの医療を調和させる。 J Fam Pract。 1998; 47:425-428。 [PubMed]
Straus SE。 EBMのEは何ですか? BMJ。 2004; 328:535-536。 doi:10.1136 / bmj.328.7439.535。[PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Marmot MG。 証拠ベースの政策または政策に基づく証拠? BMJ。 2004; 328:906-907。 doi:10.1136 / bmj.328.7445.906。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Chou R、Huffman LH。 急性および慢性腰痛に対する非薬理学的療法:米国疼痛協会/米国医科大学臨床実践ガイドラインの証拠の再検討。 アンIntern Med。 2007; 147:492-504。 [PubMed]
Haynes RB、Devereaux PJ、Guyatt GH。 医師と患者の選択はエビデンスベースの練習である。 BMJ。 2002; 324:1350。 doi:10.1136 / bmj.324.7350.1350。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
ゴードンEJ。 証拠に基づく医療の政治的背景:毎日の血液透析のための政策決定。 Soc Sci Med。 2006; 62:2707-2719。 doi:10.1016 / j.socscimed.2005.11.024。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Savigny P、Watson P、Underwood M.持続性非特異的腰痛の早期治療:NICEガイドの要約。 BMJ。 2009; 338:b1805。 doi:10.1136 / bmj.b1805。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Chou R、Qaseem A、Snow V、Casey D、Cross JT Jr、Shekelle P.腰痛の診断と治療:American College of PhysiciansとAmerican Pain Societyの共同臨床ガイドライン。 アンIntern Med。 2007; 147:478-491。 [PubMed]
Airaksinen O、Brox JI、Cedraschi C、Hildebrandt J、Klaber-Moffett J、Kovacs F. Chapter 4。 慢性非特異的腰痛の管理に関するヨーロッパのガイドライン。 Eur Spine J.2006; 15(Suppl 2):S192-S300。 doi:10.1007 / s00586-006-1072-1。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
バン・タルダーM、ベッカーA、ベーカーリングT、ブリーンA、デルリアルMT、ハッチンソンA章3。 プライマリケアにおける急性非特異的腰痛管理のための欧州ガイドライン。 Eur Spine J.2006; 15(Suppl 2):S169-S191。 doi:10.1007 / s00586-006-1071-2。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Assendelft WJ、Morton SC、Yu EI、Suttorp MJ、Shekelle PG。 腰痛のための脊髄操作療法。 Cochrane Database Syst Rev. 2004。 p。 CD000447。 [PubMed]
van Tulder MW、Koes B、Malmivaara A.腰痛に対する非侵襲的治療法の結果:根拠に基づくレビュー。 Eur Spine J.2006; 15(Suppl 1):S64-S81。 doi:10.1007 / s00586-005-1048-6。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
ローレンスDJ、Meeker W、Branson R、Bronfort G、Cates JR、Haas M.カイロプラクティック腰痛の治療法と低背関連脚の愁訴:文献の合成。 J操作性Physiol Ther。 2008; 31:659-674。 doi:10.1016 / j.jmpt.2008.10.007。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Bronfort G、Haas M、Evans R、Kawchuk G、Dagenais S.脊髄操作と動員による慢性腰痛のエビデンスに基づく管理。 Spine J.2008; 8:213-225。 doi:10.1016 / j.spinee.2007.10.023。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Bronfort G、Haas M、Evans RL、Bouter LM。 腰部痛および頸部痛に対する脊椎操作および動員の有効性:系統的レビューおよび最良の証拠合成。 Spine J.2004; 4:335-356。 doi:10.1016 / j.spinee.2003.06.002。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Furlan AD、Imamura M、Dryden T、Irvin E.腰痛術のマッサージ:Cochrane Back Review Groupの枠組みの中で更新された体系的レビュー。 脊椎。 2009; 34:1669-1684。 doi:10.1097 / BRS.0b013e3181ad7bd6。 [PubMed] [クロスリファレンス]
国立健康総合研究所。 腰痛:持続性非特異的腰痛の早期管理。 臨床ガイドライン。 2009; 88
Hallegraeff JM、de Greef M、Winters JC、Lucas C.急性非特異的腰痛の治療における操作療法および臨床予測基準。 Percept Motスキル 2009; 108:196-208。 doi:10.2466 / PMS.108.1.196-208。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Rasmussen J、Laetgaard J、Lindecrona AL、Qvistgaard E、Bliddal H.操作は、慢性腰痛(LBP)における拡張訓練の効果に加えない。 無作為化、制御された二重盲検試験。 ジョイントボーンスパイン。 2008; 75:708-713。 [PubMed]
リトルP、ルイスG、Webley F、エバンスM、ビーティーA、ミドルトンK.アレキサンダーのテクニックレッスン、運動、およびマッサージ(ATEAM)の慢性および再発性の腰痛のランダム化比較試験。 Br J Sports Med。 2008; 42:965-968。 doi:10.1136 / bjsm.2007.039560。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Wilkey A、Gregory M、Byfield D、McCarthy PW。 国民保健サービス外来診療所における慢性腰痛に対するカイロプラクティック管理と疼痛クリニックの管理の比較。 J Altern Complement Med。 2008; 14:465-473。 doi:10.1089 / acm.2007.0796。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Bogefeldt J、Grunnesjo MI、Svardsudd K、Blomberg S.病気のための包括的な手動治療プログラムからの退屈な病気:Gotland Low Back Pain Study。 Clin Rehabil。 2008; 22:529-541。 doi:10.1177 / 0269215507087294。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Hancock MJ、Maher CG、Latimer J、McLachlan AJ、Cooper CW、Day RO。 急性腰痛の推奨される第一選択治療法に加えて、ジクロフェナクまたは脊髄操作療法、またはその両方の評価:ランダム化比較試験。 ランセット 2007; 370:1638-1643。 doi:10.1016 / S0140-6736(07)61686-9。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Ferreira ML、Ferreira PH、Latimer J、Herbert RD、Hodges PW、Jennings MD。 慢性腰痛に対する一般運動、運動制御運動および脊髄手技療法の比較:ランダム化試験。 疼痛。 2007; 131:31-37。 doi:10.1016 / j.pain.2006.12.008。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Eisenberg DM、Post DE、Davis RB、Connelly MT、Legedza AT、Hrbek AL。 急性腰痛に対する通常のケアに対する相補的療法の選択の追加:ランダム化比較試験。 脊椎。 2007; 32:151-158。 doi:10.1097 / 01.brs.0000252697.07214.65。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Hondras MA、Long CR、Cao Y、Rowell RM、Meeker WC。 亜急性または慢性腰痛を伴う2年齢以上の成人の55タイプの脊柱操作と最低限の保守医療を比較するランダム化比較試験。 J操作性Physiol Ther。 2009; 32:330-343。 doi:10.1016 / j.jmpt.2009.04.012。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Mohseni-Bandpei MA、Critchley J、Staunton T.慢性腰痛の治療における脊椎操作および超音波の無作為化比較試験。 理学療法。 2006; 92:34-42。 doi:10.1016 / j.physio.2005.05.005。 [Cross Ref]
Beyerman KL、Palmerino MB、Zohn LE、Kane GM、Foster KA。 変形性関節症に続く腰痛および機能不全の治療効果:カイロプラクティックケアは、湿った熱のみと比較して。 J操作性Physiol Ther。 2006; 29:107-114。 doi:10.1016 / j.jmpt.2005.10.005。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Poole H、Glenn S、Murphy P.慢性腰痛管理のためのリフレクソロジーの無作為化対照研究。 Eur J Pain。 2007; 11:878-887。 doi:10.1016 / j.ejpain.2007.01.006。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Zaproudina N、Hietikko T、Hanninen OO、Airaksinen O.慢性腰痛の治療における伝統的な骨の設定の有効性:無作為化パイロット試験。 The Medを補う 2009; 17:23-28。 doi:10.1016 / j.ctim.2008.08.005。 [PubMed] [クロスリファレンス]
オーストラリア急性筋骨格疼痛ガイドライングループ。 急性の筋骨格痛の証拠に基づく管理。 Bowen Hills QLD、Australian Academic Press Pty。Ltd; 2003。
Bussieres AE、Taylor JA、Peterson C.成人における筋骨格愁訴の診断イメージング練習ガイドライン - エビデンスに基づくアプローチ - 3:脊髄障害。 J操作性Physiol Ther。 2008; 31:33-88。 doi:10.1016 / j.jmpt.2007.11.003。 [PubMed] [クロスリファレンス]
シラーL.機械的胸椎痛の治療における脊髄手技療法の有効性:パイロット無作為化臨床試験。 J操作性Physiol Ther。 2001; 24:394-401。 doi:10.1067 / mmt.2001.116420。 [PubMed] [クロスリファレンス]
