テキサス州エルパソの腰痛に対する非侵襲的治療法 テキサス州エルパソ
エルパソのカイロプラクター、アレックス・ヒメネス博士
健康、栄養、傷害に関連するさまざまなトピックについてのブログ記事を楽しんでいただければ幸いです。 ケアを求める必要が生じたときにご質問がある場合は、私たちまたは私自身に電話することを躊躇しないでください。 事務所または私に電話してください。 Office 915-850-0900 - Cell 915-540-8444よろしくおねがいします。 Dr. J

El Paso、TXの背痛に対する非侵襲的治療法

個人的な観点から、 さまざまな脊髄損傷および病状の経験を有する練習的なカイロプラクターとして、背中の痛みは一般の人々の間で報告された最も一般的な健康問題の1つであり、8の人生のある時点で10について影響を及ぼします。 多くの異なるタイプの治療法が、現在、腰痛の症状を改善するのに役立つが、臨床的および実験的証拠に基づく健康管理は、腰痛のために受ける治療のタイプに影響を及ぼす。 医療の多くの患者は、その安全性および有効性に関連する証拠が増えた結果、腰痛の非侵襲的治療法に変わりつつある。

さらなる注記では、 非侵襲的処置様式は、皮膚への切れ目が生じず、自然または人工の体口を越える粘膜または体内腔との接触がない場合、または体内へ​​の切開を必要としない保存的処置として定義される組織の 背痛に対する様々な非侵襲的治療様式の臨床的および実験的方法および結果は、以下に詳細に記載され、議論されている。

抽象

現在、エビデンスベースの医療に向けた国際的な傾向がますます高まっています。 プライマリケアにおける腰痛(LBP)研究の分野は、無作為化試験からの膨大なエビデンスがあるため、エビデンスベースのヘルスケアの優れた例です。 これらの試験は、多数の系統的レビューに要約されている。 本稿では、非特異的LBPに対する非侵襲的治療法に関するCochrane Back Review Groupの枠組みの中で実施された体系的レビューから得られた最良の証拠を要約する。 データは最新のCochrane Database of Systematic Reviews 2005、Issue 2から収集されました。 Cochraneのレビューは、利用可能であれば、追加の試行で更新されました。 伝統的なNSAIDs、筋弛緩薬、アクティブな状態を維持するための助言は、急性のLBPにおける短期間の疼痛緩和に有効である。 活性を維持する助言は、急性LBPの長期的な機能改善にも有効である。 慢性的なLBPでは、抗うつ薬、COX2阻害剤、バックスクール、進行性弛緩、認知応答療法、運動療法、および集中的な多分野治療など、短期間の疼痛緩和には様々な介入が有効である。 慢性LBP、すなわちCOX2阻害剤、バックスクール、進行性弛緩、運動療法、および多面的治療における機能の短期的改善には、いくつかの治療法も有効である。 これらの介入のいずれかが、疼痛および機能に長期間の影響を与えるという証拠はない。 また、多くの試験では方法論的脆弱性が示され、効果はプラセボと比較され、治療または待機リストコントロールはなく、効果サイズは小さい。 将来の試験は、現在の品質基準を満たし、適切な標本サイズを有するべきである。

キーワード: 非特異的腰痛、非侵襲的治療、プライマリケア、有効性、エビデンスレビュー

概要

腰痛は一次医療の設定で最も一般的に治療されます。 急性および慢性腰痛(LBP)の臨床管理は、医療提供者によって大きく異なる。 また、LBPの管理には、一般開業医、理学療法士、カイロプラクティック、オステオパシー、手動療法士など、さまざまなプライマリヘルスケア専門家が関わっています。 職場間でのLBPの管理の一貫性を高める必要があります。

現在、エビデンスベースの医療に向けた国際的な傾向がますます高まっています。 エビデンスベースの医療の枠組みの中で、臨床医は、個々の患者のケアに関する決定を下す際に、現在の最良の証拠を慎重に、明示的かつ賢明に使用すべきである。 プライマリケアにおけるLBP研究の分野は、証拠ベースのヘルスケアの優れた例です。なぜなら、膨大な証拠があるからです。 現在、プライマリケアで一般的に使用されているLBPのすべての種類の保守的治療法と代替療法を評価する500無作為化比較試験(RCT)が公開されています。 これらの試験は、多数の系統的レビューに要約されている。 コクラン・バック・レビュー・グループ(CBRG)は、背中と頸部の痛みの分野で体系的なレビューを実施し、出版するためのフレームワークを提供しています。 しかし、この分野におけるレビューの質を向上させ、レビュー全体の比較を容易にし、レビューア間の一貫性を高めるために、CBRGによってメソッドガイドラインが開発され、発行されている。 この論文は、非特異的LBPのための非侵襲的治療に関するCBRGの枠組みの中で行われた体系的レビューから得られる最良の証拠を要約している。

試験

急性、亜急性および慢性の非特異的LBPに対するプラセボ(または偽治療、介入および待機リストコントロール)または他の介入と比較した、非侵襲的(医薬および非医薬)介入の有効性を決定する。 同じ介入の様々なタイプ(例えば、様々なタイプのNSAIDまたは様々なタイプの練習)を比較する試行は除外された。 補完的で代替的な医学的介入(鍼治療、植物薬、マッサージ、神経反射療法)に関する証拠は、他の場所で発表されている。 LBPの外科的および他の侵襲的介入に関する証拠は、European Spine Journalの同じ号の別の論文に示されている。

メソッド

CBRGの枠組みの中で行われた系統的レビューの結果が使用された。 これらのレビューのほとんどは発表されたが、出版のために提出された患者教育に関するコクランのレビュー(A. Engersら、出版のため提出)の予備的結果も使用された。 コクランレビューは利用できなかったため、抗うつ薬のエビデンスサマリーについて、最近公表された2つのレビューを使用しました。 このレビューに含まれているすべての試験は、運動療法および多分野治療のレビューにも含まれていたため、作業調整、作業強化、および機能回復に関するCochraneのレビューは考慮されていませんでした。 Cochraneのレビューは、Clinical Evidenceを源泉(www.clinicalevidence.com)として使用して、追加の治験があれば更新されました。 この原稿は、医薬品介入の証拠と非特異的LBPの非医薬品介入の証拠の2つの部分で構成されています。

検索戦略と研究の選択

Cochraneのレビューでは、次の検索戦略が使用されました。

  1. 初めからMedlineデータベースとEmbaseデータベースのコンピュータ支援検索。
  2. Controlled Trials(Central)のCochrane Central Registerの検索。
  3. 関連する系統的レビューおよび同定された試験で示された参考文献をスクリーニングする。
  4. 現場のコンテンツ専門家との個人的なコミュニケーション

2人の査読者は、文献検索によって検索された文献の題名、抄録、キーワードから潜在的に関連する試験を選択するための包含基準を独自に適用した。 不一致が存在する記事、およびタイトル、要約、およびキーワードが選択の決定に不十分な情報を提供する記事を入手して、それらが包含基準に適合したかどうかを評価した。 2つの査読者の間で、研究を含めることに関する意見の不一致を解決するために、コンセンサス方法が用いられた。 コンセンサス会議で不一致が解決されなかった場合、第3の査読者に相談した。

インクルージョン基準

研究デザイン。 すべてのレビューにRCTが含まれていました。

参加者。 体系的レビューに含まれた試験の参加者は、通常、急性(6週未満)、亜急性(6-12週)、および/または慢性(12週以上)のLBPを有していた。 全てのレビューに非特異的LBP患者が含まれていた。

介入。 すべてのレビューに1つの特定の介入が含まれています。 典型的にはいずれの比較群も認められたが、治療/プラセボ/待機リスト対照および他の介入との比較は別個に提示された。

成果。 体系的レビューに含まれるアウトカム指標は、症状(例:痛み)、治療の全体的な改善または満足、機能(例えば、特定の機能的状態)、健康(例えば、生活の質)、障害生存、仕事欠勤)、副作用などがあります。 結果は、短期および長期のフォローアップについて別個に提示された。

方法論的品質評価

ほとんどのレビューでは、レビューに含まれる試行の方法論的品質は、CBRGによって推奨された基準を使用して評価されました。 研究が出版された著者、機関、または雑誌の研究は盲検化されていなかった。 (1)適切な割り付け隠蔽、(2)適切なランダム化手法、(3)ベースライン特性の類似性、(4)患者の失明、(5)ケア提供者の盲検、(6)同等の共同介入、 (7)盲検的アウトカム評価、(8)のアウトレットアウト及び適切なアウトドロップアウト、及び(9)意思 - 治療の分析を含むが、これらに限定されない。 すべての項目は、肯定的、否定的、または不明瞭として採点された。 高品質は、通常、10またはそれ以上の品質基準を満たすものとして定義されていました。 試験の質の詳細については、オリジナルのコクランレビューに読者を紹介します。

データ抽出

表に抽出され提示されたデータには、参加者の特性、介入、成果、結果が含まれていた。 試聴データの要約については、読者にコクランの元のレビューを参考にしてください。

データ解析

いくつかのレビューでは、統計的手法を用いてメタ分析を行い、データを分析し、要約した。 関連する有効なデータが不足している(データがあまりにも疎であるか不十分な品質である)場合、またはデータが統計的に異質である場合(異種性は説明できない場合)、統計的プーリングは回避されます。 このような場合、査読者は定性分析を実施した。 定性的分析では、参加者、介入、成果、元の研究の方法論的品質を考慮した様々なレベルの証拠が使用された。 利用可能な治験のサブセットのみがメタアナリシスに含めるのに十分なデータを提供した場合(例えば、いくつかの治験のみが標準偏差を報告した場合)、定量分析と定性分析の両方が使用された。

アレックス・ヒメネスの洞察

以下の調査研究の目的は、使用される様々な非侵襲的治療法のうちのどれが、急性、亜急性および慢性の非特異的腰痛の予防、診断および治療のために安全で最も効果的であるかを決定することであった背中の痛み。 すべての体系的レビューには、ある特定のタイプの非特異的な腰痛、またはLBPが参加者に含まれていました。 系統的レビューに含まれる結果の尺度は、症状、全体的な改善または治療、機能、幸福、障害および副作用に対する満足度に基づいていた。 結果のデータを抽出し、表1および2に示した。 研究の研究者は、この記事でそれを実証する前に、提示されたすべての臨床および実験データの定性分析を実施した。 ヘルスケアの専門家、または腰痛を有する患者として、この調査研究の情報は、所望の回復結果尺度を達成するためにどの非侵襲的治療法を考慮すべきかを判断するのに役立つ可能性がある。

結果

医薬介入

抗うつ薬

LBPの治療に抗うつ薬を使用する理由は3つあります。 第1の理由は、慢性LBP患者はしばしばうつ病にも対処し、抗うつ薬で治療すると気分が高まり、疼痛耐性が増す可能性があるということです。 第二に、多くの抗うつ薬が鎮静しており、慢性疼痛症候群を管理するためのその価値の一部が単に睡眠を改善する可能性があることが示唆されています。 慢性LBP患者における抗うつ薬の使用の第3の理由は、鎮痛作用が想定されていることであり、これは抗うつ効果より低い用量で起こる。

急性LBPに対する抗うつ薬の有効性 試行は確認されなかった。

慢性LBP抗うつ薬に対するプラセボの抗うつ薬の有効性 我々は合計9回の試行を含む2つの系統的レビューを見出した。 1件のレビューは、抗うつ薬がプラセボと比較して有意に疼痛緩和を増加させるが、機能上の有意差がないことを見出した[疼痛:標準化平均差(SMD)0.41、95%CI 0.22-0.61; 機能:SMD 0.24、95%CI -0.21〜+ 0.69]。 もう1つのレビューでは、統計的にデータをプールするのではなく、同様の結果が得られました。

有害な影響 抗うつ薬の有害作用には、口渇、眠気、便秘、尿貯留、起立性低血圧、および躁病が含まれる。 1つのRCTは、口腔、不眠症、鎮静および起立症状の有病率が三環系抗うつ薬である60-80%であることを見出した。 しかし、プラセボ群ではほんのわずかしか低下せず、有意差はなかった。 多くの試験では、副作用の報告が不十分であった。

マッスルリラクサント

「筋弛緩薬」という用語は、非常に幅広く、異なる適応症および作用機序を有する広範囲の薬物を含む。 筋弛緩薬は、鎮痙薬と痙攣薬との2つの主要なカテゴリーに分けることができる。

鎮痙剤は、LBPのような痛みを伴う状態に伴う筋痙攣を軽減するために使用される。 鎮痙薬は、ベンゾジアゼピンおよび非ベンゾジアゼピンにサブクラス化することができる。 ベンゾジアゼピン(例えば、ジアゼパム、テトラゼパム)は、不安緩解剤、鎮静剤、催眠剤、抗痙攣剤、および/または骨格筋弛緩剤として使用される。 非ベンゾジアゼピンには、脳幹または脊髄レベルで作用することができる様々な薬物が含まれる。 中枢神経系との作用機序はまだ完全には理解されていない。

不安定薬は、脳性麻痺、多発性硬化症、脊髄損傷などの治療または機能を妨げる痙攣を軽減するために使用されます。 末梢神経系(例えば、ダントロレンナトリウム)による抗精神病薬の作用機序は、筋小胞体カルシウムチャネルの遮断である。 これは、カルシウム濃度を低下させ、アクチン - ミオシン相互作用を減少させる。

