運動の有効性:自動車事故による頸部、股関節、膝の損傷 テキサス州エルパソ
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

運動の有効性:自動車事故による頸部、股関節および膝の損傷

統計的調査結果に基づいて、 米国では、毎年約300万人以上が自動車事故で負傷しています。 実際には、自動車事故は外傷やけがのための最も一般的な原因の一つと考えられています。 むち打ち症などの首のけがは、衝撃の力から頭や首が突然前後に動くために頻繁に発生します。 怪我の同じメカニズムはまた、腰や下肢を含む体の他の部分に軟部組織の傷害を引き起こす可能性があります。 首、腰、太もも、膝の怪我は自動車事故による怪我の一般的な種類です。

抽象

  • 目的: この系統的レビューの目的は、股関節、大腿部、および膝の軟部組織損傷の管理に対する運動の有効性を判断することでした。
  • メソッド: 系統的レビューを行い、1月の1から4月までの全文でMEDLINE、EMBASE、PsycINFO、CINAHL Plus、無作為化対照試験(RCT)を検索し、運動強度が疼痛強度、自覚回復、機能回復、健康関連の生活の質、心理的転帰、および有害事象に及ぼす影響を評価するケースコントロール研究。 無作為の1組の独立したレビューアがタイトルと要約をスクリーニングし、Scottish Intercollegiate Guidelines Network基準を使用してバイアスのリスクを評価した。 最良の証拠合成方法論を使用した。
  • 結果について 私たちは9494の引用をスクリーニングしました。 8つのRCTが批判的に評価され、3はバイアスのリスクが低く、我々の統合に含まれていました。 あるRCTは、膝蓋大腿痛症候群に対する「待機してみる」アプローチよりも、臨床ベースの進行性の複合運動を支持する疼痛および機能の統計的に有意な改善を見出した。 2回目のRCTは、膝蓋大腿痛症候群のための開連鎖運動よりも監視された閉動論的連鎖運動がより大きな症状改善につながる可能性があることを示唆している。 あるRCTは、鼠径部痛が持続する男性アスリートでは、診療所ベースのグループエクササイズがマルチモーダル理学療法よりも効果的であることを示唆しています。
  • 結論: 我々は、下肢の軟部組織損傷の管理のための運動の使用を支持するための限られた質の高い証拠を発見した。 その証拠は、診療所ベースの運動プログラムが膝蓋大腿痛症候群および持続的な鼠径部痛を有する患者に利益をもたらすかもしれないことを示唆している。 より質の高い研究が必要です。 (J Manipulative Physiol Ther 2016; 39:110-120.e1)
  • キーインデックス作成の用語: 膝; 膝のけが ヒップ 股関節のけが 大腿; 太ももの痛み。 運動

下肢の軟部組織損傷は一般的です。 米国では、救急部門に出ているすべての傷害の36%は、下肢の捻挫および/またはひずみです。 オンタリオ州の労働者の間で、承認されたすべての休業時間補償請求の約19%は、下肢の負傷に関連しています。 さらに、交通事故で負傷したサスカチュワン州の成人の27.5%が下肢の痛みを訴えています。 股関節、大腿部、および膝の軟組織損傷は費用がかかり、職場および代償システムに大きな経済的および障害的負担を強いる。 米国労働省統計局によると、12で下肢外傷の平均休業日数は2013日でした。 膝の怪我は、最長の欠勤(中央値、16日)に関連していました。

下肢のほとんどの軟部組織損傷は保守的に管理されており、運動はこれらの損傷の治療に一般的に使用されています。 運動は、一連の運動、ストレッチ、強化、持久力、敏捷性、固有受容運動などの概念を通じて、健康を増進し、関節や周囲の軟組織の正常な機能を回復させることを目的としています。 ただし、下肢の軟部組織損傷を管理するための運動の有効性についての証拠は不明であります。

以前の系統的レビューは、下肢の軟部組織損傷の管理のための運動の有効性を調査した。 レビューは、運動が膝蓋大腿痛症候群および鼠径部損傷の管理には有効であるが膝蓋腱障害には有効でないことを示唆している。 我々の知る限りでは、急性ハムストリング怪我に対する運動の有効性に関する唯一のレビュー報告は、ストレッチ、敏捷性、そして体幹安定性運動を支持する証拠をほとんど見いださなかった。

リハビリ演習を示すトレーナーの画像。

私たちの系統的レビューの目的は、他の介入、プラセボ/偽の介入、または自己評価の回復、機能回復(例:活動、職場、学校への復帰)の改善における介入なしと比較して運動の有効性を調べることでした。股関節、大腿部、および膝の軟部組織損傷を有する患者の転帰(例、疼痛、健康関連の生活の質、鬱病)。

メソッド

登録

このシステマティックレビュープロトコルは、3月に国際システマティックレビュー登録簿に登録されました28、2014(CRD42014009140)。

適格基準

人口。 我々のレビューは成人(≧18年)および/または股関節、大腿部、または膝の軟部組織損傷を有する子供の研究を対象とした。 軟部組織損傷には、グレードI〜IIの捻挫/ひずみが含まれますが、これらに限定されません。 腱炎 腱障害 腱炎 膝蓋大腿痛(症候群)。 腸間膜バンド症候群。 非特異的な股関節、大腿部、または膝の痛み(主要な病理学を除く)。 利用可能な証拠によって知らされているような、その他の軟組織の損傷。 私達はアメリカの整形外科医院によって提案された分類に従って捻挫および緊張の等級を定義した(表1および2)。 股関節の罹患軟部組織には、支持靭帯および股関節を横切って大腿部に入る筋肉(ハムストリングス、大腿四頭筋、および内転筋群を含む)が含まれます。 膝の軟組織は、膝蓋腱を含む大腿部から膝関節を横切る支持関節内および関節外靭帯ならびに筋肉を含む。 グレードIIIの捻挫またはひずみ、寛骨臼の裂傷、半月板の裂傷、変形性関節症、骨折、脱臼、および全身性疾患(例、感染症、新生物、炎症性疾患)の研究は除外した。

表1捻挫のケース定義

表2株のケース定義

介入。 我々は我々のレビューを運動の孤立した効果をテストした研究に限定した(すなわち、多モードケアプログラムの一部ではない)。 運動は、日常的な練習による身体の訓練または発達を目的とした一連の運動、または良好な身体的健康を促進するための身体的訓練と定義しました。

比較グループ 1以上の運動介入を互いに、または1つの運動介入を他の介入、待機リスト、プラセボ/偽介入、または介入なしと比較した研究を含めた。

成果。 適格であるために、研究は以下の結果のうちの1つを含まなければなりませんでした:(1)自己評価された回復。 (2)機能回復(例:障害、活動への復帰、職場、学校、またはスポーツ) (3)痛みの強さ。 (4)健康に関連した生活の質。 (5)うつ病や恐怖などの心理的転帰。 そして(6)有害事象。

研究の特徴 適格な研究は以下の基準を満たした。(1)英語。 1月の2、1と4月の1990、8の間に発表された(2015)研究。 (3)無作為化比較試験(RCT)、コホート研究、または介入の有効性と安全性を評価するために設計された症例対照研究。 (4)は、RCTの特定の条件を有する治療群ごとに最低限の30参加者、またはコホート研究または症例対照研究における特定の条件を持つグループごとに100参加者の開始コホートを含んでいた。 股関節、大腿部、または膝の他のグレードの捻挫またはひずみを含む研究では、含まれるグレードIまたはIIの捻挫/ひずみを持つ参加者に対して別々の結果を提供する必要がありました。

次のような特徴を持つ研究は除外した。(1)手紙、社説、論評、未発表の原稿、学位論文、政府報告書、書籍および本の章、会議の議事録、会議の要旨、講演および演説、合意形成の陳述、またはガイドラインの陳述。 予備研究、横断研究、症例報告、症例シリーズ、質的研究、ナラティブレビュー、システマティックレビュー(メタアナリシスありまたはなし)、臨床診療ガイドライン、生体力学的研究、実験室研究、および研究ではない研究を含む(2)研究デザイン方法論に関する報告 (3)死体または動物研究。 (4)重症外傷患者(例、グレードIIIの捻挫/ひずみ、骨折、脱臼、完全破裂、感染症、悪性腫瘍、変形性関節症、全身性疾患)に関する研究。