頸部痛の患者における胸部操作の即時効果:無作為化臨床試験。 マン・サー。 2005; 10:127-135。 doi:10.1016 / j.math.2004.08.005。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Savolainen A、Ahlberg J、Nummila H、Nissinen M.職業上の健康管理における首肩の痛みに対する能動的または受動的治療法は? ランダム化比較試験。 Occup Med(Lond)2004; 54:422-424。 doi:10.1093 / occmed / kqh070。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Allison GT、Nagy BM、ホールT.頚椎 - 上腕痛症候群のための手動療法のランダム化臨床試験 - パイロット研究。 マン・サー。 2002; 7:95-102。 doi:10.1054 / math.2002.0453。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Bergman GJ、Winters JC、Groenier KH、Pool JJ、Meyboom-de Jong B、Postema K.肩機能不全および疼痛を有する患者のための通常の医療に加えて、無作為化比較試験。 アンIntern Med。 2004; 141:432-439。 [PubMed]
肩の不快感を治療するための理学療法、操作、コルチコステロイド注射の比較:一般的なプラクティス:無作為化、単盲検法。 BMJ。 1997; 314:1320-1325。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
ウィンターズJC、ジョリットマW、グレニエールKH、ソーベルJS、Meyboom-de Jong B、アレンデンHJ。 一般的なプラクティスにおける肩の愁訴の治療:理学療法、操作、コルチコステロイド注射を比較した、無作為化された単一盲検試験の長期的な結果。 BMJ。 1999:318:1395-1396。[PMCフリー記事] [PubMed]
Haldeman S、Carroll L、Cassidy D、Schubert J、Nygren A. The Bone and Joint Decade 2000-2010ネック・ペイントとその関連障害に関するタスクフォース:エグゼクティブ・サマリー 脊椎。 2008; 33:S5-S7。 doi:10.1097 / BRS.0b013e3181643f40。 [PubMed] [クロスリファレンス]
頚部痛の治療:非侵襲的介入:骨と関節の10年の結果2000-2010ネック・ペイントとそれに関連する障害に関する専門委員会。 J操作性Physiol Ther。 2009; 32:S141-S175。 doi:10.1016 / j.jmpt.2008.11.017。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Childs JD、Cleland JA、Elliott JM、Teyhen DS、Wainner RS、Whitman JM。 頚部の痛み:米国理学療法士協会の整形外科部門からの機能、障害および健康の国際分類にリンクされた臨床実践ガイドライン。 J Orthop Sports Phys Ther。 2008; 38:A1-A34。 [PubMed]
Ernst E.頚部痛に対するカイロプラクティック脊髄操作:系統的レビュー。 J痛み。 2003; 4:417-421。 doi:10.1067 / S1526-5900(03)00735-1。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Gross AR、Hoving JL、Haines TA、Goldsmith CH、Kay T、Aker P.機械的頸部障害のための操作および動員。 Cochrane Database Syst Rev. 2004。 p。 CD004249。 [PubMed]
Vernon HT、Humphreys BK、Hagino CA。 激しい頚部痛のための保守的治療の体系的レビュー。 J操作性Physiol Ther。 2005; 28:443-448。 doi:10.1016 / j.jmpt.2005.06.011。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Ezzo J、Haraldsson BG、Gross AR、Myers CD、Morien A、Goldsmith CH。 機械的な首の障害のためのマッサージ:体系的なレビュー。 スパイン(Phila Pa 1976)2007; 32:353-362。 [PubMed]
Hakkinen A、Salo P、Tarvainen U、Wiren K、Ylinen J.慢性頸部痛における頚部筋力および運動性に対する手療法およびストレッチの効果。 J Rehabil Med。 2007; 39:575-579。 doi:10.2340 / 16501977-0094。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Gonzalez-Iglesias J、Fernandez-de-las-Penas C、Cleland JA、Gutierrez-Vega MR。 頸部痛患者の管理のための胸部背骨操作:無作為化臨床試験。 J Orthop Sports Phys Ther。 2009; 39:20-27。 [PubMed]
Gonzalez-Iglesias J、Fernandez-de-las-Penas C、Cleland JA、Alburquerque-Sendin F、Palomeque-del-Cerro L、Mendez-Sanchez R.胸背骨推力操作の電気療法/熱治療への組み込み急性の機械的頚部痛を有する患者の管理:無作為化臨床試験。 マン・サー。 2009; 14:306-313。 doi:10.1016 / j.math.2008.04.006。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Walker MJ、Boyles RE、Young BA、Strunce JB、Garber MB、Whitman JM。 機械的首痛に対する手作業による理学療法と運動の有効性:ランダム化臨床試験。 スパイン(Phila Pa 1976)2008; 33:2371-2378。 [PubMed]
Cleland JA、Glynn P、Whitman JM、Eberhart SL、MacDonald C、Childs JD。 頚部痛の患者の胸部脊柱に向けられた推力/非推力動員/操作の短期的影響:無作為化臨床試験。 Phys Ther。 2007; 87:431-440。 doi:10.2522 / ptj.20060155。 [PubMed] [クロスリファレンス]
フェルナンデス・デ・ラス・ペナスC、フェルナンデス・カルネロJ、フェルナンデスA、ローマ・ベガR、ミャンガララJC。 鞭打ち傷害治療における背部操作:無作為化対照試験。 鞭打ちと関連障害のジャーナル。 2004; 3:55-72。 doi:10.1300 / J180v03n02_05。 [Cross Ref]
Zaproudina N、Hanninen OO、Airaksinen O.慢性頸部痛における伝統的骨形成の有効性:無作為化臨床試験。 J操作性Physiol Ther。 2007; 30:432-437。 doi:10.1016 / j.jmpt.2007.05.004。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Sherman KJ、Cherkin DC、Hawkes RJ、Miglioretti DL、Deyo RA。 慢性頸部痛治療マッサージの無作為試験。 Clin J Pain。 2009; 25:233-238。 doi:10.1097 / AJP.0b013e31818b7912。[PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Patel R、Appannagari A、Whang PG。 コクシディニア。 Curr Rev Musculoskelet Med。 2008; 1:223-226。 doi:10.1007 / s12178-008-9028-1。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Maigne JY、Chatellier G、Faou ML、Archambeau M.内視鏡的操作による慢性尾骨後不全症の治療:無作為化比較試験。 スパイン(Phila Pa 1976)2006; 31:E621-E627。[PubMed]
Bussieres AE、Peterson C、Taylor JA。 成人における筋骨格愁訴の診断画像ガイドライン - 証拠に基づくアプローチ - 一部の2:上肢障害。 J操作性Physiol Ther。 2008; 31:2-32。 doi:10.1016 / j.jmpt.2007.11.002。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Green S、Buchbinder R、Hetrick S.肩の痛みのための理学療法介入。 Cochrane Database Syst Rev. 2003。 p。 CD004258。 [PubMed]
Desmeules F、Cote CH、Fremont P.インピンジメント症候群のための治療的な運動と整形外科的治療法:体系的なレビュー。 クリンJスポーツ。 2003; 13:176-182。 doi:10.1097 / 00042752-200305000-00009。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Bang MD、Deyle GD。 肩部衝突症候群患者のための手作業による理学療法の有無にかかわらず、監督訓練の比較。 J Orthop Sports Phys Ther。 2000; 30:126-137。[PubMed]
Bulgen DY、Binder AI、Hazleman BL、Dutton J、Roberts S.凍結肩:3つの治療レジメンを評価した前向き臨床試験。 Ann Rheum Dis。 1984; 43:353-360。 doi:10.1136 / ard.43.3.353。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Conroy DE、Hayes KW。 原発性肩衝突症候群に対する包括的治療の一要素としての関節動員の効果。 J Orthop Sports Phys Ther。 1998; 28:3-14。 [PubMed]
Nicholson GG。 肩の癒着性嚢炎に関連する疼痛および低運動性に対する受動的関節可動性の効果。 J Orthop Sports Phys Ther。 1985; 6:238-246。 [PubMed]
ウィンターズJC、ジョリットマW、グレニエールKH、ソーベルJS、Meyboom-de Jong B、アレンデンHJ。 一般的なプラクティスにおける肩の愁訴の治療:理学療法、操作、コルチコステロイド注射を比較した、無作為化された単一盲検試験の長期的な結果。 BMJ。 1999:318:1395-1396。[PMCフリー記事] [PubMed]
Windt DA van der、Koes BW、Deville W、Boeke AJP、De Jong BA、Bouter LM。 プライマリケアにおける痛みを伴う硬い肩の治療のためのコルチコステロイド注射と物理療法との効果:無作為化試験。 BMJ。 1998; 317:1292-1296。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
フィラデルフィアパネル肩の痛みに対するリハビリテーション介入の選択についてのエビデンスベースの診療ガイドライン。 Phys Ther。 2001; 81:1719-1730。 [PubMed]
Vermeulen HM、Rozing PM、Obermann WR、le Cessie S、Vliet Vlieland TP。 肩の癒着嚢炎の管理における高悪性度と低悪性度の動員技術の比較:ランダム化比較試験。 Phys Ther。 2006; 86:355-368。 [PubMed]
Dolder PA van den、Roberts DL。 肩の痛みの治療におけるソフトティッシュマッサージの有効性に関する試験。 Aust J Physiother。 2003; 49:183-188。 [PubMed]
Johnson AJ、Godges JJ、Zimmerman GJ、Ounanian LL。 肩関節嚢炎患者の外転運動範囲における前方滑動関節可動化の効果 J Orthop Sports Phys Ther。 2007; 37:88-99。 [PubMed]
Guler-Uysal F、Kozanoglu E.接着性嚢胞炎における2つのリハビリテーション法に対する早期応答の比較。 Swiss Med Wkly。 2004; 134:353-358。 [PubMed]
