関節炎の脊椎のイメージング:絵画レビュー| テキサス州エルパソ
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

関節炎の脊柱をイメージングする:絵のレビュー

多くの種類の 関節炎 筋肉、骨および/または関節の構造および機能に影響を及ぼし、 として、 痛み、こわばり , 腫れ。 関節炎は一般的に手、手首、肘、腰、膝に影響を及ぼします , 足、それはまた背骨の長さに沿って見られる椎間関節に影響を与える可能性があります。 関節リウマチまたはRAとして知られる最もよく知られているタイプの関節炎のXNUMXつは、関節の慢性炎症性疾患であり、人体自身の免疫系が関節の内側を覆う薄い膜である滑膜を攻撃するときに発生します。 以下の記事によると、関節炎の脊椎を画像化することは、その適切な治療に向けた基本です。

抽象

脊椎病変は慢性関節リウマチ(RA)と血清陰性脊椎関節炎(SpA)で頻繁にあり、その診断は重要です。 そのため、MRIが最初の検査として推奨されていますが、MRIとCTの使用が増えています。 このレビューの目的は、それぞれMRIとCTの利点に加えて、RAとSpAの脊椎変化の典型的なX線撮影の特徴を提示することです。 RAの変化は通常頸椎に位置しており、重篤な関節の不安定化を招く可能性があります。 亜脱臼はX線撮影で診断されますが、補助的なMRIおよび/またはCTは、垂直亜脱臼、頸部痛および/または神経学的症状を有する患者の脊髄および管を可視化するために常に適応となります。 SpAは脊椎の全ての部分を含み得る。 強直性脊椎炎はSpAの最も頻繁な形態であり、むしろ特徴的なX線撮影の特徴を持っています。 初期の段階では、それは椎骨の四角化および椎骨の角の凝縮によって特徴付けられ、後期段階では椎体間の細い骨化、脊椎固定術、椎間関節の関節炎/強直および脊椎剛性を引き起こす靭帯骨化によって特徴付けられる。 他の形態のSpAの画像化特徴は変化し得るが、膨大な傍脊椎骨化が乾癬SpAにおいてしばしば起こる。 MRIは活発な炎症の徴候や慢性的な構造変化を検出することができます。 CTは 骨折.

キーワード: 脊椎、関節炎、関節リウマチ、脊椎関節症

賃貸システムの概要

脊椎は、関節リウマチ(RA)、血清陰性脊椎関節炎(SpA)、若年性関節炎および関節炎骨炎およびSAPHO(滑膜炎、ざ瘡、膿疱症、骨粗鬆症、骨炎)症候群などの頻度の低い障害を含むほとんどの炎症性障害に関与し得る。

過去10年間に、磁気共鳴映像法(MRI)およびコンピュータ断層撮影法(CT)の診断使用はかなり増加したが、X線撮影はまだ推奨されている初期検査である。 したがって、補助的MRIおよびCTの利点に加えて、関節炎における特徴的な放射線学的所見を知ることが重要である。 このレビューでは、異なるイメージングの特徴に焦点を当て、RAおよびSpAにそれぞれ見られる最も頻繁な炎症性脊髄の変化に集中する。 これらの2つのエンティティは、認識するために重要な幾分異なる撮像特徴を表示する。

Dr Jimenez White Coat

関節リウマチは、自己免疫疾患であり、人体自身の免疫系を攻撃し、しばしば関節の内面を破壊する。 慢性関節リウマチや関節リウマチは、人体の関節に影響を与える可能性があります。 リウマチ性関節炎が脊椎の関節に影響を及ぼす場合、首または頸椎は腰よりも頻繁に罹患する可能性がある。 

Dr. Alex Jimenez DC、CCST

リウマチA関節炎

RAへの関与は通常、びらん性変化が主に見られる頸椎に位置します。 環軸 領域。 炎症を起こし、肥厚した滑膜(パンヌス)は、歯状突起(陥凹)の周囲に発生し、後部横靱帯が関与する場合、最も深刻なことに、骨侵食および周囲の靭帯の破壊を引き起こす可能性がある。 横靱帯の弛緩または破裂は、脊髄損傷の潜在的な危険性を伴う不安定性を引き起こす。 子宮頸部RAの関与は進行性の重篤な状態であり、症状は軽減 一生 期待[1]、およびその診断は したがって、 重要[2、3]

図1関節リウマチ(RA)の頸椎の標準的なX線撮影。 (a)中立位置での側面X線写真、および(b)環軸部の(c)側面および(d)前後(AP)口を開けたビューに加えて屈曲中(45歳の女性)。 屈曲像(b)は、環椎の前弧の後面と洞穴の前面(黒い線)の間の異常な距離(> 3 mm)を示しています。 環椎の脊椎層流線(矢印)は他の椎骨の脊椎層流線と一致しておらず、前方亜脱臼の存在を確認していますが、環軸椎管の狭窄はありません。 後部環椎-歯の間隔(白い線)は> 14mmです。 口を開けたビュー(d)は、巣穴の基部での侵食を示しています(矢印)。 (a)および(b)は、C4〜C6レベルでの椎間板変性の変化を示しています。
図2横方向および回転方向の軸上亜脱臼。 RAを持つ53歳の男性のAP口内視野。 表層侵食(黒い矢印)とアトラスの側方の塊(軸線の白い矢印)に対する軸の横方向変位とのアトランソ軸方向接合部の狭窄がある。 さらに、腔とアトラスの側方塊との間の距離の非対称性を伴う回転変位を示す徴候を示す。