急性LBPベンゾジアゼピンとプラセボとの筋弛緩薬の有効性 1件の研究では、50日のジアゼパムに続いてジアゼパムを筋肉内注射した後、短期間の痛みを軽減し、全体的に改善した急性期のLBP患者にとってプラセボより効果的であるというエビデンスが限られている実質的により中枢神経系の副作用と関連している。

プラセボに対する非ベンゾジアゼピン類。 8つの研究が特定された。 急性LBPに関する1つの高品質試験では、80 mg orphenadrineの単回静脈内注射が急性LBP患者の疼痛および筋痙攣の即時緩和においてプラセボより有効であるという適度な証拠(1回の試行; 60人)があることが示された。

3件の高品質試験と1件の低品質試験では、短期間の疼痛緩和、全身的有効性、および身体機能の改善について、経口非ベンゾジアゼピンが急性LBP患者に対してプラセボより有効であるという強力な証拠(294人員4人の試験)があることが示された結果。 95-0.80日後(4回の試行; 0.71人)および0.89(2-4)後の294(0.58-0.45)および0.76-5日後のフォローアップ(3回の試行; 7人)。 244-95日後(4回の試験; 0.49人)および0.25(0.95-2)後の4(222-0.68)は、グローバル有効性のためにプールされたRRおよび0.41% )。

抗不安薬対プラセボ。 220日後の短期間の疼痛緩和および筋痙攣の軽減に関する急性のLBP患者に対して、逆行性筋弛緩剤がプラセボより有効であるという強力な証拠(2つの試験; 4人員)があることが示された。 1つの高品質試験でも、短期間の疼痛緩和、筋痙攣の軽減、および10日後の全体的な改善についての適度な証拠が示されました。

慢性LBPベンゾジアゼピンとプラセボとの筋弛緩薬の有効性 3つの研究が特定された。 慢性LBPの2つの高品質試験では、短期間の疼痛緩和および全体的改善について慢性LBP患者に対して、テトラゼパム222 mg tidがプラセボより有効であるという強力な証拠(2件の試験; 50人)があることが示された。 95-0.82日後のフォローアップ後の0.72(0.94-5)および7-0.71日後の0.54(0.93-10)は、疼痛強度のプールされたRRおよび14%CIであった。 全体的改善のためにプールされたRRおよび95%CIは、0.63-0.42日後のフォローアップ後の0.97(10-14)であった。 1つの高品質試験では、テトラゼパムが筋痙攣の短期間の減少に対してプラセボより有効であるという適度な証拠(1つの試験; 50人)があることが示された。

プラセボに対する非ベンゾジアゼピン類。 3つの研究が特定された。 1つの高品質試験では、短期間の疼痛緩和および107日後の全体的な改善に関して慢性LBPを有する患者についてflupirtinがプラセボより有効であるが、筋痙攣の軽減ではないという適度な証拠(1回の試行; 7人)があることが示された。 1つの高品質試験では、112日後の短期間の全体的な改善において慢性LBPの患者に対してトルペリゾンがプラセボより有効であるが、鎮痛および筋痙攣の軽減ではない、適度な証拠(1回の試行; 21人)があることが示された。

有害な影響 急性LBP(724人)の8つの試験すべてからの強力な証拠によれば、筋弛緩薬は、プラセボよりも総有害作用および中枢神経系副作用と関連するが、より多くの胃腸の有害作用は伴わないことが示された。 RRおよび95%CIは、それぞれ1.50(1.14-1.98)、2.04(1.23-3.37)、および0.95(0.29-3.19)でした。 中枢神経系に関連する最も一般的かつ一貫して報告された有害事象は、眠気およびめまいであった。 胃腸管の場合、これは悪心でした。 筋弛緩剤に関連する他の有害事象の発生率はごくわずかであった。

NSAIDs

NSAIDを用いたLBPの治療の根拠は、鎮痛作用と抗炎症作用の両方に基づいている。

急性LBP NSAIDsに対するNSAIDsの有効性対プラセボ。 9つの研究が同定された。 2つの研究では、放射線を伴わないLBP、坐骨神経痛で2つ、混合群で5つの報告が報告されています。 NSAIDが急性LBPにおいてプラセボよりも優れた疼痛緩和をもたらすという矛盾する証拠があった。 急性期のLBPのNSAIDとプラセボを比較した9件の研究のうち6件が、全体的な改善に関する2つのデータを報告しています。 固定効果モデルを用いた1週後の全体的改善のためのプールされたRRは、1.24(95%CI 1.10-1.41)であり、プラセボと比較してNSAIDに有利な統計的に有意な効果を示した。 固定効果モデルを用いた鎮痛薬使用のためのプールされたRR(3つの試験)は、1.29(95%CI 1.05-1.57)であり、NSAID群における鎮痛薬の使用が有意に少ないことを示している。

NSAIDs対パラセタモール/アセトアミノフェン。 2つの研究でNSAIDsとパラセタモールの間に差はなかったが、1つの研究では、4種類のNSAIDのうち2つについてより良い結果が報告された。 NSAIDが急性LBPのためにパラセタモールより有効であるという矛盾する証拠がある。

NSAIDs対他の薬物。 6つの研究では急性LBPが報告されており、そのうちの5つはNSAIDと麻薬性鎮痛薬または筋弛緩薬との間に差異を見出さなかった。 これらの研究のグループサイズは19から44までの範囲であったため、これらの研究では統計的に有意な差異を検出する能力が不足している可能性があります。 NSAIDsが急性LBPの他の薬剤より効果的ではないという適度な証拠がある。

慢性LBP NSAIDsに対するNSAIDsのプラセボに対する有効性。 1回の小さなクロスオーバー試験(n = 37)は、ナプロキセンナトリウム275mgカプセル(2カプセル入札)が14日に偽薬よりも痛みを軽減することを見出した。

COX2阻害剤対プラセボ。 さらに4つの試験が確認された。 COX2阻害剤(エトリコキシブ、ロフェコキシブおよびバルデコキシブ)が4および12週にプラセボと比較して疼痛および機能改善を減少させる強い証拠があるが、影響は小さかった。

有害な影響 NSAIDsは胃腸の合併症を引き起こす可能性があります。 急性LBPのNSAIDとプラセボを比較した9件の研究のうち7件が副作用に関するデータを報告しています。 固定効果モデルを用いた副作用のプールされたRRは、0.83(95%CI 0.64-1.08)であり、統計学的有意差はないことを示した。 NSAIDsの有害性の系統的レビューでは、主に実際に使用された低用量(有害作用対プラセボ1.30、95%CI 0.91-1.80)のために、イブプロフェンおよびジクロフェナクが最も低い消化管合併症率を有することが判明した。 COX2阻害剤は、変形性関節症および関節リウマチの研究において、胃腸の副作用が少ないことが示されている。 しかし、心血管リスク(心筋梗塞および脳卒中)の増加が長期間にわたって報告されています。

非医薬介入

アクティブになるためのアドバイス

急性のLBPのためにアクティブなままでおくためのアドバイスの有効性。 Cochraneのレビューでは、寝たきりとの単一治療としての活動を維持するためのアドバイスと比較した4件の研究が見つかりました。 1つの高品質の研究では、3日後のベッドでの休息のアドバイスと比較して、2週後に活動状態を有意に改善し、病欠を減少させるアドバイスが示されました。 また、中間経過観察時(3週以上)には、滞在中の活動的なグループに有利な痛み強度の有意な減少が見出された。 質の低い研究では相反する結果が見られた。 追加の試験(278人)は、1月後の就寝と就寝に関するアドバイスの間に、疼痛強度および機能障害に有意差がないことを見出した。 しかし、積極的に滞在するアドバイスは、5日までのベッドレストと比較して、病気休暇を有意に減少させることが判明した(52%対睡眠中の86%対活動中のアドバイス; P <0.0001)。

運動と運動の両立。 1つの試験では、機能的状態の短期的改善と病気休暇の減少が、積極的に働くための助言に賛成しています。 滞在中の活動的なグループに有利な病気休暇の有意な減少も、長期追跡調査で報告された。

慢性的なLBPに積極的に働くアドバイスの有効性 試用は認められません。

有害な影響 どの試験でも副作用は報告されていない。

バックスクール

オリジナルの「スウェーデンのバックスクール」はザクリズムフォルソルによって1969に導入されました。 痛みを軽減し、再発を防ぐことを目的としていました。 スウェーデンのバックスクールには、背中の解剖学、生体力学、最適な姿勢、人間工学、バックエクササイズに関する情報が含まれていました。 4つの小グループセッションが、2分の期間中にスケジュールされ、各セッションは45分持続しました。 バックスクールの内容と長さは変化しており、今日は広く変化しているようです。

急性期LBPの背中学校の効果と待機リストコントロールまたは「プラセボ」介入。 1回の試行でのみ、学校とプラセボ(最低強度の短波)を比較し、短期間の回復が良好で、背中のグループの仕事に復帰しました。 その他の短期的ま​​たは長期的な相違は見られなかった。

背中学校対他の介入。 4つの研究(1,418患者)は、痛み、機能状態、回復、再発、および仕事への復帰(短期、中期および長期追跡に、急性および亜急性LBPの他の治療と比較して、背中学校の有効性に関する相反する証拠を示した-アップ)。

慢性的なLBPの背中学校のためのバックスクールの有効性対待機リストコントロールまたは「プラセボ」介入。 背中の学校の有効性について、疼痛、機能状態、および仕事への復帰(短期、中期および長期のフォローアップ)に関する待機リストコントロールまたはプラセボ介入と比較して相反する証拠(8件の試験; 826患者)慢性LBP患者の場合。

背中学校と他の治療法。 背中の学校と練習、脊椎または関節の操作、筋筋膜の治療、および何らかの指示または助言を比較する6つの研究が確認された。 慢性の痛みや機能的状態(短期および中期フォローアップ)のLBP患者では、背中学校が他の治療より効果的であるという中程度の証拠(5件の試験; 1,095患者)がある。 長期の疼痛および機能的状態に差異がないという適度な証拠(3つの試験; 822患者)がある。

有害な影響 いずれの試験でも悪影響は報告されていない。

安静

ベッドレストの1つの論理的根拠は、多くの患者が水平姿勢で症状の軽減を経験することである。

急性期LBPにおけるベッドレストの有効性 コクランレビューには12件の試験が含まれていた。 いくつかの試験は、急性および慢性のLBP患者または坐骨神経痛患者の集団にあった。

ベッドの安静とアドバイスは活発になります。 3つの試験(481患者)をこの比較に含めた。 2つの高品質試験の結果は、3から4週までのフォローアップ時に、活動的であることを維持するために、小さくても一貫して有意な差異を示した[痛み:SMD 0.22(95%CI 0.02-0.41)。 SMD 0.31(95%CI 0.06-0.55)]、および12週後のフォローアップ[pain:SMD 0.25(95%CI 0.05-0.45) 関数:SMD 0.25(95%CI 0.02-0.48)]。 両方の研究では、積極的に滞在することを優先して病気休暇の重要な違いが報告されています。 痛みを軽減し、機能的状態を改善し、仕事への復帰をスピードアップするために積極的に働くアドバイスよりも、ベッドで安静にするアドバイスが効果的ではないという強力な証拠があります。

ベッドの安静とその他の介入。 3つの試験が含まれていた。 2件の試験では、訓練を受けて寝るためのアドバイスと比較し、短期および長期のフォローアップで痛み、機能的状態、病気に差がないという強い証拠が見つかりました。 1件の研究では、睡眠と治療、薬物療法、理学療法、バックスクール、またはプラセボの間の疼痛、身体障害、身体検査の総合スコアの改善に差は見られなかった。

短いベッドの安静と長いベッドの安静。 坐骨神経痛患者の1件の試験では、3日と7日の寝たきりの間に疼痛強度に有意差はなく、治療終了後の2日を測定した。

慢性LBPにおけるベッドレストの有効性 試行が確認されなかった。

有害な影響 悪影響は報告されていない。

行動療法

慢性LBPの治療は、基礎となる有機病理の除去に焦点を当てるだけでなく、環境上の偶発事象や認知プロセスの修正を通じて障害を減らそうとする。 一般に、3つの行動療法アプローチ、すなわち、オペラント、認知および応答者を区別することができる。 これらのアプローチのそれぞれは、感情体験を特徴付ける3つの応答システムのうちの1つ、すなわち行動、認知、および生理学的反応性のうちの1つの改変に焦点を当てている。

オペラント治療には、健康的な行動の積極的な強化と、結果として痛み行動への注意の撤回、痛み偶発性の疼痛管理の代わりの時間偶発的な、および配偶者の関与が含まれる。 オペラント治療の原則は、患者に関わるすべてのヘルスケア分野によって適用することができる。

認知治療は、患者の疼痛および障害に関する認知を特定および修正することを目的とする。 認知(痛みの意味、痛みに対するコントロールに関する期待)は、認知再構成技術(例えば画像や注意喚起など)によって直接的に、または不適応の思考、感情、および信念の修正によって間接的に変更することができる。

被験者の治療は、例えば筋肉の緊張を軽減することによって、生理学的応答システムを直接的に修正することを目指している。 被験者の治療には、緊張と痛みとの関係のモデルを患者に提供すること、および緩和反応などの緊張に矛盾する反応によって筋肉の緊張を置き換えるように患者に教えることが含まれる。 筋電図(EMG)バイオフィードバック、漸進的緩和、および適用された緩和が頻繁に使用される。