Piligian G、Herbert R、Hearns M、Dropkin J、Landsbergis P、Cherniack M.遠位上肢の慢性仕事関連筋骨格障害の評価と管理。 Am J Ind Med。 2000; 37:75-93。 10.1002:1097:0274:200001:37:1:75:7:3.0:2:4:XNUMX:XNUMX:XNUMX:
Bisset L、Paungmali A、Vicenzino B、Beller E.側面上顎辺縁症のための物理的介入に関する臨床試験の系統的レビューおよびメタアナリシス。 Br J Sports Med。 2005; 39:411-422。 doi:10.1136 / bjsm.2004.016170。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
McHardy A、Hoskins W、Pollard H、Onley R、Windsham R.上肢状態のカイロプラクティック治療:系統的レビュー。 J操作性Physiol Ther。 2008; 31:146-159。 doi:10.1016 / j.jmpt.2007.12.004。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Smidt N、Assendelft WJ、Arola H、Malmivaara A、Greens S、Buchbinder R.外側上顆炎に対する理学療法の有効性:系統的レビュー。 Ann Med。 2003; 35:51-62。 doi:10.1080 / 07853890310004138。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Langen-Pieters P、Weston P、Brantingham JW。 横隔膜上顆炎の治療のために、カイロプラクティックケアと超音波を比較する、無作為化された前向きパイロット試験。 Eur J Chiro。 2003; 50:211-8。
Vicenzino B、Collins D、Wright A.子宮頸部脊柱術による理学療法の初期疼痛は、外顆上痛の疼痛および機能不全に及ぼす。 疼痛。 1996; 68:69-74。 doi:10.1016 / S0304-3959(96)03221-6。 [PubMed] [クロスリファレンス]
腹腔鏡下手術のための動脈動態の低下と交感神経興奮作用。 Phys Ther。 2003; 83:374-383。 [PubMed]
Struijs PA、Damen PJ、Bakker EW、Blankevoort L、Assendelft WJ、van Dijk CN。 横隔膜上顆炎の管理のための手首操作:無作為化パイロット研究。 Phys Ther。 2003; 83:608-616。 [PubMed]
Vicenzino B、Paungmali A、Buratowski S、Wright A.慢性的な外傷性上顎痛症に対する特異的な治療的治療法は、特有の特徴的な低痛覚過敏を引き起こす。 マン・サー。 2001; 6:205-212。 doi:10.1054 / math.2001.0411。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Smidt N、Windt DA van der、Assendelft WJ、Deville WL、Korthals-de Bos IB、Bouter LM。 コルチコステロイド注射、理学療法、または外側上顆炎の待ち受け政策:ランダム化比較試験。 ランセット 2002; 359:657-662。 doi:10.1016 / S0140-6736(02)07811-X。[PubMed] [Cross Ref]
Drechsler WI、Knarr JF、Snyder-Mackler L.外側上顆炎に対する2つの治療レジメンの比較:臨床的介入のランダム化試験。 JスポーツRehabil。 1997; 6:226-234。
Dwars BJ、Feiter Pde、Patka P、Haarman H.テニス肘の機能的治療。 スポーツ医学と健康。 1990。 pp。237-241。
Verhaar JA、Walenkamp GH、van Mameren H、Kester AD、Linden AJ van der。 テニス肘のCyriaxタイプの理学療法に対する局所コルチコステロイド注射。 J Bone Joint Surg Br。 1996; 78:128-132。[PubMed]
Bisset L、Beller E、Jull G、Brooks P、Darnell R、Vicenzino B.運動と運動、コルチコステロイド注射による動員、またはテニス肘の待ち受け:無作為試験。 BMJ。 2006; 333:939。 doi:10.1136 / bmj.38961.584653.AE。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Nourbakhsh MR、Fearon FJ。 横隔膜上顆炎に対する振動エネルギー手動療法の効果:無作為化プラセボ対照二重盲検試験。 Jハンド・テーラー。 2008; 21:4-13。 doi:10.1197 / j.jht.2007.09.005。 [PubMed] [クロスリファレンス]
(Tennis Elbow)BMC Musculoskelet Disord(テニス肘)の低レベルレーザー療法の手順評価とメタアナリシスを用いた体系的なレビュー。 2008; 9:75。 doi:10.1186 / 1471-2474-9-75。[PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Trinh KV、Phillips SD、Ho E、Damsma K.外面上顆痛の緩和のための鍼:体系的なレビュー。 リウマチ学(Oxford)2004; 43:1085-1090。 doi:10.1093 /リウマチ学/ keh247。 [PubMed] [クロスリファレンス]
整形外科医のアメリカアカデミー。 手根管症候群の診断に関する臨床実践ガイドライン。 2008。
O'Connor D、Marshall S、Massy-Westropp N.手根管症候群のための非外科的治療(ステロイド注射以外)。 Cochrane Database Syst Rev. 2003。 p。 CD003219。 [PubMed]
Goodyear-Smith F、Arroll B.家族の医師は、外科以外の手根管症候群の患者に何を提供できますか? 非外科的管理の体系的レビュー。 Ann Fam Med。 2004; 2:267-273。 doi:10.1370 / afm.21。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Piazzini DB、Aprile I、Ferrara PE、Bertolini C、Tonali P、Maggi L.手根管症候群の保存的治療の系統的レビュー。 Clin Rehabil。 2007; 21:299-314。 doi:10.1177 / 0269215507077294。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Davis PT、Hulbert JR、Kassak KM、Meyer JJ。 手根管症候群に対する保守医療とカイロプラクティック治療の比較効能:無作為化臨床試験。 J操作性Physiol Ther。 1998; 21:317-326。 [PubMed]
Tal-Akabi A、Rushton A.手根管症候群の治療法としての手根骨動員と神経動態動員の有効性を比較検討した。 マン・サー。 2000; 5:214-222。 doi:10.1054 / math.2000.0355。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Cibulka MT、White DM、Woehrle J、Harris-Hayes M、Enseki K、Fagerson TL。 股関節の痛みと運動不足 - 股関節の変形性関節症:米国物理療法学会の整形外科部門からの機能、障害、健康の国際分類に関連する臨床実践ガイドライン。 J Orthop Sports Phys Ther。 2009; 39:A1-25。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
Bussieres AE、Taylor JA、Peterson C.大人における筋骨格愁訴の診断イメージング練習ガイドライン - エビデンスベースのアプローチ。 パート1。 下肢障害。 J操作性Physiol Ther。 2007; 30:684-717。 doi:10.1016 / j.jmpt.2007.10.004。 [PubMed] [クロスリファレンス]
ブランチチャムJW、グローブG、ポラードH、ヒックスM、コルポラールC、ホスキンスW.下肢条件のための治療法:文献レビューの拡大。 J操作性Physiol Ther。 2009; 32:53-71。 doi:10.1016 / j.jmpt.2008.09.013。 [PubMed] [クロスリファレンス]
股関節の変形性関節症における手動療法と運動療法の比較:ランダム化臨床試験。 関節炎のRheum。 2004; 51:722-729。 doi:10.1002 / art.20685。 [PubMed] [クロスリファレンス]
国立健康総合研究所。 骨関節炎:成人におけるケアおよび管理のための全国的臨床ガイドライン。 臨床ガイドライン59。 2008。
Licciardone JC、Stoll ST、Cardarelli KM、Gamber RG、Swift JN Jr、Winn WB。 膝または股関節形成術後のオステオパシーによる手技治療のランダム化比較試験。 J Am Osteopath Assoc。 2004; 104:193-202。 [PubMed]
Hernandez-Molina G、Reichenbach S、Zhang B、Lavalley M、Felson DT。 股関節変形性疼痛に対する治療的運動の効果:メタ分析の結果。 関節炎のRheum。 2008; 59:1221-1228。 doi:10.1002 / art.24010。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Deyle GD、Henderson NE、Matekel RL、Ryder MG、Garber MB、Allison SC。 膝の骨関節炎における手動の理学療法と運動の有効性。 無作為化比較試験。 アンIntern Med。 2000; 132:173-181。 [PubMed]
Deyle GD、Allison SC、Matekel RL、Ryder MG、Stang JM、Gohdes DD。 骨関節炎の膝の理学療法治療の有効性:監督された臨床的練習と手作業による治療の手順と家庭の訓練のプログラムとの無作為比較。 Phys Ther。 2005; 85:1301-1317。[PubMed]
Crossley K、Bennell K、Green S、Cowan S、McConnell J.膝蓋大腿痛の物理療法:無作為化二重盲検プラセボ対照試験。 Am J Sports Med。 2002; 30:857-865。[PubMed]
保守的な腰部処置は、膝伸筋の抑制を減少させる:無作為化試験。 J操作性Physiol Ther。 2000; 23:76-80。 doi:10.1016 / S0161-4754(00)90071-X。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Bannell KL、Hinman RS、Metcalf BR、Buchbinder R、McConnell J、McColl G.膝関節変形性関節症の理学療法管理の有効性:無作為化二重盲検プラセボ対照試験。 Ann Rheum Dis。 2005; 64:906-912。 doi:10.1136 / ard.2004.026526。[PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Moss P、Sluka K、Wright A.骨関節炎性痛覚過敏に対する膝関節動員の初期効果。 マン・サー。 2007; 12:109-118。 doi:10.1016 / j.math.2006.02.009。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Tucker M、Brantingham JW、Myburg C.膝の変形性関節症の治療における非ステロイド性抗炎症性仲介(メロキシカム)対操作の相対的有効性。 Eur J Chiro。 2003; 50:163-84。
Rowlands B、Brantingham JW。 膝蓋大腿痛症候群に罹患した患者における膝蓋可動化の有効性。 J Neuromusculoskel System。 1999; 7:9。
膝蓋大動脈疼痛症候群の保存的管理において膝蓋動員単独と比較して、脊髄操作と膝蓋骨動員の併用の有効性を決定するための前向き無作為臨床試験である。 J Am Chiro Assoc。 2006; 43:11-8。