頸椎の​​X線撮影は、首の痛みを伴うRA患者に必須です[3]。 病変や不安定性を検出するために、デンス領域の特別なビューに加えて、ニュートラル位置と比較して屈曲位置での側面ビューを常に含める必要があります(図1)。 伸展中の補足側面図は、 環軸 亜脱臼はおそらく前部間のパンヌス組織によって制限される アーク アトラスと洞窟の。

前の記事 環軸 亜脱臼は、最も不安定なRA不安定症です。 後頭部環軸 領域、しかし横方向、回転方向および垂直方向の亜脱臼も起こりうる。 X線撮影による不安定性のさまざまな形態の定義は以下の通りです[3]。

前側アトランタ軸下亜脱臼症。 距離 前面の後面の間 アーク アトラスの角度および歯の前面は、中立位置および/または屈曲中に3 mmを超える(図1)。 狭窄を引き起こす可能性があります 環軸 後方として提示する運河 アトラント-歯科間隔<14mm(図1)。

側方および回転性のアトランス軸下亜脱臼症。 軸の横方向の質量に対するアトラスの横方向の質量の変位と、巣に対する横方向の質量の非対称性(図2)。 回転および側方亜脱臼は、口を開けた前後(AP)のX線写真で診断されます。 環椎と軸の間の密接な解剖学的関係のために、前方亜脱臼はしばしば共存します。

後椎間板亜脱臼症。 アトラスの前弧は歯状突起上を移動します。 これはめったにない 見た、 しかし共存するかもしれない 骨折 歯の

垂直アトランタ軸下亜脱臼症 とも呼ばれます 環軸 宿便、基底陥入または頭蓋の設定であり、後頭孔に対応するマクレーの線の近位にある歯状突起の先端の移動として定義されます。 この線はX線写真で定義するのが難しい場合があるため、垂直亜脱臼は他のいくつかの方法でも定義されています。 マクレガーの線より4.5mm以上上の歯状突起の先端の移動(硬口蓋の後上部側面と後頭曲線の最も尾側の点の間)は、垂直亜脱臼を示します(図3)。

図3垂直環軸椎亜脱臼、測定方法。 (a)中立位置での横方向の正常なX線写真。硬口蓋の後上部と後頭曲線の最も尾側の点の間のマクレガーの線(黒)の位置を示しています。 マクレガーの線より4.5mm以上上の巣穴の先端の移動は、垂直方向の亜脱臼を示しています。 McGregorの線と軸本体の下縁の中点との間の白い線で示される距離は、Redlund-Johnell andPetterssonの方法に従って垂直亜脱臼を評価するために使用されます。 男性で34mm未満、女性で29 mm未満の距離は、垂直亜脱臼を示します。 (b)後頭孔に対応するマクレーの線の位置と、垂直亜脱臼を診断するためのクラークの方法で使用される15つの等しい部分への軸の分割を示す、正常な頸椎の矢状CT再構成。 アトラスの前弧が軸の中央または尾側の13分の4と同じ高さである場合、それぞれわずかな垂直亜脱臼があります。 (c)Ranawatの方法には、XNUMX番目の頸椎椎弓根の中心と環椎の横軸との間の距離の決定が含まれます。 男性でXNUMXmm未満、女性でXNUMX mm未満の距離は、垂直亜脱臼を示します[XNUMX]。
図4垂直亜脱臼症。 (a)McGregorのラインを用いた側方放射線写真(黒線; 61年齢のRA患者)。 歯の先端は定義が難しいが、Redlund-Johnellの方法(白線)による測定では、27 mmの距離が得られ、これは通常の限界よりも小さい。 これに応じて、アトラスの前弧は、軸の中央の3分の1と同じ高さにあります。 (b)Ranawatの方法では、第2の子宮頸椎の中心とアトラスの横軸との間の距離は、正常限界(9 mm)以下である。 したがって、すべての測定値は垂直亜脱臼を示す。 補助的MRI、(c)矢状STIRおよび(d)T1強調画像は、脊柱管の狭窄を9 mmに引き起こすが、後頭部の窩への先端部の陥凹および突起部の侵食を示すが、脊髄周囲の脳脊髄液の持続性を示す。 わずかな活性に適合するSTIR画像(矢印)上のシグナル強度が高い小領域を示す卵と前弧(黒線)との間には、9mmの厚みのパンヌス組織が存在するが、信号空隙線維性パンヌス組織が優勢である。

しかし、浸食の発生は、この測定値を得ることを困難にする可能性がある。 したがって、Redlund-Johnell法は、McGregorの線と、中立位置にある横方向X線写真上の軸の本体の下側マージンの中間点との間の最小距離に基づいています(図3)[4]。 口蓋の視覚化は常に得られるとは限らない。 そのため、ランドマークとして刻み目や口蓋を含まない方法が導入されました[4]。 Clark et al。 ([4]で説明されています)は、横方向のX線写真上で軸を3つの等しい部分に分割することによるアトラスの位置の評価を含みます。 前部の位置 アーク 軸の中央または尾側の3分の1と同じ高さのアトラスの縦軸は亜脱臼を示している(図3)。 Ranawat等。 間の距離を使用することを提案している センター 歯状突起における第3頸椎椎弓根と環椎の横軸の変化(図4)[XNUMX]。 垂直亜脱臼の診断を得るために、Redlund-Johnell、Clarkの組み合わせ , ラナワット法が推奨されています([4]で説明されています)。 これらの方法のいずれかが示唆するならば、垂直亜脱臼MRIは脊髄を視覚化するために実行されるべきです(図4)。 この方法を組み合わせて使用​​すると、垂直亜脱臼は患者の6%で見逃されることになります[4]。 垂直亜脱臼を診断することは必須です。 これは、髄質が延髄および脊髄の近位部に近接しているために致命的になり得る。 特に脊髄の侵食性変化を伴う屈曲不安定性患者 環軸 および 環椎後頭 後部孔への歯の突出を伴う垂直亜脱臼を引き起こす(図4、5)。