情報源

私たちは健康科学の司書(付録1)を使って私たちの検索戦略を開発しました。 電子検索戦略のピアレビュー(PRESS)チェックリストは、完全性と正確性について検索戦略をレビューするために2人目の司書によって使用されました。 主要な生物医学データベースであると考えられているMEDLINEとEMBASE、そしてPvycINFOはOvid Technologies、Incを通して心理学的文献を検索した。 フルテキスト付きのCINAHL Plusは、EBSCOhostを介した看護および関連医療文献のためのものです。 他のデータベースで捕らえられなかった研究については、Ovid Technologies、IncによるCochrane Central Controlled of Controlled試験。 検索戦略は最初にMEDLINEで開発され、その後他の書誌データベースに適応されました。 我々の検索戦略は、各データベースに関連する統制語彙(例えば、MEDLINEのためのMeSH)と、グレードIからIIの捻挫またはひずみの損傷を含む運動および股関節、太もも、または膝の軟部組織損傷に関連するテキストワード(付録1)を組み合わせた。 その他の関連研究については、過去の系統的レビューの参考文献リストを手で検索した。

研究の選択

適格な研究を選択するために2相スクリーニングプロセスを使用した。 独立したレビューアのランダムなペアが引用タイトルと抄録をスクリーニングして、フェーズ1での研究の適格性を判断した。 スクリーニングの結果、研究は関連性がある、関連性がある、または関連性がないと分類されました。 フェーズ2では、同じペアのレビューアが独自に適格性を判断するために関連性のあると思われる研究をスクリーニングした。 レビューアは、研究の適格性について合意に達し、意見の相違を解決するために集まった。 合意に達することができない場合は、3人目のレビューアが使用された。

パーソナルトレーナーとリハビリ演習をしている高齢の患者の画像。

バイアスリスクの評価

独立したレビューアは、スコットランドの大学間ガイドラインネットワーク(SIGN)基準を使用して、適格な研究の内部的妥当性を批判的に評価するためにランダムにペアになった。 選択バイアス、情報バイアス、および交絡が研究結果に与える影響は、SIGN基準を用いて定性的に評価された。 これらの基準は、研究の内部的妥当性に関して十分な情報に基づいた判断を下す際にレビュー担当者をガイドするために使用されました。 この方法論は以前に記載されている。 このレビューでは、試験の内部的妥当性を判断するための定量的スコアまたはカットオフポイントは使用されていません。

RCTのSIGN基準は、以下の方法論的側面を批判的に評価するために使用された:(1)研究課題の明確化、(2)無作為化方法、(3)治療配分の隠蔽、(4)治療の盲検および結果(5)治療群間のベースライン特性の類似性、(6)共介入汚染、(7)結果測定の妥当性および信頼性、(8)追跡率、(9)意図的治療原則による分析、および(10) (該当する場合)研究サイト間での結果の比較可能性 レビューアのディスカッションを通じて合意に達しました。 意見の相違は、合意に達することができなかったときに独立した第三のレビューアによって解決された。 それぞれの評価された研究のバイアスのリスクはまた、上級疫学者(PC)によってレビューされました。 重要な鑑定を完了するために追加の情報が必要とされたときに著者に連絡した。 我々の証拠合成には、偏りのリスクが低い研究のみが含まれていた。

データ抽出と結果の合成

証拠表を作成するためにバイアスのリスクが低い研究(DS)からデータを抽出した。 2人目のレビューアが抽出したデータを独自に確認しました。 条件の期間(最近の発症[0-3月]、持続的な[N3月]、または変動期間[最近の発症と持続的な組み合わせ])に基づいて結果を層別化した。

我々は標準的な測定法を用いて、共通の結果測定法について各試験で報告された変化の臨床的重要性を判断した。 これらには、数値評価尺度(NRS)上の2 / 10点の群間差、ビジュアルアナログ尺度(VAS)上の2 / 10 cm差、およびKujala Patellofemoral尺度上の10 / 100点差があります。前膝痛スケール

統計分析

査読者間の記事のスクリーニングに関する合意は、κ統計および95%信頼区間(CI)を使用して計算および報告されました。 入手可能であれば、相対リスク(RR)とその95%CIを計算することによって、テストで得られた介入と結果の間の関連性を測定するために、研究で提供されたデータを使用しました。 同様に、介入の有効性を定量化するために、グループ間の平均変化と95%CIの差を計算しました。 95%CIの計算は、ベースラインと追跡調査の結果が高度に相関しているという仮定に基づいていた(r = 0.80)。

レポート作成

この系統的レビューは、系統的レビューの優先報告項目およびメタアナリシスの声明に基づいて編成および報告されました。

アレックス・ヒメネスの洞察

カイロプラクティックの医者として、自動車事故によるけがは、人々がカイロプラクティック治療を求める最も一般的な理由の1つです。 むち打ち症などの首の怪我から頭痛や背中の痛みまで、カイロプラクティックは安全かつ効果的に自動車事故後の脊椎の健全性を回復するために利用することができます。 私自身のようなカイロプラクターは、多くの場合、自動事故によるけがに起因するあらゆる脊椎の不整合を矯正するために、脊椎調整と手動操作、およびその他のさまざまな非侵襲的治療法の組み合わせを使用します。 むち打ち症および他の種類の頸部損傷は、衝撃の力による頭および頸部の突然の前後運動のために、頸椎に沿った複雑な構造がそれらの自然な運動範囲を超えて伸びるときに起こる。 自動車事故の結果として、特に腰椎の背中の怪我もよく見られます。 腰椎に沿った複雑な構造が損傷を受けたり怪我をしたりすると、坐骨神経痛の症状は腰から臀部、腰、太もも、脚、そして足の中へと広がります。 自動車事故の際の衝撃で膝の怪我をすることもあります。 運動はカイロプラクティックケアと共に頻繁に使用され、回復を促進し、強度、柔軟性、および運動性を改善します。 身体の健全性をさらに回復させるために、リハビリテーション運動が患者に提供されます。 以下の研究は、非侵襲的治療法の選択肢と比較して、運動が自動車事故による首や下肢の損傷を患っている個人にとって安全で効果的な治療法であることを示しています。

成果

研究の選択

タイトルと要約に基づいて9494の引用を選別しました(図1)。 そのうち、60の全文出版物が上映され、9の記事が批判的に評価されました。 全文スクリーニング中の不適格性の主な理由は、(1)不適格な試験デザイン、(2)小サンプルサイズ(nb 30 /治療群)、(3)運動の有効性の分離を可能にしない多モード介入、(4)不適格試験人口、および(5)介入が我々の運動の定義を満たしていない(図1)。 批判的に評価されたもののうち、3研究(4の記事で報告されている)はバイアスのリスクが低く、我々の総合に含まれていました。 記事のスクリーニングに関する評価者間の合意はκ= 0.82(95%CI、0.69-0.95)です。 試験の批判的評価についての一致率は75%(6 / 8試験)でした。 意見の相違は、2研究に関する議論を通して解決されました。 批判的評価中に5研究の著者に連絡して追加情報を要求し、3が回答した。

図1フローチャート

研究特性

バイアスのリスクが低い研究はRCTでした。 オランダで実施されたある研究では、期間が可変の膝蓋大腿痛症候群の参加者における「待ち合わせ」アプローチと比較して、標準化された運動プログラムの有効性を調べた。 2の記事に報告されている結果を伴う2番目の研究は、ベルギーの可変期間膝蓋大腿痛症候群の個体における閉鎖対開放動的連鎖運動の利益を比較した。 デンマークで行われた最後の研究では、持続的な内転筋関連の鼠径部疼痛の管理のためのマルチモーダル理学療法介入と比較した積極的な訓練について調べた。

2つのRCTが、下肢に対する強化運動とバランストレーニングまたは敏捷性トレーニングを組み合わせた運動プログラムを使用した。 具体的には、強化運動は、膝蓋骨大腿骨疼痛の管理のための大腿四頭筋、股関節内転筋、および臀筋、ならびに内転筋関連の鼠径部疼痛のための体幹および骨盤の筋肉の等尺性収縮と同心性収縮の両方からなる。 エクササイズプログラムは期間が46から646週間の範囲であり、追加の毎日のホームエクササイズで監督された診療所でした。 エクササイズプログラムは、「待つと見て」アプローチまたはマルチモーダル理学療法と比較されました。 3回目のRCTでは、下肢の筋肉組織に対して、クローズドまたはオープンのキネティックチェーン強化およびストレッチ運動を組み合わせた1243の異なる2週プロトコルを比較した。

患者集団、介入、比較者、および転帰に関して受け入れられている研究の多様性のために、メタ分析は行われなかった。 最善の証拠合成の原則は、証拠の記述を作成し、バイアスのリスクが低い研究からの知見の定性的な合成を実行するために使用された。