Taylor K、Brantingham JW。 膝蓋大腿部疼痛症候群の治療における膝蓋可動化/操作と組み合わせた運動の効果の調査。 Eur J Chiro。 2003; 51:17。
ポーラードH、ワードG、ホスキンスW、ハーディK.変形性関節症膝痛に対する手動治療膝プロトコールの効果:ランダム化比較試験。 JCCA J Chiropr Assoc。 2008; 52:229-242。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
Perlman AI、Sabina A、Williams AL、Njike VY、Katz DL。 膝の変形性関節症のためのマッサージ療法:ランダム化比較試験。 Arch intern Med。 2006; 166:2533-2538。 doi:10.1001 / archinte.166.22.2533。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Vavken P、Arrich F、Schuhfried O、Dorotka R.膝の変形性関節症の管理におけるパルス電磁場療法の有効性:無作為化比較試験のメタアナリシス。 J Rehabil Med。 2009; 41:406-411。 doi:10.2340 / 16501977-0374。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Hulme J、Robinson V、DeBie R、Wells G、Judd M、Tugwell P.変形性関節症の治療のための電磁場。 Cochrane Database Syst Rev. 2002。 p。 CD003523。 [PubMed]
White A、Foster NE '、Cummings M、Barlas P.慢性膝痛治療のための鍼治療:体系的なレビュー。 リウマチ学(Oxford)2007; 46:384-390。 doi:10.1093 / rheumatology / kel413。[PubMed] [Cross Ref]
Fransen M、McConnell S.膝の変形性関節症のための運動。 Cochrane Database Syst Rev. 2008。 p。 CD004376。 [PubMed]
Bjordal JM、Johnson MI、Lopes-Martins RA、Bogen B、Chow R、Ljunggren AE。 変形性関節症の膝痛における物理的介入の短期有効性。 ランダム化プラセボ対照試験の系統的レビューおよびメタアナリシス。 BMC Musculoskelet Disord。 2007; 8:51。 doi:10.1186 / 1471-2474-8-51。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Wees PJ van der、Lenssen AF、Hendriks EJ、Stomp DJ、Dekker J、de Bie RA。 足首捻挫および機能不安定における運動療法および手動動員の有効性:系統的レビュー。 Aust J Physiother。 2006; 52:27-37。 [PubMed]
足首の捻挫が再発した個体の運動動員後の足関節の後距の滑動および背屈の初期変化、Vicenzino B、Branjerdporn M、Teys P、Jordan K. J Orthop Sports Phys Ther。 2006; 36:464-471。 doi:10.2519 / jospt.2006.2265。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Eisenhart AW、Gaeta TJ、Yens DP。 急性の足首傷害を有する患者のための救急部におけるOsteopathicの手作業による治療。 J Am Osteopath Assoc。 2003; 103:417-421。 [PubMed]
Green T、Refshauge K、Crosbie J、Adams R.急性の足関節反転捻挫に対する受動的な関節接合動員のランダム化比較試験。 Phys Ther。 2001; 81:984-994。 [PubMed]
Pellow JE、Brantingham JW。 亜急性および慢性グレードIおよびグレードIIのアンクル転倒捻挫の治療におけるアンクルの調整の有効性。 J操作性Physiol Ther。 2001; 24:17-24。 doi:10.1067 / mmt.2001.112015。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Coetzer D、Brantingham JW、Nook B.急性グレードの1および2転倒性足首捻挫の治療における操作と比較した、ピロキシカムの相対的有効性。 J Neuromusculoskel System。 2001; 9:9-12。
Collins NP Vicenzino B.亜急性の足首捻挫における背屈および痛みに対する運動技術を用いたMulliganの動員の初期効果。 マン・サー。 2004; 9:77-82。 doi:10.1016 / S1356-689X(03)00101-2。 [PubMed] [クロスリファレンス]
足首捻挫の患者の安定測定法および腕時計法に対する顎骨関節の操作の即時の効果。ロペス・ロドリゲスS、フェルナンデス・ドゥ・ラス・ペナスC、アルバーカーキ・セインタンF、ロドリゲス・ブランコC、パロメーク・デル・セロL。 J操作性Physiol Ther。 2007; 30:186-192。 doi:10.1016 / j.jmpt.2007.01.011。 [PubMed] [クロスリファレンス]
慢性再発性足首捻挫における固有受容および足関節の背屈に対する操作の影響についての、前向きの、一重盲検の、無作為化された、制御された臨床試験である(Kohne E、Jones A、Korporaal C、Price JL、Brantingham JW、 J Am Chiro Assoc。 2007; 44:7-17。
Dimou E、Brantingham JW、Wood T.足部筋膜炎の治療のためのカイロプラクティック操作とアキレス腱伸展の無作為化比較試験(盲検者)。 J Am Chiro Assoc。 2004; 41:32-42。
モートンの神経腫の治療における操作および動員の単一盲検ランダム化プラセボ対照臨床試験である(Govender N、Kretzmann H、Price J、Brantingham JW、Globe G. J Am Chiro Assoc。 2007; 44:9-18。
外傷性リンパ節を有する個体における痛みの軽減および機能回復のためのセサモイド動員、フレクサ幻覚強化および歩行訓練の効果:臨床試験、Shamus J、Shamus E、Gugel RN、Brucker BS、Skaruppa C. J Orthop Sports Phys Ther。 2004; 34:368-376。 doi:10.1016 / S8756-3282(04)00007-9。 [PubMed] [クロスリファレンス]
交感神経外転神経芽腫の治療における漸変動員と氷を用いた保守的カイロプラクティックプロトコールの有効性に関する試験的研究(Bridgingham JW、Guiry S、Kretzmann H、Globe G、Kite V. クリチロ。 2005; 8:117-33。 doi:10.1016 / j.clch.2005.06.001。[Cross Ref]
Brooks SC、Potter BT、Rainey JB。 足首の側靭帯の部分涙の治療:前向き試験。 Br Med J(Clin Res Ed)1981; 282:606-607。 doi:10.1136 / bmj.282.6264.606。[PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Wynne MM、Burns JM、Eland DC、Conatser RR、Howell JN。 足底筋膜炎を有する被験者のストレッチ反射、ホフマン反射、および臨床転帰に及ぼすカウンターストレインの影響。 J Am Osteopath Assoc。 2006; 106:547-556。 [PubMed]
Cleland JA、Abbott JH、Kidd MO、Stockwell S、Cheney S、Gerrard DF。 手動の理学療法と運動療法対電気生理学的作用と足底踵痛の管理における運動:多施設ランダム化臨床試験。 J Orthop Sports Phys Ther。 2009; 39:573-585。 [PubMed]
Lin CW、Moseley AM、Haas M、Refshauge KM、Herbert RD。 理学療法に加えて手作業による治療は、足首骨折後の臨床的または経済的転帰を改善しない。 J Rehabil Med。 2008; 40:433-439。 doi:10.2340 / 16501977-0187。 [PubMed] [クロスリファレンス]
McPoil TG、Martin RL、Cornwall MW、Wukich DK、Irrgang JJ、Godges JJ。 かかとの痛み - 足底筋膜炎:米国物理療法学会の整形外科部門からの機能、障害、および健康の国際分類にリンクされた臨床実践ガイドライン。 J Orthop Sports Phys Ther。 2008; 38:A1-A18。 [PubMed]
Handoll HH、Rowe BH、Quinn KM、de Bie R.足関節靭帯損傷を予防するための介入。 Cochrane Database Syst Rev. 2001。 p。 CD000018。 [PubMed]
McNeill C.顎関節障害:分類、評価、および管理のガイドライン。 Quintessence Publishing Co、Inc; 1993。 疫学; pp。19-22。
顎関節障害のための診断診断基準を用いたランダム化臨床試験 - カスタマイズされた自己治療TMD治療プログラムのための臨床例を標的とするための軸II。 J Orofac Pain。 2002; 16:48-63。 [PubMed]
McNeely ML、Armijo OS、Magee DJ。 顎関節症のための理学療法介入の有効性の系統的レビュー。 Phys Ther。 2006; 86:710-725。 [PubMed]
Medlicott MS、Harris SR。 顎関節症の管理における運動、手動療法、電気療法、リラクゼーショントレーニング、およびバイオフィードバックの有効性の系統的レビュー。 Phys Ther。 2006; 86:955-973。 [PubMed]
Taylor M、Suvinen T、Reade P.顎関節症の痛み機能不全障害の患者に対する第IV群の注意散漫動員の効果。 理学療法理論と実践。 1994; 10:129-136。 doi:10.3109 / 09593989409036389。 [Cross Ref]
Carmeli E、Sheklow SL、Blommenfeld I.不安定な逸脱を伴う前方変位した顎関節椎間板の再配置副尺療法および受動的手動運動範囲の比較研究。 理学療法。 2001; 87:26-36。 doi:10.1016 / S0031-9406(05)61189-3。[Cross Ref]
De Laat A、Stappaerts K、Papy S.咀嚼系の筋筋膜痛の治療としてのカウンセリングと理学療法。 J Orofac Pain。 2003; 17:42-49。 [PubMed]
モナコA、Cozzolino V、Cattaneo R、Cutilli T、Spadaro A.下顎動態に対するOsteopathic manipulation treatment(OMT)効果:動態学的研究。 Eur J Paediatr Dent。 2008; 9:37-42。[PubMed]
Ismail F、Demling A、Hessling K、Fink M、Stiesch-Scholz M.関節炎性TMDの治療における副処置と比較した理学療法の短期有効性。 J経口レハビル。 2007; 34:807-813。 doi:10.1111 / j.1365-2842.2007.01748.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Carville SF、Arendt-Nielsen S、Bliddal H、Blotman F、Branco JC、Buskila D. EULAR線維筋痛症候群の管理に関する根拠に基づく推奨。 Ann Rheum Dis。 2008; 67:536-541。 doi:10.1136 / ard.2007.071522。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Wolfe F、Smythe HA、Yunus MB、Bennett RM、Bombardier C、Goldenberg DL。 リウマチ学会アメリカンカレッジ1990線維筋痛の分類基準。 マルチセンター基準委員会報告書。 関節炎のRheum。 1990; 33:160-172。 doi:10.1002 / art.1780330203。[PubMed] [Cross Ref]