副軸RAの変更 また、アポフィシールおよび/または非カバーテブラル関節の関節炎の形で発生し、X線撮影では狭窄および表在性びらんとして現れます。 これは、主に重度の慢性末梢関節炎の患者に見られるC2-Th1領域の不安定性を引き起こす可能性があります。 前部亜脱臼は後部亜脱臼よりもはるかに頻繁です。 これは、屈曲像を含むX線撮影による、下にある椎骨に対する椎骨の少なくとも3 mmの前方滑りとして定義されます(図6)。 変化はC3–4およびC4–5レベルで特に特徴的ですが、複数のレベルが関与している可能性があり、側面X線写真で典型的な「脚立」の外観を生み出します。 状態が深刻な場合 亜軸 矢状脊柱管の直径は14mm未満であり、脊髄圧迫の可能性を示唆しています[2]。 特にC1–C2領域が外科的に安定化されている場合、不安定性は時間の経過とともに進行する可能性があります(図6)[5]。

図5脊髄圧迫を伴う垂直下転流。 進行末梢RA、頸部痛および骨髄疾患の臨床的徴候を有する69年齢の女性における頸椎のMRI。 (a)矢状STIR、(b)矢状T1および(c)軸方向T2脂肪 - 飽和(FS)画像は、尖端の窪みおよび後頭部への隆起を示し、不規則な信号強度を示す脊髄の圧迫を引き起こす(白い矢印)。 骨関節の脊柱管は約7 mm(黒線)の幅を有する。 腔とアトラスの前弧との間の広げられた空間に、線維性および浮腫性のパンヌス組織(黒色の矢印)の混合物と適合する腔を囲む異種シグナル強度パンヌスが存在する。

Discitis様の変化と棘状突起の侵食は、RAのX線撮影でも検出されるが、比較的稀であるが、付随する変性変化が時折生じる(図1)。

CTとMRIの形での断面イメージング 過剰投影 構造化し、RAの変化の検出を向上させることができます。 骨の変化(びらんなど)はCT [6]で明確に描写できます。 さらに、MRIは、軟組織構造(パンヌス、脊髄など)、疾患活動性の徴候、および線維性パンヌスの形態の炎症の続発症を視覚化する。 患者さんにおけるCTおよびMRIのこれらの利点 環軸 関与は、図5および6に示されている。 7および8、びらん性変化の発生前にMRIによって関節炎の徴候を検出する可能性を含む(図8)[3]。

図6亜軸不安定性 (a)64歳の女性で、前方周辺を示す進行性末梢RAがある場合の屈曲図 環軸 不安定性だけでなく 亜軸 複数レベルでの不安定性 (b)手術後数年後の屈曲ビュー2 安定 環軸 地域は示します 進行 亜軸 特にC3とC4の間の不安定性(白い矢印)。 特徴的な「脚立」外観があり、これは最初のラジオグラフでも発生しています(a)が、それほど顕著ではありません。
図7 CTおよびMRIの利点 (a)図1に示す患者の補足CTおよび(bf)MRI。 CTはその底部だけでなく侵食を示している が、 しかしまた先端でそして 環軸 X線撮影では視覚化が困難です。 MRI、(b)頸椎全体のサジタルSTIR、(c)サジタルT1、および環軸周囲領域の造影後T1FS画像、(d)サジタル、(e)冠状、および(f)軸方向。 C1 / 4およびC5 / 5の椎間板変性に加えて、C6 / 4で椎間板を囲む浮腫性の膨大なパンヌスがSTIRおよびT5画像(黒い矢印)に見られる。 造影後TXNUMXFS画像は、歯の周りの血管新生増強パンヌスの存在を確認し(白い矢印)、そしてSTIR画像と比較して解剖学的描写の改善を実証する。 脊髄圧迫の徴候はありません。
図8非放射線MR所見。 末梢性びらん性RAおよび頸部痛を伴う41年齢の女性のMRIであるが、正常な子宮頸部X線写真である。 (a)右後軸および(b)冠状TIFS画像は、左の軸索関節における滑膜造影増強を伴う活動性関節炎の兆候を示し、さらに、膿の左側の白癬組織を増強する(白い矢印)。 また、糜爛前の病変と適合する軸(黒い矢印)の軟骨下強化領域も存在する。

Younesらによる診断戦略。 [3]をお勧めします(図9)。 これには、子宮頸部病変が患者の2%以上で発生する可能性があり、RA患者の70%で無症候性であると報告されているため、疾患期間が17年を超えるすべてのRA患者のX線撮影の適応が含まれます。 RF(リウマチ因子)および抗CCP(環状シトルリン化ペプチドに対する抗体)陽性を伴う明らかな末梢びらんのある患者と、末梢びらんがほとんどなく、RF陰性の患者を5年間隔で監視することをお勧めします。 MRIは、神経学的欠損、X線写真の不安定性、垂直亜脱臼、および 亜軸 狭窄[2、3]。 脊髄の可視化は、脊髄損傷または損傷の危険性を検出するために特に重要です。 したがって、MRIは常に首の痛みおよび/または神経学的症状を示すRA患者に実施されるべきである[3、7]。