行動療法は、包括的な治療アプローチの一環として、しばしば一緒に適用されます。 このいわゆる認知行動療法は、身体的、感情的、認知的および行動的成分を含む痛みの多次元モデルに基づいている。 オペラントおよび認知方法の定義に関して一般的なコンセンサスがないため、慢性LBPには多種多様な行動療法様式が用いられる。 さらに、行動療法は、しばしばこれらの様式の組み合わせからなるか、または他の療法(投薬または運動など)と組み合わせて適用される。

急性LBPに対する行動療法の有効性 このレビューで特定された1人のRCT(107人)は、認知行動療法が9-12月後の痛みを軽減し、伝統的なケア(痛みが鎮静するまでの鎮痛薬とバックエクササイズ)

慢性的なLBP行動療法の有効性対待機リストコントロール。 漸進的な弛緩が、痛み(39; 1.16%CI 95-0.47)および行動成果(1.85; 1.31%CI 95-0.61)の短期間で大きな肯定的効果を有するという2つの小規模試験(2.01人の合計) -期間。 進行性の緩和は、短期間の背部特異的および一般的な機能的状態に正の効果を有するという限られた証拠がある。

3つの小規模試験(88人の合計)からの中等度の証拠が、EMGバイオフィードバックと行動結果の待機リストコントロールとの間に有意差がないことが短期間で示されています。 EMGの有効性と一般的な機能状態に関する待機リストコントロールとの矛盾する証拠(2つの試験; 60人)がある。

オペラント療法が短期疼痛強度に及ぼす影響に関する3件の小規模試験(153人の合計)と、奏功療法との間に差異がないという適度な証拠[0.35(95%CI -0.25対0.94)]の矛盾する証拠がある短期的な行動のアウトカムを待つリストコントロール。 5つの研究では、応答者と認知療法を組み合わせて待機リストコントロールと比較しました。 回答者と認知療法を組み合わせた中規模で短期的な疼痛強度の効果があるという4つの小規模試験(134人の合計)からの強力な証拠があります。 短期行動結果には差異がないという強い証拠がある(0.44(95%CI -0.13〜1.01))。

行動療法対他の介入。 治療後と39-または6-月間のフォローアップで、疼痛の強さ、一般的な機能的状態および行動の結果に対する行動療法と運動との間に有意差がないという限定的な証拠(1回の試行; 12の人々)がある。

有害な影響 試行では報告されていない。

エクササイズセラピー

エクササイズセラピーは、LBPで広く使用されている管理戦略です。 一般的な体力または有酸素運動、筋肉強化、さまざまなタイプの柔軟性およびストレッチングエクササイズに及ぶ異種の介入群を包含する。

急性LBP運動療法に対する運動療法の有効性対治療なし。 プールされた分析は、運動療法と無治療の間の短期間の疼痛緩和に差を示さず、-0.59点/ 100(95%CI -12.69対11.51)の効果を示した。

運動と他の介入との対比。 急性のLBPを有する11成人を含む1,192試験のうち、10は非運動比較を有していた。 これらの試験は相反する証拠を提供する。 プールされた分析は、他の保存的処置:0.31ポイント(95%CI -0.10から0.72)と比較した場合、疼痛緩和における初期のフォローアップにおいて差がなかったことを示した。 同様に、機能的転帰に対する運動の有意な正の効果はなかった。 成果は、短期、中期および長期のフォローアップで同様の傾向を示す。

亜急性期LBP訓練と他の介入との運動療法の有効性。 881被験者を含む6つの研究では、運動以外の比較が行われていた。 2件の試験では、通常のケアと比較して段階的な活動介入を伴う労働欠勤の減少の穏やかな証拠が見出された。 他の治療と比較して、亜急性期のLBPにおける他の運動療法の有効性に関して、証拠は相反している。

慢性LBP練習と他の介入との運動療法の有効性。 慢性LBPの25試験における33の運動群は、非運動比較を有していた。 これらの試験は、運動療法が少なくとも慢性LBPの他の保存的介入と同じくらい効果的であるという強力な証拠を提供する。 高品質の研究で2つの運動群と低品質の研究では9つの群が、比較治療よりも効果的な運動を見出した。 これらの研究は、主にヘルスケア施設で行われ、一般的に個別に設計され、提供された運動プログラムを使用していました(独立した家庭練習とは対照的に)。 運動プログラムには、強化運動や体幹安定化運動が含まれていました。 運動療法に加えて保守的な治療が、行動療法や手技療法、活動を続けるためのアドバイス、教育などの効果的な介入にしばしば含まれていました。 1つの低品質試験では、集団エアロバイクと運動プログラムの強化が、行動療法よりも痛みや機能のアウトカムの改善が少ないことが分かった。 残りの試験のうち、14(2高品質および12低品質)は、運動療法と他の保存的治療との間に統計学的に有意なまたは臨床的に重要な相違を見出さなかった。 これらの試験の4は、少なくとも1つの結果について臨床的に重要な差異を検出するために不十分に強化されていました。 審査員の盲目化が不十分なため、審査は低品質であることが最も一般的でした。

最も早い時点での疼痛アウトカムのメタ分析には、独立した比較および適切なデータを有する23運動群が含まれていた。 合成は、無治療と比較して運動療法についての10.2ポイント(95%CI 1.31-19.09)および他の保存的治療と比較した5.93ポイント(95%CI 2.21-9.65)のプール加重平均改善をもたらした すべての比較7.29ポイント(95%CI 3.67-0.91)]。 3.15ポイント(95%CI -0.29対6.60)の無処置と比較した観察された平均陽性効果、および2.37ポイント(95%CI 0.74-4.0)対他の保存的治療アップ[対 すべての比較2.53ポイント(95%CI 1.08-3.97)]。

有害な影響 ほとんどの試験で副作用は報告されなかった。 2件の研究では、運動療法によって引き起こされたとは考えられない心血管イベントが報告されています。

腰部サポート

腰椎支持体は、障害および障害を消滅または減少させる目的で、LBPに罹患した人々に対する治療として提供される。 脊柱の動きを制限するための(1)、脊柱の一部を安定させるための(2)、機械的アップロードを減らすための(3)、および(4)雑多な効果:マッサージ、熱、プラセボ。 しかしながら、現時点では、腰椎支持の作用の推定メカニズムは議論の余地が残っている。

急性LBPに対する腰椎支持の有効性 試行は確認されなかった。

慢性LBPにおける腰椎支持の有効性 RCTは、慢性のLBPに対するプラセボ、治療、または他の治療との腰椎支持を比較しなかった。

急性、亜急性および慢性のLBPの混合集団における腰椎支持の有効性 4件の研究では、急性、亜急性および慢性のLBPを有する患者が混在していた。 1件の研究では、患者のLBP愁訴の期間に関する情報は一切与えられなかった。 腰椎支持が他のタイプの治療よりも痛みを軽減するのに有効ではないという適度な証拠がある。 全体的な改善と仕事への復帰に関する証拠は矛盾していた。

有害な影響 腰椎支持の長期使用に伴う潜在的な副作用には、胴体筋肉の強度の低下、安全性の虚偽の感覚、熱、皮膚刺激、皮膚病変、胃腸障害および筋肉疲労、高血圧および高心拍数および一般的な不快感が含まれる。

複数の治療プログラム

痛みクリニックから進化した背痛のための総合的な治療法。 当初は、伝統的な生物医学的モデルと痛みの軽減に焦点を当てた総合的な治療法がありました。 慢性疼痛に対する現在の多分野アプローチは、身体的、心理的、および社会的/職業的要因を相互に関連付ける多因子生体精神的モデルに基づいている。 総合的なプログラムの内容は大きく異なり、現時点では最適なコンテンツは何か、誰が関与すべきかは不明です。

亜急性LBPに対する多分野治療の有効性 試用は認められません。

亜急性期のLBPの多分野治療の有効性 亜急性LBP上の2つのRCTが含まれていた。 両研究の試験集団は、病気休暇を取った労働者で構成されていた。 ある研究では、介入群の患者は、対照群(10週)(P = 15)と比較してより早く(0.03週)戻った。 介入群でも、追跡期間中の病気休暇は対照群よりも少なかった(平均差= -7.5日、95%CI -15.06から0.06)。 介入群と対照群との間に統計学的に有意な差はなかったが、介入群では対照群より有意に減少していた(平均差= -1.2、95%CI -1.984〜-0.416)。 他の研究では、定期的な仕事からの休息期間の中央値は、職業介入と臨床的介入を組み合わせた群では60日、職業介入群では67日、臨床介入群では131日、通常介入群では120.5日であったケアグループ(P = 0.04)。 仕事への復帰は、通常のケアグループよりも職業的および臨床的介入(2.4%CI 95-1.19)のグループで4.89倍早く、職業介入を伴う2つのグループでは1.91時間が、 95%CI 1.18-3.1)。 亜急性期のLBP患者の職場復帰や病気休暇、主観的障害に関しては、職場訪問や包括的な職業医療介入による総合的治療が効果的であるという適度な証拠がある。

慢性LBPの多分野治療に対する他の介入に対する多分野治療の有効性。 合計1,964被験者を有する10個のRCTがコクランレビューに含まれた。 これらの試験のうち2件の長期予後について報告された3件の追加の論文。 10回の試験のすべてで、重大な神経根障害または手術の適応症を有する患者は除外された。 入院患者や外来患者ではない複数の治療法と比較して、機能的修復アプローチを用いた集中的な多分野治療が機能を改善するという強力な証拠がある。 外科的非外科的リハビリテーションまたは通常のケアと比較した場合、機能的修復アプローチによる集中的な複数の治療が痛みを軽減するという適度な証拠がある。 職業的成果に関する矛盾した証拠がある。 より集中的でない多分野治療プログラムを評価する5つの試験は、非多分野外来治療または通常の治療と比較した場合、痛み、機能、または職業的成果に有益な効果を示すことができなかった。 2および6後の機能と健康関連のQOL(quality of life)に関する多面的治療と通常のケアの間に差異を示さなかった1つの追加のRCTが見出された。

レビューされた試験は、機能回復法を用いた集中的(> 100治療)のMBPSRが、非複合的リハビリテーションまたは通常のケアよりも慢性LBPを無効にした患者の痛みおよび機能の改善をもたらすという証拠を提供する。 あまり集中的ではない治療は効果的と思われた。

有害な影響 悪影響は報告されていない。

脊椎の操作

脊髄操作は、通常の終末動作範囲を超えて関節の運動を含むが、その解剖学的運動範囲を超えない手動治療の一形態として定義される。 脊柱操作は、通常、短いレバー、高速、特定の調整とは対照的に、長いレバー、低速、非特定のタイプの操作と考えられる。 脊髄操作の作業メカニズムに関する潜在的仮説は、閉じ込められた滑膜のひだのための(1)放出、高張の筋の緩和(2)、関節または関節周囲の接着の破壊(3)不均衡を受けた運動セグメントの不安定化(4)関節の表面における微小構造の再配置、(5)侵害受容性関節線維の機械的刺激、(6)神経生理学的機能の変化、(7)筋痙攣の減少のうちの少なくとも1つを含む。

急性LBP脊髄操作に対する脊髄操作の有効性。 2つの試験が確認された。 脊髄操作を含む治療を受けている患者は、偽治療と比較して、統計的に有意で臨床的に重要な短期間の疼痛改善(10-mm差; 95%CI 2-17 mm)を示した。 しかし、機能の改善は臨床的には重要であると考えられたが、統計的に有意ではなかった(ローランド・モリススケールでは2.8-mm、95%CI -0.1は5.6)。

脊髄操作対他の療法。 12件の試験が確認された。 脊髄操作は、無効またはおそらくさらに有害であると判断された他の療法(4-mm差; 95%CI 1-8 mm)と比較して、統計的に有意な短期間の痛み軽減をもたらした。 しかし、この知見の臨床的意義は疑わしい。 効果のない治療と比較して、脊髄操作による治療の短期機能の改善点は臨床的に有意であると考えられたが、統計的に有意ではなかった(2.1点の95点差、0.2%CI -4.4からXNUMX)。 脊髄操作で治療された患者と、従来から提唱されている治療のいずれかで治療された患者との間に有効性に差はなかった。

慢性LBP脊髄操作に対する脊髄操作の有効性と偽手術 3つの試験が確認された。 短期間の疼痛緩和(10 mm; 95%CI 3-17 mm)および長期間の疼痛緩和(19 mm; 95%CI 3-35 mm)に対する偽手術と比較して、脊柱操作は統計学的に有意に効果的であった。 脊髄操作は、機能の短期的改善に統計学的に有意により効果的であった(Roland and Morris Disability Questionnaire(RMDQ); 3.3%CI 95-0.6)の6.0ポイント)。

脊髄操作対他の療法。 8件の試験が確認された。 脊髄操作は、短期間の疼痛緩和(4 mm; 95%CI 0-8)に無効または多分有害であると判断された治療群と比較して統計学的に有意に効果的であり、機能の短期間の改善(2.6点RMDQ; 95%CI 0.5-4.8)。 一般的な練習ケア、身体的または運動療法、背中の学校など、他の従来的に提唱されている療法と比較して、短期および長期の有効性に差はなかった。