研究内のバイアスのリスク

バイアスのリスクが低い研究では、明確に定義された研究問題があり、可能な場合は適切な盲検法を使用し、治療群間のベースライン特性の適切な類似性を報告し、適切な場合は治療意図解析を実施した(表3)。 RCTの追跡率は85%を超えていました。 しかしながら、これらの研究には方法論的な限界もありました:配分隠蔽のための方法を記述する不十分な詳細記述(1 / 3)、無作為化の方法を記述する不十分な詳細記述(1 / 3)、有効または信頼できることが実証されていない結果尺度の使用すなわち、筋肉の長さと治療の成功)(2 / 3)、およびベースライン特性における臨床的に重要な違い(1 / 3)。

表3 SIGN基準に基づく承認された無作為化対照試験のバイアスのリスク

9関連記事のうち、5は偏見のリスクが高いと見なされました。 これらの研究には以下の制限があった:(1)不良または未知のランダム化方法(3 / 5)。 (2)不良または未知の割り当て隠蔽方法(5 / 5)。 (3)結果評価者は盲検ではない(4 / 5)。 (4)ベースライン特性における臨床的に重要な違い(3 / 5)。 (5)ドロップアウトが報告されていない、グループごとのドロップアウトに関する不十分な情報、または治療群間のドロップアウト率の大きな差(N15%)(3 / 5)。 (6)治療を意図した分析に関する情報がない、または分析がない(5 / 5)。

証拠のまとめ

可変期間の膝蓋大腿痛症候群 1 RCTからの証拠は、診療所ベースの漸進的運動プログラムが様々な期間の膝蓋大腿痛症候群の管理のための通常のケアよりも短期および長期の利益を提供するかもしれないことを示唆している。 van Linschotenらは、2月から2年までの膝蓋大腿痛症候群の臨床診断を行う参加者を、進行性、静的、および動的強化運動からなる臨床ベースの運動プログラム(1週にわたる訪問)に無作為化した。大腿四頭筋、内転筋、臀筋、バランスと柔軟性のある運動、または(9)通常の「待機して見る」アプローチ。 両グループとも、オランダの一般開業医ガイドライン(表6)の推奨に基づいて、大腿四頭筋に関する標準化された情報、アドバイス、および家庭での等尺性演習を受けました。 2月での​​安静時の(4)疼痛(NRS)の運動群を支持する統計的に有意な差(平均変化差1 / CI、3-1.1)および10月(平均変化差95 / 0.2 [ 1.9%CI、6-1.3]); 10月(平均変化差95 / 0.4 [2.2 - 2])および3月(平均変化差1.0 / 10 [95%CI、0.1 - 1.9])での活動による(6)疼痛(NRS); 1.2月における(10)関数(Kujala Patellofemoral Scale [KPS])(平均変化差95 / 0.2 [2.2%CI、3-3])。 しかし、これらの違いのどれも臨床的に重要ではありませんでした。 さらに、回復を報告した(完全に回復した、強く回復した)参加者の割合に有意差はありませんでしたが、エクササイズグループは4.9ヶ月の追跡調査で改善を報告する可能性が高かった(オッズ比[OR]、100 [95%] CI、XNUMX − XNUMX])。

リハビリ演習を行っている患者の画像。

2回目のRCTからの証拠は、理学療法士による監修された閉鎖運動連鎖脚運動(足が表面と絶えず接触している場合)が、一部の膝蓋大腿骨の過敏な開放運動連鎖運動(四肢が自由に動く)と比較して短期的な利益をもたらすことを示唆する疼痛症候群の症状(表4) 参加者全員が30から45分、3週は週に5回トレーニングしました。 両グループは各訓練セッションの後に静的下肢ストレッチを行うように指示された。 クローズドチェーン運動に無作為化されたものは、監督された(1)脚プレス、(2)定常バイキング、(3)ローイング、(4)ステップアップおよびステップダウン運動、および(5)プログレッシブジャンプ運動を実施した。 オープンチェーンエクササイズの参加者は、(6)最大四半筋収縮、(1)直脚上昇、(2)3°から完全膝伸展までの短い弧の動き、および(10)脚内転を行いました。 効果の大きさは報告されていないが、著者らは(X = NUM​​X)ロックの頻度(P =。X NUM X)、クリック感覚(P =。X NUM X)、(X NUM X)に対する4月での​​閉運動連鎖運動を支持する統計的有意差を報告した。等速性試験による疼痛(P = .3)、および夜間の疼痛(1)(P = .03)。 これらの結果の臨床的意義は不明です。 フォローアップ期間中、他の疼痛または機能的測定に関して、群間に統計的に有意な差はなかった。

表4股関節、大腿部、または膝の軟部組織損傷に対する運動の有効性に関する承認された無作為化対照試験の証拠表

表4股関節、大腿部、または膝の軟部組織損傷に対する運動の有効性に関する承認された無作為化対照試験の証拠表

持続的な内転筋関連の鼠径部痛

1 RCTからの証拠は、持続的な内転筋関連の鼠径部疼痛に対する診療所ベースのグループエクササイズプログラムは、マルチモーダルケアプログラムよりも効果的であることを示唆している。 Hölmichらは、骨盤炎の有無にかかわらず、2月期間(中央値期間、38-41週;範囲、14-572週)を超える内転筋関連鼠径部疼痛の臨床診断を受けたオスの運動選手のグループを研究した。 参加者は、内転筋、体幹、および骨盤に対する等尺性および同心円状の抵抗強化運動からなる(1)診療所ベースの集団運動プログラム(3-8週に対して週12セッション)に無作為化された。 下肢のためのバランスと敏捷性運動。 腹部、背中、および下肢(内転筋を除く)または(2)レーザーからなるマルチモーダル理学療法プログラム(2-8週のための訪問)のためのストレッチ。 横摩擦 マッサージ; 経皮電気神経刺激(TENS)。 そして、内転筋、ハムストリングス、および股関節屈筋のための伸張(表4)。 介入の4ヵ月後、運動グループは彼らの状態が「もっと良くなった」と報告する可能性がより高かった(RR、1.7 [95%CI、1.0-2.8])。

有害事象

含まれた研究のどれも有害事象の頻度か性質についてコメントしなかった。

議論

証拠のまとめ

我々の系統的レビューは、腰、大腿部、または膝の軟部組織損傷の管理のための運動の有効性を調べた。 1 RCTからの証拠は、診療所ベースの漸進的複合運動プログラムは、持続期間の膝蓋大腿骨痛症候群の管理のための情報および助言を提供することと比較して、追加の短期または長期の利益を提供し得ることを示唆する。 監督された閉鎖運動連鎖運動は、開放運動連鎖運動と比較して、膝蓋大腿痛症候群のいくつかの症状に有益であり得るという証拠もある。 内転筋関連の鼠径部痛が持続する場合、1 RCTからの証拠は、診療所ベースのグループエクササイズプログラムがマルチモーダルケアプログラムよりも効果的であることを示唆しています。 運動処方の一般的かつ頻繁な使用にもかかわらず、下肢の軟部組織損傷の管理のための運動の使用を知らせるための限られた高品質の証拠があります。 具体的には、膝蓋骨腱障害、ハムストリング捻挫および緊張障害、ハムストリング腱障害、転子嚢炎、または股関節の嚢胞障害を含む、より一般的に診断される状態の管理のための運動に関する質の高い研究は見つかりませんでした。

患者へのリハビリ演習を示すDr. Jimenezの画像。

前のシステマティックレビュー

我々の結果は、運動が膝蓋大腿痛症候群および鼠径部痛の管理に有効であると結論する、以前の系統的レビューからの発見と一致している。 ただし、膝蓋腱炎および急性ハムストリング怪我の管理のための運動の使用を検討する以前の系統的レビューの結果は決定的ではありません。 あるレビューでは、偏心トレーニングの使用に関する強力な証拠が指摘されているが、他のエクササイズは、他の形態のエクササイズと比較して腱障害に有益であるかどうかの不確実性が報告されている。 さらに、ストレッチ、敏捷性および体幹安定性の訓練、または急性ハムストリング怪我の管理のためのスランプストレッチによるプラスの効果の限られた証拠があります。 系統的レビューと我々の研究で許容されると考えられる限られた数の研究との間の結論の相違は、方法論の相違に起因するかもしれない。 我々は以前の系統的レビューの参考文献リストをスクリーニングし、そしてレビューに含まれるほとんどの研究は我々の選択基準を満たしていなかった。 他のレビューで受け入れられている多くの研究では、サンプルサイズが小さかった(治療群あたりb30)。 これにより、エフェクトサイズの精度も低下しながら、残留交絡のリスクが高まります。 さらに、いくつかの系統的レビューにはケースシリーズとケーススタディが含まれていました。 この種の研究は介入の有効性を評価するようには設計されていません。 最後に、以前のレビューでは、運動がマルチモーダル介入の一部であり、その結果、運動による単独の影響を確認できなかった研究が含まれていました。 我々の選択基準を満足させた研究のうち、全てが我々のレビューにおいて批判的に評価され、そして3だけがバイアスの低いリスクを持ちそして我々の合成に含まれた。