血清陰性脊椎関節炎

ヨーロッパの分類基準[8、9]に従って、SpAは分割されます に: (1)強直性脊椎炎(AS)、(2)乾癬性関節炎、(3)反応性関節炎、(4)炎症性腸疾患に関連する関節炎(腸疾患性関節炎)および(5)未分化SpA。 仙腸関節の炎症性変化は常にASで起こり、他のほとんどの形態のSpAの一部です。 脊髄の変化もSpAの特徴であり、特にASの後期段階ではそうです。

強直S脊柱炎

強直性脊椎炎は、SpAの中で最も頻繁に、通常は最も不能な形態である。 これは、ヒト白血球抗原(HLA)B27 [10]との頻繁な会合の形で遺伝的素因を有する。 ASはしばしば初期の成人期に始まり、慢性進行性の経過を有する。 したがって、この障害を診断することが重要です。 変更されたニューヨーク基準(11)によると、明確なASの診断には次のことが必要とされる:X線撮影(≧2両側性または片側性3-4仙腸炎;図10)および以下の臨床基準:(1)3月以上の腰痛と腰の活動が改善し、(2)腰椎の動きが制限され、(3)胸の伸びが減少しました。 これらの基準は、早期にこの病気を検出するMRIの使用が増加しているにもかかわらず、依然としてASの診断に使用されている。 したがって、ASの特徴的なX線撮影特徴およびMR特徴の両方を知ることが重要である。

初期のX線撮影による脊椎の変化には、椎体の角の浸食として現れる椎体の角裂(反応性硬化症)を引き起こす脊椎隅部(Romanus病巣)の浸食が含まれる(図10)。 これらの変化は、反応性骨形成を引き起こす椎骨の角部における線維輪の挿入時の炎症(腱炎)によって引き起こされる[12]。 後 on 細い骨化は線維輪に現れる(シンデスモフィート)(図11)[13] 病気が進行すると、脊椎は椎間腔を横切るシンデスモファイトに加えて徐々に融合する。 融合 完全な脊椎固定術をもたらすアポフィシール関節の形成(竹の脊椎;図12)。 高度な 病気 棘上棘と棘間靱帯は骨化し、細い骨化縞として正面のX線写真上に見えることがある(図12)。 単一の中央放射性条痕の発生は、「短剣サイン」を有する。 靱帯骨化が萎縮性関節包の骨化と同時に起こる場合、上に3本の垂直放射性線がある。 正面 レントゲン写真(トロリートラックサイン)。

図9診断戦略。 Younesらによると [3]頸椎のX線撮影は、2年以上の疾患期間を持つすべてのRA患者に適応されます。 少なくとも、ニュートラルおよび屈曲位置での口を開けたビューと側面ビューを含める必要があります。 RA患者の17%で無症候性の子宮頸部病変が発生するため、リウマチ因子の陽性に応じて2〜5年の間隔で患者を監視することをお勧めします。 MRIは、神経学的欠損、X線撮影の不安定性、環軸癒着および軸下狭窄を有する患者に適応されます。 CTは、任意の平面での二次再建の可能性と環椎後頭関節[6]の明確な視覚化のために、回転および側方亜脱臼に情報を追加する場合があります。

椎間板内のびらん性変化(アンダーソン病変)は、X線撮影でASNXX患者の約5%で検出されましたが、MRI(14図)ではより頻繁に検出されました[11]。

単一の椎間腔における永続的な動きは、診断されていない骨折によって時々引き起こされる、そうでなければ強直された脊柱に生じることがある。 これは、単一の可動椎間腔[14]における過剰な機械的負荷のために、周囲の反応性骨棘の形成を伴う偽関節症様の変化をもたらし得る。 このような変化の診断には、適切な視覚化を得るためにCT検査が必要な場合があります(図13)。

ASの生命を脅かす合併症の1つは 脊髄 骨折。 致命的でない骨折はAS患者の最大6%、特に長い疾患期間を持つ患者で起こることが報告されています[16]。 骨折は軽度の外傷後に起こる可能性があります。これは、脊椎のこわばりとそれに伴う骨粗鬆症が原因です。 骨折はしばしば椎間腔で起こるが、 通常 背後の構造が不安定であるため不安定である(図14)。 明らかな骨折はX線撮影で視覚化できますが、骨折は不明瞭になることがあります。 したがって、CTでネガティブラジオグラフィーを補完することは必須です 骨折 疑われる(外傷歴または脊髄症状の変化の場合)。 の発生 頚胸椎 骨折は脊髄損傷を引き起こす可能性があり、軽度の外傷後でも致命的になる可能性があります[17]。

断面CTまたはMRイメージングは​​、AS変化の診断において有利であり得る。 骨構造の明確な描写を提供するCTは、偽関節症を視覚化し骨折を検出するための好ましい技術である(図XNUMX、XNUMX)。 CTは、肛門萎縮症のびらんや強直などの小さな骨性病変の検出においてMRIより優れています。 肋椎 , コスト横関節(図15)。 MRIは骨髄や軟部組織の形で活発な炎症の兆候を視覚化することができます 浮腫 コントラスト強調。 それは持っています したがって、 疾患活動性の評価において中心的な役割を果たした[15]。 しかしながら、MRIは骨髄内の脂肪沈着と侵食や椎体の融合などの慢性的な構造変化からなる炎症の後遺症も検出することができます[15]。

疾患の初期の特徴的なMR所見は、主に以下からなる活動変化です。 浮腫 椎骨の角および/または 肋椎 関節(図16)[13] 椎骨の角の炎症性変化は、ASの特徴です。 若年患者における重症または多発性(≧3)の病変の発生に基づいて、ASの変化は高い信頼性で退行性の変化と区別することができる[18]。