有害な影響 人々を選択して脊椎操作を行うために訓練されたセラピストを使用したレビューで特定されたRCTでは、重篤な合併症のリスクは低かった。 腰椎椎間板ヘルニアを呈する患者の臨床的に悪化した椎間板ヘルニアまたは馬尾枝症候群を引き起こす脊柱操作のリスクの推定値は、公表されたデータから、1未満の3.7であると計算される。

牽引力

腰椎牽引は、下部胸郭の周囲および腸骨稜のまわりに置かれたハーネス(ベルクロの紐付き)を使用します。 このハーネスを介して作用する持続時間および力のレベルは、連続モードまたは間欠モードで変化させることができる。 モーター付きの寝台牽引でのみ、力を標準化することができます。 他の技法では、全身重量および患者またはセラピストの強さが、加えられる力を決定する。 牽引力の適用においては、患者の身体的構成に依存する腰筋緊張、腰部の皮膚の伸びおよび腹部圧などの反作用を考慮する必要がある。 患者がトラクションテーブル上に横たわっている場合、テーブル上の身体の摩擦は牽引中に主反力を提供する。 牽引力が有効である正確なメカニズムは不明である。 脊柱の伸長は、脊柱の伸長が減少し、椎間板が増加し、侵害受容インパルスを抑制し、運動性を改善し、機械的ストレスを減少させ、筋肉のけいれんまたは脊髄神経根の圧迫を減少させ(骨棘による) zygo-apophysial joint、およびzygo-apophysial jointおよびannulus fibrosus周辺の癒着を解放します。 これまでのところ、提案されたメカニズムは十分な経験的情報によって支持されていない。

コクランレビューで確認された13の研究では、放射症状を伴うLBP患者の均質な集団が含まれていました。 残りの研究には、放射線の有無による患者の混合が含まれていた。 照射症状のない患者のみを対象とした研究はなかった。

5件の研究には、12週以上の慢性LBP患者のみが含まれていた。 ある研究では、患者は全て亜急性期(4-12週)であった。 11試験では、LBPの期間は急性、亜急性および慢性の混合物であった。 4つの研究では、持続時間は特定されなかった。

急性LBPに対する牽引の有効性 RCTには、主に急性のLBP患者が含まれていなかった。 亜急性LBPを有する患者を含む1つの研究が同定されたが、この集団は、放射線の有り無しの患者の混合物からなっていた。

慢性LBPに対する牽引の有効性 1つの試験では、継続的な牽引は、プラセボよりも痛み、機能、全体的な改善、または作業欠勤には効果的ではないことが判明しました。 1人のRCT(42人)は、連続牽引を含む標準的な理学療法と牽引なしの同じプログラムとの間に有効性に差異がないことを見出した。 1人のRCT(152人)は、腰椎牽引とマッサージと疼痛緩和における干渉治療、または治療終了後の障害3週および4の改善との間に有意差がないことを見出した。 このRCTは坐骨神経痛を有する人々を除外しなかったが、坐骨神経痛を有する人の割合の詳細は報告されなかった。 1人のRCT(44人)は、徴候の有無にかかわらず慢性のLBP患者では、自発惹起が全体的な改善について機械的牽引よりも効果的であることを見出した。 しかしながら、この試験は、偏った結果に関連する可能性のあるいくつかの方法論的な問題を有していた。

有害な影響 牽引の悪影響についてはほとんど知られていない。 ごくわずかな症例報告のみが利用可能であり、重牽引での神経インパインメント、すなわち総体重の50%を超える腰椎牽引力に対していくつかの危険があることを示唆している。 腰椎牽引のために記載されている他のリスクは、牽引ハーネスまたは倒立位置牽引中の血圧の上昇による呼吸抑制である。 牽引の他の潜在的悪影響には、衰弱、筋緊張の低下、骨の脱灰、および血栓性静脈炎が含まれる。

経皮電気神経刺激

経皮的電気神経刺激(TENS)は、皮膚表面電極を介して末梢神経を電気刺激することによって主に痛みを軽減するために使用される治療的非侵襲的モダリティである。 (1)高周波、(2)低周波数、(3)バースト周波数、および(4)過刺戟のような強度および電気特性の異なるいくつかのタイプのTENSアプリケーションが臨床実習で使用されています。

急性LBPに対するTENSの有効性: 試行は確認されなかった。

慢性LBPに対するTENSの有効性 コクランレビューでは、慢性的なLBPのためのTENSの2つのRCTが含まれていました。 1回の小規模試験(N = 30)の結果は、活性TENS治療の主観的疼痛強度の有意な低下を、60-min治療セッションの間のプラセボと比較して示した。 刺激の終了時に見られた痛みの軽減は、評価された60分後の全時間間隔で維持された(データは示されていない)。 この研究では、より長期のフォローアップは実施されなかった。 第2の試験(N = 145)は、疼痛、機能状態、運動範囲、および医療サービスの使用を含む、測定されたアウトカムのいずれについても活性TENSとプラセボとの間に有意差を示さなかった。

有害な影響 1回の試行の参加者の3分の1では、電極の配置部位に軽度の皮膚刺激が生じた。 これらの副作用は、活性TENSおよびプラセボ群で同等に観察された。 1人の参加者がプラセボに無作為化されたTENSは、治療を開始してから4日の重度の皮膚炎を発症し、撤退する必要があった(表1、2)。

急性非特異的腰痛に対する保守的介入の表1効果
表1: 急性非特異的腰痛に対する保存的介入の有効性。

慢性非特異的腰痛に対する保守的介入の表2効果
表2: 慢性非特異的腰痛に対する保存的介入の有効性。

議論

この論文で要約された非特異的LBPに対する保存的治療の最も有効な証拠は、いくつかの介入が有効であることを示している。 伝統的なNSAIDs、筋弛緩薬、アクティブな状態を維持するための助言は、急性のLBPにおける短期間の疼痛緩和に有効である。 活性を維持する助言は、急性LBPの長期的な機能改善にも有効である。 慢性的なLBPでは、抗うつ薬、COX2阻害剤、バックスクール、進行性弛緩、認知応答療法、運動療法、集中的な多分野治療など、短期間の疼痛緩和には様々な介入が有効である。 慢性LBP、すなわちCOX2阻害剤、バックスクール、進行性弛緩、運動療法、および多面的治療における機能の短期的改善には、いくつかの治療法も有効である。 これらの介入のいずれかが、疼痛および機能に長期間の影響を与えるという証拠はない。 また、多くの試験では方法論的脆弱性が示され、効果はプラセボと比較され、治療や待機リストのコントロールはなく、効果の大きさは小さい。 将来の試験は、現在の品質基準を満たし、適切な標本サイズを有するべきである。 しかし、要約すると、いくつかの介入が有効であるという証拠があるが、他の多くの介入の証拠は欠如しているか、またはそれらが効果的ではないという証拠がある。

過去10年間に、この証拠を用いたプライマリケアにおける急性LBPの管理に関する様々な臨床ガイドラインが公表されている。 現在、12諸国(オーストラリア、デンマーク、フィンランド、ドイツ、イスラエル、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、スウェーデン、スイス、英国、米国)でガイドラインが存在しています。 入手可能なエビデンスは国際的なものであるため、各国のガイドラインが診断と治療に関して多かれ少なかれ類似の勧告を与えるであろうと期待している。 11各国からのプライマリケアにおけるLBPの管理に関する臨床ガイドラインの比較は、治療的介入に関するガイドラインの内容が非常に似ていることを示した。 しかし、ガイドライン全体の推奨事項にはいくつかの相違点がありました。 ガイドライン間の勧告の相違は、証拠の不完全性、異なるレベルの証拠、影響の大きさ、副作用と費用、医療制度の相違(組織/財務)、またはガイドライン委員会のメンバーシップの違いによるものである可能性がある。 より最近のガイドラインには、最近公表された試験が含まれている可能性があり、したがって、わずかに異なる推奨事項に終わる可能性があります。 また、ガイドラインは、異なる言語の試験を含む体系的なレビューに基づいているかもしれません。 既存のレビューの大部分は、いくつかの言語で出版された研究のみを検討しており、いくつかは英語で出版されたもののみを考慮しています。 ガイドラインの勧告は、科学的証拠だけでなく、コンセンサスに基づいている。 ガイドライン委員会は、効果の大きさ、潜在的な副作用、費用対効果、現在の日常的な慣行および自国で利用できるリソースなど、さまざまな議論を異なる方法で検討する場合があります。 特に、LBP分野の影響がある場合は、それが小規模かつ短期的な影響のみであることを知っているので、影響の解釈はガイドライン委員会によって異なる可能性がある。 また、ガイドライン委員会は、副作用やコストなどの他の側面を別に検討するかもしれない。 ガイドライン委員会およびそれらが代表する専門機関の体制は、特定の治療のために、または特定の治療に対してバイアスを導入する可能性がある。 これは、必ずしも1つのガイドラインが他のガイドラインより優れていること、または正しいガイドラインと他のガイドラインが間違っていることを意味するものではありません。 証拠を臨床的に関連する勧告に翻訳するときに、より多くの側面が役割を果たすこと、そしてこれらの局面は地域や国によって異なることを示しているに過ぎません。

最近、ヨーロッパの各国の非特異的LBPの管理における一貫性を高めるために、LBPの管理に関する欧州のガイドラインが作成された。 欧州委員会は、「COST B13」と呼ばれるこのプロジェクトを承認し、資金提供しています。 このCOST活動の主な目的は、非特異的LBPの予防、診断、治療のための欧州ガイドラインの策定、系統的レビューと既存の臨床ガイドラインの使用によるエビデンスに基づくアプローチの確保、多分野アプローチの可能性、プライマリーヘルスケアプロバイダーとヨーロッパのプロバイダーと諸国の一貫性を促進する。 13と1999の間で行われたこのプロジェクトには、2004諸国の代表が参加しました。 解剖学、麻酔学、カイロプラクティック、疫学、人間工学、一般練習、職業ケア、整形外科手術、病理学、生理学、理学療法、心理学、公衆衛生、リハビリ、およびリウマチ学のすべての関連する保健職を代表していた。 このCOST B13プロジェクトでは、(1)急性LBP、(2)慢性LBP、LBPの3予防、および(4)骨盤痛の4つのガイドラインが開発されました。 このガイドラインは、まもなくEuropean Spine Journalの補足として出版される予定です。

寄稿者情報

モーリッツ・W・ヴァン・トゥルダー、バート・コエス、アンティ・マルミバラ: Ncbi.nlm.nih.gov

結論として、 背痛の非侵襲的治療法に関する上記の臨床的および実験的証拠は、いくつかの治療法が安全かつ有効であることを示した。 背痛の症状を改善するために使用される様々な方法の結果が効率的であることが証明されているが、他の多くの治療様式は追加の証拠を必要とし、他は背痛の症状の改善に有効でないと報告されている。 この研究調査の主な目的は、非特異的な腰痛の予防、診断および治療のための最も安全で最も効果的なガイドラインを決定することでした。 National Center for Biotechnology Information(NCBI)から参照される情報。 私たちの情報の範囲は、カイロプラクティックだけでなく、脊髄の怪我や状態に限られています。 主題について話し合うには、ジェメネス博士にお気軽にお問い合わせください。 915-850-0900 .

アレックス・ヒメネス博士によるキュレーション

Green-Call-Now-Button-24H-150x150-2-3.png

その他のトピック:坐骨神経痛

坐骨神経痛は、単一のタイプの傷害または状態ではなく、徴候の集合と呼ばれる。 この症状は、背中の坐骨神経、臀部および大腿の下、片側または両側の脚および足に放射状の痛み、しびれ感およびうずき感を特徴とする。 坐骨神経痛は、一般に、人体における最大の神経の炎症、炎症または圧迫の結果であり、一般的には 椎間板ヘルニア または骨の拍車。