Schneider M、Vernon H、Ko G、Lawson G、Perera J。線維筋痛症候群のカイロプラクティック管理:文献の系統的レビュー。 J操作性Physiol Ther。 2009; 32:25-40。 doi:10.1016 / j.jmpt.2008.08.012。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Ernst E.カイロプラクティック治療の線維筋痛症:系統的レビュー。 Clin Rheumatol。 2009; 28:1175-1178。 doi:10.1007 / s10067-009-1217-9。 [PubMed] [クロスリファレンス]
骨髄線維症の管理。 JAMA。 2004; 292:2388-2395。 doi:10.1001 / jama.292.19.2388。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Blunt KL、Rajwani MH、Guerriero RC。 線維筋痛患者のカイロプラクティック管理の有効性:パイロット研究。 J操作性Physiol Ther。 1997; 20:389-399。 [PubMed]
Tyers S、Smith RB。 線維筋痛症の治療における頭蓋電気療法刺激単独またはカイロプラクティック療法との比較。 午前カイロプラクター。 2001; 23:39-41。
Wise P、Walsh M、Littlejohn G.線維筋痛症候群に対するカイロプラクティック治療の有効性; ランダム化比較試験。 Eur J Chiro。 2002; 102:321-5。
Panton LB、Figueroa A、Kingsley JD、Hornbuckle L、Wilson J、St John N.線維筋痛症女性における抵抗トレーニングとカイロプラクティック治療の効果。 J Altern Complement Med。 2009; 15:321-328。 doi:10.1089 / acm.2008.0132。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Gamber RG、Shores JH、Russo DP、Jimenez C、Rubin BR。 オステオパシーによる治療は、薬と併用すると、線維筋痛症候群に伴う疼痛を緩和する:無作為化臨床試験プロジェクトの結果。 J Am Osteopath Assoc。 2002; 102:321-325。 [PubMed]
Brattberg G.線維筋痛の治療における結合組織マッサージ。 Eur J Pain。 1999; 3:235-244。 doi:10.1016 / S1090-3801(99)90050-2。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Richards KC、Gibson R、Overton-McCoy AL。 急性および致死的ケアにおけるマッサージの効果。 AACN Clin Issues。 2000; 11:77-96。 doi:10.1097 / 00044067-200002000-00010。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Ekici G、Bakar Y、Akbayrak T、Yuksel I.線維筋痛症の女性の手動リンパ排液療法と結合組織マッサージの比較:無作為化比較試験。 J操作性Physiol Ther。 2009; 32:127-133。 doi:10.1016 / j.jmpt.2008.12.001。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Busch AJ、理容師KA、Overend TJ、Peloso PM、Schachter CL。 線維筋痛症候群の治療のための運動。 Cochrane Database Syst Rev. 2007。 p。 CD003786。 [PubMed]
Vernon H、Schneider M.カイロプラクティックの筋筋膜トリガーポイントと筋筋膜痛症候群の管理:文献の系統的レビュー。 J操作性Physiol Ther。 2009; 32:14-24。 doi:10.1016 / j.jmpt.2008.06.012。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Gam AN、Warming S、Larsen LH、Jensen B、Hoydalsmo O、Allon I.マッサージと運動を組み合わせた超音波による筋筋膜トリガーポイントの治療 - ランダム化比較試験。 疼痛。 1998; 77:73-79。 doi:10.1016 / S0304-3959(98)00084-0。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Dardzinski JA、Ostrov BE、Hamann LS。 標準的治療法に反応しない筋筋膜痛:理学療法によるひずみおよび逆行術の成功。 J Clin Rheumatol。 2000; 6:169-174。 doi:10.1097 / 00124743-200008000-00001。 [PubMed] [クロスリファレンス]
【請求項2】請求項1に記載のヘリウムネオンレーザーを使用することを特徴とする、請求項1に記載の方法。 J Am Osteopath Assoc。 1990; 90:638-639。
Hanten WP、Olson SL、Butts NL、Nowicki AL。 筋虚血圧のホームプログラムの有効性とそれに続く筋筋膜トリガーポイントの治療のための持続的ストレッチ。 Phys Ther。 2000; 80:997-1003。 [PubMed]
ジャガーB、リーブスJL。 パッシブストレッチ後の圧力計の筋電図トリガポイント感度の変化の定量化。 疼痛。 1986; 27:203-210。 doi:10.1016 / 0304-3959(86)90211-3。 [PubMed] [クロスリファレンス]
洪CZ、陳YC、ポンCH、ゆうJ.能動筋筋膜トリガーポイントの痛み閾値に様々な物理的医学のモダリティの即時の効果。 j musculoskelの痛み。 1993; 1:37-53。 doi:10.1300 / J094v01n02_04。 [Cross Ref]
Hou CR、Tsai LC、Cheng KF、Chung KC、Hong CZ。 頸部筋筋膜痛およびトリガーポイント感受性に対する種々の物理的治療法の即時効果。 Arch Phys Med Rehabil。 2002; 83:1406-1414。 doi:10.1053 / apmr.2002.34834。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Hanten WP、Barret M、Gillespie-Plesko M、Jump KA、Olson SL。 頚部および肩甲骨のトリガーポイントの圧痛閾値に及ぼす後退/伸展および後頭部を伴う活動的な頭部収縮の影響。 理科理論の実践。 1997; 13:285-291。 doi:10.3109 / 09593989709036475。[Cross Ref]
フェルナンデス・ド・ラス・ペナスC、アロンソ・ブランコC、フェルナンデス・カルネロJ、ミアンガララJC。 能動的および潜在的筋筋膜トリガーポイントの圧痛に対する虚血性圧縮技術および横断的摩擦マッサージの即時効果:パイロット研究。 Jボディワークムーバーテーラー。 2009; 10:3-9。 doi:10.1016 / j.jbmt.2005.05.003。 [Cross Ref]
Terrett AC、Vernon H.操作および痛み耐性。 脊髄操作が傍脊椎の皮膚疼痛耐性レベルに及ぼす影響の制御研究。 Am J Phys Med。 1984; 63:217-225。[PubMed]
Vernon HT、Aker P、Burns S、Viljakaanen S、Short L.慢性頸部痛の治療における脊髄操作の影響に関する疼痛閾値の評価:パイロット研究。 J操作性Physiol Ther。 1990; 13:13-16。 [PubMed]
Cote P、Mior SA、Vernon H.慢性的な機械的腰痛患者の疼痛/圧力閾値に対する脊椎操作の短期的効果。 J操作性Physiol Ther。 1994; 17:364-368。 [PubMed]
Atienza-Meseguer A、フェルナンデス・デ・ラス・ペナスC、Navarro-Poza JL、Rodriguez-Blanco C、Bosca-Gandia JJ。 上部僧帽筋の圧痛点によって誘発された局所疼痛におけるひずみ/逆流技術の即時効果。 クリチロ。 2006; 9:112-118。 doi:10.1016 / j.clch.2006.06.003。[Cross Ref]
Fryer G、Hodgson L.上部僧帽筋における筋筋膜トリガーポイントに対する手の圧力解放の効果。 Jボディワークムーバーテーラー。 2005; 9:248-255。 doi:10.1016 / j.jbmt.2005.02.002。[Cross Ref]
頭痛 2。 Suppl 1。 Vol。 24。 2004。 国際的な頭痛の分類 pp。9-160。 [PubMed]
スコティッシュインターコネクションガイドラインネットワーク。 成人の頭痛の診断と管理。 2008。
Astin JA、Ernst E.頭痛の治療のための脊椎操作の有効性:ランダム化臨床試験の体系的レビュー。 頭痛 2002; 22:617-623。 doi:10.1046 / j.1468-2982.2002.00423.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Bronfort G、Nilsson N、Haas M、Evans R、Goldsmith CH、Assendelft WJ。 慢性/再発性頭痛のための非侵襲的な物理的治療。 Cochrane Database Syst Rev. 2004。 p。 CD001878。[PubMed]
Parker GB、Pryor DS、Tupling H.臨床試験中に片頭痛が改善するのはなぜですか? 片頭痛のための頸部操作の試験からのさらなる結果。 Aust NZJ Med。 1980; 10:192-198。 [PubMed]
Tuchin PJ、Pollard H、Bonello R.片頭痛のためのカイロプラクティック脊髄操作療法のランダム化比較試験。 J操作性Physiol Ther。 2000; 23:91-95。 doi:10.1016 / S0161-4754(00)90073-3。 [PubMed] [クロスリファレンス]
ネルソンCF、ブロンフォルトG、エバンスR、ボリンP、ゴールドスミスC、アンダーソンAV。 片頭痛の予防のための脊髄操作、アミトリプチリンおよび両療法の併用の有効性。 J操作性Physiol Ther。 1998; 21:511-519。 [PubMed]
ローラーSP、キャメロンLD。 片頭痛治療薬としてのマッサージ療法の無作為化比較試験。 Ann Behav Med。 2006; 32:50-59。 doi:10.1207 / s15324796abm3201_6。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Linde K、Allais G、Brinkhaus B、Manheimer E、Vickers A、White AR。 片頭痛予防のための鍼治療。 Cochrane Database Syst Rev. 2009。 p。 CD001218。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
Nestoriuc Y、Martin A、Rief W、Andrasik F.頭痛のためのバイオフィードバック療法:総合的な有効性のレビュー。 Appl Psychophysiol Biofeedback。 2008; 33:125-140。 doi:10.1007 / s10484-008-9060-3。 [PubMed] [クロスリファレンス]
McCrory DC、Penzien DB、Hasselblad V、Gray RN。 エビデンスレポート:緊張型および頸動脈性頭痛の行動療法および理学療法。 FCERリサーチ。 2001。
Lenssinck ML、Damen L、Verhagen AP、Berger MY、Passchier J、Koes BW。 緊張型頭痛患者の理学療法と操作の有効性:系統的レビュー。 疼痛。 2004; 112:381-388。 doi:10.1016 / j.pain.2004.09.026。 [PubMed] [クロスリファレンス]