図10強直性脊椎炎(AS)における比較的早期の変化。 (a)28年齢の男性の仙腸関節のAP放射線写真で、軟骨下硬化症を伴う両側性関節腐食の形で典型的な明確な両側性AS仙腸炎(グレード3)を示す。 (b)Th11、Th12、L4およびL5に対応する椎骨角の腐食(Romanus病変)からなる脊髄の初期変化 - 椎骨の結びつきを伴って - 光沢のある角(矢印)。

病気の経過中、活動の兆候は、靭帯骨棘、アポフィシール関節、棘間靭帯でも発生する可能性があります(図16)。 しかしながら、MRIによるアポフィシール関節の炎症の検出は、組織病理学的に顕著な関与を要求します[19]。 椎骨の角の炎症は最も有効な特徴であり、X線撮影による靭帯骨棘の発達に関連して観察されており[12]、疾患活動の兆候と慢性的な構造変化との関連を確立しています。

MRIによって検出可能な慢性的なAS変化は、主に、脊柱部の脂肪骨髄沈着(図17)、侵食(図11)、および進行した疾患における脊椎融合(図12)からなる。 脂肪骨髄沈着は、X線撮影の変化、特に脊椎の二乗[15]と有意に相関する慢性の兆候であると思われる。 侵襲は、X線撮影(図11)[15]よりもMRIにより頻繁に検出され、骨関節炎症の続発症と適合する活動的な炎症および/または周囲の脂肪骨髄沈着の徴候を示すことができる。 しかし、SyndesmophytesはMRIによって常に見えるとは限らないかもしれません。なぜなら、付随する活性な炎症または脂肪沈着がなければ線維性組織と区別することが難しいからです(図11、16)[15、20]。

MRIによって疾患活動性を可視化する可能性は、特に抗TNFの間に、ASをモニターするためのその使用を増加させました。抗腫瘍 壊死因子療法[21、22]。 いくつかの研究は、MRの変化が胸椎で頻繁に起こることを示しています(図16)[15、23]。 したがって、矢状のSTIRまたはT2脂肪飽和(FS)およびT1加重シーケンスを使用して脊椎全体を検査することが重要です。 補足的な軸方向のスライスは、恥骨の関与を視覚化するために必要であるかもしれません、 肋椎 , コスト横関節(図16)[24、25]。 造影後のT1FSシーケンスは、解剖学的描写がより良くなるため[26]、時には有利な場合があります。 さらに、動的造影剤増強MRIは、抗TNF療法中の疾患活動性のモニタリングにおいて静的MRIよりも優れている可能性がある[27]。 全身MRIは、脊椎および仙腸関節の病変に関する重要な情報を失うことなく、他の領域への病変の検出を可能にします[28、29]。

その他のFオーム SpAの

反応性関節炎および乾癬性関節炎のX線写真上の変化は、多くの場合、膨大な非辺縁のシンデモフィテスによって特徴付けられる(パラシンデスモフィテス)非対称仙腸炎に加えて、傍脊椎靭帯の骨化の合体(図18)[30]。

反応性関節炎は、ほとんどの患者で自己制限的です。 しかしながら、慢性反応性関節炎およびHLAを有する患者において B27 軸方向の変化は、ASで見られる変化とやや似た変化へと進行する可能性があり、感染によって誘発されたASと見なすことができます[10]。

図11ASにおける靭帯骨棘とびらん。 (a)L29とL3の間の椎間(iv)空間での終板の侵食に加えて、線維輪の周辺に特徴的な細い骨化(靭帯骨棘)(黒い矢印)がある4歳の男性の側面X線写真(白い矢印)。 補足MRI、(b)矢状STIR、および(c)T1強調画像は、STIR画像のiv L3 / 4でのびらんの小さな浮腫領域と、以前の骨の炎症の兆候としてのT1での周囲の骨髄沈着を示しています。 レントゲン写真では明確に描写されていない追加の侵食性変化(黒い矢印、c)と椎骨の角のわずかな浮腫(白い矢印、b)があります。 放射線写真で示された靭帯骨棘はMRIでは見えないことに注意してください。
図12 Advanced AS (a)APおよび(b)側面レントゲン写真
55歳の男性で、恥骨接合部(竹の背骨)の融合に加えて椎間腔を横切るシンデスモファイトによる椎体融合を示す。 棘間靭帯は骨化しており、正面のレントゲン写真上に細い骨化した縞として現れている(短剣記号;矢印)。 MRI、それぞれ(c)頸胸部および(d)腰部領域のサジタルTXNUMX加重画像は、特に腰部領域における椎体の部分的骨癒合を伴う椎間板の全体的狭窄を示す(矢印)。 さらに、腰椎前弯および胸部後弯の減少を伴う特徴的なAS変形。
図13 ASにおける偽関節症様の変化。 (a)APおよび(b)iv Th10 / 11以外の脊髄融合を示す側面放射線写真。 このiv空間(矢印)には周囲の骨棘形成が存在する。 補充CT、(c)矢状および(d)冠状2D再建は、このレベル(矢印)での椎体および股関節の関節の融合の欠如を示す。 (e)3D再構成は、周囲の反応性骨芽細胞の周囲を覆っていることをはっきりと示している。
図14ASの脊椎骨折。 (a)APおよび(b)進行したASを有し、64週間にわたって腰痛が増加している4歳の男性の胸椎の側面X線写真。 側面図は、Th9とTh10の椎体の前面にわずかなずれが見られ、APビューではivが不規則に狭くなっており、すべて骨折を示唆しています(矢印)。 CT、(c)矢状および(d)冠状再建は、静脈内空間および後部構造(矢印)を通る骨折を示しています。 CTに使用される仰臥位では、X線撮影中に使用される直立位置と比較して、椎間腔が前方に広がっています。