漫画paperboyの大きなニュースのブログの画像

重要なトピック:その他の追加:坐骨神経痛の治療

1. 慢性腰痛患者のための集中的な身体的および心理社会的訓練プログラムである。 制御された試験。 脊椎。 1994。19:1340-1349。 [PubMedの]
2. Alcoff J、Jones E、Rust P、Newman R.慢性腰痛に対するイミプラミンの試験を制御した。 J Fam Pract。 1982。14:841-846。 [PubMedの]
3. Alexandre NM、Moraes MA、Correa Filho HR、Jorge SA。 看護職の腰痛を軽減するプログラムの評価。 Rev Salud Publica。 2001。35:356-361。 [PubMedの]
4. Amlie E、Weber H、Holme I.ピロキシカムによる急性腰痛の治療:二重盲検プラセボ対照試験の結果。 背骨。 1987。12:473–476. doi: 10.1097/00007632-198706000-00010. [PubMedの][クロスリファレンス]
5. Arbus L、Fajadet B、Aubert D、Morre M、Goldfinger E.腰痛におけるテトラゼパムの活性。 Clin Trials J. 1990。27:258-267。
6. 腰痛のための脊髄操作療法。 他の療法と比較した有効性のメタ分析。 アンIntern Med。 2003。138:871-881。[PubMedの]
7. Atkinson JH、Slater MA、Williams RA。 慢性腰痛に対するノルトリプチリンのプラセボ対照無作為化臨床試験。 痛み。 1998。76:287–296. doi: 10.1016/S0304-3959(98)00064-5. [PubMedの][クロスリファレンス]
8. Atkinson JH、Slater MA、Wahlgren DR。 慢性腰痛強度に対するノルアドレナリン作動性およびセロトニン作動性抗うつ薬の影響。 痛み。 1999。83:137–145. doi: 10.1016/S0304-3959(99)00082-2. [PubMedの][クロスリファレンス]
9. 急性腰痛または坐骨神経痛の患者:無作為化された観察者 - 盲検多施設共同研究におけるBabej-Dolle R、Freytag S、Eckmeyer J、Zerle G、Schinzel S、Schmeider G、Stankov G. Int J Clin Pharmacol Ther。 1994。32:204-209。 [PubMedの]
10 Baptista R、Brizzi J、Dutra F、Josef H、Keisermann M、De Lucca R(1988)Terapeutica da lombalgia com a tizanidina(DS 103-282)、ユニバーサル・エージェント・ミオパスモリティコ。 エストゥードマルチセントリック、複写と比較。 フォルハメディカ
11 Barrata R.腰の急性筋骨格症状の治療におけるシクロベンザプリンおよびプラセボの二重盲検試験。 Curr Ther Res。 1982。32:646-652。
12 慢性腰痛患者の治療への認知行動療法の導入:ドイツの疼痛治療センターでの無作為化試験の無作為化。 患者教育委員会。 1997。31:113–124. doi: 10.1016/S0738-3991(97)00996-8. [PubMedの] [クロスリファレンス]
13 Basmajian J.腰部および頸部の骨格筋攣縮に対する塩酸シクロベンザプリン塩の効果:2つの二重盲検コントロール臨床および実験研究。 アーチP​​hyはメッドRehabil。 1978。59:58-63。[PubMedの]
14 Basmajian JV。 急性の背痛および痙攣:鎮痛薬および鎮痙薬を組み合わせた制御多施設試験。 背骨。 1989。14:438–439. doi: 10.1097/00007632-198904000-00019. [PubMedの][クロスリファレンス]
15 Bendix AF、Bendix T、Ostenfeld S、Bush E、Andersen A.慢性腰痛患者の能動的治療プログラム:予期せぬ無作為化された観察者盲検試験。 Eur Spine J. 1995。4:148-152。 doi:10.1007 / BF00298239。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
16 Bendix AF、Bendix T、Vaegter KV、Lund C、Frolund L、Holm L.慢性腰痛のための総合的集中治療:無作為化、前向き研究。 Cleve Clin J Med。 1996。63:62-69。 [PubMedの]
17 Bendix AE、Bendix T、Lund C、Kirkbak S、Ostenfeld S.慢性腰痛患者のための3つの集中治療プログラムの比較:1年間のフォローアップを伴う、無作為化された、観察者盲検の前向き研究。 Scand J Rehabil Med。 1997。29:81-89。 [PubMedの]
18 Bendix AE、Bendix T、Haestrup C、Busch E.慢性腰痛患者における機能的回復の予測的無作為化5年追跡調査。 Eur Spine J. 1998a;7:111-119。 doi:10.1007 / s005860050040。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
19 Bendix AE、Bendix T、Labriola M、Boekgaard P.慢性腰痛に対する機能的修復。 無作為化2回の臨床試験の2年間のフォローアップ。 背骨。 1998b;23:717–725. doi: 10.1097/00007632-199803150-00013. [PubMedの] [クロスリファレンス]
20 Bendix T、Bendix A、Labriola M、Haestrup C、Ebbehoj N.慢性腰痛における機能回復と外来患者の体力トレーニング:無作為比較試験。 背骨。 2000。25:2494–2500. doi: 10.1097/00007632-200010010-00012. [PubMedの] [クロスリファレンス]
21 Bergquist-Ullman M、Larsson U.業界における急性の腰痛。 Acta Orthop Scand。 1977。170(補足):1-117。 [PubMedの]
22 Berry H、Hutchinson D.急性腰痛におけるチザニジンの有効性と安全性を評価するための多剤併用プラセボ対照試験。 J Int Med Res。 1988。16:75-82。 [PubMedの]
23 Berry H、Bloom B、Hamilton EBD、Swinson DR。 慢性背痛の治療において、ナプロキセンナトリウム、ジフルニサルおよびプラセボが含まれる。 Ann Rheum Dis。 1982。41:129-132。 doi:10.1136 / ard.41.2.129。[PMCフリーの記事] [PubMedの] [クロスリファレンス]
24 Beurskens AJ、Vet HC、Koeke AJ、Lindeman E、Regtop W、Heijden GJ、Knipschild PG。 非特異的腰痛に対する牽引効果:無作為化臨床試験。 ランセット。 1995。346:1596–1600. doi: 10.1016/S0140-6736(95)91930-9. [PubMedの] [クロスリファレンス]
25 Beurskens AJ、Vet HC、Koeke AJ、Regtop W、Heijden GJ、Lindeman E、Knipschild PG。 非特異的腰痛に対する牽引の有効性。 無作為化臨床試験の12週および6月の結果。 背骨。 1997。22:2756–2762. doi: 10.1097/00007632-199712010-00011. [PubMedの] [クロスリファレンス]
26 ビアンキ・M 局所起源の骨格筋痙攣に対するシクロベンザプリンの評価 フレキセリル(シクロベンザプリンHCL / MSD)の臨床評価 ミネアポリス:大学院医学コミュニケーション; 1978。 pp。25-29。
27 Bigos S、Bowyer O、Braen G(1994)成人の急性腰痛の問題。 臨床実践ガイドライン番号14。 AHCPR出版物番号95-0642。 ヘルスケア政策研究機関、公衆衛生サービス、米国保健福祉省、ロックビル
28 Bihaug O. Autotraksjon ischialgpasienter。 Jenkinsのヒュームエンドルのオートトレック - アイソメライズオーブンサーフェイスのオートメイキング効果。 Fysioterapeuten。 1978。45:377-379。
29 Birbara CA、Puopolo AD、Munoz DR。 新しいシクロオキシゲナーゼ-2選択的阻害剤、エトリコキシブによる慢性腰痛の治療:疼痛および障害の改善:無作為化プラセボ対照3月試験。 J痛み。 2003。4:307–315. doi: 10.1016/S1526-5900(03)00633-3. [PubMedの][クロスリファレンス]
30 Blomberg S、Hallin G、Grann K、Berg E、Sennerby U.ステロイド注射による手技療法 - 腰痛治療への新しいアプローチ。 整形外科医による評価を伴う制御多施設試験。 背骨。 1994。19:569–577. doi: 10.1097/00007632-199403000-00013. [PubMedの] [クロスリファレンス]
31 Bombardier C、Laine L、Reicin A、Shapiro D、Burgos-Vargas R、Davis B、Day R、Ferraz MB、Hawkey CJ、Hochberg MC、Kvien TK、Schnitzer TJ、Study Group VIGOR。 慢性関節リウマチ患者におけるロフェコキシブとナプロキセンの上部消化管毒性の比較。 VIGOR研究グループ。 N ENGL Jメッド。 2000。343:1520-1528。 doi:10.1056 / NEJM200011233432103。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
32 Borman P、Keskin D、Bodur H.腰痛患者の管理における腰椎牽引の有効性。 Rheumatol Int。 2003。23:82-86。 [PubMedの]
33 Bouter LM、Pennick V、Bombardier C、バック・レビュー・グループの編集委員会Cochrane Back Review Group。 背骨。 2003。28:1215–1218. doi: 10.1097/00007632-200306150-00002. [PubMedの][クロスリファレンス]
34 Braun H、Huberty R.腰椎坐骨神経痛の治療。 コルチコイドを含まないモノ物質とコルチコイドを含む併用薬の比較臨床試験。 Med Welt。 1982。33:490-491。 [PubMedの]
35 Bronfort G、Goldsmith CH、Nelson CF、Boline PD、Anderson AV。 慢性腰痛に対する脊髄操作またはNSAID療法と組み合わせた胴体運動:無作為化されたオブザーバー盲検臨床試験。 J操作性Physiol Ther。 1996。19:570-582。 [PubMedの]
36 初回または再発性の急性腰痛の治療におけるコデインとのジフルニサールおよびアセトアミノフェンの比較。ブラジル、Bodison S、Dixon J、Davis W、Nowoslawski J. Clin Ther。 1986。9(補充C):52-58。[PubMedの]
37 Bru E、Mykletun R、Berge W、Svebak S.女性病院スタッフの頸部、肩および腰痛に対する異なる心理的介入の効果。 Psychol Health。 1994。9:371-382。 doi:10.1080 / 08870449408407495。 [クロスリファレンス]
38 Calmels P、Fayolle-Minon I.文献のレビューに基づいて、腰椎の装具デバイスの更新。 Rev Rhum。 1996。63:285-291。 [PubMedの]
39 Casale R.急性腰痛:筋弛緩薬による対症療法。 Clin J Pain。 1988。4:81-88。
40 Cherkin DC、Deyo RA、Battie M、Street J、Barlow W.腰痛患者の治療のための理学療法、カイロプラクティック操作、および教育小冊子の比較。 N ENGL Jメッド。 1998。339:1021-1029。 doi:10.1056 / NEJM199810083391502。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
41 Chok B、Lee R、Latimer J、Seang BT。 亜急性腰痛患者の胴体伸筋の持久力トレーニング。 Phys Ther。 1999。79:1032-1042。 [PubMedの]
42 Clarke J、van Tulder M、Blomberg S、Bronfort G、van der Heijden G、Vet HCW(2005)腰痛のトラクション:Cochrane Collaborationの枠組みの中の体系的なレビュー。 コクラン図書館、3号。 アップデートソフトウェア、Oxford
43 コートTL、ボレンシュタインDG、ナンギアNK、ブラウンMT。 慢性腰痛の治療におけるバルデコキシブの効果:無作為化プラセボ対照試験の結果。 Clin Ther。 2004。26:1249–1260. doi: 10.1016/S0149-2918(04)80081-X. [PubMedの] [クロスリファレンス]
44 Coomes NE。 硬膜外麻酔と坐骨神経痛の比較 Br Med J. 1961。ジョン:20-24。 [PMCフリーの記事] [PubMedの]
45 Coxhead CE、Inskip H、Meade TW、North WRS、Troup JDG。 坐骨神経痛の管理における理学療法の多剤併用療法。 ランセット。 1981。1:1065–1068. doi: 10.1016/S0140-6736(81)92238-8.[PubMedの] [クロスリファレンス]
46 Cramer GD、Humphreys CR、Hondras MA、McGregor M、Triano JJ。 急性腰痛の転帰指標としてのHmax / Mmax比。 J操作性Physiol Ther。 1993。16:7-13。 [PubMedの]
47 Dalichau S、Scheele K.慢性腰痛患者の筋トレーニングプログラムの効果に対する弾性腰部ベルトの影響[ドイツ語] Zt Orthop Grenzgeb。 2000。138:8–16. doi: 10.1055/s-2000-10106. [PubMedの] [クロスリファレンス]
48 Dalichau S、Scheele K、Perrey RM、Elliehausen HJ、Huebner J.UltraschallgestützteHaltungs-およびBewegungsanalyse derLendenwirbelsäulezum Nachweis der WirksamkeitRückenschule。 Zbl Arbeitsmedizin。 1999。49:148-156。
49 急性低背症候群の治療のためのDapas F. Baclofen。 背骨。 1985。10:345–349. doi: 10.1097/00007632-198505000-00010. [PubMedの] [クロスリファレンス]
50 Davies JE、Gibson T、Tester L.腰痛の治療における練習の価値。 Rheumatol Rehabil。 1979。18:243-247。 [PubMedの]
51 Deyo RA、Diehl AK、Rosenthal M.急性腰痛のための休息の日数は? 無作為化臨床試験。 N ENGL Jメッド。 1986。315:1064-1070。 [PubMedの]
52 デオRA、ウォルシュNE、マーティンDC、シェーンフェルドLS、ラマムールシーS.経皮的電気神経刺激(TENS)の制御試験および慢性腰痛のための運動。 N ENGL Jメッド。 1990。322:1627-1634。 [PubMedの]
53 Dickens C、Jayson M、Sutton C.慢性腰痛の患者におけるパロキセチンを用いた試験における疼痛とうつ病との関係。 心理学。 2000。41:490-499。 doi:10.1176 / appi.psy.41.6.490。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
54 Donchin M、Woolf O、Kaplan L、Floman Y.二次的な腰痛の予防。 臨床試験。 脊椎。 1990。15:1317-1320。 [PubMedの]