フェルナンデス・ド・ラス・ペナスC、アロンソ・ブランコC、Cuadrado ML、Miangolarra JC、Barriga FJ、Pareja JA。 緊張型頭痛からの痛みを軽減するには、手動療法が効果的ですか?:体系的なレビュー。 Clin J Pain。 2006; 22:278-285。 doi:10.1097 / 01.ajp.0000173017.64741.86。 [PubMed] [クロスリファレンス]
ボリンPD、Kassak K、Bronfort G、Nelson C、Anderson AV。 慢性緊張型頭痛の治療のための脊髄操作対アミトリプチリン:無作為化臨床試験。 J操作性Physiol Ther。 1995; 18:148-154。 [PubMed]
Bove G、Nilsson N.エピソード緊張型頭痛の治療における脊髄操作:無作為化比較試験。 JAMA。 1998; 280:1576-1579。 doi:10.1001 / jama.280.18.1576。[PubMed] [Cross Ref]
Hanten WP、Olson SL、hodson JL、imler VL、knab VM、Magee JL。 緊張型頭痛を有する被験者に対するCV-4および静止位置技術の有効性。 Journal of Manual&Manipulative Therapy。 1999; 7:64-70。
慢性緊張型頭痛の2つの異なる手動治療法の結果。 痛みクリニック 2002; 14:121-128。 doi:10.1163 / 156856902760196333。 [Cross Ref]
Donkin RD、Parkin-Smith GF、Gomes AN。 緊張型頭痛に対するカイロプラクティック操作と手動牽引および操作の組み合わせの可能な効果:パイロット研究。 神経筋骨格系のジャーナル。 2002; 10:89-97。
筋萎縮性側頭痛に対する鍼治療と理学療法の有効性:比較研究。アホネンE、Hakumaki M、Mahlamaki S、Partanen J、Riekkinen P、Sivenius J.。 鍼電顕Res。 1984; 9:141-150。 [PubMed]
Carlsson J、Fahlcrantz A、Augustinsson LE。 鍼治療または理学療法で治療された緊張頭痛の筋肉の優しさ。 頭痛 1990; 10:131-141。 doi:10.1046 / j.1468-2982.1990.1003131.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Wylie KR、Jackson C、Crawford PM。 心理テストは、頭痛を伴う一般的な神経診療所に訴える患者の鍼治療またはマッサージ/リラクゼーション治療への反応を予測するのに役立つか? J Tradit Chin Med。 1997; 17:130-139。 [PubMed]
Hoyt WH、Shaffer F、Bard DA、Benesler JS、Blankenhorn GD、Gray JH。 筋収縮性頭痛の治療におけるオステオパシー操作。 JAOA。 1979; 78:322-325。 [PubMed]
Jay GW、Brunson J、Branson SJ。 慢性の毎日の頭痛の治療における理学療法の有効性。 頭痛。 1989; 29:156-162。 doi:10.1111 / j.1526-4610.1989.hed2903156.x。[PubMed] [Cross Ref]
Marcus DA、Scharff L、Turk DC。 妊娠中の頭痛の非薬理学的管理。 Psychosom Med。 1995; 57:527-535。 [PubMed]
Anderson RE、Seniscal C.緊張型頭痛に対する選択された骨粗鬆症治療と弛緩の比較。 頭痛。 2006; 46:1273-1280。 doi:10.1111 / j.1526-4610.2006.00535.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Linde K、Allais G、Brinkhaus B、Manheimer E、Vickers A、White AR。 緊張型頭痛のための鍼治療。 Cochrane Database Syst Rev. 2009。 p。 CD007587。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
Sajastad O、Fredriksen TA、Pfaffenrath V.頸管頭痛:診断基準。 頭痛。 1998; 38:442-445。 doi:10.1046 / j.1526-4610.1998.3806442.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
フェルナンデス・デ・ラス・ペナスC、アロンソ・ブランコC、Cuadrado ML、Pareja JA。 子宮頸部の頭痛の管理における脊髄の操作療法。 頭痛。 2005; 45:1260-1263。 doi:10.1111 / j.1526-4610.2005.00253_1.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Bitterli J、Graf R、Robert F、Adler R、Mumenthaler M. Zur Obeyektivierung der der Suspension of Spondylogenen Kopfschmerzes [脊椎炎頭痛のカイロプラクティック治療の評価のための客観的基準] Nervenarzt。 1977; 48:259-262。[PubMed]
Howe DH、Newcombe RG、Wade MT。 子宮頸椎の操作 - パイロット研究。 JR Coll Gen Pract。 1983; 33:574-579。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
Ammer K、Hein L、Rathkolb O. [後頭部頭痛における理学療法] Manuelle Med。 1990; 28:65-68。
Jull G、Trott P、Potter H、Zito G、Niere K、Shirley D.頸動脈性頭痛のための運動および手技療法のランダム化比較試験。 脊椎。 2002; 27:1835-1843。 doi:10.1097 / 00007632-200209010-00004。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Nilsson N、Christensen HW、Hartvigsen J.頸動脈性頭痛の治療における脊髄操作の効果。 J操作性Physiol Ther。 1997; 20:326-330。 [PubMed]
Whittingham W.慢性的な頸動脈性頭痛のための子宮頸管調節(トールレコイル)の効能[論文] Melbourne、Australia:Royal Melbourne Institute of Technology; 1999。
C1-C2自己栄養性骨迷走神経滑走術(SNAG)の頸部頭痛の治療における有効性。 J Orthop Sports Phys Ther。 2007; 37:100-107。 [PubMed]
Jensen OK、Nielsen FF、Vosmar L.外傷後頭痛の治療におけるコールドパックの使用による手動療法と比較した公開試験。 頭痛 1990; 10:241-250。 doi:10.1046 / j.1468-2982.1990.1005241.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
ナショナルハートラヴィ。 喘息管理に関する米国のガイドライン。 エキスパートパネルレポート3。 2007; 3
スコットランドインターネットワークガイドラインネットワーク。 喘息管理に関する英国ガイドライン。 イギリスの胸部学会。 2009。 pp。1-132。
Ernst E.喘息の脊髄操作:無作為化臨床試験の体系的レビュー。 Respir Med。 2009; 103:1791-1795。 doi:10.1016 / j.rmed.2009.06.017。 [PubMed] [クロスリファレンス]
ホンドラスMA、リンデK、ジョーンズAP。 喘息のための手動療法。 Cochrane Database Syst Rev. 2001。 p。 CD001002。 [PubMed]
Balon JW、Mior SA。 喘息およびアレルギーにおけるカイロプラクティックケア。 アレルギーアレルギー。 2004; 93:S55-S60。 doi:10.1016 / S1081-1206(10)61487-1。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Hawk C、Khorsan R、Lisi AJ、Ferrance RJ、Evans MW。 非筋骨格系のカイロプラクティックケア:全システム研究に影響を与える体系的なレビュー。 J Altern Complement Med。 2007; 13:491-512。 doi:10.1089 / acm.2007.7088。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Nielsen NH、Bronfort G、Bendix T、Madsen F、Weeke B.慢性喘息およびカイロプラクティック脊髄操作:無作為化臨床試験。 Clin Expアレルギー。 1995; 25:80-88。 doi:10.1111 / j.1365-2222.1995.tb01006.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
小児喘息の補助療法としての能動的および模擬的カイロプラクティック操作の比較。 N Engl J Med。 1998; 339:1013-1020。 doi:10.1056 / NEJM199810083391501。 [PubMed] [クロスリファレンス]
ギニアPA、Chou R、Vianna A、Lovenheim J.喘息の小児患者に対するオステオパシー治療の効果:ランダム化比較試験。 J Am Osteopath Assoc。 2005; 105:7-12。[PubMed]
喘息の子供は、マッサージ療法後に改善された肺機能を有している。 J Pediatr。 1998; 132:854-858。 doi:10.1016 / S0022-3476(98)70317-8。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Brygge T、Heinig JH、Collins P、Ronborg S、Gehrchen PM、Hilden J.リフレクソロジーおよび気管支喘息。 Respir Med。 2001; 95:173-179。 doi:10.1053 / rmed.2000.0975。 [PubMed] [クロスリファレンス]
成人における地域性肺炎の管理に関するBTSガイドライン 胸郭。 2001; 56(Suppl 4):IV1-64。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
マンデルLA、Wunderink RG、アンズエトA、バートレットJG、キャンベルGD、ディーンNC。 アメリカ・アメリカ胸部協会の感染症学会大人の地域社会が抱える肺炎の管理に関するコンセンサスガイドライン。 Clin Infect Dis。 2007; 44(Suppl 2):S27-S72。 doi:10.1086 / 511159。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Noll DR、Shores JH、Gamber RG、Herron KM、Swift J Jr.肺炎に罹患した高齢入院患者のためのオステオパシーによる手技治療の利点。 J Am Osteopath Assoc。 2000; 100:776-782。 [PubMed]
Bhattacharyya N、Baugh RF、Orvidas L、Barrs D、Bronston LJ、Cass S.臨床実践ガイドライン:良性発作性のめまい。 耳鼻咽喉頭頚部術。 2008; 139:S47-S81。 doi:10.1016 / j.otohns.2008.08.022。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Reid SA、Rivett DA。 子宮頸部眩暈の手技療法:体系的なレビュー。 マン・サー。 2005; 10:4-13。 doi:10.1016 / j.math.2004.03.006。 [PubMed] [クロスリファレンス]