軸性乾癬性関節炎(PsA)は、末梢PsA患者の約50%に発生します[31]。 それは、10%の患者において、膨大な傍脊椎骨化症および付随する仙腸炎を伴わない脊椎変化の発生によって、X線撮影的にASとは異なる[32]。 軸方向 PsA 臨床的には沈黙している可能性があり[33]、頸椎の浸潤が頻繁に起こる(環軸 または疫学的な関節の変化)。 子宮頸管 認識する 含めることができます 環軸 RAに見られるような不安定性(図19)が、病因とそれによる画像所見は異なる。 PsAでは、X線撮影とCTは通常、歯の領域の新しい骨形成を視覚化します。 これは骨の炎症(骨炎)および/またはMRIによって検出可能な靭帯/腱付着部の炎症(腱炎)によって誘発される(図XNUMX)。 骨炎はしばしば脊髄PsAの特徴であり、傍脊椎骨化/傍同棘状突起および椎骨板の侵食とともに発生する可能性がある(図19)。 PsAのMR所見は個人的な観察に基づいており、骨炎、腸炎の混合物を含むX線写真の変化を反映しているように思われる , 侵食。 残念ながら、脊椎の変化についての体系的な説明が不足しています。 PsA MRIによって。 SAPHO(滑膜炎、ニキビ、膿疱症、骨粗鬆症、骨炎)症候群という用語で説明されている患者さんの中には、 PsA。 SAPHOは、主に骨性骨増殖症および硬化症を示す炎症性障害にしばしば使用される総称であり、それらはしばしば皮膚障害と関連している。 SAPHOの最も一般的な罹患部位は前胸部で、その後に脊椎が続きます[34]。 図20に示されているPsAの変化は、両方ともSAPHOの主な特徴である、骨粗鬆症および硬化症を特徴としています。 しかしながら、この患者は前胸部病変を有していなかった。

図15 CTによるASの脊椎の変化の検出。 びらん性変化(a)および肋骨関節の強直(b)を示す軸方向CTスライス(矢印)。
図16MRIによるASの活動変化。 X線撮影の10年前に得られた図3に示す患者の(a)頸胸部および(b)腰椎の矢状STIR。 椎骨の角(白い矢印)に対応する複数の高信号強度領域があります。 さらに、胸椎の外側矢状スライスに見られる肋椎関節の骨浮腫(a、黒い矢印)。 (c)炎症を起こした肋椎関節の軸方向の造影後T1FSにより、関節のびらんに加えて、椎骨と肋骨(矢印)の両方に骨の増強という形で関節の炎症が存在することが確認されました。 (d)正中矢状ポストコントラストT1FSは、靭帯骨棘の増強を示しています。 (e)27歳の男性のアポフィシール関節の炎症性変化。 腰部の矢状STIR画像で、胸部下部の軟骨下骨浮腫(白い矢印)と、腰椎骨盤関節に対応する骨および軟部組織の浮腫(黒い矢印)の両方を示しています。 Th12の椎弓根の骨浮腫は、肋椎関節の領域にまで及ぶことに注意してください。 (f)腰椎の冠状ポストコントラストT1FSは、L2とL3の間の棘間靭帯に対応する追加の増強を示しています(矢印)。
図17
MRIによるASの慢性的な変化 図1に示す患者の矢状方向T10(a)頸胸椎および(b)腰椎。 椎体の角に、そしてまた胸椎に後方にも複数の脂肪性骨髄沈着がある(b、矢印)。 これは、MRIがXNUMX年前に実施されて以来(図XNUMX a〜dに示される)発生したことが観察され、以前の炎症の領域に対応する。

クローン病または潰瘍性大腸炎に関連する腸病理学的関節炎の患者では、脊柱はしばしば骨粗しょう症であり、多くはAS様の変化を伴うX線撮影によって様々なSpA機能を伴う。 しかし、MRIでは、SpAの他の形態(図21)よりも後靭帯に顕著な炎症が存在する可能性がある。

図18乾癬性関節炎(PsA)、脊椎骨化症。 第2椎体と第3椎体の融合に加えて、脊柱側弯症新生骨形成(矢印)を示す48年齢の男性の腰椎脊柱側弯症(a)APおよび(b) 付随する仙腸炎はなかった。 (c)アキシャルPsAを伴う女性患者における胸腰部接合部のAP放射線写真で、合併する脊柱骨化症(矢印)を示す。
図19子宮頸部PsA。 (a)61歳の女性の屈曲時の中立位置の側方X線写真と、(b)前弧と腔の間の4-mmの距離(白線)のアトランタ不安定性を示す。 さらに、C4-7椎体の前に、骨関節接合部の強直(黒い矢印)および新しい骨形成(白い矢印)。 CT、(c)緻密領域の軸方向スライスおよびコロナル再建は、アトランタ領域(矢印)における新しい骨形成を示す。 (d)下部頸部領域の冠状再建術は、椎体の右側に大量の新しい骨形成を示す(矢印)。 MRI、(e)矢状STIR、および(f)T1強調画像は、骨炎および腱炎の混合物と適合する周囲の不規則な浮腫を伴う膿(矢印)に対応する均一な骨性炎症を示す。 X線撮影で視覚化された前部新生骨形成は、MRIで検出するのが困難であることに注意してください。
図20腰椎PsA。 (a)APおよび(b)50歳の男性の横方向放射線写真は、第3の腰椎および隣接する静脈腔の前方および右側の大量の脊椎骨形成を示す。 MRI、(c)矢状STIR、(d)T1および(e)ポストコントラストT1強調画像は、浮腫および椎体の増強の形で現れる骨炎(骨炎)、脊椎骨の軽度の増強脊椎炎、腱炎およびびらん性変化の混合物と適合する上部椎骨板の形成および侵食をもたらす。
図21 Enteropathic SpA。 潰瘍性大腸炎の27歳の男性の腰椎の矢状STIR画像は、棘間靭帯(矢印)に対応する浮腫および炎症の兆候としての棘突起を示す。 前部椎骨の角に位置する椎体に対応する活動変化はごくわずかである。
Dr Jimenez White Coat