55 Doran DML、Newell DJ。 腰痛の治療における操作:多施設研究。 Br Med J. 1975。2:161-164。 [PMCフリーの記事] [PubMedの]
56 エバンスDP、バークMS、ロイドKN、ロバーツEE、ロバーツGM。 トライアルで腰椎の操作。 パート1:臨床評価。 Rheumatol Rehabil。 1978。17:46-53。 [PubMedの]
57 Evans DP、Burke MS、Newcombe RG。 腰痛の選択肢の薬。 Curr Med Res Opin。 1980。6:540-547。 [PubMedの]
58 Faas A、Chavannes AW、Eijk JTM、Gubbels JW。 急性腰痛患者の運動療法のランダム化プラセボ対照試験。 背骨。 1993。18:1388-1395。 [PubMedの]
59 Faas A、Eijk JTM、Chavannes AW、Gubbels JW。 急性腰痛患者の運動療法のランダム化試験。 背骨。 1995。20:941–947. doi: 10.1097/00007632-199504150-00012. [PubMedの][クロスリファレンス]
60 Farrell JP、Twomey LT。 急性腰痛:2つの保守的治療法の比較。 Med J Aust。 1982。1:160-164。 [PubMedの]
61 Fordyce WE、Brockway JA、Bergman JA、Spengler D.急性腰痛:行動対従来の管理方法の対照群比較。 J Behav Med。 1986。9:127-140。 doi:10.1007 / BF00848473。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
62 Frost H、Klaber Moffett JA、Moser JS、Fairbank JCT。 慢性腰痛患者のフィットネスプログラム評価のためのランダム化比較試験。 Br Med J. 1995。310:151-154。[PMCフリーの記事] [PubMedの]
63 Frost H、Lamb SE、Klaber Moffett JA、フェアバンクJCT、Moser JS。 慢性腰痛患者のフィットネスプログラム:ランダム化比較試験の2年フォローアップ。 痛み。 1998。75:273–279. doi: 10.1016/S0304-3959(98)00005-0. [PubMedの] [クロスリファレンス]
64 Frost H、Lamb SE、Doll HA、Taffe Carver P、Stewart-Brown S.腰痛のアドバイスと比較して、理学療法のランダム化比較試験。 Br Med J. 2004。329:708-711。 doi:10.1136 / bmj.38216.868808.7C。 [PMCフリーの記事] [PubMedの] [クロスリファレンス]
65 Galantino ML、Bzdewka TM、Eissler-Russo JL、Holbrook ML、Mogck EP、Geigle P.慢性腰痛に対する修正されたハタヨガの影響:パイロット研究。 ALTERN THER健康メッド。 2004。10:56-59。[PubMedの]
66 Gemignani G、Olivieri I、Ruju G、Pasero G.強直性脊椎炎における経皮的電気神経刺激:二重盲検試験。 関節炎のRheum。 1991。34:788-789。 doi:10.1002 / art.1780340624。[PubMedの] [クロスリファレンス]
67 Gibson T、Grahame R、Harkness J、Woo P、Blagrave P、Hills R(1985)非特異的腰痛での短波ジアテルミー治療とオステオパシー治療のコントロール比較。 ランセット1258-1261[PubMedの]
68 Gilbert JR、Taylor DW、Hildebrand A、Evans C.家族練習における腰痛の一般的治療法の臨床試験。 Br Med J Clin Res Ed。 1985。291:791-794。 [PMCフリーの記事] [PubMedの]
69 GlomsrødB、LønnJH、Soukup MG、BøK、Larsen S.アクティブバックスクール、腰痛の予防管理:ランダム化比較試験の3年間のフォローアップ。 J Rehabil Med。 2001。33:26-30。 doi:10.1080 / 165019701300006506。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
70 Glover JR、Morris JG、Khosla T.背痛:胴体の回転操作のランダム化臨床試験。 Br J Ind Med。 1974。31:59-64。 [PMCフリーの記事] [PubMedの]
71 Godfrey CM、Morgan PP、Schatzker J.医学界における腰痛治療のランダム化試験。 背骨。 1984。9:301–304. doi: 10.1097/00007632-198404000-00015. [PubMedの] [クロスリファレンス]
72 ゴールドR.クエン酸オルフェネドリン:鎮静剤または筋弛緩剤? Clin Ther。 1978。1:451-453。
73 Goldie I.低背痛および坐骨神経痛のインドメタシン(indomee)を用いた臨床試験。 Acta Orthop Scand。 1968。39:117-128。 [PubMedの]
74 Goodkin K、Gullion CM、Agras WS。 慢性腰痛症候群における塩酸トラゾドンの無作為化二重盲検プラセボ対照試験。 J Clin Psychopharmacol。 1990。10:269–278. doi: 10.1097/00004714-199008000-00006. [PubMedの] [クロスリファレンス]
75 慢性腰痛における低出力レーザー治療と疼痛と機能に対する有効性。 Lasers Surg Med。 2003。32:233-238。 doi:10.1002 / lsm.10134。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
76 Guzman J、Esmail R、Karjalainen K.慢性腰痛のための総合的リハビリテーション:系統的レビュー。 Br Med J. 2001。322:1511-1516。 doi:10.1136 / bmj.322.7301.1511。 [PMCフリーの記事][PubMedの] [クロスリファレンス]
77 Hadler NM、Curtis P、Gillings DB、Stinnett S.急性腰痛のための補助療法としての脊椎操作の利点:層別制御試験。 背骨。 1987。12:703–705. doi: 10.1097/00007632-198709000-00012. [PubMedの] [クロスリファレンス]
78 Hagen KB、Hilde G、Jamtvedt G(2003)急性腰痛と坐骨神経痛のベッドレスト(Cochrane Review)。 コクラン図書館、1号。 アップデートソフトウェア、Oxford
79 Hameroff SR、Weiss JL、Lerman JC。 慢性疼痛およびうつ病に対するドキセピンの効果:対照研究。 J Clin Psychiatry。 1984。45:47-52。 [PubMedの]
80 Hansen FR、Bendix T、Skov P、Jensen CV、Kristensen JH、Krohn L.腰痛のダイナミックな筋肉訓練、従来の理学療法、またはプラセボ対照治療:無作為化されたオブザーバー盲検試験。 背骨。 1993。18:98–107. doi: 10.1097/00007632-199301000-00015. [PubMedの][クロスリファレンス]
81 HärkäpääK、JärvikoskiA、Mellin G、Hurri H.低背痛の入院患者および外来患者の治療成績に関する対照研究。 パートI. Scand J Rehabil Med。 1989。21:81-89。 [PubMedの]
82 HärkäpääK、Mellin G、JärvikoskiA、Hurri H.低背痛の入院患者および外来患者の治療成績に関する対照研究。 パートIII。 Scand J Rehabil Med。 1990。22:181-188。 [PubMedの]
83 Hayden JA、Tulder MW、Malmivaara AV、Koes BW。 メタアナリシス:非特異的腰痛の運動療法。 アンIntern Med。 2005。142:765-775。 [PubMedの]
84 Hemmila HM、Keinanen-Kiukaanniemi SM、Levoska S.民間療法はありますか? 背痛が長引いた患者の無作為臨床試験。 アーチP​​hyはメッドRehabil。 1997。78:571–577. doi: 10.1016/S0003-9993(97)90420-2. [PubMedの] [クロスリファレンス]
85 Hemmila H、Keinanen-Kiukaanniemi SM、Levoska S、Puska P.長期の背痛に対する骨固定、軽い運動療法、および理学療法の長期有効性:ランダム化比較試験。 J操作性Physiol Ther。 2002。25:99-104。 doi:10.1067 / mmt.2002.122329。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
86 Henry D、Lim LLY、Rodriguez LAG。 個々の非ステロイド性抗炎症薬による胃腸合併症のリスクの変動:共同メタ分析の結果。 Br Med J. 1996。312:1563-1566。 [PMCフリーの記事] [PubMedの]
87 Herzog W、Conway PJW、Willcox BJ。 仙腸関節症患者の歩行対称性および臨床的措置に及ぼす異なる治療法の影響。 J操作性Physiol Ther。 1991。14:104-109。 [PubMedの]
88 ヘイマンMW、Tulder MW、Esmail R、ボンバルディアC、Koes BW。 非特異的腰痛のための背中学校:Cochrane Collaboration Back Review Groupの枠組みの中での体系的なレビュー。 背骨。 2005。30:2153–2163. doi: 10.1097/01.brs.0000182227.33627.15. [PubMedの] [クロスリファレンス]
89 Hides JA、Jull GA、Richardson CA。 最初のエピソードの腰痛のための特定の安定化運動の長期的影響。 背骨。 2001。26:E243–E248. doi: 10.1097/00007632-200106010-00004. [PubMedの][クロスリファレンス]
90 Hilde G、Hagen KB、Jamtvedt G(2003)腰痛と坐骨神経痛(コクランレビュー)のための単一治療としての活動を継続するアドバイス。 コクラン図書館、1号。 アップデートソフトウェア、Oxford [PubMedの]
91 慢性腰痛患者では、家庭医による標準治療より一時的により効果的である:1年の無作為化、制御および盲検化臨床試験フォローアップ[オランダ語] Ned Tijdschr Geneesk。 2000。144:2258-2264。 [PubMedの]
92 Hindle T.低背症候群の治療におけるcarisoprodol、butabarbital、およびプラセボの比較。 カリフォルニア州メド。 1972。117:7-11。 [PMCフリーの記事] [PubMedの]
93 Hofstee DJ、Gutenbeek JMM、Hoogland PH、Houwelingen HC、Kloet A、Lotters F、Tans JTJ。 Westeinde sciatica trial:急性坐骨神経痛のベッドレスと理学療法のランダム化比較研究。 J Neurosurg。 2002。96:45-49。 [PubMedの]
94 Hsieh CJ、フィリップスRB、アダムスAH、教皇MH。 腰痛の機能的転帰:無作為化比較試験における4つの治療群の比較。 J操作性Physiol Ther。 1992。15:4-9。[PubMedの]
95 Hurri H.慢性の腰痛のスウェーデンのバックスクール。 パートI.利点。 Scand J Rehabil Med。 1989。21:33-40。 [PubMedの]
96 Indahl A、Velund L、Reikeraas O.腰痛が残っていない場合の良好な予後。 無作為化臨床試験。 背骨。 1995。20:473-477。 [PubMedの]
97 Indahl A、Haldorsen EH、Holm S、Reikeras O、Ursin H.軽度の動員と腰痛の有益なアプローチを用いた対照臨床試験の5年間のフォローアップ研究。 背骨。 1998。23:2625–2630. doi: 10.1097/00007632-199812010-00018. [PubMedの] [クロスリファレンス]
98 Jacobs JH、Grayson MF。 赤色関与の有無にかかわらず、腰痛の抗炎症薬(インドメタシン)の試験。 Br Med J. 1968。3:158-160。 [PMCフリーの記事] [PubMedの]
99 Jenkins DG、Ebbutt AF、Evans CD。 腰痛の治療におけるトフラニル。 J Int Med Res。 1976。4:28-40。 [PubMedの]
100 JückelWH、Cziske R、Gerdes N、Jacobi E. Werksamkeit駅周辺でのリハビリテーション医師の診察:患者の予期せぬ治療、 リハビリテーション。 1990。29:129-133。 [PubMedの]
101 Kankaanpaa M、Taimela S、Airaksinen O、Hanninen O.慢性腰痛における能動的リハビリテーションの有効性。 痛みの強さ、自己経験のある障害、腰の疲れの影響。 背骨。 1999。24:1034–1042. doi: 10.1097/00007632-199905150-00019. [PubMedの] [クロスリファレンス]
102 Katz N、Ju WD、Krupa DA。 慢性腰痛患者におけるロフェコキシブの有効性と安全性:4週2回無作為化プラセボ対照群並列群の結果。 二重盲検試験。 背骨。 2003。28:851–859. doi: 10.1097/00007632-200305010-00002. [PubMedの] [クロスリファレンス]
103 Keijsers JFEM、Groenman NH、Gerards FM、Oudheusden E、Steenbakkers M.オランダのバックスクール:結果の評価。 患者教育委員会。 1989。14:31–44. doi: 10.1016/0738-3991(89)90005-0. [PubMedの] [クロスリファレンス]
104 Keijsers JFME、Steenbakkers WHL、Meertens RM、Bouter LM、Kok GJ。 バックスクールの有効性:ランダム化試験。 関節炎ケアRes。 1990。3:204-209。
105 Klaber Moffett JA、Chase SM、Portek I、Ennis JR。 慢性の腰痛の軽減における背中の学校の有効性を評価するための制御された前向き研究。 背骨。 1986。11:120–122. doi: 10.1097/00007632-198603000-00003. [PubMedの] [クロスリファレンス]
106 Klaber Moffett J、Torgerson D、Bell-Syer S、Jackson D、Llewlyn-Phillips H、Farrin A.腰痛訓練のランダム化比較試験:臨床転帰、費用、嗜好。 Br Med J. 1999。319:279-283。 [PMCフリーの記事] [PubMedの]
107 Klinger N、Wilson R、Kanniainen C.、Wagenknecht K、Re O、Gold R.腰椎脊柱筋肉の治療のための静脈内orphenadrine。 Curr Ther Res。 1988。43:247-254。
108 Koes BW、Bouter LM、Mameren H、Essers AHM、Verstegen CMJR、Hofhuizen DM、Houben JP、Knipschild PG。 持続的な背部および頸部の愁訴に対する手作業療法および理学療法のランダム化臨床試験:1年間のフォローアップの結果。 Br Med J. 1992。304:601-605。 [PMCフリーの記事] [PubMedの]
109 Koes BW、Tulder MW、Ostelo R、Kim Burton A、Waddell G.プライマリケアにおける腰痛の管理のための臨床ガイドライン:国際比較。 背骨。 2001。26:2504–2513. doi: 10.1097/00007632-200111150-00022. [PubMedの] [クロスリファレンス]