強み

私たちのレビューには多くの長所があります。 まず、2人目の司書が独自に検討した厳密な検索戦略を開発しました。 次に、関連性があると思われる研究を選択するための明確な包含基準と除外基準を定義し、適切なサンプルサイズの研究のみを検討しました。 第三に、訓練を受けた査読者のペアがスクリーニングを行い、適格な研究を批判的に評価した。 第四に、我々は研究を批判的に評価するために有効な一連の基準(SIGN)を使用した。 最後に、我々は合成を偏りのリスクが低い研究に限定した。

将来の研究に対する制限と勧告

私たちのレビューにも制限があります。 まず、私たちの検索は英語で発表された研究に限定されていました。 しかし、以前のレビューでは、系統的レビューを英語研究に限定しても報告された結果に偏りが生じていないことがわかっています。 第二に、股関節、大腿部、または膝の軟部組織損傷についての私達の広い定義にもかかわらず、私達の検索戦略は全ての潜在的に関連のある研究を捉えていないかもしれません。 第三に、私たちのレビューは1990の前に発表された潜在的に関連のある研究を見逃したかもしれません。 これまでの系統的レビューの参照リストを手作業で検索して、これを最小限に抑えることを目的としました。 最後に、批判的評価には査読者間で異なる可能性のある科学的判断が必要です。 我々は、SIGNツールの使用と研究の許容性を決定するための合意プロセスを使用することでレビューアを訓練することによって、この潜在的な偏りを最小限にしました。 全体的に見て、我々の系統的レビューはこの分野における強力な研究の欠陥を強調しています。

下肢軟部組織損傷の管理のための運動の有効性に関する質の高い研究が必要とされている。 我々のレビュー(63%)に含まれているほとんどの研究はバイアスの危険性が高く、我々の総合に含めることはできませんでした。 我々のレビューは文学における重要なギャップを確認した。 具体的には、運動の具体的な効果、それらの長期的な効果、および最適な介入量を知るための研究が必要です。 さらに、さまざまな種類の運動プログラムの相対的な有効性、および有効性が股関節、大腿部、および膝の軟部組織損傷で異なるかどうかを判断するための研究が必要です。

結論

股関節、大腿部、および膝の軟部組織損傷の管理のための運動の使用を知らせるための限られた質の高い証拠があります。 現在の証拠は、膝蓋大腿痛症候群の管理のための安静時および疼痛誘発活動の回避に関する情報および助言に加えられた場合、診療所ベースの進行型複合運動プログラムが回復の改善につながる可能性があることを示唆している。 内転筋関連の鼠径部痛が持続している場合は、回復を促進するうえで、診療所を基盤としたグループエクササイズによる運動プログラムのほうが、マルチモーダルケアより効果的です。

資金調達源と利益相反の可能性

この調査は、オンタリオ州財務省およびオンタリオ州金融サービス委員会(RFP番号OSS_00267175)によって資金提供されました。 資金提供機関は、データの収集、データ分析、データの解釈、または原稿の作成に関与していませんでした。 この研究は、カナダ研究委員会プログラムからの助成金のおかげで部分的に行われました。 PierreCôtéは以前、オンタリオ州財務省から助成金を受けていました。 カナダのカイロプラクティック保護協会のためのコンサルティング。 国立司法研究所およびケベックソシエテデメデシン専門家のためのスピーチおよび/または指導の取り決め。 旅行/旅行、ヨーロッパ脊椎協会。 European Spine Societyの理事会。 助成金:アビバカナダ。 カナダ研究委員会プログラム - カナダ衛生研究所研究員。 この研究に関して他の利益相反は報告されていません。

貢献者情報

  • コンセプト開発(研究のためのアイデア提供):DS、CB、PC、JW、HY、SV
  • 設計(結果を生成する方法を計画しました):DS、CB、PC、HS、JW、HY、SV
  • 監督(監督の提供、組織と実施の責任、原稿の執筆):DS、PC
  • データ収集/処理(実験、患者管理、組織、または報告データを担当):DS、CB、HS、JW、DeS、RG、HY、KR、JC、KD、PC、PS、RM、SD、SV
  • 分析/解釈(統計分析、評価、結果の提示を担当):DS、CB、PC、HS、MS、KR、LC
  • 文献検索(文献検索を行った):ATV
  • 書くこと(原稿の実質的な部分を書く責任がある):DS、CB、PC、HS
  • 批評的レビュー(知的内容の改訂原稿、これはつづりや文法チェックには関係ありません):DS、PC、HS、JW、DeS、RG、MS、ATV、HY、KR、JC、KD、LC、PS、SD、 RM、SV

実用化

  • 診療所ベースの運動が膝蓋大腿痛症候群または内転筋関連の鼠径部疼痛を有する患者に有益であるかもしれないことを示唆する証拠があります。
  • 監督された漸進的な運動は、情報/助言と比較して、持続時間が異なる膝蓋大腿骨痛症候群に有益であるかもしれません。
  • 傍大腿骨痛症候群のいくつかの症状については、監督された閉鎖運動連鎖運動は、開放運動連鎖運動と比較してより多くの利益をもたらす可能性がある。
  • 持続的な鼠径部疼痛における自己評価された改善は、マルチモーダル理学療法と比較して、診療所ベースのグループエクササイズプログラムの後の方が高い。

非侵襲的介入は首の痛みに伴う頭痛の管理に有効か?

また、 他の非侵襲的介入、ならびに非薬理学的介入もまた、自動車事故によって引き起こされるむち打ち症などの首の痛みおよび首の負傷に関連する頭痛の症状を治療するのを助けるために一般的に利用されている。 前述のように、むち打ち症は自動車事故による首のけがの最も一般的なタイプの1つです。 以下の研究によると、カイロプラクティックケア、理学療法および運動は、首の痛みの症状を改善するために使用することができます。

抽象

目的

2000-2010骨と関節の10年間のタスクフォースとその関連疾患に関する所見を更新し、首の痛みを伴う頭痛患者の管理のための非侵襲的および非薬理学的介入の有効性を評価する。タイプ、子宮頸管性、またはむち打ち症の頭痛)

メソッド

1990から2015までの5つのデータベースで、ランダム化比較試験(RCT)、コホート研究、および非侵襲的介入を他の介入と比較した症例対照研究、プラセボ/偽手術、または介入なしを検索しました。 無作為に選ばれた1組の独立したレビューアが、スコットランド大学対比ガイドラインネットワークの基準を用いて適格な研究を批判的に評価し、科学的許容性を決定した。 バイアスのリスクが低い研究は、最良の証拠合成原則に従って合成された。

成果

我々は17,236引用をスクリーニングし、15研究は適切であり、そして10はバイアスの危険性が低かった。 証拠は、一時的な緊張型頭痛が低負荷持久頭頸部と子宮頸管演習で管理されるべきであることを示唆しています。 慢性的な緊張型頭痛を持つ患者も、低負荷の持久力の頭頸部および子宮頸管運動から恩恵を受けることができます。 ストレス対処療法によるリラクゼーショントレーニング。 または脊髄動員、頭頸部の運動、および体位矯正を含むマルチモーダルケア。 子宮頸管症の頭痛のために、低負荷耐久性の頭頸部と頸部の演習。 また、頸椎や胸椎への手動療法(動員を伴うまたは伴わない操作)も有用かもしれません。

インパクトの小さいリハビリ演習に参加している老夫婦の画像。

結論

首の痛みに伴う頭痛の管理には運動を含めるべきです。 慢性的な緊張型頭痛を患っている患者は、ストレス対処療法やマルチモーダルケアによるリラクゼーショントレーニングからも恩恵を受ける可能性があります。 子宮頸管性頭痛の患者さんも、一連の手動療法から恩恵を受ける可能性があります。

キーワード

非侵襲的介入、緊張型頭痛、頸部性頭痛、むち打ち症による頭痛、系統的レビュー

ノート

謝辞

Robert Brison、Poonam Cardoso、J。David Cassidy、Douglas Gross、Murray Krahn、Michel Lacerte、Gail Lindsay、Patrick Loisel、Mikeの3人に感謝します。 Paulden、Roger Salhany、John Stapleton、Angela Verven、およびLeslie Verville。 また、オンタリオ工科大学のTrish Johns-Wilson氏による検索戦略のレビューにも感謝します。

倫理基準の遵守

利害の衝突

PierreCôté博士は、オンタリオ州政府、財務省、カナダ研究委員会プログラムからの助成金、国立司法研究所からの講義費用、および欧州脊椎学会からの個人指導料を受けています。 博士 Silvano MiorとMargareta Nordinは、研究のための会議に出席するための旅費の払い戻しを受けています。 残りの作者は興味のある宣言を報告していません。