脊椎の関節リウマチは、頸部の痛み、背中の痛み、および/または上肢および下肢の痛みを引き起こすことがある。 重度の症例では、RAはまた、脊髄の変性につながり、脊髄および/または脊髄神経根の圧迫または衝突をもたらすことがある。 カイロプラクターとして、最良の治療プログラムを開発するために、患者の健康問題を判断するための診断画像を提供しています。

Dr. Alex Jimenez DC、CCST

結論

レントゲン写真術はまだ脊髄の炎症性疾患の診断に貴重です。 それは不安定性を視覚化するために必要であり、そしてシンデスモファイトを検出するためのMRIよりも優れている。 しかしながら、MRIおよびCTは、それらがX線撮影法によって視覚化されることができる前に脊椎病変の徴候を検出することができる。 MRIは情報を追加します 潜在的な 脊髄の関与 神経質な 病気の活動の兆候に加えて、RAの線維性パンヌスやSpAの脂肪骨髄沈着、侵食、脊椎固定などの慢性的な変化の兆候。 したがって、MRIは、特に抗TNF療法中に、炎症性脊椎疾患を監視するために広く使用されています。

コンピュータ断層撮影は、骨折や軽度の骨病変の検出、および偽関節の評価に特に役立ちます。 結論として、関節リウマチは最も一般的に手、手首、肘、腰、膝、足首、足の構造と機能に影響を及ぼしますが、この慢性炎症性疾患を持つ人々は腰痛を経験する可能性があります。 関節炎の脊椎を画像化することは、治療法を決定するための基本です。 私たちの情報の範囲は、カイロプラクティックだけでなく、脊椎の怪我や状態に限定されています。 主題について話し合うには、ジメネス博士に気軽に尋ねるか、次のアドレスまでお問い合わせください。 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