頸部起源と思われるめまいのある患者の理学療法後の姿勢と症状の改善。カールバーグM、マグナソンM、マルムストロームEM、メランダントA、モリッツU。 Arch Phys Med Rehabil。 1996; 77:874-882。 doi:10.1016 / S0003-9993(96)90273-7。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Reid SA、Rivett DA、Katekar MG、Callister R.サステイナブル自然アポフロセルグライド(SNAG)は、頸動脈性めまいの有効な治療法です。 マン・サー。 2008; 13:357-366。 doi:10.1016 / j.math.2007.03.006。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Hillier SL、Hollohan V.片側末梢前庭機能障害のための前庭リハビリテーション。 Cochrane Database Syst Rev. 2007。 p。 CD005397。 [PubMed]
Wessel MA、Cobb JC、Jackson EB、Harris GS、Detwiler AC。 幼児期における発作性の発作( "疝痛"と呼ばれることもある)。 小児科。 1954; 14:421-434。 [PubMed]
Husereau D、Clifford T、Aker P.幼児疝痛のための脊髄操作。 Vol。 42。 健康技術評価のカナダ調整室。 オタワ; 2003。
ブランドP、Engelbert R、Helders P。子宮頚部のひずみ(KISS)症候群に起因する運動不均衡を有する乳児における手動療法の効果の系統的レビュー。 J Man&Manip Ther。 2005; 13:209-214。
Ernst E.非脊椎痛に対するカイロプラクティック操作 - 系統的レビュー。 NZ Med J. 2003; 116:U539。 [PubMed]
Gotlib A、Rupert R.小児健康状態におけるカイロプラクティック操作 - 更新された体系的レビュー。 Chiropr Osteopat。 2008; 16:11。 doi:10.1186 / 1746-1340-16-11。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
エルンストE.カイロプラクティック脊髄操作:乳児疝痛:無作為化臨床試験の体系的レビュー。 Int J Clin Pract。 2009; 63:1351-1353。 doi:10.1111 / j.1742-1241.2009.02133.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Koonin S、Karpelowsky AS、Yelverton CJ。 乳児疝痛の治療におけるカイロプラクティック脊髄操作療法およびアロパシー薬の有効性を決定するための比較試験。 WFC 7thビエンナーレ議会議事録; オーランド。 1-3、2003。 pp。330-1。
マーサーC、ヌークB.イン:世界カイロプラクティック連盟。 5th Biennial Congress、17-22 May 1999.Haldman S、マーフィーB、エディター。 幼児疝痛管理における治療プロトコルとしてのカイロプラクティック脊柱調節の有効性; pp。170-1。
Wiberg JM、Nordsteen J、Nilsson N.幼児疝痛の治療における脊髄操作の短期間効果:盲検観察者による無作為化比較試験。 J操作性Physiol Ther。 1999; 22:517-522。 doi:10.1016 / S0161-4754(99)70003-5。 [PubMed] [クロスリファレンス]
ブラインドM.幼児疝痛の治療におけるカイロプラクティック脊髄操作と後頭部 - 仙骨減圧の短期効果の比較:一重盲検、無作為比較比較試験。 臨床カイロプラクティック。 2009; 11:122-129。 doi:10.1016 / j.clch.2008.10.003。 [Cross Ref]
Olafsdottir E、Forshei S、Fluge G、Markestad T.カイロプラクティック脊髄操作で治療した乳児疝痛のランダム化比較試験。 アーチディスチャイルド。 2001; 84:138-141。 doi:10.1136 / adc.84.2.138。[PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Hayden C、Mullinger B.幼児疝痛の軽減のための頭蓋骨骨関節症の影響の予備評価。 Clin Practを補完する 2006; 12:83-90。 doi:10.1016 / j.ctcp.2005.12.005。[PubMed] [Cross Ref]
妊娠中の乳児の治療における幼児のマッサージと比較した幼児のマッサージ。 小児科。 2000; 105:E84。 doi:10.1542 / peds.105.6.e84。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Arikan D、Alp H、Gozum S、Orbak Z、Cifci EK。 幼児疝痛の治療におけるマッサージ、ショ糖溶液、ハーブティーまたは加水分解された処方の有効性。 J Clin Nurs。 2008; 17:1754-1761。 doi:10.1111 / j.1365-2702.2008.02504.x。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Lucassen PL、Assendelft WJ、Gubbels JW、van Eijk JT、van Geldrop WJ、Neven AK。 小児疝痛治療の有効性:系統的レビュー。 BMJ。 1998; 316:1563-1569。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
ギャリソンMM、クリスタキスDA。 乳児疝痛の治療法の系統的レビュー。 小児科。 2000; 106:184-190。 [PubMed]
世界保健機関。 知的障害および行動障害のICD-10分類:臨床的記述および診断ガイドライン。 1992。
フリッツG、ロックニーR、バーネットW、アーノルドV、ビッチマンJ、ベンソンRS。 尿意を伴う小児および青年の評価および治療のための練習パラメータ。 J Am Acad Child Adolesc精神医学。 2004; 43:1540-1550。 doi:10.1097 / 01.chi.0000142196.41215.cc。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Glazener CM、Evans JH、Cheuk DK。 子どもの夜間夜尿症に対する相補的および雑多な介入。 Cochrane Database Syst Rev. 2005。 p。 CD005230。 [PubMed]
Reed WR、Beavers S、Reddy SK、Kern G.カイロプラクティック初発夜尿症管理。 J操作性Physiol Ther。 1994; 17:596-600。 [PubMed]
Leboeuf C、Brown P、Herman A、Leembruggen K、Walton D、Crisp TC。 夜間尿路感染児のカイロプラクティックケア:予期アウトカム研究。 J操作性Physiol Ther。 1991; 14:110-115。 [PubMed]
ニュージーランドの小児科学会。 ベストプラクティスのエビデンスベースのガイドライン:夜間尿路炎。 2005。
スコットランドインターネットワークガイドラインネットワーク。 プライマリケアにおける小児中耳炎の診断と管理。 2003。
Mills MV、Henley CE、Barnes LL、Carreiro JE、Degenhardt BF。 再発性急性中耳炎の小児におけるアジュバント療法としてのオステオパシーによる手技治療の使用。 Arch Pediatr Adolesc Med。 2003; 157:861-866。 doi:10.1001 / archpedi.157.9.861。 [PubMed] [クロスリファレンス]
急性中耳炎の管理に関する小委員会。 急性中耳炎の診断と管理。 小児科 2004; 113:1451-1465。 doi:10.1542 / peds.113.5.1451。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Wahl RA、Aldous MB、Worden KA、Grant KL。 再発性中耳炎の小児におけるEchinacea purpureaおよびosteopathic manipulative treatment:ランダム化比較試験。 BMC補完代替メド。 2008; 8:56。 doi:10.1186 / 1472-6882-8-56。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Chobanian AV、Bakris GL、Black HR、Cushman WC、Green LA、Izzo JL Jr.高血圧の予防、検出、評価、治療に関する共同委員会の第7回報告書:JNC 7レポート。 JAMA。 2003; 289:2560-2572。 doi:10.1001 / jama.289.19.2560。 [PubMed] [クロスリファレンス]
国立健康総合研究所。 高血圧:一次治療における成人の高血圧症の管理。 臨床ケアガイドライン。 2006; 34
Goertz CH、Grimm RH、Svendsen K、Grandits G.代替療法による高血圧の治療(THAT)研究:無作為化臨床試験。 J Hypertens。 2002; 20:2063-2068。 doi:10.1097 / 00004872-200210000-00027。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Yates RG、Lamping DL、Abram NL、Wright C.カイロプラクティック治療が血圧と不安に及ぼす影響:無作為化比較試験。 J操作性Physiol Ther。 1988; 11:484-488。[PubMed]
高血圧患者におけるBakris G、Dickholtz M Sr、Meyer PM、Kravitz G、Avery E、Miller M. Atlas脊椎再編成および動脈圧迫目標の達成:パイロット研究。 J Hum Hypertens。 2007; 21:347-352。 [PubMed]
Lefebvre G、Pinsonneault O、Antao V、​​Black A、Burnett M、Feldman K.原発性月経困難症合意ガイドライン。 J Obstet Gynaecol Can。 2005; 27:1117-1146。 [PubMed]
Proctor ML、Hing W、Johnson TC、Murphy PA。 原発性および続発性月経困難症に対する脊髄操作。 Cochrane Database Syst Rev. 2006; 3:CD002119。 [PubMed]
Boesler D、Warner M、Alpers A、Finnerty EP、Kilmore MA。 低背疼痛を有する被験者における月経中の痙攣時の高速低振幅手技の有効性。 J Am Osteopath Assoc。 1993; 93:203-204。 [PubMed]
Snyder BJ、Sanders GE。 慢性背痛、慢性緊張性頭痛、または原発性月経困難症の被験者に対するカイロプラクティック調整のトフネスシステムの評価。 Chiro Tech。 1996; 8:3-9。
Kokjohn K、Schmid DM、Triano JJ、Brennan PC。 原発性月経困難症の女性の疼痛およびプロスタグランジンレベルに対する脊髄操作の影響。 J操作性Physiol Ther。 1992; 15:279-285。 [PubMed]
トマーソンPR、フィッシャーBL、カーペンターPA。 原発性月経困難症の治療における脊髄手技療法の有効性:パイロット研究。 ジェイ・アンド・フィジカル・セラピューティクス。 1979; 2:140-145。
Hondras MA、Long CR、Brennan PC。 原発性月経困難症の女性のための脊髄操作療法対低力模倣操作:無作為化された、観察者盲検の臨床試験。 疼痛。 1999; 81:105-114。 doi:10.1016 / S0304-3959(99)00004-4。 [PubMed] [クロスリファレンス]
産科医および婦人科医のロイヤルカレッジ。 前症候群の管理。 グリーントップガイドライン 2007; 48