資金調達

この作業は、オンタリオ州財務省およびオンタリオ州金融サービス委員会[RFP#OSS_00267175]によって支援されました。 資金提供機関は、研究デザイン、収集、分析、データの解釈、原稿の執筆または出版のための原稿の提出の決定に関与していませんでした。 この研究の一部は、カナダ研究委員会プログラムから、オンタリオ大学工科大学の障害予防とリハビリテーションに関するカナダ研究委員長のPierreCôt博士への資金提供のおかげで行われました。

結論として、 カイロプラクティックケアやその他の非侵襲的介入に含まれる運動は、頸部損傷、ならびに股関節、大腿部および膝の損傷の症状をさらに改善するのを助けるために治療の重要な部分として利用されるべきです。 上記の研究によると、運動、または身体活動は、自動車事故による怪我をしている患者の回復時間を短縮し、脊椎の影響を受けた構造の強度、柔軟性、および可動性を回復するのに役立ちます。 国立バイオテクノロジー情報センター(NCBI)から参照される情報。 私たちの情報の範囲は、カイロプラクティックだけでなく、脊髄損傷や症状に限定されています。 主題について議論するために、Jimenez博士に尋ねるか、または私達に連絡すること自由に感じなさい 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

1 ランバーK、オーツD、リングD。より低い患者の発生率
によって米国の救急部門に提示する四肢の負傷
解剖学的領域、疾患のカテゴリ、および年齢。 クリンオルソップリレ
Res 2012;470(1):284-90.
2 職場安全保険委員会。 数字で:2014
WSIB統計レポート 傷害プロファイル - スケジュール1。 歴史的な
身体障害の主要部分に関する補足データ。
[6月に引用された22、2015]。 http:// wwwから入手できます。
wsibstatistics.ca/en/s1injury/s1part-of-body/ 2014。
3 Hincapie CA、Cassidy JD、CôteP、Carroll LJ、Guzman J
むち打ち症は頸部痛以上のもの:人口ベース
交通外傷後の痛みの局在に関する研究 J Occup Environ
Med 2010;52(4):434-40.
4 米国労働省労働統計局。 致命的でない
職業上の怪我や病気
作業。 表5 ワシントンDC 2014 [6月の22、2015]。
http://www.bls.gov/news.release/archives/から入手できます。
osh2_12162014.pdf 2013。
5 ニュージーランドガイドライン開発グループ。 診断と
軟部組織膝損傷の管理:内部の障害。
エビデンスベースのベストプラクティスガイドライン。 ウェリントン:事故
補償会社 2003 [[6月の22、2015]]; 利用可能
投稿者:http://www.acc.co.nz/PRD_EXT_CSMP/groups/
external_communications / documents / guide / wcmz002488.pdf]。
6 Bizzini M、チャールズJD、Piva SR、Delitto A.の系統的レビュー
膝蓋大腿痛に対するランダム化比較試験の質
症候群。 J Orthop Sports Physr Ther 2003; 33(1):4-20。
7 Crossley K、Bennell K、Green S、McConnell J.システマティック
膝蓋大腿痛に対する身体的介入のレビュー
症候群。 Clin Jスポーツメッド2001; 11(2):103-10。
8 Harvie D、O'Leary T、Kumar S.の系統的レビュー
運動パラメータに関するランダム化比較試験
膝蓋大腿痛の治療:何が効果的ですか? Jマルチディスク
Healthc 2011; 4:383-92。
9 Lepley AS、グリブルPA、Pietrosimone BG。 筋電図の効果
大腿四頭筋の強度に対するバイオフィードバック:系統的
レビュー J Strength Cond Res XNUMX; XNUMX(XNUMX):XNUMX − XNUMX。
10 ピーターズJS、タイソンNL。 近位の運動は治療に効果的です
膝蓋大腿痛症候群:系統的レビュー Int J Sports
Phys Ther 2013;8(5):689-700.
11 Wasielewski NJ、Parker TM、Kotsko KM。 の評価
大腿四頭筋の筋電図バイオフィードバック:
系統的レビュー。 Jアスルトレイン2011; 46(5):543-54。
12 Kristensen J、Franklyn-Miller A.筋骨格系におけるレジスタンストレーニング
リハビリテーション系統的レビュー Br Jスポーツメッド
2012;46(10):719-26.
13 Larsson ME、Kall I、Nilsson-HelanderK。膝蓋骨の治療
腱障害 - 無作為化対照の系統的レビュー
裁判 膝サージスポーツTraumatol Arthrosc 2012; 20(8):1632-46。
14 Malliaras P、Barton CJ、Reeves ND、Langberg H. Achilles、
膝蓋腱障害負荷プログラム:系統的レビュー
臨床転帰の比較と潜在的メカニズムの特定
効果のために。 スポーツメッド2013; 43(4):267-86。
15 Wasielewski NJ、KotskoKM。 偏心運動は痛みを軽減しますか
症状のある身体的に活動的な成人の体力と筋力の向上
下肢腱炎? 系統的レビュー Jアスルトレイン
2007;42(3):409-21.
16 Reurink G、Goudswaard GJ、Tol JL、Verhaar JA、Weir A、Moen
MH。 急性ハムストリング怪我に対する治療的介入:
系統的レビュー。 Br Jスポーツメッド2012; 46(2):103-9。
17 整形外科医のアメリカアカデミー。 捻挫、株、
そして他の軟部組織の傷害。 [7月に更新された2007 3月の11、
2013]; http://orthoinfo.aaos.org/topic.cfm?topic=から入手できます。
A00304 2007
18 Abenhaim L、Rossignol M、Valat JP他。 における活動の役割
背中の痛みの治療的管理。 の報告
腰痛に関する国際パリタスクフォース。 背骨2000。
25(4 Suppl):1S-33S。
19 マクゴワンJ、サンプソンM、ルフェーブルC
電子検索戦略のピアレビューのためのチェックリスト
(プレスEBC)。 EvidベースのライブラリInf Practice 2010; 5(1):149-54。
20 サンプソンM、マクゴワンJ、コゴE、グリムショーJ、モハーD、
Lefebvre C.ピアのためのエビデンスに基づく実践ガイドライン
電子検索戦略のレビュー。 J Clin Epidemiol 2009;
62(9):944-52。
21 Almeida MO、Silva BN、Andriolo RB、Atallah AN、Peccin MS。
運動関連の筋腱炎を治療するための保守的介入
靱帯および骨鼠径部の痛み。 コクラン
データベースSyst Rev 2013; 6:CD009565。
22 エリスR、興W、リードD.腸骨頸部摩擦症候群 -
系統的レビュー。 マンサー2007; 12(3):200-8。
23 Machotka Z、Kumar S、Perraton LG。 の系統的レビュー
鼠径部疼痛に対する運動療法の有効性に関する文献
運動選手。 SportsMed ArthroscリハビリTher Technol 2009; 1(1):5。
24 Moksnes H、Engebretsen L、Risberg MA。 現在の証拠
子供のACL損傷の治療のための低いです:系統的
レビュー J骨関節外科手術2012; 94(12):1112-9。
25 Harbour R、Miller J.グレーディング推奨のための新しいシステム
証拠に基づくガイドラインで。 BMJ 2001、323(7308):
334-6。
26 キャロルLJ、キャシディJD、Peloso PM、Garritty C、Giles-Smith L.
系統的検索およびレビュー手順:WHOの結果
軽度の外傷性脳に関する共同作業部会
損傷。 Jリハビリメッド2004(43 Suppl):11-4。
27 キャロルL.J.、キャシディJ.D.、ペロソPM。 最良の方法
頸部疼痛およびその関連障害に関するエビデンス合成:
首の痛みに対する骨と関節の10年2000-2010タスクフォース
とその関連疾患 JManipulative Physiol Ther 2009;
32(2 Suppl):S39-45。
28 コートP、キャシディJD、キャロルL、フランクJW、ボンバルディアC。
急性むち打ち症の予後と新規の予後に関する系統的レビュー
文学を合成するための概念的枠組み。 背骨(フィラ
Pa 1976) 2001;26(19):E445-58.
29 ヘイデンJA、コートP、ボンバルディアC。の品質の評価
系統的レビューにおける予後研究 Ann Intern Med 2006;
144(6):427-37。
30 Hayden JA、van der Windt DA、カートライトJL、Cote P、
ボンバルディアC.予後因子の研究におけるバイアスの評価
Ann Intern Med 2013; 158(4):280-6。
31 Spitzer WO、Scovron ML、Salmi LR、et al。 科学的な
むち打ち症に関するケベックタスクフォースのモノグラフ
障害:「むち打ち症」とその管理を再定義する。 脊椎
1995;20(8 Suppl):1S-73S.
32 ファンデルヴェルデG、ファントゥルダーM、コートP他 の感度
試験の評価と組み込みに使用された方法に対する結果のレビュー
データ合成への品質 背骨(フィラパ1976)2007; 32(7):
796-806。
33 Slavin RE 最良の証拠合成:その代わりの知的な方法
メタ分析 J Clin Epidemiol XNUMX; XNUMX(XNUMX):XNUMX − XNUMX。
34 Hinman RS、McCrory P、Pirotta M、他。 の効能
慢性膝痛に対する鍼治療:無作為化のためのプロトコル
Zelenデザインを使用した対照試験。 BM補完代替
Med 2012; 12:161。
35 Crossley KM、Bennell KL、Cowan SM、Green S.
膝蓋大腿痛のある人に対する転帰の測定
信頼性があり有効ですか? Arch Phys Medリハビリ2004; 85(5):
815-22。
36 Cohen J公称スケールの一致係数。 教育する
Psychol Meas 1960;20(1):37-46.
37 エイブラムスKR、ギリーズCL、ランバートPC。 のメタ分析
ベースラインからの変化を評価している不均一に報告された試験。
Stat Med 2005;24(24):3823-44.
38 Follmann D、Elliott P、Suh I、Cutler J. Variance代入
臨床試験の概要と継続的な反応 Jクリニック
Epidemiol 1992;45(7):769-73.
39 モハーD、リベラティA、テツラフJ、アルトマンDG。 好ましい
系統的レビューおよびメタアナリシスのための報告項目:
PRISMAステートメント BMJ 2009; 339:b2535。
40 Askling CM、Tengvar M、Thorstensson A. Acuteハムストリング
スウェーデンのエリートフットボールにおける怪我:前向き無作為化
2つのリハビリテーションプロトコルを比較する対照臨床試験。
Br Jスポーツメッド2013; 47(15):953-9。
41 Dursun N、Dursun E、KilicZ。筋電図バイオフィードバック制御
膝蓋大腿骨の運動対保存療法
痛み症候群 Arch Phys Medリハビリ2001; 82(12):1692-5。
42 Harrison EL、Sheppard MS、McQuarry AM。 ランダム化
の理学療法治療プログラムの対照試験
膝蓋大腿痛症候群。 フィジオサー缶1999; 1999:93-100。
43 Holmich P、Uhrskou P、Ulnits Lなど。 アクティブの有効性
長期にわたる内転筋関連の治療としての体力トレーニング
運動選手の鼠径部痛:無作為化試験 ランセット1999; 353(9151):
439-43。
44 Lun VM、Wiley JP、Meeuwisse WH、Yanagawa TL。 効果
大腿骨疼痛に対する膝蓋骨ブレースの有用性
症候群。 Clin Jスポーツメッド2005; 15(4):235-40。
45 Malliaropoulos N、Papalexandris S、Papalada A、Papacostas E
ハムストリング怪我のリハビリテーションにおけるストレッチングの役割:80
運動選手の追跡調査 Med Sciスポーツエクササイズ2004; 36(5):756-9。
46 van Linschoten R、van Middelkoop M、Berger MY他
膝蓋大腿骨のための監視された運動療法対通常のケア
疼痛症候群:非盲検ランダム化比較試験。 BMJ
2009; 339:b4074。
47 Witvrouw E、Cambier D、Danneels L、他。 運動の効果
患者における前庭筋の反射反応時間に関するレジメン
前膝痛のある患者:前向き無作為化介入
調査。 Scand J Medサイスポーツ2003; 13(4):251-8。
48 ウィットヴルーE、ライセンズR、Bellemans J、ピアK、Vanderstraeten G
膝蓋大腿骨のための開放対閉鎖運動連鎖運動
疼痛。 前向き無作為化試験 Am Jスポーツメッド2000。
28(5):687-94。
49 Johnson AP、Sikich、NJ、Evans G、他。 健康技術
評価:証拠に基づく包括的な枠組み
オンタリオ州 Int J Technolヘルスケアの評価
2009;25(2):141-50.