1。 Paus AC、Steen H、Roislien J、Mowinckel P、Teigland J(2008)頚椎の亜脱臼を伴う慢性関節リウマチにおける死亡率の高さ:手術および非手術患者のコホート研究。 背骨33(21):2278-2283
2。 キムDH、ヒルビランドAS(2005)頸椎の関節リウマチ。 J Am Acad Orthop Surg 13(7):463-474
3。 (2009)リウマチ性頚椎の比較画像:有病率研究および関連因子。 ジョイントボーンスパイン76(4):361-368
4。 Riew KD、Hilibrand AS、Palumbo MA、Sethi N、Bohlman HH(2001)リウマチ患者の基底膜誘発の診断。 放射線学的基準の信頼性。 J骨癒合術83(2):194-200
5。 (2010)慢性関節リウマチにおける大動脈縮窄症の軸索置換術後の下行性亜脱臼のリスク因子。 背骨35(16):1551-1555
6。 (2008)慢性関節リウマチに起因するアトランタ亜脱臼症患者におけるアトランジオパシンジョイントの形態とX線撮影の結果との関連。 Eur Spine J 17(6):826-830
7。 慢性関節リウマチにおける子宮頸部脊髄の関与:Narvaez JA、Narvaez J、Serrallonga M、De Lama E、AM、Mast Rら(2008)
神経学的徴候と磁気共鳴映像所見との間の相関。 リウマチ学(オックスフォード)47(12):1814-1819
8。 Dougados M、van der Linden S、Juhlin R、Huitfeldt B、Amor B、Calin Aら(1991)欧州脊椎関節症研究グループは、脊椎関節症の分類の予備的基準を定めている。 関節炎Rheum 34:1218-1227
9。 (2009)脊椎関節炎の国際分類(ASAS)分類基準の開発(第2部):妥当性確認と最終選択。 アンRheum Dis 68(6):777-783
10。 Sieper J、Rudwaleit M、Khan MA、Braun J(2006)脊椎関節症の概念と疫学。 ベストプラクティスクリスリウマトール20(3):401-417
11。 van der Linden S、Valkenburg HA、Cats A(1984)強直性脊椎炎の診断基準の評価。 ニューヨーク基準の改正案。 関節炎Rheum 27:361- 268
12。 炎症と新生骨形成との関係の証拠、強直性脊椎炎における新しいシンデス母親の発症を予測しています(訳注:脊髄の脊柱側弯症)。 関節炎Rheum 2009(60):1-93
13。 Siaper J、Rudwaleit M、Baraliakos X、Brandt J、Braun J、Burgos- Vargas Rら(2009)脊椎関節症の評価のためのガイドラインであるSpondyloArthritis International Society(ASAS)ハンドブックの評価。 アンRheum Dis 68(Suppl 2:ii):1-44
14。 脊髄脊髄炎の脊髄偽関節症の検出。 Br J Radiol 1981(54):642-467
15。 Madsen KB、Jurik AG(2009)脊椎関節症の活動的および慢性の脊髄変化のMRIグレーディング方法。 Clin Radiol 65:6-14
16。 Feldtkeller E、Vosse D、Geusens P、van der Linden S(2006)強直性脊椎炎患者における脊椎骨折の有病率および年間発生率。 Rheumatol Int 26(3):234-239
17。 Thomsen AH、Uhreholt L、Jurik AG、Vesterby A(2010)強直性脊椎炎における外傷による死亡例 - Jフォレンジックサイ55(4):1126-1129
18。 ベネット・アン、リーマン・A、ヘンソルEM、マルゾ・オルテガH、エメリー・P、マクゴナルグD(2009)脊髄脊髄関節炎における脊髄磁気共鳴映像法の診断有用性の評価。 関節炎Rheum 60(5):1331-1341
19。 (2006)強直性脊椎炎患者の背骨における組織病理学的知見と磁気共鳴映像法の相関。 関節炎の研究者8(5):R143
20。 Brain J、Baraliakos X、Golder W、Hermann KG、リストJ、Brandt Jら(2004)強直性脊椎炎における慢性的な脊髄の変化の解析:確立されたスコアリングシステムと新しいスコアリングシステムを用いた従来のX線と磁気共鳴画像の系統的比較。 アンRheum Dis 63(9):1046-1055
21。 抗TNF-アルファ抗体インフリキシマブでの2007年治療後の強直性脊椎炎患者の放射線学的進展(Barraniakos X、リストJ、Brandt J、Haibel H、Rudwaleit M、Sieper Jら(4) リウマチ学(オックスフォード)46(9):1450-1453
22。 アダリムマブは、強直性脊椎炎患者の脊髄および仙腸関節の両方の炎症を有意に軽減する:多施設、無作為化、二重盲検、プラセボ対照群(プラセボ対照群)、プラセボ対照群、制御された研究。 関節炎Rheum 2007(56):12-4005
23。 Baraliakos X、Landewe R、Hermann KG、リストJ、Golder W、Brandt Jら(2005)強直性脊椎炎における炎症:磁気共鳴イメージングを用いた急性脊髄変化の程度および頻度の系統的記述。 アンRheum Dis 64
(5):730-734
24。 軸方向骨格のKhanna M、Keightley A(2005)MRI
強直性脊椎炎の症状。 Clin Radiol 60(1):135-136
25。 Levine DS、Forbat SM、Saifuddin A(2004)強直性脊椎炎の軸上骨格症状のMRI。 Clin Radiol 59
(5):400-413
26。 Baraliakos X、Hermann KG、Landewe R、リストJ、Golder W、
Brandt Jら(2005)磁気共鳴画像法による強直性脊椎炎患者の急性脊髄炎の評価:コントラスト強調T1と短タウ反転回復(STIR)シーケンスの比較。 アンRheum Dis 64(8):1141-1144
27。 Gaspersic N、Sersa I、Jevtic V、Tomsic M、Praprotnik S(2008)動的コントラスト強調および拡散強調磁気共鳴イメージングによる強直性脊椎炎治療のモニタリング。 骨格放射性37(2):123-131
28。 (2009)脊椎関節症患者の仙腸関節における急性炎症性病変のスコアリングのための従来型磁気共鳴イメージングに対する全身の有効性の検証。 関節炎Rheum 61(7):893-899
29。 (2010)アキシャル脊椎関節症患者における能動脊髄炎症変化の評価:従来のMRIに対する全身MRIの検証。 アンRheum Dis 69(4):648-653
30。 Helliwell PS、Hickling P、Wright V(1998)古典強直性脊椎炎の放射線学的変化は、炎症性腸疾患、乾癬および反応性関節炎に関連する脊椎炎の変化とは異なるか? アンRheum Dis 57(3):135-140
31。 Chandran V、Barrett J、Schentag CT、Farewell VT、Gladman DD(2009)軸索乾癬性関節炎:長期間の前向き研究での更新。 J Rheumatol 36(12):2744-2750
32。 Lubrano E、Marchesoni A、Olivieri I、D'Angelo S、Spadaro A、Parsons WJら(2009)乾癬性関節炎脊椎炎放射線学的指標:乾癬性関節炎における軸索関与の放射線学的評価のための修正指数。 J Rheumatol 36(5):1006-1011
33。 Hanly JG、Russell ML、Gladman DD(1988)乾癬性脊髄性関節症:長期間の前向き研究。 アンRheum Dis 47(5):386-393
34。 (2008)SAPHO症候群に関連した脊椎炎である。 Eur Spine J 17(10):1391-1397

グリーン電話ボタンH.png

追加トピック:急性腰痛

背中の痛み 障害の最も一般的な原因の1つであり、世界中の仕事で欠場しています。 背部の痛みは、医者の診察の2番目に一般的な理由であり、上気道感染症の数だけ多い。 人口のおよそ80%は、一生を通して少なくとも1回は腰痛を経験するでしょう。 脊椎は、他の軟部組織の中で骨、関節、靭帯、および筋肉からなる複雑な構造である。 このため、怪我および/または悪化した状態、例えば 椎間板ヘルニア最終的には、背痛の症状につながる可能性があります。 スポーツ傷害または自動車事故による傷害は、多くの場合、背痛の最も頻繁な原因であるが、時には最も単純な運動は痛い結果をもたらすことがある。 幸運なことに、カイロプラクティックケアのような代替治療の選択肢は、脊柱調節と手作業による腰痛の緩和に役立ち、究極的には疼痛緩和を改善する。

漫画紙の少年のブログの画像

重要なトピック:坐骨神経痛疼痛カイロプラクティック療法

https://youtu.be/4axq8MnZskM