110 Konrad K、Tatrai T、Hunka A、Vereckei E、Korondi L.低背痛の治療におけるバルネ療法の試験制御。 Ann Rheum Dis。 1992。51:820-822。 doi:10.1136 / ard.51.6.820。 [PMCフリーの記事][PubMedの] [クロスリファレンス]
111 Kuukkanen TM、Malkia EA。 腰痛のある被験者における姿勢の揺れと治療的運動に関する実験的な制御研究。 Clin Rehabil。 2000。14:192-202。 doi:10.1191 / 026921500667300454。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
112 Lacey PH、Dodd GD、Shannon DJ。 急性筋骨格障害の管理におけるピロキシカムの二重盲検プラセボ対照試験。 Eur J Rheumatol Inflamm。 1984。7:95-104。 [PubMedの]
113 Lankhorst GJ、Stadt RJ、Vogelaar TW、Korst JK、Prevo AJH。 慢性特発性腰痛のスウェーデンの背中学校の効果。 Scand J Rehabil Med。 1983。15:141-145。 [PubMedの]
114 Larsson U、Chouler U、LindströmA.腰痛 - 坐骨神経痛の治療のためのオートトラクション。 複数の支配下の調査。 Acta Orthop Scand。 1980。51:791-798。 doi:10.3109 / 17453678008990875。[PubMedの] [クロスリファレンス]
115 Leclaire R、Esdaile JM、Suissa S、Rossignol M、Proulx R、Dupuis M.補償された急性腰痛の最初のエピソードでは、学校は効能を評価し、再発を予防する臨床試験。 アーチP​​hyはメッドRehabil。 1996。77:673–679. doi: 10.1016/S0003-9993(96)90007-6. [PubMedの] [クロスリファレンス]
116 Lepisto P.背部の障害による急性骨格筋痙攣の治療におけるdS 103-282とプラセボの比較試験。 Ther Res。 1979。26:454-459。
117 Letchuman R、Deusinger RH。 静脈および断続的な腰椎牽引を受けている患者における仙髄筋活動と疼痛レベルの比較。 背骨。 1993。18:1361–1365. doi: 10.1097/00007632-199308000-00017. [PubMedの] [クロスリファレンス]
118 Lidstrom A、Zachrisson M.腰痛および坐骨神経痛に対する理学療法。 Scand J Rehabil Med。 1970。2:37-42。 [PubMedの]
119 Lindequist SL、Lundberg B、Wikmark R、Bergstad B、Loof G、Ottermark AC。 腰痛の情報と体制 Scand J Rehabil Med。 1984。16:113-116。 [PubMedの]
120 Lindstrom I、Ohlund C、Eek C、Wallin L、Peterson LE、Fordyce WE。 亜急性腰痛患者に対する漸増活動の効果:オペラントコンディショニング行動アプローチを用いた無作為化前向き臨床試験。 Phys Ther。 1992。72:279-293。 [PubMedの]
121 Linton SJ、Bradley LA、Jensen I、Spangfort E、Sundell L.腰痛の二次予防:フォローアップを伴う対照研究。 痛み。 1989。36:197–207. doi: 10.1016/0304-3959(89)90024-9. [PubMedの][クロスリファレンス]
122 Ljunggren E、Weber H、Larssen S.脱出した腰椎椎間板を有する患者の自発牽引対手牽引。 Scand J Rehabil Med。 1984。16:117-124。 [PubMedの]
123 ロイセルP、アベンハムL、デュランP、エスダイルJ、スィッサS、ゴセリンL、シマードR、ターコットJ、レメアJ、背中の痛み管理に関する集団ベースのランダム化臨床試験。 背骨。 1997。22:2911–2918. doi: 10.1097/00007632-199712150-00014. [PubMedの] [クロスリファレンス]
124 LønnJH、GlomsrødB、Soukup MG、BøK、Larsen S.アクティブバックスクール:腰痛の予防管理。 無作為化対照1年追跡調査。 背骨。 1999。24:865–871. doi: 10.1097/00007632-199905010-00006. [PubMedの] [クロスリファレンス]
125 Lukinmaa Kansanelakelaitoksen julkaisuja。 1989。ML:90。
126 McGill SM。 業界の腹部ベルト:資産、負債および使用に関するポジションペーパー。 Am Ind Hyg Assoc。 1993。54:752-754。 [PubMedの]
127 急性低背疼痛床安静、練習、または通常の活動の治療である。 N Eng J Med。 1995。332:351-355。 doi:10.1056 / NEJM199502093320602。 [PubMedの][クロスリファレンス]
128 Marchand S、Charest J、Li J、Chenard JR、Lavignolle B、Laurencelle L. TENSは純粋にプラセボ効果ですか? 慢性腰痛のコントロール研究。 痛み。 1993。54:99–106. doi: 10.1016/0304-3959(93)90104-W. [PubMedの] [クロスリファレンス]
129 Mathews JA、Hickling J.腰椎トラクション:坐骨神経痛の二重盲検対照研究。 Rheumatol Rehabil。 1975。14:222-225。 doi:10.1093 /リウマチ学/ 14.4.222。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
130 Mathews JA、Mills SB、Jenkins VM。 背痛および坐骨神経痛:操作、牽引、強硬症および硬膜外注射の制御試験。 Br J Rheumatol。 1987。26:416-423。 doi:10.1093 /リウマチ学/ 26.6.416。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
131 Mathews W、Morkel M、Mathews J.腰痛と坐骨神経痛の操作と牽引:二つのコントロールトライアルで使用される理学療法技術。 フィジックス・プラクティス 1988。4:201-206。
132 Mellin G、Hurri H、HärkäpääK、JärvikoskiA.腰痛の入院および外来治療の結果に関するコントロール研究。 パートII。 Scand J Rehabil Med。 1989。21:91-95。 [PubMedの]
133 Mellin G、HärkäpääK、Hurri H、JärvikoskiA.腰痛の入院および外来治療の結果に関するコントロール研究。 パートIV。 Scand J Rehabil Med。 1990。22:189-194。 [PubMedの]
134 Milgrom C、Finestone A、Lev B、Wiener M、Floman Y.リクルートにおける過度の腰部および胸部背部痛:危険因子および治療レジメンの前向き研究。 J脊椎障害。 1993。6:187–193. doi: 10.1097/00002517-199306030-00001. [PubMedの] [クロスリファレンス]
135 Milne S、Welch V、Brosseau L(2004)慢性腰痛に対する経皮的電気神経刺激(TENS)。 コクラン図書館、4号。 アップデートソフトウェア、Oxford
136 Mitchell RI、Carmen GM。 軟部組織および背部の傷害を有する患者における慢性疼痛の治療に対する機能的回復アプローチ。 背骨。 1994。19:633–642. doi: 10.1097/00007632-199403001-00001. [PubMedの] [クロスリファレンス]
137 Moll W. Zurの治療法アルブミン尿斑症候群の最適なメディケラトスmuskelrelaxation mittels diazepam。 Med Welt。 1973。24:1747-1751。 [PubMedの]
138 Moseley L.併合された理学療法と教育は、慢性腰痛に有効です。 Aust J Physiother。 2002。48:297-302。 [PubMedの]
139 Newton-John TR、Spence SH、Schotte D.慢性腰痛の治療における認知行動療法対EMGバイオフィードバック。 Behav Res Ther。 1995。33:691–697. doi: 10.1016/0005-7967(95)00008-L. [PubMedの] [クロスリファレンス]
140 慢性腰痛に対する医師の相談単独と比較して、操作の組み合わせ、安定化練習、および医師の相談の無作為化試験である、Niemisto L、Lahtinen-Suopanki T、Rissanen P、Lindgren KA、Sarna S、Hurri H. 背骨。 2003。28:2185–2191. doi: 10.1097/01.BRS.0000085096.62603.61. [PubMedの] [クロスリファレンス]
141 Nicholas MK、Wilson PH、Goyen J. Operant-慢性腰痛に対する行動的および認知行動療法。 Behav Res Ther。 1991。29:225–238. doi: 10.1016/0005-7967(91)90112-G.[PubMedの] [クロスリファレンス]
142 Nicholas MK、Wilson PH、Goyen J.認知行動群治療と慢性腰痛に対する代替の非心理的治療の比較。 痛み。 1992。48:339–347. doi: 10.1016/0304-3959(92)90082-M. [PubMedの] [クロスリファレンス]
143 Nouwen A. EMGのバイオフィードバックは、慢性腰痛における傍脊髄筋緊張のレベルを下げるために使用されました。 痛み。 1983。17:353–360. doi: 10.1016/0304-3959(83)90166-5. [PubMedの] [クロスリファレンス]
144 Oliphant D.腰椎椎間板ヘルニアの治療における脊椎操作の安全性:系統的レビューとリスク評価。 J操作性Physiol Ther。 2004。27:197-210。 doi:10.1016 / j.jmpt.2003.12.023。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
145 Ongley MJ、Klein RG、Dorman TA、Eek BC、Hubert LJ。 慢性腰痛治療の新しいアプローチ。 ランセット。 1987。2:143–146. doi: 10.1016/S0140-6736(87)92340-3. [PubMedの] [クロスリファレンス]
146 Ostelo RW、Tulder MW、Vlaeyen JW、Linton SJ、Morley SJ、Assendelft WJ(2005)慢性低背痛の行動療法。 コクラン図書館、1号。 アップデートソフトウェア、Oxford[PubMedの]
147 Pal P、Mangion P、Hossian MA、Diffey L.背痛および坐骨神経痛の治療における連続腰椎牽引の制御試験。 Br J Rheumatol。 1986。25:181-183。 doi:10.1093 /リウマチ学/ 25.2.181。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
148 Pallay RM、Seger W、Adler JL、Ettlinger RE、Quaidoo EA、Lipetz R、O'Brien K、Mucciola L、Skalky CS、Petruschke RA、Bohidar NR、Geba GP。 エトリコキシブは、慢性腰痛患者の疼痛および障害を改善し、生活の質を改善した:3月、無作為化比較試験。 Scand J Rheumatol。 2004。33:257-266。 doi:10.1080 / 03009740410005728。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
149 Penrose KW、Chook K、Stump JL。 筋力、柔軟性および機能障害指数に対する空気圧腰支持の急性および慢性の影響。 スポーツトレインメッドレハビル。 1991。2:121-129。
150 このような状況の中で、私たちは、学校での授業の中で、 J Occup Rehabil。 2002。12:21-29。 doi:10.1023 / A:1013594103133。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
151 Pheasant H、Bursk A、Goldfarb J、Azen SP、Weiss JN、Borelli L Amitriptylineおよび慢性腰痛:無作為化二重盲検クロスオーバー試験。 背骨。 1983。8:552–557. doi: 10.1097/00007632-198307000-00012. [PubMedの] [クロスリファレンス]
152 Postacchini F、Facchini M、Palieri P.低背疼痛における様々な形態の保存的治療の有効性。 比較研究 。 神経整形外科 1988。6:28-35。
153 Pratzel HG、Alken RG、Ramm S.疼痛反射筋痙攣の治療におけるトルペリゾン塩酸塩の反復経口投与の有効性および耐容性:プラセボ対照二重盲検試験の結果。 痛み。 1996。67:417–425. doi: 10.1016/0304-3959(96)03187-9. [PubMedの] [クロスリファレンス]
154 Preyde M.亜急性腰痛のマッサージ療法の有効性:ランダム化比較試験。 Can Assoc J. 2000。162:1815-1820。 [PMCフリーの記事] [PubMedの]
155 Rasmussen GG。 腰痛の治療における操作:無作為化臨床試験。 Man Med。 1979。1:8-10。
156 Rasmussen-Barr E、Nilsson-Wikmar L、Arvidsson I.亜急性および慢性低背痛の手作業による治療と比較した安定化訓練。 マン・サー。 2003。8:233–241. doi: 10.1016/S1356-689X(03)00053-5. [PubMedの] [クロスリファレンス]
157 Reust P、Chantraine A、Vischer TL。 泌尿器科救命救急隊の救命救急隊は、 Schweiz Med Wochenschr。 1988。118:271-274。 [PubMedの]
158 Risch SV、Norvell NK、Pollock MI、Risch ED、Langer H、Fulton M.腰痛慢性腰痛患者の強化:生理学的および心理的利点。 背骨。 1993。18:232–238. doi: 10.1097/00007632-199302000-00010. [PubMedの] [クロスリファレンス]
159 Rozenberg S、Delval C、Rezvani Y.急性腰痛患者の安静または通常の活動:ランダム化比較試験. 背骨。 2002。27:1487–1493. doi: 10.1097/00007632-200207150-00002.[PubMedの] [クロスリファレンス]
160 サケットD(1997)エビデンスベースの薬。 チャーチル・リヴィングストン
161 Salerno SM、Browning R、Jackson JL。 慢性腰痛における抗鬱剤治療の効果:メタアナリシス。 Arch intern Med。 2002。162:19-24。 doi:10.1001 / archinte.162.1.19。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
162 プラセボ対照二重盲検試験において、テトラゼパムを用いた慢性低背症候群の治療。サルツマンE、プフォリンガーW、パールG、ジエレンドM。 J Drug Dev。 1992。4:219-228。
163 Schonstein E、Kenny D、Keating J、Koes B、Herbert RD。 背頸部痛のある労働者のための身体調整プログラム:Cochraneの体系的レビュー。 背骨。 2003。28:E391–E395. doi: 10.1097/01.BRS.0000092482.76386.97. [PubMedの] [クロスリファレンス]