1.
キャロルLJ、キャシディJD、コートP(2006)頻度、タイミング、およびむち打ち症後の抑うつ症状の経過。 背骨31(16):E551 –ExNUMX。 土井:556 / 10.1097.brs.01e
CrossRefPubMedGoogle Scholar
2.
むち打ち症関連障害の回復の初期段階におけるキャロルLJ、リューY、ホルムLW、キャシディJD、コートP(2011)疼痛関連感情:その存在、強度、および疼痛回復との関連。 サイコソムメッド73(8):708 – 715。 土井:10.1097 / PSY.0b013e31822f991a
CrossRefPubMedGoogle Scholar
3.
Hincapie CA、Cassidy JD、Cote P、Carroll LJ、Guzman J(2010)むち打ち症は首の痛み以上のもの:交通事故後の痛みの局在化に関する集団ベースの研究。 J占有環境Med 52(4):434 – 440。 土井:10.1097 / JOM.0b013e3181bb806d
CrossRefPubMedGoogle Scholar
4.
Haldeman S、Carroll LJ、Cassidy JD(2008)首の痛みを持つ人々のエンパワーメント:はじめに:首の痛みに関する骨と関節の10年間の2000〜2010タスクフォースとその関連障害。 脊椎33(4補給):S8〜S13。 土井:10.1097 / BRS.0b013e3181643f51
CrossRefPubMedGoogle Scholar
5.
コートP、キャシディJD、キャロルL(2000)サスカチュワン州の人口における首の痛みとそれに関連する障害に関連する要因。 背骨25(9):1109 – 1117
CrossRefPubMedGoogle Scholar
6.
Hagen K、Einarsen C、Zwart JA、Svebak S、Bovim G(2002)ノルウェーの51 050成人における頭痛および筋骨格症状の共起。 ユーロJニューロル9(5):527 – 533
CrossRefPubMedGoogle Scholar
7.
キャシディJD、キャロルLJ、コートP、レムストラM、バーグランドA、ナイグレンA(2000)鞭打ち傷害に対する保険金請求の結果に対する苦痛の補償を撤廃したことによる影響。 N Engl J Med 342(16):1179 – 1186。 土井:10.1056 / nejm200004203421606
CrossRefPubMedGoogle Scholar
8.
頭痛障害の国際分類2版(2004) 頭痛24(1):1 - 151。 土井:10.1177 / 0333102413485658
9.
緊張型頭痛に対するPosadzki P、Ernst E(2012)無作為化対照試験の系統的レビュー 補完者メッド20(4):232 – 239
CrossRefPubMedGoogle Scholar
10
Jensen R、Stovner LJ(2008)疫学および頭痛の合併症。 ランセットニューロ7(4):354 – 361。 土井:10.1016 / s1474-4422(08)70062-0
CrossRefPubMedGoogle Scholar
11
トルコにおける1年間の有病率と片頭痛および緊張型頭痛の影響:Ertas M、Baykan B、Orhan EK、Zarifoglu M、Karli N、Saip S、Onal AE、Siva A(2012)大人です。 J頭痛の痛み13(2):147 – 157。 土井:10.1007 / s10194 - 011 - 0414 - 5
CrossRefPubMedPubMedCentralGoogle Scholar
12
Andersen LL、Mortensen OS、Zebis MK、Jensen RH、Poulsen OM(2011)成人の頭痛に対する毎日の短時間の運動の効果 - 無作為化対照試験の二次分析。 Scand J作業環境ヘルス37(6):547 – 550。 土井:10.5271 / sjweh.3170
CrossRefPubMedGoogle Scholar
13
Nilsson N(1995)20 – 59歳の無作為集団試料における子宮頸管頭痛の有病率。 背骨20(17):1884 – 1888
CrossRefPubMedGoogle Scholar
14
Hurwitz EL、Carragee EJ、van der Velde G、Carroll LJ、Nordin M、Guzman J、Peloso PM、Holm LW、Cote P、Hogg-Johnson S、Cassidy JD、Haldeman S(2009)首の痛みの治療:非侵襲的介入:骨と関節の10年間の2000 – 2010タスクフォースによる頸部痛とその関連障害 J Manip Physiol Ther 32(2サプリ):S141 – S175。 土井:10.1016 / j.jmpt.2008.11.017
CrossRefGoogle Scholar
15
Jull G、Trott P、Potter H、Zito G、Niere K、Shirley D、Emberson J、Marschner I、Richardson C(2002)子宮頸管性頭痛に対する無作為化比較対照試験。 背骨27(17):1835 – 1843(ディスカッション1843)
CrossRefPubMedGoogle Scholar
16
キャロルLJ、Hurwitz EL、コートP、ホッグジョンソンS、カラギーEJ、Nordin M、ホルムLW、キャシディJD、グズマンJ、ペロソPM、ハルデマンS(2009)研究の優先順位と方法論また、頸部痛とその関連障害に関する共同10年の2000 – 2010タスクフォース。 J Manip Physiol Ther 32(2サプリ):S244 – S251。 土井:10.1016 / j.jmpt.2008.11.024
CrossRefGoogle Scholar
17
Sjaastad O、Fredriksen TA、Pfaffenrath V(1998)子宮頸管性頭痛:診断基準。 子宮頸管炎性頭痛国際研究グループ 頭痛38(6):442 – 445
CrossRefPubMedGoogle Scholar
18
Aker PD、Gross AR、Goldsmith CH、Peloso P(1996)機械的頸部疼痛の保守的管理:系統的概観およびメタアナリシス。 BMJ 313(7068):1291 - 1296
CrossRefPubMedPubMedCentralGoogle Scholar
19
van Tulder MW、Koes BW、Bouter LM(1997)急性および慢性の非特異的腰痛の保存的治療。 最も一般的な介入に関するランダム化比較試験の系統的レビュー。 背骨(フィラパ1976)22(18):2128 –2156
CrossRefGoogle Scholar
20
ノーマンGR、Streiner DL(2008)生物統計学:必要最低限​​のもの、3rd edn。 BCデッカー、ハミルトン
Google Scholarの
21
Sampson M、McGowan J、Cogo E、Grimshaw J、Moher D、Lefebvre C(2009)電子検索戦略のピアレビューのための証拠に基づく実践ガイドライン。 J Clin Epidemiol 62(9):944 – 952。 土井:10.1016 / j.jclinepi.2008.10.012
CrossRefPubMedGoogle Scholar
22
McGowan J、Sampson M、Lefebvre C(2010)電子検索戦略のピアレビューのための証拠に基づくチェックリスト(PRESS EBC)。 EvidベースのライブラリInf Pract 5(1):149〜154
CrossRefGoogle Scholar
23
Harbour R、Miller J(2001)エビデンスに基づくガイドラインで推奨事項を等級分けするための新しいシステム BMJ 323(7308):334 - 336。 土井:10.1136 / bmj.323.7308.334
CrossRefPubMedPubMedCentralGoogle Scholar
24
ヴァン・デル・ヴェルデG、ヴァン・トゥルダーM、コートP、ホッグ・ジョンソンS、キャシディJD、キャロディーE、キャロルL、ハズマンS、ホームL、フルビッツE、Nordin M、Peloso P(2007)試験の質を評価してデータ合成に組み込むために使用される方法に対するレビュー結果の感度。 脊椎(フィラパ1976)32(7):796 – 806。 土井:10.1097 / 01.brs.0000258903.67718.d5