月経前症候群の臨床診断基準と研究のための定量化のためのガイドライン。 Gynecol Endocrinol。 2007; 23:123-130。 doi:10.1080 / 09513590601167969。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Stevinson C、Ernst E.月経前症候群に対する相補的/代替療法:無作為化比較試験の系統的レビュー。 Am J Obstet Gynecol。 2001; 185:227-235。 doi:10.1067 / mob.2001.113643。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Fugh-Berman A、Kronenberg F.生殖年齢の女性の補完代替医療(CAM):ランダム化比較試験のレビュー。 Toxicolを再現。 2003; 17:137-152。 doi:10.1016 / S0890-6238(02)00128-4。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Walsh MJ、Polus BI。 月経前症候群に対するカイロプラクティック療法の有効性に関する無作為化プラセボ対照臨床試験。 J操作性Physiol Ther。 1999; 22:582-585。 doi:10.1016 / S0161-4754(99)70018-7。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Hernandez-Reif M、Martinez A、Field T、Quintero O、Hart S、Burman I。月経前症候群は、マッサージ療法によって軽減されます。 J Psychosom Obstet Gynaecol。 2000; 21:9-15。 doi:10.3109 / 01674820009075603。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Oleson T、Flocco W.耳、手、足のリフレクソロジーで治療した月経前症状の無作為化対照研究。 Obstet Gynecol。 1993; 82:906-911。 [PubMed]
Reventlow SD、Hvas L、Malterud K.目に見えない身体を目に見えるようにする。 骨スキャン、骨粗鬆症および女性の身体経験。 Soc Sci Med。 2006; 62:2720-2731。 doi:10.1016 / j.socscimed.2005.11.009。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Barnett AG、Pols JC van der、Dobson AJ。 平均への回帰:それは何であり、どのように対処するか。 Int J Epidemiol。 2005; 34:215-220。 doi:10.1093 / ije / dyh299。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Kaptchuk TJ。 代替医療におけるプラセボ効果:治癒儀式の成績は臨床的意義を持つことができますか? アンIntern Med。 2002; 136:817-825。 [PubMed]
Sox HC Jr、Margulies I、Sox CH。 心理学的に媒介される診断検査の効果。 アンIntern Med。 1981; 95:680-685。 [PubMed]
Kaptchuk TJ。 強力なプラセボ:無作為化比較試験の暗い側面。 ランセット。 1998; 351:1722-1725。 doi:10.1016 / S0140-6736(97)10111-8。 [PubMed] [クロスリファレンス]
過敏性腸症候群におけるプラセボ効果に及ぼすケリーJM、Lembo AJ、Ablon JS、Villanueva JJ、Conboy LA、Levy R. Patientおよびプラクティショナーの影響。 Psychosom Med。 2009; 71:789-797。 doi:10.1097 / PSY.0b013e3181acee12。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Kaptchuk TJ、Stason WB、Davis RB、Legedza AR、Schnyer RN、Kerr CE。 偽装置v不活性ピル:2つのプラセボ治療のランダム化比較試験。 BMJ。 2006; 332:391-397。 doi:10.1136 / bmj.38726.603310.55。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
カイロプラクティッククリニックにおけるコミュニケーション:DCが患者をどのように治療するか。 カルト・メディス精神医学。 1994; 18:83-113。 doi:10.1007 / BF01384878。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Adler HM、Hammett VB。 医者 - 患者関係が再考されました。 プラセボ効果の分析。 アンIntern Med。 1973; 78:595-598。 [PubMed]
Novack DH。 臨床的遭遇の治療的側面。 J Gen Intern Med。 1987; 2:346-355。 doi:10.1007 / BF02596174。 [PubMed] [クロスリファレンス]
De Vries R、Lemmens T.医学的証拠の社会的および文化的形成:医薬品研究および産科学の事例研究。 Soc Sci Med。 2006; 62:2694-2706。 doi:10.1016 / j.socscimed.2005.11.026。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Verhoef MJ、Lewith G、Ritenbaugh C、Boon H、Fleishman S、Leis A.補完代替医療全システム研究:RCTの不十分さの認識を超えて。 The Medを補う 2005; 13:206-212。 doi:10.1016 / j.ctim.2005.05.001。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Antman K、Lagakos S、Drazen J.新規療法の臨床試験の設計と資金提供。 N Engl J Med。 2001; 344:762-763。 doi:10.1056 / NEJM200103083441010。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Hoffer LJ。 証拠対妥当性:代替がん治療法を評価するための闘争のための関与規則。 CMAJ。 2001; 164:351-353。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
Khalsa PS、Eberhart A、Cotler A、Nahin R.手動療法の生物学に関する2005会議。 J操作性Physiol Ther。 2006; 29:341-346。 doi:10.1016 / j.jmpt.2006.04.002。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Rubinstein SM。 頚部や腰痛のある被験者のカイロプラクティックケア後の有害事象:リスクがリスクを上回るのか? J操作性Physiol Ther。 2008; 31:461-464。 doi:10.1016 / j.jmpt.2008.06.001。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Ernst E.脊髄操作の副作用:系統的レビュー。 JR Soc Med。 2007; 100:330-338。 doi:10.1258 / jrsm.100.7.330。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Rubinstein SM、Peerdeman SM、van Tulder MW、Riphagen I、Haldeman S.子宮頸管動脈解離の危険因子の系統的レビュー。 ストローク。 2005; 36:1575-1580。 doi:10.1161 / 01.STR.0000169919.73219.30。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Michaeli A. Aは、南アフリカでの手技的理学療法後の合併症の発生と性質を報告した。 Aust Physiother。 1993; 39:309-315。 [PubMed]
Haldeman S、Carey P、Townsend M、Papadopoulos C.頸部操作後の動脈解剖:カイロプラクティック経験。 CMAJ。 2001; 165:905-906。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
Cassidy JD、Boyle E、Cote P、He Y、Hogg-Johnson S、シルバーF.脊椎動物脳卒中およびカイロプラクティックケアのリスク:集団ベースの症例対照および症例交叉研究の結果。 脊椎。 2008; 33:S176-S183。 doi:10.1097 / BRS.0b013e3181644600。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Hurwitz EL、Morgenstern H、Vassilaki M、Chiang LM。 カイロプラクティック治療への副作用と、UCLA頚部疼痛研究に参加した患者の満足および臨床結果への影響。 J操作性Physiol Ther。 2004; 27:16-25。 doi:10.1016 / j.jmpt.2003.11.002。[PubMed] [Cross Ref]
Hurwitz EL、Morgenstern H、Vassilaki M、Chiang LM。 UCLA頸部痛検査におけるカイロプラクティックケアに対する有害反応の頻度および臨床予測因子 脊椎。 2005; 30:1477-1484。 doi:10.1097 / 01.brs.0000167821.39373.c1。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Assendelft WJ、Bouter LM、Knipschild PG。 脊椎操作の合併症:文献の包括的なレビュー。 J Fam Pract。 1996; 42:475-480。 [PubMed]
臨床システム改善研究所。 ICSIヘルスケアガイドライン:慢性疼痛の評価と管理。 臨床システム改善のための研究所; 2005。 pp。1-77。
Haldeman S、Rubinstein SM。 腰椎の操作を受けている患者のカイダ・エキナ症候群。 脊椎。 1992; 17:1469-1473。 doi:10.1097 / 00007632-199212000-00005。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Vohra S、Johnston BC、Cramer K、Humphreys K.小児脊髄操作に関連する有害事象:系統的レビュー。 小児科。 2007; 119:e275-e283。 doi:10.1542 / peds.2006-1392。[PubMed] [Cross Ref]
Stevinson C、Honan W、Cooke B、Ernst E.子宮頸椎操作の神経学的合併症。 JR Soc Med。 2001; 94:107-110。 [PMCフリーの記事] [PubMed]
ニッセンSE。 ADHDの薬物および心臓血管のリスク。 N Engl J Med。 2006; 354:1445-1448。 doi:10.1056 / NEJMp068049。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Adams D、Amernic H、Humphreys K.補完代替医療従事者の知識、態度、行動に関する子どもの実態調査。 サンフランシスコ、カリフォルニア州; p。 206。
Moher D、Pham B、Lawson ML、Klassen TP。 体系的なレビューで英語以外の言語で発表されたランダム化試験の報告を含める。 健康技術アセスメント 2003; 7:1-90。[PubMed]
言語的偏見の方向性と影響は、コントロールトライアルのメタアナリシスに向けて:経験的研究。 Int J Epidemiol。 2002; 31:115-123。 doi:10.1093 / ije / 31.1.115。 [PubMed] [クロスリファレンス]
Galandi D、Schwarzer G、Antes G.無作為化比較試験の終焉:ドイツ語の健康管理文献である1948から2004への文献学的研究。 BMC Med Res Methodol。 2006; 6:30。 doi:10.1186 / 1471-2288-6-30。 [PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]
Moher D、Tetzlaff J、Tricco AC、Sampson M、Altman DG。 体系的レビューの疫学と報告特性。 PLoS Med。 2007; 4:e78。 doi:10.1371 / journal.pmed.0040078。[PMCフリー記事] [PubMed] [Cross Ref]