164 Serferlis T、Lindholm L、Nemeth G. 180患者の3つの保守的治療プログラムの費用最小化分析で、急性腰痛のために病気になった。 Scand J Primヘルスケア。 2000。18:53-57。 doi:10.1080 / 02813430050202578。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
165 シルバースタインFE、Faich G、Goldstein JL、Simon LS、Pincus T、Whelton A、Makuch R、Eisen G、Agrawal NM、Stenson WF、Burr AM、Zhao WW、Kent JD、Lefkowith JB、Verburg KM、Geis GS。 セレコキシブとの消化管毒性と変形性関節症および関節リウマチの非ステロイド性抗炎症薬:CLASS試験。 ランダム化比較試験。 セレコキシブ長期関節炎安全性試験。 JAMA。 2000。284:1247-1255。 doi:10.1001 / jama.284.10.1247。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
166 Skargren EI、Oberg BE、Carlsson PG、Gade M.腰痛および頚部痛に対するカイロプラクティックおよび理学療法の費用効果分析。 6ヶ月のフォローアップ。 脊椎。 1997。22:2167-2177。[PubMedの]
167 Soukup MG、Glomsrod B、Lonn JH、Bo K、Larsen S、Fordyce WE。 再発性腰痛の2次予防としてのMensendieck運動プログラムの効果:12月間フォローアップを用いたランダム化比較試験。 背骨。 1999。24:1585–1592. doi: 10.1097/00007632-199908010-00013. [PubMedの][クロスリファレンス]
168 再発性腰痛の二次的予防としてのSoukup M、Lonn J、Glomsrod B、Bo K、Larsen S.練習および教育。 Physiother Res Int。 2001。6:27-39。 doi:10.1002 / pri.211。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
169 Staal JB、Hlobil H、Twisk JWR、Smid T、Koeke AJA。 職業上の健康管理における腰痛の段階的活動:ランダム化比較試験。 アンIntern Med。 2004。140:77-84。 [PubMedの]
170 Staiger O、Barak G、Sullivan MD、Deyo RA。 慢性腰痛の治療における抗うつ薬の系統的レビュー。 背骨。 2003。28:2540–2545. doi: 10.1097/01.BRS.0000092372.73527.BA.[PubMedの] [クロスリファレンス]
171 Stankovic R、Johnell O.急性腰痛の保守的治療。 前向きランダム化試験:「ミニバックスクール」における患者教育とマッケンジー治療法 背骨。 1990。15:120–123. doi: 10.1097/00007632-199002000-00014. [PubMedの] [クロスリファレンス]
172 Stankovic R、Johnell O.急性腰痛の保守的治療:2つの治療法の5年追跡調査。 背骨。 1995。20:469–472. doi: 10.1097/00007632-199502001-00010. [PubMedの][クロスリファレンス]
173 急性腰部痛症における集中治療群と認知介入の比較:一重盲検ランダム化比較試験の短期間の結果。 J Rehabil Med。 2003。35:132-140。 doi:10.1080 / 16501970310010484。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
174 Stuckey SJ、Jacobs A、Goldfarb J. EMGバイオフィードバック訓練、弛緩訓練、および慢性背痛の軽減のためのプラセボ。 名言スキルを知覚。 1986。63:1023-1036。 [PubMedの]
175 Sweetman BJ、Baig A、Parsons DL。 メフェナム酸、クロルメサゾン - パラセタモール、エトヘプタジン - アサプリリン - メプロバメート:急性腰痛の比較試験。 Br J Clin Pract。 1987。41:619-624。[PubMedの]
176 Sweetman BJ、Heinrich I、Anderson JAD。 治療に対する診断関連の反応の証拠とともに、練習、短波のジアテルミー、腰痛の牽引のランダム化比較試験。 J Ortho Rheumatol。 1993。6:159-166。
177 Szpalski M、Hayez JP。 急性腰痛のために何日間休む? 体幹機能の客観的評価。 Eur Spine J. 1992。1:29-31。 doi:10.1007 / BF00302139。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
178 Szpalski M、Hayez JP。 急性腰痛の治療におけるテノキシカムの有効性の客観的機能評価:二重盲検プラセボ対照試験。 Br J Rheumatol。 1994。33:74-78。 doi:10.1093 /リウマチ学/ 33.1.74。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
179 Tesio L、Merlo A. Autotraction vs. Passive Traction:腰椎椎間板ヘルニアのオープンコントロール研究。 アーチP​​hyはメッドRehabil。 1993。74:871–876. doi: 10.1016/0003-9993(93)90015-3. [PubMedの][クロスリファレンス]
180 Topol EJ。 公衆衛生、ロフェコキシブ、メルク、FDAの失敗 N ENGL Jメッド。 2004。351:1707-1709。 doi:10.1056 / NEJMp048286。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
181 Torstensen TA、Ljunggren AE、Meen HD、Odland E、Mowinckel P、Geijerstam SA。 慢性腰痛患者の運動療法、従来の理学療法、自己運動の効率と費用:1年追跡調査を用いた、実用的で無作為化された一重盲検のコントロール試験。 背骨。 1998。23:2616–2624. doi: 10.1097/00007632-199812010-00017. [PubMedの] [クロスリファレンス]
182 Triano JJ、McGregor M、Hondras MA、Brennan PC。 慢性腰痛における指導的治療対教育。 背骨。 1995。20:948–955. doi: 10.1097/00007632-199504150-00013. [PubMedの] [クロスリファレンス]
183 ターナーJA。 慢性腰痛に対する群緩和訓練と認知行動群療法の比較 J Clin Psycholに相談する。 1982。50:757–765. doi: 10.1037/0022-006X.50.5.757. [PubMedの] [クロスリファレンス]
184 Turner JA、Clancy S.慢性腰痛に対するオペラント行動および認知行動群治療の比較。 J Clin Psycholに相談する。 1988。56:261–266. doi: 10.1037/0022-006X.56.2.261.[PubMedの] [クロスリファレンス]
185 Turner JA、Jensen MP。 慢性腰痛に対する認知療法の有効性。 痛み。 1993。52:169–177. doi: 10.1016/0304-3959(93)90128-C. [PubMedの] [クロスリファレンス]
186 Turner JA、Clancy S、McQuade KJ、Cardenas DD。 慢性腰痛に対する行動療法の有効性:成分分析。 J Clin Psycholに相談する。 1990。58:573–579. doi: 10.1037/0022-006X.58.5.573. [PubMedの] [クロスリファレンス]
187 Underwood MR、Morgan J.バック・クラスのエクステンション・エクステンションの使用は、プライマリ・ケアにおける急性腰痛の治療において練習する。 Fam Pract。 1998。15:9-15。 doi:10.1093 / fampra / 15.1.9。 [PubMedの][クロスリファレンス]
188 バールジョーンズJC、ウォルシュH、オハラJ、オハラH、デービーNB、ホプキンリチャーズH.非特異的腰痛患者の背中支持の試験を制御した。 Curr Med Res Opin。 1992。12:604-613。[PubMedの]
189 Heijden GJMG、Beurskens AJHM、Dirx MJM、Bouter LM、Lindeman E.腰椎牽引の有効性:ランダム化臨床試験。 理学療法。 1995。81:29–35. doi: 10.1016/S0031-9406(05)67032-0.[クロスリファレンス]
190 Tulder MW、Scholten RJPM、Koes BW、Deyo RA。 腰痛のための非ステロイド性抗炎症薬:Cochrane Collaborationの枠組みの中での体系的なレビュー。 背骨。 2000。25:2501–2513. doi: 10.1097/00007632-200010010-00013. [PubMedの] [クロスリファレンス]
191 Tulder M、Furlan A、Bombardier C、Bouter L. Cochrane Collaboration Back Review Groupの体系的なレビューの方法ガイドラインを更新しました。 背骨。 2003a;28:1290–1299. doi: 10.1097/00007632-200306150-00014. [PubMedの] [クロスリファレンス]
192 Tulder MW、Touray T、Furlan AD、Solway S、Bouter LM。 非特異的腰痛のための筋弛緩剤:Cochrane Collaborationの枠組みの中での体系的レビュー。 背骨。 2003b;28:1978–1992. doi: 10.1097/01.BRS.0000090503.38830.AD. [PubMedの] [クロスリファレンス]
193 Tulder M、Furlan A、Gagnier J.腰痛の補完療法と代替療法。 BallieresベストプラクティスRheumatol。 2005。19:639-654。 doi:10.1016 / j.berh.2005.03.006。 [PubMedの] [クロスリファレンス]
194 Videman T、Heikkila J、Partanen T.腰痛の治療におけるメフタジノール対ジフルニサルの二重盲検平行試験。 Curr Med Res Opin。 1984。9:246-252。 [PubMedの]
195 Vollenbroek-Hutten MMR、Hermens HJ、Wever D、Gorter M、Rinket J、IJzerman MJ。 2つの多軸評価装置を用いて定義された慢性腰痛患者のサブグループ間の多面的治療の結果における差異:多次元疼痛インベントリおよび腰椎動力学。 Clin Rehabil。 2004。18:566–579. doi: 10.1191/0269215504cr772oa. [PubMedの] [クロスリファレンス]
196 Vroomen PJAJ、Marc CTFM、Wilmink JT、Kester ADM、Knottnerus JA。 坐骨神経痛のベッドレストの有効性の欠如。 N ENGL Jメッド。 1999。340:418-423。 doi:10.1056 / NEJM199902113400602。 [PubMedの][クロスリファレンス]
197 Waagen GN、Haldeman S、Cook G、Lopez D、DeBoer KF。 慢性腰痛の軽減のためのカイロプラクティック調整の短期試験。 Manual Med。 1986。2:63-67。
198 Waddell G.低背痛の治療のための新しい臨床モデル。 背骨。 1987。12:632–644. doi: 10.1097/00007632-198709000-00002. [PubMedの] [クロスリファレンス]
199 Walker L、Svenkerud T、Weber H.腰痛 - イキアスとのトラックス。 En kontrollert underdersolske med Spina-trac。 Fysioterapeuten。 1982。49:161-163。
200 Ward N、Bokan JA、Phillips M、Benedetti C、Butler S、Spengler D.慢性的な腰痛とうつ病の抗うつ薬:ドキセピンとデシプラミンを比較した。 J Clin Psychiatry。 1984。45:54-57。[PubMedの]
201 ウォーターワースRF、ハンターA.急性の機械的腰痛の管理におけるジフルニサル、保守的および手技的治療の公開研究。 NZ Med J. 1985。95:372-375。 [PubMedの]
202 ウェーバーH.椎間板脱出による坐骨神経痛の牽引治療。 Jオスロ市Hosp。 1973。23:167-176。[PubMedの]
203 Weber H、Aasand G.急性腰痛 - 坐骨神経痛患者に対するフェニルブタゾンの効果:二重盲検試験。 Jオスロ市Hosp。 1980。30:69-72。 [PubMedの]
204 Weber H、Ljunggren E、Walker L.ヘルニア型腰椎椎間板を有する患者の牽引治療。 Jオスロ市Hosp。 1984。34:61-70。 [PubMedの]
205 Weber H、Holme I、Amlie E.ピロキシカムの効果を評価する二重盲検プラセボ対照試験における神経根症状を伴う急性坐骨神経痛の自然経過。 背骨。 1993。18:1433–1438. doi: 10.1097/00007632-199312000-00021. [PubMedの] [クロスリファレンス]
206 Werners R、Pynsent PB、Bulstrode CJK。 プライマリケア環境における腰痛の管理における電動腰椎牽引およびマッサージとの干渉療法を比較するランダム化試験。 背骨。 1999。24:1579–1584. doi: 10.1097/00007632-199908010-00012. [PubMedの] [クロスリファレンス]
207 Wiesel SW、Cuckler JM、Deluca F、Jones F、Zeide MS、Rothman RH。 急性腰痛:保存的治療の客観的分析。 背骨。 1980。5:324–330. doi: 10.1097/00007632-198007000-00006. [PubMedの] [クロスリファレンス]
208 ウィルキンソンMJ。 48時間のベッドレストは急性腰痛の結果に影響を及ぼしますか? Br J Gen Pract。 1995。45:481-484。 [PMCフリーの記事] [PubMedの]
209 WörzR、Bolten W、Heller J、Krainick U、Pergande G. Flupirtin im vergleich zu chlormezanon und placebo bei chronische muskuloskelettalen ruckenschmerzen。 Fortschritte der Therapie。 1996。114(35-36):500-504。 [PubMedの]
210 Wreje U、Nordgren B、Aberg H.一次治療における骨盤関節機能不全の治療 - 制御された研究。 Scand J Primヘルスケア。 1992。10:310-315。 doi:10.3109 / 02813439209014080。 [PubMedの][クロスリファレンス]
211 Yelland MJ、Glasziou PP、Bogduk N、Schluter PJ、McKernon M.慢性低背疼痛のためのプロラセラピー注射、生理食塩水注射および練習:無作為試験。 背骨。 2004。29:9–16. doi: 10.1097/01.BRS.0000105529.07222.5B. [PubMedの] [クロスリファレンス]
212 Zachrisson Forsell M.バックスクール。 背骨。 1981。6:104–106. doi: 10.1097/00007632-198101000-00022. [PubMedの] [クロスリファレンス]
213 Zylbergold RS、Piper MC。 腰椎椎間板疾患:理学療法の比較分析。 アーチP​​hyはメッドRehabil。 1981。62:176-179。 [PubMedの]