CrossRefGoogle Scholar
25
Spitzer WO、Skovron ML、Salmi LR、Cassidy JD、Duranceau J、Suissa S、Zeiss E(1995)むち打ち症関連疾患に関するケベックタスクフォースの科学的モノグラフ:「むち打ち症」の再定義とその管理。 背骨20(8補給):1S –73S
PubMedGoogle Scholar
26
キャロルLJ、キャシディJD、Peloso PM、Giles-Smith L、Cheng CS、Greenhalgh SW、Haldeman S、ファンデルヴェルドG、Hwwitz EL、Cote P、Nordin M、Hogg-Johnson S、Holm LW、Guzman J (2009)首の痛みとその関連障害に関する最良の証拠合成のための方法:首の痛みとその関連障害に関する骨と関節の10年2000 – 2010タスクフォース。 J Manip Physiol Ther 32(2サプリ):S39 – S45。 土井:10.1016 / j.jmpt.2008.11.009
CrossRefGoogle Scholar
27
Carroll LJ、Cassidy JD、Peloso PM、Garritty C、Giles-Smith L(2004)系統的検索およびレビュー手順:軽度の外傷性脳損傷に対するWHO Collaborating centerタスクフォースの結果。 Jリハビリメッド(43 Suppl):11 – 14
Google Scholarの
28
Cote P、Cassidy JD、Carroll L、Frank JW、Bombardier C(2001)急性むち打ち症の予後に関する系統的レビュー、および文献を合成するための新しい概念フレームワーク。 背骨26(19):E445 –ExNUMX
CrossRefPubMedGoogle Scholar
29
ヘイデンJA、コートP、ボンバルディアC(2006)系統的レビューにおける予後研究の質の評価。 アンインターンメッド144(6):427 – 437
CrossRefPubMedGoogle Scholar
30
Hayden JA、van der Windt DA、Cartwright JL、Cote P、Bombardier C(2013)予後因子の研究におけるバイアスの評価。 アンインターンメッド158(4):280 – 286。 土井:10.7326 / 0003 - 4819 - 158 - 4 - 201302190 - 00009
CrossRefPubMedGoogle Scholar
31
Slavin RE(1995)ベストエビデンス合成:メタアナリシスの賢い代替手段。 J Clin Epidemiol 48(1):9〜18
CrossRefPubMedGoogle Scholar
32
Stauffer ME、Taylor SD、Watson DJ、Peloso PM、Morrison A(2011)関節炎疼痛の鎮痛治療に対する無反応の定義:最小の検出可能な差異、最小の検出可能な変化、および臨床的に重要な最小の差異に関する分析文献レビュー痛みアナログ視覚スケール。 Int J Inflam 2011:XNUMX。 土井:231926 / 10.4061 / 2011
CrossRefPubMedPubMedCentralGoogle Scholar
33
キャロルLJ、ジョーンズDC、オゼゴビッチD、キャシディJD(2012)どのくらい回復していますか? 回復に関する簡単な質問と、むち打ち症関連障害における疼痛強度および疼痛障害の患者報告との関連。 障害者リハビリテーション34(1):45 – 52。 土井:10.3109 / 09638288.2011.587085
CrossRefPubMedGoogle Scholar
34
ファラーJT、ヤングJP Jr、ラモローL、ウェースJL、プールRM(2001)11点数による疼痛評価尺度で測定した慢性疼痛強度の変化の臨床的重要性。 痛み94(2):149 – 158
CrossRefPubMedGoogle Scholar
35
McCarthy MJ、Grevitt MP、Silcocks P、Hobbs G(2007)VernonとMiorの頸部障害指数の信頼性、および短形式36健康調査質問票と比較したその妥当性。 耳の背骨J 16(12):2111 – 2117。 土井:10.1007 / s00586-007-0503-y
CrossRefPubMedPubMedCentralGoogle Scholar
36
シムJ、ジョーダンK、ルイスM、ヒルJ、ヘイEM、Dziedzic K(2006)ノースウィックパークネックペインのアンケートの変更に対する感度および臨床的に重要な最小限の違いの導出。 Clin J痛み22(9):820 - 826。 土井:10.1097 / 01.ajp.0000210937.58439.39
CrossRefPubMedGoogle Scholar
37
Lauche R、Langhorst J、Dobos GJ、Cramer H(2013)慢性の非特異的頸部痛に対する疼痛、身体障害および生活の質における臨床的に意味のある相違 - カッピング療法の4無作為化対照試験の再分析。 21(4):342 – 347を補完します。 土井:10.1016 / j.ctim.2013.04.005
CrossRefPubMedGoogle Scholar
38
エイブラムスKR、ギリーズCL、ランバートPC(2005)ベースラインからの変化を評価する、異質的に報告された試験のメタ分析。 統計メッド24(24):3823 – 3844。 土井:10.1002 / sim.2423
CrossRefPubMedGoogle Scholar
39
Follmann D、Elliott P、Suh I、Cutler J(1992)臨床試験の概観図に対する継続的回答を伴う分散代入。 J Clin Epidemiol 45(7):769〜773
CrossRefPubMedGoogle Scholar
40
モハーD、リベラティA、テツラフJ、アルトマンDG(2009)系統的レビューおよびメタアナリシスのための推奨報告項目:PRISMAステートメント。 PLoS Med 6(7):e1000097。 土井:10.1371 / journal.pmed.1000097
CrossRefPubMedPubMedCentralGoogle Scholar
41
偶発性緊張型頭痛の治療におけるBove G、Nilsson N(1998)無作為化対照試験 JAMA Jアムメッドアソシエ280(18):1576 – 1579
CrossRefGoogle Scholar
42
Castien RF、van der Windt DA、Grooten A、Dekker J(2011)慢性緊張型頭痛に対する手動療法の有効性:実用的なランダム化された臨床試験。 頭痛31(2):133 - 143。 土井:10.1177 / 0333102410377362
CrossRefPubMedGoogle Scholar
43
Endres HG、Bowing G、Diener HC、Lange S、Maier C、Molsberger A、Zenz M、Vickers AJ、Tegenthoff M(2007)鍼療法無作為化試験 J頭痛の痛み8(5):306 – 314。 土井:10.1007 / s10194 - 007 - 0416 - 5
CrossRefPubMedPubMedCentralGoogle Scholar
44
Haas M、Spegman A、Peterson D、Aickin M、Vavrek D(2010)慢性頸部性頭痛に対する用量反応および脊髄操作の有効性:パイロットランダム化比較試験。 Spine JオフJN Am Spine Soc 10(2):117 – 128。 土井:10.1016 / j.spinee.2009.09.002
CrossRefGoogle Scholar
45
Haas M、Schneider M、Vavrek D(2010)リスクの差と、子宮頸管性頭痛に対する脊椎操作の無作為化対照試験からの治療に必要な数を示しています。 Chiroprオステオパット18:9。 土井:10.1186 / 1746-1340-18-9
CrossRefPubMedPubMedCentralGoogle Scholar
46
Holroyd KA、O'Donnell FJ、Stensland M、Lipchik GL、Cordingley GE、Carlson BW(2001)三環系抗うつ薬による慢性的な緊張型頭痛の管理、ストレス管理療法、およびそれらの組み合わせ:ランダム化比較試験。 JAMA Jアムメッドアソシエ285(17):2208 – 2215
CrossRefGoogle Scholar
47
Jena S、Witt CM、Brinkhaus B、Wegscheider K、Willich SN(2008)頭痛患者に対する鍼治療。 頭痛28(9):969 - 979。 土井:10.1111 / j.1468-2982.2008.01640.x
CrossRefPubMedGoogle Scholar
48
メルチャートD、Streng A、Hoppe A、Brinkhaus B、Witt C、Wagenpfeil S、Pfaffenrath V、Hammels M、Hummelsberger J、Irnich D、Weidenhammer W、Willich SN、Linde Kランダム化比較試験。 BMJ 2005(331):7513 - 376。 土井:382 / bmj.10.1136F
CrossRefPubMedPubMedCentralGoogle Scholar
49
Soderberg E、Carlsson J、Stener-Victorin E(2006)鍼治療、身体訓練、リラクゼーション訓練を受けた慢性的な緊張型頭痛。 グループ間の違い 頭痛26(11):1320 - 1329。 土井:10.1111 / j.1468-2982.2006.01209.x
CrossRefPubMedGoogle Scholar
50
Soderberg EI、Carlsson JY、Stener-Victorin E、Dahlof C(2011)慢性緊張型頭痛患者における主観的幸福感:鍼治療、身体トレーニング、およびリラクゼーショントレーニングの効果。 Clin J痛み27(5):448 - 456。 土井:10.1097 / AJP.0b013e318208c8fe
CrossRefPubMedGoogle Scholar
51
van Ettekoven H、Lucas C(2006)緊張型頭痛に対する頭頸部トレーニングプログラムを含む理学療法の有効性。 無作為化臨床試験 頭痛26(8):983 - 991。 土井:10.1111 / j.1468-2982.2006.01163.x
CrossRefPubMedGoogle Scholar
52
慢性緊張型頭痛治療のためのBoline PD、Kassak K、Bronfort G、Nelson C、Anderson AV(1995)脊髄操作vsアミトリプチリン:無作為化臨床試験。 J ManipフィジオールTher 18(3):148 – 154
Google Scholarの
53
Carlsson J、Fahlcrantz A、Augustinsson LE(1990)鍼治療または理学療法で治療された緊張性頭痛における筋肉の圧痛。 頭痛10(3):131 – 141
CrossRefPubMedGoogle Scholar
54
Carlsson J、Augustinsson LE、Blomstrand C、Sullivan M(1990)鍼治療または理学療法を受けた緊張性頭痛患者の健康状態。 頭痛30(9):593 – 599
CrossRefPubMedGoogle Scholar
55
張力型頭痛におけるカルストM、ラインハルトM、Thum P、Wiese B、ロールニックJ、フィンクM(2001)針療法:無作為化プラセボ対照試験。 頭痛21(6):637 – 642
CrossRefPubMedGoogle Scholar
56
Mousavi SA、Mirbod SM、Khorvash F(2011)慢性緊張型頭痛の予防におけるイミプラミンと経皮的電気神経刺激の有効性の比較:ランダム化比較臨床試験。 J Res Med Sci 16(7):923 – 927
PubMedPubMedCentralGoogle Scholar
57
Bellamy R(2004)患者教育入門:理論と実践 メッドティーチ26(4):359 – 365。 土井:10.1080 / 01421590410001679398
CrossRefPubMedGoogle Scholar
58
AAMPG群(2003)急性筋骨格痛のエビデンスに基づく管理
Google Scholarの
59
Abenhaim L、Rossignol M、Valat JP、Nordin M、Avouac B、Blotman F他。 (2000)腰痛の治療的管理における活動の役割。 腰痛に関する国際パリタスクフォースの報告 背骨(フィラPa 1976)25(4補給):1S –33S
Google Scholarの
60
Rubinstein SM、Terwee CB、Assendelft WJ、de Boer MR、van Tulder MW(2012)急性腰痛に対する脊椎手術療法。 コクランデータベースSyst Rev 9:CD008880。 土井:10.1002 / 14651858.CD008880.pub2
PubMedGoogle Scholar
61
Maitland G、Hengeveld E、Banks K、English K(2005)Maitlandの脊椎マニピュレーション、7 edn。 Elsevier Butterworthハイネマン、トロント
Google Scholarの
62
ピークN、ハートA(2005)頸椎牽引の有効性。 Phys Ther Rev 10:217〜229
CrossRefGoogle Scholar
63
グラハムN、グロスAR、ゴールドスミスC(2006)機械的頸部障害に対する機械的牽引:系統的レビュー Jリハビリテーション薬38(3):145 – 152。 土井:10.1080 / 16501970600583029
CrossRefPubMedGoogle Scholar
64
世界保健機関(2002)鍼治療:対照臨床試験に関する報告のレビューと分析。 世界保健機関、ジュネーブ
Google Scholarの
65
Aas RW、Tuntland H、Holte KA、Roe C、Lund T、Marklund Sら。 (2011)労働者の首の痛みに対する職場の介入。 コクランデータベースSyst Rev(4):CD008160。 土井:10.1002 / 14651858.CD008160.pub2
66
バーンズJW、Higdon LJ、Mullen JT、Lansky D、Wei JM(1999)患者の敵意、怒りの表現、鬱病、および作業強化プログラムにおける作業上の同盟関係。 Ann Behav Med 21(1):77 – 82。 土井:10.1007 / bf02895037
CrossRefPubMedGoogle Scholar
67
Schaafsma F、Schonstein E、Ojajarvi A、Verbeek J(2011)腰痛のある労働者の作業結果を改善するための身体的条件付けプログラム。 Scand J作業環境ヘルス37(1):1 – 5
CrossRefPubMedGoogle Scholar
68
Gardner BT、Pransky G、Shaw WS、Nha Hong Q、Loisel P(2010)職場復帰コーディネーターの能力に関する研究者の見解。 障害者リハビリテーション32(1):72 – 78。 土井:10.3109 / 09638280903195278
CrossRefPubMedGoogle Scholar
69
Shaw W、Hong QN、Pransky G、Loisel P(2008)トライアルプログラムにおける職場復帰コーディネーターの役割と職場の障害を防ぐための介入を記述した文献レビュー。 J職業リハビリ18(1):2 – 15。 土井:10.1007 / s10926-007-9115-y
CrossRefPubMedGoogle Scholar
70
Driessen MT、Proper KI、van Tulder MW、Anema JR、Bongers PM、van der Beek AJ(2010)腰痛および頸部痛に対する身体的および組織的な人間工学的介入の有効性:系統的レビュー。 占有環境67(4):277 – 285。 土井:10.1136 / oem.2009.047548
CrossRefPubMedGoogle Scholar

Green-Call-Now-Button-24H-150x150-2-3.png

その他のトピック:坐骨神経痛

坐骨神経痛は、単一のタイプの傷害または状態ではなく、徴候の集合と呼ばれる。 この症状は、背中の坐骨神経、臀部および大腿の下、片側または両側の脚および足に放射状の痛み、しびれ感およびうずき感を特徴とする。 坐骨神経痛は、一般に、ヘルニア化した椎間板または骨の拍動による、人体における最大の神経の炎症、炎症または圧迫の結果である。

漫画paperboyの大きなニュースのブログの画像

重要なトピック:その他の追加:坐骨神経痛の治療